■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    「悪魔」と戦ったエクソシストの「死」

     ローマ・カトリック教会で最もよく知られたエクソシスト、ガブリエレ・アモルト神父が16日、ローマの病院で肺疾患のため亡くなった。91歳だった。イタリア北部のModenaで生まれたアモルト神父は悪魔祓いに関する多くの著書、インタビュー、講演で世界的にその名を知られていた。同神父によると、「1986年から2010年まで7万回以上のエクソシズム(悪魔祓い)を行った」という。

    1
    続き

    北朝鮮大使館が売りに出される?

     音楽の都ウィーン市14区には欧州最大の北朝鮮大使館があるが、その大使館の建物が売り出されるという噂が流れている。東西冷戦時代には北朝鮮の欧州工作の主要拠点だった大使館は冷戦終焉後、イタリアを皮切りに他の欧州諸国も次々と平壌と外交関係を樹立したこともあって拠点としての価値を失っていった。そのうえ、オーストリア当局の監視がきつく、昔のような自由な活動(不法な工作活動)が難しくなってきた。

    0
    続き

    人はなぜ「寛容」でありたいのか

     欧米社会では同性愛を含むLGBTを擁護する人々が増えてきている。それを社会の多様性の現れと誤解する人々も出てきた。その多様性を支えているのはあの魔法の言葉「寛容」だ。誰もが他者に対して寛容でありたいと願うので、性的少数派に対しても寛容でありたいと考える。それでは現代人は本当に「寛容」になってきたのだろうか

    1
    続き

    北朝鮮の核実験で希ガス検出は困難

     北朝鮮は9日、5回目の核実験を実施したが、包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)が世界各地に配置している国際監視システム(IMS)は15日現在、核爆発によって放出される放射性物質希ガスを依然検出していない。ウィーンに本部を置くCTBTOのヴェヒター広報部長が15日、当方に明らかにした。

    0
    続き

    脱北者団体「北朝鮮に国連平和軍派遣を」

     英国のロンドンに本部を置く「国際脱北者連帯:人権と民主主義の為の国際北朝鮮協会」(INKAHRD)は10日、北朝鮮が9日、5回目の核実験を行ったことに対し、「金正恩(朝鮮労働党委員長)の排除こそ朝鮮半島の非核化の道」という趣旨の宣言文を発表した。INKAHRDは脱北者の国際組織(金主日事務局長)だ。

     以下、その宣言文の概要を紹介する。

    2
    続き

    ハンガリー政府「キリスト者を救え」

     北アフリカ、中東から難民、移民が欧州に殺到する一方、少数宗派のキリスト信者が迫害され、その数はイスラム教徒のそれを大きく上回っている。世界で1億人以上のキリスト信者が独裁政権や他宗派の信者たちから迫害され、弾圧されているという報告が公表されている。

    1
    続き

    金正恩氏の精神状態は“制御不能”か

     韓国「聯合ニュース」日本語電子版によると、「韓国の朴槿恵大統領は9日、北朝鮮が5回目の核実験を強行したことについて、『権力を維持するために周辺国の忠告に耳を貸さない金正恩(朝鮮労働党委員長)の精神状態はコントロール不能とみなければいけない』と述べ、激しく批判したという。一国の最高指導者が他国の指導者の精神状態に言及し、「制御不能」と糾弾することは異例なことだ。それだけ、北の蛮行に対して韓国側の怒りが激しいのかもしれない。

    3
    続き

    北朝鮮にCTBT加盟を強く要請

     ウィーンに暫定事務局を置く包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)のラッシーナ・ゼルボ事務局長は9日、北朝鮮が同日午前9時半(現地時間)、5回目の核実験を実施したことに対し、「国際監視システム(IMS)の25カ所の地震観測所が不自然な地震を探知し、そのデータをウィーンに送信してきた。地震の規模は今年1月6日の4回目の核実験より少し大きい。場所は前回の核実験所とほぼ同じだ(豊渓里付近)」と指摘、CTBTOの最初の分析では核実験の可能性が高いと主張し、「専門家が目下、送信されたデータを分析中だ。詳細な分析結果が分かり次第、加盟国に報告する」という報道声明を公表した。

