■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    北朝鮮ミサイル日本通過 Jアラートはまずまずでは

    北朝鮮がミサイルを発射し、初めてJアラートが流れ、日本上空を通過し太平洋に着弾しました。

    今回の時間経過です。 0558 北朝鮮ミサイル発射 0603 Jアラート 0606 北海道上空通過 0612 襟裳岬1180kmに落下 0624 安倍首相会見 0640 官房長官会見

    2
    続き

    【アマゾン】ホールフーズ買収完了!食品値下げより怖いチェーンストア理論の陳腐化?

     ■ネット通販最大手のアマゾンは24日、ホールフーズ・マーケットの買収手続き完了に伴い、生鮮品などを中心にホールフーズの人気商品を値下げすることを発表した。

    0
    続き

    国の守り歌う「蛍の光」

     今年の夏は、例年よりも先の大戦や、戦前の日本社会を自虐史観的にとらえた報道が少なかったような気がする。

     一方、8月19日に開催された第37回全教協教育研究大会で、自民党の有村治子参議院議員が「教育は国民性を創る礎」と題して講演し、途中、「蛍の光」の4番までを会場全員で大合唱したという報道は心を打った。

     「蛍の光」の3番と4番は、戦後は学校で教えなくなったが、戦前は音楽の教科書に載っていた。

    4
    続き

    子供たちに乏しい生死観

     核家族化が進み、出産も病院、最期を迎えるのも病院というご時世、子供たちが“生老病死”の場面に出合う機会が少なくなった。先日、「生命の大切さ」を考える講演会に参加したところ、小学生の生命に関する、驚きの調査を耳にした。  小学校低学年では、一度失われた生命は二度と戻らない、と感じる生徒は少数派、まだ、実感するところではないのだろう。道徳や生活科で、生命の問題を扱うことが増え、植物を育てたり、小動物を飼って世話するうちに中学年では、生き返ることはない、と考える子供が主流になる。ところが、高学年になると、再び、生き返るかもしれない、という回答が増えるという。

     講演会の会場にいた多くの人は、最近のゲーム人気で、「戦いで死んでも、リセットすれば、また生き返る」と子供たちが感じているのではないか、と考えたようだった。しかし、講師の話を聞いてみると、ゲーム感覚のリセットではなく、生命の大切さ、というものを本気で考える機会が少ないことに起因するという。

    1
    続き

    明日から、関東大震災(大正12=1923年)が…

     明日から、関東大震災(大正12=1923年)が起きた9月1日の「防災の日」を中心に5日までは防災週間。各地の防災訓練では、特に首都直下地震や南海トラフ地震が想定される地域で、関係自治体間の広域的ネットワークを活用した実践的な応援・受援訓練などが行われる。

     日本列島は地形や気象などの自然的条件から地震、台風、集中豪雨、洪水、土石流、火山噴火などの災害が起きやすい宿命を背負っている。

    0
    続き

    自民党推薦候補の勝利の原因の一つには、如何にも選挙向けの顔を並べたこともありそうだ

     茨城県知事選挙でも野党統一候補を擁立出来たら野党が勝利できたはず、などというトンデモ珍説を開陳する方がおられたので、それは違いますね、と申し上げておく。

     新潟県知事選挙と違って、茨城県知事選挙では反原発が本当の選挙の争点として浮上した事実はないと思っている。 共産党や共産党支持者の皆さんは反原発で茨城県の県民が結集することを望まれていただろうが、大方の茨城県民の関心事は現職知事の7選を許すかどうか、という一点だったろうと思う。

    2
    続き

    路上喫煙が犯罪ではない日本はおかしい

     2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、日本では様々な準備、そして議論が交わされています。その中のひとつとして、受動喫煙を防止するための規則についての議論が活発化しているようです。東京都は規則をなるべく早く制定しようとしていますが、飲食店からすれば、禁煙にすれば常連客は減り、分煙にするといっても改装費用がかかってしまうため、簡単にはできないという現状があります。規則の制定が難しい問題ですが、そこには日本での喫煙に対する意識が深く関わっていると感じさせられます。

