■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    江崎 孝
    江崎 孝
    人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
    我那覇 真子
    我那覇 真子
    フリーライター
    星 雅彦
    星 雅彦
    沖縄県文化協会顧問
    松谷 秀夫
    松谷 秀夫
    普天間日米友好協会会長
    仲村 覚
    仲村 覚
    沖縄対策本部代表
    仲里 嘉彦
    仲里 嘉彦
    万国津梁機構理事長
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    宮城 能彦
    宮城 能彦
    沖縄大学教授

    豊田 剛 rss (沖縄関係者)

    ライター一覧
    豊田 剛

    昭和46年(1971年)静岡県生まれ。関西外国語大学英米語学部卒業。米国留学後、1999年入社。2000年から2007年までベルリン特派員。その後、那覇支局記者を経て現在、那覇支局長。

    映画、お笑い、音楽が一堂に、第9回沖縄国際映画祭

     「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」が20日か23日までの4日間、沖縄県全域で開かれた。今年は本島のほか、石垣島、宮古島、伊平屋島も会場となり、約33万人の観客を集めた。

     同映画祭は、映画だけでなく、お笑い、音楽、ファッションなど各種エンターテインメントを盛り込み、笑いと平和「Laugh&Peace(ラフ&ピース)」をコンセプトに2009年から開催されている。

    3
    続き

    南西諸島での防衛力空白を早期解消へ

     日本最西端の与那国島に陸上自衛隊西部方面隊(熊本、小川清史総監)直轄の与那国駐屯地(沖縄県与那国町)が開設1周年を迎え、23日には記念式典が開催された。地元の人々の暮らしに安心・安全な生活を保障するだけでなく、経済効果をもたらしている、と評価する声が聞かれた。(那覇支局・豊田 剛)

    3
    続き

    注目集める新しい通信高校「N高校」

     高等教育の多様化が進む中、角川ドワンゴ学園(川上量生理事)が運営するN高校が話題を集めている。単なる通信高校で終わらせず、マルチメディアを駆使しながらの進学・就職支援や課外活動にも力を入れているのが特徴。時代のニーズに合わせた新しい高校教育に注目してみた。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    「オール沖縄」を拒否―うるま市民

     任期満了に伴う沖縄県うるま市長選は、無所属現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が3万1369票を獲得し、前県議で翁長雄志知事を支持する「オール沖縄」の山内末子氏(59)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=に5753票差をつけて3期目の当選を果たした。

    9
    続き

    沖縄うるま市長選、翁長氏支援の新人破る

     任期満了に伴う沖縄県うるま市長選が23日、投開票され、現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が、翁長雄志知事の支援を受けた無所属新人で元県議の山内末子氏(59)=民進、共産、自由、社民推薦=を破り、3選を果たした。投票率は60・70%。

    6
    続き

    沖縄うるま市長選 革新陣営、偽情報で現職を批判

     23日に投開票される沖縄県うるま市長選で、革新系の新人候補の陣営が、現職候補に対する根拠のない偽情報を流して、選挙戦を戦ってきたことがこのほど分かった。

    10
    続き

    沖縄うるま市長選、大接戦で最終盤に

     最後の「三日攻防」に突入した沖縄県うるま市長選は、新人で前県議の山内末子氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=を急追し、大接戦を繰り広げている。島袋陣営は21日、“切り札”の小泉進次郎農林部会長(自民)を投入して必勝を期す。自民党本部は同市長選を「絶対に落とすことができない主要な選挙」と位置付けており、小泉氏の演説をきっかけに風向きを大きく変えたい考え。

    8
    続き

    経済成長の継続か、福祉の重視か うるま市長選 23日投開票

     沖縄本島中東部のうるま市の市長選が23日に投開票される。現職の島袋(しまぶく)俊夫氏(64)=自民、公明推薦=に元県議で新人の山内末子氏(59)=民進、社民、社大、共産、自由推薦=が挑む。2014年11月の知事選で翁長(おなが)雄志氏が当選して以来、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設をめぐって対立している政府・与党と県との「代理戦争」の様相を呈している。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    翁長県政との相違決定的に 自民県連、辺野古移設推進を明文化

     自民党沖縄県連は4月8日、党大会を開催し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)への移設について、「推進」を明文化した。これは「あらゆる選択肢を排除しない」というこれまでのあいまいな姿勢から大きく舵(かじ)を切ったものだ。一方、翁長雄志知事は「あらゆる手段を使って移設に反対する」見解を表明。3月25日には知事就任後、初めてシュワブのゲート前の反基地集会に参加し、マイクを握った。自民党県連と県との見解の相違は決定的となった。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    失業率、5年で10ポイント以上改善

     23日投開票の沖縄県うるま市長選に3選をかけて臨む島袋俊夫市長(64)はこのほど本紙の取材に応じ、過去5年で経済失業率が大幅に改善され、企業進出が多く進んでいると実績をアピールした。16日に告示される同選挙には山内末子県議(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=も出馬を表明している。

    8
    続き

    口利き疑惑を第三者委設置で幕引き図る翁長知事

     沖縄県の安慶田光男前副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう県教育庁に依頼した疑惑で、翁長雄志知事は第三者委員会を設置することでダメージを最小限にとどめたい考えだ。

     沖縄県議会(新里米吉議長)の野党、自民会派は29日の定例会本会議で、安慶田氏の口利き疑惑に関し、特別調査委員会(百条委員会)の設置を提案したが、反対多数で否決された。このため、疑惑の解明は県が設置する第三者委員会で行われることになった。