    0
    続き

    寂しい北朝鮮の「建国記念日」祝賀会

     9日は北朝鮮の第68回建国記念日だ。それに先立ち、海外の北朝鮮大使館では6日夜、ゲストを招いて祝賀会が開催された。海外駐在外交官の脱北が増加している時期だけに、大使館内の雰囲気は例年とは異なり、緊張感が漂っていたという。

    0
    続き

    ロシア正教会内でポケモン探しは厳禁

     ロシアで21歳のビデオ・ブロガーが2カ月間の未決拘留に処された。モスクワの5日のメディア情報によれば、ロシア人ルスラン・ソコロブスキーさんはロシア正教内で「Pokemon GO」に興じ、ポケモン探しをして、その様子をビデオに撮ってネットに流したことから、国民煽情罪、宗教感情への冒涜罪に当たるとして複数年の有罪に処される可能性が出てきたという。

    0
    続き

    メルケル独首相に赤信号が灯った!

     投票結果は予想された範囲だったが、その衝撃は小さくない。ドイツ北東部の旧東独の州メクレンブルク・フォアポンメルン州で4日投開票された州議会選挙の結果、メルケル独首相が率いる「キリスト教民主同盟」(CDU)が、創設3年しか経過していない新党「ドイツのための選択肢」(AfD)に抜かれ、第3党に後退した。

    2
    続き

    「木星」とジュノーの“夫婦の出会い”

     米航空宇宙局(NASA)は2日、探査機ジュノー(Juno)が撮影した木星(Jupiter)の南・北極の写真を発表した。NASAによれば、ジュノーは2018年まで木星の周囲を回りながら、その大気や内部構造などを調査するという。

    0
    続き

    神父の独身は“愛の戦場”の兵役逃れ

     ドイツは欧州連合(EU)の盟主を自他と共に認める欧州の大国だ。ドイツ人のベネディクト16世がローマ法王だった時ほどではないが、ドイツ国民には熱心なカトリック信者が少なくない。もう少し現実的にいえば、ローマ法王への献金額ではドイツ教会は欧州一だ。その一方、信者数は年々、減少し、聖職者の数も少なくなる傾向にあり、昨年、ドイツ教会では新たに神父になったのは58人だけだった。

     新たに神父となった聖職者の数が教会の規模からみていかに少ないかは、神父のいない教区も少なくないことで明らかだ。にもかかわらずに、独ケルン大司教区のライナー・マリア・ヴェルキ枢機卿は、「聖職者不足ゆえに、聖職者の独身制を廃止すべきだとは考えたくない」と断言する(バチカン放送独語電子版8月31日)。もちろん、聖職者不足は教会の独身制だけが理由ではないが、将来、家庭を築きたいと願う若き神学生が神父の道を断念するケースがあることも現実だ。

    0
    続き

    「ブルキニ」は最高の皮膚がん防止

     ウィーンのホーフブルク宮殿で先月31日から今月3日まで、第16回国際皮膚腫瘍学会(WCCS)/第12回欧州皮膚腫瘍学会(EADO)が開催中だが、そこで専門医からイスラム教徒の女性用水着「ブルキニ」は皮膚がん防止で最良の方法だという声が聞かれるという(「ブルキニ」とは、イスラム教徒の女性の水着で、ブルカとビキニの造語)。

    1
    続き

    イタリア中部地震とモルモット

     前日に引き続いて地震の話について書きたい。マグニチュード6・2規模のイタリア中部地震が24日未明、発生し、290人以上の犠牲者を出した。隣国オーストリアでも連日、被害状況や救済活動についてテレビや新聞で大きく報道されている。犠牲となられた人々に心から哀悼の意を表したい。

    0
    続き

    「幸せ」は「不幸」の数より多い

     米航空宇宙局(NASA)によると、先月28日未明、午前3時24分、「2016QA2」と呼ばれる直径35mの小惑星が地球から8万4000kmのところまで接近したが、衝突することなく通過したという。衝突していた場合、多くの被害が生じたと予想されている。小惑星の接近は通過数時間前になってキャッチしたという。事前に分かっていたら、一部でパニックが生じたかもしれない。

    5
    続き

    「難民歓迎政策」と「太陽政策」の蹉跌

     独日刊紙ヴェルト(8月26日付)とのインタビューの中でイスラム教学者 Hazim Fouad 氏は、「イスラム過激主義者サラフィスト(厳格なイスラム復古主義者)に対抗する最高、最強の武器は難民ウエルカム(歓迎)政策の一層の促進だ」と答えている。少し驚いた。

