■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    オランダ・ハーグでの核安全保障サミットで…

     オランダ・ハーグでの核安全保障サミットで安倍晋三首相は、茨城県東海村の日本原子力研究開発機構(JAEA)が高速炉臨界実験装置(FCA)で使用しているプルトニウムと高濃縮ウランを米国に返還することを表明した。

     原子力の安全管理について日米間の協力をアピールする狙いもある。核物質の最小化に取り組むことは、今後あり得る核物質の盗難や紛失、引いては核テロなどを防止するために必要な一手と言える。

    0
    続き

    ロシアの撤退を夢見る米国

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】ウクライナ危機が始まったころ欧州各国は、ウクライナを欧州連合(EU)体制に取り込もうとし、ロシアのプーチン大統領は威嚇と賄賂でこれに対抗していた。英国のあるアナリストは、「バゲットでナイフに立ち向かった」と嘆いた。

    0
    続き

    欧州人の行方

    地球だより

     あなたはオーストリア人ですか、それとも欧州人ですか」と問われれば、オーストリア国民はどのように答えるだろうか。欧州連合(EU)28カ国加盟国の国民を対象に同じ質問をした結果がこのほど発表された(ユーロバロメーター)。

    0
    続き

    「積み上げた努力と気迫で、かなり長く綱を…

     「積み上げた努力と気迫で、かなり長く綱を張っていけるのでは」(内山斉委員長)。「冷静な相撲観を持っていて、心技体のバランスがよく取れている。研究心を失わず、頑張ってほしい」(宮田亮平委員=東京芸大学長)。

    大相撲春場所で初優勝(14勝1敗)した大関鶴竜(井筒部屋)の横綱昇進について、横綱審議委員会は全委員(11人)の満場一致で「推薦」のお墨付き。26日の相撲協会臨時理事会などを経て、71人目の横綱誕生。

    0
    続き

    ネズミも走るミャンマーの電車

    地球だより

     ミャンマー第2の都市マンダレーから北部の中心都市ミッチーナまで電車に乗った。長距離バスもあるが、外国人には切符は売ってもらえない。距離にして500㌔程度だが、かかった時間は25時間だ。走るスピードも遅いが、途中の停車時間が結構、長い。

     分刻みで運行する日本の電車事情は、はるか異国の出来事に思えてくる。

    0
    続き

    道徳教科化の課題

     文部科学省が設置した「道徳教育の充実に関する懇談会」の委員の話を聞く機会があった。懇談会は昨年末に「道徳教育教科化」提言をまとめている。それを受け、下村博文文科相が先月、中央教育審議会に諮問。早ければ平成27年度から「教科化」が先行実施される見通しだ。

     「心のノート」を大幅に改訂した「私たちの道徳」も完成し、すべて順調に進んでいるように見えるが、その委員は「大きな課題が残っている」と話す。それが「教員養成」に関する課題で、まだこの点が不十分というのである。

    0
    続き

    里帰り工作 渡辺代表が自民に急接近

     永田町では与党が揺れ野党が揺れている。一口で言えば自民党の党内抗争は権力闘争に外ならない。この権力闘争に勝った勢力が次代の政権を握る。権力闘争は政権抗争の別称だ。

     自民党はいま政権の座には坐っている。そして政権意識も健在だ。さらに保守本流を以て自ら任じている。政権はあちこちに飛び火して、自民党の膝に止まったままではなく、不安定極まる。しかし自民党は必ず政権が自民党にとどまると固く信じている。しかし心意気だけでは物事は進行ストップだ。その心意気を実現させるための実力が必要となる。その実力があるかと反問すれば、「ある」ときっぱり言い切れない自民党だ。これでは甚だ頼りない。

    0
    続き

    米ハーバード大やスタンフォード大などの…

     米ハーバード大やスタンフォード大などの研究者たちによって「原始重力波」が発見されたとして話題を呼んでいる。

     大気の安定した南極の地に電波望遠鏡を設置し、精密な観測とデータ解析によって見つけたものだが、今後の分析いかんで約138億年前の宇宙開闢(かいびゃく)の姿がより正確に分かると期待される。

