■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    米軍へのヘイトスピーチ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     米軍新型輸送機オスプレイが普天間飛行場に配備されて10月1日で1年を迎えた。日米両政府がオスプレイの訓練県外移行などの負担軽減措置を打ち出しているが、反基地活動家による抗議活動は、衰える気配がない。

    0
    続き

    激しいシェア争いが続く牛丼業界。…

     激しいシェア争いが続く牛丼業界。大手チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングスが、このほど福島県白河市に農業生産法人「吉野家ファーム福島」を設立した。

     農場面積は4・3ヘクタールで、来春から牛丼用のコメ作付けを始め、タマネギや青ネギ、キャベツなども栽培するという。地元農家との共同出資で、資本金1000万円の法人だ。

    0
    続き

    ベルガモの秋 イタリアから

    地球だより

     イタリアのミラノ市から北東59キロにある小都市ベルガモ市に住む友人のカルロ宅を訪問した。ミラノ中央駅から電車で1時間の距離だ。中世の趣を残すベルガモの人口は約12万人(2011年)。ベルガモという呼称は紀元前、ローマ人によって初めて付けられたという。

    0
    続き

    閉鎖は傲慢な民主党のせい 議会を無視するオバマ政権

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマケア・政府機関閉鎖をめぐる戦いは、無数の伝説を生み出した。その中で最もひどいのは、戦いの本質は何で、誰がその犯人で、どのような原因でこのようになってしまったのかという点に関してだ。

     (1)本質

    0
    続き

    本命中の本命だった山中伸弥・京都大教授が…

     本命中の本命だった山中伸弥・京都大教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製で生理学・医学賞に輝いた昨年に続いて、今年も日本人のノーベル賞受賞者は出るのか。ノーベル賞各賞が発表される「ノーベル賞週間」が昨日から始まった。

     日本人はオリンピックやサッカーなどのワールドカップ(W杯)、映画のアカデミー賞、ノーベル賞が大好きと言っていい。人種や民族、思想・宗教、国境などを超えて、公平、公正に競技の判定、業績の選考が行われ、正真正銘世界のトップが選ばれていると思えるからだ。

    0
    続き

    残酷なビデオに非難集中 フィリピンから

    地球だより

     フィリピンで撮影されたとみられる残酷なビデオがフェイスブックを中心に話題となり、その作成者を特定して処罰を求める声が高まっている。

    0
    続き

    歌を忘れたカナリア 真剣な議論忘れた与野党

     今の永田町はすっかり成熟してしまった。静かなること林の如しだ。しかし政治は与党と野党の決戦の側面を持つ。争いはなくてはならない。

     ところが与党と野党も歌を忘れたカナリヤの如く争うことをまるで忘れてしまった。何か与野党間で問題が起きるとすぐ話し合いだ。話し合いが悪いというのではない。しかし話し合いだけで事をまとめるには中途半端のそしりを招く。とにかく事を解決するためにはトコトン話し合わなくてはならない。口角泡を飛ばしながら激論を重ね、それでも折り合いがつかず腕力沙汰に発展することもある。それが議論というものだ。

    0
    続き

    原子力発電の停止によって電力供給が不安定になることが憂慮されるが、… 

     原子力発電の停止によって電力供給が不安定になることが憂慮されるが、これ以外にも大きな不安材料がある。「発電配電の分離」だ

     電力会社の発電事業と送電事業を分離し、太陽光など多様なエネルギー発電を手掛ける事業者の送配電網利用を容易にするというもの。電力会社間の競争によって電気料金の低下を引き出そうというのが狙いの一つだ

    0
    続き

    平和守る日米韓安保協力

     去る10月1日、韓国では建軍65周年「国軍の日」記念行事が行われた。午前の式典で朴槿恵大統領は「核と大量破壊武器に対する対応能力を早急に確保して強力な対北抑止力を構築する」と述べた。

    0
    続き

    40年以上前に、ジャーナリストでエッセイストの…

     40年以上前に、ジャーナリストでエッセイストの故入江徳郎氏の講演を聞いたことがある。内容はほとんど忘れてしまったが、担当していた朝日新聞のコラム「天声人語」を書く苦心を語っていたのだけは妙に覚えている

