■連載一覧
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016/12/05
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    トランプ氏に求められる「情報管理」

     分かっていても公表せずに懐に収めておくことが情報の世界では大切だ。分かっていることを直ぐにツイッターで発信すれば、国の情報政策が成り立たなくなる。今月20日に第45代米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏の話だ。

    1
    続き

    欧州王室に「幽霊」と「天使」が現れた!

     ストックホルム発AFP電に「幽霊の話」が報じられていた。

     「スウェーデンのカール16世グスタフ国王の妻シルビア王妃(73)が、首都ストックホルム郊外のローベン島にあるドロットニングホルム宮殿について『小さな友人たちがおりまして、幽霊です』と述べている。スウェーデン放送が4日放映予定の番組で語った。

    1
    続き

    金正恩氏の「学習能力」と「自責」発言

     韓国・聯合ニュース(日本語版)1月1日付に興味深い記事が配信されていた。あの北朝鮮の独裁者、金正恩労働党委員長が慣例の「新年の辞」で異例の自己批判をしたというのだ。

     同ニュースによると、金委員長は、「いつも気持ちだけで、能力が伴わないもどかしさと自責の中で、昨年1年を過ごした。今年は一層奮起し、全力で人民のために多くの仕事をする決心をした」と語ったという。「新年の辞」は国民向けという点を配慮したとしても、確かに独裁者の発言としては異例だ。

    0
    続き

    アダムに“へそ”(臍)があったか

     2017年最初のテーマを考えた。ドナルド・トランプ氏が今月20日、米大統領に就任することから、世界は不安と期待の混じった複雑な心情で新米大統領の動向をフォローしている時だ。そこで米新大統領と欧州の関係を書こうかと考えたが、急きょ、考えが変わった。「臍(へそ)の話」を紹介することにした。

    1
    続き

    「謝罪外交」から「慰霊外交」へ

     今年最後のコラムのテーマとしては不適切かもしれないが、「謝罪」と「慰霊(追悼)」について考えた。両者はその使用する状況も意味も異なるが、政治家が過去問題に踏み込む時、「謝罪」と「追悼」を意識的に使い分ける場合がある。積極的な外交を展開させている安倍晋三首相の外交は「謝罪外交」ではなく、明らかに「追悼・慰霊外交」と呼ぶべきだろう。

    0
    続き

    安倍外交に欧州が注目!

     当方は28日早朝、いつものように郵便ポストからオーストリア日刊紙プレッセを取った。プレッセ紙の一面トップをみると、安倍晋三首相が27日、ハワイを訪問し、旧日本軍の真珠湾攻撃による犠牲者へ黙祷を捧げている写真が掲載されていた。オーストリアの代表紙「プレッセ」の一面トップを日本の首相が飾ることはこれまでなかったので、少々驚いた。   

    4
    続き

    イタリア「マフィア」はテロを防いでいる!

     フランスやベルギーでイスラム過激派テロが頻繁に発生していた時、「なぜドイツではテロ事件が起きないのか」といわれたものだが、今年の夏、テロが発生し、クリスマス6日前の今月19日にはベルリンで12人の犠牲者が出た「トラック乱入テロ事件」が起きたばかりだ。残念だが、ドイツは、欧州最大のイスラム教徒を抱えるフランスやベルギーと共に、イスラム過激派テロのターゲットとなってきた。

    2
    続き

    テロリストとトラック運転手

     両者は人生で会合するとは考えていなかっただろうが、クリスマス6日前の今月19日、ベルリンで偶然出会い、一人は19日、もう一人は23日、それぞれ射殺された。前者はポーランド人の大型トラック運転手 Lukasz U (37)、後者はチュニジア人でイスラム過激テロ組織「イスラム国」(IS)を信奉するテロリストのアニス・アムリ容疑者(24)だ。

    0
    続き

    「反物質」の世界が解明される日

     読売新聞電子版で以下の記事を見つけた時、「いよいよ反物質の世界が解明される時が来た」という感動を覚えた。ベルリンのトラック突入テロ事件が発生していなかったならば、当方はこの記事の感想を真っ先に書きだしていただろう。

