■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    社会の木鐸(ぼくたく)を自任する新聞は、…

     社会の木鐸(ぼくたく)を自任する新聞は、報道による影響を一つの勲章、と考える傾向がある。だから、その影響について少しでも大きなものだと評価したいのが新聞人の職業的本能である。

     ところが、そうではないこともある。一連の慰安婦報道における「誤報」を認めた朝日新聞は、その国際社会への悪影響は小さいととらえたいところだろう。昨年暮れに発表された朝日の第三者委員会の報告は、結果的にそれに近いものだったと言える。

    2
    続き

    モスクワ郊外は学校不足

    地球だより

     友人が住むモスクワの郊外の街ポドリスクを、エレクトリーチカ(近郊電車)で南に1時間ほど揺られて訪ねた。最近のモスクワ郊外は地方から若者層の流入が進んでいる。モスクワ市民権を持つ平均的な子持ちカップルは、モスクワ環状道路の外側に住居を求める。

    0
    続き

    中国共産党幹部の「愛人問題」に学ぶ

     中国反体制派海外メディア「大紀元」は16日、中国共産党幹部たちの愛人問題を報じた香港「争鳴」誌2月号を紹介していた。同誌によると、中国政府機関で昨年発覚した女性問題は70万件を突破し、うち21万7700件は法廷争いに持ち込まれたという。「当事者の70%は課長クラスの幹部に当たる」という。また、中国共産党機関紙・人民日報傘下の雑誌・人民論壇2010年8月の報道によると、調査・処分を受けた腐敗幹部の95%に「愛人」がいるという。

     当方には、党員を急減する中国共産党を更に糾弾する意図はない。民主主義、共産主義といった政治体制、思想とは関係なく、「愛の問題」が人間の最大の弱さであることを中国共産党幹部の「愛人問題」が改めて実証している、という事実を読者とともに分かち合いたいだけだ。中国共産党が労働者代表でもなく、公平な社会を建設する政党でないことは賢明な中国国民なら既に知っている。中国共産党幹部たちが愛人を囲っているとして驚く国民は少ないだろう。

    0
    続き

    約半世紀前、全共闘という学生組織があった…

     約半世紀前、全共闘という学生組織があった。反体制、反政府の左翼集団で、特定の過激派組織には属さなかった。今では顧みられることも少ないが、雑誌「中央公論」(3月号)が「全共闘とは何だったのか」という小特集を組む程度の存在ではあった。

     全共闘運動に関わって、その体験を踏まえた『僕って何』(1977年)という作品で世に出た作家三田誠広氏は、同特集の中で「資本主義に対する疑念」を背景としていたと述べる。

    0
    続き

    プーチン氏には「強さ」で対抗すべし

     欧米諸国と旧ソ連・東欧共産圏が対峙していた冷戦時代、共産圏の盟主・ソ連(当時)が崩壊するとは予想できなかったことだ。それがモスクワにゴルバチョフ大統領が出現し、ペレストロイカ政策を提示してから数年後、ソ連はあっけなく崩壊した。

     当時のレーガン米大統領は戦力防衛構想を積極的に推進し、ゴルバチョフ大統領に米国の軍事力の優位をはっきりと認識させたことが冷戦終焉の大きな契機となったといわれている。すなわち、ゴルバチョフ氏が共産主義社会の敗北を認識したというより、米国の軍事力の“強さ”にもはや対抗できないと悟った結果だった。米国の強さを誇示する政策が「悪魔の帝国」ソ連共産圏の崩壊をもたらしたわけだ。

    0
    続き

    ビリに与える奨学金

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ヨーロッパでは大学を“象牙の塔”という。「物欲と現実的な利害を離れて真理を探究する大学の学問世界が象牙のように清く孤高だ」という意味だ。19世紀フランスの批評家サントブーブがロマン派の詩人ビニーの詩を批判して、初めて使った。ビニーの詩が観念的で非現実的だという意味だったが、次第に学者たちが学問を研究する研究室、または芸術至上主義の人々が俗世を離れてひたすら芸術だけに興じる立場を皮肉る言葉に変わった。

    0
    続き

    「今も、肖像の大作を制作しているとき、…

     「今も、肖像の大作を制作しているとき、モデルさんを見ては形をなおします。どこまで肉薄してつかめるか、ゴールがないのです」。先日亡くなった、洋画家で芸術院会員の庄司栄吉さんにインタビューした際の言葉。

