■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長

    呂 永茂 rss (海外ライター シンクタンク)

    ライター一覧
    呂 永茂

    高麗大学法学部卒、同大法学博士。東亜日報論説委員、統一研究所長、統一院政策評価委員、米ジョージワシントン大客員教授、大韓国際法学会理事兼副会長、KBS時事解説者など歴任。現南北戦略研究所所長、ニュース&ピープル・コム代表兼主筆。南北戦略研究所所長。

    対北朝鮮安保理制裁 核放棄するまで続けよ

     北朝鮮は、国連安保理が3月2日採択した史上最強の制裁決議で事実上の全方位的封鎖状態に陥り、金正恩(キムジョンウン)第1書記は権力を引き継いで以来、最大の危機に直面している。

     北朝鮮の4回目の核実験と長距離弾道ミサイルの発射を糾弾する第2270号制裁決議には、国連史上最も包括的で強力な内容が盛り込まれている。北朝鮮に制裁服従か政権壊滅かの二者択一を求める最後通牒であり、制裁の集大成「最終決議(terminating resolution)」なのである。

    0
    続き

    対北朝鮮安保理制裁、核放棄するまで続けよ

     北朝鮮は、国連安保理が3月2日採択した史上最強の制裁決議で事実上の全方位的封鎖状態に陥り、金正恩第1書記は権力を引き継いで以来、最大の危機に直面している。

     北朝鮮の4回目の核実験と長距離弾道ミサイルの発射を糾弾する第2270号制裁決議には、国連史上最も包括的で強力な内容が盛り込まれている。北朝鮮に制裁服従か政権壊滅かの二者択一を求める最後通牒であり、制裁の集大成「最終決議(terminating resolution)」なのである。

    2
    続き

    北朝鮮の「核」威嚇 金政権崩壊を促すだけ

     日韓米の当局は、北朝鮮が朝鮮労働党創建70周年記念日の10月10日に合わせて核・ミサイルで挑発をするだろうとの予想をしたが、杞憂に終わった。

     北朝鮮の挑発予告は、長年の閉鎖と孤立で窮地に追い込まれた金正恩(キムジョンウン)政権を安定させると同時に「強盛大国」の姿を内外に宣伝することで国内の結束を固めることを狙ったものだ。

    0
    続き

    朝鮮総連の創設60年 遠くない弔鐘の鳴る日

     在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が今年で創立60年を迎える。だが、深刻な資金枯れと、北朝鮮の核開発や反人倫的犯罪による国際社会の制裁で孤立を深め、お祝いムードに水をさしている。

    0
    続き

    北朝鮮は人権蹂躙国 欺瞞戦術に騙されるな

     欧州連合(EU)と米国は9月の国連総会で北朝鮮を「最悪の人権蹂躙国家」と規定し、12月には金正恩(キムジョンウン)労働党第1書記など責任者の処罰を促す決議案の通過を準備している。同決議案は国連北朝鮮人権調査委員会(COI)が公式に調査した報告書に基づいたもので、金正恩などを人権弾圧の最高責任者と規定し、国際刑事裁判に付託することを勧告している。

     これに対し北朝鮮は同決議案の通過を阻止するために全方位外交を繰り広げている。2014年9月、李洙★〈土ヘンに庸〉(リスヨン)外相が外務トップとしては15年ぶりに大急ぎで国連に向かったほか、外交通の姜錫柱(カンソクチュ)労働党国際担当書記が急遽EU本部やドイツ、ベルギー、イタリア、スイスなどを歴訪し、北朝鮮の立場を説明した。

    0
    続き

    失敗する対北朝鮮投資 経済と核並進で貧困加速

     北朝鮮は去年から経済の発展と核開発を並行推進するという計画のもとで、経済特区を大幅に増加させてきた。経済・観光特区事業育成のため羅津と黄金坪、元山地域等の開発特区に加え、昨年「経済開発区法」が制定され13カ所の経済開発区が発表された。さらに羅津と新義州、康[令羽]郡を含む経済特区と13の経済開発区、そして3つの観光特区も指定された。

     北朝鮮は経済開発のため、貿易と外国投資を大幅に増やすという計画をもとに傘下機関にこれを督励している。しかし、北朝鮮の過去の貿易事例と外国投資の北朝鮮に対する信頼の失墜で外資誘致と投資は難しいと見込まれている。その理由は様々だ。

    0
    続き

    贅沢三昧の北朝鮮独裁者

     北朝鮮国防委員会第1委員長の金正恩は2013年に、高級時計など約2億7000万㌦の贅沢(ぜいたく)品を輸入し、自分と妻の李雪主(リソルジュ)の豪華な生活に使い果たした。その一方、三代世襲政権の絶対的な抑圧統治体制を維持するために、贅沢品を幹部に与える「贈物政治」で党や軍幹部ら側近の忠誠を繋(つな)ぎ止めると同時に、抵抗と裏切りを予防している 。

     金正恩政権がこの1年間に輸入した贅沢品は、液晶ディスプレイ(LCD)3690万㌦、化粧品389万㌦、高級タバコ5647万㌦、スカーフ類18万㌦などだ 。

    0
    続き