■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「薬喰」という言葉がある。薬とはシカ肉の…

     「薬喰」という言葉がある。薬とはシカ肉のことで、寒さの厳しい季節に食べれば血行をよくし、健康にもよいという意味で薬喰と称した。かつて獣肉を食べることを忌む風習があったので、婉曲な表現をした。

     「ぼたん鍋」も同様で、こちらはイノシシの鍋料理のこと。肉は薄く切り、ネギ、豆腐、シイタケなどと煮込み、味噌で味付けする。伊豆や丹波にはイノシシが多く、郷土料理として知られてきた。

    0
    続き

    ある中年男性の愚痴

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     自営業を営んでいる。人々は「社長!」と呼ぶが、見掛け倒しだ。やっと食べていけるほどの小さな店を営んでいるが、毎日が戦争のようだ。ちょっと商売になるなと思うと、すぐ隣に同じ店が建つ。私のような自営業者が700万人を超える。創業1年もしないうちに40%が看板を下ろし、5年後の廃業率は70%。毎年80万人くらいが店じまいする。銀行の負債は140兆ウォンにもなる。誰の目も気にせずに自分で稼いで生計を立てているので「気楽だろう」と思うだろうが、絶対にそうではない。もしサラリーマン生活をやめて商売でもしようと思っている人がいるなら、手弁当で訪ねて行って思いとどまらせるだろう。

    0
    続き

    改宗した難民へ“信仰テスト”を実施

     イスラム過激派勢力が席巻する中東・北アフリカ諸国から欧州に多くの難民が殺到し、受け入れる側の欧州もその対応に苦慮している。全ての難民を受け入れることは難しいうえ、難民の中には経済的理由から欧州入りを図る経済難民や、イスラム過激派勢力の密使として欧州入りを狙う難民もいるのが現状だ。難民として公認された人間が国内でイスラム過激思想を拡大していた、と発覚したことが過去ある。

     そのため、受け入れ側の難民審査(行政裁判所)が長期化する傾向がある。難民の中には難民申請後、3、4年間も決定を待って難民収容所生活を送るケースがもはや稀ではない。待機中は基本的には就労できないから、申請が受理される日を夢見ながら過ごすことになる。

    0
    続き

    最近、よく週刊誌などに、部位別のがん治療…

     最近、よく週刊誌などに、部位別のがん治療における全国の名医、病院のランク付け記事が出ている。だが、専門家から見ると「一面的だ」という話を、ある医療従事者から聞いた。それによると、こうした記事は単に病院発表の治癒率が高い順に並べたものが多い。

     上位の医師や病院は概して診察の段階で患者を選別している。治癒が可能な患者だけをピックアップし引き受けているというのである。

    0
    続き

    原油下落は米国にとって好機

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】私は32年間、原油への課税の強化を主張してきた。今回も望みはほとんどないがドン・キホーテのごとく、やりで巨人に挑んでみたい。

    0
    続き

    朝日新聞の慰安婦虚報をめぐる一連の報道…

     朝日新聞の慰安婦虚報をめぐる一連の報道不祥事は、年明け5日の渡辺雅隆社長の記者会見と「信頼回復と再生のための行動計画」公表で、なお問題点を残しながらも一応の幕引きかと思っていた。

     誰よりも当の朝日がそう望んでいたに違いない。ところが意外なところから、問題が蒸し返された形となり法廷で論議が継続することに。

    1
    続き

    政府が昨年12月にまとめた地方創生に関する…

     政府が昨年12月にまとめた地方創生に関する総合戦略には、中小企業の事業承継支援の拡充が盛り込まれている。後継者不足で廃業に追い込まれ、独自の技術が失われるケースが目立っているためだ。

     中小企業の後継者がいないのは案外、長年の教育の問題が絡んでいるのかもしれない。高度成長期前後、特に地方の中学校の生徒は先生から「もっと勉強しないと、中小企業にしか行けないゾ」のたぐいの“激励”を受けたものだ。

    0
    続き

    北極星が見えない夜空

     子供の頃、夜空を見上げると、晴れた日には空いっぱいに星が輝いていた。特に夏の夜は7時すぎまで明るいので、ついつい遊びに夢中になって辺りが真っ暗になって夜空の星や天の川を見ながら家に帰ったことも多かった。家に帰っても夕食後に一服すると、テレビで野球中継は流れていたが、ほとんどの家が道路際に出した縁台に座って団扇(うちわ)をパタパタさせながら夕涼みをしているので、また近所を回って遊び仲間と遊んだことを覚えている。

     その頃に覚えたのが、夜空の中で一つだけじっと動かない北極星の見つけ方だ。北極星は2等星なので、ひしゃくの形の北斗七星やWの形のカシオペア座を先に見つけて、そこからあの距離を5倍して見つけるんだと教えてもらって、その通り探すとそこにそれらしき星があるので、何度も自分でやってみたものだ。

    0
    続き

    フォビア時代への処方箋はこれだ!

    パリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社へのテロ襲撃事件はフランス国民だけではなく、世界に大きな衝撃を与えている。11日にはパリで欧米の閣僚会議が開催され、反テロへの結束を強めた。

     仏週刊紙本社襲撃の直接の動機はイスラム教の預言者ムハンマドを風刺した画を掲載したことに対する報復という。ただし、同週刊紙は過去、イスラム教だけではなく、キリスト教やユダヤ教など他の宗派を対象とした風刺も掲載し、話題を呼んできたメディアだ。すなわち、欧州社会に席巻するイスラム・フォビア、クリスチャン・フォビア、そして反ユダヤ主義といったテーマを面白、可笑しく風刺してきたのだ。

    0
    続き

    人気職業は医師、軍人、警察官

    地球だより

     スイス企業が昨年末、タイで行ったアンケート調査で、「住みたい夢の国」を問う質問に対しタイが1位に浮上した。まあ、住めば都だし健全なナショナリズムのなせる業とも思えるが、2位は3位の米国を抜き、日本だった。

     昨年来、タイから日本への観光がノービザになって急増中だし、一度来るとリピーターになる確率も高いことから、日本の人気は急上昇中だ。

    0
    続き

    どのような「言論の自由」を守るか

    オランド仏大統領は9日夜、2件のテロ事件の解決を受け、国民に向かって反テロで一体化しよう」と呼びかけた。

     武装した2人のイスラム過激派テロリストが7日、パリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社を襲撃し、自動小銃を乱射し、建物2階で会議を開いていた編集長を含む10人のジャーナリストと、2人の警察官を殺害するというテロ事件が発生した。その直後、同テロとの直接の関連は不明だが、1人のテロリストが別の場所で警察官を射殺、ユダヤ系スーパーマーケットを襲撃し、人質を取るといった事件が起きた。3人のテロリストは9日、治安部隊との衝突で射殺され、多くの死傷者を出した2つのテロ事件は一応幕を閉じた。

    0
    続き

    「橙ののりたるくぼみ鏡餅」(江口竹亭)。…

     「橙ののりたるくぼみ鏡餅」(江口竹亭)。都会生活をしていると、何事もコンパクトになりがち。鏡餅も手の平サイズですませ、ちょっとした飾り物扱いだ。

     田舎にいた時は顔ぐらいの大きさのものを供えていた。ちょうど固くなり始めた頃合いに、皆で分けて食べる儀式があった。きょうはその「鏡開き」の日である。

    0
    続き

    安全保障と歴史認識の闘いの年 平和ボケと沈黙癖を脱しよう

     2015年。中国は「抗日戦争勝利70年」を大宣伝し、海洋進出(侵出)もさらに強めるだろう。日本外交、安全保障の正念場の年だ。

     安倍・自民党は、総選挙の勝利直後から、「国民の理解を得て、今年の通常国会で集団的自衛権行使を認める、安全保障法制整備を目指す」と明言している。

     だが、選挙戦ではそれに関しできるだけ沈黙していた。

    0
    続き

    金正恩氏はプレスリー・ファン?

     北朝鮮の金正恩第1書記は8日、32歳の誕生日を迎えたが、国内では公式の祝賀会は開催されなかったもようだ。労働党機関紙など同国メデイアも最高指導者の誕生日に言及していない。興味深い点は、中国政府が祝賀のメッセージを送ったことを明らかにしたことだ。中朝両国関係が目下、良好からはほど遠い時だけに中国政府の金正恩氏誕生日祝電は平壌への関係改善へのシグナルか、と憶測されている。今年も祝賀会がなかった点について、「32歳の若い指導者は国民に謙虚な姿勢をアピールしたいのだろう」と、一般的に冷静に受け取られている。

    0
    続き

    フランスの風刺週刊紙の本社がテロリストに…

     フランスの風刺週刊紙の本社がテロリストによって銃撃され、12人が死亡した事件の衝撃が広まっている。言論・表現の自由に対する野蛮な攻撃を断じて許すことはできないし、それに怯(ひる)んではならない。

