■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    先月17日付のこの欄で紹介した映画「クライマー」…

     先月17日付のこの欄で紹介した映画「クライマー」に登場する、オーストリア生まれのクライマー、デビッド・ラマさんが来日し、話を聞く機会があった。小柄できゃしゃな感じがするが、筋肉の盛り上がった腕は太い。

     南米パタゴニアにあるセロトーレ3102㍍に初めてフリークライミングで登頂した人物。過去、競技でワールドカップ総合優勝を果たしたが、一方で、ヨーロッパ・アルプスを舞台にロッククライミングを続けてきた。

    0
    続き

    梅澤裕隊長永眠す

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦時、座間味島で米軍と戦った元陸軍海上挺進第一戦隊長の梅澤裕(うめざわ・ゆたか)氏が6日、兵庫県の自宅で逝去した。97歳だった。ドキュメンタリー作家、上原正稔さんによると、6日午前中に病院から退院して自宅に戻った後、午後3時30分、「苦しい姿を見せず、安らかに旅立った」(梅澤夫人の美奈子さんの話)という。

    0
    続き

    先ごろ社長交代で話題を呼んだ通信販売大手…

     先ごろ社長交代で話題を呼んだ通信販売大手・ジャパネットたかた。軽快な口調の商品説明で人気の高田明社長が1986年に設立し、全国区の知名度を得て事業を拡大させた地方(九州)発の元気な企業だ。

     かのソフトバンクの孫正義社長も九州出身。福岡ソフトバンクホークスは現在、パ・リーグで首位を走り、本拠地の福岡ドームでの試合はたいてい満員だ。地方ゆかりの企業が地元の経済、人々の生活に与える影響は大きい。

    0
    続き

    意図的に憲法違反犯すオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領は短気だ。議会が移民問題で行動しないから、自分でやると言った。ホワイトハウスは、大統領が何をしようとしているのか語らない。しかし、リークされた情報によると、大統領令を出して、大量の、恐らく500万人近い不法移民の米国内への滞在を認めるつもりのようだ。

    0
    続き

    「朝日 32年後の撤回/強制連行証言は…

     「朝日 32年後の撤回/強制連行証言は『虚偽』」(読売6日)などと新聞が報じた朝日新聞(5、6日)の「慰安婦報道」特集について。朝日は自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の「慰安婦を連行した」との証言を「虚偽だと判断し、記事を取り消す」とした。

     新聞が掲載した識者の言葉から。「事実と異なる報道をすれば、どんな事情があるにせよ“誤報”にほかならない」(東京基督教大教授・西岡力氏=産経6日)。新聞で「大誤報(認めた)」と見出しを立てたのは夕刊フジ(6日)だけである。

    0
    続き

    愛国のライチ

    地球だより

     南シナ海を自国の内海のように振る舞う中国の強引な手法にベトナムは黙っていない。それは巨人・中国を前に蟷螂(とうろう)の斧(おの)でしかないが、「一寸の虫にも五分の魂」だ。

     だが巨人は鞭(むち)を持っている。今回、ベトナムが領有権を主張している西沙諸島近海に、中国が石油掘削リグを設置したことへ抗議したことに対して、素早くその鞭を使った。

    0
    続き

    マフィアの「神様」

     イタリアのマフィアは神を愛し、聖母マリアを崇拝しているから、教会から破門されることを恐れているという。組織犯罪グループで、人を殺害することを躊躇しないマフィア関係者が神を信じ、教会から破門されないかとかなり深刻に悩んでいるというのだ。

     独週刊誌シュピーゲル(8月4日号)の記者はイタリア南部のマフィアの拠点を訪れ、マフィア関係者とインタビューしている。それによると、「マフィア関係者は宗教的だ。人を殺し、麻薬と武器を密売することと聖母マリアの地を年に一度巡礼することはマフィア関係者にとっては何も矛盾していないのだ」という。

