■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    人手不足を訴える業界や企業が増えている…

     人手不足を訴える業界や企業が増えている。外食などのサービス業界は特に深刻のようだ。政府の「働き方改革」の眼目の一つは人手不足の解消を図るということだ。

     チェーンレストランを経営するロイヤルホールディングスの黒須康宏社長は実験店舗を設け、来店客が自ら専用タブレットで注文するサービスや、調理時間を短くできる最新鋭のオーブンレンジも導入するなど苦心。「(業務効率化に向けて)いろいろ試していきたい」と話している。

    3
    続き

    交流人口が増えることでもたらされる価値とは?!

     広田町で外部の人と住民が交わることで何が生まれているのか、観光で訪れるのではなく、交流人口や活動人口が増えることでの生まれる価値について書きたいと思います。 それは、「自分の人生をリセット・リスタートできる」ということなのだろうと思います。RPGゲームはゲームオーバーになればリセットできるけれども、人生はリセットできないと思う人は多いのではないでしょうか。これはある意味真実なのですが、一方でこの町ではリセットできる可能性があり、それによって外から人が来続ける町になるのではと思いました。

    ある地元高校生の話

    5
    続き

    【EC】サイバーマンデー最大!実店舗では55インチ4Kテレビが3万円弱も売れ残り?

     ■11月27日のサイバーマンデー(感謝祭の次の月曜日)は、オンライン売上高が史上最高額に達した。オンラインストア100社をモニターしているアドビ・アナリティクスのデータによると、サイバーマンデーに消費者が支出した総額は前年比16.8%増となる65.9億ドル。また、23日の感謝祭のオンライン売上高は前年比18.3%増となる28.7億ドル、翌日24日のブラックフライデーのオンライン売上高は16.9%増となる50.3億ドルだった。

    5
    続き

    日曜日に働くことは不健康?

     ポーランド議会は先月24日、小売店の日曜日営業を2020年までに段階的に禁止する法案を可決した。同国では民主化後、日曜日の営業も認められてきたが、同国で中道右派「法と正義」政権が発足した後、「日曜日は祝日である」として営業閉店に関する法案が議会に提出され、今回可決されたわけだ。ただし、パン店やガソリンスタンドといった小規模店舗は除外され、オンラインショップも同法から外されている。ちなみに、隣国ドイツやオーストリアでは閉店法(Ladenschlussgesetz)が施行されており、基本的には日曜日の営業は禁止されている。

    3
    続き

    当たり前の話 ワクチンは感染を予防する メディアへの協力のお願い

     朝日新聞記事です。(水ぼうそう患者が激減 無料の予防ワクチン効果か)本当当たり前のことをこうやって報道することが公衆衛生に役立ちます。国民の健康のために何を行うのか。効果のあるワクチンの無料化、政治で健康を得ることができる一番簡単な方法です。

     ワクチンについても以前から書いていました。昔書いた記事からの引用です。(2011年も記事のため、今は一部そぐわない部分があります)

    16
    続き

    「海の色失はれ行く日短(ひみじか)」(稲畑…

     「海の色失はれ行く日短(ひみじか)」(稲畑汀子)。「日短」とは、冬の昼間が短いことをいう。朝もなかなか夜が明けないような薄暗さが続き、夕方から夜になる時刻も早い。

     日短は俳句の季語だが、よく使われるのは「短日(たんじつ)」という言い方だろう。稲畑編『ホトトギス新歳時記』には「冬の日の短いのをいう。冬に入るとしだいに日が短くなり、やがて冬至に至る。あわただしく日が暮れると、人の暮しもそれに追いかけられるように、気ぜわしくなる」とある。

    0
    続き

    北のミサイルにはサリンが搭載されている

     万一有事となれば、日本全国で北朝鮮の工作員たち「都市型テロ」が決行され、サリンやVXガス、炭疽菌がばらまかれます。他にも弾道ミサイルによって、直接それらのガスや菌が日本の都市部に降り注ぐことになります。

     当然日本の原発も狙われます。  いま国会で審議すべきは何でしょうか。  メディアが取り上げるべきは何でしょうか。  それは、もりかけそばや、すもうでしょうか。

    12
    続き

    本気を超えよう! ビジネスで差がつくリーダーシップの基礎⑤

    恒例になってきました、就活生、社会人1~2年目の方向けの本シリーズ。ビジネスで差がつくリーダーシップの基礎 今回は、「本気」の話をしようと思います。

    「本気でやれ」 「本気になってみろ」 と指導されることがあると思います。

    特に、最近では、その象徴が松岡修造さん!!(画像は転載ブログより)

