■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「悪意」という言葉には、特定の意図を持って…

     「悪意」という言葉には、特定の意図を持って他人に危害を加える、というイメージがある。小保方晴子さんのSTAP細胞に関する論文について先日、理化学研究所は再調査しないことを決め、不正行為があったとの認定が確定した。根拠となったのが「悪意」の存在だ。

     理研の言う「悪意」は、世間一般とは違って「意図的、故意」という意味だ。この定義が自然科学一般で行われているものかどうかは分からない。ただ、理研はそれに従って、論文の画像の切り貼りなどについて「悪意」があったと認定した。

    0
    続き

    怒りにも色がある

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     怒りにも色がある。米国のある人体生理学者が実験で、チューブの一端を人の鼻に差し込み、もう一端を氷水につけた容器に入れて、その人の気分次第でどんなガスが出てくるか注意深く観察した。すると穏やかな時に出す気体は液体に変わると無色だったが、腹を立てた時は焦げ茶色の沈殿物が生じた。学者はこの怒りの沈殿物を実験用のネズミに注射したが、そのネズミは数分もしないうちに死んでしまった。

    0
    続き

    不可視のもの、超越的なもの、いわゆる精神…

     不可視のもの、超越的なもの、いわゆる精神世界の領域を写真で表現することは可能なのだろうか。この興味深いテーマに挑んだ写真展「スピリチュアル・ワールド」が東京都写真美術館で開催中。

     「なにごとのおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」と平安時代の歌人、西行は伊勢神宮参拝の折に詠んだ。この歌に表れた感性や精神は、古来日本で培われてきたもの。

    0
    続き

    北朝鮮を「なくなるべき国」

    地球だより

     こちらの国防省報道官が定例会見で北朝鮮を「国自体が国ではない。早くなくなるべきなのだが…」と発言し、ちょっとした話題になっている。春先に相次いで墜落しているのが発見された無人機をめぐり米韓合同調査チームが「北の仕業」と結論を出したことに北朝鮮が反発。発言はこれに不快感を示したものだった。政府当局者が公式の場で言及する内容としては極めて異例だ。

    0
    続き

    早い梅雨入りでハーリー中止

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県は5日、梅雨入りした。沖縄気象台によると平年より4日、昨年より5日早い。県内各地で激しい雨が降り、石垣市では50年に一度の記録的大雨となった。ゴールデンウィークは例年、晴天に恵まれ暖かい気候になるが、今年は違った。

    0
    続き

    日本の国旗は日章旗とも呼ばれるように、…

     日本の国旗は日章旗とも呼ばれるように、中央の赤は太陽を表し「日出づる国」にふさわしい。太陽は生命の源であり、日本人はその恩恵をよく実感している。

     ところが地球から最も近い天体である月については、「花鳥風月」と言われ、愛(め)でる対象であるものの、地球の付随物という印象がぬぐえない。しかし実際は「月なかりせば地球はあらじ」で、地球が今のような安定した環境を整えるのに月の存在が欠かせなかった。

    0
    続き

    真実を隠蔽したオバマ政権

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】民主党は、ベンガジ米領事館襲撃事件に関する下院特別委員会が構成される前から、同委は党派主義の結実でしかないと主張してきた。公聴会をボイコットし、その正当性を失わせることも検討している。

    0
    続き

    狙われたオーストリアの教会

    地球だより

     アルプスの小国オーストリアはローマ・カトリック教国だが、その教会の建物が破壊されたり、いたずら書きされたり、火を付けられたりするといった被害を被っている。

    0
    続き

    15日で本土復帰42年となる沖縄。「『米軍基地反対』への反発。…

     15日で本土復帰42年となる沖縄。「『米軍基地反対』への反発。これまでにない動きが沖縄で表面化している」と社会面トップで紙面の半分を占める記事は書き出す。見出しは「反『反基地』沖縄で表面化」と「街宣・大会『左傾化を戻している』」の2本。

     写真の絵柄は米軍普天間飛行場の大山ゲートで「基地反対」と「米軍への感謝」のそれぞれの横断幕を掲げて訴えるグループのツーショットをまとめた。さて、クイズ。どこの紙面かな?。

    0
    続き

    聖職者の独身制と性犯罪は無関係?

