■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【スチューレオナード】2,000坪の新店オープン!JFKに到着後30分弱で行けるお店?

     ■顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」で有名なスチュー・レオナードは8月23日、6店舗目をオープンした。

     1号店のコネチカット州ノーウォーク店は2,900坪(スタッフ数:657名*)、1992年にオープンしたコネチカット州ダンバリー店は3,600坪(471名)、1999年にオープンしたニューヨーク州ヨンカーズは3,400坪(678名)、2007年にオープンしたコネチカット州ニューイントン店は3,200坪(420名)、9年ぶりに昨年1月にオープンしたロングアイランド・ファーミングデール店(400名)は1,700坪だ。1,960坪(400名)となる6店目はジョン・F・ケネディ国際空港から東に30キロ弱のところにあるロングアイランド・イーストメドウ地区(1897 Front St., East Meadow, NY 11554)にオープンした。

     2013年までパスマークがあった場所に開店したのだ。ワンウェイでコントロールされアイテム数2,200品目は他の店舗と同じだ。昨年1月20日にオープンしたファーミングデール店より通路を広くとっているのが特徴だ。

     エントランスからアイスクリームショップとコーヒーショップを通過し、スチューレオナード名物のアップル・サイダー・ドーナツを出来立てで提供するドーナツマシーンがある。ベーグルを含むベーカリーセクションから青果コーナー、スチューレオナードの前身である酪農店の歴史を伝えるデイリー、天井から巨大ロブスターが見下ろすシーフードコーナーにスチューレオナードの看板商品のロブスターロール、アジア系の料理も充実しているホット&コールド・デリには客寄せ商品の人気ケトルチップス(釜揚げチップ)が大量に鎮座している。

     レジはエクスプレスとフルサービスがおのおの13台あり、レジ奥には狭いながらもイートインスペースも置かれている。なおスチュー・レオナード・イースト・メドウ店の営業時間は朝8時~夜10時となっている。

     オープン初日には朝の4時45分から並んだお客もおり、スチュー・レオナードの人気はイーストメドウでも健在だ。スチューレオナードはニュージャージー州パラマス地区の出店を模索しており、パラマス・パーク・モール(Paramus Park Mall)SCから誘致交渉が進められていると一部に報じられている。
     今後はファーミングデール店やイーストメドウ店をひな形にさらなる出店が期待されている。

    (*スチューレオナードが2016年2月に発表したデータを参考。)

    スチュー・レオナード・イーストメドウ店のディレクトリー。ワンウェイでコントロールされアイテム数2,200品目は他の店舗と同じだ。昨年1月20日にオープンしたファーミングデール店より通路を広くとっている。コインを投げこむと願い事がかなう「Wishing Well(願い井戸)」のあるエントランスからアイスクリームショップとコーヒーショップを通過する。入り口には顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」も健在だ。

    焼き立てのパンを提供するインストア・ベーカリー。ニューヨーカーに人気なのは色が少々毒々しいレインボー・ベーグルに真っ赤なスパイシー・チートス・ベーグル。スチューレオナードのベーグルは1個69セントからで1ダースは6.99ドルとなっている。パンの形をしたチャイムのブレッドチャイムが見える。

    ワンウェイコントロールされた通路に「ハンクとボーのファーマーズ・マーケットバンド」やサーフィンをするバナナの「ボビー・バナナ」「スリーグッドエッグ・コーラス隊」「ファーム・フレッシュファイブ楽団」など様々なからくり人形や動物が置かれ、子供たちの目を楽しませる店舗となっている。子供の目は人形に釘付けで静かになるので、お母さんらは安心して買い物ができるのだ。

    こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。スーパーマーケット視察で大切なことは(お店の情報を知ること以上に)買うこと、食べること、(アプリや店内タブレット端末の最新テクノロジーなど)使ってみることです。

     ランチ時に訪れた場合、スチューレオナードでは大人気で、身が詰まったロブスターロール(9.99ドル)とコーヒーはマストです。食後には濃厚なミルクのアイスクリームが美味いです。おなかが空いてなくても、色が毒々しくも子供に大人気のレインボー・ベーグルや看板商品のケトルチップなども参加者にシェアしてもらっています。

     ポイントは買い物しながらスタッフから貰うサンプルです。これだけでお腹が一杯に膨れますが、スチューレオナードに何度も訪れている人でもサンプリングを意外に知らなかったりします。先月、調査に行ったときに貰ったのが「お米せんべい(Rice Cake)」です。欠片でいいものを直径12~13センチのせんべいを丸々試食できました。続けていくと身体を悪くします。
     イースト・メドウはJFKから近距離にあるので日本から到着した直後、最初に訪れる店として決まりですね。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。