■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「朝日新聞死ね」が正しく、「日本死ね」が不当であるこれだけの理由

     先週は日本維新の会の足立康史議員の「朝日新聞死ね」が、世間を賑わせた。これについて、趣旨を批判する人や趣旨に理解を示しつつも言葉使いを批判する人など、世は批判に溢れているが、私は足立氏の発した「朝日新聞死ね」は全く正しく、それに対して昨年の流行語大賞となった「日本死ね」は明らかに間違いであると考えている。以下に、その根拠を示す。

    97
    続き

    クリスマス市場と地球儀と「猫」の話

     ウィ―ン市庁舎前広場で18日、慣例のクリスマス市場が開かれた。今年はフォアアールベルク州から運ばれた25メートルの高さのクリスマス・ツリーにホイプル市長が同日夜、電飾を灯した。クリスマス・シーズンのオープンだ。来月24日のクリスマスのイヴまで300万人余りの訪問者がクリスマス市場を訪れるとみられている。ウィ―ン市庁舎前広場のクリスマスはその規模で欧州一だ。市庁舎前広場のクリスマス市場を一目見ようと毎年、世界各地から多数の旅行者が集まってくる。

    0
    続き

    「いじめをやめないのは、脳なのか」

     「人はいじめをやめられない」と、脳科学者、中野信子さんは、脳科学の観点から言う。集団をつくることによって生き延びてきた人間は、集団の秩序を維持し、外敵から守るために、異分子を制裁・排除せざるを得ない事情を抱えている。そういう事情の中で、過剰な制裁が行われるとき、それが「いじめ」として現れる。

     脳の仕組みから考えても、それが仕方ないとするなら、せめてできることは、脳の仕組みをうまく利用して、少しでも「制裁・排除行動」を緩和する方法を考えよう。中野さんは、そう考えるのです。

    4
    続き

    デュアルユースのすすめ

     東京・市谷の防衛省に隣接するホテルで、防衛装備庁主催の「技術シンポジウム2017」が11月14日から2日間の日程で開かれた。

     防衛装備庁は、平成27年10月1日に発足した組織で、装備品等について、開発及び生産のための基盤の強化を図りつつ、研究開発、調達、補給及び管理の適正かつ効率的な遂行並びに国際協力の推進を図ることを任務とし、防衛省の外局に位置付けられている。

    5
    続き

    熊本県に寄せられたアルコール依存症に関する…

     熊本県に寄せられたアルコール依存症に関する電話相談が2016年度に149件に上り、15年度の約2・6倍に急増した。昨年4月の熊本地震に伴う被災ストレスの影響とみられる。

     アルコール依存症になってしまうと家族の悩みは大きい。患者本人は自分が依存症であることを認めたがらず、病院に連れて行くのも難しいため、治療もままならない。

    1
    続き

    民主化革命を知らない世代の時代

     チェコで共産政権が打倒され、民主化へ移行した通称“ビロード革命”が起きて今月17日で28年目を迎えた。首都プラハ市内では民主改革を祝うイベントが各地で開催されたという。ヴァ―ツラフ広場では同日夜、未来へのコンサートが開催され、多数のプラハ市民が28年前の民主化革命を祝った。

     チェコでは1968年の自由化路線(通称「プラハの春」)がソ連の軍事介入で後退した後、ソ連のブレジネフ書記長の後押しを受けて「正常化路線」を標榜して権力を掌握したグスタフ・フサーク政権下で民主化運動は停滞したが、反体制派知識人、元外交官、ローマ・カトリック教会聖職者、学生たちが1989年11月17日、結集し、共産政権に民主化を要求して立ち上がっていった。これが“ビロード革命”だ。

    0
    続き

    「ぬきん出て夕焼けてゐる大根かな」(中田…

     「ぬきん出て夕焼けてゐる大根かな」(中田みづほ)。秋の野菜のうちで、よくお目にかかるのがダイコン。煮ておでんにしても、漬物にしてもいい。そのままかじってもやや苦い風味が舌に刺激的である。

     この庶民的なダイコンは、はるか昔から日本人に食べられていたようだ。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「古名は『おほね』といい、春の七草では『すずしろ』といわれる。練馬大根、三浦大根のような長いものから聖護院大根のように丸いもの、桜島大根のような非常に大きいものまでいろいろある」とある。

