■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    日韓問題の解決は民間外交で!言うべきことははっきりと!

     昨日盟友の藤原氏や森田氏が主宰する日本会議佐賀唐津支部の5月公開例会に参加してきました。

     数か月に一度唐津まで足を運び、同志たちの活動を見学させていただき、少しでも励ましになればと思い参加しているのですが、特に昨日の企画は素晴らしかったと思います。

    1
    続き

    脅威にさらされる米軍衛星通信システム

     米軍の衛星通信がサイバー攻撃、レーザー兵器、通信妨害機器、衛星破壊兵器など外国の数々の兵器の脅威にさらされている。国防総省国防科学委員会が1年間に及ぶ軍事衛星システムの評価を基に作成した調査報告でこう指摘した。

    1
    続き

    全羅道は変わらなかった

     韓国大統領選の取材で訪れた南西部・全羅道の光州で有権者の意外な声を聞いた。「もう湖南(全羅道)だからといって無条件に進歩(左派)を推す時代じゃない」。伝統的な左派の牙城に似つかわしくない意見だった。会社員や主婦、タクシー運転手がどの候補に票を入れるか悩んでいる姿に驚かされた。

    0
    続き

    文在寅大統領は韓国のW・ブラント?

     独週刊誌シュピーゲル(5月13日号)は韓国の文在寅大統領(64)を旧西独時代のヴィリー・ブラント首相(任期1969~74年)と比較する小解説記事を掲載している。タイトルは「ソウル出身のヴィリー・ブラント」だ。

    0
    続き

    教育のために憲法改正?

     元米国務省日本部長のケビン・メア氏が本紙とのインタビュー(18日付掲載)で憲法9条の改正議論について、「子供の教育のため」9条を改正した方がいいと述べている。

     メア氏はその理由について「日本の子供たちは、学校で平和憲法があるから平和で、日本は軍事力を持っていないと教えられている。だが、日本には戦闘機も護衛艦もあり、矛盾している。それは教育的に良くない」と敷衍(ふえん)している。学校で教えていることと現実が矛盾している、つまり、事実でないことを教えるのは教育的でないという、明快な指摘だ。現実にそぐわない法律(憲法)は当然、現実に適合するよう変えられるべきだというプラグマティズム的な考え方がその前提にある。

    4
    続き

    「ドロボー」の証拠を現場グラビア写真で…

     「ドロボー」の証拠を現場グラビア写真で突き付け、10㌻の大特集を組んで「週刊文春」を「スクープ泥棒」だと告発した「『文春砲』汚れた銃弾」(週刊新潮・5月25日号)。

     状況証拠を積み重ねた疑惑リポートから推認される印象は<限りなく黒に近い灰色>だ。明白なのは、文春側が新潮の中吊(なかづ)り広告を取次会社から入手・コピーして持ち帰っていたこと。

    0
    続き

    リアルな描写が逆効果になったママへの応援歌

     2016年12月に、おむつなどを手がける大手日用品メーカーのユニ・チャームが、Youtubeにある動画を投稿しました。その動画は、テレビコマーシャルのように商品を宣伝する目的ではなく、企業のブランドイメージを打ち出すためのブランディング広告として作成されたものでした。動画のタイトルは、『ムーニーから、はじめて子育てするママヘ贈る歌。 「moms don’t cry」(song by 植村花菜)』。初めての育児に奮闘する若い母親をリアルに描いた2分程度の動画です。先月、ツイッターで改めて紹介され、インターネット上で話題になり、賛否両論の声が上がっています。●母親ひとりで頑張る姿に非難の声  動画の登場人物は、母親と赤ちゃんの2人。生まれたばかりの赤ちゃんを嬉しそうな顔で抱きかかえる母親のシーンから始まります。しかし、日中何故か泣き続けたり、夜中に泣き出したり、母親がお風呂に入っている時に泣き出したりする赤ちゃんを必死にあやしたりする内に、母親はだんだん疲れた顔になっていきます。自分のことは二の次で赤ちゃんをあやしたり、抱っこしながら重たい買い物袋を持って歩いたり、ベビーカーを押しながら坂を上ったり、母親の苦労がリアルに描写されています。  その姿にシンクロするように、植村花菜の歌が流れ、歌詞と育児の様子を見ながら、自分の経験と重なり、胸がきゅっと締め付けられるような気分になりました。歌詞の中で特に、「ぐずる声を聞くだけで体がこわばる私がいる……君は可愛いのに なんだかイライラしてしまって ほかのママが立派に見えて もっといいママでいたいのに」という部分が共感できて切ない気持ちになりました。  この歌詞の後、子育てをする母親へのエールが込められた歌詞が続き、最後に「その時間が、いつか宝物になる」というテロップが出て動画は終わります。最後の方の歌詞を聴きながら、自分の子供と一緒に泣いていたことが思い出され、思わず涙がこみ上げてきました。  確かにこの動画で描かれている母親の子育ての様子はリアルで、大半の母親が経験してきたことだと思います。だからこそ、「私ひとりが頑張っているわけではないと分かった」「頑張っている母親の姿に共感した」と好意的に受け止めた人がいる反面、「つらい気持ちを思い出した」「つらくて見ていられない」という否定的な意見もありました。また、母親だけで父親が一切出てこないことで、「これは酷い。いつか宝物になるから風呂も食事もガマンですか。女性一人が苦しむという世にも奇妙な世界ですか、これは」という意見や、「リアルに描いて風刺するならともかく、助けのない母親のみの育児を礼賛するのは不快です」というように、「ひとりでの育児を賛美するようにしか見えない」と指摘する声も上がっています。

