■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    米政府、北朝鮮のサイバー攻撃めぐり警告

     米連邦捜査局(FBI)と国家安全保障省(DHS)はこのほど、北朝鮮がマルウエア(悪意あるソフトウエア)を使って乗っ取ったコンピューターのネットワークを築き上げようとしていると警告を発した。このネットワークは、重要インフラへの大規模なサイバー攻撃に利用される可能性があるという。

    3
    続き

    「小さき蠅我へ移りぬ瓜の花」(岩木躑躅)…

     「小さき蠅我へ移りぬ瓜の花」(岩木躑躅)。東京は梅雨入りしたが、それほど雨が降っていない。とはいえ、じめじめした印象は日増しに強くなっている。

     ハエや蚊が多くなるのもこの季節。先日、就寝時に耳元で蚊の飛ぶ音がぶんぶんと鳴り、眠れなくなった。あわてて去年使った電気式の蚊取り器を探したが、なかなか見つからない。仕方がないので、電灯を点(つ)けたまま、しばらく起きていた。

    0
    続き

    イスラム指導者「反テロ宣言」の概要

     オーストリアのイスラム教指導者(イマーム)が14日、ウィ―ンのイスラム教文化センターに結集し、イスラム過激派テロに抗議する「反テロ宣言」に署名した。欧州居住のイスラム教指導者たちによる「反テロ宣言」の署名は初めての試みだ。同署名式には約180人のイマームが参加し、残りはメールを通じて署名を送ってきたという。総数300人を超えるイマームの署名が集まった。

    1
    続き

    フィリピン観光省CMに盗作疑惑

     このほどフィリピン観光省が、新しいキャンペーンスローガンとコマーシャル映像を発表したが、早速、盗作疑惑が浮上し物議を醸している。最近フィリピンを訪れる観光客といえば、数が多い韓国人や中国人が注目されがちだが、意外にもコマーシャルの主人公は日本人。引退生活を送る初老の男性が、フィリピン各地で自然や人々と触れ合うという内容だ。

    0
    続き

    名作映画「砂の器」(1974年公開)撮影中の…

     名作映画「砂の器」(1974年公開)撮影中のエピソードを話題にしたエッセーを最近読んだ。病人を乗せた台車が進む場面。効果音のスタッフは、砂利道を進む場面と橋を渡る場面それぞれを、2晩徹夜して録音した。

     録音を野村芳太郎監督のところへ持って行くと「ここは音なしで行こう」との非情の宣告。監督の判断の理由は分からないが、撮影関係者の一人だったエッセーの筆者は「監督は時に、鬼にならなければいけない」と思ったという。

    0
    続き

    野党の女性議員よ恥を知れ!いや、男性議員こそ人として恥ずかしい。

     参議院でテロ等準備罪の法案審議が始まり、 その審議のひどさにびっくりしたのが昨日でした。

     何?あれ! 民進党の真山勇一議員。 日本維新の会の東徹議員の質問中に問責決議を出すなんて、非常識にもほどがあります。  何年議員をやっとるんじゃ!この○○!と、言いたくなりますよね。 民進党の執行部の指示があったとしても、いさめるくらいできるでしょうに。

    4
    続き

    委員会での審議を途中で投げ出してのこの本会議採決の強行は、自民党の大失敗

     参議院の皆さんは当分自分の選挙がないと思って、こういう乱暴なことをやってしまうのだろうが、私はこれが自民党にとっての大きな躓きの素になるような気がしている。

     いつ解散総選挙になるか分からない、常在戦場の衆議院議員の方々ならもっと世論を恐れたはずなのだが、昨年選挙を終えたばかりの参議院議員の方々、2年間は選挙がない残りの参議院議員の方々は、まずは目先のことばかり考えて、衆議院議員一人一人のことにはそう関心がなさそうである。

    3
    続き

    100年ぶりの嵐 街を歩く市民

     モスクワでこの時期の天敵は、泥水から発生してくる蚊とポプラ(トーポリ)の綿毛。両方にアレルギー体質を持つようになった筆者にとっては、この時期エアコンを使わなくても快適な季節でありながら、天敵の窓からの飛来を防止する対策は必須だ。

    0
    続き

    中国向けラジオ放送 トランプ政権、予算削減へ

     トランプ政権は、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の予算に大なたを振るい、中国向けのラジオ放送を縮小しようとしている。ワシントンのRFA本部の発表を受けて、連邦議会議員らから強い反対の声が上がった。

