■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    最近の新聞から。「舛添氏先行、細川氏追う」…

     最近の新聞から。「舛添氏先行、細川氏追う」(日経27日付)、「舛添氏リード/細川氏ら3氏追う」(朝日27日付)、「舛添氏が序盤リード/細川・宇都宮氏追う」(産経25日付) 、「舛添氏が先行/追う細川、宇都宮氏」(毎日25日付)。

     都知事選の序盤情勢を各紙が世論調査などをもとに分析しているが、先行する舛添要一氏に細川護熙、宇都宮健児、田母神俊雄の3氏が追う展開と、描く構図はほぼ同じ。原子力発電所をめぐる問題が最大の争点とはなっていないことも浮き彫りになった。

    0
    続き

    バイク2人乗り禁止で波紋のフィリピン

    地球だより

     マニラ首都圏ではバイクを利用した強盗や殺人が急増し、警察が取り締まりに頭を痛めている。犯人がバイクに2人乗りして犯行を行うことが多いため、「ライディング・イン・タンデム(2人乗り)」という言葉が、バイクを利用した犯罪の代名詞となっているほどだ。

    0
    続き

    通常国会が開幕 活発な与野党論戦に期待

     日本で一番エラい者は誰かという質問に対して、大抵の人は総理大臣と答える。これは間違っていないけれど正確でもない。その総理大臣は通常は与党第一党の党首が選ばれる。そうすると与党の党首が一番エラいということになる。

     しかし、これも考えてみると不合理だ。与党の党首は首相になる資格はあるが、なれるという保証はない。建前上はそうなっているが、建前と現実は必ずしも一致しないのが世の常だ。

    0
    続き

    知性的な言葉の魅力

     東大本郷キャンパスの小柴ホールで、このほど、リサ・ランドール・ハーバード大学教授の「宇宙の扉をノックする」と題した講演会があった。

     主催はカブリ数物連携宇宙研究機構。「宇宙は数学という言葉で書かれている」(ガリレオ)という標語でそのアイデンティティーを打ち出しており、この標語に魅せられて参加した。

    0
    続き

    免疫抗体の構造研究で名高い医学者の石坂公成…

     免疫抗体の構造研究で名高い医学者の石坂公成を取り上げた岸本忠三他著『現代免疫物語』(日本経済新聞社刊)に「科学者が光り輝く時期は人それぞれだ」とある。

     「己が狙いを定めた標的と向かい合い、研究が佳境にさしかかった時には、土日を忘れ、寝食を惜しんで研究に没頭する」とも。よく知られた医学者の野口英世の場合、没頭の時期はアフリカ・ガーナに渡り黄熱病研究を続けた時だろう。

    0
    続き

    小社の部屋の窓から外を眺めると、隣の公園…

     小社の部屋の窓から外を眺めると、隣の公園との境に赤い花が散らばるように咲いている。椿(つばき)に見えるが、山茶花(さざんか)にも似ている。果たしてどちらなのだろうか、と同僚と議論になった。

     椿と山茶花は近縁種なので、なかなか見分けがつかない。インターネットで調べてみると、落花する時に椿は花ごと落ちるが、山茶花は花びら一枚ずつという違いがある。と言っても栽培品種が多数あり、この区別も絶対的ではないようだ。

    0
    続き

    安倍晋三首相の靖国神社参拝で、米国政府や…

     安倍晋三首相の靖国神社参拝で、米国政府や議会、メディアの中に、日本に軍国主義の芽があるのではとの憂慮が生まれているという。小紙「ビューポイント」欄で、アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員の加瀬みきさんが伝えている。

