■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    紅海のリゾートを満喫

     エジプトといわれて日本人の頭に最初に浮かぶのは、ピラミッド、スフィンクス、ミイラ、ツタンカーメン王の黄金のマスク、さらに、世界三大美女の一人、クレオパトラだろう。その次が、ルクソールや王家の谷、アブシンベルに見られる古代王朝時代の大神殿や彫像など数々のお宝かもしれない。

     パピルスなどによく描かれる横顔だけの独特の絵やヒエログリフと呼ばれる独特の象形文字を思い浮かべる方も多いかもしれない。

    1
    続き

    冬季五輪の救世主

     韓国のマスコミが激賞している2002年、米国のソルトレーク冬季五輪は散々だった。招致の時から贈収賄の不正まみれとなった。収賄疑惑を受けた国際オリンピック委員会(IOC)委員9人が追放された。

    1
    続き

    「緑の党」はなぜ沈没したか

     当方はオーストリアの「緑の党」の党員ではないが、同党が15日実施された国民議会選(下院、定数183)で議席獲得に不可欠な得票率4%の壁をクリアできず敗北したことが明確になった時、少々、感傷的になってしまった。31年間、国民議会に議席を有し、野党として活動してきた同党が連邦政治で議席を失ったというニュースは、国民党が勝利し、次期首相に31歳のセバスティアン・クルツ党首が最有力となったという選挙結果と共に、大きな出来事だった。

    0
    続き

    タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を…

     タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を咲かせたおびただしい数のマリーゴールドの写真が、18日付の小紙・国際企画面を飾った。プミポン前国王をしのんで栽培され、満開となった42万鉢だ。

     タイの人々が花々の間を楽しそうに歩いている。前国王は月曜生まれだったそうだ。タイでは曜日ごとにシンボルカラーがあり、黄色が前国王の象徴。しかもラマ9世だったことから、鉢は「9」の字が浮かぶように並べられた。

    0
    続き

    【レント・ザ・ランウェイ】新レンタルプラン!衣類収納もクローゼットもクラウド化?

     ■若い女性が憧れる高級デザイナー・ドレスなどをオンラインや実店舗を通じて手頃な価格で貸し出すレント・ザ・ランウェイ(Rent The Runway)が新たなレンタルプランを打ち出した。

    0
    続き

    カタルーニャ自治州、住民投票の宴のあと

     スペイン人と結婚し、バルセロナに住む日本人女性から嘆きメールが届いた。先のカタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票が、社会と民主主義をいかに破壊したかを訴え、市民戦争にならないか心配していた。

     オーウェルのスペイン内戦記「カタロニア讃歌」の1930年代とは違う。市民戦争は杞憂(きゆう)だろう。

    2
    続き

    北朝鮮が核保有で高まる崩壊の可能性

     北朝鮮が核を掴(つか)んで放棄しない理由は72年間、孫の代まで継承してきた長期政権を守るためである。ルーマニアのチャウシェスク、イランのフセイン、リビアのカダフィーの長期政権は核を持ってないから崩壊したと、北朝鮮は教訓にしている。

     しかし、その核が、むしろ北朝鮮の政権を崩壊を呼び込む恐れがあることを、北朝鮮の指導層は自覚しているだろうか。彼らはでたらめでも愚かでもないはずだ。

    1
    続き

    ドイツの政治家は2度、勝負する

     オーストリアの国民議会選挙(下院)が15日、実施されたが、ドイツ16州の中で面積で2番目、人口で4番目に大きいニーダーザクセン州でも同日、州議会選挙(定数137)が行われ、党首に就任以来、4戦4敗を喫してきたシュルツ党首の「社会民主党」(SPD)がメルケル首相の「キリスト教民主同盟」(CDU)を破り、第1党となった。ドイツのメディアでは「男は2度、勝負する」といった見出しでシュルツ党首の復活ぶりを報じているほどだ。

    0
    続き

    「無意識に聞いてみよう」

     長湯が好きではないのに、先日知人に誘われて、珍しく温泉に行った。知人は十分長湯をしたが、私は一つだけ、バブルの噴き出る浴槽に入って、10分ほど浸かった。

     せっかくの温泉だから何も考えずボーっとしていたいと思っても、どこからどうやってくるのか分からない、あてどもない想念が浮かんでは消えていく。その時の想念の一つが、少し前に読んだ最近の脳科学の知見の一節。

    1
    続き

    沖尚野球部と東浜投手

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県高校野球の秋季大会は8日、沖縄尚学が決勝戦で興南を4対1で下して10年ぶり7回目の優勝を果たした。

     共に全国優勝の経験がある沖尚と興南の公式戦での直接対決は何年ぶりだったろうか。わくわくする気持ちで観戦した。全国経験の豊富なチーム同士の引き締まった試合運びで、最後まで予断を許さない展開だった。

    3
    続き

    健康食品としても重宝されるアーモンドは…

     健康食品としても重宝されるアーモンドは、そのほぼ100%が輸入品。山梨県甲斐市在住の株式会社花野果(はなやか)代表取締役・笹原六氣(りっき)さん(57)は、商業用で国内初のアーモンド栽培に挑戦している。

     笹原さんは東京でIT関連事業に従事していたが「昼夜コンピューターとにらめっこ。人間崩壊の危機を感じた」と50歳を前に一転、農事に新天地を求めた。

    1
    続き

    【シェイクシャック】レジ待ち行列が絶対にできない!モバイルオーダーの不規則事例?

