■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    あのガーファンクルが戻ってきた

     アート・ガーファンクルのコンサートに行ってきた。18日夜のウィ―ンのコンサートハウスでのチケットが2枚手に入ったのだ。会場に19時半ごろ到着した時、まだ空席が目立っていたが、20時になると会場は約1200人のファンで満員となった。

    2
    続き

    項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は…

     項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は、ある日家臣らに対して「自分はなぜ天下を得たか?」と問い掛けた。家臣らはそれぞれ回答したが劉邦は満足せず、自身で答えた。

     「自分は作戦の才については張良に及ばない。国家の運営に関しては蕭何(しょうか)に及ばない。100万の軍を動かすことにおいては、韓信に及ばない」とした上で、この3人の傑物を使いこなしたことが天下を得た理由だと述べた(『史記』高祖本紀)。

    1
    続き

    民主主義を歪める新聞とワイドショー

     元は同じ生物種でも異なった環境で何世代かを過ごすと異なる種になってしまう。例えばホッキョクグマとグリズリーは数十万年前に分かれたとされており、裏を返せば、それ以前は同じ種だったのだ。それが、一方が氷上で生活し他方が森林で生活することで、あれほど見た目に差異が生じてしまった。

     私たち日本人も、種とまでは言わないがIT化という急激な環境変化により、二つの民族に分離し始めたのではないかと感じている。大袈裟かもしれないが、加計学園を巡る国会審議と、その後の世論の行方を見て、そう思わざるを得なかった。

    15
    続き

    慰安婦プロパガンダには国際法で反撃できる《後編》

    ■5.慰安婦問題への二つのアプローチ

     慰安婦問題には二つのアプローチがある。一つは、それが歴史的な史実ではなく、韓国および一部の反日日本人によるプロパガンダである、ということを立証していく、というアンチ・プロパガンダの戦いである。この点は、日本の外務省がはなはだ怠慢で、韓国側の一方的攻勢にさらされてきた。一部の民間有志が取り組んでいるが、政府レベルの努力がもっと必要だ。

    1
    続き

    みすぼらしい追悼式

     数日前、あるテレビ局が春川にあるエチオピア韓国動乱参戦記念館を紹介した。出演者は「わが国に食料や紙のような生活必需品がなく外国の援助を受けていた時、エチオピアは6・25(韓国動乱)に参戦した」と語った。当時のエチオピアは強国ではなかったが、わが国よりはましだった。皇帝は「自由を守るために」国連軍の一員として軍隊を派遣した。3個大隊6037人が派兵され、121人が戦死した。そのエチオピアが社会主義の一党独裁体制を経て今日、世界の最貧国になった。年間の輸出額がわが国の400分の1にとどまっている。

    2
    続き

    地球の裏側のラーメン戦争

     ブラジル最大の都市サンパウロの日本人街「リベルダージ」。当地に住む日本人にとっては、遠く離れた南米の土地で、日本食や日本食材を手軽に手に入れられる、日々の生活に欠かせない場所だ。ランチの時間や夕方になれば、すしや弁当などを求めるビジネスマンらであふれ返る。

    0
    続き

    聖職者の性犯罪は「悪魔」の存在証明

     独南部レーゲンスブルクの「レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊」(Domspatzen)内で起きた性的暴行・虐待事件について、「最終報告書」(約450頁)が18日、公表された。過去2年間の調査を担当した教会側のウルリッヒ・ヴェーバー弁護士(Ulrich Weber) によると、世界最古の少年合唱団として有名な同聖歌隊内で1945年以来、547人の少年聖歌隊員が暴力、性的虐待の犠牲となったという。具体的には、500人は暴力、67人は性的虐待の犠牲者だった。容疑者は49人は起訴されたという。

    2
    続き

    「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合の…

     「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合のはなさく」(木下利玄)。作者が滝へ行く山道で見つけたユリは、ヤマユリかササユリだったのだろう。自生のままで気品があって美しい夏の花だ。

     万葉集でもユリを詠んだ歌は10首に上る。「道の辺(へ)の草深百合の花笑(ゑ)みに笑まししからに妻と云ふべしや」と歌われたように、花が咲くのを「花笑み」と例え、さらに女性の笑うのを「花笑み」とも表現した。

    0
    続き

    挿入されなければ強姦ではないのか!?

     7月13日から、性犯罪の厳罰化が盛り込まれ改正刑法が施行されました。明治40年から110年間も変わらなかった強姦罪が、「強制性交等罪」に改正され、被害者の告訴がなくても起訴できるようになりました。また、被害者の性別を問わないという点も変わり、LGBT(性的マイノリティー)や、同性から性暴力を受けた被害者の方々から注目が集まっています。「強制性交等罪」に変わったことで被害者の方々はどれほど救われるのでしょうか? 