     同氏は、「西側に逃げてきたイスラム系難民が、『自分はここで歓迎されている』と感じることができれば、サラフィストたちの甘い言葉に惑わされ、イスラム寺院に行き、西側文化憎悪の説教を聞くことはない」というのだ。同氏によると、「多くのイスラム系難民はサラフィストの勧誘を拒否する、なぜならば、彼らは紛争地から逃れてきたからだ。しかし、ドイツで自分が歓迎されていないという感情が高まれば、危険性が出てくる」という。

    0
    続き

    極右派政党から初のオーストリア大統領誕生か

     オーストリア大統領選の第3ラウンドが10月2日、実施される。第1ラウンドは4月24日、第2ラウンドの上位2候補者による決選投票は5月22日、そして決選投票のやり直し投票が10月2日というわけだ。通常の大統領選より1ラウンド多いのは、同国憲法裁判所が7月1日、5月22日の大統領選決選投票を無効と表明し、やり直しを命じたからだ。その理由は、「選挙関連法には不備はないが、その実施段階で形式的ミスがあった」というもの。

    0
    続き

    「ルシファー」が地上にやって来た!

     当方は最近、米TVのドラマ「ルシファー」(Lucifer)を視ている。シリーズ2がまもなく公開されると聞く。少々、コメデイー風に描かれたストーリだが、結構面白い。ルシファーは聖書の世界では重要な存在だ。人間始祖アダムとエバを誘惑し、「取って食べてはならない」という神の戒めを破らせて堕落させた張本人だ。欧米のキリスト教社会ではルシファーといえば「悪魔の天使」を意味する。

    3
    続き

    前法王が語った「生前退位」の事情

     世界に12億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の最高指導者ローマ法王の地位を生前退位したベネディクト16世(在位2005年4月~2013年2月)がこのほどイタリア日刊紙「ラ・レプッブリカ」(La Repubblicap)とのインタビューに応じ、生前退位を表明した背景について詳細に説明する一方、退位後の日々について語っている。

     そこでバチカン放送独語電子版が報じたイタリア日刊紙とのインタビュー記事(8月24日付)を参考に、ベネディクト16世の生前退位の背景、その後の日々について報告する。

    1
    続き

    4年後の東京五輪の成功を祈る

     当方は猫ひろしさん(39)という日本人男性を知らなかった。ネット情報から有名なコメディアンだとを知った。知らない男性の言動について、ああだ、こうだ、というのは失礼なことかもしれないが、猫ひろしさんがリオデジャネイロ夏季五輪最終日の21日、男子マラソンを完走後、語ったコメントを読んで「この人には夢があったのだな」と強く感じた。その夢を実現するために日本人からカンボジアに国籍を変え、五輪に参加したということが分かった。

     猫ひろしさんの国籍変更の詳細な経緯は知らないが スポーツ選手の中では五輪や世界大会に参加したいために国籍を変える人はいる。世界大会や五輪に参加するためには一定の規定をクリアしなければならないし、参加枠も決まっている。全員が参加できるわけではない。

    1
    続き

    量子物理学者と「神」の存在について

      量子テレポーテーションの実現で世界的に著名なウィーン大学の量子物理学教授、アントン・ツァイリンガー氏(Anton Zeilinger)は、「量子物理学が神と直面する時点に到着することはあり得ない。神は実証するという意味で自然科学的に発見されることはない。もし自然科学的な方法で神が発見されたとすれば、宗教と信仰の終わりを意味する」という。同教授がウィーンの教会新聞日曜日版とのインタビューの中で答えたもので、バチカン放送独語電子版が18日報じた。

    8
    続き

    東欧で台頭する“難民ハンター”

     “ヘッドハンター”や“ナチハンター”という表現は聞いたことがあったが、東欧諸国で“難民ハンター”という言葉が飛び交っているという。簡単に説明すれば、不法に国境入りした難民、移民たちを見つけ、警察に報告したり、時には国外に追っ払う人々をさす。彼らは国境警備隊や正式の警察官ではなく、あくまでもボランティアだ。

     東欧諸国の難民ハンターは主にネオナチや極右活動家が多い。彼らは外国から殺到する移民や難民に対して排斥傾向が強い。誰に強いられなくても、報酬がなくても難民ハンターとして従事する人々だ。

    0
    続き