     読売新聞電子版の記事は以下の通りだ。

    1
    続き

    「トラック乱入テロ」容疑者を射殺

     ドイツの首都ベルリンで19日午後8時過ぎ、大型トラックが市中央部のクリスマス市場に突入し、12人が死亡、48人が重軽傷を負った「トラック乱入テロ事件」の重要容疑者、チュニジア人のアニス・アムリ容疑者(24)は23日午前3時頃、イタリアのミラノ近郊で警察官の職務質問を受けた際、銃撃戦となり、イタリア警察官に射殺されたことが明らかになった。

     イタリア側の発表によれば、射殺された男の指紋が公開捜査中のアムリ容疑者のものと一致したという。同テロ事件は発生から4日後、重要容疑者の射殺で幕を閉じたが、多くの疑問も浮かび上がってきた。

    0
    続き

    大型トラックが無差別テロの武器

     ドイツの首都ベルリン市中央部にある記念教会前のクリスマス市場で19日午後8時ごろ(現地時間)、1台の大型トラックがライトを消して乱入し、市場にいた人々の中に突入しながら60メートルから80メートル走行。これまで判明しているだけで12人が死亡、45人が重軽傷を負う事件が発生した。

    0
    続き

    “強いプーチン像”はフェイクだ

     米経済誌フォーブス(電子版)は14日、本年度「世界で最も影響力のある人物」74人のランキングを発表し、ロシアのプーチン大統領を4年連続トップに選出した。ちなみに、2位は米次期大統領トランプ氏、3位は欧州連合(EU)の主役、メルケル独首相だった。

    0
    続き

    「人工知能(AI)は君より薄情」

     独週刊誌「シュピーゲル」大学版が届いた。表紙タイトルは「人工知能(AI)は君より利口!」。天才物理学者アルベルト・アインシュタインの顔をしたロボットが表紙を飾っている。

    1
    続き

    韓国国民が分からなくなった

     韓国の朴槿恵大統領が「血涙を流すという意味が初めて実感で分かった」という趣旨の発言をしたという記事を読んで、心が痛くなった。国会で弾劾訴追案が可決された9日、朴大統領は「血涙を流すという言葉はどんなことかと思っていたが、今その意味が分かった」というのだ。

     当方はここ数日、激しい首痛でダウンしていた。痛みは軽くなったが、まだ続いている。首の筋肉が痙攣するのだ。その痛みはかなりきつい。痙攣する度にそれを我慢するために体に力が入るので、目から自然に涙が出てくる。ベットから立ち上がる時も、横になる時も、体を動かし、首が動くと痙攣が襲ってくる。その度に目から涙が出てくる。しかし、血涙ではない。

    12
    続き

    4人の枢機卿、「法王文書」へ質問状

     4人の枢機卿がフランシスコ法王宛ての一通の書簡を公表し、離婚・再婚者の聖体拝領問題でその真意を質したことが明らかになり、バチカン法王庁内で物議を醸している。

     4人の枢機卿は、ヨアヒム・マイスナー枢機卿、ヴァルター・ブランドミュラー枢機卿の2人のドイツ人枢機卿、米国人のレイモンド・レオ・バーク枢機卿 、そしてイタリア人のカルロ・カファラ枢機卿 だ。4人の共同署名の書簡は11月に公表された。

    1
    続き

    フェイク・ニュース(偽情報)の脅威

     最大のソーシャル・ネットワークのフェイスブックでフェイク・ニュース(偽情報)が拡大し、世界の政情にも少なからずの影響を及ぼしてきた。独週刊誌シュピーゲル最新号(12月10日号)は「フェイク・ニュースの影響」について、4頁に渡って報じ、「情報時代は偽情報時代となった」と嘆いた米紙ワシントン・ポストの警告を紹介している。

     11月の米大統領選は歴代最もダ―ティな選挙戦といわれ、米民主党候補者のヒラリー・クリントン氏と米共和党候補者ドナルド・トランプ氏の間では中傷・誹謗合戦が展開され、ソーシャル・ネットワークではフェイク・ニュース(Fake News) がその影響力を発揮した。

    4
    続き

    カザフのアリエフ大使は殺された?