     当時は気流子も高校3年生で、入江氏がそれほど有名な人だとは知らなかった。もちろん、書いていたコラムも読んでいなかった。その入江氏がコラムを書くのに一日中頭を悩まし、時には地方支局に電話して何か面白い話題がないかを必死に聞いて回るという話をした

    0
    続き

    20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮のクライマックス「遷御の儀」が無事行われた。…

     20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮のクライマックス「遷御の儀」が無事行われた。たいまつの火に先導され、ご神体の八咫鏡が、新正殿に移される厳かな雰囲気はテレビの画面からもよく伝わってきた

     儀式の始まりを告げたのが、夜明けを告げる鶏鳴を模した「カケコー」の声。天の岩戸の故事によるもので、記紀神話が今も生きているのを見るのは感動的だ

    0
    続き

    テレビドラマ「半沢直樹」は好評裏に終了した…

     テレビドラマ「半沢直樹」は好評裏に終了した。久々のヒット作品となったが、このドラマの隠れたキーワードは「土下座」だ

     雨の中、路上で泥まみれになって土下座しながら融資の継続を懇願する半沢の父(その後自殺)の姿。半沢は父の復讐をとげるかのように、節々で「悪」に対して土下座を要求する

    0
    続き

    “ダイエット共和国”

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ダイエットは歳月が流れて変質した。ダイエットは元来、健康のために体重を少し減らしたり制限された食事をすることを意味した。すらりとした体がすなわち「ファッションであり競争力」となってしまった今日、健康より体重の減量がもっと重要な目的になってしまった。

    0
    続き

    比叡山で「千日回峰行」を2度達成した、天台宗大阿闍梨の…

     比叡山で「千日回峰行」を2度達成した、天台宗大阿闍梨の酒井雄哉師が先日亡くなった。この荒行は比叡山の山中など計約4万キロを7年かけて踏破するもので、9日間の断眠、断水、断食を含んでいる

     2度目の満行は1987年7月、60歳の時で、2度の達成は、記録の残された織田信長の比叡山焼き討ち以来、3人目。その後も、中国の五台山やエジプトのシナイ山などの巡礼を続けた

    0
    続き

    休暇は日光浴でゴロゴロ ロシアから

    地球だより

     ロシア人の休暇は、日本人のそれとは質的に異なっている。日本人の主な目的は、現地の観光名所を見てまわること。「観光地の写真を撮りまくっているのはたいてい日本人」というのは、欧米でもロシアでも有名である。

     一方、ロシア人の目的は、「日光にあたること」。それで、ロシア人に最も人気なのは、晴れの日が多く、日差しの強いトルコやエジプト。次に、タイやギリシャなどが続く。どの国も理由は同じだ。

    0
    続き

    最も親日的な外国人の一人、李登輝・元台湾総統が、…

     最も親日的な外国人の一人、李登輝・元台湾総統が、月刊誌「Voice」10月号に「『女性の活用』は台湾に学べ」と題した一文を載せている

     「管理職に女性が占める割合は、米英仏など欧米の企業では三、四割が一般的だとすれば、日本は一割前後にすぎない。台湾ではすでに二割に達している」と数字をあげ、日本の「女性活用」は世界的に遅れていると断じている

    0
    続き

    イラン穏健派に騙されるな

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】イラン「穏健派」の探索は30年たった今も続く。このところの盛り上がりを見ると、武器と人質の交換に失敗したイラン・コントラ事件のクライマックスが、レーガン大統領の元国家安全保障担当補佐官ロバート・マクファーレン氏のテヘラン極秘訪問だったことを思い出す。同氏は、「穏健派」との間の新しい関係を象徴する鍵形のケーキを持参した。

    0
    続き

    別名・神無月の10月になった。…

     別名・神無月の10月になった。八百万の全国の神々がこぞって出雲大社(島根県)に出向いて、向こう1年間の農作や漁労の収穫、酒造り、男女の縁結びなどについて相談する

     そのために各地の神社の神が留守でいないから神無月で、逆に出雲地方では神在月と称されるとか。いかにももっともらしく受ける説明だが、これは俗説

    0
    続き

    「小貪大失の愚」犯すな

     「建前では嫌いだが、本音では大好きな恋人関係」、「儒教習慣の強い韓国は兄(中国)の侵略より、弟(日本)の侵略歴史について感情が深い」――。韓日関係を表する時、よく指摘される言葉だ。

     今上天皇は2002W杯共催の時、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」と語られた。

    0
    続き