■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント

    長谷川 良 (ウィーン在住) rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    長谷川 良 (ウィーン在住)

    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    「神」が大統領選に駆り出される時

     オーストリアで12月4日、大統領選のやり直し選挙が行われる。候補者は野党「緑の党」元党首のアレキサンダー・バン・デ・ベレン氏(72)と極右派政党「自由党」議員で2013年以来、国民議会第3議長を務めるノルベルト・ホーファー氏(45)の2人だ。今年4月24日の第1回投票、5月22日の決選投票、そして12月4日のやり直し投票だ。選挙戦も3回目となると、候補者も心身ともに大変だろうが、投票場に足を向けなければならない有権者にとっても「またか!」といった思いが出てくるだろう。そもそも大統領職は名誉職であり、極限すれば“なくて困るポスト”ではない。それを8カ月もかけて選挙戦を展開しなければならない候補者、政党にとっても「いい加減にしてほしい」というのが本音だろう。

    0
    続き

    バチカン教理省の「火葬の教え」公表

     今年も「死者の日」がくる。欧州のローマ・カトリック教会では来月1日は「万聖節」(Allerheiligen)」、2日は「死者の日」(Allerseelen)だ。教会では死者を祭り、信者たちは花屋で花を買って、亡くなった親族の墓に参る。日本のお盆の墓参りと考えて頂いてもいいだろう。 

    0
    続き

    ユネスコの政治利用の現状を憂う

     パレスチナが2011年10月、パリに本部を置く国連教育科学文化機関(ユネスコ)に正式加盟した直後から予想されていたことだった。エルサレムの旧市内にある「神殿の丘」をイスラム教に属すると主張、その呼称をイスラム教の“ハラム・アッシャリフ”というイスラム名(Haram al-Scharif)に限定した内容の決議案が21日、ユネスコ執行理事会(理事国58カ国)で賛成多数で採決された。

     決議案に反対した国はアメリカやイギリスら6カ国。棄権は26カ国で、ロシアや中国を含む他の理事国が賛成した。イスラエルは激しく抗議し、米国も「神殿の丘はユダヤ民族との関連を無視してはあり得ない」と指摘、決議の撤回を要求している。

    1
    続き

    ドイツ国防相「睡眠中夢を見なくなった」

     夢をみず、熟睡できればそれに越したことはないが、眠れば時には夢を見るものだ。当方などはかなり夢を見る方だ。このコラム欄でも数回、夢の内容を紹介した。ポップ界の王(King of Pop)マイケル・ジャクソンのネバーランドに当方が舞い込んでしまった夢などはかなり啓示性の高い夢だった(「ちょっとフロイト流の『夢判断』」2012年10月22日参考)。「レオポルト1世が現れた」(2013年6月29日参考)もとても面白かった。

    2
    続き

    ベトナムとバチカン、外交接近

     バチカン放送独語電子版は22日、「バチカンとベトナム、外交接近」というタイトルの記事を送信した。それによると、今月24日から3日間の日程で両国外交関係改善を目的とした第6回作業グループ会合がバチカンで開かれる。バチカンからは国務省外務局のAntoine Camilleri次官、越南からはBui Thanh Son外務次官らが参加する予定だ。

     ベトナムとバチカン両国関係は、ベトナムで1975年、共産党政権(社会主義共和国)が樹立して以来、途絶えてきたが、前ローマ法王べネディクト16世が2007年1月25日、法王庁内でベトナムのグエン・タン・ズン首相(任期2006年6月~16年4月)と会談したことが契機となって、両国間の外交交流が動き出してきた。

    0
    続き

    脳神経外科医の「不死」への挑戦

     独週刊誌シュピーゲル最新号(10月15日号)はイタリアの脳神経外科医との長いインタビュー記事を掲載している。同外科医は昨年、頭部移植計画を公表して以来、世界のメディアがインタビューを申し込んだ人物だ。シュピーゲル誌は会見を申し込んで1年後、同外科医からようやく了解を得てトリノ市で会見した。

    0
    続き

    米軍の電子戦で「ムスダン」は不能?