    ●育児には家族や社会のサポートが必要  私はこの動画を見て、自分の子供でなくても動画の中の赤ちゃんの泣き声を聴くだけで切なくなり、辛かった時期のことを思い出しました。最初の内は何をどうしていいか分からず、大声で泣き叫ぶ我が子に「ごめんね、ごめんね」と謝りながら一緒に涙を流すこともありました。動画の中で徐々に笑顔が消えていく母親の姿に自分が重なりましたが、最後の方で笑顔を見せる赤ちゃんや、赤ちゃんと一緒に笑う母親の顔と、バックで流れる「moms don’t cry ママは泣いちゃダメだって思ってた moms don’t cry ママは強くなきゃダメだって思ってた でも泣いて笑って一歩ずつ君と一緒に生きていく 泣いて笑って一歩ずつ 君と一緒に生きていく」という歌詞に元気をもらいました。  最近は、育児にも慣れてきて、大変だった時のことが過去の思い出になってきたので、この動画にとても共感することができました。しかし、誰もが育児の経験を良い思い出として乗り越えられるわけではなく、辛くて大変だったという記憶が鮮明に残り続ける人もいるのでしょう。動画を制作したユニ・チャームは、まだ多くの女性が1人で育児に向き合い奮闘している現状、「子育て中の人をみんなでサポートできる社会にしたい」と育児をする母親を応援するために制作したそうです。  しかし、現実だけを描きすぎて、ユニ・チャームの意図する点が伝わりにくかったように思います。素直に見れば母親を応援している動画ですが、斜めから見れば、母親はひとりで責任を持って子育てをするべきだという内容として捉えられることも頷けます。直接的に、「母親だけではなく、父親や他の家族が協力して育児に参加してほしい」というメッセージが伝わるような内容にすれば良かったのではないでしょうか。  賛否両論ありますが、この動画を通してひとりで頑張る母親がまだまだたくさんいる現実は伝わりますし、否定的な意見から、これからの育児の改善点が見えてきます。家族だけではなく、社会全体が育児をしている親を、そして子供を見守る世の中になっていくためのきっかけとなったように思います。

    4
    続き

    水を得た魚 vs 陸に上がった河童

     昨日はウォーキングを兼ねて教会へ歩いて行ったので礼拝の後、教会とは目と鼻の先にあるアカデミー元講師の家に立ち寄りました。 Sさんは大学生の4年間、アカデミーで講師を務めてくださいました。 もともと国語が得意で、お父さんも学校の先生、校長だったということもあって、昔から先生志望でした。それで塾での講師経験が役立つということで、アカデミーに応募してこられました。 案の定、素晴らしい講師となり、生徒の間では名物先生、アカデミーの看板講師のひとりとして大活躍してくださいました。

