■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    関東地方では、桜は大方散ってしまった。…

     関東地方では、桜は大方散ってしまった。どうやら、この花は散ることに関心が向かうようだ。桜を詠んだ歌も、それをテーマにしたものが多い。

     浅野内匠頭長矩(ながのり)の辞世。「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」。散りゆく桜と己の運命を重ね合わせた作だ。元禄14(1701)年3月14日、吉良上野介義央(よしなか)への刃傷事件当日夜の作。

    0
    続き

    靴磨きのきんちゃん

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は世界最高の靴磨きだ。名前はあるが、ただの「靴磨きのきんちゃん」で通じる。日本・東京の最高級、帝国ホテルの一番隅っこが彼の42年間の仕事場だ。

    0
    続き

    「暁の鐘がかんかん鳴りわたると、西島は…

     「暁の鐘がかんかん鳴りわたると、西島は本堂に出て寺僧達の勤行に侍した。寺僧等は、本尊の大師像にたいして、毎暁看経礼拝を行ふ。西島は密教の儀軌といふものに、初めて接した」。

     作家・中山義秀の小説「高野詣」の一節で、主人公が高野山の宿坊、三宝院に滞在した時の朝の様子。作者が取材した頃は、案内所で出身地ゆかりの宿坊寺院に案内されるシステムになっていた。

    0
    続き

    イエスの血液型は「B型」だ

     2000年前のイエス・キリストの遺骸を包んでいた布といわれる「聖骸布」が今月19日から6月24日までイタリア北部のトリノ市で一般公開される。5年ぶりの聖骸布公開だ。多くの人々が既に予約しているという。

    0
    続き

    抗議活動の動画流出で波紋

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄の革新労組・政治団体を束ねる沖縄平和センターの山城博治議長ら2人が2月、普天間飛行場(宜野湾市)の移設作業の準備作業が行われている名護市辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前で抗議活動をする際に逮捕された。地元二大紙は「不当逮捕」と大きな見出しを付けて逮捕劇を紹介。

    0
    続き

    「そこに山があるから」―1923年、ニューヨーク…

     「そこに山があるから」――1923年、ニューヨーク・タイムズのインタビューを受けた英国人登山家、ジョージ・マロリーが「なぜエベレストに登るのか」という質問にこう答えたという。

     当時、エベレストの初登頂を狙い、さまざまな手づる、足掛かりを見つけようとしたマロリーの静かな闘志と野心がうかがえる。24年の英国第3次遠征に参加したが、頂上付近で行方不明となった。

    0
    続き

    増長する遺族

    地球だより

     韓国南西部沖で旅客船「セウォル号」が沈没し、死者・行方不明者300人以上を出した大惨事からもうすぐ1年がたつ。犠牲者の大半が修学旅 行中の高校生だったということもあり、国民が受けたショックは大きく、随分長い間、社会的同情が広がったが、いまだに違和感の残ることがある。事故後の遺族たちの言動だ。

    0
    続き

    「信号を見て、車が来てないかよく見て渡り…

     「信号を見て、車が来てないかよく見て渡りました」。鹿川菜月さん(6)は、東京都中央区立京橋築地小学校の新1年生。昨日の入学式で高綱直良警視総監の注意を胸に留め、総監と一緒に学校近くの交差点の横断歩道を渡った。喜び胸いっぱいでスタートした新学期である。

     同じ昨日午後には悲しいニュースが入ってきた。福岡市博多区の交差点で、キックスケーターで右折しようとした小学3年生(8)が転倒、直進してきた乗用車にひかれ死亡したという。この日は小学校の始業式であった。

    0
    続き

    ジャックフルーツ

    地球だより

     タイの4月は、日本でいえば8月に相当する真夏の盛りだ。この季節は果物が豊富に出回り、フルーツ天国と化す。

     果物の王様ドリアンや、果物の女王マンゴスチンもどっさり市場に出回る。匂いも味も濃厚さが売りのドリアンも、気品のある甘酸っぱさで魅了するマンゴスチンもフルーツ王宮の主人の位置を与えられているのは理解できるが、無冠扱いのジャックフルーツもなかなかのものだ。

    0
    続き

    赤ちゃんの力

     政府は先月、「少子化社会対策大綱」を閣議決定した。待機児解消を柱にきめ細やかな子育て支援策が盛り込まれたほか、結婚、妊娠、子供・子育てに温かい社会の実現に社会全体で取り組む方向を打ち出した。

     子供・子育てに温かい社会とは、子供と子育ての価値を実感し、大切にすることなのだろうと思う。今年1月に開催された家庭教育支援研究発表会(文部科学省主催)の中から、感銘を受けた唐津市のNPO法人子育て支援情報センター「中学子育てサロン」の取り組みを紹介したい。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン接種後、全身の痛みなどの…

     子宮頸がんワクチン接種後、全身の痛みなどの訴えが相次いだ問題は、依然解決のメドが立たない。このワクチンは2013年4月、公費による定期接種の対象となったが、厚生労働省は現在、勧奨を一時中止している。

     被害者の父兄らがつくる「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」は先日、同省とワクチン製造販売会社を訪れ、接種者全員の追跡調査や、賠償などを求める要求書を提出した。

    1
    続き

    「夜桜のかなたに暗き伽藍かな」(伊藤柏翠)…

     「夜桜のかなたに暗き伽藍かな」(伊藤柏翠)。東京地方は桜が満開を過ぎて今や散り始め、道路や庭に白い花の絨毯(じゅうたん)ができている所もある。日本列島は南北に細長いので、まだ花が咲いていない地方も。桜前線は徐々に北上中といった感じである。

