■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 柚留木 廣文 rss

    ライター一覧

    フリージャーナリスト

    自衛隊駆け付け警護 「交戦権否認」正す改憲を

     ようやく再開された衆参両院の憲法審査会は不毛な論議の繰り返しとなった。民進党らは安保関連法や自民党憲法改正草案を取り上げて政権批判に終始し、徒(いたず)らに時間を空費しただけで憲法改正項目の絞り込みすらもできぬまま越年となるようだ。

     民進党は「国防軍」の保持などを明記した自民党の憲法改正草案の撤回を求めているが、現行憲法9条の瑕疵(かし)については既に本欄で縷述(るじゅつ)したので割愛する。ただ、「交戦権の否認」についてはどうしても正さねばならぬとだけ述べておく。独立国家ならば独立と平和を保ち、国民の安全を確保するための軍隊を保有することは当たり前のことであって世界の常識である。

    1
    続き

    自衛隊を国防軍に 改憲論議を本格化せよ

     臨時国会冒頭の衆院本会議で、安倍首相の所信表明演説中に自民党議員らが起立して拍手したことに民進党などの野党は「議会の秩序を乱す異常な事態だ」として抗議した。

     安倍首相は演説の後段で、我が国の領土、領海、領空は断固として守り抜くと述べ、「現場では夜を徹して、今この瞬間も海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が任務に当たっています。極度の緊張感に耐えながら強い責任感と誇りを持って任務を全うする。その彼らに対し今この場から心からの敬意を表そうではありませんか」と呼びかけて、拍手を始めたことが問題だというのである。

    2
    続き

    東シナ海上の領空侵犯 早急に法的不備の是正を

     中国の「南シナ海は漢の時代の2000年前から中国の一部だった」という噴飯物の主張に対して、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は「歴史的な権利を主張する法的根拠はない」とする判決を示した。この判決は「最終的なもの」であり、「紛争当事国は仲裁判断に従う義務がある」と国連海洋法条約に定められている。

     しかし案の定、中国は仲裁裁判を「政治的茶番」だとか、判決を「ただの紙屑(かみくず)だ」として従わない立場を強調しており、中国の無法ぶりはいよいよ極まれりである。

    3
    続き

    サミットに安倍外交結実 米の最も重要な同盟国に

     5月27日、現職米国大統領として初めて、オバマ大統領は被爆地・広島を訪問した。所感を述べた後、大統領は被爆者代表の2人の元へ歩み寄り、握手をしながら耳を傾け言葉を交わした。それはかつて干戈(かんか)を交えた日米両国の和解と同盟関係の深化を象徴するかのような感動的な一幕であった。

     2日間にわたって行われた伊勢志摩サミットは、この米大統領の歴史的な被爆地訪問という見せ場を大団円(だいだんえん)として閉幕し、賑々(にぎにぎ)しいサミット関連の報道も一段落となった。

    2
    続き

    北朝鮮は現実の脅威 衝動的な攻撃に備えよ

     1982年1月8日生まれが正しければ北朝鮮の金正恩第一書記は現在34歳である。

     聞知するところによれば、少年期にスイスに留学。帰国後、北朝鮮の最高学府である金日成総合大学と高級将校の教育機関である金日成軍事総合大学で学び、28歳で朝鮮人民軍の大将に昇進。そして父親の金正日の死去により弱冠30歳で国防委員会第一委員長に就任。党と国家と軍の三権を握る最高指導者となり、元帥の称号を授与された金正恩は「卓越した将軍」とか「軍事的天才」などと内外に喧伝(けんでん)され、その経歴はあのナポレオンを髣髴(ほうふつ)とさせるものがある。

    4
    続き

    安保関連法施行を前に 政治家の責任と覚悟を問う

     1月6日の午後0時半に突如、北朝鮮は国営の朝鮮中央テレビを通じて、「最初の水素爆弾実験を実施した」と発表した。この暴挙に松の内の屠蘇気分は吹き飛び、日本中が震駭(しんがい)する事態となった。

     翌日の新聞各紙は「北朝鮮の核実験」を大見出しで報じ、安倍首相の「我が国の安全に対する重大な脅威で断じて容認できない。強く非難する」との声明に合わせて、対北朝鮮制裁強化の方針を伝えている。

    0
    続き

    謀略国家中国の本質 群雄争覇の兵法を踏襲

     中国の歴史書『三国志』は日本でも人気の古典だが、その中にこんな話が記されている。

     呉王の孫権の部下に呂蒙という将軍がいた。武勇轟く猛将であったが、無学・無教養であったため「呉下の阿蒙」と揶揄(やゆ)されていた。ある時、孫権は呂蒙に「武勇ばかりでなく学問も大切だ。とにもかくにも兵法書の『孫子』と『六韜』を読むがよい」と助言した。

