■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    東京のJR御茶ノ水駅から聖(ひじり)橋を…

     東京のJR御茶ノ水駅から聖(ひじり)橋を渡ったところに湯島聖堂がある。かつて幕府の昌平坂学問所のあったところだ。孔子廟(びょう)をはじめとする建造物は昭和10年の再建だが、4年前に修復工事が完成して厳粛さを感じさせる。

     先日訪れたら、カイノキの巨木が黄葉して見頃だった。正殿前にある杏壇門の右側に1本、孔子銅像前に1本あった。ウルシ科のこの名木は中国の曲阜にある孔子の墓所に植え継がれてきたと言われるもの。

    0
    続き

    韓国の「ヌンチ」外交

    地球だより

     米国と中国が戦争したらわれわれは果たしてどちらの味方に付くか―。最近、韓国外交街でこんな話題が酒の肴(さかな)に上がったという。一昔前なら迷わず「米国」と答えていただろうが、今は答えに窮する人も少なくないのではないか。そんな気がする。

    0
    続き

    生鮮野菜や果物、パン類など生活必需用品が…

     生鮮野菜や果物、パン類など生活必需用品が総じて高唱えだ。キャベツやレタスは1玉248円、きゅうりが4本200円、イチゴ1パック400円、街のスーパーを覗(のぞ)くとこんな具合。

     アベノミクスで景況感は改善しているが、デフレを脱却したわけではないので不安だ。中国ほか新興経済勢力各国での需要増が重なり、食料品の需給は世界的規模で引き締まっている。円安もあって穀物や原油などの高騰も続いている。

    0
    続き

    法を無視するオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ワシントンに謙虚さも礼節もないことに悔しい思いだが、本当の問題は、礼儀作法ではなく、憲法の規範が崩壊しているところにある。

      上院でこれが起きたばかりだ。民主党は、連邦高等裁判所に3人の判事を送り込もうとしているが、共和党の議事妨害でこれが難しい。そこで、政権幹部や最高裁以外の裁判所判事の人事の承認での議事妨害を封じ込めた。

    0
    続き

    英国のネット通信販売の裏側

    地球だより

     大手ネット通信販売業者のアマゾンは英国でも急速に業績を伸ばしている。商品を低価格で確実に消費者に届けるシステムを作り上げて、消費者は安心して注文できることが強みだ。筆者もよく利用するが、これまで20回ほどの注文で問題があったのは注文品が届かなかったケース1回のみで、その場合もすぐに代金を返却してくれた。以前に利用していた他の通信販売では、届かない、商品の交換などのトラブルがあっても業者は応対しないなど顧客サービスが最低で、利用するのは危険だと感じていた。

    0
    続き

    タイ反政府軍団の復活劇

    地球だより

     タイ反政府デモのリーダーであるステープ元民主党議員はこのほど、インラック首相が抗議デモと政府機関占拠の中止を条件にデモ隊側と対話する考えを示したのに対し、「この国から『タクシン体制』を排除することがわれわれの最終ゴール」と述べ妥協なき徹底抗戦に打って出る基本姿勢を明らかにした。

    0
    続き

    師走の街角で、お巡りさんが自転車の通行に…

     師走の街角で、お巡りさんが自転車の通行について注意・指導するのを目にするようになった。1日から施行された改正道路交通法の一部で、どちら側でも通行していた自転車の路側帯の通行が、車道と同じ左側に統一された 。

     ブレーキのない自転車で道路を走ることは禁止で、警察官が整備や運転中止を命令できるようになった。自転車は日常生活に手軽で便利な交通手段。免許が必要なく、子供から老人まで気軽に利用している 。

    0
    続き

    宇宙教育の可能性

     このところ、宇宙に関する話題が続いている。宇宙飛行士の大西卓哉さんが2016年6月ごろから約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが先頃決まった。そのISSには現在、若田光一さんが滞在し、来年5月までの2カ月間は日本人として初めて船長を務める。

     一方、「世紀の大彗星」と言われたアイソン彗星は、太陽に接近した際に崩壊したと見られるが、この大彗星見たさに望遠鏡を購入した人も少なくないだろう。それだけ宇宙の神秘は私たちの好奇心を刺激し、わくわくさせる力がある。

    0
    続き

    穏やかな会期末 新党や政界再編の兆しも

     いつの国会でも会期末は荒れる。この国会も例外ではない。秘密保護法案をめぐり与野党が対立したまま終幕を迎える。

     しかし昔の会期末風景を思い出すと、随分穏やかになったものだと感心しないわけにはいかない。昔の会期末はいつも政局と連動していた。

    0
    続き

    米国の第5代大統領モンローがいわゆる…

     米国の第5代大統領モンローがいわゆるモンロー宣言を出したのは、1823年のきょう。当時、ロシアによる米西部沿岸への進出や、ヨーロッパ諸国の南アメリカへの干渉の動きがあった。

     モンローは議会に寄せた教書の中で、他国の拡張の意図を「平和と安全にとって危険なもの」と断じたが、米国は「従来干渉しなかったし、また将来もしないであろう」と。当時「米国は米国だけを守る」という外交政策を取った。

    0
    続き

    「町を行く人々に十二月来し」(串上青蓑)。…

     「町を行く人々に十二月来し」(串上青蓑)。きょうから12月、暦の上で「師走」になる。何の予定も仕事もなくても、年末はあわただしさを感じるが、それも毎年のことで変わらない。