    7
    続き

    平和祈念公園に「沖縄戦学徒隊合同碑」が完成

     沖縄県内の21の学校が沖縄戦で学徒隊として動員され、約半数が犠牲になった事実を後世に伝えようと、沖縄県糸満市の平和祈念公園に「全学徒隊の碑」が14日、完成した。元学徒らが県に要請していたものだが、最初の設立動議で提案されていた犠牲者の刻銘板の設置は見送られた。翁長県政が実績づくりのために急いで完成させようとした狙いがあるとの指摘もある。(那覇支局・豊田 剛)

    3
    続き

    那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

    松本哲治・浦添市長に聞く

     米軍港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移設が争点となった同市長選が2月12日に行われ、現職の松本哲治市長=自公推薦=が再選した。松本氏に軍港移設についての考え、米軍キャンプ・キンザーの返還と跡地利用のビジョンなどについて聞いた。(聞き手=那覇支局・豊田 剛)

     ――浦添市長選でオール沖縄候補に勝利した背景は。

    8
    続き

    世界から認められる研究実績を

    沖縄科学技術大学院大学グルース新学長に聞く

     遺伝子制御および発生生物学の分野で国際的に著名な研究者で、ドイツのマックス・プランク学術振興協会の会長を務めたピーター・グルース博士が1月、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の学長に就任した。グルース氏に科学技術研究のあり方、OISTの今後の運営、財政支援について聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

     ――OIST学長として赴任しての印象は。

    1
    続き

    那覇市議会、米軍港湾施設の早期移設決議を可決

     那覇市議会(翁長俊英議長)は7日、米軍港湾施設(那覇軍港)の早期移設を求める決議を賛成多数で可決した。浦添市の松本哲治市長が2月の市長選で軍港受け入れを容認して再選したことで、移設の議論が加速しそうだ。一方、市議会の革新会派は軍港に隣接する自衛隊那覇駐屯地の一部返還を求める動きを進めている。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    「自衛隊との統合運用を」ニコルソン四軍調整官

     「沖縄県民、メディアの人々の率直な意見を聞きたい」

     在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン中将は、開口一番こう述べた。沖縄に赴任して1年半、積極的に記者会見を開いたり、地元の人々と交流しながら、地元の意見に真摯に耳を傾けるよう務めている。8日、在沖米総領事館と合同で開かれた記者会見は、情報交換という位置付けだ。

    2
    続き

    中日の若手・新戦力に注目―プロ野球・沖縄キャンプ

     沖縄のプロ野球春季キャンプも終盤を迎えている。22日からは昨シーズンのセリーグ覇者・広島が練習を始め、12球団のうち9球団を見学することができるという贅沢さだ。

     WBC日本代表選手に注目するのもいいが、キャンプの醍醐味は、公式戦で出番の少ない若手、ルーキー、さらには新加入選手を存分に見ることができることにある。

    2
    続き

    「保守に対する言論弾圧」 沖縄2紙を正す会がシンポジウム

     東京のローカル局、東京MXテレビが1月2日の番組「ニュース女子」で沖縄の反基地運動を特集した件で、反基地活動家らは、「沖縄ヘイト」として強く反発している。しかし、同番組にも出演した「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(以下、正す会)の我那覇真子代表運営委員らは、異論を封殺しようとする姿勢こそが問題で「言論弾圧だ」と強調している。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    名護市長“オスプレイ死亡説”を鵜呑みか

     昨年末、米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイが名護市沖に不時着し、大破した件で、乗組員は5人ではなく6人で、そのうち1人は死亡しているという説が沖縄の反基地活動家らの間で流布している。

     普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)沖への移設に反対するため、翁長武志知事らがワシントン要請行動から帰国した際、米議会関係筋から情報を入手したものとして、「事故当時6人が乗っており、1人は行方不明の可能性がある」とオール沖縄会議が記者会見で明らかにした。しんぶん赤旗は7日付で報道している。

    3
    続き

    「知事に本気度感じられず」 反基地活動家ら不満噴出

     米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)沖への移設に伴う海上埋め立て工事が本格的に始まった。翁長雄志知事は、辺野古移設反対を訴えるために米ワシントンを訪問したが、成果はなく、基地反対派の不満を増長させる結果となった。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    沖縄“代理戦”で翁長知事敗北―浦添市長選

     沖縄県浦添市長選は12日投開票され、前職の松本哲治氏(49)=無所属、自民、公明推薦=が、新人で前浦添市議の又吉健太郎氏(42)=無所属=を大差で破り、再選した。松本氏を推す安倍政権と、又吉氏を支援する翁長雄志知事の「代理対決」の様相を呈していたが、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への反対で政権と対立する翁長氏は、就任してから2年間、市長選で連敗しており、求心力の低下は避けられない。

    18
    続き

    那覇軍港移設が焦点 12日に浦添市長選

     任期満了に伴う浦添市長選が5日告示され、12日に投開票される。保守系現職と翁長雄志知事や革新政党が推す前市議の新人による一騎打ちとなった。那覇市にある米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市内への移設が最大の焦点となる。軍港移設は、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設と並ぶ在日米軍再編の主要な柱だ。それだけに、政府与党と知事派による「代理戦争」の様相を呈している。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    世界・社会が求めるグローバル教養人の育成を

     沖縄尚学高等学校附属中学校は昨年4月、創立30周年を迎えた。その記念行事が1月21日に校内で開催され、政治家、県外の私学関係者らが多く参加した。創設者で沖縄尚学高校校長の名城政次郎・尚学学園理事長と、同附属中学校長の名城政一郎副理事長がグローバル教養人を育成する教育論について語った。(豊田 剛)

    1
    続き