■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    できると言ってるのにできないと言い張る日本の北朝鮮「専門家」

     北朝鮮が「ある」と言ったら「ない」と言い、「ない」と言ったら「ある」と言う。

     北朝鮮が「できる」と言ったら「できない」と言い、「できない」と言ったら「できる」と言う。

     日本のメディアや評論家は、北朝鮮の話になるとたちまち支離滅裂になる。

     一般市民が知りえないし、どうでもいいことなので検証されない。

     米、韓、日が北朝鮮のミサイルを分析して便宜上、勝手につけた呼称だ。

    0
    続き

    難病患者の福音と言われたiPS細胞(人工…

     難病患者の福音と言われたiPS細胞(人工多能性幹細胞)。京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞を作製し、その論文を発表してから10年が経(た)つ。

     今年3月には、備蓄された他人のiPS細胞を使った再生医療で世界第1号となる網膜細胞の移植手術が、理化学研究所(理研)と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームによって行われた。

    2
    続き

    文大統領、法王に「南北の仲介」要請

     バチカン日刊紙「オッセルバトーレ・ロマーノ」は25日、韓国の文在寅大統領がローマ法王フランシスコ宛てに書簡を送り、その中で「南北間の和解への仲介」を要請したと報じた。

     韓国カトリック教会司教会議議長のKim Hee-jong大司教(光州広域市)とSeong Youm元駐バチカン韓国大使は24日、一般謁見の場で文大統領の親書を手渡した。

    3
    続き

    「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)…

     「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)。駅前に向かって歩いていると、風を切るようにツバメが飛び交っていた。そろそろと思っていたので、嬉(うれ)しい気分とともに夏の到来を実感した。道路の両側には所々にツバメの巣があり、子育ての真っ最中。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』では、季語の「燕(つばめ)の子(こ)」について「燕は五、六月ごろ雛を育てる。巣の中で、四、五羽の嘴の黄色い子燕(こつばめ)が大きな口を開けて親燕(おやつばめ)に餌をねだるさまは可愛らしい。孵化後三週間くらいで巣立をする」とある。

    2
    続き

    どちらのトランプ氏が本物?

    ①金正恩氏

     「若いのに国を動かしている。たいしたものだ」、「適切な状況になれば、金正恩氏と直接会談する用意がある」(5月1日の米ブルームバーク通信から)

     「核兵器を振り回しでいる頭のおかしい男だ」(4月29日、フィリピンのドゥテルテ大統領との電話会談で)

    4
    続き

    北朝鮮で体制へ不満の兆候

     北朝鮮の脱北者らによると、北朝鮮国内で金正恩体制への反発が強まっていることを示す出来事が相次いでいるという。

     米人権擁護団体「北朝鮮自由連合」の会長で、北朝鮮問題専門家のスザンヌ・ショルテ氏は4月、脱北者らを招いて会議を開催し、北朝鮮国内情勢について意見交換した。

    2
    続き

    シチリア島といえば、マフィアを連想する人が…

     シチリア島といえば、マフィアを連想する人が多いだろう。フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「ゴッドファーザー」も、それにひと役買った。パレルモ空港の正式名称、ファルコーネ・ボルセリーノ空港は、マフィアとの戦いで犠牲となった2人の治安判事の名を記念したものだ。

     一方シチリアは、古代からギリシャ、ローマ、アラブ、ノルマン、スペインなど支配者が次々と交代し、さまざまな文化が融合したユニークな島である。ギリシャの神殿、アラブやノルマンの様式がミックスされた建築など豊かな文化財に恵まれている。

    0
    続き

    「禁煙令」悪用し恐喝

     このほどドゥテルテ大統領は、公共の場での喫煙を禁じる大統領令に署名。7月から施行される予定だが、早くもこれを悪用した恐喝が発生し日本人が被害に遭っている。

    0
    続き

    マンチェスターの「話」

     英国中部マンチェスター市には数回足を運んだことがある。リヴァプールに居住していた時、知人の誘いを受けてマンチェスター市に行ったのが初めてだった。そこでは知人と昼食を一緒にしただけだったが、フィッシュ・アンド・チップスの紙袋が路上に散らばっている湾岸都市リバプールと比較すると、マンチェスター市内はセンスのあるショーウィンドーで華やかだったことを覚えている。およそ35年前の話だ。

    1
    続き

    「関西というのは難しい土地柄です」と山崎…

     「関西というのは難しい土地柄です」と山崎正和氏(劇作家、評論家)が話している。24時間にも及ぶインタビューをまとめた『舞台をまわす、舞台がまわる』(中央公論新社刊)という本の中での発言だ。

     京都人は、例えば祇園祭では大阪財界から多大な支援を受けているのに、大阪人をどこかでバカにしている。そもそも京都人は、大阪だけではなく、京都以外の地域には関心がない……といった具合だ。

    0
    続き

    刑務所がイスラム過激化の温床に

    マンチェスターの「コンサート会場自爆テロ」の概要

     英国中部マンチェスターのコンサート会場「マンチェスター・アリーナ」で22日午後10時半過ぎ(現地時間)、米人気歌手アリアナ・グランデさん(23)のコンサートが終わった直後、会場ロビーで自爆テロが発生、警察当局の発表によると、少なくとも22人が死去、59人が負傷した。イスラム過激派テロ組織「イスラム国」(IS)は23日、ネットを通じて犯行を声明した。

    3
    続き

    「トランプ錯乱症候群」

     ニューヨーク・タイムズ紙やCNNテレビなど米大手メディアにはあまり登場しないが、保守系メディアを中心に話題になっている言葉がある。「トランプ錯乱症候群」と呼ばれる新語だ。

     トランプ米大統領に対して憎しみを抱くあまり、同氏の言動には反射的に何でも反対し、論理的な判断ができなくなってしまう人たちをそう呼ぶそうだ。

    7
    続き

    一度ご飯を食べよう!

