■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    イージス艦衝突事故、外部要因の可能性も

     米海軍のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」とタンカーがシンガポール付近のマラッカ海峡で衝突した事故について、サイバー攻撃、電子戦によって引き起こされた可能性が指摘されている。

    2
    続き

    道を歩くと、セミの死骸が転がっている。…

     道を歩くと、セミの死骸が転がっている。なぜかアブラゼミが多い。太い胴体を持つクマゼミの大きな鳴き声は、聞こえる機会は多いが死骸は少ない。

     涼しげで好ましいミンミンゼミの声は、時にクマゼミの声によって遮られてしまう。その死骸も少ない。アブラゼミの死骸をよく見るのは、個体数が多いからだろう。30年ぐらい前までは、セミの代表はアブラゼミだったが、鳴き声だけで言えば、今やクマゼミに圧倒された。

    3
    続き

    【ウォルマート】グーグルAIスピーカーで毎日の買物!三河屋サブちゃんの転職先は?

     ■ウォルマートは23日、グーグルのスマートスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」で、音声注文による買い物サービスを提供することを発表した。

    0
    続き

    批判に晒されるムスリム同胞団

     エジプトの地中海沿岸の都市アレクサンドリア近郊で列車事故が発生し、43人が死亡、百数十人が負傷する痛ましい事故があったが、その真相が明らかにされるにつれ、国民の批判が、イスラム主義組織「ムスリム同胞団」に向かっている。

    0
    続き

    孝子洞住民の受難

     ソウル市鍾路区の景福宮の西側にある孝子洞。2010年代になって清雲洞、社稷洞と共に“西村”として有名になった。孝子洞という名前は朝鮮王朝の宣祖王時代の文臣、趙瑗の子息、希信・希哲兄弟が孝行息子との評判が高まって“双孝子の谷”“孝谷”と呼ばれたことに由来しているという。王宮の外に住む出入番の宦官(内侍)の集団居住地なので“鼓子(生殖器官が不完全な男)洞”と呼ばれていたが、語感のいい孝子洞に変わったという異説もある。日帝支配の時代に景福宮の西や北の地域に日本人たちが多く住んだため、昔からの住民が清渓川に追いやられた心痛い歴史もある。

    0
    続き

    メルケル独首相の4選は当確圏に

     ドイツで来月24日、隣国オーストリアで10月15日、それぞれ総選挙が実施される。ドイツ連邦議会選(下院)ではメルケル首相が率いる与党第1党「キリスト教民主同盟」(CDU)がここにきてライバル政党「社会民主党」(SPD)を10から15ポイントの大差をつけてトップを走っている。メルケル首相の4選は現時点では濃厚だ。

    1
    続き

    愛媛県松山市は正岡子規が生まれた町で、…

     愛媛県松山市は正岡子規が生まれた町で、俳句が盛んだ。高浜虚子、中村草田男、石田波郷と続いて、子規山脈が形成された。平成26年8月には野志克仁市長が「俳都松山」を宣言。

     これはこの年に、この町で開かれた「俳句甲子園」が第17回を迎えたからで、俳句の基本17音にちなんだもの。俳句甲子園が若者たちの俳句への関心を呼び起こし、教育的価値を創造してきた意義は大きい。

    0
    続き

    台湾で日本を想う

     今年の終戦記念日(敗戦の日)は、台湾で日本の戦争や歴史を振り返る研修ツアーをしてきました。

     今回のテーマは「交流」

     特に、高齢になられた日本語世代のみなさんとの交流がメインでした。 ざっとしたテーマは以下のとおり

    4
    続き

    安倍内閣は案外盤石かもしれない

     19日、20日の両日に産経新聞とフジテレビが、内閣支持率について合同調査を実施しました。結果は、支持率43.8%、不支持率49%で、従来から言われていたとおり、「若高老低」「男高女低」という傾向が今回も顕著でした。

     これは見事なまでにワイドショーの視聴率と相関しているようです。すなわち、ワイドショー付けの人が多い老人は、それに洗脳されて安倍内閣はけしからんと思っている。ワイドショーを見て総理の悪口ばかり聞いている女性は「安倍さんは信じられない」と不支持にまわる。これに対して、インターネットを駆使して、ワイドショーやニュースショー以外の情報も積極的に取る30代や、就職活動をにらんでアベノミクス効果を実感している10代、20代は安倍内閣を支持する。そのような構図が見て取れる結果でした。

