■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    聖誕節の乱数放送

     古今東西を問わずスパイがいなかった時はない。歴史とは切っても切れない存在だ。とすれば、それを疎(おろそ)かにしてはひどい目に遭うことになる。

    0
    続き

    安倍外交に欧州が注目!

     当方は28日早朝、いつものように郵便ポストからオーストリア日刊紙プレッセを取った。プレッセ紙の一面トップをみると、安倍晋三首相が27日、ハワイを訪問し、旧日本軍の真珠湾攻撃による犠牲者へ黙祷を捧げている写真が掲載されていた。オーストリアの代表紙「プレッセ」の一面トップを日本の首相が飾ることはこれまでなかったので、少々驚いた。   

    5
    続き

    東京の今を捉えた写真展「東京・TOKYO」…

     東京の今を捉えた写真展「東京・TOKYO」が東京都写真美術館で開催されている。総合開館20周年を記念した企画で、将来性のある作家に注目した「日本の新進作家vol.13」。

     6人が出品している。そのイメージを「混沌」と語るのは元田敬三さん。ツッパッたライダーなどを被写体にしているが、被写体との緊張関係の中で、カメラこそ人を結び付ける有効なツールだという。

    0
    続き

    中東で失われる米国の覇権

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    0
    続き

    安倍総理の真珠湾訪問は何を齎(もたら)すか?

     安倍総理の今回の真珠湾訪問はどうも思いがけない副産物を生んでしまいそうだな、というあまり楽しくない予感がしてきた。

     オバマ氏がアメリカの大統領を続けたり、オバマ氏の路線を次期アメリカ大統領のトランプ氏がそのまま受け継ぐのであれば、安倍総理の今回の真珠湾訪問の決断を手放しで讃えるところだったが、現時点ではトランプ氏側がどんな風に受け 止めるのか分からないために、そう簡単にいいことだ、とも言えなくなってしまう。

    0
    続き

    事実の追求が一番の正義

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」主催のスペシャル公開対談が19日、浦添市で開催され、約250人が参加した。

    3
    続き

    評論家の小浜逸郎さんが「老人運転は危険か」…

     評論家の小浜逸郎さんが「老人運転は危険か」(Voice1月号)の中で、世の“常識”に反し「若者より高齢者のほうが事故を起こす割合ははるかに低い」という資料を紹介している。

     これによると、免許保有者のうち65歳以上の高齢者が占める割合は17%。しかし、全体の事故件数に占める高齢者ドライバーの割合は16%で、20代の21%(保有者割合は14%)、30代の19%(同20%)に比べても低い。

    0
    続き

    「子は国の宝」の経済学

     最新の教育経済学が、わが国の伝統的な子育ての智慧を科学的に裏付けつつある。

    ■1.「しつけを受けた人は年収が高い」

    「幼児の頃にきちんとしつけられると、大人になってから社会的にも成功し、年収が高くなる」という興味深い調査結果がある。

    2
    続き

    地元産に限る野菜、果物

     週末にはスーパーに足を運ぶ。肉類を避けて新鮮な野菜、果物を中心に買うが、野菜や果物ではイタリア産やスペイン産が多いことに気がついた。

     見た感じではスペイン産の果物が新鮮に見えるが、食べてみるともうひとつ、といったことが少なくない。その理由ははっきりしている。野菜置き場に並ぶまでかなりの日数が経過しているからだ。

    0
    続き

    紅白辞退、スマ×2も収録 曖昧なSMAPの幕引き

    紅白よりも「SMAP×SMAP」

     今月23日、年内いっぱいでの解散を発表していたSMAPが、紅白歌合戦に出演しないことを所属するジャニーズ事務所が明らかにしました。事務所によると、メンバー5人の連名で19日、NHKの担当者に出演辞退の文書を送ったということです。文書には「グループのラストステージをどうすべきか、メンバーそれぞれにずっと悩み考えてきましたが、20年間一緒に歩んできたスタッフがいて、5人でレギュラー出演をさせて頂いた『SMAP×SMAP』を自分たちのラストステージとさせて頂きたいという想いに至りました」と記されていました。

    0
    続き

    イタリア「マフィア」はテロを防いでいる!

     フランスやベルギーでイスラム過激派テロが頻繁に発生していた時、「なぜドイツではテロ事件が起きないのか」といわれたものだが、今年の夏、テロが発生し、クリスマス6日前の今月19日にはベルリンで12人の犠牲者が出た「トラック乱入テロ事件」が起きたばかりだ。残念だが、ドイツは、欧州最大のイスラム教徒を抱えるフランスやベルギーと共に、イスラム過激派テロのターゲットとなってきた。

    3
    続き

    安倍プーチン会談について

    先般、安倍総理とプーチンさんとの会談については、さまざまな論評があります。 一点、総理の記者会見のなかにあった次の言葉には注目が必要だと思いました。 それは次の言葉です。

    「戦後71年を経てもなお、  日露間には平和条約がない。  この異常な状態に、  私たちの世代、私たちの手で  終止符を打たなければならない」

    8
    続き

    ハワイ・ホノルルにきょう未明(現地時間…

     ハワイ・ホノルルにきょう未明(現地時間26日午前)到着する安倍晋三首相は明朝(同27日午前)、オバマ米大統領と会談後に、真珠湾攻撃で海に沈んだ米戦艦アリゾナの上に建つ追悼施設「アリゾナ記念館」をそろって訪問。犠牲者を慰霊し、所感を発表する。

