■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「ウクライナ危機では欧米も共犯者」

     ウクライナ情勢は暫定政権側と親露派勢力の武力衝突でエスカレートする危険性が出てきた。5月25日の大統領選を控え、欧米側とロシアは激しいやり取りを交わしてきた。

     日本のメディアを追っていると、ウクライナの暫定政権が正しく、それにチョッカイを出す親露勢力とそれを背後で支持するロシア側が悪者、といった構図で捉えられている面が強い。仕方がない面もある。日本人が得るウクライナ情勢はAP通信やロイター通信の配信記事に主に頼っているからだ。

    0
    続き

    失敗続きのオバマ氏の外交

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領は4月28日、外交政策の弱さについて質問を受け、949語でこれに答え、最悪の大統領であることを露呈した。受け身で、短気で、一貫性がなく、現実から乖離(かいり)することもある。まず、FOXニュースの否定的な報道に不満をぶつけた。だが実際に、最初にオバマ氏の外交の失敗を報じたのはニューヨーク・タイムズだった。日本との貿易交渉をまとめることはできず、ケリー国務長官の中東和平交渉での仲介努力は失敗した。

    0
    続き

    血筋を気にしないフランス文化

    地球だより

     フランスでは今年3月の統一地方選挙で大敗した与党・左派政権が大規模な内閣改造を行い、マニュエル・バルス前仏内相が首相に指名された。バルス氏はスペインのカタルーニャ人の父とイタリア系スイス人の母との間に生まれた人物だ。

    0
    続き

    小紙(2日付)第1面に掲載された「輸入ピーク…

     小紙(2日付)第1面に掲載された「輸入ピーク」の真っ赤な花。ゴールデンウイークがきょうで終わると、花屋さんの店頭に並ぶカーネーションの彩りにその日が近づいたことに思いがいくようになる人も多いだろう。

     フリルの花びらが何とも可愛く、かつモダンなイメージの花で感謝を伝えるその日。今年はこの11日がその日で、昨年は12日、一昨年は13日だった。5月の第2日曜日が母の日であるから、毎年日にちは変わる。

    0
    続き

    子供のスマホ制限

     高校入学を契機に、次女がスマートフォンを持つようになった。それまでのケイタイで十分のはずだが、本人が仲間との付き合いで必要だという。東京に単身赴任の父親(筆者)が次女のスマホ使用に注意を払うことは難しい。本人の節度ある使用を期待したいところだが、果たしてどうか。母親は情報端末にちんぷんかんぷんである。

     内閣府の調査によると、高校生のスマホ所有率は83%。次女がスマホに変えた理由は、仲間でメッセージをやりとりする「LINE」だったが、保護者にとってはこれが心配のタネだ。

    0
    続き

    タイに日本軍が残した都市伝説

    地球だより

     タイの現地紙によると4月下旬、映画『戦場にかける橋』で有名なタイ西部カンジャナブリ県の国立公園内の洞窟で、地面を掘り起こしていた男4人が逮捕された。

     洞窟は直径1㍍から2㍍、長さは約30㍍で、人が立って歩ける所も一部あった。本格的な掘削工事を行ったらしく空気を送り込むエアダクトも設置されていた。

    0
    続き

    集団的自衛権 国益の視点で真摯な議論を

     日本国民には自虐趣味がある。日本国民でありながら日本嫌いが結構多い。特に政治に対しては厳しい。民主政治は政治の形態としては最高のものだが、日本の民主政治は国民の受けが悪い。マスコミは特に政治に対しては挑戦的だ。  大抵は政治の悪口ばかり並べている。正面から堂々と批判するなら耳を傾けてもいいが、殆んどが敵意丸出しだ。一番の被害者は政党である。まるで悪党の集団の如く扱われることすらある 。

     確かに日本の政党はよくないことがある。これは最近の傾向であるばかりではなく、明治以来の伝統だ。いまさらグチを並べても手遅れだ。そのせいか、マスコミの政党叩きは目に余るものがある 。

    0
    続き

    スーパーマーケットの持ち帰り用レジ袋を…

     スーパーマーケットの持ち帰り用レジ袋を断って、自前の買い物袋で購入物を持ち帰る人が多くなった。その中で、時に風呂敷を取り出してせっせとくるむ人がいるのを見ると、うれしくなる。

