■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    国連からの対日人権批判 、もっと事実を説明しよう

     先月来、日本はジュネーブの国連人権理事会や関連委員会から、批判の波状攻撃を受けた。

     事実誤認や偏った批判も目立ち、政府は反発している。拷問禁止委が、日韓慰安婦合意の見直しを勧告し、プライバシー権に関する特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ氏が、テロ等準備罪新設への懸念を表明した。表現の自由に関する特別報告者、デービッド・ケイ氏は、「政府による圧力や自由への侵害」を強く懸念する報告書を提出した。

    0
    続き

    なぜ男と女は一緒に祈れないか?

     イスラエルのメディアが25日報じたところによると、ネタニヤフ首相はエルサレムの「嘆きの壁」で男女一緒に祈れる場所を設置する案を拒否した。同首相は昨年段階では同案を支持していた。

    0
    続き

    反基地活動家に利用される国連

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     国連が沖縄の反基地闘争の道具として利用されている。

     2015年9月、翁長雄志知事がジュネーブの国連欧州本部の人権理事会で演説したのに続いて、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告が今月15日、人権理事会で発言した。

    5
    続き

    深夜に帰宅途中、神奈川県の私鉄駅で80歳は…

     深夜に帰宅途中、神奈川県の私鉄駅で80歳は超えていると思われる老女が何をするでもなくいるのを時々見掛ける。駅やその周辺を徘徊(はいかい)しているらしい。

     こんな夜遅くにと誰もが心配するが、駅員もどうしようもないようだ。1人暮らしなのか、家族はどうしているのかと不審に思っていたが、ある日の夜遅く、老女と同じくらいの年齢の男性とベンチで話しているのを見て、合点がいった。夫と思われるその男性も、認知症の妻の徘徊をどうすることもできないのだろう。

    2
    続き

    公共の場、グリル禁止

     日本も暑い日々が続いていると聞くが、アルプスの小国オーストリアでは30度を超える真夏の日々が続いている。今後1週間の天気予報では、今月29日、40度を超えるだろうという。

    0
    続き

    家事労働がアートになる日

     かつて家事代行サービスは富裕層が利用するものだったが、最近は一般世帯にも利用が広がりつつある。

     これほど家電が進化しても、家事を軽減したいという主婦ニーズはなくならない。先日も、AI(人工知能)を搭載した全自動衣類折り畳み機のデモンストレーションを見て驚いた。AIロボットがTシャツやズボンやタオルを丁寧に折り畳み、衣類の種別ごとにクローゼットに仕分けしてくれる。1枚約10分、30枚くらい可能だが、所要時間は5時間という。シャツのボタンを留めたり、裏返しの服を戻したりはできない。

    1
    続き

    沖縄が梅雨明けしたが、列島はまだ曇りがちの…

     沖縄が梅雨明けしたが、列島はまだ曇りがちの晴れや曇り時々雨の梅雨の日々が続く。白やピンク、青や紫のアジサイの花がわが時を得たりとばかりに、薄曇りのぼんやりした景色の中で色合いをひときわ鮮やかに輝かせる季節である。

     今年もはや週末には1年の折り返し点となる「夏越(なご)しの祓(はら)え」を迎える。6月晦日(みそか)のこの日は、12月末日の大晦日と並ぶ大祓えの日。各地の神社で行われる神事で、大きな茅(ち)の輪をくぐったり、紙の人形(ひとがた)で身体をなで川に流したりして心身を清める。

    1
    続き

    解決できるのか? 年々深刻化するパワハラ問題

     先週発売された「週刊新潮」で、またもや議員の驚くべき記事が公開されました。安倍チルドレンの1人でもある、衆議院議員の豊田真由子氏(埼玉4区、2期目)が、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加えていた事実が発覚。パワーハラスメントを超えた言動に秘書が告発し、豊田氏が罵倒する声をICレコーダーで録音していた音声が、YouTubeの「デイリー新潮」チャンネルで公開されました。  動画は公開して1日足らずで80万回以上再生され、YouTubeの「急上昇1位」となりました。豊田氏は週刊新潮が発売された6月22日の夕方、自民党に離党届を提出したと報道されましたが、ネット上では離党だけで納得する声はほとんどなく、議員辞職を求める声が圧倒的に多く上がっています。暴言だけではなく、殴る蹴る、ハンガーで叩くといった暴行を断続的に加えられた秘書の男性は、同月18日付で辞職。これまで数十人の秘書が辞めていった程、酷いパワハラだったにもかかわらず、告発するまで公にされなかったことが不思議でなりません。議員だけでなく、一般企業でもパワハラは問題視され、裁判沙汰になった例もあるほど注目されています。