    0
    続き

    「加計事件」 ~ 朝日新聞の謀略報道

    朝日新聞はいかに「加計事件」を創りだしたか。

    ■転送歓迎■ H29.11.05 ■ 51,207 Copies ■ 4,422,811Views■

    ■1.「総理からの指示に見えるのではないか」

    8
    続き

    もう一度都政を考え直す頃合いが来てるんじゃないかという話

     ども宇佐美です。 最近は竹内まりやがマイブームです。

     さて私は都民ということもありましてこのブログでも豊洲市場移転問題を始め都政に関するエントリーを多数上げてネタにしてきたのですが、ここに来て「このまま行けば本当に10年後、15年後東京は大変なことになってしまうのではないか」と本格的に都政について危機感というものを覚え、なんだか笑えなくなってきています。

    6
    続き

    薬剤師の不労所得論でネット論争

     私はブログを仕事の一部にしているブロガーでもなく、まして医療の専門家でもありません。以前から疑問に思っていた薬剤師の不労所得論の4回目を書いてみました。

     コメント数は初回の「医療費を食う薬剤師の不労所得」(10月30日)が120件、2回目の「薬剤師の不労所得論に殺到した抗議に反論」(11月2日)が130件、3回目の「薬剤師の不労所得論になぜ大騒ぎ」(11月6日)が129件でした。通常のテーマでは多い時でも数件です。今回の場合、7,8割が薬剤師によるものとみられ、しかも長文のコメントが多く、投稿者同士が論争するなど、異例の反応です。

    8
    続き

    ユダヤ教を発展させたペルシャ王

     イランとイラクの国境周辺で12日夜(現地時間)、大地震が発生し、国営イラン通信によれば、死者数が500人を超えるとの見方を伝えている。同地震に対し、イスラエルのネタニヤフ首相は14日、米国で開催されたユダヤ連盟の会合のビデオ挨拶で、「わが国は国際赤十字を通じてイランの被災者へ支援する用意がある」と述べた。その直後、テヘランからイスラエル側の支援申し出を拒否するというニュースが流れた。

     イスラエル側は支援申し出について、「イランの政権は容認できないが、イラン国民は別だ」と述べ、政権と国民を区別して見ていると説明した。

    2
    続き

    ロシアが中距離核戦力条約に違反

     ロシアのゲラシモフ参謀総長が同国の国営メディアで、最大射程4000㌔の精密誘導ミサイルの部隊が配備されていると明言し、1987年中距離核戦力(INF)全廃条約のロシア軍による重大な違反が明確になった。

    3
    続き

    国土の約7割を森林で覆われる日本。この…

     国土の約7割を森林で覆われる日本。この割合は、先進国ではフィンランド、スウェーデンに次ぎ3番目という。その森林の荒廃が叫ばれて久しいが、政府・与党はようやく「森林環境税」の導入に本腰を入れ出した。

     森林は木材の供給だけでなく、二酸化炭素の吸収や治水などの役割を果たしている。「森林環境税」と命名される所以だろう。

    0
    続き

    小中学校の入学式や卒業式で起立しない来賓がいたらどう思う?

     私はこのような町議会議員がいること自体がおかしいと思うのですが、皆さんはいかがですか?

    >>>引用開始  来賓として出席した小中学校の入学式や卒業式の国歌斉唱でこれまで起立してこなかった京都府井手町の谷田操議員(59)が13日、校長から起立を求められるなどしたことで人権や表現の自由などを侵害されたとして、京都弁護士会に人権救済の申し立てを行った。

    61
    続き

    立憲民主党は保守本流であるらしい

     朝日新聞が立憲民主党の枝野代表にインタビューをした。  森友・加計(かけ)学園問題について衆院選前まで一緒の党だった民進党や希望の党の3党での連携を求める声があるということに対して枝野代表は、3党が考え方の違いで明確に分かれたのだから 「ありえません」ときっぱりと答えた。そして、3党ではなく、共産、自由。社民党などとの連携もあり得るという考えを示した。  枝野代表は「首相の9条改憲には徹底的に反対する」と宣言した。

     枝野代表は立憲民主党の立ち位置を「リベラル」と呼ばれることを嫌っている。  「少なくとも『保守』の対義語として『リベラル』を使うのは言葉の使い方が間違っているので否定している。リベラルの対義語は『権威主義』か『全体主義』なので、私を『リベラル』と言うなら、自民党を『全体主義』と呼ばないといけない。日本の保守本流は多様性と寛容を大切にするリベラルで、私は保守本流だ」

    5
    続き

    ある自衛官の話(又聞き)~南スーダンより~

     2011年11月から5年半にわたり南スーダンへ派遣されてきた、自衛隊のPKO部隊が撤退したのは今年の5月でしたが、今もなお司令本部へ自衛官が派遣されています。そちらからの現地情報というか、ある方からある方への手紙に書かれていた内容を伺ったという又聞き情報ですが、多くの方に知って頂きたく記事にいたします。