     駐ジュネーブのバチカン法王庁外交代表部は6日、国連拷問禁止委員会の定例審査で、聖職者による未成年者への性的虐待件数が過去10年間で3420件だったという報告書を提出した。同件数は教理省に通達された事件だけを計算したもので、「実数はもっと多い」(バチカン消息筋)と予想されている(駐ジュネーブのバチカン代表部のシルバーノ・トマシ大司教(Silvano Tomasi)によると、聖職者の性犯罪は主に1950、60、70、80年代に発生したものという)。

    0
    続き

    断水の呪い

    地球だより

     前回、断水の告知にもかかわらず、結局、断水が行われなかった迷惑な話を書いたが、実はあの後に数日にわたる断水に見舞われることになった。

     警備員に断水の理由を聞くと、聖週間の連休に延期になった洪水対策の工事ではなく、何とマンションに設置されているポンプの故障だった。つまり記者の住んでいる建物だけが断水に陥ったのだ。

    0
    続き

    東大生入社ゼロの衝撃

     「国家安全保障会議(日本版NSC)発足」、「特定秘密保護法成立」、「集団的自衛権行使の憲法解釈見直し」、「武器輸出見直し」の4項目は、安倍晋三内閣が進めている日本が普通の国になるための安全保障政策の大きな変更だ。

     古館伊知郎がキャスターを務めるテレビ朝日の「報道ステーション」と、TBSの「関口宏のサンデーモーニング」では、安倍政権のこれらの動きに反対する報道を繰り返している。番組の中で、安倍首相のことを極悪人かのようなコメントで批判するゲスト(コメンテーター)もいる。

    0
    続き

    蔓延するコピペ文化

     新型万能細胞とされる「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会が7日、筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダーの最終報告に対する不服申し立てを退け、再調査をしない方針を決めた。小保方氏の論文に不正・ねつ造があったとの結論(事実)をめぐる論争は一段落し、焦点は小保方氏の処分に移ることになった。

     その数日前のことだ。大学の工学部に通う息子から久しぶりに電話があった。3年生になって実験とリポートに追われて寝る暇もないとのことだったが、特にグループでリポートを提出する際に「気分の悪いことがあった」という。

    0
    続き

    連休明け国会 安保体制確立へ論戦を期待

     大型連休も終わり、国民もゆっくり骨休みすることができた。さあ仕事に復帰する番だ。元気溌剌、腕が鳴る。こんな調子で仕事に向かえば大型連休の効果があったというわけになる。

     しかし正直なところ、大型連休のプラス面よりマイナス面ばかりが目に付く。つまり連休疲れがドッと出て、まだ本調子を取り戻してはいない。連休続きで遊び過ぎたため、身体も心もすっかりたるんでしまった。

    0
    続き

    年間2000人程度で推移している司法試験の…

     年間2000人程度で推移している司法試験の合格者を、2016年までに1500人程度に減らす緊急提言を自民党司法制度調査会(会長・丸山和也参院議員)がまとめた。

     提言は若手弁護士の現状について「先輩弁護士の指導や弁護士会の組織的OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を受けることがかなわず、経験者から学ぶことが困難な事態も生じている」などと指摘し、教育環境を整える必要性を強調。法曹の質の向上を図るのが狙いだ。

    0
    続き

    「軽ろやかに提げて薄暑の旅鞄」(高浜虚子)…

     「軽ろやかに提げて薄暑の旅鞄」(高浜虚子)。汗ばむような暑さが続いている。といっても、真夏の皮膚を刺すような暑さではないが、歩いていると肌にシャツがべたつく感じがする 。

     俳句では「薄暑」という季語で表現される。初夏の木々の緑も鮮やかさを増してきて、風がそのあたりを揺さぶると、さわやかさを覚える時季。風というと「風薫る」という表現を思い出すが、これはもう少し先の6月ごろの季語だ 。