    飲食店への規制の制定は困難

    14
    続き

    「心臓に穴のある赤ちゃんは、いらない?」

     『「いい質問」が人を動かす』(谷原誠著)の中に、こんな実話が紹介されています。

    ★★★

     初めての子どもが生まれたばかり。母親になった喜びに浸っている女性に、主治医が告げます。

     「お子さんの心臓に穴があります」

     母親は一瞬にして奈落に落とされた気持ちになり、夜になると、一人、こっそりと新生児室に行ってみる。

     「あの子を育てていけるだろうか? 命は助かるだろうか?」

    1
    続き

    最近「まちづくりっておもしろい!」と思った瞬間

     私が代表を務めるNPO法人SETでは、岩手県陸前高田市広田町を舞台に行う、「Change Maker Study Program」という1週間現地滞在型のスタディプログラムを大学生向けに提供しています。その1週間の運営やプログラム作りを行うのは当法人に所属する学生メンバーです。プログラムの目玉の一つでもある、「体験プログラム」をメンバーとともに考えている時に「まちづくりっておもしろいなぁ」と改めて思ったので、そのことについて今回は書いていこうと思います。

     「Change Maker Study Program」とは?

    4
    続き

    大気中の二酸化炭素(CО2)濃度が上昇し…

     大気中の二酸化炭素(CО2)濃度が上昇し海洋の酸性化が進んでいる。海洋環境保全のための指標として、サンゴの生態の状況が、よく取り上げられるが、その悪化ぶりは、このところ見るに忍びないほどだ。

     小笠原諸島・父島などの造礁サンゴの骨格形成に悪影響が生じ始めていると、海洋研究開発機構などのチームが発表した。サンゴの弱アルカリ性の体内環境を維持するのが困難になっているという。

    0
    続き

    超感動実話

    「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、これはまるで映画を観ているような超感動実話です。

    私は昨日、これを初めて読んで身震いして涙が出てき、日本語に翻訳しながらまた涙を流し、今再度これを読み返して「こんなことが本当にあるんだ」と感動すると同時にとても励まされました。

    ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思い、シェアさせていただきます。

    彼女は一時(いっとき)も私の傍(かたわ)らを離れなかった

    4
    続き

    テロ対策に苦闘する欧州教会

     スペイン東部バルセロナで車両暴走テロ事件(8月17日)が起き、多数の犠牲者、負傷者が出たが、スペインのメディアによれば、モロッコ出身のイスラム過激テロリストは本来、バルセロナの有名なカトリック教会のバシリカ(サクラダ・ファミリア)を爆発する計画だったという。そのニュースが流れると、欧州のキリスト教関係者に衝撃を与えた。

    2
    続き

    「重さうに持ちにくさうに西瓜提げ」(藤松遊子)…

     「重さうに持ちにくさうに西瓜提げ」(藤松遊子)。季節外れの長雨が続いたと思ったら、一転して蒸し暑さが復活。まさに残暑といった日々である。

     そういえば、今夏はスイカをほとんど食べていない。かつて旬のものだった野菜や果物は、現在は栽培技術の発達によって一年中食べられる。だが、夏にかぶりつきたいと思うのはスイカである。

    0
    続き

    歴史から学ばない民族は滅びるというがアメリカはどうなる?

     アメリカのマスコミはほとんどがトランプ憎しで固まっています。この構図は日本のキー局にも当てはまるような気がしてなりません。

     南北戦争時の南軍の将軍であり英雄であるロバート・E・リー将軍の像を破壊しようとしたり、更にはコロンブスの像までが撤去の議論が及んでいると聞いて、ちょっとがっかりしています。

    7
    続き

    中国が欧米エリート大学に“政治圧力”