     首相は今回の真珠湾訪問が、今年5月のオバマ氏の広島訪問とバーターだと思われるのを嫌っていた。それは日米同盟を未来志向の「希望の同盟」と名付け喝采を浴びた昨年4月の米上下両院合同会議での演説の頃から、ずっと考えてきたことだからという(阿比留瑠比氏「Hanada」2017年2月号)。

    0
    続き

    小林秀雄の愛着心

     昭和36年から54年の間に5回にわたって行われた、学生を相手にした講演と質疑応答の記録が『学生との対話』です。講演者は小林秀雄。話し言葉が元ですから、普通に著述された文章よりだいぶ読みやすいのですが、じっくりと染みこむような、彼独特の深みと面白みに満ちています。

     講演の中で小林は、自分が文章を生み出していくときの「秘密」を学生たちに教えています。小林が何かについて考えようとする時、最も重視しているものが何か。それは「私はそれを好むか」「私はそこに喜びを感じるか」ということなのです。

    3
    続き

    テロリストとトラック運転手

     両者は人生で会合するとは考えていなかっただろうが、クリスマス6日前の今月19日、ベルリンで偶然出会い、一人は19日、もう一人は23日、それぞれ射殺された。前者はポーランド人の大型トラック運転手 Lukasz U (37)、後者はチュニジア人でイスラム過激テロ組織「イスラム国」(IS)を信奉するテロリストのアニス・アムリ容疑者(24)だ。

    0
    続き

    トランプ新政権で激変する対中政策―キッシンジャーも動いた

     トランプ次期大統領と安倍晋三首相が面談した翌日、NYのトランプ・タワーの自宅には、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官が招かれた。リチャード・ニクソン大統領の密使として1971年に中国を極秘訪問し、米中和解の道筋をつけた超大物である。12月2日、習近平国家主席と人民大会堂で非公開の会談を行ったキッシンジャー氏は、「米中関係を平穏に移行させ、新たな出発点から安定した発展を継続させたい」と述べたとされる。

     93歳の長老、キッシンジャー氏自らが慌てて北京へ飛んだ理由は、その直後の報道から見えてきた。同日、トランプ次期大統領は台湾の蔡英文総統と10分以上の電話会談を行った。しかも蔡総統を「The President of Taiwan(台湾総統)と呼んだ」ことまで、ツイッターに記したのだ。

    4
    続き

    反朴デモの魔女狩り的背景

     韓国の朴槿恵大統領は、国会の弾劾訴追案可決に伴う憲法裁判所の審理と特別検察官の捜査に直面しているが、最近、支持者による弾劾反対デモが全国的に拡散している。朴大統領が特殊な宗教家の家族や関係者による国政紊乱を招いたのは事実だが、「崔順実ゲート事件」はメディアの事実歪曲と国よりも自分の栄達や保身を優先する政治屋、そして親北左派団体が作り上げたものだ。

    2
    続き

    教育ローンか? 別荘ローンか?

     人がローンを組む時とは、どんな時だろう。

     まず、ほとんどの人がキャッシュではなくローンで購入するのが、マイホームだろう。家は人生最大の買い物だし、そもそもキャッシュで買える人はそれほど多くないから、これは当然だ。

    3
    続き

    ビーチでの物売り

     タイは外国人観光客の書き入れ時を迎えている。「ホット・ホッター・ホッテスト」の3季しかないとされる南国タイでも、雨期が終わり乾期が始まる11月から2月まで、早朝だけは日本の初秋のような天気が続く。

     とりわけクリスマスシーズンでは、欧州からごっそりやってくる。

     定番はビーチでゆっくり家族と過ごす休暇だろう。

     抜けるような青空、どこまでも青い海。真っ白な砂浜でヤシの木陰でゆったりと本を広げる。

    0
    続き

    声かけ禁止の時代

     スーパーに立ち寄った時のこと。レジで支払い中、次のような店内放送が流れた。

     「3歳くらいの女の子を探しています。姿を見かけた方は、店員にお知らせください」

     レジそばのサービスカウンターを見ると、お母さんらしい女性が心配そうに立っていた。周囲を見渡したが、女の子の姿はない。変質者が連れ去ったわけではないだろうから、すぐに見つかると思い、支払いを済ませて店を出た。

    5
    続き

    強風、木造建築の密集、消防の不備などの…

     強風、木造建築の密集、消防の不備などの悪条件が重なった新潟・糸魚川大火だが、死者が出なかったことは不幸中の幸いだった。菅原進一・東京大名誉教授(建築防災学)は「消防だけに頼るのでなく、住民も消火や延焼防止の訓練をしておくことが大事だ」と話す。

     特に、初期段階では火元の人が消火器やぬれたタオルを使って火を消したり、広がった場合も地域の人々が協力して一斉に水を掛けたりするなどの対応が有効という。深夜であれば、もっと人的被害が出た可能性がある。

    0
    続き

    「反物質」の世界が解明される日

     読売新聞電子版で以下の記事を見つけた時、「いよいよ反物質の世界が解明される時が来た」という感動を覚えた。ベルリンのトラック突入テロ事件が発生していなかったならば、当方はこの記事の感想を真っ先に書きだしていただろう。

     読売新聞電子版の記事は以下の通りだ。

    1
    続き

    「枝深きにもまたゝきて聖樹の灯」(小路生雅)…

     「枝深きにもまたゝきて聖樹の灯」(小路生雅)。きょうはクリスマス。この季節、浮き立つような気持ちになるのは、少し前からクリスマス・ソングが盛んに流されるからだろう。街で目立つのも、ケーキを販売する店や街路のイルミネーションだ。

     単なる商戦と言ってしまえばそれまでだが、クリスマスをイベントとして楽しむ日本人の祭り好きの性格も背景にある。クリスマスは俳句の季語にもなっている。

    0
    続き