■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    お節介が事件にしてしまった福岡の高校生による教師“暴行”

     福岡市東区の私立高1年の男子生徒が、男性講師へ暴行したとして、傷害容疑で逮捕された事件が問題となっています。9月28日の授業中、男子生徒が授業で使う予定のないタブレットで動画を観ていたところ、教師が取り上げ注意したところ、これに生徒が激高し背中を蹴るなどして、背部打撲などの軽傷を負わせたとしています。校内の問題がここまで大きくなる原因となったのは、暴行の動画がインターネット上に投稿されたこと。それを見た人が通報して逮捕という結果になったのでした。最終的にこの生徒は10月2日に釈放され、3日に自主退学したということです。

    3
    続き

    「左派ウイルス」に集団感染?

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「基地反対は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください」(ワニブックス)が、発行から半年を経た現在も沖縄県内の書店でロングセラーとなっている。本土の人々の沖縄に対する誤解を解いてもらいたいという狙いで書かれた本だ。

    7
    続き

    衆議院選挙が公示され、いよいよ戦いの火蓋が…

     衆議院選挙が公示され、いよいよ戦いの火蓋が切られた。12日間の短期決戦だが、それにしても選挙戦突入前の動きが目まぐるしかった。

     安倍晋三首相の突然の解散表明、小池百合子氏の希望の党代表就任、前原誠司代表が推進した民進党の希望への駆け込み、さらに民進党左派、枝野幸男氏の立憲民主党の結党。

    1
    続き

    動機なき大量殺人は考えられるか

     人はなんらかの考え、目的をもってそれを実行に移す、目的や動機もなく行動する人はいない、と考えられてきた。本当だろうか。米ネバダ州ラスベガスで1日夜、ステファン・パドック容疑者(64)は宿泊先の高級ホテル「マンダレイ・ベイ・リゾート・カジノ」の32階から野外音楽フェステイバルに向かって銃乱射し、58人を殺害し、500人以上に傷を負わせた。事件は米犯罪史上、最悪の銃乱射事件となった。ラスベガス警察によると、容疑者の犯行動機は未だ解明されていないという。

    2
    続き

    銃犯罪の防止へ行動を

    米コラムニスト ファリード・ザカリア

     「病的で、頭のおかしい男だ」-トランプ大統領は、米国内で起きた銃撃事件の犯人についてこう語った。このような言葉は、事件が起きるたびに聞いてきた。だが、これは責任を回避するためのごまかしだ。事実の歪曲(わいきょく)であり、必要な対応を取らないための言い訳にすぎない。

    3
    続き

    反安倍と反小池で痛々しい朝日の紙面

     朝日新聞は、天敵の安倍政権批判を編集方針の主柱にしてきました。野党再編で希望の党が誕生すると、「自民の補完勢力になる」との位置づけをして、今度は小池批判です。反自民、反希望を貫くとすると、朝日が親近感を持てるのは少数野党の立憲民主党くらいでしょう。しかも「立憲民主」は歴史的役割を終えていますから、朝日の紙面に痛々しさを感じます。

     加計、森友学園問題を追及している時の朝日新聞には、ある種の勢いがありました。日本全体からすると、「小さな小さな問題」(二階自民党幹事長)であったとしても、政権の独断的な意思決定の仕組み、政権と行政府との不透明な関係、「記録がない、記憶にない」を繰り返した担当者の不自然な態度などは、政権の政治体質を象徴していました。ですから二階氏の指摘は正しいとは思いません。

    7
    続き

    AIからBI 基礎研究がすぐ実践できると言う政治家は政策実行力がない

     今回の選挙は何かといえば政権選択選挙です。であるならば実行可能な、少なくとも不可能ではないものを政策公約にすべきと思います。その中で出た記事です。(小池代表「AIからBIへ」 希望の党がベーシックインカムに言及)

     >「基礎年金、生活保護、雇用保険などを置き換えていくことを検討している」

    4
    続き

    希望の党にとって決して順風とは言えないだろうが、逆風でもない

     党首討論ということになれば、希望の党の場合は小池さんしかいない。

     なんとか小池さんの影響力を小さくしたい方々があれやこれや小池さんの粗探しをされているようだが、小池さんが都知事の職に留まることを宣言した以上大した効果はないだろう。  小池バッシングの片棒担ぎで舛添前知事がマスコミ再登場を許されたようだが、舛添氏の発言の影響力がどの程度あるか甚だ疑問である。

    4
    続き

    【アマゾン】レジ不要のアマゾンゴー!店内画像10枚から不具合の問題点を解き明かす?

     ■ネット通販最大手のアマゾンは昨年12月、レジのないコンビニエンスストア「アマゾンゴー(Amazon Go)」を発表した。

    2
    続き

    「ノーベル賞は受けないほうがいい」

     韓国紙中央日報(日本語電子版)で韓国経済新聞のコラム「ノーベル賞は受けないほうがいい」(2016年10月12日)を見つけた。1年前のコラムだ。一瞬、おやっと思った。

    3
    続き

    晩節汚さぬ引退が大事

     いよいよ明日から衆議院総選挙が始まるが、自民党・民進党を中心に与野党のベテラン議員の多くが立候補せずに政界から引退した。

     引退してからも、たびたびマスコミを賑(にぎ)わしているのが、一足先に引退した鳩山由紀夫元首相だ。

    5
    続き

    「天然資源を損なわない養殖産業が持続可能な…

     「天然資源を損なわない養殖産業が持続可能な漁業の鍵を握っている」とは、熊井英水・近畿大学名誉教授の言葉(著書『究極のクロマグロ完全養殖物語』)。

     熊井氏は約半世紀、一貫して魚類の養殖に携わり、2002年に近大研究チームのリーダーの一人として、世界で初めてクロマグロの卵から成魚まで人工育成する完全養殖に成功した。04年に初出荷してからも技術開発が続いた。

    4
    続き

    希望の党は仮面を付け替えた民進党?

