■連載一覧
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    「月光仮面」は誰でしょう

     読売新聞電子版をみていると、「月光仮面」の主題歌を作曲した小川寛興さんが7月19日、92歳で死去されたというニュースが目に入った。正直言って、当方は「月光仮面」の主題歌の作曲者名を知らなかったが、「月光仮面は誰でしょう」という歌詞(川内康範作)だけは今でも鮮明に覚えている。

    0
    続き

    バチカン日刊紙、保守派を批判

     バチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノ日曜版(7月23日付)は、教会内の改革嫌いの聖職者を批判し、「フランシスコ法王が願う教会刷新の障害となっている」と指摘した記事を掲載した。バチカン日刊紙が教会内の保守派聖職者をはっきりと批判する記事を掲載することは非常にまれだ。それだけに、バチカン内でフランシスコ法王の教会改革派とそれに対抗する保守派聖職者の間でいよいよ鞘当てが始まったとみて間違いないだろう。

    1
    続き

    チェスター・ベニントンの早すぎる「死」

     米ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカリスト、チェスター・ベニントンさん(41)の突然の死のニュースは世界の音楽界を驚かせた。ベニントンさんは20日、ロサンゼルスの自宅で首をつって死亡していた。

    0
    続き

    あのガーファンクルが戻ってきた

     アート・ガーファンクルのコンサートに行ってきた。18日夜のウィ―ンのコンサートハウスでのチケットが2枚手に入ったのだ。会場に19時半ごろ到着した時、まだ空席が目立っていたが、20時になると会場は約1200人のファンで満員となった。

    2
    続き

    聖職者の性犯罪は「悪魔」の存在証明

     独南部レーゲンスブルクの「レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊」(Domspatzen)内で起きた性的暴行・虐待事件について、「最終報告書」(約450頁)が18日、公表された。過去2年間の調査を担当した教会側のウルリッヒ・ヴェーバー弁護士(Ulrich Weber) によると、世界最古の少年合唱団として有名な同聖歌隊内で1945年以来、547人の少年聖歌隊員が暴力、性的虐待の犠牲となったという。具体的には、500人は暴力、67人は性的虐待の犠牲者だった。容疑者は49人は起訴されたという。

    3
    続き

    「北」との対話の必要性とその限界

     韓国の文在寅政権は17日、北朝鮮に対し軍事会談と赤十字会談を提案した。韓国紙中央日報(日本語電子版)によると、「今回の政府の提案は文在寅大統領が6日、『ベルリン構想』として知られている『新韓半島(朝鮮半島)平和ビジョン』の後続措置だ。韓国政府の北朝鮮への提案の核心内容は21日、板門店で軍事会談を開いて軍事境界線一帯での敵対行為の中断を議論する一方、南北赤十字会談を開いて離散家族対面を推進するということだ」

    0
    続き

    イスラエルとハンガリーの「相性」

     人間同士、夫婦同士にも相性の良し悪しがある。国との関係でも相性の良し悪しはあるだろうか。同盟国、友邦国、血で繋がった同盟(血盟)といった表現があるから、国同士の関係にも相性があるはずだ。

    3
    続き

    被告席に座る聖職者たちの「弁明」

     人には恐れがある。一つは神の目であり、もう一つは自身の良心だ。神を信じる人々にとって神の審判が最も恐ろしい。悪事を重ねた場合、誰に知られなくても、良心が痛む。神の目を否定し、良心を隠蔽したとしても、その痛みは消えない。

     ところで、聖職に従事している人々が検察当局に訴えられ、被告席に座って裁判の判決を待つ身となるケースが最近、増えている。

    1
    続き

    中国共産党は劉暁波氏を殺した

     中国の代表的人権活動家で2010年のノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏(リュウギョウハ)が13日、入院先の遼寧省瀋陽市の病院で、多臓器不全のため死去した。61歳だった。同氏は服役中に病が悪化し、肝臓がんに侵されていたが、習近平国家主席ら中国共産党政権は海外で治療を願う同氏と家族関係者の要求を最後まで拒否し続けた。

    4
    続き

    坂本冬美さんの「梅干」が届いた

     日本の代表的女性演歌歌手の坂本冬美さんから、彼女の出身地紀州産の梅干しがウィーンのわが家に届いた。誤解を避けるために少し説明すると、坂本さんから紀州産梅干しをプレゼントされた知人からいただいたのだ。紀州産梅干しの包装紙には「冬美の梅干し」と書いてある。ふるさと自慢、紀州南高梅だ。

    2
    続き

    「南北の仲介」に動き出したバチカン

     ローマ・カトリック教会の総本山バチカン法王庁は韓国と北朝鮮間の仲介に動きだした。10日のバチカン放送によると、フラシスコ法王は南北間の仲介役に南米エルサルバドル出身のグレゴリオ・ローサ・チャベス(Gregorio Rosa Chavez)枢機卿を任命した。同枢機卿(75)は近日中にも韓国を訪問し、現地の声を集め、南北間の調停の可能性、その方法を韓国側の関係者と話し合う予定だ。

    2
    続き

    人工知能(AI)が「神」に代わる時

     バチカン放送独語電子版(7月8日)で面白い記事を見つけた。タイトルは、バチカン「人工知能(AI)、良いが……」だ。「基本的にはAIの発展を前進的と受け取っているが、完全に歓迎というわけではない」といったニュアンスが伝わってくる見出しだ。

    2
    続き

    北朝鮮大使館の祝賀会の「ブッフェの話」

     駐オーストリアの北朝鮮大使館(金光燮大使)では年数回、ゲストを招いて歓迎会、祝賀会が行われる。当方は25年前頃、数回、その招きを受けたことがあったが、「北朝鮮を批判するジャーナリスト」のリストに入って以来、招待状は届かなくなり、ご無沙汰している。以下の情報は北大使館に毎回、招かれる知人から最近聞いた話だ。

