■連載一覧
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    日本の大学は長年、実践的な研究とは関係の…

     日本の大学は長年、実践的な研究とは関係の薄い部分で存在し続けたが、その風向きが今世紀に入り変わった。大学出資のベンチャー企業の発進も続いている。

     それを見据えて、三菱UFJキャピタルの半田宗樹社長は「プロの経営者と一体になって、大学にある研究成果を事業化する動きが出てきた。大きなうねりになる可能性がある」と。大学発のベンチャー企業を積極的に評価した。

    0
    続き

    松陰像撤去で「意趣返し」

     山口県に出張した折、少し足を延ばして萩を訪れたことがある。ここには幕末に吉田松陰が開いた私塾・松下村塾の建物が残り、明治維新の立役者たちの生家があちこちに点在する、いわば近代日本ルーツの一つだ。山口(長州藩)は安倍晋三首相をはじめ歴代総理大臣を多く輩出した地でもあり、「日本の気」を大いに感じさせる場所だ。

    1
    続き

    メルケル独首相に赤信号が灯った!

     投票結果は予想された範囲だったが、その衝撃は小さくない。ドイツ北東部の旧東独の州メクレンブルク・フォアポンメルン州で4日投開票された州議会選挙の結果、メルケル独首相が率いる「キリスト教民主同盟」(CDU)が、創設3年しか経過していない新党「ドイツのための選択肢」(AfD)に抜かれ、第3党に後退した。

    2
    続き

    14年連続してきた年間の全国交通事故死者の…

     14年連続してきた年間の全国交通事故死者の対前年比減少は、昨年が4人増の4117人となり足踏みした。わずかだったが、増加は増加。仕切り直しとなった今年は再び減少へと大きく進みそうなだけでなく、3000人台に入る展望も見えてきた。

     今年前半の6月末までの交通死者は1827人で昨年より66人の減。月ごとに平均約10人減少となる。これが1年の3分の2となる先月末までだと2449人に。

    0
    続き

    小池新党よりも都議会自民党のクーデターを

     291万票という都民の圧倒的な支持を受けて小池百合子都知事が誕生した。この得票数は、自公に推された増田寛也氏179万票、民共の支持を受けた鳥越俊太郎氏135万票の合計数に近く、歴代でも4番目の高得票数である(平成24年の猪瀬直樹氏433万票、昭和46年の美濃部亮吉氏361万票、平成15年の石原慎太郎氏308万票に次ぐ)。既存政党の多くが増田氏と鳥越氏に付いた上での結果という点を勘案すれば、大阪に橋下徹氏が登場した時に匹敵する激震と言っていいだろう。

     小池氏の圧勝と都議会自民党幹部達の小池氏に対する不遜な対応を受け、一部のメディアは「小池新党」の誕生に期待し始めている。

    4
    続き

    「木星」とジュノーの“夫婦の出会い”

     米航空宇宙局(NASA)は2日、探査機ジュノー(Juno)が撮影した木星(Jupiter)の南・北極の写真を発表した。NASAによれば、ジュノーは2018年まで木星の周囲を回りながら、その大気や内部構造などを調査するという。

    0
    続き

    高位脱北者増加の背景

     駐英北朝鮮大使館のテ・ヨンホ公使が韓国に亡命してソウル入りした。

     今年5月には人民武力部(同6月、部を省に改称確認)の上将、同6月は金正恩の統治資金を管理する39号室の副部長と幹部2名が韓国に亡命した。このほか、最高人民会議議員(国会議員)1名も韓国に亡命した。7月2日には微生物研究所の研究員が生体実験資料(USBメモリチップ)を持ってフィンランド亡命した。

    0
    続き

    「ニンジャ」逮捕に報奨金

    地球だより

     毎日のニュースでドゥテルテ大統領が話題にならない日はない。一国の元首なので当たり前かもしれないが、アキノ前大統領に比べて圧倒的に多い気がする。政治家らしからぬ過激な発言がメディアのネタになりやすいからだと推察している。

