■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    【ユニクロ】アメリカ国内の空港やSCで自販機展開!も失敗します、なぜなら...?

     ■ファストファッションのユニクロはアメリカ国内の空港やショッピングセンターに自動販売機「ユニクロ・ツー・ゴー(Uniqlo To Go)」を展開する。タッチパネルで操作するユニクロ・ツー・ゴーは同社の主力製品である「ヒートテック・シャツ」と「ウルトラ・ダウンジャケット」を扱う。

    1
    続き

    暴走続けるトランプ大統領

    アメリカ保守論壇 チャールズ・クラウトハマー

     将来、歴史トリビアとして記憶に残ることになるだろう。アンソニー・スカラムチ報道部長が10日間で更迭され、世間を驚かせた。これは、トランプ政権という連続リアリティー番組の中で、最も面白いエピソードと言っていいだろう。自信たっぷりのごますりによる壮大なショーが話題をさらっていた一方で、それほど目立たないが、重要なことが起きていた。

    2
    続き

    なぜ「少女像」「労働者像」を建立するか

     韓国聯合ニュースが4日、仁川発で報じたところによると、「日本の植民地時代に強制徴用された労働者を象徴した労働者像の除幕式が12日、仁川で行われる。像は植民地時代の軍需工場があった場所の向かいに位置する公園内に設置される。同公園には慰安婦を象徴した少女像が既に設置されている。像は横幅4メートル、高さ3メートルで、植民地時代の父と娘の労働者をモチーフにした」という。

    10
    続き

    うん、若狭さんと細野氏は馬が合いそうだ

     どうせなら崖から飛び降りた同士で手を握ってもらいたいものだと思っていたが、若狭さんと細野氏はどうやら馬が合いそうで、この調子ならとんとん拍子で新党設立に向けての話し合いを進めることが出来る。

     小池さん次第だなあ、と思っていたが、小池さんも都議会議員選挙の後で細野氏とは話をしたことがあるようで、若狭さんに細野氏と手を組むことにOKのシグナルを出したようだから、何はともあれ新党の設立には漕ぎ着けることが出来る。

    0
    続き

    モリ・カケ偏向報道を忘れてはならない

     8月3日の内閣改造により安倍政権への支持率は下げ止まり、今後、新閣僚の不祥事などがない限り回復へ向かう気配である。安倍総理は記者会見の冒頭で 「先の国会では、森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果となりました。

     そのことについて、冒頭、まず改めて深く反省し、国民の皆様におわび申し上げたいと思います。」と語り、深く頭を下げた。

    54
    続き

    中国インターネットサービス大手・騰訊…

     中国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、ひと悶着起きた。

     チャットでは「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」。さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」、共産党は「嫌い」との発言もあった。

    1
    続き

    「療養のスケッチブック秋となる」(鈴木のぼる)…

     「療養のスケッチブック秋となる」(鈴木のぼる)。厳しい暑さが続いている。こうした中でも、にわか雨が降ると少しは過ごしやすくなる。

     俳句の歳時記では、8月は「秋」に分類されている。具体的には8月7日の立秋から秋が始まる。が、実際には暑さのピークの時期と言っていい。季節感とはそぐわない感じがするのも無理はない。

    0
    続き

    米戦略軍司令官、核戦力近代化の遅れを懸念

     核を搭載したミサイル、潜水艦、爆撃機を管理する米戦略軍のハイテン司令官は記者(ビル・ガーツ)との単独インタビューで、高まる中国、ロシア、北朝鮮の脅威を前に、老朽化した兵器の近代化が進んでいないことに懸念を表明した。また、情報操作、サイバー空間、宇宙などでの情報戦が戦略の重要な部分になりつつあると指摘した。

    1
    続き

    蔵書を整理していて山本七平著『「空気」の…

     蔵書を整理していて山本七平著『「空気」の研究』(1997年、文藝春秋刊)が出てきたので、数十年ぶりに再読した。森友・加計学園の問題で、野党、リベラル・メディアによる安倍内閣批判がつくり出した「空気」について考えるヒントがあるのではないかと思ったからだ。

     日本の重要な方向は、理性的な議論ではなく、その時の「空気」が決定するという現象にいち早く注目した山本氏。それは今も変わらないと感じさせられた。

    2
    続き

    「私、親不孝な人は嫌いです」

     朝、出勤前にNHKの朝ドラ「ひよっこ」を見ることが多い。

     主人公の矢田部みね子は1960年代の後半、北茨城から集団就職で東京に出て働く「金の卵」。所謂「団塊の世代」です。

     最初、ラジオ組み立て工場で働くが、不況のあおりを受けて倒産。

     行く当てのなかったみね子を拾ってくれたのが、以前から馴染みのあった洋食屋「すずふり亭」でした。

     みね子にはこれといった特技はない。これといった大きな夢もない。

    15
    続き

    路線バン、鶏乗せて罰金

     タイ運輸省陸運局はこのほど、法令違反があったため、路線バン運転手のタイ人に罰金を科した。タイの路線バンは都市間移動の手軽な手段として人気がある。路線バスより早いし頻繁に出ていて便利なのだ。

     ただバスのように4、50人を乗せることはできないため、バンの乗客はぎゅうぎゅう詰めにされ座席数以上の乗客が乗るのは常態化していた。

    0
    続き

    米英が世界の檜舞台から消える時

     旧ソ連・東欧共産政権が次々と崩壊していった時、「時代が動いた」ことを目撃し、新しい時代の到来に希望さえ感じた。あれから30年も経過していないが、同じように時代が動いてきたことを漠然と感じだしたが、冷戦時代の終焉の時のように、「新しい時代が来る」といった興奮や希望より、不安と焦燥感が強いのだ。