     1年のうちで特別に感じる月は、やはり年の始めの1月と締めくくりの12月である。12月は1年を振り返ることがあるせいか、過去を回顧し、感慨にふけることが多い。この1年は月並みだが、あっという間に過ぎ去ってしまった感がある。ことわざの「光陰矢のごとし」とはよく言ったもの。

    0
    続き

    10月頃地方の田園地帯に行くと、至る所に…

     10月頃地方の田園地帯に行くと、至る所に黄色い花が群生しているのを目にする。セイタカアワダチソウというキク科の多年草で「要注意外来生物」である。繁殖力が強く、どんどんその版図を広げ、ススキなどの群生地を侵食している。

     かつて田んぼだった耕作放棄地は、この黄色い植物にとっては格好の場所だ。耕作放棄地に黄色い「要注意外来生物」が広がる風景は、日本農業の荒廃を象徴している。

    0
    続き

    ロシア人から購入頼まれる日本製品

    地球だより

     ロシアの友人に「一時帰国すること」を悟られてはならない。なぜなら、「あれ買ってきて!これ買ってきて!」と頼まれるからだ。

    0
    続き

    「男のくせに」という発言はセクハラだ、…

     「男のくせに」という発言はセクハラ(セクシャルハラスメント=性的いやがらせ)だ、という基準を厚生労働省がこのほど決定した。来年7月から実施される。法律ではないので、逮捕されることはなさそうだ。

     となれば、「男らしさ」も、「男だろう、しっかりしろ!」なども引っかかりそうだ。特に職場では気をつけた方がいい、ということのようだ。

    0
    続き

    林秀卿パラドックス

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『統一の花』『韓国のジャンヌダルク』『従北議員』。林秀卿(イムスギョン)民主党議員につく修飾語だ。脱北者を「変節者」呼ばわりして手厳しい批判を浴びた後、表舞台に出なかった林議員が再び話題になっている。1989年の訪朝時、金日成を「アボジ」(お父さん)と呼んだと語った人々を名誉毀損で告発して、敗訴したためだ。

    1
    続き

    今年はリヒャルト・ワーグナーの生誕200年に…

     今年はリヒャルト・ワーグナーの生誕200年に当たり、彼の壮大な楽劇が演奏される機会が多かった。このワーグナー・イヤーの最後を飾っているのがドイツ映画「ルートヴィヒ」だ(12月21日公開)。

     ドイツ映画界が20億円の費用を投入して製作した大作で、ロケ舞台としてロマンチック街道の観光スポット、ノイシュヴァンシュタイン城をはじめルートヴィヒの夢の象徴となった城の数々が使われている。

    0
    続き

    島袋前名護市長のクワッチー

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     名護市長選挙の出馬を予定している島袋吉和前市長の決起大会が22日、地元の数久田区体育館で行われ、区民ら300人以上が参加した。

    0
    続き

    東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれて…

     東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれている東京モーターショー。国内市場では若者の車離れが販売低迷の一因となっているため、日本メーカーは車の魅力をアピールしている。

     トヨタ自動車は立ったまま体重移動するなど直感的に操作できる1人乗りのコンセプト車「FV2」を出展。日産自動車は若者向け試作車「IDx」の2車種を展示し、そのうち1車種は座席のデニム素材を取り外し可能として洗濯で好みの色落ちを楽しめるようにした。

    0
    続き

    イランの狙いは制裁緩和

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】報道によると、話題を変えようと必死の大統領と、名声を得たくて必死の国務長官が、イランと「暫定的」核合意を交わそうとしているようだ。それまで寛容だったフランスはこれを「いんちき交渉」と呼んだ。

    0
    続き

    同性婚に強烈なフランス保守層の反発

    地球だより

     フランスでは、人種差別問題がちょっとした騒ぎになっている。それは、中道右派の議員がクリスティアーヌ・トビラ法相のイラストをフェイスブックに掲載し、中傷したからだ。トビラ氏はギアナ出身の黒人女性で、今春、同性婚の合法化法案を可決、成立させ、話題になった。

    0
    続き

    東京・富岡(江東区)にある富岡八幡宮…

     東京・富岡(江東区)にある富岡八幡宮(深川八幡)は江戸勧進相撲発祥の地として知られ、境内に「横綱力士碑」が建つ。本殿右奥にある重さ五千五百貫(約20㌧)の豪壮な石碑がそれだ。ここに横綱白鵬が自身の名を刻したのは2007(平成19)年のこと。

     その白鵬を九州場所千秋楽で横綱同士の相星決戦で破り、14勝1敗で6度目の優勝を遂げた日馬富士。今年6月6日にここを訪れて「日馬富士公平」を刻した。

    0
    続き

    フィリピン台風災害で自粛ムード

    地球だより

     多くのフィリピン人が最も楽しみにしているシーズンは、間違いなくクリスマスだろう。この時期は仕事納めのパーティーで大いに盛り上がるのが恒例となっているが、今年はちょっと事情が違う。

     フィリピンにはあまり自粛という習慣はない。葬式でカラオケを歌ったり賭け事をやったりと、喪に服すスタイルが日本人とは根本的に異なるのだ。

    0
    続き

    恐怖を克服して自立

     先日、戸塚ヨットスクールの創立37周年パーティーに出席する機会を得た。戸塚宏氏は75年、沖縄国際海洋博での太平洋横断レースに参加、記録的タイムで優勝し、翌年戸塚ヨットスクールを開校した。

     優秀なヨット選手の育成を目指して始めたが、ヨットスクールでの訓練が不登校や自閉症の子供たちに効果があると評判になり、多くの子供たちが入校、成果を出してきた。

    0
    続き