     ■行列が絶えないことでも有名なニューヨークのハンバーガーチェーン、シェイクシャックが日本で続々とオープンしている。

    1
    続き

    器の大きい人 小さい人

     「器の大きいリーダー」「あの人は器が大きい」「器が小さい」などとよく言います。  「器」とは文字どおり「容器」「入れ物」のことです。

     そこから発展して、人の才能や器量、度量、心の大きさなどを指して言うようになりました。社会ではもちろん器の大きい人が求められます。器の大きい人は、能力があり、いい仕事ができ、人間関係も上手く、出世するし、また社会にも役立ちますし、会社や国のリーダーにもなります。

    3
    続き

    トランプ大統領の訪日は11月5日に決定

     トランプ大統領の訪日は11月5日に決定

     米ホワイトハウスは16日、トランプ大統領のアジア歴訪日程を発表した。

     最初の訪問国となる日本には、11月5日から7日まで滞在。首脳会談を行うほか、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会する。

     トランプ氏は訪日後の7日に韓国入りし、文在寅大統領との首脳会談に臨む。国会で演説し、北朝鮮の核・ミサイル問題解決に向け、国際社会が最大限の圧力をかける必要性を訴える。

    1
    続き

    集団的な選挙演説妨害は公選法230条で検挙!

     今日は月曜日、まずは動画でお楽しみください(^o^)

    【『選挙対策取材班逆取材のススメ①』坂東忠信 AJER2017.10.16(5)】

    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=owUXLX24UQ4&feature=share

     ニコニコ動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm32106349

    3
    続き

    セクハラ裁判勝利も退職

     米ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が、約30年間にわたり、セクハラ行為を繰り返していたことが20人以上の大物女優の告発で明らかになり、世界に波紋が広がっている。フランスではセクハラ問題への関心が改めて高まっている。

    0
    続き

    極右「自由党」が連立交渉の鍵を握る

     オーストリアで15日、国民議会選挙(下院、定数183)が実施され、大方の予想通り、クルツ外相が率いる中道右派「国民党」が得票率約31・36%を確保し、第1党となった。第2党は野党第1党の極右政党「自由党」が得票率約27・35%を獲得し、与党第1党の中道左派「社会民主党」(約26・75%)を僅差でリードしている。約89万の郵送投票の集計作業が16日から始まったから、集計次第で第2と第3党が入れ替わる可能性はある。

    1
    続き

    「注意」が「悲劇」となった東名追突事故

     今年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、後ろからトラックに追突され静岡市の夫婦が死亡した事故が起きました。その原因を作ったとして、事故から4カ月経った10月10日、自動車運転処罰法違反の過失致死傷などの疑いで福岡県中間市のアルバイト、石橋和歩容疑者が逮捕されました。

     石橋容疑者の逮捕を受け、連日事故の様子や、石橋容疑者が普段から危険運転をしていたことなどが報道されています。事故当日、死亡した萩山さん夫妻と石橋容疑者の間に何があったのでしょうか。

    3
    続き

    「チーム学校」を育てたい

     8月末、中央教育審議会の「学校における働き方改革特別部会」で緊急提言が発表された。情報通信やタイムカードを導入して客観的に勤務時間を把握する必要があるということのようだ。来年度予算で、国・地方の教育委員会の施策として「教員の働き方改革」を盛り込みたい意向のようだ。

     現在の教員は一昔前と比べ、非常に忙しくなって、自宅に帰ってからもテストの採点、次の日の授業の準備などのため、食事や寝る時間を削って時間を捻出している。モンスターペアレントへの対応、クラブ活動の顧問、給食費の徴収・督促、不登校生徒、問題行動を起こす生徒への対応、通学路や学校での安全確保など限りがない。

    1
    続き

    新聞週間(15日~21日)が始まっている。…

     新聞週間(15日~21日)が始まっている。今年の標語は「新聞で 見分けるフェイク 知るファクト」である。新聞は「事実」を追求して正確に伝えることで、主権者である国民が「うそ」を見分け適切な判断をする材料を提供する。

     そうした使命を果たしているかどうかを厳しく自省する週間でもある。同時に、この機会に少しばかりの自己PRもお許し願いたい。

    1
    続き

    【ターゲット】AI音声注文!サザエさんの昭和な世界観に黒電話AIスピーカー登場?

     ■ターゲットは12日、グーグルのスマートスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」で、音声注文による買い物サービスを提供することを発表した。すでにグーグルと提携し、同サービスを発表しているウォルマートやホームデポに追随する。

    0
    続き

    沖縄独立運動の影に琉球王国復活をもくろむ?!あの勢力

     沖縄県には大陸からの帰化人の末裔がたくさん住んでいる。一説には約2万人いるとされている。「久米三十六姓」である。

     久米三十六姓のことを知らない人のために説明をすると、明の時代、支那大陸南部の福州(現在の中国福建省)から琉球王国へ洪武帝の命により下賜されたとされる閔人の末裔のことである。彼らは那覇市の久米村周辺に居住地を構えたので久米三十六姓とか久米村人(クニンダチュ)と呼ばれている。

    13
    続き