    ●パワハラだと感じるとき  豊田氏の騒動から、改めてパワハラについて考えさせられますが、実際にパワハラを受けたという人たちが、上司のどういった発言や言動に対してパワハラだと感じたのか調査したサイトがありました。  例えば、終バスに乗れないため、上司より先に帰った時、「君が駅から歩けないようなそんなド田舎に住んでるせいで俺が迷惑してるんだぞ!!」と言われたそうです。また、プライベートな話を何一つしたことがなかったのに、上司から「今までの人生、チャラチャラしてただけのくせに」と言われたなど、不当な発言をされたという人もいました。  その他にも、残業をケチるために、とてもできないような量の仕事を「定時までに終えろ」と言われた、仕事上の無理な要求をされたので丁重に断ったら「無駄に図体だけでかくて使えねぇなぁ」と言われた、など、仕事とは関係のない人格を否定する言葉を投げつけられたという人が多くいました。仕事上のミスをしたから、態度が悪かったからと、自分に非がある場合は叱責されても納得できますが、人格を否定されたり、不当な扱いを受けるときには、パワハラだといえるでしょう。  部下のことをまるで奴隷のように扱ったり、地位や権力を盾に横暴な態度を取る上司と1対1でぶつかることは簡単にはできないことです。そのため、社員の相談窓口を設けるなど、パワハラの問題を解決・予防するための取り組みを行っている企業が増えてきているようです。

    2
    続き

    米駆逐艦衝突事故、コンテナ船は衝突時自動航行だった

     米海軍当局者は、米駆逐艦「フィッツジェラルド」(8315㌧)と伊豆沖で衝突したフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル」(2万9060㌧)は事故当時、自動航行しており、船橋には誰もいなかった可能性があると指摘した。

    2
    続き

    博物学者、生物学者、民俗学者として知られた…

     博物学者、生物学者、民俗学者として知られた南方熊楠(1867~1941年)の生誕から今年で150年となる。1867年は大政奉還のあった年だ。その後、明治日本に西欧の自然科学が怒濤(どとう)のごとく流入する中、日本人としての知の営みを意識した科学者だった。

     熊楠に対する評価は、この十数年で著しく高まっている。むろん博覧強記の天才だとは以前から言われていたが、最近になって、ようやくその思想性への理解が深まってきた。その中でも、「粘菌」は今日、最新の研究対象である。

    1
    続き

    北朝鮮のテコンドー外交とその担い手

     ラップトップを開くと、グーグルのサイトが出てきた。武道着を着た男性が足を挙げたり、けったりしている動画が出てきた。今日は「空手の日」だったかな、と一瞬思ったが、「世界テコンドー大会」という説明が付いていた。「世界テコンドー連盟」(WTF)主催の「世界テコンドー大会」が24日、韓国中部の全羅北道茂朱で開催されたのだ。

    1
    続き

    「見えてゐる海まで散歩風薫る」(稲畑汀子)…

     「見えてゐる海まで散歩風薫る」(稲畑汀子)。蒸し暑い日には、窓を開けて爽やかな風を迎えたくなる季節である。どこからか風とともに草木の匂いが運ばれてくる。

     自然の少ない都会に住んでいるとはいえ、緑地や公園があるせいか、風の中に不思議なほど初夏の木々の緑が感じられるのである。家の前に飾られた植木鉢の花も、乾いた心には潤いを与えてくれる。

    0
    続き

    平壌発「米学生の死」の謎解き

     北朝鮮から解放され、米国に帰国した米バージニア大の学生、オットー・ワームビア氏(Otto Warmbier、22)が19日、地元の病院で死亡した。ワームビア氏は観光目的で北朝鮮を訪問し、政治スローガンが書かれたポスターをホテルから持ち帰ろうとして、2016年1月2日に拘束された。裁判で15年の「労働教化刑」を言い渡されたが、昏睡状態に陥り、今月13日に解放された。

    5
    続き

    中国が米韓演習の中止を要求

     中国は21日に行われた米中閣僚級による外交・安全保障対話の初会合で、北朝鮮の核と長距離ミサイルの実験の停止と引き換えに、米韓が軍事演習を中止する「双停」を提案したが、米側は、これまでにも試みられた方法だが、北朝鮮に核放棄を決意させるには至っていないと拒否した。米当局者が明らかにした。

