■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【ターゲット】アプリ機能に店内GPSでナビ!アプリ開発は早いもの「価値」となる?

    ターゲット・アプリの屋内位置情報機能のケーススタディ動画スクリーンショット。ビーコン(Beacon)とブルートゥース(Bluetooth)技術を応用し利用者と目当ての商品の位置を店内マップに表示する。

    ターゲット・アプリの屋内位置情報機能のケーススタディ動画スクリーンショット。ビーコン(Beacon)とブルートゥース(Bluetooth)技術を応用し利用者と目当ての商品の位置を店内マップに表示する。

     ■人気アプリ機能のカートウィールを本体のアプリに統合中のターゲットは20日、屋内位置情報をアプリに搭載することを発表した。年末商戦までに半数の店舗で利用できる店内の位置情報機能は、ビーコン(Beacon)とブルートゥース(Bluetooth)技術を応用したもの。クーポンアプリのカートウィールで、商品を店内で探すときに役立てる。店内GPSとも呼べる機能は、利用者と目当ての商品の位置を店内マップに表示する。

     カートウィールだけでなくショッピングリストにある商品からも店内位置情報を利用可能とする。また、店内マップでセール情報等も表示するとしている。最高情報&デジタル責任者(Chief Information and Digital Officer)のマイク・マクナマラ氏が示した動画では最後に商品バーコードのスキャニングを映しており、ウォルマートのスキャン&ゴー(Scan & Go)のようにモバイル・チェックアウトもしくはモバイル・ペイメント機能の搭載も示唆している。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。アプリ内で決済するため、レジを通らず買い物を済ませることができる。

     ターゲット本体のアプリに統合中のカートウィール機能とはターゲットが提供する500~700アイテムのディスカウントを受けることができるクーポンアプリだ。値引き対象となる多くの商品が「アーチャーファーム(Archer Farms)」「アップ&アップ(Up & Up)」などターゲットのプライベートブランド(PB)商品で、多くが5%~10%の値引きとなっている。2年まえの年末商戦からは毎日、玩具1アイテムが50%オフとなる販促も行っている。値引き期間も短いものでは「当日1日のみ」から、最大1ヶ月以上にも及ぶ長期間のものもある。

     ユーザーは購入したい商品をタップしてリストに加え、購入時にお店のレジでバーコード(スマートフォンもしくはプリントアウトで提示)をスキャンし値引きを受ける仕組みとなる。カートウィールは期限内であれば同一商品の値引きを何度も受けられ、ターゲットが提供するクーポンやメーカー・クーポン、さらにターゲット・レッドカード利用の5%引きも受けられる節約主婦の間では大人気なのだ。4年前から始めたカートウィールはこれまでに約4,000万回ダウンロードされ、10億ドル以上のディスカウントを提供したという。

     ターゲットはアプリ機能を進化させることで、出遅れているオムニチャネル化を加速したい考えだ。

    ケーススタディ動画では商品バーコードのスキャニングを映しだしており、ウォルマートのスキャン&ゴー(Scan & Go)のようにモバイル・チェックアウト(もしくはモバイル・ペイメント)機能の搭載も示唆している。

    ケーススタディ動画では商品バーコードのスキャニングを映しだしており、ウォルマートのスキャン&ゴー(Scan & Go)のようにモバイル・チェックアウト(もしくはモバイル・ペイメント)機能の搭載も示唆している。

    こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当社の「最新!ネットとリアルが融合するオムニチャネル戦略コンサルティング・セミナー」では小売アプリの最先端機能を使ったワークショップを行っています。今、小売アプリを使わずしてアメリカ小売業を語ることはできません。小売アプリは「ポケットに入る小さなお店」であり、伸びている小売チェーンは早くからアプリ開発に着手しています。

     例を挙げるとウォルマートでは「ショッピングリスト」「リオーダーナウ」「セービングキャッチャー」「ウォルマートペイ」、ホームデポは「イメージ検索」「リアルタイム在庫」「3Dマッピング」「ボピスからボドフス:受け取り選択」、ウォルグリーンでは「処方箋補充スキャンニング」「eクーポン」、外食でもチックフィレやスターバックスでは「モバイルオーダー&ペイ」、パネラブレッドでは「オーダー・フロム・マイ・テーブル」などあります。アプリを使いながら、利用者から店側のメリットまで考えてもらうのです。

    当社のコンサルティング・セミナーではお店で店内を回る視察よりも、アプリを使ったワークショップに多くの時間を割いているほどです。参加人数を20名以内にしている人員制限も、実際にアプリ機能を使って買い物を行うためです。口で説明するよりも参加者一人一人に、チックフィレでモバイルオーダーをいれてもらうことでオムニチャネル化の最先端事例を肌感覚で体験してもらうのです。

     知っていると、使ったことがあるとでは大違い。文字通り百聞は一見にしかずです。腹に落ちると人に話したくなります。コンサルティングを行った某チェーンの経営者は成長ビジョンが描けたと同時に、決算発表時の金融機関への説明でも成長戦略を上手く説明できたと喜んでいいました。また(競争上)有難いことに、日本の大半の小売業者は小売アプリやアプリ機能の重要性にほとんど気づいていません。原因として、日本のメディア記者が、記事として取り上げようにもアプリを使って買い物をしていない(できない)ことがあります。

    日本のスマートフォンではアメリカ小売業のアプリをダウンロードできなかったり機能が制限されてしまうのです。現地に来ても大手チェーンストアアプリを使えないのです。サムズクラブの革新的アプリのスキャン&ゴーも、アマゾン・ゴーほど日本では伝わっていません。アメリカ小売業のアプリ開発競争が加速しているにもかかわらずです。したがって小売の地殻変動がいつまでも見えてきません。

     アメリカの消費者はお店に行っても「ポケットに入る小さなお店」で買い物をしているのです。アプリ経由で買い物しなくても、お店での買い物にアプリが大きな影響力をもってきているのです。エントリー記事にあるようにターゲットは独立したアプリであったカートウィールをターゲット本体のアプリに統合しています。そしてカートウィールで値引きされる商品を店内マップを使い、お客をナビしようとしています。店舗開発と同じようにポケットに入る小さなお店も、開発に終わりはありません。

     アプリは早い者「勝ち」で、後々には「価値」にもなります。開発中に必ず何度も失敗をするからです。失敗するなら早いほうがいい。エジソン曰く「失敗はしていない。上手くいかない1万の方法を発見したのだ(I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work)」もアプリに当てはまります。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。