     韓国の聯合ニュースによると、 「韓国軍の合同参謀本部は20日、北朝鮮が同日午前7時ごろ、北西部の平安北道亀城市のバンヒョン飛行場付近で中距離弾道ミサイル『ムスダン』(射程3500キロ)とみられるミサイルを発射したが、失敗に終わったもようだと明らかにした」という。

     北朝鮮は15日もムスダンを発射したが、失敗している。韓国軍によると、北は過去、計8度、ムスダンを発射し、成功は6月22日の時の1回だけだ。グアム米軍基地まで射程に収める弾道ミサイルの開発という平壌の宣伝文句が空しくなるほどの結果だ。北の弾道ミサイルが依然、技術的に問題を抱えていることを実証した、と受け止めるべきかもしれない。

    0
    続き

    “ハンバーガー”論争に沸くバチカン

     世界最小国家、バチカン市国に近接した教会所有のパラッツォ(大型建物)で米ファーストフードの大手、マクドナルド店が開店される。計画では来年初めには開店予定だ。ハンバーガーが大好きな若者や旅行者には朗報だが、老人人口が多いバチカン関係者ではどうやらそうではないようだ。

    0
    続き

    クリムトの名画「接吻」が観えた!

     ハプスブルク家に仕えていたプリンツ・オイゲンの夏の離宮、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿内の博物館にはグスタフ・クリムト(1862~1918年)の有名な絵画「接吻」(1908年の作品)が展示されているが、その絵画「接吻」を3D印刷技術でRelief(浮彫細工)を制作し、視覚障害者にもクリムトの名画を鑑賞できるようになったという。同博物館が12日、発表した。

    0
    続き

    今こそ新しいユートピアを描こう!

     英国の思想家トマス・モア(1478~1535年)が著書「ユートピア」を発表して今年で500年目を迎えた。それを記念したさまざまなシンポジウムが開催されているという。ユートピアという架空の国を考え、理想とする国家像を描きながら、モアは自身が生きていた世界と対比している。その世界は自由で民主的な国家というより、全体主義的な管理社会の様相が色濃い。モアのユートピア像はその4世紀後、共産主義世界として歴史の舞台に現れてくるわけだ。

    1
    続き

    独教会の「少年聖歌隊」内の性的虐待

     「性的虐待事件は一件、一件、心が痛み、魂が苦しい。なぜならば、個々のケースの背後には、苦しむ子供の魂があったからだ。何もなかったようには振舞うことはできない。ただ、犠牲者の人々に許しを請うだけだ」

    0
    続き

    村上春樹「書き、音楽を聴き、走る」

     ノーベル文学賞の受賞者発表を明日(13日)に控え、ドキドキしている多くの読者がいるだろう。英国ブックメイカーは本命候補者に村上春樹氏(67)の名を挙げている。同氏が今年こそ受賞するのではないか、といった期待は大きい。

    2
    続き

    独化学者の急死と北朝鮮の化学兵器

     今年1月、友人の独の化学者ヤン・ガヨフスキー(Jan Gajowski博士)=写真が急死した。ヤンはシングルだったから、彼の訃報は彼が長い間、勤務していた国連工業開発機関(UNIDO)の訃報欄で知った。ヤンの名前を見つけた時、信じられなかった。彼は健康であり、UNIDOを退職してからコンサルタントなどをし、時間があれば国連記者室を訪ねてきて、当方とよく話した。ヤンには聞き手が必要だった。彼が話す化学の世界には正直言ってついていくのが大変だったが、彼はこちらが理解しているかなど余り関心がなく、話し続けることが多かった。そのヤンが亡くなったのだ。当方が「ドクター・ヤン」というと、「ドクターなどつけないで、ヤンといってくれ」というのが彼の口癖だった、その彼が突然、いなくなったのだ。

    0
    続き

    北朝鮮外交官が突然英語を忘れた!

     駐ロンドンの北朝鮮テ・ヨンホ公使夫妻とその家族が今夏、韓国に脱北したというニュースは大きな衝撃を投じた。テ・ヨンホ公使は脱北者としては過去最高地位の外交官だ。平壌も衝撃を受けたことは間違いないだろう。

    2
    続き

    日本は「金正恩政権崩壊」に備えよ

     毎年10月に入ると、ノーベル賞受賞者の発表が行われる。通称「ノーベル賞週間」だ。同じように、旧ソ連・東欧諸国の共産政権時代に取材してきた当方は10月の声を聞くと、冷戦時代の1980年後半の緊迫感と懐かしさが自然と湧き上がってくる。当方にとって、10月は「冷戦時代の回想」の時となる。お付き合いをお願いする。

    3
    続き

    「ファティマの予言」の封印を解け!