    3
    続き

    男性保育士の難題

     待機児童が2年連続で増えている。受け入れ定員は拡大したが、利用希望者がそれより増えているからだ。そんな中で、保育園の新設計画が頓挫するケースが相次いでいる。

     その主な要因は周辺住民の反対で、その理由に驚かされる。①子供の声がうるさい②資産価値が落ちる③道が狭くて危険などだ。「子供は社会の宝」は過去のものになったのか。

    1
    続き

    イタリア・シチリア島の町、タオルミーナに…

     イタリア・シチリア島の町、タオルミーナにギリシャ人が造りローマ人が改造した劇場が残っている。その見物席の最上段からは、エトナ(活火山)の全山から海岸の波打ち際まで、全景が見晴らせる。

     「(ギリシャ時代の)演劇が、蒼い空、蒼い海、白い山などを見晴らしながら鑑賞せられていた」ことは「私には実に案外なことであった」「演劇鑑賞の心理を考える上に相当重要なこと」と和辻哲郎は『イタリア古寺巡礼』に書いている。

    0
    続き

    「摘みもてる秋七草の手にあふれ」(杉原竹女)…

     「摘みもてる秋七草の手にあふれ」(杉原竹女)。9月は、歳時記では秋の項目に入る。残暑は厳しいが、このところの台風の到来で、秋が間近に迫っていることが感じられるのも確か。

     先日、所用で福島県いわき市から郡山市まで磐越東線で移動した。その途中、野山が少しずつ秋の気配を強めているのを感じた。草木が濃い緑からやや脱色し始めているような色合いだった。台風10号が日本列島に近づいている時だったので、なおさらそう見えたのかもしれない。

    0
    続き

    神父の独身は“愛の戦場”の兵役逃れ

     ドイツは欧州連合(EU)の盟主を自他と共に認める欧州の大国だ。ドイツ人のベネディクト16世がローマ法王だった時ほどではないが、ドイツ国民には熱心なカトリック信者が少なくない。もう少し現実的にいえば、ローマ法王への献金額ではドイツ教会は欧州一だ。その一方、信者数は年々、減少し、聖職者の数も少なくなる傾向にあり、昨年、ドイツ教会では新たに神父になったのは58人だけだった。

     新たに神父となった聖職者の数が教会の規模からみていかに少ないかは、神父のいない教区も少なくないことで明らかだ。にもかかわらずに、独ケルン大司教区のライナー・マリア・ヴェルキ枢機卿は、「聖職者不足ゆえに、聖職者の独身制を廃止すべきだとは考えたくない」と断言する(バチカン放送独語電子版8月31日)。もちろん、聖職者不足は教会の独身制だけが理由ではないが、将来、家庭を築きたいと願う若き神学生が神父の道を断念するケースがあることも現実だ。

    0
    続き

    中央アジア・キルギスの首都ビシケクの中国大使館で…

     中央アジア・キルギスの首都ビシケクの中国大使館で自爆テロが発生した。中露の一部メディアは、新疆ウイグル自治区の独立派組織の犯行との見方を伝えている。昨年のちょうど今頃、同地を訪れた際、特に治安の悪さは感じなかったのだが。

     中国国内で弾圧を受けたウイグル人は、かつてキルギスやカザフスタン国境から国外へ脱出・亡命した。だが、両国が上海協力機構の加盟国となって以降、それらの国境はウイグル人に閉ざされた。

    0
    続き

    一党独裁から“習独裁”を目論む

     7月末から8月上旬まで、北戴河会議が開かれた。北京から車で約3時間、渤海を望む中国屈指の高級避暑地、北戴河(河北省秦皇島市)において、中国共産党の最高指導部と引退した長老らが重要事項を話し合う非公式の会議のことである。

    8
    続き

    4光年しか離れていない地球型惑星?

