■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    長谷川 良 (ウィーン在住) rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    長谷川 良 (ウィーン在住)

    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    「神」を信じれば全てが許されるか

     先ず、スパイン東部バルセロナで起きた白ワゴン車暴走テロ事件の捜査状況をまとめる。

    1
    続き

    神は答えた。「ニーチェは死んだ」

     ドイツ哲学者フリードリヒ・ニーチェ(1844~1900年)の「神は死んだ」(Gott ist tot)という言葉は余りにも有名だ。ニーチェはその著書『悦ばしき知識』(Die frohliche Wissenschaft,1882)の中で神の死刑宣言を表明している。ところで、「神は死んだ」という話には後日談がある。その話を紹介する。

    1
    続き

    「車」が走る凶器となって暴走する時

     スペイン東部バルセロナ市で17日午後5時頃(現地時間)、白いワゴン車が市中心部の観光客で賑わうランブラス通りを暴走し、地元警察の発表によると、少なくとも14人が死亡、約130人が負傷した。その数時間後、バルセロナ南部約100キロのリゾート地、カンブリスで5人の容疑者が射殺された。検問を受けた容疑者たちは逃走したため、警察側にストップされ射殺された。容疑者たちはバルセロナのテロ事件に触発され、同様のテロを計画していた可能性があるという。

    1
    続き

    北の夜空に輝く星は美しいか

     金正恩氏(朝鮮労働党委員長)が「賢明な判断を下した」(トランプ米大統領)ことからひょっとしたら朝鮮半島の軍事衝突は回避される可能性が出てきたというニュースが流れてきた。そうであるならば幸いだが、中国側は「まだ分からない」と慎重な姿勢を崩していない。実際、米韓合同軍事演習が21日から開始されるから、北側の態度が再び強硬になる可能性は排除できないからだ。

    0
    続き

    終戦の日と「聖母マリア」の休日

     当方は15日、仕事部屋で窓から入ってくる早朝の微かな風を肌に感じながら、このコラムを書きだした。15日は日本では72回目の「終戦の日」だが、オーストリアを含む欧州カトリック教国では「聖母マリアの被昇天」の教会の祝日であり、同時に休日だ。教会に通わない労働者も15日の休日をもたらしてくれた聖母マリアに感謝する一日だ。

    2
    続き

    「呪われた8月」と米朝核戦争の危機

     オーストリア日刊紙プレッセ(12日付)に興味深いコラムが掲載されていた。「呪われた8月、攻撃の月がまた1カ月間」という見出しのアンネリーゼ・ローラー記者の記事だ。

    1
    続き

    朝鮮半島で米朝間戦争が起きるか

     米CNNは米国が朝鮮半島で北朝鮮に対し戦争を仕掛けるか否かについて米軍事専門家に質問している。その答えは「目下は戦争の可能性はない」という判断だ。

    4
    続き

    避暑地からトランプ氏の「脅迫」発言

     正直いって、これはマズい、と感じた。「何を」かというと、トランプ米大統領が北朝鮮の軍事威嚇に対し、「米国をこれ以上脅かすと、世界がこれまで見たことがないような炎と怒りに直面するだろう」と発言したことだ。  トランプ氏の発言は北が8日、「中距離弾道ミサイル4発を米軍基地のあるグアム島周辺へ同時に撃ち込む作戦を検討中」と発表したことを受けて飛び出したものだ。

    0
    続き

    コーランを鵜呑みにするのは危険

     「宗教の聖典に記述されている一句一句をそのまま受け入れていくと、最終的には根本主義となってしまう」

     スイスのカトリック教会司教会議のシャルル・モレロ議長(Charles Morerod)はスイス日刊紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングとのインタビューの中で語った。バチカン放送独語電子版が7日、報じた。

    4
    続き

    現・前法王が同じ法衣を着る時

     ドイツのミュンスターの教会法の神学者、トーマス・シューラ―氏(Thomas Schuller )は6日のドイツ公営放送の番組の中で前ローマ法王ベネディクト16世(在位2005年4月~2013年2月)の不透明な言動について言及し、「生前退位したローマ法王の役割について教会法に基づいた明確な規約が必要だ」と述べた。バチカン放送(独語電子版)が6日報じた。

    0
    続き

    なぜ「少女像」「労働者像」を建立するか

     韓国聯合ニュースが4日、仁川発で報じたところによると、「日本の植民地時代に強制徴用された労働者を象徴した労働者像の除幕式が12日、仁川で行われる。像は植民地時代の軍需工場があった場所の向かいに位置する公園内に設置される。同公園には慰安婦を象徴した少女像が既に設置されている。像は横幅4メートル、高さ3メートルで、植民地時代の父と娘の労働者をモチーフにした」という。