    9
    続き

    「折り紙ホリデーツリー」がお披露目

     アッパーウエストにあるアメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)で11月20日、この時期ニューヨークの恒例イベントとなっている「折り紙ホリデーツリー(Origami Holiday Tree)」のライトアップが行われた=写真。ツリーは4メートルにも及び、現在博物館で開催されている展覧会『Our Senses: An Immersive Experience』にインスパイアされた1000個以上にもなる色とりどりの折り紙作品が装飾されている。

    1
    続き

    ドイツの大連立交渉の行方

     シュタインマイヤー独大統領は先月30日夜(現地時間)、ベルリンの大統領府(ベルビュー宮殿)にメルケル首相(キリスト教民主同盟党首=CDU)、ゼーホーファー党首(キリスト教社会同盟=CSU)、それに野党第1党「社会民主党」(SPD)のシュルツ党首の3党党首を招き、大連立政権交渉について話し合った。大統領府の情報によると、大統領、3党党首間の対話は2時間半に及んだ。会談内容は非公開という。CDU/CSUとSPD3党党首が会合したのは9月24日の連邦議会選後初めて。

    1
    続き

    東京の地下鉄のうち新しい路線は、かなり深い…

     東京の地下鉄のうち新しい路線は、かなり深い所を走っている。都営大江戸線の六本木駅など、電車を降り、いくつものエスカレーターで上って、ようやく東京メトロ日比谷線の改札口のある階にたどり着く。

     路線網の充実はいいが、利用するたびに、この縦の距離を不便に思ってきたのも事実だ。ところが最近は、この地下深くにある路線への気流子の見方も変わってきた。これだけ深く頑丈な造りであれば核シェルターとしても十分使えるのではないか。

    2
    続き

    ロシアが千島列島にミサイル配備計画 疑心暗鬼が募る日露関係

    安倍首相とプーチン大統領。両者の関係は蜜月と思われたが、最近はそうでもないらしい。

    千島列島に対艦ミサイルを配備すると報じたのはロシア紙のイズベスチア。

    ・最新鋭の地対艦ミサイル「バル」「バスチオン」を千島列島の中部と北部に配備予定 ・すでに北方領土には配備している

    ロシアとは北朝鮮への対応、北方領土交渉、平和条約交渉、シリア問題など、日本にとっての重要課題が盛りだくさん。

    27
    続き

    薬剤師会は自己改革にどこまで本気

     薬剤師さんについて、日常的に感じていることを投稿しましたら、思いがけないほど多数のコメントが寄せられました。4本目を総まとめにして終わりにするつもりでした。それにも100件以上のコメントがきました。病院や薬に頼る高齢者が増え、調剤薬局、薬剤師はますます身近な存在なっていると同時に、様々な疑問が提起されていることの証明です。

     私以外の患者、利用者、さらに医師やその他の専門家からも意見が寄せられました。投稿された数々の疑問、批判に対する薬剤師さんの反論も激しく、今後の医療、薬務行政によっては、自分たちの死活問題になってくるとの思いなのでしょう。たくさんのコメントにお礼を申し上げつつ、これで一区切りとする予定です。

    8
    続き

    大爆笑「法令順守」裏目だって、港使用許可、取り消しも 辺野古工事で沖縄知事

     2013年12月、仲井真前知事は防衛局の辺野古埋め立て申請を承認した。行政組織の責任者として申請に法的瑕疵がなければ申請せざるを得ない法治裁量である。知事の恣意的判断で放置したら不作為で提訴され敗訴は確実だからだ。

     仲井真前知事の埋め立て承認に対し沖縄2紙は一斉に反発し「金で沖縄を売った最悪の県知事」などと仲井真バッシングを展開した。その逆風を受け、翌年の県知事選で仲井真氏は敗退、翁長新知事が登場した。 翁長知事は仲井真前知事の埋め立て承認には法的瑕疵があるとして、「埋め立て承認」を取り消した。これを不服として政府は知事の取り消しは違法であるとして違法確認で翁長知事を提訴した。

    10
    続き

    ひどい警官の裏稼業

     タイの民放テレビはこのほど、バンコク近郊の日系中古品店が何度もみかじめ料を要求した男女ペアの警官を訴え出たことを報じた。警察は男女が実際に警官であることを認め、事実関係の調査を約束した。

     中古品店によると、最初に現れたのは開業当初の8月。警官を名乗る男女がコピー商品の違法販売ではないかなどといちゃもんをつけ、店側から現金1万5000バーツ(約5万1000円)を受け取ると黙って去って行った。

    0
    続き

    【ウェグマンズ】NY市から最短距離に新店!ウェグマンズは女性に優しいピンク企業?

