■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    ウィーン在住 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    ウィーン在住

    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    なぜプーチン大統領は犬が好きか

     管義偉官房長官によると、日本を訪問するロシアのプーチン大統領に新たに秋田犬をプレゼントする計画が進められているという。日本は4年前、佐竹敬久秋田県知事(当時)がプーチン氏に秋田犬(ゆめ)を贈っている。その犬がプーチン氏と戯れる写真を見たことがある。まだ、健在のようだ。

     日本が誇る国の天然記念物の秋田犬をプーチン氏にプレゼントするアイデアが好評だったので、もう一匹プレゼントしてはどうか、という考えが秋田犬飼育関係者の間で飛び出し、日本の外務省関係者の耳に届いたのだろう。

    0
    続き

    ドイツ連邦憲法擁護庁にイスラム過激派潜伏

     独連邦憲法擁護庁(BfV)内にイスラム過激派のドイツ人(51)がスパイ活動していたことがこのほど発覚し、関係者に大きな衝撃を投じている。独週刊誌シュピーゲル電子版が先月29日、報道した。

     デュッセルドルフ検察によれば、「スパイが国家の安全に直接関係する情報を外部に流出した形跡はこれまでのところ見当たらない」という。男は未決拘留中で、デュッセルドルフ検察所が調査に乗り出している。

    0
    続き

    モスクワ発情報には注意を

     安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の日露首脳会談を間近に控え、ロシアの得意の情報工作が展開されている。当方は先日のコラム「ソ連国防相ヤゾフ氏の北方領土」の中でも言及したが、ロシアから2つの暗いニュースが流れてきた。1つは、日本側が提案した8項目の経済協力プランの担当閣僚だったウリュカエフ前経済発展相がロシア捜査当局に収賄の疑いで刑事訴追されたというニュース、2つ目は、ロシアは先月22日、地対艦ミサイルの北方領土配備を公表した、という情報だ。

    3
    続き

    3人の法王と交流したカストロ氏

     キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長(1926年8月~2016年11月)は25日、同国の首都ハバナで死去した。90歳だった。遺体は本人の希望もあって26日、火葬された。

    0
    続き

    ソ連国防相ヤゾフ氏の「北方領土」

     安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の日露首脳会談が来月中旬、山口県で開催される。同首脳会談では、両国間の難問、北方領土の返還問題について協議されるという。ロシア側から北方領土返還で日本側に譲歩する提案が出るのではないか、といった憶測が日本側の一部では流れているという。

    0
    続き

    ドイツ政界は選挙戦モードに突入

     欧州連合(EU)の欧州議会のマルティン・シュルツ議長(60)は24日、議長の任期が終わる来年1月末、来秋に実施されるドイツの総選挙に社会民主党(SPD)のノルトライン=ヴェストファーレン州から出馬する意向を表明した。  5年間、議長を務めたシュルツ氏は単に1人の社民党議員になってドイツ政界に復帰する考えはなく、来年9月の総選挙で“社民党の首相候補者”となってメルケル首相と対決するのでないか、という憶測が流れている。政界がにわかに慌ただしくなった。

    1
    続き

    「トランプ」と呼び捨てたオバマ氏

     オバマ米大統領が今月、8年間の任期の終わりを控え、最後の欧州歴訪(ギリシャ、ドイツ)をした時だ。ドナルド・トランプ氏が次期米大統領に選出された直後だっただけに、欧州政界では米国の動向に強い懸念の声が聞かれた。そこでオバマ大統領は欧州で「米国は変わらない」というメッセージを送り、同胞の欧州諸国の米国への不信を払しょくするために腐心した。

     ちょっと皮肉なことだが、オバマ大統領は8年前、「チェンジ」をキャッチフレーズにホワイトハウス入りした大統領だったが、離任を間近に控え、今度は米国は「チェンジしない」ことをアピールするために欧州入りしたわけだ。

    1
    続き

    議論呼ぶ「中絶」に関する法王書簡

     ローマ法王フランシスコは21日、法王書簡「Misericordia et misera」を公表し、中絶した女性が悔い改めるならば罪が許される道を明らかにした。その際は、教区司教の前に懺悔する必要はなく、通常の神父の前に懺悔をすれば許される。  同法王は昨年9月1日、今月20日に終わった特別聖年(2015年12月8日~16年11月20日)の期間、全ての神父に中絶者への許しの権限を与えると発表したが、今回の法王書簡はそれを今後も継続することを明らかにしたものだ。