    0
    続き

    安保法国会審議は未熟 議論に欠けた中国の脅威

     「海国とは何の謂ぞ、地続きの隣国無くして四方皆海に沿える国を謂う也。軍艦に乗じて順風を得れば、日本道二、三百里の遠海も一、二日に走り来る也。備えに怠る事なかれ。江戸の日本橋より唐(から)、阿蘭陀(オランダ)迄境なしの水路也」―これは江戸時代後期の寛政3年(1791年)に上梓された林子平の『海国兵談』の一節である。

    0
    続き

    安保めぐる憲法論議 脅威対処の現実的答えを

     またもや問題発言である。安全保障関連法案について「法的安定性は関係ない」と礒崎首相補佐官が講演で述べたことが物議を醸している。参院平和安全法制特別委員会に招致された礒崎氏は「大きな誤解を与えてしまった。大変申し訳なく思う」と陳謝し、発言を取り消した。しかし、民主党など野党各党は礒崎氏の更迭を求めるとともに安倍首相の任命責任を厳しく追及する構えだ。

    0
    続き

    政府はリスクを語れ 自衛隊任務は危険が伴う

     5月27日、安全保障関連法案が衆院平和安全法制特別委員会で審議入りした。今月1日までの審議時間が計22時間と、新聞記事に出ていたが、その殆どを私は視聴したことになる。率直な感想は、これでは国民は全く理解ができないだろうということだ。

    0
    続き

    真っ当な国会安保審議を 「戈を止むるを武となす」

     国会は政治とカネの問題、農水政務官の破廉恥沙汰、NHK会長の言動が何の彼のと、スキャンダル追及に明け暮れて徒らに会期を空費している。そして今度は安倍首相の「我が軍」発言が槍(やり)玉に上げられた。

     3月20日の参院予算委員会で、自衛隊と他国軍との共同訓練に関する維新の党議員の質問に対し、首相が「我が軍の透明性を上げていくことに大きな成果を上げている」と、自衛隊を「我が軍」と呼称したことが問題だと言うのだ。

    0
    続き

    人質殺害と宣伝に憤る 「イスラム国」壊滅を目指せ

     今月1日早朝、「イスラム国」に拘束中のジャーナリスト後藤健二さんが殺害されたとのニュースに日本中が聳動(しょうどう)した。インターネットに公開された映像は、首を掻(か)き切り殺害するという正視に耐えないまことに残忍なものであった。

     後藤さんを殺害した黒覆面の男は「日本政府に告ぐ」として「安倍、勝ち目のない戦争に参加するお前の無謀な決断により、このナイフは健二を殺すだけでなく、どこであろうと日本人の虐殺をもたらし続けるだろう」と脅迫した。

    0
    続き

    海上連絡メカニズム 中国の術策にはまるな

     今月10日、APEC(アジア太平洋経済協力会議)出席のため北京を訪れた安倍首相は、中国の習近平国家主席と会談した。その会談に先立つ写真撮影で2人が対面した様子がテレビで報じられていた。安倍首相の礼を尽くした挨拶(あいさつ)に対して返事もしない習国家主席の仏頂面には恐れ入った。これがAPEC議長国としての元首がとるべき態度であろうか。外交儀礼を弁えぬ無礼千万の対応はまことに苦々しき一幕であった。

     元より中国共産党は封建時代の遺物として儒教そのものを否定していることから、このような非礼、専横な行為が黙許されると思っているのかもしれぬが、儒教の開祖孔子が最も大切にしたのは「礼」であり、「礼の制度が衰頽し、守られていないことがあらゆる政治的・社会的・道徳的な無秩序の根源である」と説いていることは蓋(けだ)し至言であろう。

    0
    続き

    自衛隊の交戦規定 適切な武器使用を認めよ

     8月10日、「60年目の自衛隊・知られざる最前線ルポ」と題するNHKスペシャルが放送された。その内容はどちらかと言えば隔靴掻痒の感を禁じ得ないもので全くの期待はずれであった。

     番組中でただ一つ心耳を澄まして傾聴したのは、今春、防衛大学校と一般大学を卒業して陸上自衛隊幹部候補生学校に入校した学生たちの記者の質問に対する真摯(しんし)な答えであった。

    1
    続き

    集団的自衛権の限定容認 関連法改正こそ正念場に

     歌の文句に「いかに正義の道とはいえど、身にふる火の粉は払わにゃならぬ…」とあるが、平和が絶対の正義であるとするならば、その平和を実現し、享受するためには自らも火の粉をかぶることを覚悟せねばならないということであろう。

     今月1日の安倍首相による「集団的自衛権の限定容認」の政府見解の発表は、同時にその決意の表明でもあったように思う。

    0
    続き