    3
    続き

    「『愛してる』と言って、そのまま旅立ち…

     「『愛してる』と言って、そのまま旅立ちました」。歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻でキャスターの小林麻央さん(34)が息を引き取る瞬間の様子を、海老蔵さんが記者会見で明かした。涙で目をぐしょぐしょにしながら。

     乳がんにかかり、闘病生活をブログで発信して英BBC放送の「女性100人」にも選ばれた麻央さん。最後の瞬間に「愛」という最も大切なメッセージを夫に残して旅立っていった。見事というしかない。

    4
    続き

    韓国の惑星探査とソウル大での日本人研究者達

     今月11~19日に韓国に渡り、テジョンにある天文研究院(KASI)で集中講義をし、浦項にあるPOSTECHでセミナーをし、ソウル大の石黒研の研究集会に参加し、天文学科セミナーをし、最後に東大ソウルオフィスの主催する研究者のセミナー・夕食会に参加した。これらの研究機関での活動は、2月に訪韓した際に決まったもので、やはりコネの重要性を感じた。また、観光を含むその9日間は非常に濃密で意義ある体験をした期間であった。

    4
    続き

    日本の防衛 相手に合わせて変化しないと無意味 NHKクローズアップ現代+から

     昨日のクローズアップ現代+、日本の防衛の問題です。(岐路に立つ防衛政策 ~“敵基地攻撃” “防衛費”は~)

    >核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮や、海洋進出を強める中国など、安全保障環境が大きく変化する中、自民党の安全保障調査会は20日、敵の基地を攻撃する能力の保有や、防衛費の確保について踏み込んだ内容を記した提言の案をまとめた。今後、防衛力をどのように整備していくべきなのか。岐路に立つ防衛政策のあり方を考える。

    5
    続き

    ご飯食べ放題禁止法?

     フィリピンは日本と同じく米食の国だ。三度の食事にご飯は欠かせず、庶民は少ないおかずに大量のご飯でお腹を満たす。

     そんな庶民に人気なのがバイキングなどの食べ放題や、ご飯食べ放題のレストランだ。飲み物は甘いコーラなどのソフトドリンクが定番ときており、このような食生活から肥満に陥って、糖尿病や高血圧などの成人病を患う国民がとても多く、死因の上位を占めている。

    2
    続き

    藤井四段はAI棋士に勝てるか

     将棋界の記事がよく流れてくる。その中心は最年少棋士の藤井聡太四段(14)の活躍だ。同四段は21日、王将戦予選で澤田真吾六段(25)を破り、デビュー戦以来歴代第1位に並ぶ28連勝を記録したばかりだ。それにしてもすごい棋士が現れてきたものだ。

    5
    続き

    「でも、私のロバだわ」

     「酔ってるの?あたしが誰かわかってる?」「ブーフーウーのウーじゃないかな」

     これは短歌です。そのつもりで読めば、字数がぴったり合っていることが分かります。  この歌の作者、穂村弘のことを教えてくれたのは大学卒業したての息子。

     「そんな歌人がいるのか」と反応すると、やや冷ややかな息子の視線を受けました。

    6
    続き

    中国政府、クシュナー氏に接近

     中国ウオッチャーらによると、中国政府は、ロシアの米大統領選介入疑惑が中国にも飛び火して反中感情が米国でわき起こり、モラー特別検察官による捜査対象に中国を加えるのではないかと懸念しているという。

    4
    続き

    「梅雨の崖富者は高きに住めりけり」(西島麦南…

     「梅雨の崖富者は高きに住めりけり」(西島麦南(ばくなん)、1895~1981)。崖に梅雨の雨が降っている。崖を見上げれば、その上の方には経済的に豊かそうな人が住んでいる。この流れからすれば「崖の下には富者でない人が住んでいることが多い」ということになる。

     「高き」と言えば、昨今のタワーマンションが思い浮かぶ。階が上になるほど家賃や価格が高くなる。だが「それでも上の階に住みたい」という欲望はなくならない。

    2
    続き

    ひったくり事件に思う

     先日、サンパウロ市内を歩いていると、すぐ後ろから「泥棒だ、助けてくれ」という大声が聞こえてきた。驚いて振り返ると、ほんの数㍍先で30代の白人男性が大声を出しており、その先に走り去る若い男の姿があった。

    3
    続き