■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    尖閣防衛は日米台連携で

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県防衛協会(国場幸一会長)の年次総会がこのほど、那覇市で開かれ、在沖米海兵隊のロバート・エルドリッヂ元政務外交部次長が尖閣諸島防衛をテーマに講話した。

     エルドリッヂ氏は1994年から日本の大学で研究する中で、「尖閣問題は日中の問題と見ていたが、米国がいろいろと関わっていたのが分かった」と述べた。

    11
    続き

    <春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ…

     <春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ>。「万葉集」巻19に収められた大伴家持の歌である。印象派の外光表現を歌にしたように絵画的で、特別な説明は不要のように思われる。

     しかし、この歌が詠まれた場所が、大和ではなく、越の国いまの富山県高岡市であると聞くと意外に思う人も多いだろう。家持が天平18(746)年から約5年間、越中国守として赴任していた時の作である。

    2
    続き

    共同通信が偏向ニュース・社説を配信し、各県の独占的地方紙が転載するという左翼偏向報道体制の実態。

    ■1.英国のコンサートテロと日本の「テロ等準備罪」衆院通過

     5月22日夜、英国マンチェスターのコンサート会場で自爆テロとみられる爆発事件があり、少なくとも22人が死亡し、59人が負傷した。おりしも我が国では「テロ等準備罪」新設法案が衆院本会議を賛成多数で通過した。

    12
    続き

    オーストリアの中道右派はポピュリストより過激

     時間の過ぎ去るのは早い。政治家のキャリアも例外ではない。最近、ビクッとするつぶやきを聞いた。「彼には新鮮味がなくなってきたね。彼から老いを感じる」

    1
    続き

    メルケル独首相の「欧州独立宣言」

     トランプ米大統領はサウジアラビア、イスラエル、パレスチナ自治区とバチカン市国を訪問後、25日にブリュッセルに飛び、北大西洋条約機構(NATO)首脳会談に参加した後、26日から27日にかけイタリア・シチリア島のタオルミーナで開催された先進7カ国首脳会談(G7サミット)に初デビューした。事前に予想されたことだが、保護貿易、気候変動問題、難民対策などで他の参加国との間で不協和音が目立った。

    3
    続き

    そもそも「まちづくり」とは?

     「まちづくり」ということで記事を最近書いていますが、そもそも「まちづくり」って何を創り出しているのでしょうか。今回は「そもそも」に立ち返りたいと思います。

    ひとづくりとまちづくりはプロセスが似ている。

    2
    続き

    方言は恥ずかしくない! 自慢できる故郷の言葉

     地方出身者が東京に出てきた時、都会の洗練された街並みや人々に圧倒されて、故郷の方言を使うことが恥ずかしく感じられることがあります。実際、私も出身が鹿児島なので、上京したてのころは訛っていることを指摘され、標準語にするために苦戦しました。抑揚は、東京の人達の話す言葉を聞いていればそれに合わせて話せるようになりました。しかし、自然に使っていた言葉が地方でしか通じないことに気づかされたときは驚き、上京して7年ほど経った今でも、たまに使ってしまって通じないことがあります。

     地元以外で方言を使うことに抵抗があったのですが、最近ではNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で使われている茨城弁が注目を集めていたり、方言から出身地をあてるインターネット上のサイトが話題になったりして、方言が“恥じる”ことではなくなってきているように感じます。

    3
    続き

    英語の4技能は必要か?

     2020年度から小学校の英語が教科となる。3、4年生は年35コマ、5、6年生は年70コマに倍増する。大学入試センター試験も変わる。2020年度から、いよいよ「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能評価が導入される。

     オリンピック効果で英語熱は高まる一方だが、国立教育政策研究所が行った6年間の「外国語活動」に関する調査では、コミュニケーション能力の向上など良い変化もある一方、小6の約3割が「英語嫌い」になっていると指摘している。小学校で英語嫌いになったら、中学以降、もっと英語嫌いになる可能性がある。

    3
    続き

    「週刊文春」が「週刊新潮」の中吊り広告を…

     「週刊文春」が「週刊新潮」の中吊り広告を盗み見して「スクープ泥棒」を繰り返したとする新潮(5月25日号)の告発に対し、文春側は疑惑を突っぱねる編集長のコメントを出した。

     証拠を元にした告発に反論の記者会見をするでもなく、一片のコメントで済ますのでは誰も納得しない。小欄が審判を期待したジャーナリストの池上彰氏は両誌(6月1日号)で<文春さん、それはずるいんじゃないですか>(新潮)と、やんわり窘(たしな)める見解を表明した。

    5
    続き

    中国国産旅客機、命がけの初試験飛行―「空飛ぶ万里の長城」-C919の未来は?

    「ABC時代が到来する!」

     2009年のアジア国際航空展覧会において、10分の1の模型でC919を初めて披露して以来、幾度となくこうビックマウスを放ったのは、国有企業の中国商用飛機有限責任公司(COMAC)(本社:上海)の関係者だ。 COMACが手掛ける中距離ジェット旅客機C919型機が今後、エアバス(A)、ボーイング(B)と並ぶ、世界を代表する中距離ジェット旅客機になることを高らかに宣言したのだ。

    10
    続き

    米海軍、ミスチーフ礁近海で「航行の自由作戦」

     米国防当局者によると、米海軍艦艇は南シナ海で行った「航行の自由作戦」で、落水者の救難訓練を含む機動訓練を行っていた。中国の領有の主張を強く否定することを狙ったもので、作戦が通常の航行にとどまらないことを示す前例になるとみられる。