    4
    続き

    はやぶさ2来年夏のリュウグウ到着における科学者達への大きな挑戦

     2014年10月3日に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ2は、とうとう来年の夏に小惑星リュウグウに到達する。長い惑星探査ミッションにおいて1年を切った現在、チームにとっては秒読み段階ともいえる。衛星運用チームだけでなく、はやぶさ2科学チームにも大きな挑戦が待っている。

    5
    続き

    「渥美清は下品で卑しい」と小林信彦著…

     「渥美清は下品で卑しい」と小林信彦著『おかしな男 渥美清』(2000年4月新潮社刊、その後ちくま文庫)には書かれている。それは彼の経歴から来るらしい。

     1996年のきょう、渥美が亡くなった。それから21年。死の直後、テレビの追悼番組では司会者が「渥美さんは人柄が寅さんと同じ」と発言した。

    2
    続き

    サンパウロの交通事情

     南半球最大の都市とされるサンパウロの名物の一つに交通渋滞がある。東京やニューヨークのように地下鉄など公共交通網が発達していないことが理由の一つだが、それ以上に自動車自体の数にインフラ整備が追い付いていないことが大きい。記者もこの渋滞には日ごろから悩まされており、待ち合わせ時間などが通勤時に重なると、まったくというほど移動の時間計算が成り立たなくなる。

    0
    続き

    元神父は刑務所で何を考えたのか

     未成年者への性的虐待で12年の刑期を言い渡され米マサチューセッツ州の刑務所に拘留されていた米国のポール・シャンレィ神父(Paul Shanley)が7月末、刑期を終えて出所した。

    0
    続き

    「7末8初」休暇戦争

     休暇を表すフランス語『バカンス』の語源は「空く」という意味がある。東洋には同じ意味の漢字『休』がある。人が木の傍らで休んでいることを表している。これらは共に、満たされたものを空にして休みながら再充電するという意味が込められている。ところが、わが国の夏の休暇にはこんな意味を見いだすことが難しい。毎年、休暇の最盛期である「7末8初」(7月最後の週と8月第1週)に誰もかれも“休暇戦争”を行っているためだ。

    0
    続き

    安倍電撃訪朝の噂の震源と可能性

     安倍首相の電撃訪朝、金正恩委員長との会談・・・ そんな噂が広がっている。  支持率急落で政権が危機的状況にある安倍政権が巻き返しの一手として訪朝するという内容だが、、、 まったくバカバカしい。

    ★安倍首相電撃訪朝の噂の震源 ★安倍-金会談の可能性 ★北朝鮮の反応

    という内容

    ★安倍首相電撃訪朝の噂の震源

    2
    続き

    【スーパーマーケット】食品販売が増えすぎ!競争激化でバナナ100グラム当たり5円?

     ■商業用不動産業界向けに不動産情報を提供するコスターグループによると、食品小売面積が昨年、一人当たり4.15平方フィートと過去最高を記録した。

    0
    続き

    「しばしば禅の接心に参加して帰宅すると…

     「しばしば禅の接心に参加して帰宅すると、聖書が面白いほどよく分かるようになり、今まで難解で手に負えなかった聖句が、目から鱗が落ちたようにハッキリと理解できるようになりました」。

     先日亡くなった神学者で、上智大学名誉教授だった門脇佳吉さんにインタビューしたことがあった。門脇さんが『公案と聖書の身読』という著作を出して間もない1977年9月のこと。

    1
    続き

    国民主権情報防衛戦 偏向マスコミのつぶし方

    最近、マスコミの嘘と開き直りがひどくないですか?

    加計学園問題なんか、完全に国会内での話とマスコミ報道がひっくり返っている模様。

    マスコミは伝えるべき事実ではなく、伝えたいイメージばかりで、国民など報道の焦点を他に移せば深層を知ろうという思いも忘れてしまうだろう、とナメていますね。

    おまけに、最近は誤りも訂正もせず、知らんぷりで有耶無耶にして、次の嘘をついていますよ。

    5
    続き

    朝日記者らの「フェイクニュース論」2冊の難点

    何が真実か分からない情報時代

     ネット社会を生き抜くには、フェイクニュース(偽情報)の見極めと、ファクトチェック(事実の検証)を欠かせない時代になりました。ほぼ同時に発刊された「フェイクニュースの見分け方」(新潮新書、烏賀陽弘道著)と「民主主義を壊すフェイクニュースの正体」(朝日新書、平和博著)を読んでみました。烏賀陽氏は朝日記者OB、平氏は朝日の現役記者です。

    3
    続き

    私利私欲のために議員を語るな! 上西小百合議員の暴言つぶやき

     昨年から議員の不倫騒動や、重婚、二重国籍、パワハラなど、倫理的な問題が噴き出してきています。公的な立場の議員が行ってきた数々の問題行動が明らかになってきている今、襟を正して国民からの信頼を取り戻すべき時であるにも関わらず、無関係のような顔でいる議員も多々います。ここ最近、何かと話題になっている上西小百合議員もその内のひとり。公的立場であるという自覚がない上西議員に対して、怒りを通り越してあきれ返るしかありません。

    ツイッターでの暴言は炎上商法目的なのか

    16
    続き