     一方この事件の一報に接し、とうとう起きたかとも思った。パリ在住ジャーナリスト・安部雅延氏が毎週、最新のフランス事情を伝える「サンデー世界日報」のコラム「フランスの街角から」に昨年11月、「聖戦主義に共鳴する若者たち」が載った。

    0
    続き

    フランスのテロ事件への一考

      フランスのオランド大統領は7日夜、テレビを通じて国民向けに演説し、同日起きたパリの風刺週刊誌の本社襲撃テロ事件に言及、「我々の最強の武器は自由だ。自由は蛮行より強い」と述べ、国民に連帯を呼びかけた。同大統領は同日、犯行現場を視察し、「野蛮な行為だ。国民はショックを受けている」と述べている。フランスは8日をテロ犠牲者への「国民追悼の日」とし、国内の国旗を3日間、半旗にすることを決めている。

     パリの左派系風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社に7日午前11時半、武装した2人組の覆面男が侵入し、自動小銃を乱射し、建物2階で編集会議を開いていた編集長を含む10人のジャーナリストと、2人の警察官を殺害するというテロ事件が発生した。2人組は襲撃後、近くに駐車していた車で逃亡した。アンチ・テロ部隊(Raid)が動員され、犯人を追っている。

    0
    続き

    「雪が降るとこのわたくしには、人生が、…

     「雪が降るとこのわたくしには、人生が、かなしくもうつくしいものに──/憂愁にみちたものに、思へるのであつた」。中原中也の「雪の賦」という詩の冒頭部分だ。「賦」は歌のこと。

     雪が降ると、世界はいつもと違った光景になるだけでなく、気持ちも物悲しいものになってしまう、ということのようだ。

    0
    続き

    禁煙の決心

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     たばこ礼賛論を展開した名士は数えきれないほど多い。「一服のたばこは行き詰まった考え、ひらめきを与え、憂いを半減させ、疲れをなくしてくれる」(作家、金東仁〈キムドンイン〉)、「たばこは紳士の情熱だ」(仏劇作家、モリエール)。

    0
    続き

    南米大陸に広がるアマゾンは世界最大の…

     南米大陸に広がるアマゾンは世界最大の熱帯雨林地帯。地球上の熱帯雨林の3割を占め、生物種の1割以上が存在しているといわれている。降雨量は年間2000㍉以上で、高温多湿。

     深刻な問題となっているのは、森林伐採が進んでいることだ。ブラジルでは過去40年間で日本の国土の2倍以上が消失している。人間の居住や農地だけではなく、医薬開発のために植物が乱獲されている。

    0
    続き

    日本の半導体事業にかつての輝きはないが…

     日本の半導体事業にかつての輝きはないが、昨年末に東芝が半導体の新工場建設を検討しているというニュースが入った。2017年度の稼働を目指すという。

     製造するのは東芝が開発した「NAND型フラッシュメモリー」で、スマホやタブレット型多機能携帯端末などに内蔵され、データ記録に使われている半導体。営業利益の3分の2に当たる2000億円を上げる稼ぎ頭だ。

    0
    続き

    一方的なキューバとの正常化

    米コラムニスト  チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】冷戦に関する古いジョークがある。パンティーストッキングができる前の時代の話だ。共産主義者に勝つには、爆撃機B52の核爆弾を下ろし、代わりにソ連にナイロンを投下すればいい。ロシアの人々を資本主義の柔らかな消費文化に触れさせ、西側と接触、交流させ、愛情で自由へといざなう。

    0
    続き

    ローマ法王の新枢機卿リストから

     ローマ・カトリック教会のローマ法王フランシスコは4日、サン・ピエトロ広場の昼の祈りの場で新しい20人の枢機卿名を公表した。新枢機卿の出身別を見ると、欧州教会から7人、アジア3人、オセアニア2人、南米5人、アフリカ3人の計20人だ。

    0
    続き

    妹・与正氏が政略結婚?

    地球だより

     新年早々、北朝鮮で“慶事”があったという報道がなされた。最高指導者、金正恩第1書記の妹である金与正氏が、最側近の一人である崔竜海・国家体育指導委員会委員長の次男と結婚していたことが分かったと、大手通信社の聯合ニュースが報じた。記事を書いたのは金第1書記が兄2人を押しのけて父、金正日総書記の後継者に決まったことをスクープした敏腕記者なので、ここはひとまず信憑(しんぴょう)性が高いとみておくことにしたい。

    0
    続き