    10
    続き

    米英が世界の檜舞台から消える時

     旧ソ連・東欧共産政権が次々と崩壊していった時、「時代が動いた」ことを目撃し、新しい時代の到来に希望さえ感じた。あれから30年も経過していないが、同じように時代が動いてきたことを漠然と感じだしたが、冷戦時代の終焉の時のように、「新しい時代が来る」といった興奮や希望より、不安と焦燥感が強いのだ。

    4
    続き

    元神父は刑務所で何を考えたのか

     未成年者への性的虐待で12年の刑期を言い渡され米マサチューセッツ州の刑務所に拘留されていた米国のポール・シャンレィ神父(Paul Shanley)が7月末、刑期を終えて出所した。

    0
    続き

    金正恩氏を苦しめるPTSD

     辛い経験をするとその後、その後遺症に悩まされるものだ。イラク戦争に参加して帰国した米軍兵士たちにみられる心的外傷ストレス障害(PTSD)はその典型的な例だろう。戦場で多くの死体を見てきた人間は日常生活に容易に再統合できないのだ。

    3
    続き

    モーセの十戒「汝、人を殺すなかれ」

     ドイツ北部ハンブルクの百貨店で先月28日、1人の男(26)が台所用刃物で買い物客らを襲い、店の近くにいた1人の男性を殺害し、6人を負傷させた。男は近くにいた市民らによって現場で捕まった。男はアラブ首長国連邦(UAE)生まれのパレスチナ人。ドイツで難民申請したが認められず、強制退去となる予定だった。

    4
    続き

    北朝鮮のICBM試射と6カ国の「思惑」

     本題に入る前に聖トーマスという人物についてちょっと説明する。イエスの使徒の一人、トーマスはキリスト教会では疑い深い人間のシンボルのように受け取られてきた。「ヨハネによる福音書」によると、トーマスは復活したイエスに出会った時、イエスが本物かを先ず確認しようとした。イエスのわき腹の傷に自分の手を差し込んで、その身体を確かめている。だから、教会で疑い深い信者がいたら、「君は聖トーマスのようだね」とからかう。

    1
    続き

    あの日から「聖人」となった老神父

     ジャック・アメル(Jacques Hamel)神父という名前をご存じだろうか。フランス北部のサンテティエンヌ・デュルブレのローマ・カトリック教会の神父だ。アメル神父(当時85歳)がイスラム過激派テロリストに殺害されて今月26日でまる1年を迎えた。

    1
    続き

    蓮舫さんの“日本語”は美しい

     日本の野党「民進党」代表の蓮舫氏の27日の記者会見をYouTubeで聞いた。日本の政界の動向に疎いが、とても興味深かった。以下は、2重国籍問題で追及されてきた蓮舫氏の代表辞任表明の記者会見の印象記だ。

    3
    続き

    「月光仮面」は誰でしょう

     読売新聞電子版をみていると、「月光仮面」の主題歌を作曲した小川寛興さんが7月19日、92歳で死去されたというニュースが目に入った。正直言って、当方は「月光仮面」の主題歌の作曲者名を知らなかったが、「月光仮面は誰でしょう」という歌詞(川内康範作)だけは今でも鮮明に覚えている。

    2
    続き

    バチカン日刊紙、保守派を批判

     バチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノ日曜版(7月23日付)は、教会内の改革嫌いの聖職者を批判し、「フランシスコ法王が願う教会刷新の障害となっている」と指摘した記事を掲載した。バチカン日刊紙が教会内の保守派聖職者をはっきりと批判する記事を掲載することは非常にまれだ。それだけに、バチカン内でフランシスコ法王の教会改革派とそれに対抗する保守派聖職者の間でいよいよ鞘当てが始まったとみて間違いないだろう。

    1
    続き

    チェスター・ベニントンの早すぎる「死」

     米ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカリスト、チェスター・ベニントンさん(41)の突然の死のニュースは世界の音楽界を驚かせた。ベニントンさんは20日、ロサンゼルスの自宅で首をつって死亡していた。

    0
    続き

    あのガーファンクルが戻ってきた

     アート・ガーファンクルのコンサートに行ってきた。18日夜のウィ―ンのコンサートハウスでのチケットが2枚手に入ったのだ。会場に19時半ごろ到着した時、まだ空席が目立っていたが、20時になると会場は約1200人のファンで満員となった。

    2
    続き

    聖職者の性犯罪は「悪魔」の存在証明

     独南部レーゲンスブルクの「レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊」(Domspatzen)内で起きた性的暴行・虐待事件について、「最終報告書」(約450頁)が18日、公表された。過去2年間の調査を担当した教会側のウルリッヒ・ヴェーバー弁護士(Ulrich Weber) によると、世界最古の少年合唱団として有名な同聖歌隊内で1945年以来、547人の少年聖歌隊員が暴力、性的虐待の犠牲となったという。具体的には、500人は暴力、67人は性的虐待の犠牲者だった。容疑者は49人は起訴されたという。

    4
    続き