     ■創業から101年となるウェグマンズは9月24日、ニュージャージー州モントベールに新店をオープンした。ニュージャージー州では9番目の店舗となるウェグマンズ・モントベール店(100 Farm View Montvale, NJ 07645)は3,000坪を超える店舗面積に6.5万品目を持つ。同社では94店舗目となるモントベール店には7ヶ所目となる「バーガーバー(Burger Bar)」を導入しており、マーケットカフェのホットデリとは別に、人気メニューの「メイプル・オニオン・ベーコン・ハンバーガー」「サンタモニカ・ターキーバーガー」などを注文に応じて調理するスタイルをとっている。

    2
    続き

    ウィ―ンで初雪が降った

     11月30日、ウィ―ン市内に雪が降った。今年の冬は厳しいと聞いていた。週末にかけ早朝はマイナス10度という気象予測が流れていたから、雪が降るだろうと密かに期待していた。それに応えるように、初雪は降ってきた。それにしても、冬になると雪が必ず降ってくれる。その四季それぞれの変わらない気象に、驚きと共に、感動を覚える。

    0
    続き

    企業買収で米に侵入する中国

     米国防当局者らは、カナダの衛星通信企業ノーサット(本社バンクーバー)の中国ハイテラ・コミュニケーションズへの売却が発表されたことを受けて、国家安全保障上の脅威となる可能性があるとして懸念を表明した。

     売却がこの夏、発表されると、国防総省は、ノーサットとの契約を継続するかどうかの検討を進めていることを明らかにした。

    7
    続き

    今回の横綱日馬富士をめぐる問題を伝える…

     今回の横綱日馬富士をめぐる問題を伝えるテレビのワイドショーを見ながら「何も変わっていない……」と思った。事実と伝聞の区別がないまま報道が行われ、それに基づいて司会者やコメンテーターの間で議論が交わされる。

     おなじみの光景なので、不思議なこととも思わなくなっている。事実を積み重ねて真相に近づくのではなく、事実と伝聞の混合物が単に増殖するだけだ。混乱を収拾するのではなく、むしろ増大させて真相の解明を先に延ばそうとしているのではないかとさえ思われる。

    2
    続き

    南柯一夢

     世界最長の38年在任したジンバブエのロバート・ムガベ大統領が退任すると、ありとあらゆる暴露が続いている。グレース夫人がパリ旅行で1億870万ウォンの買い物をし、香港などに豪華別荘を購入したとして、「ファースト・ショッパー」「グッチ・グレース」と揶揄されるのは当たり前で、2人の関係は不倫から始まって超豪華な結婚式を挙げたなどと、陰口にはきりがない。息子は6600万ウォンのロレックスの時計をはめて映画『バットマン』のスポーツカーを乗り回しているとの悪評も出ている。昨日まで誰も口に出せなかったことだ。権力を手放した瞬間から経験する見るに忍びないありさまだ。

    1
    続き

    労働してはならない日

     イスラエルでは、金曜日の日没から土曜日の日没までが安息日(シャバット)で、ユダヤ教徒にとっては1週間のうちで特別な日だ。その日に交わす特別な言葉がある。別れ際に「シャバット・シャローム(平和な安息日を)」とあいさつをする。

     金曜日の夕食(シャバット・ディナー)には、肉、魚、野菜などたくさんの料理を準備し、集った家族や親しい友人とテーブルを囲んで、いつもより豪勢な食事を楽しむ。

    0
    続き

    福島県会津地方の観光地図に国指定天然記念物…

     福島県会津地方の観光地図に国指定天然記念物の「赤井谷地」の所在地が記載されている。猪苗代湖の西、戸ノ口古戦場の南方だ。谷地は湿原や湿地のことで、ここは北方系の植物が自生する陸化型の高層湿原。

     ある年、その存在を知ってぜひ見たいと訪ねた。車で周囲の道をたどったが、地元の人に聞いても入り口が分からず、1周して振り出しに戻った。行き方が分からないまま諦めるしかなかった。

    0
    続き

    草の根団体の活躍如何が帰趨決める2018米中間選挙

     2017年も年末モードに突入しつつあり、来年の展望について考える丁度良い時期になりつつある。米国政治における来年の最も重要なイベントは、言うまでもなく2018年連邦議会中間選挙である。

    4
    続き