    1
    続き

    前川氏の証人喚問で官邸は対決を

    核心的な議論をなぜ避ける

     加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、文科省の前次官の前川氏が「総理のご意向などとする怪文書」は実在すると、記者会見で述べました。それを受け、石破前地方創生相は「それなりの意義がある」と、発言しました。

    4
    続き

    サウジから始まる中東和平

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「神々がアラブ・イスラエル紛争を最初に解決しようすれば、破壊することになる」-アービング・クリストル

     米国は中東和平を追求し続けているが、何ともこっけいだ。失敗し続けているが、どの政権も取りつかれたように、中東和平に取り組む。トランプ政権も例外ではない。

    0
    続き

    できると言ってるのにできないと言い張る日本の北朝鮮「専門家」

     北朝鮮が「ある」と言ったら「ない」と言い、「ない」と言ったら「ある」と言う。

     北朝鮮が「できる」と言ったら「できない」と言い、「できない」と言ったら「できる」と言う。

     日本のメディアや評論家は、北朝鮮の話になるとたちまち支離滅裂になる。

     一般市民が知りえないし、どうでもいいことなので検証されない。

     米、韓、日が北朝鮮のミサイルを分析して便宜上、勝手につけた呼称だ。

    3
    続き

    難病患者の福音と言われたiPS細胞(人工…

     難病患者の福音と言われたiPS細胞(人工多能性幹細胞)。京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞を作製し、その論文を発表してから10年が経(た)つ。

     今年3月には、備蓄された他人のiPS細胞を使った再生医療で世界第1号となる網膜細胞の移植手術が、理化学研究所(理研)と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームによって行われた。

    5
    続き

    文大統領、法王に「南北の仲介」要請

     バチカン日刊紙「オッセルバトーレ・ロマーノ」は25日、韓国の文在寅大統領がローマ法王フランシスコ宛てに書簡を送り、その中で「南北間の和解への仲介」を要請したと報じた。

     韓国カトリック教会司教会議議長のKim Hee-jong大司教(光州広域市)とSeong Youm元駐バチカン韓国大使は24日、一般謁見の場で文大統領の親書を手渡した。

    3
    続き

    「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)…

     「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)。駅前に向かって歩いていると、風を切るようにツバメが飛び交っていた。そろそろと思っていたので、嬉(うれ)しい気分とともに夏の到来を実感した。道路の両側には所々にツバメの巣があり、子育ての真っ最中。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』では、季語の「燕(つばめ)の子(こ)」について「燕は五、六月ごろ雛を育てる。巣の中で、四、五羽の嘴の黄色い子燕(こつばめ)が大きな口を開けて親燕(おやつばめ)に餌をねだるさまは可愛らしい。孵化後三週間くらいで巣立をする」とある。

    2
    続き

    どちらのトランプ氏が本物?

    ①金正恩氏

     「若いのに国を動かしている。たいしたものだ」、「適切な状況になれば、金正恩氏と直接会談する用意がある」(5月1日の米ブルームバーク通信から)

     「核兵器を振り回しでいる頭のおかしい男だ」(4月29日、フィリピンのドゥテルテ大統領との電話会談で)

    4
    続き

    北朝鮮で体制へ不満の兆候

     北朝鮮の脱北者らによると、北朝鮮国内で金正恩体制への反発が強まっていることを示す出来事が相次いでいるという。

     米人権擁護団体「北朝鮮自由連合」の会長で、北朝鮮問題専門家のスザンヌ・ショルテ氏は4月、脱北者らを招いて会議を開催し、北朝鮮国内情勢について意見交換した。

    2
    続き

    シチリア島といえば、マフィアを連想する人が…

     シチリア島といえば、マフィアを連想する人が多いだろう。フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「ゴッドファーザー」も、それにひと役買った。パレルモ空港の正式名称、ファルコーネ・ボルセリーノ空港は、マフィアとの戦いで犠牲となった2人の治安判事の名を記念したものだ。

     一方シチリアは、古代からギリシャ、ローマ、アラブ、ノルマン、スペインなど支配者が次々と交代し、さまざまな文化が融合したユニークな島である。ギリシャの神殿、アラブやノルマンの様式がミックスされた建築など豊かな文化財に恵まれている。

    0
    続き

    「禁煙令」悪用し恐喝

     このほどドゥテルテ大統領は、公共の場での喫煙を禁じる大統領令に署名。7月から施行される予定だが、早くもこれを悪用した恐喝が発生し日本人が被害に遭っている。

    0
    続き

    マンチェスターの「話」

     英国中部マンチェスター市には数回足を運んだことがある。リヴァプールに居住していた時、知人の誘いを受けてマンチェスター市に行ったのが初めてだった。そこでは知人と昼食を一緒にしただけだったが、フィッシュ・アンド・チップスの紙袋が路上に散らばっている湾岸都市リバプールと比較すると、マンチェスター市内はセンスのあるショーウィンドーで華やかだったことを覚えている。およそ35年前の話だ。

    1
    続き

    「関西というのは難しい土地柄です」と山崎…

     「関西というのは難しい土地柄です」と山崎正和氏(劇作家、評論家)が話している。24時間にも及ぶインタビューをまとめた『舞台をまわす、舞台がまわる』(中央公論新社刊)という本の中での発言だ。

     京都人は、例えば祇園祭では大阪財界から多大な支援を受けているのに、大阪人をどこかでバカにしている。そもそも京都人は、大阪だけではなく、京都以外の地域には関心がない……といった具合だ。

    0
    続き