■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    【クローガー】遂に食品スーパー最大手がグローサラント「キッチン1883」をオープン!

    ケンタッキー州ユニオン地区に新しくオープンするクローガー・マーケットプレイスに併設してレストラン「キッチン1883(Kitchen 1883)」が現在、工事中となっている。確認したところ10月4日にオープン予定という。

    ケンタッキー州ユニオン地区に新しくオープンするクローガー・マーケットプレイスに併設してレストラン「キッチン1883(Kitchen 1883)」が現在、工事中となっている。確認したところ10月4日にオープン予定という。

     ■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーがレストラン・ビジネスに参入しグローサラントをテスト展開する。

     本社があるオハイオ州シンシナティの地元メディアが伝えたところによると、ケンタッキー州ユニオン地区に新しくオープンするクローガー・マーケットプレイスに併設してレストラン「キッチン1883(Kitchen 1883)」が現在、工事中となっている。クローガーはキッチン1883(9003 US-42 Union, KY 41091)についてコメントを控えているものの、同社の雇用イベント(Hiring Event)の説明欄には「キッチン1883は(冷凍ではなく)新鮮な素材から作る料理や手作りのカクテルを提供する、家族で楽しめる雰囲気のレストラン」と紹介されている。

     10月にオープン予定となるレストラン内にはバーも導入され、地ビールやワインなどの提供も予想されている。なお、レストラン名にある1883は、クローガー創業者のバーニー・クローガー氏がシンシナティに食品店をオープンした1883年からつけられている。

     グローサラントとはスーパーマーケットを意味するグローサリー(grocery)とレストラン(restaurant)を合わせた造語であり、レストランのような高品質のプリペアドミールを販売しながらも、スーパーマーケットの店内でも食事を提供する業態だ。スーパーマーケットが新鮮な食材を活かしたこだわりのメニューで、競合店やオンラインストアより先に顧客の胃袋を奪ってしまう戦略でもある。
     グローサラント業態はスーパーで毎日の買い物をしながら手っ取り早く胃袋を満たせる利便性が受け、スーパー内で洗練されながら急拡大している。調査会社NPDグループによるとグローサラントは昨年、100億ドルの売上をもたらした。NPDではグローサラント目的の集客が2008年から30%も増加していると試算しているのだ。グローサラントが拡大する要因にプリペアドミールを購入するお客の40%以上を占めるミレニアル世代の台頭がある。またファストカジュアル・レストランより53%も安価なことからグローサラントが人気となっているのだ。

     テキサス州など370店以上を展開するHEBでは著名料理人であるランディ・エヴァンス氏を雇い、テキサスBBQを中心にしたメニューでスーパーマーケット内にレストランを導入している。

     彼がプロデュースした料理をサンアントニオのザ・マーケット・アット・ストーンオーク(The Market at Stone Oak)にある「オークス・クロッシング(Oaks Crossing Restaurant & Bar)」や同じくサンアントニオ郊外のHEBにある「スリー・ダブル・オゥ・ナイン(3 Double-O Nine Bar & Restaurant)」、さらにヒューストンのHEB内にある「テーブル57(Table 57 Dining & Drinks)」等で提供している。

     最近ではレストラン名を「ツルー・テキサスBBQ(True Texas BBQ)」にしてHEB内で展開している。ニューヨーク州などで93店舗を展開するウェグマンズも店内にフルサービス・レストラン「パブ(The Pub)」を導入している。ニューヨーク州ピッツフォードにあるウェグマンズの旗艦店の隣にはカジュアル・ダイニング「バーガーバー(Burgar Bar)」を出店している。この店から車で1~2分の距離にフリースタンディングでフルサービス・レストラン「ネクストドア・バイ・ウェグマンズ(Next Door by Wegmans)」を展開している。

     またロチェスター店では2階層のフルサービス・イタリアンレストラン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」もある。アイオワなど中西部に240店を展開するハイヴィーは、100ヵ所近くのスーパーマーケット内に「マーケットグリル(Market Grille)」を導入している。ハイヴィーのマーケットグリルはHEBやウェグマンズのようにスーパーマーケット内に独立したレストランを展開しているオペレーションとは異なり、レストランの調理場をデリと一部で共有している。

     メニューはステーキやシーフード、サンドウィッチ、ハンバーガーからピザやパスタのイタリアン、さらには中華や寿司までと幅広いのが特徴だ。グローサラントを早くから始めているのがホールフーズ・マーケット。ホールフーズの新コンセプトストア「365バイ・ホールフーズ・マーケット(365 by Whole Foods Market)」では地元で有名なレストランを導入し、今年1月マンハッタンにオープンしたブライアントパーク店では地元で有名なカジュアルレストランにフルサービスのレストランも導入しているのだ。 クローガー傘下ではシカゴで40店以上を展開するマリアノスなどがグローサラントを強化した店舗を続々オープンしている。

    こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。クローガー傘下で南カリフォルニアで展開しているラルフス・フレッシュフェアで先週末、クローガーのミールキット「プレップ+ペアド(Prep + Pared)」を購入してきました。

     実践するコンサルタントとして後藤は毎日、クローガーのミールキットを調理して食べています(詳細はまた別の機会にアップ予定)。ミールキットはアメリカで参入企業が増え有望な市場となっています。が、エスニック系の様々なミールキットを試している後藤は、もう飽き飽き(笑)。うんざりしながらも調理して、慣れない香辛料に我慢しながら食べて思うのは「日本人がちょっと手を加えるだけで抜群に美味いミールキットができるはず」ということ。

     無論、原価を抑えてです。アメリカに進出して成功している日本の外食産業は少なくありません。彼らが大手スーパーマーケットチェーンと提携し、ミールキットも開発できますし、日本人一個人(主婦も)でも大手チェーンには売れます。

    日本人はアイディアをどんどん積み重ねていく工夫が得意なので、アメリカで生まれたイノベーション(革新)をエボリューション(進化)させればよいのです。

     アメリカ小売業は、私たち日本人のためにお金をかけ壮大な小売実験を次から次へとやってくれます。本当にこんな有難い国はありません。多少手を加えればうちの会社や業界・産業に移転できそうなアイディアに溢れています。

     先日、ニューヨークでフードホールなどを視察するコンサルティング・セミナーを行いました。クライアントの意図を把握し、当社予定に入っていないウェグマンズの最新店(ニュージャージー州ハノーバー店)に行きました。ウェグマンズのグローサラントであるバーガーバーで人気メニューを食事してもらい、いくつかに進化しつつあるグローサラントのサードプレイスについても後藤の洞察から「新たな儲け方」を学んでもらったのですね。日本人の得意なことにフォーカスしたアドバイスなのでクライアントの目は輝きます。

     ところでクローガーは本社近くのマーケットプレイスでキッチン1883をテストします。これまでと違いかなり本気でグローサラントに取り組みます。また大いなる洞察を得ることができます。ありがとう!アメリカ小売業。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。