■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    ペマ・ギャルポ rss (海外ライター 国際)

    ライター一覧
    ペマ・ギャルポ

    80年から90年までダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表。桐蔭横浜大学法学部教授。

    日本に必要な国家ビジョン

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     日本のマスメディアは毎日のようにトランプ次期米大統領の報道でにぎわっている。トランプ氏の勝利についていろいろな分析が行われているらしい。今までトランプ氏に勝ち目がないと断言していた人々ももっともらしい弁解をし、異常とも言える形で次期大統領の人事などにいろいろ臆測し、過剰反応のようなものを示している。確かに世界に最も影響力のあるアメリカの大統領のことなので、無関心でいられないことは分かる。だが大切なことはその勝利の要因について冷静に分析し、どのように対応するか、そこから何を学ぶかということではないだろうか。

    1
    続き

    激変するアジアの地政学

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     フィリピンのドゥテルテ大統領の中国訪問はアジアの地政学を大きく変えた。前回、私は、フィリピンがパキスタンと北朝鮮に続きアジアでの忠実なる手下になるかも…ということが気になると述べたが、それが現実化した。今年7月30日に大統領に就任して以来、ドゥテルテ大統領は一国の元首としてはあまりにも下品な暴言を吐いてきた。

    1
    続き

    日印連携しアジアに平和を

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

    1
    続き

    国家の危機伝えぬマスコミ

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     8月に入り、日本中の関心事はオリンピックとなった。皆が寝る間も惜しんでテレビの前に陣取り、日本人としての自覚に目覚め、国旗が掲揚されるたびに歓喜に酔う姿は、世界のどこの国の人々とも同じく、愛国者である。この時だけは国旗も国を表す象徴の一つとして自然に受け入れているようである。これらの場面を見る限りでは日本も普通の国と言える。

    1
    続き

    法秩序順守の文化ない中国、理解できる言葉は「力」

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     正義と真実は一つしかなく、そして現代国際社会においては、それを証明し真実を明確にするものは法律の専門家であることは言うまでもない。今回の南シナ海において中国が行っている挑発的かつ強引な海洋進出に対し、フィリピンがオランダ・ハーグに設置してある国際仲裁裁判所に訴訟を起こし、その判決が7月12日に下された。判決はフィリピンの全面的な勝訴となった。中国が一方的に南シナ海を自国の海洋領土であるとする根拠としての「九段線」には歴史的法的根拠が無いという全面否定をされた。低潮高地に建設している人工島を拠点とする管轄海域の主張も退けられた。それに対する中国の反応は大方の予想通り無効であるとして無視する姿勢を明確にし、その判決は紙くずに等しいと暴言を吐いている。

    3
    続き

    能力と道徳で都知事を選べ

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     金銭問題で東京都知事が立て続けに辞職した。一都民として実に残念である。東京都知事はロンドン、パリ、北京、ニューヨークなどの市長同様、国の首都の行政トップとして極めて重要なポストであり、権威、権力は首相の次程度の重要な地位である。フランス歴代の首相や大統領がパリの市長経験者であることからも分かるように、国の中核である首都のトップは、一地方行政のトップというよりも国の顔のひとつである。

    3
    続き

    日・ブータンの国交30年展、日本重視の王室品展示

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     国と国の関係も結局人間同士の関係である。それを特徴付けるような出来事をこのたび体験することが出来た。「世界一の幸せの国」として知られているヒマラヤの小国ブータンの展示会「ブータン~しあわせに生きるためのヒント(A Hint to Happiness)」が5月20日から約1年と数カ月、日本の主要都市で開催されることになり、その開会式に出席するため、同国の前国王妃ツェリン・ヤンドン・ワンチュク陛下と現国王御妹君デチェン・ヤンゾム・ワンチュク殿下が御来日された。

    4
    続き

    仏教を利用する中国共産党

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     1848年の共産党宣言以来、宗教はアヘンであるという前提の思想が世界中に広がり、宗教が政治の場から排除される傾向が続いた。日本でもインテリ層を中心にそのような思想が浸透し、特に左派系の人々は宗教がまるで戦争などの原因を作ったというような極論まで言うようになった。しかし実際は100年経っても宗教は政治に大きく関与している。

    5
    続き

    目立つ民主主義の劣化現象

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     民主主義はいうまでもなく私たちが政治的、社会的に共同生活を営む秩序の中で、幸福を追求する最高の制度であると私は信じている。しかし、この制度はあくまでも人間が試行錯誤を重ね作り上げてきたものである以上、完全無欠ではない。現に民主主義という制度を政治的なものとしてその確立に多大な貢献をしたソクラテス自身、その多数決の原理によって自らの命をも奪われた。

    4
    続き

    ガリ元国連事務総長を偲ぶ

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     国連の第6代事務総長を務め、国連の本来の姿を確立しようと国連の独立性と平和構築に努めたブトロス・ガリ元事務総長が今月16日93歳で他界された。ソ連の崩壊と冷戦時代の終了後、国連を中心とした世界秩序を構築しようとし、大国による国連の私物化を阻止するために本格的に国連改革を目指した偉大な人物であった。

    5
    続き

    台湾総統選 蔡氏勝利を祝う

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     台湾の国民が勇気と知恵をもって行動に出た。1月16日の台湾総統選及び議会の選挙は民進党が大躍進し勝利を収めた。総統選に関しては国民党の候補を大きく離して民進党の蔡英文がおおよその予測通り圧勝。議会においても躍進し、過半数より11議席多い結果となった。