     『ひとりで食事をするな』(邦題『一生モノの人間力』)という本がある。米国のコンサルティング専門家キース・フェラッジとタール・ラズが書いた人生の成功法に関する本だ。

    5
    続き

    山開きのシーズンである。群馬、福島、新潟…

     山開きのシーズンである。群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園でも山開きが行われ、夏山シーズンが始まった。尾瀬ケ原では例年より雪が多く残っているが、傍らではミズバショウが開花している。

     「夏がくれば思い出す」の歌詞で知られる「夏の思い出」は江間章子の作詞、中田喜直の作曲で、昭和24年6月、石井好子による歌がNHKラジオで放送された。だが江間は故郷、岩手県のミズバショウしか知らなかったという。

    3
    続き

    共謀罪関連法案、再考の府・良識の府参議院での充実した審議に期待

     昨日衆議院を通過して参議院に送付された共謀罪関連法案の参議院での審議は5月29日に始まるようである。

     強行採決に抗議して審議拒否だ、などという展開になっては困るなと思っていたが、29日に審議入りすることは参議院の国対関係者の間で合意されたようだから、これはこれで結構なことである。

    1
    続き

    トランプ氏とローマ法王の会見

     トランプ米大統領は24日、バチカンを訪問し、ローマ法王フランシスコと会見する。バチカンの情報によると、会見は一般謁見前の午前8時半の予定だ。  ミラノ代表紙コリエーレ・デラ・セラ(21日付)によると、トランプ大統領のメラニア夫人はローマ法王に個人的な書簡を送り、「ローマ法王を謁見できることは大きな名誉です」と述べたという。夫人はスロベニア出身のカトリック信者だ。トランプ氏はプロテスタント派の長老派教会に所属。幼い時から聖書に強い関心があったという。就任式には親の代からの聖書を持参し、その上に手を置いて宣誓式に臨んでいる。

    2
    続き

    地球温暖化防止のために省エネ?

     私が日本に出張して大学のトイレなどに行ってみて驚くのは、「地球温暖化防止のために電気はこまめに消しましょう」などという張り紙があったことだ。電気を消して省エネすることで地球温暖化が防止できると言いたいのだろうかと首をかしげてしまった。このように、しばらく前までは「地球温暖化(Global warming)」と呼んでいたものが、最近では「気候変動(Climate change)」と言い換えられている。それはおそらく、必ずしも温度が上昇していない場所も傾向として見られるからであろう。実際、近い将来極端な氷河期が来ると言っている人々もいる。http://www.buildart.com/ice_free_earth_now.htm

    8
    続き

    山城被告の国連演説は可能か

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     反基地活動家の山城博治被告が6月下旬、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で「不当弾圧」を訴える。沖縄県内の“人権研究者”でつくる沖縄国際人権法研究会(共同代表=島袋純、星野英一両琉球大教授)が記者会見で明らかにした。

    6
    続き

    地震学者のロバート・ゲラー元東大教授が…

     地震学者のロバート・ゲラー元東大教授が「日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ」という論考を英科学誌ネイチャーに掲載し話題になっている。1984年の来日以来、地震研究が予知に偏っていることに疑問を抱いてきたという。

     具体的には、東海地震の発生に備えた法律が地震の前兆現象の観測を前提にしていることや、南海トラフ地震などの大地震が周期的に起こるという考えに基づき、発生する確率を算出していることについて「科学的根拠はない」と指摘している。

    2
    続き

    日韓問題の解決は民間外交で!言うべきことははっきりと!

     昨日盟友の藤原氏や森田氏が主宰する日本会議佐賀唐津支部の5月公開例会に参加してきました。

     数か月に一度唐津まで足を運び、同志たちの活動を見学させていただき、少しでも励ましになればと思い参加しているのですが、特に昨日の企画は素晴らしかったと思います。

    1
    続き

    脅威にさらされる米軍衛星通信システム

     米軍の衛星通信がサイバー攻撃、レーザー兵器、通信妨害機器、衛星破壊兵器など外国の数々の兵器の脅威にさらされている。国防総省国防科学委員会が1年間に及ぶ軍事衛星システムの評価を基に作成した調査報告でこう指摘した。

    1
    続き

    全羅道は変わらなかった

     韓国大統領選の取材で訪れた南西部・全羅道の光州で有権者の意外な声を聞いた。「もう湖南(全羅道)だからといって無条件に進歩(左派)を推す時代じゃない」。伝統的な左派の牙城に似つかわしくない意見だった。会社員や主婦、タクシー運転手がどの候補に票を入れるか悩んでいる姿に驚かされた。

    0
    続き

    文在寅大統領は韓国のW・ブラント?

     独週刊誌シュピーゲル(5月13日号)は韓国の文在寅大統領(64)を旧西独時代のヴィリー・ブラント首相(任期1969~74年)と比較する小解説記事を掲載している。タイトルは「ソウル出身のヴィリー・ブラント」だ。

    0
    続き