    0
    続き

    花粉症の季節のせいか、マスクをしている人を…

     花粉症の季節のせいか、マスクをしている人を見かけることが多い。最近は、白ばかりではなく、ピンクや青のマスクをしている人もいる 。

     目立つので、ドキッとさせられる場合がある。本人はおしゃれのつもりなのかもしれないが、何か特別な職業に就いているイメージを受けるからだ。マスクだけで人相が変わる人もいる 。

    0
    続き

    「知らざァ言って聞かせやしょう。浜の真砂と…

     「知らざァ言って聞かせやしょう。浜の真砂と五右衛門が歌に残せし盗人(ぬすっと)の種は尽きねえ七里ヶ浜……」。歌舞伎の「白浪五人男」浜松屋の場、弁天小僧の名セリフだ。河竹黙阿弥がこれを書いた頃、浜の真砂ほど無尽蔵さの例えに相応しいものはなかった。

     しかし先日、国立環境研究所や茨城大が発表した将来予測によれば、今世紀末には日本の砂浜の85%が消滅する。このまま温暖化が進めば、日本の海面水位が60~63㌢上昇するからだ。

    0
    続き

    警戒を呼ぶロシアの自信回復

    地球便り

     ソチオリンピックでのメダル獲得数はロシアが最高で大会は大成功だった、と国民の評価はすこぶる高い。それは「誇れるロシアの自信」に繋(つな)がった。ソ連崩壊以来、沈みゆくロシアをいやというほど思い知らされてきた国民にとっては忘れかけていた超大国の興奮だ。

    0
    続き

    何を言いたいのかよく分からない文章が…

     何を言いたいのかよく分からない文章がダラダラ続くうちに突然、文意明瞭で見事に核心に切り込んでいく文章に変わって、強い違和感を覚えたことがある。学生のレポートを読んでいた時の経験だ 。

     読み続けるうちに、どこかで読んだ記憶があるようにも思えてきた。「もしや」と思って、夏目漱石の作品が収録されている文庫の著名な批評家の手になる解説に目を通すと、レポートと一字一句違わぬ文章が相当部分見つかった 。

    0
    続き

    拉致の野望

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     19世紀まで全世界には富をもたらす三つの金があった。黄色い金、黒い金、そして白い金だ。黄色い金は宝石の材料になる金、黒い金は黒人奴隷、白い金は白人奴隷を意味する。なぜ白人奴隷?という疑いが消えなければ、ジャイルズ・ミルトンの『ホワイトゴールド』を読んでほしい。

    0
    続き

    東京都写真美術館で「黒部と槍」展が開催中だ…

     東京都写真美術館で「黒部と槍」展が開催中だ。明治大正期に北アルプスの黒部渓谷に足を踏み入れた冠松次郎と、槍ヶ岳に魅せられて四十数年間、毎夏そこで生活したという穂苅三寿雄の山岳写真を紹介している。

     オリジナル・プリントや多彩な資料で、山岳写真史に名を刻んだ2人の偉業を検証しようというもの。冠は登山家たちが難易度の高い登山を目指すアルピニズムに向かい始めた時期に、森林と渓谷の魅力を追い続けた人物。

    0
    続き

    米海兵隊員が相次ぐ人命救助

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄に駐留する米海兵隊員は2月の間に2件、人命救助の活躍をした。

     1件目は2月23日午後6時すぎ。沖縄に着任したばかりのランディー・ウェス1等軍曹が、金武町のキャンプ・ハンセンからうるま市のキャンプ・コートニーに向かう国道で、直進していたバイクが右折しようとした車に衝突したのを目撃。ただちに車から降りて応急処置をした。

    0
    続き

    東日本大震災「祈りの日」式典で下村博文…

     東日本大震災「祈りの日」式典で下村博文文部科学相が「祈念の日制定を検討したい」と話した。復興事業が急がれるが、並行して震災の教訓を共有し深化させ、広く世界に伝えていく決意を新たにする「祈りの日」が必要だ。

