■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    モスク襲撃に思う

     エジプトのテロは、そのほとんどが、同国東部シナイ半島北部で発生、大部分は、軍や警察などの治安要員が標的だった。その頻度は高く、政府は自分たちの被害を周知せしめるためにわざと放置しているのではないかとの疑念がささやかれるほどだった。

    0
    続き

    どうして安倍総理は韓国大統領に訪日を呼び掛けるのか?

     昨日の『中央日報』日本語版に、安倍総理が文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領に対し、「早期訪日を要請した」とする記事が掲載されていました。安倍政権を支持している保守層は、最近の韓国の反日的振る舞いの酷さに加え、こうした安倍政権の対韓宥和的な姿勢に不安を感じているのではないでしょうか?本日はこれについて、私なりに考察を加えてみたいと思います。

    【安倍外交の成果】対中封じ込めの成果は上々!  私は安倍政権の外交を支持しており、また、信頼しています。

    1
    続き

    乾杯の掛け声

     西洋の晩餐(ばんさん)では酒の入った杯を合わせ乾杯を叫ぶのが儀礼だ。ホストが乾杯の辞を述べた後に杯を上げて客たちが「チアーズ」、「ボトムズアップ」などの掛け声を叫ぶ。首脳間の公式晩餐でも同じだ。文在寅大統領は今年11月、ウズベキスタンのシャヴカト・ミルズィヤエフ大統領主催の国賓晩餐会で「ドストリック・ウチュン」と叫んだ。「友情のために」というウズベキスタン語だ。

    0
    続き

    イエスを十字架から降ろそう!

     欧米のキリスト教社会では今、クリスマスを間近に控え、ますます街は賑わってくる。プレゼントを探す人から、クリスマス市場に出かけプンシュを飲む人、街の賑わいが恋しくて外出する人、このシーズンになると心が浮き浮きしてくる人々は、子供たちだけではない。一方、老人ホームなどでは訪れる人もなく、1人で過ごす高齢者もいる。故郷から離れ、都会で仕事をしている若者はこのシーズンには帰郷するが、職種によっては帰郷できない人もいるだろう。

    1
    続き

    東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席が…

     東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席がある。普段は落語のCDなどを販売しているミュージックテイト西新宿という店だが、夜になると高座を設け、フロアに椅子を並べて会場となる。

     ここで先日、東京の若手女子落語家が結成した「落語ガールズ!」の活動が始まった。メンバーは二つ目以上新真打ちまでの17人で、月に2回から4回ほど落語勉強会をリレーで催していくそうだ。

    2
    続き

    【速報】世界一危険な小学校に「米軍機落下物」

     地元テレビの報道で知った。普天間基地に隣接する普天間第2小学校のグラウンドに米軍機の落下物が落ちたとのこと。

     「世界一危険な米軍基地」と喧伝される普天間基地に隣接して、後から建設した同小学校が移転すべき、という議論があるが、ここでは立ち入らない。

    13
    続き

    北朝鮮問題対応には、海保の充実が欠かせない!

    『日本の領海、接続水域、排他的経済水域(EEZ)、日米SAR協定に基づく捜索救助区域(本土より南東1200海里程度)である。 このうち領海とEEZを合わせた面積だけでも約447万km2あり国土面積の約36倍という広大な水域』

    ウィキペディアによれば、これが海上保安庁の活動範囲だそうです。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E4%BF%9D%E5%AE%89%E5%BA%81#活動範囲

    2
    続き

    ロヒンギャ迫害非難

     先週、国連人権理事会は、ミャンマーのロヒンギャ族迫害を非難する決議を採択した。

     先月、国連総会の委員会も同様の決議を採択している。

     日本はどちらも棄権した。委員会では、欧米など135カ国が賛成した中での棄権だった(中国などは反対)。

    0
    続き

    天皇朝鮮半島渡来説を斬る

     ある方から、「天皇が朝鮮半島から渡来したという説があるけれど、ねずさんはどう思いますか?」というご質問をいただきました。 いまだにそのような戯言にもならないくだらないことを、公然と主張してはばからない馬鹿者がいることは驚きですが、せっかくですので以下にその答えを述べます。  7つの理由から、この説は「あたらない。とんでもない説」であると断じます。

    1 朝鮮半島はかつて無人だった

    2
    続き

    ツイッターとローマ法王

     ツイッターといえば、米トランプ大統領を直ぐに思い出す。同大統領はホワイトハウス入りする前から小まめにツイッターを発信してきたその世界のベテランだ。トランプ氏ほどツイッターを重要な政治メッセージの発信手段として利用している米大統領は過去いなかった。

    1
    続き

    米軍人の利他精神に共感の輪

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄市の沖縄自動車道で1日午前、車両6台が関係する多重事故が発生。巻き込まれた米海兵隊のヘクトル・トルヒーヨ曹長(44)は車外に出て、先頭車両の負傷者を救出しようとしていたところ、後方からきた車にはねられて、重傷を負った。