    25
    続き

    中韓の若者に見てほしい、靖国「遊就館」の花嫁人形

     8月のこの季節には、自分が訪れた戦没者や戦争犠牲者の墓地、追悼施設などの情景が目に浮かぶ。米ワシントンのベトナム戦争戦没者慰霊碑、同郊外のアーリントンや仏ノルマンディーの米軍墓地、ベトナム戦争時の南ベトナム政府軍墓地、カンボジアのポル・ポト時代の虐殺跡の博物館、中国の南京虐殺記念館……国内では、靖国神社、知覧特攻平和会館、沖縄の平和の礎(いしじ)など。反日的記念館も含め、死者の霊に首(こうべ)を垂れ、平和を祈ったものだった。

    7
    続き

    民進党は枝野を選んで民主共産党となれ!

     昨日は福岡から数十キロの場所にある飯塚市の友人が本を購入してくれるというので、8冊持っていきました。そこでの講演も依頼されたので、ご当地の神社のことも調べようと納祖八幡宮に行ってみました。

     友人によると1800年近い歴史を誇るこの神社は40年ほど前に金銭問題で境内地を切り売りしたそうで、せっかくの由緒正しい神社の威厳が損なわれていました。

    10
    続き

    時間は誰の味方か

     60代に入ると時間の過ぎ行くのが驚くほど速い、ということをよく聞く。あのアインシュタインが明らかにしたように、重力は空間と光を曲げ、時間を遅らせる。また、「あなたの24時間」と「私の24時間」ではまったく異なっている。早く過ぎ去った1日か、時間が止まったように感じる日か、その時間の濃淡は人それぞれ違い、異なった印象を残していく。

    0
    続き

    小学校道徳教科書採択で難癖

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     2018年度から小学校で使われる道徳の教科書について、那覇地区の教科書採択地区協議会が採択した教科書をめぐり、一部の市民団体や地元紙から批判が出ている。

     那覇市、浦添市、久米島町、北大東村、南大東村の5市町村でつくる那覇地区が採択した教育出版(東京)の教科書は、国旗・国歌の記述が多く「愛国主義的」として市民団体らが抗議しているのだ。

    6
    続き

    パレスチナ・ガザ地区出身の歌手、ムハンマド…

     パレスチナ・ガザ地区出身の歌手、ムハンマド・アッサーフさんの半生を描いた映画「歌声にのった少年」を、特定非営利活動法人中東平和フォーラム(阿部正寿会長)主催の映画鑑賞会で観(み)た(駐日パレスチナ常駐総代表部後援)。映画が持つ圧倒的な表現力に驚かされた。

     ムハンマド少年の夢は「スター歌手になって世界を変える」ことだが、姉を病で亡くし、戦禍のがれきの中で歌う気力を一時失ってしまう。しかし女友達に「この世は醜いが、あなたの声は美しい」と励まされ、海外で開かれる人気オーディション番組「アラブ・アイドル」に出場することを決意、ガザの壁を突破しようとする。

    0
    続き

    海兵隊の敵は日本?

     韓国の北西、黄海の南北軍事境界線に相当する北方限界線(NLL)に近い延坪島に取材に行った時、韓国海兵隊を間近で見る機会があった。海兵隊は通常軍より訓練が厳しく、韓国動乱やベトナム戦争などでの戦功を誇る。11月下旬の寒風吹きすさぶ島内を上半身裸で隊列を成し掛け声を上げながらランニングする様子につい見入ってしまった。「これが北と戦う精鋭か」と思ったものだ。

    2
    続き

    輪行トラブル、マナーと気遣いで人に優しく

     ここ最近ブームになっている自転車。何十キロも離れた土地までサイクリングを楽しむ人が増えています。移動手段としての自転車ですが、ブームの今、自転車を電車や新幹線に持ち込んで遠方でサイクリングをする愛好家もいます。公共の乗り物に持ち込んで運ぶことを輪行と呼ぶそうですが、ネット上では輪行のマナーが問題になっています。8月12日にツイッターで、新幹線の通路に結び付けられた大きな荷物の写真が投稿され、投稿者は、「車内販売のワゴンが通れない」とつぶやいていました。その荷物の中身は自転車。自転車はそのまま押して乗ることはできず、折りたたむか解体するなどして専用の袋に収めることが規則で定められています。車内に持ち込みはできるものの、その置き場所や周囲の迷惑を考えていないことに批判の声が相次いでいます。