     昨日、福岡県郷友連盟の主催の春日航空自衛隊へ研修に参加してきました。

     航空自衛隊春日基地の概要やその役割についての講義を受けた後に、飛行場にある消防小隊の視察に行きました。

     そこは航空機の火災をいち早く鎮火して人命を救出するという尊い任務に就いておられます。

     1000度以上の高熱にも耐える防火服の体験試着の機会があったので、進んでその役目をかって出ました。

    5
    続き

    イランと北の核ミサイル協力関係

     トランプ米大統領は12日にも、「一昨年締結した核合意をイランは遵守していない。イラン核合意は米国の国益にとって不可欠ではない」とした内容を発表するとみられている。ただし、ワシントンからの情報によると、対イラン制裁の再実施までは踏み込まない意向だという。

    1
    続き

    「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の…

     「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の晴れた日には、その澄み切った青い光に思わず空を見上げてしまうことがある。青が一面に広がった空間は、心の憂さを晴らすような爽快感に満ちている。

     秋は人を感傷的にする季節でもあるかもしれない。「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」(若山牧水)。この寂しさに満ちた短歌も、秋の風景を詠んだものという気がする。牧水は旅と酒を愛した歌人だが、この代表的な歌にも旅人の孤独が反映しているようだ。

    2
    続き

    善悪二元論国、一元論国

     私たち日本人には、本来、善悪二元論はなじまないのではないでしょうか。  悪の中にも善があり、善の中にも悪があると考える。  ですから芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に出てくるカンタダがいくら極悪人であっても、お釈迦様がこれを助けようとしたと聞けば、「ああ、なるほど」と素直にその物語に納得します。  ところが善悪二元論のもとでは、そうはならない。  悪はどこまで行っても悪です。  そこに情けはありません。

    3
    続き

    16歳は選挙もできる

     昔のCDをかけながら掃除をしていた時、ニールセダカの“Happy Birthday Sweet Sixteen”が流れてきた。一緒に“Tralala”を口ずさみながら、「そういえば(オーストリアで)16歳に選挙権が与えられて今年で10年目だ」と気がついた。16歳はSweetだけではない。選挙で投票もできる年なのだ。

     少しオーストリアの選挙に関する歴史を書いてみる。普通選挙権は男性には1907年、女性には1918年に導入された。2007年6月、選挙法改正によってヨーロッパで初めて16歳からの選挙権が導入され、18歳から16歳に、被選挙権は19歳から18歳にそれぞれ引き下げられた。ただし、大統領立候補は35歳から。この改正で政府は若い青年たちの政治的決定や判断への信頼を示したことになる。

    4
    続き

    【コストコ】アマゾン・ホールフーズ連合に対抗する新武器!好決算も重い腰を上げた?

     ■コストコ・ホールセールは5日、コストコ会員に向け2日間宅配と当日宅配の2種類の宅配サービスを発表した。

    1
    続き

    モデルの国歌侮辱に批判

     海外在住のフィリピン人モデルが、国歌を侮辱したとしてパスポート剥奪の危機に直面している。フェイスブックに投稿した動画が「炎上」し、政府当局の知るところとなったのだ。

     問題の動画はフィリピン国歌「最愛の地」に合わせて、水着のような際どい衣装を着たモデルが踊るというもので、ネットで話題の人物ということもあり、あっという間に非難が巻き起こり炎上状態になった。

    2
    続き

    バチカン高官が小児愛ポルノ所持

     世界に12億人以上の信者を抱える世界最大キリスト教派、ローマ・カトリック教会の総本山バチカン法王庁は目下、在米ワシントンのバチカン外交官の不祥事に対する対応に苦慮している。

     米国務省側の説明によれば、バチカン外交官は自分が作成した小児性愛(ペドフィリア)ポルノグラフィの所持と拡大の容疑を受け、カナダ側からも同様の容疑を受けているという。

    2
    続き

    今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系…

     今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系英国人作家カズオ・イシグロ氏が決まった。村上春樹氏より先ではという声も一部にあったが、やはり意表を突かれた。

     イシグロ氏は日本人の両親とともに5歳で英国に渡った。出世作『日の名残り』は貴族に仕える執事の物語。描かれた時代は第1次大戦後で、古き良き英国への挽歌とも言うべき作品だ。

    3
    続き

    トランプ発言は対北心理戦

     2003年、イラク戦争で、米軍は潜伏するフセイン大統領親衛隊(最大2万人超)に投降勧告のビラを大量散布した。ビラの内容は「降伏する兵士は皆最大限優遇する」というもの。その結果、フセイン親衛隊の兵士も多く米軍に投降した。

     フセインは逃亡生活の末、国内の隠れ家の地下穴で米軍に拘束され特別法廷により死刑宣告を受け絞首刑となった。血を流さない情報心理戦が成果を挙げた実例である。

    2
    続き

    10年目迎えた「16歳選挙権」の検証

     オーストリアで2007年、公職選挙法が改正され、16歳から選挙権が付与されるようになって今年で10年目を迎えた。今月15日の国民議会(下院、定数183)選挙は改正法に基づいて実施される2回目の国政選挙だ。16歳から選挙権が与えられるのは28カ国からなる欧州連合(EU)の中では最年少。

    1
    続き