■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    音楽や演劇の舞台で観客の注目を集めるのは…

     音楽や演劇の舞台で観客の注目を集めるのは、演じているパフォーマーだ。衣装やヘアメークの担当者は、表には出ない。だが、彼らもまた舞台を作る上で極めて重要な役割を担っている。

     デザイナーの時広真吾さんは、主に舞台で使われる衣装をデザインしてきた人だが、それらはダンサーや演奏家や役者たちからも高く評価されて、芸術品としての価値付けがなされている。

    0
    続き

    皇室典範改正問題に真正面から取り組むのだったら、共産党との選挙協力は止めるべき

     共産党は基本的に天皇制には反対で、共和制国家の実現を目指しているはずである。

     民進党が皇室典範の改正問題に真正面から取り組むことにした、という報道が相次いでいるが、皇室典範の改正問題に本格的に踏み込みば憲法改正の問題まで視野を拡げなければならないことになる。

    1
    続き

    自民党にも二重国籍議員がいた!でも、ちょっと蓮舫とは違うぞ

     自民党にも前回の参議院選挙で当選した小野田きみ議員が米国との二重国籍だったことが判明しました。

     このニュースを聞いた時に、この議員にはかわいそうですが、潔く辞任して蓮舫氏を道ずれにせよというブログを書こうとしたのですが、本人の弁を見て、ちょっと考えが変わりました。

     小野田議員の釈明をまず読んでみてください。

    >>>引用開始

    12
    続き

    「ファティマの予言」の封印を解け!

     バチカン放送(独語電子版)が先月29日、報じたところによると、ローマ法王フランシスコは来年5月に聖母マリア再臨100年目を迎えるポルトガルの巡礼地ファティマを訪ねる予定だ。ファティマで1917年5月13日、3人の羊飼いの子供たちに聖母マリアが現れ、3つの予言を託した話は有名で、世界から毎年多くの巡礼者が訪ねてくる。

     封印されてきたファティマの「第3の予言」は新ミレニアムの西暦2000年、教理省長官であったヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿(後日のべネディクト16世)によって、「ヨハネ・パウロ2世(当時)の暗殺計画が予言されていた」と記者会見で公表したが、ファティマの予言を知る多くの専門家は「バチカンは予言の一部を明らかにしただけで、肝心の内容は公表していない」と受け取っている。

    4
    続き

    「生活の党と山本太郎となかまたち」が消える!?

    なかまわれ!!?生活、党名変更を検討(Yahoo!ニュース)

    大きくはないですが、チェックしておきたいニュースです。生活の党ってご存知ですか?あまり聞いたことはなくても、存在感のある党です。その理由は二つあります。

    まず、正式名称が面白い。「生活の党と山本太郎となかまたち」というのが、正式名称の政党です(笑)。これはインパクトに残りますね。

    そして、もう一つは小沢一郎さんのせいでしょう。

    10
    続き

    小欄は昨日に続いて、ノーベル医学生理学賞…

     小欄は昨日に続いて、ノーベル医学生理学賞受賞者、大隅良典東京工業大栄誉教授の話題。受賞決定後の記者会見ではよくあるように、今回も「それは何に役立つのですか」との質問が出た。

     それ、とは解明され受賞理由となった「オートファジー」。細胞内でタンパク質を分解しながらアミノ酸として再利用していくシステムで、その作用によって細胞の生命が維持される。

    0
    続き

    解かれた生命の神秘に背く人間社会の営み

    ノーベル賞が泣く社会の「自食」

     ノーベル賞の発表が続く1週間は、人間とは何者なのだろうと、考え込む時間を与えてくれます。今年も日本人が生理学・医学賞を受賞し、日本人としての誇らしさを取り戻す日になりました。顕微鏡の中で科学が発見した延命の可能性対し、人間社会の現場では、人間の生命を奪い取ることが日常になっています。「おめでとう」一色でいいのでしょうか。

    1
    続き

    小池閣下、本丸突入は時期尚早では?