     今回の台湾の総統選挙は初めての女性総統の誕生という意味も加えて、歴史に残るものになったことは間違いない。

    0
    続き

    韓国の言論の自由を憂える

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     産経新聞の前ソウル支局長・加藤達也氏の無罪判決が下された。これに対し日本の政府関係者やメディアは韓国政府の日本に対する姿勢の変化として前向きに評価しているようである。

    0
    続き

    中台首脳の握手を危惧する

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     現象を見て原因を軽視する傾向が現在の日本の指導層に見えるのは残念である。これは政界のみならず財界や言論界でも言えることである。だから、常に問題が生じたときには先々のことや、その本当の原因を考慮せずに、ただパッチワークのようにその時々の対策しか行っておらず、そのためそれによって10年後50年後、あるいは100年後にどのような影響をもたらすのか考えていない。

    0
    続き

    遺憾なユネスコ南京事件登録

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     中国がユネスコの世界記憶遺産として南京大虐殺に関する資料を提出し、それが受理・登録されたことに、多くの日本の皆様が驚き落胆したことだろう。私も例外ではない。

    0
    続き

    平和に貢献する安保法成立

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     平和安全関連の法案が国会で成立したことで、一安心した。与野党の議員の皆様、閣僚の皆様が眠気と戦って頑張って来られたことに対し敬意を表したい。安倍首相におかれましては有言実行の姿勢を貫き、日本の安全保障のみならず、アジアの平和と繁栄のために日本が貢献できる環境がこれで少し良くなったと思うので、今後さらに建設的、積極的に平和外交のため頑張っていただきたい。

    0
    続き

    現在を反省すべき中国共産党

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     日本はサンフランシスコ講和条約で7年間の屈辱的な占領下支配から主権を法的に回復した。そして今回の安倍首相の歴史に残る戦後70年を包括する談話をもって精神的にも独立国家として新たな一歩を歩み始めた。安倍首相の談話が発表されるまで、内心多少の不安を抱いていたが、あの談話を読んで首相の心労を痛感しながら言葉一つ一つの意味を深読し安堵(あんど)するとともに敬服した。

    0
    続き

    参院は良識ある安保審議を

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     先日、国会の予算委員会でプラカードを持った人たちの写真を見て一瞬、「これは大変だ」と思った。日本国の「国権の最高機関で、国の唯一の立法機関」にデモ隊が入り込み占拠されていると思い、注意深く新聞に目を近づけて読むと、何か顔なじみの国会議員が芝居がかった泣き面をしていたり、怒っているような顔をして写っていた。デモ隊の乱入でないことで少しは安堵(あんど)したものの、国会議員の品位のなさにはがっかりした。

    0
    続き

    バランス感覚を失う日本人

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     かつて国際政治学者の高坂正堯先生は、その著書「国際政治」で勢力均衡について「均衡という考え方は、ただ国際政治において使われるだけでなく、国内政治においても使われる。それだけでなく経済においても医学においても使われている。人間の身体を構成する多くの器官が均衡を保ててこそ人間は健康であると考えられるし、経済についても均衡が破壊されることが種々の弊害を引き起こすと見られる」と述べた。更に先生は「国際政治における勢力均衡は、その目的として各国の独立の維持と無秩序の状態(即ち全体戦争)の回避という二重の目的を持っていた」と記している。

    0
    続き

    大訪中団歓迎に騙されるな

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     中国はまたもや日本を騙(だま)そうとしている。3000人の大代表団を率いて北京を訪問した二階自民党総務会長たちの歓迎会に習近平主席自ら出向き、「日中関係発展を重視する基本方針は終始変わらず今後も変わらない」と述べたことで、一部の日本の政治家や言論人、マスコミはほっと安堵(あんど)を覚える形で中国は日中関係の改善に意欲を示していると評価し、中国側が一歩譲ってきたような解釈をしている。

    0
    続き

    中国にへつらう国益毀損者

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     日本には中国共産党の権力者と会うことに熱心で、神仏を拝むくらい御利益があると信じている人たちがいる。村山談話、小泉談話を繰り返すことにも題目を唱えるほどのご加護があると信仰している人もいる。その人々にはどうやら真の中国を見ることよりも、自分たちが見たい中国しか目に入らないようである。最近のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加についても、日本はバスに乗り遅れないようにと騒いでいる。

    0
    続き

    リー・クアンユー氏に思う

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     3月23日、シンガポールのリー・クアンユー元首相が91歳で他界したという悲しいニュースに接した。シンガポールは1965年8月にマラヤ連邦から独立し、同年私が日本に来た頃、新聞によく登場していた人物である。

    0
    続き

    長期的展望でODA大綱改正を

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     日本国政府はODA(政府開発援助)に関する大綱の改正を行おうとしている。これは日本国にとって大変重要なことであると考え、その方針に対して賛同するものである。特に注目すべきところは日本国の国益に即した形で行うという部分である。今までアジアの多くの国々に多額の援助をしてきたにもかかわらず、その相手国の国民に十分に伝わっていなかったり、或いは援助に対しての十分な感謝と正当な評価すらしていない国が存在している。

    0
    続き

    理想通らぬ弱肉強食の世界

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     皆様はどのように新年を過ごされただろうか。私は今年の正月は日本の優れた文学に接したいと思い、本屋で見つかった「あらすじで読む日本の名著」という本を夢中になって読んでいた。この本は狭山ヶ丘高等学校の校長の小川先生が日本の名著のあらすじを同校の先生方に協力してまとめたものである。先生は今の日本の若者の文学離れと国語力の低下を憂えて、この本を編集したと前書きにある。

    0
    続き