     ローマ法王の書簡が公表されると、信者たちの間ばかりか、聖職者の中でもさまざまな議論が出てきた。バチカン放送によれば、バチカン法王庁「新福音化推進評議会」の議長サルバトーレ・フィジケッラ大司教は21日、ジャーナリストの質問に答え、「ローマ法王の決定は罪から即免除されることを意味するものではない。回心と神の慈愛が同時に関わった場合だ」と戒めている。そして法王の書簡を引用しながら、「中絶は命を殺すもので罪だが、本人が悔い改めの心を持つならば、神の慈愛によって洗い落とすことができない罪はない」と説明している。

    0
    続き

    「イスラム過激派のニヒリズム説」

     フランスの政治学者オリビエ・ロイ氏(Olivier Roy)は著書「ジハードとその死」の中で、「イスラム教のテロは若いニヒリストの運動であり、宗教的要因はあくまでも偶然に過ぎない」と主張し、波紋を呼んでいる。オーストリア日刊紙プレッセ(21日付)はロイ氏のイスラム教テロリスト論を掲載している。以下、それを参考に、「イスラム過激派のニヒリスト説」を紹介する。

    0
    続き

    「事件の核心」は常に隠される

     米大統領選では世論調査には出てこないドナルド・トランプ氏支持者の票を「隠れトランプ票」として話題を呼んだ。その隠れ票が実際、選挙の勝敗を決定するほどの規模だったかは、今後の詳細な選挙分析が必要だろう。

     興味深い点は「隠れる」という表現だ。何を、誰から隠す必要があるのか。「隠す」とは事件の核心を表に出さないことを意味する。いい意味でも使うが、「隠蔽」などの言葉があるように、悪いニュアンスが強い。

    0
    続き

    「北朝鮮大使館の中は暖房もなく、寒い」

     駐オーストリアの北朝鮮大使館(金光燮大使)で先日、「オーストリア・北朝鮮友好協会」関連の集まりがあったが、そこに参加したオーストリア人の話によると、「大使館の部屋は暖房が切ってあったのか、とても寒かった」という。  海外の北朝鮮大使館は平壌から送金が途絶えているところが多く、自給自足を強いられていると聞いていたが、大使館内の暖房を節約せざるを得ないほど金欠状況が深刻だとは考えてもいなかった。

    0
    続き

    敗北者の「その後」の生き方

     自民党総裁選で1972年、田中角栄に敗北した直後、福田赳夫は「日本が福田を必要とする時は必ず来る」と表明、76年に総裁に就任した福田はその2年後の78年、総裁選で今度は対抗候補者大平正芳に敗北、「現職総裁の敗北」という予想外の屈辱を味わった。その時、「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはある」と呟いたという話は有名だ。

     なぜ、今、福田赳夫の話かというと、米大統領選で対抗候補者ドナルド・トランプ氏に敗北したヒラリー・クリントン氏(69)が敗北後、2週間ぶりに外出し、慈善団体の会議で演説したという記事を読んだからだ。クリントン氏の表情からは明らかに敗北の痛みが感じられた。オーストリアの日刊紙はクリントン氏の選挙中の顔と敗北2週間後の顔の写真を並列して掲載していたほどだ。クリントン氏は「外出したくなかった。ここに来て語るのは大変な努力がいった」と正直にその胸の内を明らかにしている。

    0
    続き

    ジェイク・バグと「源氏物語」

     英国のシンガーソングライター、ジェイク・バグ(Jake Bugg、22)のコンサートが15日夜、ウィーン市内で開かれた。それに先立ち、サウンドチェック前のバクと舞台裏で会見できる機会があった。

    0
    続き

    「地位」は人を作るか

     読売新聞電子版(16日)は「大統領になれば誰でも目を覚ます」という見出しのオバマ大統領の発言を報じていた。

     オバマ米大統領は14日の記者会見の中で、次期大統領のドナルド・トランプ氏について、選挙中の過激な主張から現実路線へ軌道修正していくとの期待感を示し、「大統領になれば誰でも目を覚ます。現実とそぐわない立場や性質は変える必要があることにすぐに気づくだろう」とも述べたという。

    0
    続き

    イエスはどのような男だったか

     音楽の都ウィーンで12日午後、欧州最大のクリスマス市場のクリスマス・ツリーがライトアップされた。待ちに待ったクリスマス・シーズンの開幕だ。子供だけではなく、大人もこのシーズンに入るとワクワクする人が多い。小さな子供を持つ家庭ではプレゼント探しが始まる。賢明なお母さんならば既にショッピングを開始しているだろう。12月に入ってからでは遅すぎるからだ。クリスマス・プレゼントも毎年のことだから、アイデアが浮かばなくなり、頭を抱える親たちも少なくない。

