■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    結婚より家族が欲しい

     昨年、フランスで結婚したのは約23万5000組だそうだ。そのうち同性婚7000組も含まれるという。無論、この数字には事実婚は含まれないので、倍ぐらいのカップルが誕生しているというのが正しい数字かもしれない。

    5
    続き

    トットちゃんと森友学園

     南北戦争によって米国の黒人奴隷が解放された事は誰でも知っているが、その後、奴隷身分に戻りたいと願い出た黒人がいた事実は歴史の闇に葬られている。エジプトで迫害されていたユダヤ人がモーセに導かれエジプトから脱出した旧約聖書の挿話は有名だが、エジプトを出たのち奴隷的な扱いでもエジプトにいた方が良かったと漏らすユダヤ人がいた話はあまり知られていない。

     私たちは、「すべての人間には人権が保障され、それは喜ばしいことだ」という思想を信じて生きているが、その癖、自分達の人権を自分で侵す危険性に気付かない。自分が正しいと信じる教育を行える権利、それは紛れもなくひとつの人権である。左派系の評論家たちが、日本を卑しめる時によく引用する「国際人権規約A規約」13条は、教育に対する一般的な考え方を定め、最後の第4項で、最低限度の基準に適合する事を条件としながらも「この条のいかなる規定も、個人及び団体が教育機関を設置し及び管理する自由を妨げるものと解してはならない。」と定める。

    5
    続き

    ローマ法王のエジプト訪問の背景

     ローマ・カトリック教会最高指導者、ローマ法王のフランシスコ法王は来月28日から2日間の日程でエジプトの首都カイロを訪問する。バチカンが18日、公表した。同訪問は、エジプトのエルシーシ大統領、同国のカトリック教会司教会議、キリスト教少数宗派コプト正教会の最高指導者タワドロス2世、そして同国のイスラム教スンニ派の最高権威機関「アズハル」のタイイブ総長らの招請に応じたもの。バチカン放送によると、フランシスコ法王の詳細な訪問先などは後日、発表される予定だ。

     ローマ法王のエジプト訪問は近代に入って2回目となる。故ヨハネ・パウロ2世は2000年2月、カイロを訪問し、市内の競技場で記念礼拝を行い、コプト派正教徒指導者と会見し、シナイ山を巡礼訪問している。  2000年の時と今日ではエジプトの政情は全く異なっている。ムバラク政権時代はエジプトは中東で最も安定した国だったが、今日、エジプトは他の中東諸国と同様、2回の革命を体験し、多くの犠牲を払い、その政情は依然、不安定だ。

    1
    続き

    「一月往(い)ぬ、二月逃げる、三月去る」…

     「一月往(い)ぬ、二月逃げる、三月去る」。去り行く3月も、昨日が<暑さ寒さも彼岸まで>の春分の日で、あと10日となった。やや遅れ気味という桜前線も、これから急ぎ足となって東上し、いつものようにあでやかに風景を彩るであろう。

     桜の前に、急ぎ足でやって来る生き物に、ウグイスがいる。ウェザーテックの「生物季節観測」では、あの「ホーホケキョ」を初めて聞く「初鳴日(しょめいび)」が横浜で、この19日。宇都宮では17日、水戸で16日、静岡で14日だった。

    0
    続き

    「金正男暗殺事件」の北の容疑者の運命

     マレーシアのクアラルンプール国際空港内の「金正男暗殺事件」が起きて1カ月以上が過ぎた。マレーシアの警察当局によると、ベトナムとインドネシア出身の2人の女性は殺人の実行犯として起訴された一方、犯行直後にマレーシアを出国した4人の北朝鮮人は重要容疑者として国際手配された。マレーシア居住の北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏(46)は不起訴となったが、国外追放され、18日、北京経由で平壌に帰国したという。

     5人の北の容疑者の名前と顔が明らかになった。犯行直後にマレーシアを出国した4人は、32歳のホン・ソンハク容疑者、リ・ジェナム容疑者(57)、リ・ジヒョン容疑者(52)、オ・ジョンギル容疑者(54)で、いずれも重要容疑者として国際手配された。ちなみに、今月6日に国外追放された駐マレーシアの姜哲・北朝鮮大使は18日に一時滞在していた中国から北に戻ったという。