     バチカン放送(独語電子版)が先月29日、報じたところによると、ローマ法王フランシスコは来年5月に聖母マリア再臨100年目を迎えるポルトガルの巡礼地ファティマを訪ねる予定だ。ファティマで1917年5月13日、3人の羊飼いの子供たちに聖母マリアが現れ、3つの予言を託した話は有名で、世界から毎年多くの巡礼者が訪ねてくる。

     封印されてきたファティマの「第3の予言」は新ミレニアムの西暦2000年、教理省長官であったヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿(後日のべネディクト16世)によって、「ヨハネ・パウロ2世(当時)の暗殺計画が予言されていた」と記者会見で公表したが、ファティマの予言を知る多くの専門家は「バチカンは予言の一部を明らかにしただけで、肝心の内容は公表していない」と受け取っている。

    4
    続き

    韓国は「思考の想定範囲」を広げよ

     今年4月、日本で熊本地震が発生し、その2日後にエクアドルで大地震が発生し、両地震で多数の犠牲者が出た直後、韓国日刊紙中央日報は、「韓半島(朝鮮半島)ではマグニチュード(M)6.5以上の大型地震が起きる可能性はありません。地震が起きるような環境にはない」と説明する韓国地質資源研究院のチ・ホンチョル地震研究センター長のコメントを紹介していた。同研究センターは政府庁舎で開かれたブリーフィングで韓半島の大地震発生の可能性を2つの根拠をもとに低く評価したというのだ。

      第1の理由は、「韓半島には大地震が起きるほどの応力(土地に作用する力)が蓄積されない。韓半島西側には巨大断層『タンルー断層』があり、応力の一部だけが韓半島に伝わる防波堤の役割を果たしている」という。

    1
    続き

    北朝鮮核問題の解決チャンスはあった

     前日のコラムで創設60周年を迎えた国際原子力機関(IAEA)の核エネルギーの平和利用の歩みをは早足で紹介した。今回はIAEAの歴史の中で大きなダメージをもたらした北朝鮮の核問題について、簡単にまとめる。

     IAEAは北の核問題を解決できる機会が少なくとも1度はあった。そのチャンスを生かしきれなかったIAEAは、北が過去5回の核実験を実施するのをただ「遺憾」の思いで眺めているほかはなかった。

    2
    続き

    核エネルギーの平和利用「60年」

     国際原子力機関(IAEA)の第60回年次総会が26日、5日間の日程でウィーンの本部で開幕した。天野之弥事務局長は開会演説の中でIAEA創設60年間の歩みを紹介し、「IAEAは過去、多大の実績を挙げてきた」と強調、核エネルギーの平和利用を主要目標に掲げで創設されたIAEAの成果を紹介した。以下、IAEAの使命とその歩みを簡単にまとめた。

    0
    続き

    オバマ大統領の称賛は有難迷惑だ!

     オバマ米大統領はニューヨークで開催された国連総会で欧州の難民問題に言及し、ドイツ、カナダ、オーストラリア、オランダと共にオーストリアの名前を挙げ、昨年シリア・イラクなど中東からの難民を積極的に受け入れてきたと称賛した。

     世界大国の米国の大統領から称賛を受けるということはアルプスの小国オーストリアにとってめったにないことであり、本来は光栄だ。実際、同国日刊紙はさっそくNY電で大きく報道していた。

    1
    続き

    「神の召命したジャーナリズム」とは

     AI(人工知能)の登場や職場のデジタル化で人が汗を流しながら仕事をする職場は次第に減少してきたが、大多数の人はその人生の多くの時間を仕事に投入している。その時間が喜びで溢れているのなら、その人の人生は祝福されている。逆に、強いられた、好ましくない時間となるならば、その人の人生は辛いかもしれない。その意味で、どの仕事に就くか、職業を選択するかは人生にとって非常に重要なテーマだ。誰もが自分に適した職場で働きたいと願う。

    3
    続き

    トランプ氏はレーガンにあらず

     米共和党出身のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)は11月の米大統領選では共和党大統領候補者のドナルド・トランプ氏(70)ではなく、ライバルの民主党大統領選候補者ヒラリー・クリントン女史(68)に投票すると表明したという。

    6
    続き

    「悪魔」と戦ったエクソシストの「死」

     ローマ・カトリック教会で最もよく知られたエクソシスト、ガブリエレ・アモルト神父が16日、ローマの病院で肺疾患のため亡くなった。91歳だった。イタリア北部のModenaで生まれたアモルト神父は悪魔祓いに関する多くの著書、インタビュー、講演で世界的にその名を知られていた。同神父によると、「1986年から2010年まで7万回以上のエクソシズム(悪魔祓い)を行った」という。

    1
    続き