     現地は相変わらず極めて危険な状況にあるようです。酔っ払いが銃を乱射したりなどは日常茶飯事で、しかし、そういう中でも日本の自衛隊員として日の丸を付けた迷彩服で、国連の方々が決して行かない現地の食堂などにも出向き、現地の人たちと交流しているとのことでした。  現地では自衛隊や日本人に対して、とても評価が高く好印象を持ってくれているそうです。 それは自衛隊が常に現地の人たちの側に立ち、丁寧に接してきているからこそなのでしょうね。面白い話として現地の方が、「おい、安倍が勝利したから、また自衛隊の部隊を送ってくれるのか?」と期待を込めて聞かれたそうです。 このような現地での自衛隊の活躍や評価はマスコミでは絶対に報道されません。なぜ報道しないのでしょうかね?

    10
    続き

    ASEAN会議で大混乱

     無事に幕を下ろしたマニラ首都圏の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議。期間中は休日となったが、それでも首都圏は激しい渋滞に見舞われるなどの混乱が広がった。

     首都圏の大動脈であるエドサ通りは、ASEAN関係者用の専用レーンが設けられたことで車線が大幅に減少し、渋滞は最悪の状況となった。

    0
    続き

    「テロ死者数が2年連続減少」

     テロ襲撃による犠牲者数が昨年、一昨年に続いて減少した。オーストラリアに本部を置くシンクタンク「経済平和研究所(IEP)」が15日、グローバル・テロ指数(GTI)を公表した。IEPによると、昨年、テロの犠牲となった死者数は2万5673人だった。前年比で13%減少、2014年比では22%の減少となった。IEPは、シリアとイラクでイスラム過激派テロ組織「イスラム国(IS)が敗北を繰り返し、イスラム過激派との戦闘は大きな転換期が到来していると分析している。以下、IEPの2017年GTI報告書の概要だ。

     欧州だけをみると、昨年は826人がテロの犠牲となっている。そのうち、658人はトルコで発生した(IEPはトルコを欧州に加えている)。ただし、今年、欧州は犠牲者数が減少するとみている。特に、対テロ対策関係者がテロ発生前にテロ襲撃事件をキャッチするケースが増えているからだ。ただし、車両をテロに利用するテロ事件は増加傾向にある。

    0
    続き

    軍事行動に自信持つ米国

     今回、トランプ大統領は韓国国会での演説で「(朝鮮戦争で)3万6000人の米国人が戦死し、15万人が負傷」してまで守った韓国を命掛けて守ると述べ、韓国国民に心強いメッセージを与えた。さらに、残酷な悪党の体制は絶対容認しないと警告した。

     米国は3隻の空母打撃戦団を日本海(東海)に出動させ対北軍事圧力を強めている。

    1
    続き

    トランプ米大統領の長女で大統領補佐官でも…

     トランプ米大統領の長女で大統領補佐官でもあるイバンカさん。トランプ氏の前に日本を訪れて話題を呼んだ。このイバンカさんの名前は「イヴァンカ」と表記する場合もある。どちらが正解というものではないが、気にならないこともない。

     そういえば、昔はヴァイオリンという表記が多かった。だが、『広辞苑』を見ると「バイオリン」が項目となっていて、「ヴァイオリン」で引くと「バイオリンを見るように」との指示が出る。となると「ヴァ」は「バ」というシンプルな表記に変わっていくのか?とも思われる。

    0
    続き

    風や星と一緒に空を飛ぶ

    “I might have been born in a hovel, but I am determined to travel with the wind and the stars.” –Jacqueline Cochran – 1906-1980, Aviator「私はみすぼらしい掘っ立て小屋でうまれたかもしれない。でも、私は風や星と一緒に空を飛ぶことを心に決めていた」 –ジャクリーン・コクラン、女性パイロット (訳 舟田譲二)

    ジャクリーン・コクランは通称「ジャッキー」と呼ばれていました。 貧しい家庭環境のものとで生まれ、育ち、父親は水車大工で、町から町へと移りながら暮らしていました。 ジャッキーが13~14歳の頃両親は離婚し、母親は再婚にも失敗しましたがジャッキーは再婚した父親の姓を受け継ぎました。

    3
    続き

    新型抗インフルエンザ薬 NEWS PICSのコメントについて

    昨日のワクチンの記事に続きますがインフルエンザに対する考え方について少し気になるコメントを見つけたので記事にします。

    SankeiBizの記事で(大阪から世界へ 「ポスト・タミフル」のインフルエンザ新薬 塩野義製薬が開発)NEWS PICSにおいて産業医の小橋正樹さんのコメントがPICKされています。少し長いですが引用しコメントします。

    11
    続き