     10年前のことで、当時87歳だ。大阪の出身で、絵の勉強を始めた時、師の赤松麟作からは「徹底的に対象物を見る」ことを教えられ、入学した東京美術学校(現東京藝大)では寺内萬治郎からデッサンの重要性を学んだ。

    0
    続き

    金正恩氏が気にする「叔父の動向」

     北朝鮮の故金正日総書記の誕生日に当たる2月16日、駐オーストリアの北朝鮮大使館を訪ねたが、夕方から大使館前の写真掲示板は閉鎖され、周辺は静まり返っていた。ただし、大使館の中庭には外交官公用車ベンツが7台駐車していたから、ひょっとしたら、大使館内でささやかな祝賀会が開かれていたのかもしれない。

     当方は、駐ポーランドの北大使を17年間務めた金平日氏が昨年12月、駐チェコ大使に人事異動されたことを聞いて以来、金平日氏が駐オーストリアの金光燮大使に会うためウィーンを訪ねてくるのではないか、と密かに期待している。

    0
    続き

    自衛隊配備準備中の住民投票

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     陸上自衛隊の監視部隊の配備計画が進められている日本最西端の与那国島で、配備の賛否を問う住民投票が22日に行われる.

    陸自監視部隊の与那国配備計画は、中国公船などによる沖縄近海の活動活発化を警戒して政府が南西諸島の防衛体制を強化するためのもの。島の南側では昨年4月以来配備に向けた造成工事が進められ、来年3月までには150人規模の陸上監視部隊が配備される予定だ.

    0
    続き

    タカタ製エアバッグの欠陥という品質問題で…

     タカタ製エアバッグの欠陥という品質問題で、主力車に搭載したホンダなども、全米へのリコール拡大を表明せざるを得なくなり、その対応におおわらわだ。

     エアバッグは車が事故などで衝撃を受けると、内部のガスが外へ噴出し膨らみ、乗っている人のショックを緩和する装置。ところが作動時に異常に強い圧力で膨らみ、金属部品が飛び散って死傷するなどの事故が問題になった。

    0
    続き

    長野-金沢間の延伸開業(来月14日)まで…

     長野-金沢間の延伸開業(来月14日)まで1カ月を切った北陸新幹線の前人気が熱を帯びている。東京-金沢間を最速2時間28分で結ぶ「かがやき」の一番列車の切符(東京、金沢発とも)は、この14日午前10時発売からわずか25秒で完売した。

     全体の予約状況も「盛岡-新青森(東北新幹線)間の延伸開業時の10倍の勢い」(JR東・原口宰常務)。今年は間違いなく北陸ブームに沸きそうで、首都圏からの観光客呼び込みに注力する石川、富山など沿線自治体や観光協会は、旅行業者や都民らへのPRに余念がない。

    0
    続き

    現代版「出エジプト記」

    地球だより

     17日で独立7年目を迎えるコソボでは独立直後の熱狂は既に消え、多くの国民は経済的困窮からセルビア経由で、ハンガリー、オーストリア、そして最終目的地ドイツに向かって移動している。

    0
    続き

    移住者問題で最も難しいテーマ

     当方は前日、小説家の曽野綾子さんの産経新聞のコラムに対する朝日新聞らの批判について、自分の考えを書いたが、今回はそれに少し補足したい。移住者問題は単なる不足する労働力の輸入ではなく、当然のことだが、移住者の宗教、文化・慣習も同時に入ってくるという点を考えていきたいのだ。

     日本は少子化に直面し、近い将来労働力不足が深刻となるといわれている。そこで労働力不足を移住者の導入でカバーしようというわけだ。不足分の労働力を移住者の活用で克服する考えは日本独自のものではなく、欧州諸国では久しく実施されてきた政策だ。

    0
    続き

    漆が持つ文化的粘質

    地球だより

     チャイナは磁器。ジャパンというと漆器だが、何も日本独自の工芸ではない。

     漆文化は台湾やタイ、ミャンマーでも見られる。

     とりわけ近代化の波に洗われないまま、古来のままの漆文化が現存するのがミャンマーだ。

     マンダレーの漆工房を見学した折、釈迦の誕生から涅槃(ねはん)に至るまでの仏教にまつわる多様で繊細な文様を、漆職人が下書きなしで彫り込んでいたのを思い起こす。

    0
    続き

    人質救出と情報力

     イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人人質事件では、2人(後藤健二氏、湯川遥菜氏)が犠牲となった。

     この事件を受けて、「海外で邦人が危険な状態(人質事件など)に陥ったときに、陸上自衛隊の特殊作戦群や第1空挺団、海上自衛隊の特別警備隊を出動させるべきだ」と解説する軍事ジャーナリストや、「自衛隊が人質を救出できるように法改正するべきだ」と委員会で質問した国会議員がいた。人質救出の難しさを無視した暴論だと言える。