    3
    続き

    「難民収容枠」への東欧3カ国の抵抗

     独週刊誌シュピーゲル(電子版)が13日報じたところによると、欧州連合(EU)の政策執行機関、欧州委員会のディミトリス・アプラモプロス移民・内務・市民権担当委員はハンガリー、ポーランド、チェコの東欧3カ国の加盟国に対し、「EUの条約義務不履行を調査し、状況次第では制裁など提訴手続きに入る」と表明した。具体的には、2015年秋、北アフリカ・中東からの難民約16万人の収容分担枠に対し、同3カ国はEU加盟国としての義務を果たさなかったというのだ。例えば、チェコは2691人の分担枠だが、これまで12人しか受け入れていない。

    1
    続き

    龍馬を使う知恵

     文在寅政府が発足して1カ月が過ぎ、青瓦台(大統領官邸)前の眺めが一変した。青瓦台前の噴水広場に連日、一人デモを行う人々が押し寄せている。帽子とサングラス姿の人々は炎天下の中でも無言の歓声を上げながら立っている。「成果評価制廃止」、「サード配備反対」、「解雇者復職」…。青瓦台から200㍍離れた住民センター前を、座り込みをする人々に明け渡したこともある。

    2
    続き

    「他の人より私は初恋に対する価値を高く…

     「他の人より私は初恋に対する価値を高く評価しているのかもしれません。恋に陥ることは何度かあるかもしれませんが、初恋は一回だけ。その純粋さは比べ物になりません。純粋さの極致が初恋です」。

     あさってから公開される映画「心に吹く風」の監督ユン・ソクホさんの言葉だ。ユン監督は「冬のソナタ」で日本での韓流ブームの火付け役となった巨匠。「死ぬまでにぜひやりたかった」という初恋をテーマとした映画。

    2
    続き

    GENERATIONS、NYライブ大盛況

    15曲を熱唱、日本人以外のファンも多数  7人組ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEは5月28日、「GENERATIONS from EXILE TRIBE WORLD TOUR 2017 -SPEEDSTER-」のニューヨーク公演をアービング・プラザで開催した。

     会場には、日本、中国など各国から総勢350人以上のファンが詰め掛けた。GENERATIONSのメンバーそれぞれがファンに英語であいさつ。アンコールを含め、15曲を披露。特に「Love You More」と「SORA」は曲名がアナウンスされただけで、歓声が上がり、日本語と英語で歌われた「Love You More」はしっとりと会場を魅了した。

    1
    続き

    戦乱続く中東、ナイチンゲールが泣いている

     2004年5月末、米軍などの「イラク戦争」後も続く戦闘を取材中、武装勢力に惨殺されたビデオジャーナリスト、橋田信介さん(享年61歳)をしのぶ会が、今年も開かれた。彼と縁のテレビ、新聞、出版、写真などの関係者が、幸子夫人を囲んだ。

    1
    続き

    疑惑を徹底追及する米国議会を学べ

    ボヤが大火に、日本政治の不手際

     ロシア疑惑をめぐり、トランプ大統領の捜査への介入があったかどうか。相手が大統領でも、徹底的に追及する米国議会の精神、姿勢を見ていまして、日本との大きな違いに驚ろかされます。日米の政治、議会制度は違い、単純に比較できないにせよ、あいまいな処理が問題を拡大してしまう日本にとって、学ぶべき点はあると思います。

    2
    続き

    ロシア政情は今秋から一層緊迫か

     モスクワやサンクトペテルブルクなどロシア全土の145カ所以上の都市で12日、クレムリンの腐敗政治、縁故主義などに抗議する反プーチン(大統領)デモが行われた。シベリアのノヴォシビルスクでも同日、3000人がデモ集会に参加したという。12日は通称「ロシアの日」と呼ばれ、旧ソ連からの「独立記念日」的な祝日だった。

    1
    続き

    石垣島と台湾、パインの絆

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     石垣市パインアップル産地協議会(会長・石垣克治石垣市農政経済課長)は6月1日を「石垣島パインアップルの日」と定めている。

    3
    続き

    特定の刑事裁判に有権者が参加する裁判員制度…

     特定の刑事裁判に有権者が参加する裁判員制度が、2009年に施行されてから8年が過ぎた。鳴り物入りで始まった制度だが、ここにきて裁判員候補者の欠席率の高さが目立っている。

     最高裁によると、選任手続きに呼び出された候補者の出席率は、09年の制度開始時は83・9%だったが、16年は64・8%に落ち込んだ。約3人に1人が欠席したことになる。候補者になっても出てこない人が相次いでいるのだ。

    0
    続き

    一番じゃなきゃダメなんですか?