     ところが大学卒業後、都内の大企業に就職。その後地元の企業に転職し、そこで編集長という得意の国語力を活かした仕事に就いて7年間活躍しておられたのですが、どうしても教師になりたいという夢が忘れられず、足かけ12年かけて教員免許を取得。そして、次の就職先が決まらないまま惜しまれつつも退職されました。 いくつかの会社からお呼びの声がかかり、政治家からは市議選へのお誘いがあったりしたそうですが、それらすべてを蹴って教師の道を追い求め、去年めでたく公立中学校に国語教諭として採用され、今年は2年生の学級担任とサッカー部の顧問を務めていらっしゃいます。

    3
    続き

    仙台市中学生自殺を体罰のせいにするな

     新聞報道によると、4月に仙台市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、教諭2名が生徒の頭を拳でたたいたり、粘着テープで口を塞いだりするなどの体罰を加えていたことが判明した。それまでは、いじめを苦にした自殺と考えられていたが、奥山恵美子市長は「体罰が自殺の引き金になった可能性は高い」という。奥山氏の発言は、150万円の恐喝があっても「いじめとまでは言えない」とした横浜市教育長に比較すればはるかにマシだが、万一、いじめ加害者を庇う目的があるとすれば、巧妙であるが故に悪質だ。  公務員は法に基づいて職務を行うものであり、教師も例外ではない。公教育における体罰は、実態はともかく、戦前から一貫して違法であり、今回の教師の体罰は厳しく罰せられて然るべきだ。しかし、中学生が体罰を受けたからといって果たして自殺するだろうか。授業中寝ていて拳骨で殴られても、授業中に騒いで口を粘着テープで塞がれても、中学生のプライドは死を選ぶほどには傷つかない。何故なら、しょせん教師は中学生にとって「他者」だからである。思春期において決定的に重要なのは生徒間、すなわち「仲間内」での評価だ。現代の子供達の関係性を語る際のキーワードである「スクールカースト」に言及する者が最近多くなったが、彼らの中でスクールカーストの決定要因に「教師の覚えがめでたい」ことを挙げる者はいない。進学のための内申書という実利を除き、中学生にとって教師からの評価など些細なものであり、体罰も教師への憎悪を生んでも、自殺感情を生むとは一般的には考えにくい。

     では何故「体罰が自殺の引き金になった可能性は高い」という発言が巧妙なのか。

    7
    続き

    トランプ氏への監視強化を、共和党内に広がる混乱

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     愉快な驚きの就任100日は終わった。ばたばたと忙しく、熱を帯び、混乱もあった。しかし、どれも通常の範囲内だった。政策(例えば医療保険)は徹底的に討議され、最高裁判事は承認され、外交政策の課題(例えば北朝鮮)には対応した。

    0
    続き

    あきれた「朝日」の報道

     朝日新聞デジタル(5月7日付)に、驚きを超えてあきれるような記事が掲載された。

     『南スーダンは安全?なら会社員を派遣したら 自衛官の母』というタイトルで、北海道千歳市に住む自衛官の母が、朝日記者からの質問に対して「昨年7月の大規模戦闘に象徴されるように、危険な場所であることは疑いようがありません。本当に安全なら、自衛官じゃなくて一般企業の社員でいいじゃないですか」と答えていた。

    7
    続き

    福井県高浜町の高浜原発4号機(関西電力…

     福井県高浜町の高浜原発4号機(関西電力、出力87万㌔㍗)が約1年3カ月ぶりに再稼働し、その翌日「臨界」に達した。全国で運転中の原発は3カ所4基になった。

     原子力規制委員会の新規制基準に合格していた同3、4号機は、本来であれば昨春から運転を続けているはずだった。しかし滋賀県の住民ら29人から出された2基の運転差し止めの仮処分申請を大津地裁が認めたため、稼働中の原発が止められるという異常事態となっていた。

    0
    続き

    「新緑の香に新緑の風を待つ」(稲畑汀子)…

     「新緑の香に新緑の風を待つ」(稲畑汀子)。みずみずしい緑が、山や河原、公園などの木々にあふれている。木々の放つ香りが風に運ばれてきて鼻をくすぐる。

     森林浴まではいかないが、気分がリフレッシュさせられる。気温もかなり上昇し、全国各地で真夏日となっている。このまま夏に突入してしまいそうだが、まだ梅雨が控えている。

    0
    続き

    CIA長官、亡命の北元駐英公使と会見

     米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、4月末から5月初めにかけての極秘の韓国訪問時に、韓国に亡命した北朝鮮の太永浩元駐英公使と会い、北朝鮮の金正恩体制に対する反乱の可能性について話し合っていたことが、米情報当局者の話で明らかになった。