     当日の式典では、震災で大きな被害が出た宮城県女川町への女川復興支援ネットワークの支援活動が紹介され、中国の有名な作曲家、陳越氏が作詞作曲した「大地の祈り」に合わせた振り付けで舞踊家の藤間浩菊さんが舞った。

    0
    続き

    対露制裁で欧州と協力を

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ロサンゼルス国際問題評議会の会長は、オバマ大統領のウクライナ政策への批判に反論し、「どうしようというのか。101空挺師団をクリミアに送れというのか」と語った。あまり賢明な言い方とは思えない。誰もそんなことは考えていない。

    0
    続き

    深刻なパリの大気汚染

    地球だより

     13日の深夜、パリ中心部の大気質指標(AQI)が、大気汚染が世界で最も深刻といわれる中国・北京とほぼ同等に達したとの発表があった。世界有数の観光地として多くの人々を魅了してきたパリの大気汚染は深刻と言える。

     パリ市当局は、これを受け市内の公共交通機関を3日間無料にすると発表した。つまり、パリへの車の乗り入れを極力減らし、特に自家用車の利用を自粛してほしいという狙いがあった。

    0
    続き

    オレオレや架空請求、還付金、振り込め類似…

     オレオレや架空請求、還付金、振り込め類似など特殊詐欺の被害が止まらない。中でも親心につけ込むオレオレ詐欺は昨年、東京都内で特殊詐欺の合計2600件余のうち1900件余(前年比36%増)を占めた。

     被害額も約88億円のうち約55億円(同16%増)と突出しており、深刻な事態である。被害者のうち76%が60歳以上の女性。

    0
    続き

    ロシアン・ルーレット

    地球だより

     ラッショーは中国国境に近いミャンマーの辺境にあり、アヘンを作って総兵力2万5000人とも言われる武装集団を維持しているワ族の居住地域とも近い所だ。政府とは停戦合意していて、自治権を獲得しており、事実上、アヘン製造は黙認事項となっている。

     ラッショーで知り合った英語教師のキョウゾーウイン氏(41)に「ケシ畑を見ることは可能か」と尋ねた。

    0
    続き

    卒業式と大震災

     卒業シーズンたけなわだ。袴(はかま)姿の女学生たちを駅や街でよく目にする。卒業は、慣れ親しんだ学校を離れて上級の学校や職場に旅立つ、人生の重要な節目。自分の息子、娘の卒業となれば、その感慨はひとしおだ。

     3年前の、息子の高校の卒業式は忘れられない。直前に東日本大震災があり、余震による危険の懸念があった上に、東北の甚大な被害が明らかになる中で自粛ムードが広がり、式典がしばらく宙に浮いていた。

    0
    続き

    現実活動と憲法解釈

     日米安全保障条約第6条には「日本は、日本の安全と極東の平和と安全の維持のため、米軍に基地提供の義務を負う」と明記されている。

     日本国内の米軍基地・施設84カ所の存在は、軍事行動を行う米軍を支援していることと同じであり、日本が集団的自衛権の行使をしてきたと見るべきだろう。

    0
    続き

    安倍政権の人気度 国民のふところ具合が左右

     国民は「ふところ」が温かくなると政治を批判したり、政治家の悪口を言ったりはしなくなる。いまが丁度その時期だ。なにしろ給与を上げろと首相や閣僚たちが民間の経営者の重い尻を叩いている御時勢だから、働く者にとってはこんなに有り難い世の中はないはずだ。

     しかし国民は欲張りだ。「まだ足りない」と不平顔を隠さない。それでもこのところの歴代内閣と比べると、安倍内閣の評判は上々だ。民主党政権の後半あたりから、任期の半分も過ぎない内から政権の人気がガタンと落ちたものだ。たまたま財政の具合もよくない時と重なって内閣の土台が揺らぎはじめる。それが政権の命取りになった。こんな例は数えるに暇がない。

    0
    続き