     県内中部の病院に救急搬送された後、米サンディエゴの病院で集中治療を受けている。現在も予断を許さない状況にある。

    9
    続き

    全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち…

     全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち、経年劣化や自然災害で傷み、修復が必要な所は少なくない。毎年190万人の来場者がある名古屋城も同じ事情を抱えている。

     そのため昨秋、名古屋市の河村たかし市長は「天守が地震で相当危ない。早急に入場を禁止することになる」と発言。戦災によって焼失した天守閣の木造復元を主張し、市民を巻き込む論争となった。

    1
    続き

    ロシア帰化選手の本音

     韓国初の冬季五輪となる平昌冬季五輪まで余すところ約2カ月。否が応でも国民の関心が高まるところだが、なぜか高揚感はあまり感じられない。一丸となって成功を願ったあの「パルパル(韓国語で88の意)五輪」(=1988年のソウル五輪)時に比べ明らかに静かだ。かつてのフィギュア女王、キム・ヨナ選手のような国民的スターも不在で、開催国に期待されるメダルラッシュに黄信号が灯っている。

    2
    続き

    野党が右翼と左翼に分かれて、ど真ん中がガラ空きだと言われているが、本当か

     民進党の参議院議員が相次いで立憲民主党に移籍するようだが、さてどの程度でこの動きは止まるのだろうか。

     民進党の大塚代表は離党表明組の引き留め工作をこれまでまったくしていないようだから、行くところまで行ってから次の一手を考えるつもりなんだろう。

     私でもそうする。 離党を考えている人を引き留めるのには実に大きな力を擁するが、離党の意思がある人の尻を押すには大して力は要らない。

    2
    続き

    安保危機招く中国傾斜

     韓国の文在寅大統領は13日から中国を国賓訪問する。

     北朝鮮の核問題の平和的解決や朝鮮半島での平和定着に向けた連携などを協議するとのことだが、中国は10月末、韓中両国が暫定合意した「3不」の立場を守るべきだと強調している。THAAD(高高度防衛ミサイル)追加配備、米MD体制参入、日米韓同盟発展の三つは「不可」という要求だ。

    3
    続き

    【アマゾン】エコーを原価割れセール!アレクサPOPを使った新ビジネスモデルとは?

    ■ブラックフライデーやサイバーマンデーは終わったが、アマゾンではキンドルなど自社製品を中心に再び期間限定の激安セールを行っている。スマートスピーカーのエコーなど一部の商品は、ブラックフライデーやサイバーマンデー時の値引きを凌ぐほどのセールとなっている。エコー・ファミリーでは最も安価となる50ドルのエコードット(Echo Dot)はブラックフライデーやサイバーマンデーと同じ価格の30ドルでセールされている。エコードットは昨年の年末商戦セールで40ドルに値引き、今年のプライムデーで35ドルだった。30ドルの価格は原価を割っていると思われるほどの最安値となっているのだ。発売されたばかりのエコー(スタンダードモデル:Echo)新機種も100ドルから80ドルとなり、ブラックフライデーやサイバーマンデー時のディスカウント価格となっている。エコーにホームネットワークハブの機能を搭載した最上位モデルのエコープラス(Echo Plus)も150ドルから120ドルに値引きされており、ブラックフライデー&サイバーマンデー価格となっている。ブラックフライデーやサイバーマンデー時のセール価格よりも安くなっているのは今年7月に発売サれたばかりのエコー・ショー(Echo Show)だ。230ドルのエコーショーは先日のセールで180ドルとなり、現在は230ドルから80ドル引き(35%オフ)となる150ドルとなっているのだ。エコーショーを使うことで双方向動画チャットも可能な、120ドルのセキュリティーカメラのクラウドカム(Cloud Cam)もブラックフライデーやサイバーマンデーの価格(100ドル)より10ドル安い90ドルでセールとなっているのだ。その他、7インチのファイア・タブレット(Fire 7 Tablet with Alexa, 7″ Display, 8 GB, Black)が50ドルから30ドル、8インチのファイア・タブレット(Fire HD 8 Tablet with Alexa, 8″ HD Display, 16 GB)も80ドルから50ドルと値引きとなっている。

    1
    続き

    スパコン不正とNEDOとエルピーダ破綻の関係について

    ども宇佐美です。

     歴代M-1王者でパンクブーブーの陰が薄いのはなぜなのでしょうかね。

    3
    続き

    モザイク都市が直面する試練

     エルサレム、サラエボ、そしてベイルートの3都市の運命を考えている。3都市はいずれも多宗派が共存、ないしは共存してきた都市だ。俗にモザイク都市だ。その3都市が今、存続の危機に直面しているのだ。 3都市の運命は、単に3都市だけに限定された地域問題ではなく、大げさな表現をするならば、人類は国家、民族、宗派の壁を越えて果たして共存できるか、といった地球レベルの問題と考えるべきだろう。そこで、3都市の現状を振り返ってみた。