    1
    続き

    バチカン放送の「不都合な写真」

     フランシスコ法王は11日、教会の聖職を断念し、結婚した若い元神父たちを訪ねた。バチカン放送独語電子版が同日、写真付きで報じた。

    0
    続き

    ロゴスを失った政治の世界

     米大統領選の敗北が決まった翌日の10日午前、ヒラリー・クリントン氏がニューヨークのホテルで選挙運動をしてくれた支持派の前で敗北演説をした。それをCNNで聞いたが、感動的な内容だった。当方はクリントン氏の支援者ではない。政治信条では共和党寄りだが、クリントン氏の演説内容は素晴らしかった。特に、若い世代に向けたアピールはクリントン氏の政治的遺言のような響きすら感じたほどだ。

    0
    続き

    欧州極右派とトランプ氏の「関係」

     欧州の極右派政治家と呼ばれる政治家はドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利をあたかも自身の勝利のように歓迎している。オーストリア代表紙「プレッセ」は11日、「フランスの極右政党『国民戦線』のマリーヌ・ル・ペン党首は、『今日は米国で、明日はフランスだ』と述べ、来年実施予定の大統領選での政権掌握への決意を固めている。オランダの極右政党『自由党』のヘルト・ウィルダース党首は、『トランプ氏の行進は決して孤立した現象ではない。欧州でも多くの国民が真の政治転換を願っている』とツイッターで述べ、英国の右派政党『独立党』の欧州議会議員ナイジェル・ファラージ氏は、『2番目の革命が生じた』と英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票の勝利とトランプ氏の当選を重ね合わせている」と報じている。

    0
    続き

    「世論調査」に死刑宣言が下された?

     米大統領選の結果は非常にドラマチックなものだった。英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票(今年6月23日)の結果を凌ぐほど、サプライズな結果だった。トランプ氏の勝利を予測したメディアは少なく、大多数の欧米の主要メディアはクリントン氏の勝利を信じていた。残念ながら、当方もトランプ氏の勝利は「想定外」と受け取ってきた一人だ。

     米大統領選後、「世論調査」一般に対する風当たりが急速に高まってきた。当然の反応だろう。「世論調査」をバッシングする前に、なぜ「世論調査」がその精確性を失っていったのかを少し考えてみた。

    0
    続き

    「強い米国」と「強いロシア」は吉か凶か

     ロシアのプーチン大統領が“強いロシア”の回復を願い、そのために腐心していることはよく知られている、そして次期米大統領に選出されたロナルド・トランプ氏も大統領選では「強い米国を取り戻す」と主張してきた。冷戦時代のライバル、米国とロシアの両国指導者は偶然にも共に、「強い国」を標榜しているわけだ。

     プーチン大統領は9日、トランプ氏の勝利が確定すると直ぐに、「米国とロシアの関係再建に共に取り組もう」とエールを送っている。同大統領は、シリア内戦やイランの核問題で強硬姿勢が目立つヒラリー・クリントン氏よりも、トランプ氏のほうが交渉しやすいと判断、密かに同氏を応援してきたことは周知の事実だ。

    0
    続き

    「トランプ勝利」が示す米社会の変化

     米大統領選の詳細な分析は米国問題の専門家に委ねるとして、欧州に居住する立場から、当方の感想を述べたい。

     ヒラリー・クリントン氏(69)が敗北し、女性初の米大統領という夢は次回以降の大統領選まで待たなければならなくなった。ドナルド・トランプ氏(70)は実業家であり、ワシントンの政治ばかりか、政界にはこれまでタッチしてこなかった政治の素人だ。対抗候補者だったクリントン氏がファースト・レデイーを皮切りに、上院議員、オバマ政権下では国務長官まで務めた政治キャリアを誇るのとは好対照だ。プロの政治家に素人の実業家が戦った大統領選だった。TVの政治討論でクリントン氏がトランプ氏を圧倒したのも当然だったわけだ。

    1
    続き

    北朝鮮核実験から60日間、希ガス未検出

     「指折り数えて待っているのか」とからかわれるかもしれないが、11月8日で60日目となった。何の話かといえば、北朝鮮が9月9日、5回目の核実験を実施してからの日数だ。核実験後、放射性物質希ガス、キセノン131、キセノン133が依然検出されていないのだ。

    0
    続き

    北朝鮮外交官夫人が2重国籍者の時

     日本では第1野党「民進党」の蓮舫代表の2重国籍問題が話題となって久しい。同氏は自身の国籍を明確にせずに選挙に出馬し、参議院議員に選出されていたことが明らかになり、選挙法の違犯問題まで浮上してきている。

     ここでは日本の安保問題と密接な関係がある北朝鮮人の2重国籍問題について少し紹介する。遠い将来、世界が平和となり紛争もなくなったならば、国籍も消滅するかもしれないが、現時点では国籍問題はやはり国の安全問題を無視しては論じられないと思うからだ。

    0
    続き