    0
    続き

    「菜畠に残る暑さや瓜の苗」(許六)。…

     「菜畠に残る暑さや瓜の苗」(許六)。朝夕をセミの声が雨のように降り注ぐ。厳しい暑さが続くが、暦の上ではすでに秋。歳時記では8月の項目に「秋の蝉」「残暑」「秋めく」「新涼」など、秋に関する季語も少なくない 。

     台風の接近による大雨が各地に多大な被害を及ぼす中、お盆のために帰省の動きが加速する頃でもある。この時期は、毎年のように道路が混雑する。渋滞緩和策などが話題になるが、根本的な解決には至っていない 。

    0
    続き

    カンボジアでの競い合い、日本健闘も中国の援助急増

     カンボジアの旧ポル・ポト政権の「虐殺革命」を裁く特別法廷が7日、同政権の生き残り指導者2人に、無期禁錮(最高刑)を言い渡した。1970年代に、150万人以上を死に追いやった暗黒革命の一部分についてだが、元中枢指導者への一審判決までやっとたどり着いた。

     8年前に設置されたこの国連協力の法廷は、被告人の高齢化、資金難、裁判不拡大を望むフン・セン政権の圧力という三重苦を抱えてきた。

    0
    続き

    落語には、滑稽噺(ばなし)、人情噺などの…

     落語には、滑稽噺(ばなし)、人情噺などの分類があるが、親子の情愛を描いた「親子噺」とでも言うべき噺も少なくない。「子別れ(子はかすがい)」「藪入り」「初天神」など、その代表だろう。

     親子の情愛は万国共通だけれど、落語の噺にあること自体、日本人が特に子供好きだということを示している。少なくともかつてはそうだった。

    0
    続き

    高揚するウクライナ人の愛国心

    地球だより

     ウクライナの首都キエフを流れるドニエプル川の畔を、ウクライナの友人と散歩する。人口280万人の大都市の真ん中に、これほどの水と緑の空間があることに改めて感銘を受ける。

    0
    続き

    覚せい剤取締法違反などの罪で起訴された…

     覚せい剤取締法違反などの罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA被告が、20年来薬物を使用していた、と自供した。報道に接したファンが、この期間に作られた曲に感動した自分は何だったのか、と疑問を持ったという話を聞いた。

     文学の世界では、当時ヒロポンと呼ばれた覚醒剤を打ちながら小説を書いたという伝説が、坂口安吾や太宰治に関して言われる。が、彼らの読者が、自身の感動を疑うといった話は聞かない。

    0
    続き

    虎を得んとすれば

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     白い花びらが海の上に無数に落ちる。木綿の服を着た朝鮮の兵士たちは敵の銃に撃たれ城郭の下に落ちた。西欧の虎に立ち向かった兵士たちの手にはろくな武器すらなかった。頭の上を銃弾が雨あられのように飛んでいくが、旧式の銃に火薬を詰め込むのに忙しかった。彼らの兵器は古く、敵の攻撃は猛烈だった。兵士たちは体一つで侵略者たちに立ち向かった。石ころを投げつけ、土の粉をつかんで敵の顔にまき散らした。1871年の辛未洋擾(米艦隊による江華島襲撃事件)の時、江華島の草芝鎮で起こった壮絶な戦闘の光景だ。勇敢に戦った兵士たちは朝鮮全土から招集された虎の猟師たちだった。祖国の召請を受けて駆け付けた彼らは江華で一房の花となって散った。

    0
    続き

    栃木県那須塩原市に「ハンターマウンテン…

     栃木県那須塩原市に「ハンターマウンテンゆりパーク」がある。冬はスキー場だが、夏は「ゆりパーク」となって50種、400万輪のユリが観光客の目を楽しませてくれる。今、パーク全体が花の見頃だという。

     全長1㌔のフラワーリフトに乗って眼下にユリ畑を眺め、降りると遊歩道が導いてくれる。オリエンタル、アジアティックハイブリッドなど、色とりどりで、ここでしか見ることのできない風景だ。