     もちろん、日本にとっては現実離れした杞憂(きゆう)にすぎない。しかし、米国にはそういう見方をする人々がいるという現実は直視すべきである。

    0
    続き

    過去に恬淡、情に厚いロシア人

    地球だより

     「ロシアのいいところは何ですか」。日本から来た人に、こんな質問をされた。即答できなかった。

     日本のいいところなら、すぐ挙げることができる。「世界一安全」「国民の礼儀正しさ」「きれいな水が豊富」「田舎までインフラが整備」などなど。

     一方、ロシアでは、時々テロが起こるし、店員さんは客に無礼なことがあるし、田舎のインフラは19世紀と変わらない場所も多い。

    0
    続き

    江戸幕府の運営は、家康の時代は別として…

     江戸幕府の運営は、家康の時代は別としてほぼ老中が担った。老中は将軍に報告する義務があるが、山本博文著『江戸城の宮廷政治』(読売新聞社)によると、そこには微妙なものがあった。4人前後いる老中たちは、将軍への取り次ぎに当たって、AをAとしてそのまま伝えるのでなく、微妙に変形して報告する。

     完全なコミュニケーションなどというものはない。伝達者と受け手の間には、常にズレがある。仮に老中が可能な限り正確に将軍に伝えたとしても、将軍も人間だから受け止め方は様々だ。

    0
    続き

    押し寄せる“旅客”

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     20年ほど前をみても、世界の有名観光地は日本人たちでいっぱいだった。ピラミッドがあるエジプトのギザはもちろん、世界のどこにいっても日本人がウヨウヨしていたが、近ごろは中国人に取って代わられた。地球村全体が中国人観光客(以下、“旅客=中国語で旅行客を意味する”)だらけだ。

    0
    続き

    「古い言葉を新しく使ふ苦心と古さを古さと…

     「古い言葉を新しく使ふ苦心と古さを古さとして生かす苦心、このやうな新旧の表現手段の対立の中にあつて新人はさらに一歩を出で、自然の宝をどんなに変化せしめて自分の宝となすかを考へる」。

     作家の横光利一が石田波郷の第1句集『鶴の眼』に寄せた言葉。この句集の刊行は昭和14年、波郷26歳の時だった。波郷は18歳の時、故郷の愛媛県松山から俳誌「馬酔木」の師、水原秋桜子を慕って上京。昭和9年、師の援助のもとで明治大学に入学した。

    0
    続き

    中韓の「記念碑」と「記念館」の違い

     中国黒竜江省のハルビン駅で20日、「安重根義士記念館」が一般公開された。初日は300人余りが訪れたという(安重根は1909年10月26日、中国・ハルビン駅で伊藤博文初代韓国総監を射殺し、その場で逮捕され、10年3月26日に処刑された)。

     読売新聞電子版(20日)によると、「ハルビン市の出資で、駅の貴賓室に作られた約100平方メートルの館内には、朝鮮独立運動家となった安重根の生涯や、同駅で1909年に伊藤博文・初代韓国総監を暗殺した時の様子などを説明したパネルが展示された」という。

    0
    続き

    解決遠い八重山教科書問題

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県八重山地区の石垣市、与那国町と竹富町が異なる中学公民の教科書を採択している問題は、2年を経た現在も解決の糸口が見えない。

     県教育委員会は15日の定例会で、文部科学省へ質問状を送ることを決めた。

    0
    続き

    2008年から展開されている「定住自立圏構想」…

     2008年から展開されている「定住自立圏構想」。人口4万人以上の「中心市」と近隣の市町村が協定を結び、医療や交通、産業などの分野で連携して生活に必要な機能を確保しようというもの。昨年9月末時点で75圏域が形成され、延べ339市町村が参加している。

     総務省は財政支援を14年度から拡充する方針だ。年間支援の上限を、中心市は1市当たり約4000万円から約8000万円、近隣市町村は1市町村当たり1000万円から1500万円に増やすという。

    0
    続き

    戦争を政治利用するオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ゲーツ元国防長官は著書の中で、2011年初めまでに、オバマ大統領は「自分の(アフガニスタン)戦略に自信がなく、この戦争を自身の戦争とは考えていない」と断言していた。