    —–引用始まり  30代の会社員女性。小学5年の息子が、何をやっても1番になれません。  息子は控えめで人が嫌がることはせず、いつもニコニコと穏やかです。少年野球をしており、毎日、自ら進んで投球練習や素振りをコツコツやっています。性格がいいからか、今年はキャプテンになりました。しかし、試合ではそこそこ活躍するものの、最優秀賞などの個人賞は取れません。  本人も悔しい思いをしているようですが、賞を取った子に笑顔で、「おめでとう」と声をかけます。その姿を見ると、悔しくて歯がゆい気持ちになるのです。  思えば、息子はリレーの選手に選ばれるわけでも、書道で表彰されるわけでもなく、特に目立ったところがありません。悪くないけれど、決して目立つことのない息子。活躍する他のお子さんを見て、正直羨ましくなってしまいます。  こんな母親に心の持ちようを教えてください。(埼玉・Y子)      ◆  ◇大日向雅美(大学教授)  なぜあなたはそれほどにお子さんを人と比べ、1番になることを求めるのでしょうか。他者と比べて得られる相対評価は、相手次第で浮き沈みします。  あなたが書いておられることを見れば、息子さんは他の人にはない資質をたくさん持っていて、なんと素晴らしいことかと思います。地道な努力を惜しまず、自分が評価されなくても友だちの成功を祝福することなど、よほどの人格者の大人でもなかなかできないことです。少年野球のキャプテンに選ばれたのは、それだけ仲間や指導者から人望があるということではないでしょうか。  育つ過程にある子どもにとって大切なことは、その子にしかない良さをしっかり認めてもらうことです。それが自己肯定感となり、その人らしい心豊かな人生を送る鍵となります。  ないものねだりも、子を思う親の情ゆえかもしれません。しかし、失礼を十二分に承知で申し上げれば、ご自分はこれまでどれほどのことをなし得ていらしたのでしょうか。そうして、わが身を振り返り、子どもに過剰な期待を抱いて追い詰めないよう自戒することこそが、本当の親の情ではないでしょうか。 (2017年6月7日付 読売新聞 「人生案内」より) —–引用終わり  蓮舫さんがこれを読んでおられたら、「一番じゃなきゃダメなんですか?」ときっとおっしゃるところでしょう(笑)。

    3
    続き

    日本口撃がエスカレート 北朝鮮の報道の見極め方

     北朝鮮が日本に対して過激な「口撃」を展開している。

     6月8日付、朝鮮平和擁護全国民族委員会は代弁人声明「日本は共和国の核戦力の前で島国の運命をもって賭博をしてはいけない」を発表した。※代弁人=スポークスマン

     現在のように、日本がわれわれの拳骨の近くで意地悪く振る舞っていれば、いったん有事の際、米国より先に日本列島が丸ごと焦土化されかねないと いうことを認識すべきである。

    とっても過激。

    1
    続き

    フランス人が聞きたくない現実

     フランス人が最も聞きたくないのは「フランスは二流国だ」という言葉だ。どんな国にもプライドはあるが、フランス人は米英のアングロサクソンに対抗する先進国として、核武装し、国連安保理の常任理事国で、国際的発言権を確保することに余念がなかった。

    0
    続き

    薬物使った性被害防止

     6月26日は、国連が定めた「国際薬物乱用・不正取引防止デー」だ。1987年のこの日に、ウィーンで開かれた国際会議で、薬物乱用の防止・削減を国際協力によって進めるという政治宣言が採択されるとともに、この日を防止デーにすることが決まったことからスタートしたものだ。わが国でも薬物乱用撲滅に向けて、シンポジウムや街頭における啓発活動など、官民挙げてさまざまな取り組みを行っている。しかし、その努力が実っているとは言い難い。

     2016年に全国の税関が押収した覚醒剤の量は約1500㌔で過去最高だった。また最近は、芸能人が薬物乱用で逮捕される事件が相次いでいるし、若年層の大麻乱用が社会問題になっている。薬物問題においては、統計に表れるのは氷山の一角と言われる。僕滅に向かうどころか、逆に悪化しているのが実情だとみていい。

    4
    続き

    いまの高校生の割と健全な食生活と意識を…

     いまの高校生の割と健全な食生活と意識を浮き彫りにした農林中央金庫(東京・有楽町)のアンケート調査結果(先月26日発表)はなかなか興味深い。平成17(2005)年、24年に続く3回目の今年の調査は3月下旬に、東京近郊の高校生男女各200人から回答を得たもの。

     普段の朝食(複数回答)は3回目の調査で初めて、ご飯(71・5%)がパン(70・7%)を若干上回り、主食トップに。パン派が前回の73・5%から減ったのに対し、ご飯派が17年(51・0%)→24年(67・4%)→今回と増え続け逆転した。

    2
    続き