     中国共産党政権が欧米のエリート大学に巨額献金し、大学教授たちを北京に招待するなどして親中派人脈を構築してきていることがこのほど改めて明らかになった。

     海外の反体制派中国メディア「大紀元」は米ハーバード大学への献金問題や英ケンブリッジ大学出版局への圧力などを暴露した記事を次々と掲載している。以下、「大紀元」の記事の概要を読者に紹介する。

    1
    続き

    お釣りがない国

     フィリピンに来て驚くことはいろいろあると思うが、日常生活で困ることといえば、お釣りがない場面が多いことだと思う。

     特にストレスがたまるのがタクシーだろう。お釣りをチップとしてゲットするために、わざと「お釣りがない」と言い張る悪質な運転手も多い。お釣りがないことを反省するどころか、むしろこちらが準備していないのが悪いと言わんばかりの態度だ。

    0
    続き

    昨日は7回目のプレミアムフライデー。月末の…

     昨日は7回目のプレミアムフライデー。月末の金曜日はいつもより早く退社して、買い物や飲食、宿泊などを楽しもうという日だ。今年2月に鳴り物入りで始まったが、盛り上がりは見られない。

     既に忘れられたような雰囲気もあり、中には失敗との見方をする人もいる。「ワークライフバランスの促進、労働生産性の向上」を目指す働き方改革と消費喚起の一石二鳥を狙った。しかし、サラリーマンたちは笛吹けど踊らずといったところか。

    0
    続き

    日食・月食・恒星食と地球人類存在意義

     今週の月曜日8月21日は、久しぶりに全米各地で日食が見られる珍しい日であった。よく知られているように日食は月が太陽を隠す現象で、頻繁に起こってはいるが、今回のように、皆既日食が見られる地点が米国の西海岸から東海岸まで斜めに横切るように動いていくのは珍しく、おかげで非常に多くのアメリカ人がこの現象を観測できた。私の働くブラウン大学はその中心軌道から外れているものの、太陽の約70%が隠れる部分日食が見られた。以下にNASAによるコンピュータアニメーションによる解説がある。(最後に自国の月ミッションであるLROを宣伝しているところがちょっと余計だが)https://www.nasa.gov/feature/goddard/2017/the-moon-is-front-and-center-during-a-total-solar-eclipse

    7
    続き

    奇跡の木モリンガを植えて食べて気候変動対策を!

     世界中のあちこちで起っている異常気象による自然災でる被害が続出している。私たちのほとんどは、それが「自分たちにとっても大きな問題」であると受けとめられない現実がある。

     最近の日本でも、これまでなかったような豪雨、竜巻、雷、雹など、さまざまな自然災害が発生し、さすがに「なんだかおかしい」と感じている人は多くなっている。

    1
    続き

    イージス艦衝突事故、外部要因の可能性も

     米海軍のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」とタンカーがシンガポール付近のマラッカ海峡で衝突した事故について、サイバー攻撃、電子戦によって引き起こされた可能性が指摘されている。

    2
    続き

    道を歩くと、セミの死骸が転がっている。…

     道を歩くと、セミの死骸が転がっている。なぜかアブラゼミが多い。太い胴体を持つクマゼミの大きな鳴き声は、聞こえる機会は多いが死骸は少ない。

     涼しげで好ましいミンミンゼミの声は、時にクマゼミの声によって遮られてしまう。その死骸も少ない。アブラゼミの死骸をよく見るのは、個体数が多いからだろう。30年ぐらい前までは、セミの代表はアブラゼミだったが、鳴き声だけで言えば、今やクマゼミに圧倒された。

    3
    続き

    【ウォルマート】グーグルAIスピーカーで毎日の買物!三河屋サブちゃんの転職先は?

     ■ウォルマートは23日、グーグルのスマートスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」で、音声注文による買い物サービスを提供することを発表した。

    0
    続き

    批判に晒されるムスリム同胞団

     エジプトの地中海沿岸の都市アレクサンドリア近郊で列車事故が発生し、43人が死亡、百数十人が負傷する痛ましい事故があったが、その真相が明らかにされるにつれ、国民の批判が、イスラム主義組織「ムスリム同胞団」に向かっている。

    0
    続き