■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    高橋 富代 rss (社会貢献活動)

    ライター一覧
    高橋 富代

    1963年11月13日生まれ。下田小・中学校、静岡県立下田南高等学校卒業の下田生まれ下田育ち。下田市議会議員を3期目務めた後、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員をしております。時々、講師もしたりします。

    日本人よ怒れ!国連人権理事会は日本人の人権を保障せよ!

     15日に開催した「政治夜話」では地域経済の活性化に絡め、ペリー来航のあまり知られていない目的をお話しさせて頂きました。ペリー来航といえば「日本を開国させた英雄」のような扱いをされているのですが、はっきり言えば日本を植民地にするためにやってきたのです。

     当時アメリカでは鯨油を灯火用に使用しており、今でいう石油などのエネルギー資源として捕鯨をしていました。乱獲によってアメリカ沿岸ではクジラが取れなくなり、船を大型化させ太平洋全域に漁場を求めるようになりました。日本周辺は極めて資源豊富な漁場だったため、捕鯨の中継基地として当然アメリカも目を付けます。  具体的には「難破船員の保護」と「石炭・食料・水の補給」をするために日本が必要だったということです。あと、対ロシア対策もありました。

    19
    続き

    ある自衛官の話(又聞き)~南スーダンより~

     2011年11月から5年半にわたり南スーダンへ派遣されてきた、自衛隊のPKO部隊が撤退したのは今年の5月でしたが、今もなお司令本部へ自衛官が派遣されています。そちらからの現地情報というか、ある方からある方への手紙に書かれていた内容を伺ったという又聞き情報ですが、多くの方に知って頂きたく記事にいたします。

     現地は相変わらず極めて危険な状況にあるようです。酔っ払いが銃を乱射したりなどは日常茶飯事で、しかし、そういう中でも日本の自衛隊員として日の丸を付けた迷彩服で、国連の方々が決して行かない現地の食堂などにも出向き、現地の人たちと交流しているとのことでした。  現地では自衛隊や日本人に対して、とても評価が高く好印象を持ってくれているそうです。 それは自衛隊が常に現地の人たちの側に立ち、丁寧に接してきているからこそなのでしょうね。面白い話として現地の方が、「おい、安倍が勝利したから、また自衛隊の部隊を送ってくれるのか?」と期待を込めて聞かれたそうです。 このような現地での自衛隊の活躍や評価はマスコミでは絶対に報道されません。なぜ報道しないのでしょうかね?

    10
    続き

    いつまでモリカケ追及やってんだ!野党は野党としての役割を果たせ!

     私は基本自民党支持なのですが、自民党の政策に対し野党よりも苛立っているのではないかと、常々思っています。

     日本という国にとって大切なこと、国を護ること、国民の生命を護ることに立脚すれば、モリカケなど3分審議すれば済むことです。    そのくらいくだらない追及です。追及する価値などないんです。それなのにまた…

    8
    続き

    目糞鼻糞を責める。落選元民進の”おまいう”

    体調を崩してしまったことと、衆院選ロスで気持ちが沈んでしまい、 久しぶりの更新となってしまいました。 更新が滞りがちな拙ブログに来てくださっている皆様、ありがとうございます。

    さて、”目糞鼻糞を笑う”ということわざがありますけど、希望の党で落選した元民進党議員が、 小池百合子代表に責任を問うのは、目糞が鼻糞を責めているようなものだと思いませんか?

    2
    続き

    希望の党が政権を取ったら、民主党政権の悪夢の再来ですよ。

     単純な話です。  民進党は、ほぼ民主党なんですから。  その民進党が看板外して希望の党に合流なんですから。

    ウィキペディアより転載  民主党に維新の党が合流し、改革結集の会の一部、無所属の議員も参加して、2016年3月27日に民主党が改称する形で結成された。そのため新党結成という形をとってはいるが、総務省に届出をしている法人(政党)としては、1996年結成の民主党が解散せずにそのまま同一団体として存続していることになる。