     1960年代までは生活の中でよく使われた風呂敷だったが、某有名デパートが手提げの紙袋を客に提供し始めてから影が薄くなった。しかし今日、地球環境保護意識の向上で紙袋やレジ袋の使用を避ける傾向が強まり、風呂敷再登場の兆しが見られる。

    0
    続き

    「朝刊とパンとコーヒー風五月」(浅野右橘)…

     「朝刊とパンとコーヒー風五月」(浅野右橘)。ゴールデンウイークの最中だが、暑い日が続いた。クーラーを付けないで寝ていたら、寝苦しくて目が覚めた人も少なくないだろう。

     気象庁によれば、一昨日は東日本と西日本の各地で最高気温が25度以上を記録し、中には7月上旬並みの気温を観測した所もある。東京や千葉の海岸では潮干狩りを楽しむ親子が見られた一方、熱中症への注意も呼び掛けられた。

    0
    続き

    セウォル号の惨事招いた“韓国病”

     まず「セウォル号」沈没事故の犠牲者と御遺族に心よりお悔やみ申し上げたい。

     沈没の原因は適正積載量の3倍を超える積荷に加えて船底の積載タンクのバラスト水を減らした結果、船体の復元力が大きく弱まったことだと言われている。

    0
    続き

    「謝罪」の難しさに直面する朴大統領

     韓国の珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故で朴槿恵大統領は遺族と国民に謝罪を表明したが、遺族対策会議は「朴大統領の国務会議での謝罪は非公開の場のものであり、謝罪ではない」(中央日報日本語電子版)と抗議したという。

     聯合ニュースは1日、「韓国の世論調査で朴槿恵大統領の国政運営に対する支持率が40%台に低下した」と報じ、韓国社会で旅客船セウォル号沈没事故をめぐり政府批判が強まっているという。

    0
    続き

    シルクロードの楼蘭遺跡は1900年、…

     シルクロードの楼蘭遺跡は1900年、スウェーデンの探検家スウェン・ヘディンが発見した。この世紀の発見は、エルデクというウイグル人従者がシャベルを忘れたことが切っ掛けだった。

     エルデクは虎の子のシャベルを取りに、現在の新疆ウイグル自治区の“さまよえる湖”ロプノルの旧湖床近くに引き返し、その途中で仏塔を含む多数の住居跡を発見。それが楼蘭だった。

    0
    続き

    パンツ姿の船長と16歳の高校生

     掲載日程上、一日遅れとなったが、久しぶりに心温まる記事を読んだ。読売新聞記者が韓国で一人の英雄を見つけたのだ。

     先ずはその電子版記事を読んで頂きたい。

     【安山(韓国北西部)=田中浩司】韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故で、船体が沈みかけていることをいち早く通報した檀園高校(京畿道安山市)2年のチェ・ドクハ君(16)の両親が29日、安山市内の自宅で読売新聞の取材に応じた。

    0
    続き

    山本周五郎と言えば、没後半世紀近くたつ今も…

     山本周五郎と言えば、没後半世紀近くたつ今も人気の衰えない作家だ。昭和63年には、山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)が創設された。この賞は直木賞と同格とされる。

     人気の理由の一つは「反権威」の姿勢と言われる。その象徴とも言うべきものが、第17回直木賞受賞拒否事件だ。川口則弘著『直木賞物語』(バジリコ刊)によれば、山本の日記(昭和18年8月3日)に「××『直木賞』のことで来訪、断る」とある。受賞拒否の理由についてはその後も、読者の評価が第一だから賞なぞ不要、などと述べていた。

    0
    続き

    悲しみの重さ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1994年の秋雨の降る朝、ソウルの漢江に架かる聖水大橋(ソンステギョ)が崩落した。橋の江北側にある舞鶴(ムハク)女子高の生徒たちが乗ったバスが落ちて花のような少女8人が死亡した。登校中にそんなに無残に旅立った。犠牲者の慰霊碑が聖水大橋の北端にある。娘を亡くしたある父親は事故の5年後に慰霊碑の前で娘の後を追った。

    0
    続き

    奈良県の明日香村に飛鳥歴史公園がある。…

     奈良県の明日香村に飛鳥歴史公園がある。飛鳥の豊かな自然や文化的遺産を保護し、活用するために整備された公園で、甘樫丘(あまかしのおか)地区をはじめとして5地区から成り、土地の特徴が生かされている。