    2
    続き

    「沖縄ヘイト」を作り出すサヨクたち

     最近、「ヘイトスピーチ」という言葉を見かけることはないだろうか。一部の右派系市民グループによる在日朝鮮人や在日韓国人に対して投げ掛けられた言葉に対する、ある種のレッテル貼りとして使われることが多い。しかし、「ヘイトスピーチ」という言葉を耳にするとき、「ヘイト」はそもそも何を指すのかについて考えた者は少ないだろう。まず、「ヘイト」は英語のスペルで書くと「hate」と表記される。「ジニアース英和大辞典」には「ひどく嫌う」「憎む」と解説されており、名詞で使う場合は「憎悪」「憎しみ」などと説明されている。次に、国会で成立したヘイトスピーチ規制法による「ヘイトスピーチ」の定義を調べてみると、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」とある。個人的には、我が国にポリティカル・コレクトネスを蔓延させる危険性があるため反対している。

     「ヘイト」や「ヘイトスピーチ」にの定義について前述の通り解説したが、今年に入って新しい「ヘイト」があることを知った。それは、「沖縄ヘイト」である。今年の年頭に東京MXテレビ及びインターネット上で放送された、DHCシアター制作の情報番組「ニュース女子」において、沖縄の反基地活動の実態が取り上げられた。インターネットを普段から利用している者などを中心に、沖縄の反基地活動が違法で暴力的であることは周知の事実となっているが、地上波放送の番組のみから政治などの情報を得ている者にとっては、衝撃的な事実だったに違いない。「平和運動」を自称する活動家たちが、とても平和的とは言えない、まるで共産主義勢力による暴力革命を彷彿とさせる映像であるので、衝撃を受けることは致し方ないだろう。

    9
    続き

    富士と李良枝の文学碑

     山梨県富士吉田市に新倉山浅間公園という富士見ポイントがある。2月下旬、山中湖のダイヤモンド富士を撮影しに行った折、初めて立ち寄った。桜と富士と五重の塔を1枚の写真に収められる撮影スポットとして、近年は外国人観光客も多く訪れる。冬場は凍結により、公園入り口は通行止めとなるが、今年は雪がまったくなかった。何百段もの長い石段を上ると、五重の塔の手前にまだ目新しい石碑が立っていた。

     碑には「愛、人、生」。韓国語で「サラン、サラム、サルム」。37歳で夭折(ようせつ)した芥川賞作家の李良枝さんの碑だった。裏には「すべてが美しかった。それだけでなく、山脈を見て、美しいと感じ、呟いている自分も、やはり素直で平静だった。韓国を愛している。日本を愛している。二つの国を私は愛している」。受賞後、生まれ故郷の富士吉田を訪れた時のことを書いた「富士山」というエッセーの一節だ。

    0
    続き

    「(美容とは)心身共に健全、健康で、姿かたち…

     「(美容とは)心身共に健全、健康で、姿かたちが美しいことです。外面だけでなく、内面の美しさを追求しています」と「赤木式美功術メイク」で知られるメーキャップ・アーティストの赤木麻紀さん。

     いま高齢化が進む中、消費者の間では健康志向の高まりや美意識の多様化などが見られる。美容(化粧)や健康に対する欲求は、さまざまな方向に拡大し、才色兼備の大人の女性「美魔女」がもてはやされている。

    0
    続き

    広い路地の住宅価格高騰

     ベトナムの商都ホーチミン市では自動車が進入できる広さの路地に建つ住宅の価格が急上昇している。中でも12区では第1四半期初めにおける住宅価格が前年同期比35%増と急上昇し、全区で伸び率トップを記録した。

    0
    続き

    「戦略的忍耐」後の米の対北政策は

     訪韓中のティラーソン米国務長官は17日、ソウルの尹炳世・韓国外交部長官との共同記者会見の場で、北朝鮮政策についてオバマ前政権の対北政策「戦略的忍耐政策」から決別を表明し、「北は安全と経済的な発展のためには核兵器や弾道ミサイルなど大量破壊兵器の開発を放棄しなければならない」と強調した上で、「米国は外交、安保、経済という全ての面で北朝鮮に対する措置を模索している」と説明した(韓国「聯合ニュース」日本語電子版2017年3月17日)。