    2
    続き

    ミサイルよりも危険かも!種子法廃止がもたらすもの

     もりかけ問題で国会が混乱している中、しれーっと通ってしまったのが『主要農作物種子法の廃止』でした。

     民間企業の種子市場参入を妨げているというのが廃止の理由らしいですが、種子農家が国の補助を受けながら、厳密で如何にも日本人らしいきめ細やかな管理によって守られてきた300余りの日本の固有品種が、市場原理にさらされ売れる物だけが残るようになってしまいます。

    1
    続き

    日本国民にも責任の一端あり…北朝鮮の脅威

    このところの北朝鮮問題で、国際社会の圧力がまるで大東亜戦争前のABCD包囲網だという声が上がっています。

    確かにオランダをはじめ世界各国からの石油をはじめとする天然資源がストップしたため、日本は資源を求め戦争に突き進んでいくことになりました。

    北朝鮮もそれと同じだと?

    そうも言えなくはありませんけれど、北朝鮮がここまで軍事的な脅威を持つためには、当然お金が必要です。

    2
    続き

    国が産地偽装を推奨!?まともな業者が報われないわ!

    これじゃ産地偽装を国が推奨しているようなものです。

    中国産あずきでも「北海道製造」OK 「例外」多く誤認の可能性も 全加工食品に原産地表示開始

    (産経ニュース 2017.9.1 09:11 記事一部引用)http://www.sankei.com/life/news/170901/lif1709010019-n1.html

    1
    続き

    北朝鮮がミサイル発射準備も、またまた加計がトップニュース。わが国は大丈夫か?

     「国会議員よ恥と思え!若者のほうが100万倍も大人だわ!」と、 のっけから台所の片隅でしゃもじをふりあげ、今日も虚空に雄叫びならぬ“雌叫び”を上げている割烹着のとみよでございます。

    原宿で若者に聞いたそうですよ。

    「加計問題 閉会中審査」を原宿の若者に調査、大学生ら「バカバカしいなって」

    (AbemaTIMES 7/19(水) 17:30配信 記事一部引用)

    6
    続き

    都議選終われば…「私、新党作りのプロやからね。言うとくけど。」

     選挙はふたを開けてみなければわからないとはいえ、 都民ファーストが大躍進することは間違いありません。 もともと、両角都議・音喜多都議・上田都議の三人でしたからね。

     小池都知事誕生後の都議会を振り返ったとき、 やはり最初の自民党の印象の悪さがいつまでも残り、 初議会の小池虐めと受け取られる都議会自民党の代表質問・一般質問で、 今回の勝負が決まったのだと思います。

    4
    続き

    野党の女性議員よ恥を知れ!いや、男性議員こそ人として恥ずかしい。

     参議院でテロ等準備罪の法案審議が始まり、 その審議のひどさにびっくりしたのが昨日でした。

     何?あれ! 民進党の真山勇一議員。 日本維新の会の東徹議員の質問中に問責決議を出すなんて、非常識にもほどがあります。  何年議員をやっとるんじゃ!この○○!と、言いたくなりますよね。 民進党の執行部の指示があったとしても、いさめるくらいできるでしょうに。

    4
    続き

    旧皇族の復帰を議論せずに女性宮家とは。保守が聞いて呆れるよ!自民党。

     まだ勘違いされている方も多いので、改めて記しておきますね。私、高橋とみよは、結婚し故郷下田を離れ、現在東京に住んでおります。普通の主婦でパートで仕事をしながら、ブログを綴っておりますので、政治的な影響力は全くございませんので、色々ご意見を頂きますが「勉強させて頂く」止まりです。日々家事や雑事に追われながら書いているブログなので、自分の書ける範囲は力量的に限られていることを御理解頂ければ幸いです。

    <退位付帯決議案>「女性宮家」先送り余地 検討期限設けず

    7
    続き

    捏造は左翼のお家芸~9条ノーベル平和賞の嘘~

    左翼というのは捏造が好きなのですよね。

    ある意味病気です。蓮舫氏などは嘘をつきすぎて、自分でも何が真実かわからなくなっている状況でしょう。吉田清治や植村隆と朝日新聞社が全精力を傾けて、捏造拡散した捏造慰安婦問題などは、戦争被害といっていいほど国益を著しく阻害しました。本当に許せませんね。

    7
    続き