    ●「強制性交等罪」の課題  性的指向が異性である場合は、今回の改正には何の問題もなく、むしろ改善されました。同性愛者などのLGBTとされる人々にとっても、以前付き合っていた、あるいは現在付き合っている同性から受けた性的暴力を起訴できるようになり、改善されました。しかし、何の問題もなく、というわけではありません。  例えば、レズビアンの女性が、元交際相手から性的暴力を受けたとします。その元交際相手は、身体上は女性なのですが、心は男性というトランスジェンダーです。被害女性は男性器を挿入されたのではなく、指を使って襲われたとすると、加害者は罪には問われません。なぜなら、「強制性交等罪」の対象になるのは、“男性器を挿入する行為”とされているからです。男性器の挿入以外で被害に合うのはLGBTの人達に限ったことではありませんが、特に身体上女性同士の場合は男性器の挿入はあり得ません。例え木の棒を挿入されたとしても、男性器以外は、何を挿入されたかによって被害に差をつけるべきではないという理由から男性器を挿入された場合のみ「強制性交等罪」の対象になるとされているのです。  確かに挿入されたものによって差をつけるべきではないですが、被害者の性別を問わないという方向に改正されたのであれば、性的被害の基準も改めて整えるべきではないでしょうか?  例に挙げた被害女性の場合は、加害者を起訴できないまま泣き寝入りするしかなく、辛い記憶だけが残ってしまいます。何を性的暴力の基準にするかを定めるのが難しいのであれば、被害者が性的暴力だと告訴すれば認められるようにしてもいいのでは?と思います。  そして「強制性交等罪」に改正されたことで課題とされることもあります。先月16日に刑法の改正案が参議院法務委員会で可決された際、あわせて付帯決議が可決されました。その中では、「『強制性交等罪』が被害者の性別を問わないものとなったことを踏まえ、被害の相談、捜査、公判のあらゆる過程で、被害者となりうる男性や性的マイノリティーに対して偏見に基づく不当な取り扱いをしないことを研修などを通じて徹底させるよう」にと政府に注文しています。警察や相談機関などが被害者の性別を問わないことに変わったということがはっきりと分かっていなければ、被害に遭った男性やLGBTの人達が相談すらできないこともあります。警察や相談機関などがきちんと研修を行って様々なケースを知って知識を持ってもらいたい、被害者達はそう願うでしょう。

    12
    続き

    サイバー攻撃にロシアが関与

     米当局者と民間のサイバーセキュリティー専門家は、ウクライナ政府や銀行などを狙った6月27日の大規模なサイバー攻撃は、ウクライナ経済を揺さぶるために、ロシア政府または、同国政府と関連したハッカーが仕掛けたとの見方を明らかにした。

    2
    続き

    「北」との対話の必要性とその限界

     韓国の文在寅政権は17日、北朝鮮に対し軍事会談と赤十字会談を提案した。韓国紙中央日報(日本語電子版)によると、「今回の政府の提案は文在寅大統領が6日、『ベルリン構想』として知られている『新韓半島(朝鮮半島)平和ビジョン』の後続措置だ。韓国政府の北朝鮮への提案の核心内容は21日、板門店で軍事会談を開いて軍事境界線一帯での敵対行為の中断を議論する一方、南北赤十字会談を開いて離散家族対面を推進するということだ」

    0
    続き

    米海兵隊員が富士山で人命救助

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     在沖米海兵隊の牧港補給地区(キャンプ・キンザー=沖縄県浦添市)に所属する5人の隊員が3日、富士登山中に気分を悪くした日本人女性を救助した。

     オットー・ティエレ伍長、クリストファー・エームス伍長、エリック・グッドマン伍長、アントニオ・マルティネス上等兵、アベラード・ゲバラ・オスーナ上等兵の5人は米国の独立記念日の休暇を利用して富士山を登っていた。

    6
    続き

    100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本…

     100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本を象徴した日野原重明さんが亡くなった。105歳、延命措置は本人が望まなかった。日野原さんが日本そして世界の人々に残したものは数多いが、何よりその生きざまが感動と勇気を与えてくれた。

     1970年の「よど号」ハイジャック事件に遭遇し人質となった時は死を覚悟した。解放され、自分の命は与えられた命、と人生観が大きく変わったという。

    3
    続き

    イスラエルとハンガリーの「相性」

     人間同士、夫婦同士にも相性の良し悪しがある。国との関係でも相性の良し悪しはあるだろうか。同盟国、友邦国、血で繋がった同盟(血盟)といった表現があるから、国同士の関係にも相性があるはずだ。

