■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    国際サッカー連盟(FIFA)の副会長ら…

     国際サッカー連盟(FIFA)の副会長ら14人の幹部が汚職で起訴されたニュースが世界を駆け巡った。

     英国では、28日付タイムズ紙が1面トップで「不正のワールドカップ(W杯)」と見出しを掲げた。「FIFA史上で最悪の日」を迎えたとし、W杯の2018年ロシア大会と22年カタール大会が予定通り開催されるか、疑念が浮上と伝えた。

    0
    続き

    地震予測の功罪

     最近、妻からよく「あなたはどうして防災グッズを揃えないの」と“口撃”される。職場の同僚から、震災時に備えて水とか保存用の食品などを揃(そろ)えたという話をよく聞かされるのに、どうして何もしないのかというわけだ。

     東日本大震災が起こってから、地震など災害予測を伝える報道をよく目にするようになった。一番有名なのが、文科省傘下の地震調査研究推進本部事務局が公表している「(確率論的)全国地震動予測地図」だろう。ここに出てくる「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布」(平均ケース・全地震)図を見ると、確かに、福島県の南から四国に至るまで太平洋側の広い地域が、確率26%~100%を示す真っ赤で塗られている。こんな地図が報じられれば、恐ろしくなるのが人間の心理というものだろう。

    0
    続き

    失敗の轍を踏む

    地球だより

     ベトナム最大の商都ホーチミン市では、大通りの路面にできた「轍(わだち)」が原因の交通事故が多発して社会問題になっている。舗装道路に轍ができることがいかにもベトナムらしいところだが、過積載トラックの連続的走行やシャワーのような雨期のスコールによる道路の傷み、何よりアスファルトを溶かす炎熱の南国風土などいろいろ要因はあるようだ。

    0
    続き

    「草笛や雲の流れはほしいまま」(楠本憲吉)…

     「草笛や雲の流れはほしいまま」(楠本憲吉)。自然が遊び場だった気流子の少年時代、野山の草が食べ物になったり、楽器となったりした。「草笛」は、そんな玩具の一つで、そこらに生えていた草をむしり取って口に当て、適当な音階で吹いて遊んだ。

     草笛を吹くと、どこかもの悲しい気分になった。ビブラートの効いた音のせいかもしれない。おなかが空けば、田畑のあぜ道などに生えているスカンポの赤い茎を折り取って噛むと酸っぱい味がした。

    0
    続き

    激しい火山爆発に続いて立ち上る圧倒的な…

     激しい火山爆発に続いて立ち上る圧倒的な量の黒々とした噴煙。鹿児島県・口永良部島の新岳の噴火映像は、大自然の計り知れない威力をまざまざと見せつけた。これを、近くで体験した島の人々は、どうだったろう。この世の終わりと思ったとしてもおかしくない。

     噴火が起きたのが昨日の午前9時59分。それから7時間半後の午後5時半、住民ら島にいた人々137人全員がフェリーなどで隣の屋久島に避難した。噴火の熱風で男性1人が軽い火傷を負うだけで済んだのは、まさに不幸中の幸いと言っていい。

    0
    続き

    北でも「3度目の正直」は本当?

     北朝鮮朝鮮中央通信(KCNA)は9日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功したと報じだが、米国や韓国から早速、「実験に成功しておらず、SLBMの開発レベルに過ぎない」という懐疑的な反応が聞かれた。そこで北は27日、SLBMの水中発射実験を映した動画を公開して、「それ見たことか」と胸を張った直後、今度は「その動画はユーチューブに掲載された米国のSLBM発射場面を編集したものだ」という声が上がってきた。

     韓国の聯合ニュースによると、「北朝鮮が公開した動画は、画面の構図や背景、ミサイルの様子などから、ユーチューブに掲載されている米のSLBM『トライデント1』の水中発射シーンと同様のものとみられる」と報じている。北がSLBM発射実験成功に拘るのは、「米国の核の傘を無効にし、米本土への直撃が可能となることで、米国の安全を脅かすことが可能となる」からだという。    それにしても、北側が大成功と誇示する度に、米国からその真偽を疑う声が飛び出してくるのだが、そのパターンは今回も同じだ。想起してほしい。北は1998年8月、最初の試験衛星「光明星1号」を打ち上げ、宇宙軌道に乗せたと主張したが、同衛星から信号がキャッチできないこともあって、国際社会は「北朝鮮の初の人工衛星打ち上げ成功」説を否定した。そこで北は2009年、再び人工衛星「光明星2号」の打ち上げに成功したと表明し、宇宙から革命讃歌「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」が流れていると報じた。しかし、国際機関が北の人工衛星を必死に探したが、見つからなかった。人工衛星から発信される信号をキャッチできない場合、その人工衛星は墜落したか、軌道に乗らなかったことになる。