    0
    続き

    バチカン聖職者の性犯罪問題審査

    地球だより

     ジュネーブの「国連子供の権利条約」(UNCRC)委員会は16日、バチカン(ローマ法王庁)関係者を招き、聖職者による未成年者への性的虐待問題を審査した。審査は全加盟国に義務付けられている定期審査だが、バチカンは初めて。

    0
    続き

    寒の入りである小寒(今月5日)から厳冬期に…

     寒の入りである小寒(今月5日)から厳冬期に入った日本列島で、昨20日は大寒。雪に包まれた北国とは比べようもないが、東京は最低気温0・7度で霜柱が立った。最高気温もひとケタの8・5度で、どちらも平年より1度以上低かった。外では、コートを突き抜けてきた冷気に身震いした人も少なくなかろう。

     大寒から月をまたぐ約2週間は寒さもピークとなり、一方で日は少しずつ長くなり、凍てつく地中では春に向かう動きも。七十二候では大寒の初候(20日~24日ごろ)が「款冬華(ふきのとうはな)さく」。蕗(ふき)の花が咲き始めるころだと。

    0
    続き

    タイ人がインド人を漁船で強制労働

    地球だより

     今月上旬、タイの現地紙でインド人を漁船で強制労働させようとしたタイ人が警察に捕まったというニュースが掲載された。

     犬が人間をかんでもニュースにはならないが、人間が犬をかめばニュースになる。

     その意味では、間違いなくこれはニュースそのものだった。

    0
    続き

    韓国は「憎悪」を輸出すべきでない

     韓国の聯合ニュースは17日、韓国で3番目の慰安婦像の設置を報じた。

     「韓国南部・慶尚南道巨済市で17日、旧日本軍の慰安婦を象徴する『平和の少女像』の除幕式が行われた。巨済の少女像は、ソウルの日本大使館前とソウル近郊・京畿道高陽市の湖公園にそれぞれ設置されている少女像に続く、韓国で3番目の慰安婦を象徴する銅像」

    0
    続き

    『永遠の0』に学ぶ

     公開中の映画『永遠の0』を見た。太平洋戦争時に、「臆病」と蔑(さげす)まれようとも愛する家族のために生きて帰ることに執着し、しかし最後は特攻を志願して命を落とした零戦の天才パイロットを主人公にした作品で、すでに動員370万人に達した。

     また、原作も400万部を突破するミリオンヒットとなっている。映画は感動的だったが、やはり原作を読まれることをお勧めしたい。

    0
    続き

    自衛隊悪玉論の報道

     今月15日、広島県大竹市の阿多田島沖の瀬戸内海で、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船が転覆。乗っていた2人が亡くなった。

     現在、衝突の事故原因については、海上保安庁が調査中だが、海上自衛隊が絡んだ事故は、過去にもたびたび起きている。そのたびにマスコミは、事故原因が特定される前から、自衛隊悪玉論を常に展開してきたことは、周知の通りだ。

    0
    続き

    ノシ上がる共産党 甘い誘いに乗せられる若者

     共産党はいまや押しも押されもしない野党の中心的存在としてノシ上がってきた。

     共産党がまだ弱小野党であった頃から、他の野党を飛び越えて自共対立と持てハヤされたことがあった。社会党、公明党などが本来ならば野党の中心的立場にあるはずだが、それはどこへやら。自共の激突をそばから指をくわえて見ていることがあった。

    0
    続き

    鏡開きが終わり、切った鏡餅をほおばったり

     鏡開きが終わり、切った鏡餅をほおばったり、ぜんざいに入れて食べたりした時、「ふつうの切り餅より甘い。なぜだろう」と考える人もいよう。その人は旺盛な探究心の持ち主だ。

     鏡餅の厚みをつくるには、米粒の散らばりが欠かせず、それが土壁に混ざる藁(わら)のような役割をする。答えは「蒸し米の粒が残っており、その甘みのせい」。つき方に工夫が要り、その加減の妙である。

    0
    続き