     話を進めるために、米国の「戦略的忍耐」政策を少し復習したい。オバマ前政権の対北政策だ。瀬戸際外交を展開し、国際社会から経済的支援だけを手に入れ、非核化を実行しない北朝鮮に対して、「北が核開発計画を具体的に放棄するまで、無視を続ける」というもので、北が米国の関心を引こうとして核実験をしたとしても、米国側は無視し、沈黙するという政策だ。

    0
    続き

    「萌え出づるものにやはらか春の土」(高木…

    「萌え出づるものにやはらか春の土」(高木青巾)。春になると草木の芽吹いているのが目立つようになるが、空気や水にも春らしさが感じられるようになる。この時期の俳句の季語には「東風(こち)」「春めく」「水温む」「春の水」などがある。

     特に、生きものを育む土の温度や色合いが変わってくる。季語に「春の土」があるのも、そうした大地の息吹を表現するためだろう。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「農作、園芸に限らず、春になると土の凍がゆるみ、草木をはぐくむ感じがするようになる」とある。

    0
    続き

    「幽霊」の改名が必要となってきた

     幽霊もいつまでもその姿を隠し続けることはないだろうと考えてきたが、その予感は当たった。ブラジルの大統領公邸に出たのだ。テメル大統領夫妻は1週間あまり大統領公邸に住んでいたが、幽霊が出現したために別の公邸に引っ越した、という外電ニュースが流れてきた。

     幽霊への対応でスウェーデンの王室関係者のように大らかな意見は期待できないことは知っている。幽霊という存在に偏見のない人は幽霊と共存できるが、そうではない人はテメル大統領夫妻のような対応(引っ越し)しかないことを理解しているつもりだ。人は分からないことに対しては恐れを感じるからだ。

    2
    続き

    日本の食べ物、料理には「旬」という言葉が…

     日本の食べ物、料理には「旬」という言葉がある。その食べ物が最も美味(おい)しく食べられ、たくさん出回り安く買える時季でもある。魚の場合は、身が肥え脂がのっている時季である。

     寿司屋で今が旬というサヨリの握りを食べた。あっさりとした味もよかったが、半透明の白身に銀色の皮が少し残っているのは、見た目にも爽やかで、食欲をそそられる。

    1
    続き

    退任後に稼ぐ大統領たち

     米大統領の年収は40万㌦(約4600万円)。日本の首相は月収が約200万円だが、これに期末手当などが付くと米国の大統領と年収の大きな差はない。

     だが、米国の大統領経験者は退任後に荒稼ぎするため、「トップの生涯獲得年収」という点では大きく違ってくる。近年の元大統領は特にその傾向が強く、さまざまな方法で貯蓄に励んでいる。元職が収入を得る一番ポピュラーな方法は、講演会の開催と回顧録の出版だ。

    1
    続き

    「日米大使不在」が示す“時の印”

     韓国紙中央日報(日本語電子版)の16日トップに、「ソウルには今、米国大使も日本大使もいない」という見出しの社説が報じられていた。それを読んで改めて驚いた。韓国にとって重要な戦略パートナー、米国と日本両国の外交代表が現在、ソウルに駐在していないのだ。もちろん、トランプ新米大統領誕生直後であり、まだ新任大使が決定されていないこと、釜山の慰安婦像設置問題に抗議して帰国した長嶺安政・日本大使がまだ帰任していないこと、この2つの外交状況が偶然重なって生じた日・米大使不在状況だが、その現実が示唆する内容は韓国にとって深刻なものがあるように感じる。

     大使が不在でも、日・米大使代理はソウルに駐在しているし、日米韓3カ国外相会議や国防相会議は開催されている。米韓両軍の慣例の軍事演習が3月初めから始まったばかりだ。安全保障の観点からみれば、大きな問題はないが、「韓国に日米大使が不在」という外交上稀な状況は北朝鮮に誤解を与えてしまう恐れがあるばかりか、韓国民にも少なくない影響を及ぼすのではないか。

    4
    続き

    「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)で…

     「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)で昨年12月、徳島県のラーメン店経営の男性が出品した茶碗(ちゃわん)が貴重な「曜変天目」の4点目と鑑定された。その真偽について、愛知県で曜変天目の再現に挑み続けている陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会に検証を申し立てたが、「却下」となった。

     番組では、茶碗に2500万円の鑑定額が付いた。報道によれば「委員会では本物かどうかを判定する能力がない」と説明している。委員会に陶芸作品の真贋(しんがん)の判定ができないのは普通だろう。専門家に鑑定を依頼する方法はあった。

    3
    続き

    硫黄島決別電報

    *画像リンク先はこちら  3月16日は、硫黄島の戦いで栗林忠道兵団長が、決別電報を打電した日です。 涙なくして読めない、その電文の全文をご紹介します。 日本男児であれば、一度は読むべき電文であると思います。

     はじめに、いつものようにねず式で現代語訳します。 そのあとに原文を掲載します。 なお、原文の漢字は新字体に直しています。

     ***

    【硫黄島総指揮官栗林忠道中将の決別電報】

    3
    続き

    NYでの新生活、家具から電化製品まで、丸ごとレンタル!