    0
    続き

    ホトトギスの季節になった。あちこちで鳴き声…

     ホトトギスの季節になった。あちこちで鳴き声が聞こえる。名曲「夏は来ぬ」(作曲小山作之助)を思い出す。「うの花の/におう垣根に/時鳥(ほととぎす)/早も来鳴きて……」と続く(1番)。

     作詞は歌人の佐佐木信綱(昭和38年没)。この歌ができた明治29年当時、24歳。120年も前の歌だから、古めかしいのは仕方がない。

    0
    続き

    アカシアの“花飯”

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     貧しかった頃の我々の話だ。1970年代初、麦が実りつつある晩春だった。青瓦台(大統領官邸)に一通の手紙が届けられた。京畿道城南に住む主婦が一字一字はっきりした字で切ない事情をしたためていた。「80歳を超えた姑に侍りながら3人の子供と一緒に暮らしています。ソウル駅前で行商をしていた夫が交通事故で床に伏し、家族が何日も食べられずにいます。私たちは食べなくても大丈夫ですが、老齢の義母が何も食べられずにいる様子はとても見るに堪えません。」

    0
    続き

    「彼は瞬く星の下、山に昇り、人みな眠る時…

     「彼は瞬く星の下、山に昇り、人みな眠る時、御父に祈った。彼は人々に福音を告げ、彼らの幼児を祝福し彼らの病者たちに触れ、罪人を贖(あがな)い人々が生命の満ち溢れを得るようにと己の生命を犠牲にした」。

     これはドイツ人宣教師ヘルマン・ホイヴェルス神父が、司祭の岩下壮一に贈った詩の一節で、良き牧者だった岩下の人柄を伝えている。岩下はカトリックの指導者で、思想家にして神学者でもあった。

    0
    続き

    オキカ導入とバス代値上げ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県内のバス事業者4社(琉球バス交通、沖縄バス、那覇バス、東陽バス)の路線バスで利用できる沖縄初の共通ICカード「OKICA(オキカ)」の導入が先月末から始まった。

     これまでの磁気乗車券・紙券に代わって、電子マネーで運賃を決済するもの。沖縄都市モノレール・ゆいレールで昨年10月に先行導入された。

    0
    続き

    直接の被害者でなくても、東日本大震災に…

     直接の被害者でなくても、東日本大震災によって、その後の人生が変わったという人は少なくないだろう。当時、千葉県で建造物のリフォーム会社を経営していた中島弘貴さん(64)もその一人。

     何の前触れもなく襲い、膨大な犠牲者を生む自然災害に驚愕(きょうがく)した。「我々の祖先は、何度も地震、津波によって命を奪われ生活を破壊されながら、それを克服して今日の繁栄を築き上げてきた。その原動力は何なのか……」という思いにとらわれた。

    0
    続き

    レンタル電動スクーター

    地球だより

     今ではすっかりパリの風景となったレンタル自転車「ベリブ」。2007年からパリ市が運営するレンタル自転車で手軽に空気を汚さずにパリ市内を移動でき、日本の公共交通機関で利用できるパスモやスイカのようなNAVIGOというカードも利用できる。

     このベリブ導入の目的は環境問題、特に車による大気汚染を減らすためで、パリ市は強引とも言えるほど、自転車専用レーンを整備している。

    0
    続き

    混乱招いた米軍イラク撤収

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ラマディが制圧され、イラク軍は逃げた。オバマ政権が自信たっぷりに宣言した60カ国の反「イスラム国」連合の姿はどこにも見えない。その一方で、イランの国防相がバグダッドに飛んだ。誰が仕切っているかはこれで明らかだ。米国の空爆は効果がなく、米国が提案した対イスラム国戦略は失敗した。

    0
    続き

    「寛容」は同性婚を支える魔法の言葉

     当方はこのコラム欄で数回、劇作家オスカー・ワイルド(1854~1900年)の話を紹介した。当方の義兄はワイルドの作品が大好きで、「幸福な王子」を紙芝居にしたほどだ。ワイルドは当時、同性愛者として刑罰に処され、刑務所生活を過ごした人物だ。彼が22日の母国アイルランドの国民投票結果を知ったならば、どのように考えるだろうか。アイルランドで同性婚を合法化する憲法修正案が承認されたのだ。