     この公園で5月に入ると毎年行われるのが「飛鳥の花めぐり」だ。里山ハイキングで、ユウゲショウ、アカネ、ヤエムグラ、ハナイカダ、ウツギ、ガマズミ、クワ、テイカカズラなど野の草花を満喫できる。

    0
    続き

    日本はオバマ氏を信頼できるか

     オバマ米大統領のアジア4カ国歴訪は無事終了した。ワシントンは大統領のアジア歴訪を、日本を含むホスト国アジア4カ国は米大統領の訪問を、それぞれどのように評価しているだろうか。世界唯一の大国・米国の大統領公式訪問はアジア4カ国にとって大きな政治的価値があったことはいうまでもない。

     最初の公式訪問先・日本では、オバマ大統領は安倍政権が願っていた「尖閣諸島に日米安全保障条約第5条が適用される」という内容を明記した日米共同声明を発表した。訪韓では、北朝鮮の核脅威に対して米韓両国の協力強化、訪問4カ国で唯一イスラム教国マレーシアでは27日、環太平洋経済連携協定(TPP)の早期妥結を確認し、フィリピンでは28日、米比の新軍事協定を調印するなど、ビジネスライクの米大統領らしく課題を次々とこなしていった。

    0
    続き

    「起業」といえば、わが国では野心はあるが…

     「起業」といえば、わが国では野心はあるが経営の先行きが不透明――と見られがちだった。だが、景気の回復傾向を追い風に、政府も起業を後押しする取り組みを進めている。

     前駐日米大使ジョン・ルース氏は昨年、東日本大震災後の復興のために「起業の阻害要因を取り除く政策変更が必要だ」と強調。米シリコンバレーでベンチャー支援に携わってきた同氏ならではのメッセージを残した。

    0
    続き

    ローマ法王の「韓国国民への伝言」

     中央日報日本語電子版(26日)によると、韓国の天主教(カトリック教会)大田教区長のユ・フンシク主教は24日、バチカンでフランシスコ法王を謁見した。ユ主教は、韓国の珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者を哀悼した法王の祈祷に感謝の意を伝えたという。

    0
    続き

    与那国が埋める空白

     台湾と海を挟んで国境を接する日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)で、4月19日、陸上自衛隊の沿岸監視部隊が常駐する駐屯地施設の起工式が行われた(朝雲新聞4月24日付)。

     沖縄県内の自衛隊駐屯地・基地の設置は昭和47年の本土復帰以来、初めてとなる。

    0
    続き

    感謝される植民地教育

    地球だより

     ルイスさん(58)一家は数年前にインドのゴアからロンドンに移住してきた。故郷ゴアのことやインドの話を聞く機会がよくあるが、先日はインドの教育の問題点が話題になった。インドはヒンズー教の文化では共通しているものの、大きくは28州に分かれていて言語も各地方別に幾つもあり、統一した共通言語がないことがまず大問題ということだ。

    0
    続き

    初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、…

     初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、ピンク色も鮮やかなツツジが葉を覆うばかりに咲き乱れる季節である。小社前の都道447号沿いにある歩道の生垣ツツジも、今が花盛り、わがシーズンと自己主張する。

     そのツツジにとり囲まれて立つ街路樹ハナミズキも、紅、白、ピンクと色はツツジと同じだが、こちらは淡い小ぶりの花を息長く咲かせて楽しませてくれる。桜のあとの花は盛りを過ぎ、次のツツジに押されて少し遠慮気味に咲く趣で、そのぶん爽やかな風に揺れる様に気品が漂う。

    0
    続き

    タイで相次ぐウイグル族の密入国

    地球だより

     タイ警察によると、3月にタイ南部ソンクラー県の天然ゴム農園で逮捕された子供82人を含む密入国容疑者213人の多くが中国籍のウイグル族であることが判明した。

     逮捕されたウイグル族は中国政府の弾圧を恐れ中国を脱出し、第三国への出国を希望しているとされる。

     また今月19日、タイ東部サケーオ県のカンボジア国境で、中国籍のウイグル族とみられる男女14人が密入国容疑でタイ警察に逮捕された。

    0
    続き