    2
    続き

    選挙めぐりロシア側と面会

    アメリカ保守論壇 チャールズ・クラウトハマー

     ロシア疑惑は新たな段階に入った。後戻りすることはない。

     米政府は半年間、トランプ陣営とロシアが昨年の大統領選介入で共謀したという疑惑は、当てこすりに過ぎないと主張してきた。共謀を裏付ける具体的な証拠は提示されていない。

    0
    続き

    防衛論議主導した民社党

     先日、ある月刊誌の編集部から「書評を書いてほしい」との依頼を受けた。本のタイトルは梅澤昇平著『“革新”と国防 民社党防衛論争史』(桜町書院)だ。

     本紙読者の中には「民社党」という名前を聞いて、懐かしく思う人もいるだろう。私にとっては、政治・防衛問題に興味を持つきっかけを与えてくれた政党でもある。

    6
    続き

    わが国で雨量が多いのは梅雨と台風の時期で…

     わが国で雨量が多いのは梅雨と台風の時期で、豪雨災害もその期間に集中している。都市では1時間の雨量が50㍉になれば浸水被害が起きる可能性が高いが、最近は全国でそれを超える大雨が頻発した。

     九州北部豪雨で甚大な被害が出た福岡県朝倉市では最大1時間雨量が129・5㍉もあった。2012年7月の同地域の豪雨災害では、同県八女市で91・5㍉を記録したが、それをはるかに上回った。

    1
    続き

    被告席に座る聖職者たちの「弁明」

     人には恐れがある。一つは神の目であり、もう一つは自身の良心だ。神を信じる人々にとって神の審判が最も恐ろしい。悪事を重ねた場合、誰に知られなくても、良心が痛む。神の目を否定し、良心を隠蔽したとしても、その痛みは消えない。

     ところで、聖職に従事している人々が検察当局に訴えられ、被告席に座って裁判の判決を待つ身となるケースが最近、増えている。

    1
    続き

    「日傘さす音のパチンと空へ逃ぐ」(高浜年尾)…

     「日傘さす音のパチンと空へ逃ぐ」(高浜年尾)。蒸し暑い日が続き、外を歩いていると日差しで肌が痛いほど。日傘を差す女性の姿も見掛けるようになった。

     気流子の子供時代は、夏といえば夏休みが待ち遠しかった。休みに入ると、カブトムシやクワガタムシなどの昆虫採集にいそしんだ。

    1
    続き

    世界に誇るべき“主人意識”持つ日本の児童生徒たち

     先月6月には韓国への出張の前後に日本に2週間ほど家族で滞在し、各地で特別授業や講演会を行った。日本の小中高校を巡って、改めて日本の良い意味での特殊性を実感した。私のように海外で子供たちを育てた経験がある親ならば誰でも感じることだと思うが、教育研究に関わる者として、私としては非常に重要なことに思えてきた。

    8
    続き

    中国共産党は劉暁波氏を殺した

     中国の代表的人権活動家で2010年のノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏(リュウギョウハ)が13日、入院先の遼寧省瀋陽市の病院で、多臓器不全のため死去した。61歳だった。同氏は服役中に病が悪化し、肝臓がんに侵されていたが、習近平国家主席ら中国共産党政権は海外で治療を願う同氏と家族関係者の要求を最後まで拒否し続けた。

    3
    続き

    米国のオレゴン州で、同性婚カップルの…

     米国のオレゴン州で、同性婚カップルのウエディングケーキ作りを、宗教的信条から断ったケーキ職人が、13万5000㌦(約1500万円)の罰金を科せられたのは、2015年のこと。こんな理不尽なことが米国でまかり通っているのかと驚いた。

     同性婚が認められて以降、米国では、こういう事例が相次いでいるという。性的少数者(LGBT)の権利を主張する人々や団体は、反差別と寛容の精神を大義名分に掲げる。しかしそれが、彼らとは相いれない価値観や宗教観を持つ人々への逆差別、信教の自由への侵害となることを、米国での事例は示している。

    1
    続き

    慰安婦プロパガンダには国際法で反撃できる《前編》

    「平和の回復後も、『歴史認識』問題を振りかざす中国と韓国の行為は、国際社会のルール違反である」

    ■1.「前政権での日本との慰安婦合意は受け入れられていない」

     ドイツ・ハンブルグでの20カ国・地域(G20)首脳会議に出席している安倍首相は、7日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談したが、あらためて慰安婦問題に関する日韓合意がくすぶり続けている様が見てとれた。[1]

    8
    続き