    相次ぐ輪行トラブル

    3
    続き

    スマホで孫と交流

     「この夏、母親がスマホを初めて購入したのよ」と、知り合いが苦笑いした。彼女の母親は、80歳をとっくに過ぎているが、まだ車を運転しているというから、なかなか意欲旺盛な人らしい。

     小学生でもスマホを持つ時代だ。高齢者が持っても特に驚くことではないだろう。

    1
    続き

    夏休みが終盤に入った。新学期を間近に控える…

     夏休みが終盤に入った。新学期を間近に控えるこの時期の心配のタネは、各地で子供の自殺が増えることである。今年の政府の「自殺対策白書」は、15~39歳の死因で事故やがんを上回って自殺が1位であることを「国際的に見ても深刻」だと指摘した。

     過去40年間の統計から、18歳以下の子供の自殺について8月下旬から9月上旬に急増する傾向にあること、特に9月1日が突出していることを分析した平成27年版白書は関係者に衝撃を与えた。

    2
    続き

    民主党時代の過去の栄光を未だに引き摺っているらしい枝野氏と前原氏

     前原氏と枝野氏の記者会見をAmeba TVで見たが、お二人とも今の民進党は以前の民主党とは違う存在だという意識はあまり持っておられないようだった。  民主党時代のかつてのエースがまたまた登場した、ぐらいの印象しか残さなかった。

     民主党政権時代にそれぞれに国土交通大臣や官房長官という要職を経験されたお二人だが、過去の栄光のみ記憶に残り、民主党政権当時の手痛い失敗や挫折の経験には殆ど思いを致されていないようである。

    0
    続き

    「神」を信じれば全てが許されるか

     先ず、スパイン東部バルセロナで起きた白ワゴン車暴走テロ事件の捜査状況をまとめる。

    1
    続き

    A級戦犯は追悼せずとなぜ言わぬ

    靖国の外交問題化を防ぐ道  戦後72回目の敗戦の日(終戦の日)、首相以下20人の閣僚は靖国神社の参拝を避けました。その一方で、国会議員数十人が参拝に参加しました。国内外からの批判の焦点は、A級戦犯を合祀している靖国神社の参拝は、戦争指導者を肯定すると受け取られる点にあります。首相や閣僚らが「自分はA級戦犯を肯定していない。靖国参拝では戦争責任の重い彼らを追悼はしなかった」と、発言しないから批判が起きると、私は思います。

     A級戦犯を合祀から外す分祀が実現すれば、靖国参拝を首相がしても、外交問題にはならないでしょう。どこの国にも、戦争の犠牲なった兵士、民間人を追悼する施設があります。米国にはアーリントンに戦没者の国立墓地があります。その分祀が実現すれば、外交上の問題は基本的には解決します。

    0
    続き

    【ウォルマート】アマゾンに続く「空飛ぶ物流倉庫」飛行船にドローン配送の特許出願!

     ■ウォルマートは特許でもアマゾンと競っているのかもしれない。ウォルマートは、ドローン配送可能な空飛ぶ倉庫の特許を出願していたことが明らかになったのだ。

     今年2月に出願されたウォルマートのパテントは高度150~300メートルを飛行する物流倉庫。ガス充填の飛行船はドローン発射台を複数持ち、自動操縦もしくは遠隔操縦で飛行する。

    0
    続き

    技術革新には大きく分けて二つある。従来とは…

     技術革新には大きく分けて二つある。従来とは異なる新たな発想に基づき生まれるものと、既存の技術の部分的な改良を積み重ねて得られるものだ。

     東京電力福島第1原発1~4号機建屋の回りに1・5㌔にわたって氷の壁を作り、建屋内への地下水の侵入を大幅に減らす「凍土壁」施工の技術には、その二つをミックスさせたところがある。

    0
    続き