     アイルランドで22日、同性婚を合法とする憲法修正案の賛否を問う国民投票が実施され、賛成が62・1%で承認された。その結果、同性婚の権利は従来の法的な平等から一歩前進し、憲法にその権利が明記されることになる。

    0
    続き

    「大器早成」(読売)、「平成の星」(産経)、…

     「大器早成」(読売)、「平成の星」(産経)、「平成生まれの大関に」(毎日)――昨日の新聞の見出しが躍った。千秋楽を迎えた時点で星一つの差で8人に賜杯の可能性があった大相撲夏場所。重圧で緊張したという一番も、193㌔の馬力ある碧山をがっちり右四つに組み止め寄りで圧倒した。

     近年まれに見る大混戦を12勝3敗で制したモンゴル出身23歳の照ノ富士関は、初優勝を果たすとともに平成生まれ初の大関誕生も確実にした。191㌢、178㌔の大器は、重い腰と柔軟でタフな身体を豊富な稽古量で熱心に鍛えてきた。

    0
    続き

    フィリピンで大地震への危機感高まる

    地球だより

     このところフィリピンで再び大地震への懸念が高まっている、先日ネパールで起きた大地震に刺激されたようで、急に政府が地震対策を呼び掛け始めた。

    0
    続き

    スポーツと健康

     スポーツ庁が今年10月、発足する。長い間、その必要性は言われてきたが、なかなか実現しなかった。2020年の東京五輪が追い風となったことは確かだが、もっと切実な問題が発足の背景にある。

     高齢化などで、医療費支出が膨らみ、国の財政を逼迫(ひっぱく)させている。そこでスポーツを通じて国民の健康増進を図ろうというのだ。

    0
    続き

    中国の膨張主義と辺彊

     今月16日、中国を訪問したケリー米国務長官は、中国の王毅外相に対し、南沙諸島での中国による埋め立て拡大に懸念を表明。これに対し、王外相は「中国の主権、領土保全の維持に向けた決意は揺るぎない」とし一歩も譲らない態度を示した。

     中国にはそもそも「国境線」という言葉は存在しない。中国語で「国境線」に該当する言葉は「辺彊」だ。正確に言うと曖昧な地域を示す「緩衝地帯」に近い。

    0
    続き

    小笠原諸島海域では昨年9月中旬からサンゴの…

     小笠原諸島海域では昨年9月中旬からサンゴの密漁に来た中国漁船とみられる船団が出没し、同10~11月には一時200隻超が確認された。

     密漁団は取り締まりの手薄な海域で集中的に操業し、海上保安庁の巡視船が追い払うと、他所へ移動するといういたちごっこが続いた。地元の漁民だけでなく、あきれ果て、切歯扼腕した国民も少なくなかろう。

    0
    続き

    「夏の日を淡しと思ふ額の原」(野村泊月)。…

     「夏の日を淡しと思ふ額の原」(野村泊月)。「額」とは、「額の花」の略で、日本原種のガクアジサイを指す。まだ梅雨の季節には早いが、街を歩いていると、路地や道路の脇に濃い緑の葉を伸ばしたアジサイを見かける。

     花が早くも咲きかけているものもあるが、ほとんどはまだ白い蕾が虫のタマゴのようにふくらんでいるだけ。満開になるのは先の話。

    0
    続き

    北朝鮮のSLBM発射の狙い

     5月8日、北朝鮮は同国東部の咸鏡南道・新浦近海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験発射に成功したと報道した(9日、労働新聞)。専門家の間では疑問視する見方もあるが、北朝鮮の核戦力に対する過小評価とそれに基づく対北戦略の見直しを求める声も上がっている。

    0
    続き

    ニューヨークの国連本部で開かれている核拡散…

     ニューヨークの国連本部で開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議の最終文書素案から、中国の横やりで削除された被爆地の広島、長崎への訪問を促す文言は、結局復活しなかった。

     核兵器の非人道性、それがもたらす悲惨さを具体的に知ることは平和への第一歩である。中国が反対するのは「日本が第2次大戦の加害者ではなく被害者であるかのように描こうとしている」ためだという。

    0
    続き

    見知らぬ人に挨拶すると

    地球だより

     5月9日はロシアで最も重要な祝日の一つ、対ドイツ戦勝記念日だ。筆者は仕事柄移動が多い。この日も長距離バスでエストニアからロシアに向かい、国境に差し掛かった。  幾度となく同じ検問所を通るので、顔を覚えていた警備のロシア人係官につい「元気?戦勝記念日おめでとう」と声を掛けてしまった。それで入国審査官からスパイ疑惑を掛けられる羽目に。

    0
    続き