    1
    続き

    自爆テロはカプタゴン(麻薬)の影響

     オーストリア日刊紙プレッセ(日曜版、7月2日)には、アラブ諸国で広がっている麻薬問題のルポ記事が掲載されていた。話は少し古くなるが、サウジアラビアの王子、アブドゥル・モーセン・ビン・ワリード・ビン・アブドゥラジズ王子が2015年10月、自家用機でリヤドに帰国途上、レバノンのベイルート空港で麻薬所持の容疑で拘束されたことがあったが、押収された麻薬は2トンのカプタゴンだった。その量の多さは関係者を当時、驚かせた。

    3
    続き

    北朝鮮への原油供給停止は「戦争宣言」

     北朝鮮は4日、同国北西部・亀城市の方峴付近から日本海に向け弾道ミサイル1発を発射した。北朝鮮メディアはミサイルが大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射だったと発表した。米国側は最初は「中距離ミサイル」と受け取っていたが、ティラーソン国務長官は同日、「北のミサイルがICBMだった」と訂正している。国連安全保障理事会は5日、緊急会合を開き、「より強力な対北制裁の実施」に向けて理事国の意見の調整に入った。

    0
    続き

    「都民ファーストの会」の使命

     大方の予想通り、東京都議会選(定数127)は小池百合子都知事の政党「都民ファーストの会」が勝利したが、その勝ち方が想定外の大勝だったこともあって、安倍政権にも大きな衝撃を投げかけている。

    2
    続き

    1万4935発の核弾頭の「意味」

     ジョージ・W・ブッシュ大統領時代の米国務長官だったコリン・パウエル氏が、「使用できない武器をいくら保有していても意味がない」と述べ、大量破壊兵器の核兵器を「もはや価値のない武器」と言い切ったことがあるが、その「もはや価値のない武器」を手に入れるために依然、かなりの国が密かにその製造を目指し、ノウハウを入手するために躍起となっているのが、残念ながら世界の現状ではないだろうか。冷戦終焉直後、核兵器の全廃の時が到来すると考えた人々にとって、落胆せざるを得ない現実だ。

    3
    続き

    同性婚法はドイツ「基本法」に反する

     ドイツ連邦議会(下院)で先月30日午前、同性愛者の婚姻を認める法案(全ての人のための婚姻)の採決が実施され、賛成393、反対226、棄権4と賛成票多数で可決されたが、同法案が婚姻に関する基本法(憲法に該当)6条に反するという声が出てきている。

    1
    続き

    バチカンで今、何が起きているか

     バチカン法王庁(ローマ・カトリック教会総本山)の教理省長官、ゲルハルト・ミュラー枢機卿が今月2日付で5年間の任期を終わり、バチカンを去ることになった。理由は明らかにされていないが、ローマ法王フランシスコとミュラー教理省長官の関係が決して良好ではなかったことはバチカン関係者ならば知っていたことだ(教理省の前身はカトリック教理の番人「異端裁判所」)。

    1
    続き

    ローマ法王の「任命責任」

     ローマ法王フランシスコにとって苦しい日々だろう。自身が2014年2月に新設したバチカン法王庁財務事務局ポストの責任者に抜擢した前オーストラリア教会最高指導者ジョージ・ペル枢機卿が同国の検察所から未成年者への性的虐待容疑で起訴されたのだ。本人は今月18日、メルボルンの裁判に出廷して自身の潔白を表明するという。同枢機卿の未成年者虐待容疑は既に数年前からくすぶってきたが、同枢機卿はその度に「私を中傷する目的であり、全く事実ではない」と強く否定してきた。

    1
    続き

    「婚姻」形態は時代によって変わるか

     ドイツ連邦議会(下院)で30日午前(現地時間)、同性愛者の婚姻を認める法案(全ての人のための婚姻)の採決が実施され、賛成393票、反対226票、棄権4票と賛成多数で可決された。メルケル首相を率いる与党「キリスト教民主同盟」(CDU)からも少なくとも70人の議員が賛成に回った。メルケル首相自身は反対票を投じた。社会民主党(SPD)、「同盟90/緑の党」、左翼党らが同性婚の導入を積極的に支持してきた経緯がある。この結果、ドイツでもフランスやイタリアと同じように、同性婚が正式に認められることになる。

    3
    続き

    トランプ氏の「破格の待遇」は高価?

     韓国の聯合ニュース(日本語版)を読んでいると、ニュース・ランキングで29日正午現在(現地時間)、トップは「トランプ氏、文大統領へ破格の待遇」というタイトルの記事だった。文大統領は28日、就任初の外遊先、アメリカに飛び立ったが、3日間の滞在中、30日にトランプ大統領との初の米韓首脳会談が予定されている。それに対し、トランプ大統領は「破格の待遇で最高のもてなし」を準備しているという。韓国国民の自尊心をくすぐるような見出しだ。

    5
    続き

    独連邦議会「同性婚公認法」採決へ

     同性婚の公認問題では、頑固にその信念を守って拒否してきたメルケル独首相が26日夜、ベルリンで開かれた雑誌 Brigitte 主催の討論会の席で、「全てのための婚姻(同性婚問題)は非常にデリケートな問題だ。各自の良心が問われるテーマだから、党も議員を縛ることなく、各自が判断すべきだ」と発言した。早い話、同性婚を拒否してきた与党「キリスト教民主同盟」(CDU)は党としてはもはや反対しない。各議員が自主的に判断すべきだというのだ。

    4
    続き