    Churchill Livingが日本語でバックアップ!  主に日系企業の赴任者や出張者、また留学生などを対象に、家具レンタルや短期アパートメント運営などを行う「Churchill Living(チャーチル リビング)」。日米大手企業の顧客を数多く擁し、その契約者数が、顧客の満足度の高さを物語っている。

    【レンタル家具】 ここがメリット! ・ホームページで選べる ・ショールームの見学も可能 ・Eメールで簡単やりとり ・最短48営業時間で搬入 ・搬入時に、組み立て、設置も同時に ・不具合にも対応 ・帰国時、引き取りもスムーズ

    1
    続き

    「芳名録」騒動

     平凡な人たちが芳名録に一文を残すことは多くない。結婚式や告別式の会場の芳名録に名前3文字を書くのがすべてであるはずだ。たまたま芳名録に短い文章でも残さなければならない時は、ちょっとやそっと神経を使うどころではなくなる。へたに書いてしまうと自分の地金をあらわにしてしまうためだ。

    0
    続き

    なぜキリスト者は騙され易いか

     韓国大田(広域)市教区のローマ・カトリック教会司教、You Heung-sik司教は朴槿恵大統領が罷免されたことに対し、「路上では朴大統領の罷免を喜ぶ市民で溢れ、まるで祭りだった。喜びと希望を感じさせた。朴大統領の罷免には韓国国民の86%が支持し、韓国憲法裁判所は8人全員が大統領をブルーハウス(青瓦台)から追放する罷免を支持した。罷免決定は正しい方向だ」と述べている。

     バチカン放送独語電子版14日付は「朴大統領自身はカトリック信者だが、腐敗スキャンダルに陥り、セクトのような人々に取り囲まれていた。彼女の支持率は4%に急落していた」と紹介している。

    2
    続き

    東京都写真美術館で、幕末・明治期の写真資料…

     東京都写真美術館で、幕末・明治期の写真資料を紹介する「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編」展が開催中だ。10年以上の歳月をかけて全国の美術館、博物館などを調査し、体系的に整理したもの。

     10年以上も準備したという企画はまれだ。調査のため4度にわたって総数7987の機関にアンケートを送り、回答総数は2996に及んだという。所蔵があると返答したのは358機関。

    2
    続き

    「謝罪」されても許さない人々

     韓国紙中央日報(日本語電子版3月8日付)は従軍慰安婦をテーマとした2本の映画を紹介していた。1本は今月1日から既に上映中で、もう1本は今月16日から上映される。タイトルは「雪道」(イ・ナジョン監督)とカナダ出身のティファニー・シュン監督の「謝罪」(The Apology)だ。いずれも重いテーマを扱っているが、中央日報は「日本からの謝罪を受ける時まで忘れないために……」という見出しで、2本の映画を紹介していた。

     当方は中央日報の記事の見出しに考えさせられた。慰安婦のコメントから取ったものだろうが、「日本からの謝罪を受ける時まで忘れないために……」という個所だ。政治的には2015年12月28日、日韓両国外相が慰安婦問題の解決を実現させた。ソウル外務省で「日韓両政府は、慰安婦問題について不可逆的に解決することを確認するとともに、互いに非難することを控えることで一致した」(岸田文雄外相)と表明されたばかりだ。

    8
    続き

    日本が原子力発電所を止めている間に海外で起こったこと

    ■世界の原子力発電所技術を牽引した日本とフランス  スタジオ日本日曜討論というインターネットテレビでお送りしている6回シリーズの第四回の放送が日曜日に終わりました。

     今回のテーマは原子力発電所の海外事情ということで(一社)海外電力調査会の黒田雄二先生とジャーナリストの石井孝明氏にお越しいただきお話しました。

    6
    続き