    0
    続き

    江戸っ子は3代続いて江戸生まれでなければ…

     江戸っ子は3代続いて江戸生まれでなければならない、という。江戸には他国から沢山の人が流入し住み着いていたため、にわか江戸っ子と区別するために言われた言葉だ。3代続いて初めて内容が備わり定着するというのは江戸っ子に限ったことでないだろう。

     新潟県・佐渡で2012年に自然界で生まれたトキの2歳雄と昨年放鳥された3歳雌のペアにひな1羽が誕生した。放鳥トキの3世誕生が確認されたのは初めてだ。江戸っ子の定義からいくと、今回誕生したひなの子供が生まれれば、完全な野生の佐渡っ子トキの誕生となる。

    0
    続き

    坂本龍馬の手紙の草稿がこのほど発見された。…

     坂本龍馬の手紙の草稿がこのほど発見された。暗殺(慶応3年11月15日)の直前に書かれたもので、倒幕後の新政府の構想などが記されたものだ。

     手紙の内容が重要なのはもちろんだが、発見のいきさつが面白い。お笑いコンビの「バイきんぐ」が、NHKの番組の街頭インタビュー(東京)の中でたまたま出会った主婦の家に草稿があることを聞いた、というのが発端だった。

    0
    続き

    ドラマ生み出すドラフト

    地球だより

     「桑田は巨人、清原は西武」「8球団競合の野茂は近鉄に」――。プロを志望する野球選手の人生を左右するドラフト会議。悲喜こもごものドラマは、日本の野球史とファンの記憶に深く刻み込まれてきた。

    0
    続き

    袋叩きの鄭洪原首相

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     鄭洪原(チョンホンウォン)首相の受難の日が続き、袋叩(だた)きの身を免れないでいる。先月27日、セウォル号沈没事故の責任を取って辞意を表明した後、29日に珍島(チンド)を訪れて孤軍奮闘。昨日、行方不明者の家族との会議のため珍島体育館を訪問した。家族の一人ひとりとあいさつする中で、ある家族が「収容された子供たちの遺体がどんな姿なのか、必ず確認してから行って」と要求。これに対し「日程の都合で午後にソウルに帰らなければならないので…」とためらうと、家族たちが抗議したため、「そうする」と答えた後にやっとその場を離れることができた。

    0
    続き

    富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペン…

     富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」が先月半ばに全線開通して、雪壁がそそり立つ「雪の大谷」や銀世界の室堂平を見ようと、観光客が訪れるようになった。が、ここはまだ厳冬期に近い。

     5月中旬、午前9時の平均気温は5度。6月までは雪崩やホワイトアウトなど天候の急変による遭難事故の危険があるため、この周辺で登山やスキーやスノーボードをする場合、入山届の提出が必要だ。

    0
    続き

    聖職者の児童への性的虐待許すな

     バチカン法王庁のゲストハウス、サンタ・マルタで5月1日から3日まで児童保護委員会の第1回会合が開かれた。ローマ法王フランシスコが昨年12月初め、バチカン改革審議会後、設置を決定した委員会で、聖職者の未成年者への性的虐待問題への対応と防止策を協議する。同委員会は目下、8人のメンバーから構成されている。第1回会合ではフランシスコ法王も参加した。

    0
    続き

    「ウクライナ危機では欧米も共犯者」

     ウクライナ情勢は暫定政権側と親露派勢力の武力衝突でエスカレートする危険性が出てきた。5月25日の大統領選を控え、欧米側とロシアは激しいやり取りを交わしてきた。

     日本のメディアを追っていると、ウクライナの暫定政権が正しく、それにチョッカイを出す親露勢力とそれを背後で支持するロシア側が悪者、といった構図で捉えられている面が強い。仕方がない面もある。日本人が得るウクライナ情勢はAP通信やロイター通信の配信記事に主に頼っているからだ。

    0
    続き