     桜が散れば花見は終わりなのだが、楽しみは残っている。それは葉桜の姿であり、そのみどりが彩る景色も命の伸びやかな旋律を奏でて風情がある。これもまた、造化の妙と言うべきだろう。

    0
    続き

    AIIB参加見送りは正解 中国の新秩序戦略を受け入れず

     1990年代前半、ワシントンで米議員らから言われた。「日本ももう少し、人権や民主主義重視の外交をしてほしい」

     日本は、日米首脳会談の共同文書などでは、民主的価値を共有する両国は…などと見栄を切るが、外交の実践ではその価値観を棚上げしていた。80年代まで人種隔離の南アフリカで、「名誉白人」待遇で商売に励んだ。89年の中国の天安門事件後、対中制裁を一番先に解除した。民主化運動弾圧のミャンマー軍事政権への制裁も、対北朝鮮も弱腰だった。

    0
    続き

    大の昆虫好きで『ファーブル昆虫記』の翻訳者…

     大の昆虫好きで『ファーブル昆虫記』の翻訳者として知られる仏文学者の奥本大三郎さんから直接うかがった話。香港を舞台にした名作映画「慕情」(1955年)の中で主演のウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズが、海の見える丘の上で語り合う場面で、蝶が羽根を広げて止まっているところが映し出される。

     しかし、羽根を広げて止まるのは蛾で、蝶は羽根をたたむ。奥本さんは、紙か何かで造ったこの蝶が気になって、映画に入り込めなかったという。

    0
    続き

    初めての落語に大反響

    地球だより

     エジプトの首都カイロで3月下旬、同国史上初めて「落語」が披露された。国際交流基金カイロ事務所が、エジプト人に日本文化の一端を紹介する目的で企画したのだが、予想以上の反響に、両国関係者が驚いている。

    0
    続き

    コール元独首相の淋しい隠居生活

     忘れられてしまった感はあるが、忘れ去るには余りにも大きな存在だった。東西両ドイツの再統一の立役者ヘルムート・コール氏のことだ。同氏は3日、85歳を迎えた。同氏は連邦首相として1982年から98年まで16年間、戦後最長在任記録を立てた。90年10月には東西両ドイツの再統一を実現させた歴史的な政治家だ。そのコール氏の話は政界引退後は余り聞かなくなった。

    0
    続き

    文芸批評家江藤淳(1999年自殺)と、作家で…

     文芸批評家江藤淳(1999年自殺)と、作家で政治運動家の大江健三郎氏は、当初良きライバルだった。先ごろ刊行された小谷野(こやの)敦(あつし)著『江藤淳と大江健三郎』(筑摩書房)は、親密な関係から険悪なそれへの変化を、いくつものエピソードを紹介しながら描いたものだ。

     江藤については死後もたくさんの論が書かれていて、この批評家への関心の高さがうかがえる。が、大江氏について言及されることは少ない。

    0
    続き

    パレスチナの対イスラエル包囲網

     世界の目は今、スイスのローザンヌで開催中の国連常任理事国5カ国にドイツを加えた6カ国とイラン間のイラン核協議の行方に注がれている。イランの核兵器製造を恐れるイスラエルは「イランに核兵器製造の余地を与えるいかなる合意にも強く反対する」という立場を繰り返し、牽制してきた。

     そのイスラエルは4月1日からもう一つの手ごわい交渉相手を迎える。仇敵のパレスチナだ。パレスチナは国際刑事裁判所(ICC)を舞台にイスラエルの戦争犯罪を国際社会に向かって糾弾する考えだからだ。

    0
    続き

    動物写真家・前川貴行さんの写真展「GREAT…

     動物写真家・前川貴行さんの写真展「GREAT APES」が東京・赤坂の富士フイルムフォトサロンで開かれている(4月9日まで)。副題は「森にすむ人々」でオランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボを撮影した集大成。

     先週末には写真家・立木義浩さんとのトークイベントや出版記念会も開かれた。立木さんは、前川さんの作品を見て声を掛けるようになり、二人の交流が始まったという。二人のジャンルは違い、立木さんの対象は人間。

    0
    続き

    「正義の女神」のハンコ代

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は“盲目の判事”だった。立派な両目を持っていても、法廷でだけは盲人のように振る舞った。裁判が始まると白い布で両目を覆って判事席に座る。全ての書類は裁判所の書記が代わりに読む。もっぱら耳と口だけで裁判を進めた。判事として在職した14年間はずっとこんなふうに裁判を行った。米国のセントルイス地方裁判所のベーク判事にまつわる逸話だ。

    0
    続き

    徳川将軍家の相続を題材にした落語に「紀州」…

     徳川将軍家の相続を題材にした落語に「紀州」がある。7代将軍の夭逝で、次代の将軍候補に尾州公と紀州公が挙がり、2人は急遽、幕閣の評定の席に。

     尾州公は見栄が働いて、一度断っても再度言葉が掛かるだろうと「余はその徳薄くしてその任にあたわず」と言った。一方、紀州公は同様の口上の後「…なれども、万民撫育の為、任官いたすべし」と答え、その瞬間、将軍職は尾州公を通り越し紀州公に決まって一件落着。

    0
    続き

    共和党の大統領選スタート

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】テッド・クルーズ氏が出馬を表明し、ランド・ポール、マルコ・ルビオ両氏がすぐに続く。敵対し、互いに蹴落とし合う戦いが始まる。

    0
    続き

    期待高まるフランスの「極右」政党

    地球便り

     フランスで行われた県議会議員選挙でも大躍進を見せた国民戦線(FN)は、今やポピュリズムのマイナーな極右政党を脱皮し、政権を狙う政党に成長した。日頃、同党に対してネガティブな報道しかしないフランスのメディアが、FNが政党として市民権を得ていることを認める分析を行っている。

    0
    続き