    0
    続き

    マナーポスター

     東京メトロは、マナーポスターを月替わりで地下鉄車内に貼りだしている。平成26年度は、擬人化した動物を描いてマナー喚起に努めており、例年以上に目を引く。

     「メイクするばしょ ここじゃないよ」と、車内での化粧を慎むよう呼び掛けたのは1月。「でんわのこえがきになるよ」と、2月はケータイやスマートフォンでの通話禁止をやんわりと促している。

    0
    続き

    介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯の…

     介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、介護する人も65歳以上の「老老介護」世帯の割合が、2012年に5割を超えた。介護する側は、体力的にもなかなか厳しい。

     先日、厚生労働省が社会保障審議会分科会で了承を得た15年度介護報酬改定案の中に、24時間体制の訪問ケアなど在宅介護を支援するサービスに報酬を加算する項が設けられた。老老介護の現実などを踏まえた措置だ。

    0
    続き

    「春寒やかはりゆく世の神仕へ」(富岡九江)…

     「春寒やかはりゆく世の神仕へ」(富岡九江)。「春寒」については、歳時記に「春が立って後の寒さをいう。余寒というのと大体同じであるが、言葉から受ける感じが自ら違う」(稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』)とある。

     同じような現象を「春寒」と言ったり、「余寒」と表現したりするのはなぜか。ちなみに「余寒」の説明は「春になってからの寒さであるが、明けた寒の寒さがまだ尾を引いて残っている感じである。残る寒さ」(同)となっている。

    0
    続き

    誤解される曽野氏の“棲み分け論”

     朝日新聞電子版を読んでいると、小説家の曽野綾子さんが産経新聞に掲載した2月11日付のコラムが批判されている。

     曽野さんはコラムの中で、「日本でも移民を受け入れたらいい」と提案したうえで、「南アフリカの実情を知って以来、私は居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住むほうがいい、と思うようになった」と書いている。 朝日新聞は早速、海外メディアを巧みに利用して、「人種隔離政策だ」、「南アのアパルトヘイト政策を想起させる」といった類の批判の声を紹介している。

    0
    続き

    バチカンの「退屈な説教対策入門書」

     「最近の若者はどんなイベントに参加しても、最初に口に出す言葉は“面白かった”か、“退屈だった”かだ」とよく聞く。そして退屈なことは敬遠するようになる。

     退屈な話の代表的な例は結婚式での関係者の祝辞だ。だらだらと新郎、新婦を褒める一方、人生訓を垂れるから益々退屈となる。いいか悪いかは別として、時は金なりで、短く、しかし面白い話が重宝がられる時代だ。

    0
    続き

    英国の民放ITVが制作し世界的なヒット番組…

     英国の民放ITVが制作し世界的なヒット番組となった「ダウントン・アビー2~華麗なる英国貴族の館~」がNHKで放送されている。伯爵家の相続問題とそれに絡むサイドストーリーの面白さもさることながら、宏壮な館を舞台にした華やかな貴族の世界を垣間見ることができる。

     撮影舞台となっているのはハンプシャー州のハイクレア城だが、こういう貴族の館は英国にたくさんある。コッツウォルズ地方にあるウィンストン・チャーチルが誕生したブレナム宮殿はその代表格。豪壮な建物と広大な庭園は世界遺産に登録されている。

    0
    続き

    原子炉104基の危機管理

    地球だより

     米国では現在、65カ所に原子力発電所があり、合計104基の原子炉が稼働している。原子力は米国の総発電量の19%を供給している。これらの原子力発電所はすべて、1979年にペンシルバニア州で発生したスリーマイル島の原子力発電所事故以前に建設されたもので、設備の老朽化が課題だ。

    0
    続き

    「沫雪(あわゆき)のほどろほどろに降り…

     「沫雪(あわゆき)のほどろほどろに降り頻(し)けば平城(なら)の京(みやこ)し思ほゆるかも」。『万葉集』(1639番)の大伴旅人の歌。「沫雪」は「淡雪」のことだから、降ってもすぐ溶けてしまうような雪だ。「ほどろほどろ」はまだらに降るという意味で、その特徴をよく示している。

     淡雪の降っているのを見ると、奈良の都が懐かしく思い出される、という歌だ。雪は遠くのものへのあこがれ心をそそる、と山本健吉は指摘する(『萬葉百歌』中公新書)。

    0
    続き