     東京都の予算総額は、一般会計に特別会計と公営企業会計を加えると13兆円を超え、その規模はインドネシアやフィンランドの国家予算に匹敵し、3兆円から4兆円規模の大阪府や神奈川県と比較しても群を抜いている。

     都庁の予算規模は都知事の権力の大きさを説明する際によく使われるが、莫大な予算は都知事の権力を巨大化するだけでなく、その下で働く多くの都職員に「天下り」という恩恵をもたらしている。

    5
    続き

    名画で蓄財するマフィア

     オランダのゴッホ美術館から盗まれ、行方が分らなくなっていたゴッホの油絵2点が、イタリア南部ナポリ近郊の家から発見された。

     イタリア当局がマフィアの麻薬組織の家宅捜索中に見つけたもので、麻薬で得た不正資金を名画に替えて隠していたとみられる。

    0
    続き

    人類に恩恵をもたらした発明や発見に与えられる…

     人類に恩恵をもたらした発明や発見に与えられる最高栄誉のノーベル賞。その受賞者が発表される<ノーベル賞週間>は、今年も日本および日本人にとっては歓喜の幕開けとなったことを祝いたい。

     大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)が医学生理学賞に輝いた。細胞内のたんぱく質などを一気に分解し、再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みの解明で、この分野の研究を飛躍・発展させたことが受賞理由。

    0
    続き

    「わさびテロ」からみえる人種差別

     「わさびテロ」―、日本では馴染みがない言葉ですが、韓国ではインターネット上で注目されています。ポータルサイト「NAVER」の旅行掲示板で、「わさびテロに遭った」という怒りの書き込みが相次ぎ、その内容を見ると日本人としても思わず顔をしかめたくなるほど。     ことの発端は大阪市の難波にある「市場ずし難波店」。外国人観光客にわさびを大量に盛って提供していたことで、「わさびテロ」と非難されたようです。しかし、「わさびテロ」という言葉の中には、わさびを大量に盛ることだけではなく、外国人観光客に対する店員の様々な嫌がらせの内容も含まれていたのです。

    市場ずし難波店での「わさびテロ」

    13
    続き

    韓国は「思考の想定範囲」を広げよ

     今年4月、日本で熊本地震が発生し、その2日後にエクアドルで大地震が発生し、両地震で多数の犠牲者が出た直後、韓国日刊紙中央日報は、「韓半島(朝鮮半島)ではマグニチュード(M)6.5以上の大型地震が起きる可能性はありません。地震が起きるような環境にはない」と説明する韓国地質資源研究院のチ・ホンチョル地震研究センター長のコメントを紹介していた。同研究センターは政府庁舎で開かれたブリーフィングで韓半島の大地震発生の可能性を2つの根拠をもとに低く評価したというのだ。

      第1の理由は、「韓半島には大地震が起きるほどの応力(土地に作用する力)が蓄積されない。韓半島西側には巨大断層『タンルー断層』があり、応力の一部だけが韓半島に伝わる防波堤の役割を果たしている」という。

    1
    続き

    都会を走るリス

     リスというのは動物園か深い森にまで足を延ばさないと遭遇できないものと思っていた。

     ところがバンコクでは、都心でも自由気ままにリスが走り回っている。

     日本のシマリスに似ているが、実は似て非なるものでフィンレイソンリスという種類のリスだ。

    0
    続き

    地方創生と私立大学の生き残り

     一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」のワーキンググループが今春出した家族人口政策の政策の提言「持続可能な家族・世代・地域を取り戻す」の中で、「私立大学の一部を、地方創生のプロデューサーの役割を果たす地域研究および人材育成機関として積極的に公立化する」という施策を提案している。

     地方創生の人材育成に力を入れている大学は既に在るが、ここでは「公立化する」がポイント。学生には奨学金を貸与し、地域おこし協力隊などを含めて地元に就職すれば返済を免除するという。