    【エルサレム】  エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの唯一神教の聖地だ。世界各地から多くの巡礼者が訪れる国際都市だ。そのエルサレムをイスラエルの首都と認知したトランプ米大統領の発言は、中東・アラブ全域で大きな反響を与えている。特に、パレスチナ人の地域では怒りと暴動が起きている。  エルサレムの帰属問題はこれまで中東の大きな争点として残されてきた。国連レベルでは1947年の国連決議に基づき、東西に分割され、西エルサレムはイスラエルが、東エルサレムはヨルダンがそれぞれ管理することになっていた。1967年6月5日から10日の6日戦争(第3次中東戦争)後、イスラエルは一旦、両エルサレムを併合したが、国連安保理でその併合は無効と宣言されて今日に至っている。イスラエルはその後も「エルサレム法」を採決して、「完全で統合されたエルサレムをイスラエルの首都とする」と表明している。パレスチナとイスラエルの2国家創設案が出て、中東和平交渉が行われてきたが、暗礁に乗り上げていた時、トランプ大統領が選挙公約に従い、エルサレムをイスラエルの首都として認知すると発表したわけだ。

    2
    続き

    「早く死んでほしい」妻の本音が書かれた『だんなデスノート』

     芸能人や政治家の不倫や離婚騒動などが表立って取り上げられていますが、一般的な家庭でもごくありふれたものとなっています。チャペルで永遠の愛を誓ったであろう夫婦が、共に生活をするに連れて、良い部分より嫌な部分の方が目に付くようになり、「なぜ結婚してしまったんだろう?」と後悔の念を抱くようになる。離婚したいけれども、子供がいたり、金銭面の事情があったりで簡単には離婚できない。そんな女性達のはけ口として立ち上がった「だんなデスノート」という投稿サイトが立ち上がってから現在では会員数が1万人を超え、1日に70~80万件のアクセス数があるほど世の女性達に浸透しています。10月27日にはこのサイトの投稿をまとめた書籍が宝島社から刊行されました。「だんなデス・ノート ~夫の『死』を願う妻たちの叫び~」という書名で、発売直後は、Amazonの本カテゴリの「家庭生活」部門で売上ランキング1位を記録するなど、その衝撃的な内容に大きな反響が集まっています。

    不平不満を募らせた妻たちの、心の拠り所

    4
    続き

    同性婚合法化求めた日本学術会議

     10月の衆議院選挙では主要政党が性的マイノリティー、いわゆるLGBT支援を公約に謳っていた。

     一方、9月には日本学術会議法学委員会の分科会が、「性的マイノリティの権利保障をめざして」と題する提言を公表した。性的マイノリティーの人権保障に関して、性的指向の自由や性自認の尊重、自己決定権の尊重など包括的な法整備を求めている。

    3
    続き

    師走(しわす)にはいろいろな語源説がある…

     師走(しわす)にはいろいろな語源説がある。よく知られているのは、その年の罪障を懺悔(ざんげ)し、消滅を祈願するために僧侶を招いて法会(ほうえ)を営むので、師が走り回る師走(しはし)り月が師走となったとする説である。

     他に事をなし終える意味の「為(し)果つ」、四季の果てる月の意味で「四極(しはつ)」など、諸説はどれももっともらしく思われる。今年は事をなし終え、四季の果つる先に何が残ったのか。

    0
    続き

    「辺野古が唯一の解決策」と知りながら断念するよう要求する翁長知事の欺瞞

     12月2日に翁長知事と河野外相が県庁で会談した。米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について河野外相が、「辺野古が唯一の解決策」と述べたことに対して翁長知事は「辺野古が唯一の解決策」との固定観念にとらわれないで、「県民の理解が得られない辺野古新基地建設」を断念するよう要求した。  翁長知事の要求に河野外相は直接答えることはなく、沖縄の負担軽減に努力するという言葉で濁した。

     翁長知事は「辺野古が唯一の解決策」という固定観念にとらわれないで「県民の理解が得られない辺野古新基地建設」を断念するように要求しているが、問題は普天間飛行場をどこに移設するかである。辺野古に移設するかどうかが肝心な問題ではない。県民の理解を得られないという理由で、辺野古に移設しないのなら普天間飛行場はどこに移設すれば県民は納得するのか。県民が納得するような普天間飛行場移設の解決方法を翁長知事は提示しなければならない。翁長知事は提示できるのか。今まで提示してきたのか。

    14
    続き

    帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。

     歴史の常識を疑うことから私の歴史研究は始まりました。

     昭和16年のニュース「帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。」という音声と共に、テレビの画面に映し出されるのは、真珠湾攻撃の映像です。これを何百回も繰り返して見せられてきました。

     いまでは99.9%の人があの太平洋戦争は日本軍の真珠湾攻撃で始まったと思い込んでいると思います。

    3
    続き