     カザフスタンのラハト・アリエフ元大使(当時52)が昨年2月24日、ウィーンの独房で縊死していたのを発見された事件は大きな衝撃を投げかけたが、元大使の弁護人の依頼を受けて調査していた特別鑑定人は12日、「アリエフ氏は自殺ではなく、殺された可能性がある」とその鑑定結果を発表した。カザフとオーストリア両国の政治家を巻き込んだ「アリエフ元大使事件」はサスペンス小説のようなストーリー展開となってきた。すなわち、自殺は偽装で実際は計画的な殺人事件だったというプロットだ。

    0
    続き

    「ワルトハイム」報道は重要な教材だ

     第4代目国連事務総長(1972年1月~81年12月)として任期10年間を務めたクルト・ワルトハイム氏が与党国民党の支持を受けてオーストリア大統領に選出されて今月で30年目を迎えた。同氏の政治活動は第2次世界大戦のナチス・ドイツ戦争犯罪容疑を受け、世界のメディアから激しいバッシングを受けるなど、波乱の歩みを余儀なくされた。同氏の大統領就任から30年を過ぎて、オーストリア代表紙プレッセがワルトハイム氏関連特集をするなど、今改めて同氏の歩みに関心が集まっている。

    0
    続き

    「不安」はどうして生まれてきたか

     2016年はまもなく幕を閉じる。過ぎ行く年を振り返る時、米大統領選、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票、そして欧州に殺到した難民・移民問題でも、それに対峙した国民には、自信よりも不安、確信よりも不信が支配的だった。換言すれば、近未来への限りなき不安と不信が大きな影響を及ぼしてきた一年だったように感じる。

     科学技術は著しく発展し、人工知能(AI)は職場にも及び、激しい労働から人類を解放する日は既に到来したが、その社会に生きる私たちは決して喜びと幸せに溢れた日々を過ごしていない。不安と恐れを感じながら、息を潜めながら、来るべき未来に思いをはせている、というのが私たちの現実ではないだろうか。

    1
    続き

    “凍った時間”を動かすのは誰?

     7日は旧日本軍による真珠湾攻撃75年目に当たる。オバマ米大統領は特別談話を発表し、「最大の敵国が今日、緊密な同盟国となった」と述べ、真珠湾攻撃から75年の年月が両国関係を激変させたと語った。同大統領は今月末に安倍晋三首相とともに真珠湾攻撃の犠牲者への追悼式典に臨む。

     日米開戦の切っ掛けとなった真珠湾攻撃に対してはさまざまな説がある。米国側は旧日本軍の真珠湾攻撃を事前に知っていたと主張する戦争歴史家もいる。

    3
    続き

    なぜプーチン大統領は犬が好きか

     管義偉官房長官によると、日本を訪問するロシアのプーチン大統領に新たに秋田犬をプレゼントする計画が進められているという。日本は4年前、佐竹敬久秋田県知事(当時)がプーチン氏に秋田犬(ゆめ)を贈っている。その犬がプーチン氏と戯れる写真を見たことがある。まだ、健在のようだ。

     日本が誇る国の天然記念物の秋田犬をプーチン氏にプレゼントするアイデアが好評だったので、もう一匹プレゼントしてはどうか、という考えが秋田犬飼育関係者の間で飛び出し、日本の外務省関係者の耳に届いたのだろう。

    0
    続き

    ドイツ連邦憲法擁護庁にイスラム過激派潜伏

     独連邦憲法擁護庁(BfV)内にイスラム過激派のドイツ人(51)がスパイ活動していたことがこのほど発覚し、関係者に大きな衝撃を投じている。独週刊誌シュピーゲル電子版が先月29日、報道した。

     デュッセルドルフ検察によれば、「スパイが国家の安全に直接関係する情報を外部に流出した形跡はこれまでのところ見当たらない」という。男は未決拘留中で、デュッセルドルフ検察所が調査に乗り出している。

    0
    続き

    3人の法王と交流したカストロ氏

     キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長(1926年8月~2016年11月)は25日、同国の首都ハバナで死去した。90歳だった。遺体は本人の希望もあって26日、火葬された。

    0
    続き