    2
    続き

    米国と国交回復した社会主義国キューバを訪れた…

     米国と国交回復した社会主義国キューバを訪れた観光客がこの1~7月、245万人と、前年同期比約12%増。ホテル業界への米国や中国資本の流入も始まっている。

     先月下旬、国連総会での演説を終えた安倍晋三首相はその翌日、米国からキューバへ直行し、フィデル・カストロ前国家評議会議長と会談。首相は北朝鮮の核兵器開発などへの反対を表明し、北朝鮮へその旨を伝えるよう期待を述べた。歴史の歯車が回りかけている。

    1
    続き

    北朝鮮大使「大使館は売らない」と言明

     当方はこのコラム欄で、音楽の都ウィーン市14区には欧州最大の北朝鮮大使館があるが、その大使館の建物が売り出されるという噂が流れていると速報した(2016年9月19日)。そこで今回、噂の検証取材の近況を報告する。

    1
    続き

    「雲あれど無きが如くに秋日和」(高浜虚子)…

     「雲あれど無きが如くに秋日和」(高浜虚子)。秋らしい空をあまり見ていないが、10月の声を聞くとすっかり秋の気分だ。日が落ちて暗くなると、虫の声も聞くようになる。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』では「空はどこまでも青く、野山は紅葉に彩られ、草木はみのり、大気はひえびえと澄む。郊外の散策には最適の月である」となっている。

    0
    続き

    麻薬取引の巣窟?ニュービリビッド刑務所の闇

     ドゥテルテ大統領の暴言ばかりが話題になっているが、フィリピンでは前政権で司法長官を務めたデリマ上院議員と麻薬王の癒着疑惑をめぐり、現政権派による厳しい追及が注目を集めている。ドゥテルテ氏の超法規的殺人に関する追及で、急先鋒だったデリマ氏を政界から追放しようとする動きだとのもっぱらの噂だ。癒着の舞台となったニュービリビッド刑務所と、そこに収監されている麻薬王たちの証言にも注目が集まっている。

    0
    続き

    文部科学省が4月に行った全国学力テストの…

     文部科学省が4月に行った全国学力テストの結果が公表された。小学6年と中学3年の国語と算数・数学の基礎知識と応用力を測るもので、2007年度から実施され今年で10年目。

     都道府県別に見ると、下位の成績が全国平均に近づく傾向が続き、地域間格差が一段と縮小したのは、歓迎すべきことだ。例えばかつては総じて最下位クラスだった沖縄は、小学校の全てで全国平均を上回った。

    0
    続き

    “電子版”の指名手配書

     米ニューヨーク市マンハッタンやニュージャージー州で17日に起きたテロ事件は発生から2日足らずで犯人逮捕に至ったが、この捜査では新しい手法が試みられた。

     それは、テロ犯が潜んでいると思われる地域にいる人たちの携帯電話に緊急警報を一斉送信するというものだ。

     「指名手配:アフマド・カーン・ラハミ、28歳の男。写真は報道で見て。もし見掛けたら911に通報を」

    0
    続き

    世界最大手の音楽定額配信「Spotify」が日本上陸

    広告表示付き「無料」プランも

     音楽定額配信サービス世界最大手のSpotify(スポティファイ。以下、スポティファイ社)が29日、日本でサービスを始めたと発表した。月額980円の有料プランと、広告付きで一部機能が制限される無料プランがあり、スマートフォンやタブレット型端末、PCなどで視聴する。

    1
    続き

    最近見たテレビのバラエティー番組。人気予備校…

     最近見たテレビのバラエティー番組。人気予備校講師の林修氏が登場し、読書についての話題で「同じ本を何度も繰り返して読む」と発言した。

     それを隣の席で聞いた中堅お笑い芸人が、ポカンとした表情をしていたのが印象に残った。「繰り返して読むような読書の仕方があるのか?」「何でそんな面倒なことをするの?」といった感じ。

    2
    続き