■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    後藤 文俊
    後藤 文俊
    流通コンサルタント
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    神谷 宗幣
    神谷 宗幣
    龍馬プロジェクト全国会 会長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 幸嗣
    中村 幸嗣
    元陸上自衛隊医官
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    石平
    石平
    評論家
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    物価上昇の連鎖を図る国家総動員体制か

    日銀、省庁、業界、メディア一体

     メディアまで巻き込み、値上げの連鎖を引き起こそうとする仕掛けが裏で動いているような感じです。陰で旗を振っているのは官邸に違いありません。日銀の異次元金融政策が効果を表さないので、業種ごとの価格改定を奨励し、値上げが国全体に広がるように仕向けようとする作戦です。

     通常なら値上げをしようとすると、消費者の抵抗にあったり、政府も合理化努力を注文するでしょう。それがデフレが続き、「値上げは善」の時代となり、政府、日銀は理由はどうあれ、とにかく値上げなら歓迎しています。値上げが進むと、中身はどうであれ、アベノミクスが効果を上げている証明だと評価される妙な現象です。

     本来なら、景気が好転し、需要が高まり、その結果、物価も上がっていくというのが歓迎すべき姿です。経済活動の結果が物価に表れることになるはずです。それがとにかく物価が上がれさえすればいいのだとなると、業界や企業の不合理な体質も温存されたままになりがちです。

    「鳥貴族」の値上げに対する過剰報道

     焼き鳥全国チェーンの「鳥貴族」が28年ぶりに、値上げを発表しました。普段なら新聞の片隅にしか載らないような話です。それをNHKが先週、夕刻から何度もしつこいほど、繰り返し報道する日がありました。情報媒体の動きをウォッチしている知人が「NHKはいつから鳥貴族のパブリシティを請け負っているのか」と、辛口の論評をネットに流しました。NHKは「鳥貴族」のPR役というより、値上げの波が広がることを期待する政府のPR役を演じているかのようです。

     人手不足からアルバイトの時給が高騰し、賃金を引き上げないと、人手を確保できないとかの理由はあるでしょう。1串280円を298円に引き上げるそうです。約6%のアップですね。消費税を5%から8%に引き上げた時の倍の上げ幅です。消費税アップが景気を冷やしたという批判はどこへいってしまったのでしょうか。

     外食中華チェーンの「日高屋」がビールを310円から330円に、これも約6%アップする動きがメディアで報じられています。国税庁が酒税法を改正して、ビールの安売り規制(販売原価以下の販売禁止)を強化し、ビールが値上がりしていることに関連があります。過度の安売りは小規模な酒販店の経営を圧迫しており、それを防ぐというのが理由になっています。

    財務、郵政省も値上げの先導役

     国税庁が安売り規制の強化を6月から始めたとき、私は「ははーん、くるものがきたな」と思いました。ビールが値上がりすれば、消費者物価の引き上げに貢献するだろうし、酒税収入が増加すれば、財務省・国税庁は大歓迎です。デフレ脱却と税収増の一石二鳥ですから、世論の批判を気にする必要がありません。

     6月からハガキが52円から62円に値上がりしました。20%近いアップです。郵便物も140円から220円に値上がり(100g以内、規格外)するなど、大きな上げ幅です。郵便物の減少、人件費の上昇で経営が悪化しているのを防ぐというのが対外的な理由です。郵政省、日本郵便の合作で、値上げムードを高められるという狙いも大きいに違いありません。

     宅急便最大手のクロネコが10月から、大幅な料金値上げを実施します。ゴルフバックは1個1500円が1880円へと、20%以上の値上げです。人手不足対策、残業代の支払い、利益なき繁忙の是正のためのようです。「健全な労働環境を守る」という理由は認めるにせよ、値上げの露払いとして、国交省は歓迎しているに違いありません。値上げに向かう前に、再配送というムダの排除、過剰な競争の自粛、宅配サービスの見直しなどが必要だと思います。

     考えてみれば、黒田日銀総裁が唱えた「異次元金融政策でデフレ心理を払拭していけば、物価上がる」という学説は空転をしています。「デフレ心理が消費者心理にしみついてしまい、国民の安値志向は根強い」、「日米欧の中で、日本が最も価格硬直性が強固である」という、分析がもっぱらです。

     そこで官邸あたりが「個別に料金値上げを奨励していけば、値上げの波は広がるだろう」、「メディアにも値上げ報道を奨励し、国民心理の変化を期待しよう」と、考えたのではないかと思います。

     政府、日銀が掲げる「消費者物価2%上昇」目標に対し、7月は前年比で0・5%で、7か月連続の上昇です。無理やり2%に引き上げるのは止め、1%程度の目標に下方修正し、金融緩和政策の「出口」(転換)を模索し、日銀や財政に過重な負担を与えないようにすべきだと考えます。


    「新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ」より転載
    http://blog.goo.ne.jp/jinn-news

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。