    3
    続き

    オーストラリア「枢機卿」の性犯罪容疑が再浮上

     いよいよ捜査当局の手が本丸に迫ってきた。探偵小説ならばそんな表現がピッタリするかもしれない。オーストラリアの「聖職者性犯罪調査王立委員会」(2013年設置)は同国のローマ・カトリック教会最高指導者であったジョージ・ぺル枢機卿(75)の性犯罪容疑に関心を向けてきた。

    1
    続き

    東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で…

     東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で、都の専門家会議が、追加対策を行えば有害物質を抑えることができるとの見解案を示した。対策の工事費は最大80億円。専門家から移転のお墨付きである。

     今回の地下水調査で検出したベンゼンは、環境基準の最大100倍だった。それでも地下空間の底面をコンクリートや特殊なシートで覆ったり、換気装置を新たに整備したりすれば大丈夫という。

    1
    続き

    国民性は綺麗好き?

     すすけてゴミが目立つマニラの町並みとは裏腹に、フィリピン人が綺麗(きれい)好きなことに驚く日本人は少なくない。出勤や外出の前には必ずシャワーを浴びるし、体臭に気を遣いデオドラントや香水も欠かさない。

    1
    続き

    現代人は「資本論」を読破できるか

     「資本論」を書いたカール・マルクス((1818~1883)の友人フリードリヒ・エンゲルス(1820~1895年)宛の書簡(1862年)の中に面白い一文を見つけた。

     Ich dehne diesen Band(des Kapitals) mehr aus,da die deutschen Hunde den Wert der Buecher nach dem Kubikinhalt schaetzen

    5
    続き

    ノンフィクションの世界にも、この分野特有の…

     ノンフィクションの世界にも、この分野特有の厳しさがある。5年前に行われた有名なノンフィクション賞の選考会で、そのことが改めて浮き彫りとなった。

     ある候補作の登場人物の男性がヒンディー語で話す。ヒンディー語はインドの公用語だ。おそらく通訳を使ったのだろうが、候補作には、誰がどういう言語でこの男性と話をしたのか、誰が通訳をしたかしなかったかも含めて何も書かれていない。

    2
    続き

    繰り返される中国公船の尖閣侵略 このままでは取り返しのつかないことに

    日本の領土であることを忘れていないか?

     このところによる尖閣諸島への挑発行為が繰り返されている。普通であればこの出来事を連日トップニュースで取り扱い、日本国内で激しい論争を繰り広げるべき問題なのだが、残念ながら日本メディアにその意思はない。

    1
    続き

    おもてなしに逆行?

     ソ連崩壊後、一時グローバル化の象徴にもなったマクドナルド。最近完全無人オーダー・システムが日本に先駆けて導入されている。 新装した大きな店舗では、オーダーは全てタッチパネル。カードで決済できる。

     ただでさえ、ロシアのファストフード店で「いらっしゃいませ」などという言葉は一切聞けないのに、従業員の最初の接客の言葉「注文は?」すら聞けなくなる。

    2
    続き

    ほろ苦い先生の日

     今日は「先生(師匠)の日」だ。ところが本当の主人公である教師たちにとっては、この日がうれしくない日になって久しい。20年ほど前だけをみても、師弟の情があふれていた。先生に感謝の手紙を書いたり、花を胸に付けてあげたり、病気や退職した先生を訪ねていくなど、多様な感謝を表す行事が行われた。しかし、いつの間にかこの日は教師と弟子が共に“無視したい日”となった。1990年代後半から「寸志」授受などの不正を懸念して学校が先を争って休業にしてきた。教師たちも初めから「誤解されるのはいやだ」と言いながら、休業を喜んでいる。特に今年は請託禁止法(金英蘭法)施行後初めての先生の日なので、学校現場の風景はいっそう冷え込む見通しだ。一切の贈り物はもちろん、紙で作ったカーネーションもプレゼントできず、受け取る場合も学生代表を通してのみ可能だというのだから…。

    3
    続き

    ランサムウエアめぐりMSが情報機関を非難

     世界150カ国でコンピューターウイルス「ランサム(身代金)ウエア」によるハッキング被害が確認されたことを受けて、コンピューターソフトの脆弱(ぜいじゃく)性を知っていながら、隠していたとして、情報機関への批判が高まっている。

    4
    続き