     英国科学雑誌 Nature に最近発表された研究論文で、地球からたった4光年しか離れていない場所に地球と似た大きさと表面温度を持つ惑星が見つかったという結果がニュースになった。こういう報告があると、マスコミは生命が存在するのでは?とか、人類が住めるのでは?とかいう話題を強調するし、観測・計算した科学者たちもそういう観点を動機としてしまう。その方が研究費を取りやすいという事情もあるのだろう。http://www.nature.com/articles/nature19106

    3
    続き

    河回仮面の帰郷

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     仮面劇は人が仮面をかぶって他の人物や動物、超自然的な存在などに扮装(ふんそう)して踊り、歌い、セリフを交わす歌舞劇だ。庶民の生活経験を劇にして、特権階層に対する鋭い風刺と形式的な倫理に対する批判精神をさらけ出して生活に活力を与える役割を果たす。画家の金炳宗(キムビョンジョン)氏は著書『画帳紀行』において、(慶尚北道)安東(アンドン)市の河回(ファフェ)マウル(部落・村)で行われるシャーマニズムの儀式(別神(ビョルシン)クッ)の時に演じられる仮面劇について「民の興趣と藝の精神が溶け込んでいる身振り」であり「遊び文化の総体」だと激賞している。

    0
    続き

    南米初開催の夏季五輪に思う

    地球だより

     南米初開催の夏季五輪となったリオデジャネイロ五輪が成功裏に幕を閉じた(パラリンピックは今月開催)。

    1
    続き

    「ブルキニ」は最高の皮膚がん防止

     ウィーンのホーフブルク宮殿で先月31日から今月3日まで、第16回国際皮膚腫瘍学会(WCCS)/第12回欧州皮膚腫瘍学会(EADO)が開催中だが、そこで専門医からイスラム教徒の女性用水着「ブルキニ」は皮膚がん防止で最良の方法だという声が聞かれるという(「ブルキニ」とは、イスラム教徒の女性の水着で、ブルカとビキニの造語)。

    1
    続き

    逮捕された俳優でタレントの高畑裕太容疑者…

     逮捕された俳優でタレントの高畑裕太容疑者(22歳)について、男女を問わずなれなれしく接する人物だった、と伝えられている。先輩芸能人に対する接し方など、芸能界の上下関係や序列についての認識が欠けていたようだ。

     「対人距離」という言葉がある。他人との距離について「ここまでだったら許せる、それよりも近くなれば不快」という基準で、個人差はあるものの、大方の相場は決まっている。高畑容疑者は、その基準から大きく外れていたのだろう。

    1
    続き

    イタリア中部地震とモルモット

     前日に引き続いて地震の話について書きたい。マグニチュード6・2規模のイタリア中部地震が24日未明、発生し、290人以上の犠牲者を出した。隣国オーストリアでも連日、被害状況や救済活動についてテレビや新聞で大きく報道されている。犠牲となられた人々に心から哀悼の意を表したい。

    0
    続き

    パレスチナにあるガザ地区は、西に地中海…

     パレスチナにあるガザ地区は、西に地中海、北と東にイスラエル、南にエジプトがあるが、境界線が封鎖されているため、住民はその外に出ることができない。イスラエルからはしばしば軍事侵攻を受けてきた。

     ここで生まれ育った若者が2013年、危険を冒してエジプトのカイロに渡り、中東で人気のオーディション番組「アラブ・アイドル」に出演、レバノンのベイルートで開かれた本選で優勝した。

    0
    続き

    クリントン家復活へ、「財団」通じ巧妙な資金集め

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     バーニー・サンダース氏は、ヒラリー・クリントン氏のスキャンダルの本質がまったく分かっていない。1回目の討論会でサンダース氏が、電子メール問題を軽く扱ったことはよく知られている。

     この問題の核心にあるのは、機密情報ではない。マスコミが伝えたように、連邦捜査局(FBI)長官が、情報の管理が非常にいいかげんだとクリントン氏を非難したことでもない。

    1
    続き

    「幸せ」は「不幸」の数より多い

     米航空宇宙局(NASA)によると、先月28日未明、午前3時24分、「2016QA2」と呼ばれる直径35mの小惑星が地球から8万4000kmのところまで接近したが、衝突することなく通過したという。衝突していた場合、多くの被害が生じたと予想されている。小惑星の接近は通過数時間前になってキャッチしたという。事前に分かっていたら、一部でパニックが生じたかもしれない。

    5
    続き