    0
    続き

    これも「人災」なのに…

    地球便り

     韓国は例年、7月後半から8月前半にかけてが一年で最も蒸し暑い。学校が夏休みということもあり、大人たちもこの期間中に休暇を取る人が多く、日本海に面した東海岸や各地の渓谷など代表的な避暑地は家族連れでごった返す。韓国的だと思うのは、核家族より仲のいい2、3組の家族や親子3代が集まった大所帯が多いことで、「個」より「群れ」を好む民族性の表れだろう。

    0
    続き

    胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者…

     胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名な理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長が首つり自殺した。

     笹井氏はSTAP細胞論文の責任著者の一人で、不正が見つかったSTAP論文筆頭著者の小保方晴子研究ユニットリーダーを指導していた。「指導者としての責任は重大」と指摘され、そのストレスは相当のものだった。

    0
    続き

    EU移民への規制強化

    地球だより

     欧州連合(EU)の国籍があればEU内は原則として居住と就労が自由であるので、英国には特に2004年以降に加盟した東欧諸国から毎年約10万人の人々が移住してきている。これらの東欧移民が就労しないままに居住し続けるのを防止するために、英政府は求職手当、家賃補助、児童手当などの社会福祉の支給基準を次第に厳しくしている。

    0
    続き

    ハマス支援する米国務長官

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ケリー国務長官は、停戦外交をめぐってイスラエルの左派、右派、中道全勢力から激しく非難されている。だが、それは一部にすぎない。もっと重要なのは、パレスチナ自治政府をはじめとする米国のアラブ・パートナーの動揺だ。アッバス議長は、ケリー氏がパリに行き、ハマスを支持するカタール、トルコと、自治政府、エジプト抜きで交渉することに驚いている。

    0
    続き

    もう半ば忘れられた「事業仕分け」という…

     もう半ば忘れられた「事業仕分け」という言葉。民主党政権下で次世代スーパーコンピューター開発の予算削減で、某仕分け人が「2位じゃダメなんでしょうか?」と切り込んで逆に切り返されたことを覚えている人もおられよう。

     その手法は今や流行(はや)らない。東京都板橋区では似たような手法で、区民だけでなく都民も楽しみにしていた人の多かったホタル夜間公開が今年は中止となり、ホタル生態環境館が廃止の方向に進んでいる。

    0
    続き

    徴兵制と防衛大人気

     集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定から約1カ月が過ぎた。いまだに一部の新聞・テレビの中には、反対派の学者や左翼市民団体代表の主張を掲載し、安全保障の知識のないゲストを番組に登場させては、行使反対について喋らせている。

     今後は、日本は「徴兵制を導入する」とまで書く新聞もあるが、どこまで国民に誤った情報を垂れ流し続ける気なのか。

    0
    続き

    フィリピンの人口1億人突破に思う

    地球だより

     フィリピンの人口委員会は先月末、同国の人口が1億人を突破したと発表した。しかも国民の平均年齢は23歳という若さだそうだ。

    0
    続き

    人生80年、何をする

     「人間50年、下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり。…」

     NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』で織田信長が述べたいわゆる辞世の句だが、歴史的には、信長が好んだ幸若舞『敦盛』の一節で、桶狭間の戦いに出陣する信長が直前に清洲城で謡い舞った部分。もともとは、義経の鵯越(ひよどりごえ)の奇襲で有名な「一ノ谷の戦い」(1184年)で、心ならずも元服間もない平清盛の甥・敦盛の首を取った源氏方の武将・熊谷直実の世をはかなんだ言葉だという。

    0
    続き

    肥大化する内閣府 改革の動きに族議員反発

     分かっているようで分からないのが内閣府だ。各省庁にはそれぞれの大臣が存在し、その大臣が首相につながっている。首相―各担当相の二重構造になっている。

     内閣府はその特別仕立てのひとつだ。専任大臣不在のため首相直属の形を取っている。いうならば、専任大臣ポスト不在の内閣府は徳川時代の幕府構造に例えると、個々の大名より一段高い将軍から直接指揮命令を受ける行政機関だ。他の役所から特別の目で見られ本人たちもその気になっている。

    0
    続き