■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    小名木 善行 rss (文化)

    ライター一覧
    小名木 善行

    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    国家の原点

     実は習キンピラ氏がChineseから見て堯舜である限り、彼はChineseたちからの支持を受け続けるし、Chinaに革命や改革は起こりようがないといえます。

     革命や改革は、その国や民族の原点に還ることによって達成されます。 これはどこの国のどの民族も同じです。

    9
    続き

    国際金融資本

     株式市場は、大きな段ボール箱に例えることができます。 その段ボール箱に、ドル札が山のように積み上がっていく状態が、株価が上昇している状態です。

     一方、その積み上がったドル札が、箱から次々と出されて、箱の底が見えるようになる状態が、株価が急落している状態です。 ではこのとき、箱から出されたドル札は、いったいどこに消えたのでしょうか。

     よく、「日本を取り戻す」という言葉が使われます。

     当然です。

    8
    続き

    日本人として自覚を取り戻す

     独りの人間の生涯など、長生きしてもたかが100年前後です。ところが我が国の神話や文化の伝承は、少なく見積もっても二万年以上続いてきたものなのです。世代数にしてみたら、およそ千世代です。  父から子へ、子から孫へという伝承が、千世代続いてきた、そのエッセンスなのです。当然、長い歳月の経過の中で、不要なものは捨てられます。そして、大切なものだけが生き残る。そして生き残ったエッセンスは、一見すると単純そうで、実は奥深い。

    8
    続き

    日本人の「還るべき原点」とは

     還るべき原点を持つこと。  それがアイデンティティの源です。  私たち日本人は、神話を取り戻すことによって、瞬く間に日本人としてのアイデンティティを取り戻すことができる民族です。

     これは新しい歴史教科書をつくる会の歴史教科書だけが、明確に主張していることですが、日本の歴史は、7世紀と19世紀の2回、極めて大きな歴史のターニングポイントを迎えています。

    7
    続き

    駆逐艦「雪風」物語

    世の中に「運が良い人」っているものです。 持って生まれた強運とは、うらやましい限りです。 不思議なもので、軍艦にも「運」があることを感じさせてくれるのが、戦時中に活躍した駆逐艦・雪風です。

    6
    続き

    これからの2年で日本は変わる

     情況が良くないときには満面の笑顔で。  情況が良いときには沈鬱な表情で。  リーダーの基本です。

    5
    続き

    地球環境の長期的変化と仮説

     地球環境が、いまの地球環境に限定して古代を考えることは、私は間違っていると思います。  地球環境は、たとえば海面の高さはいまより140メートルも低かった時代もあれば、10メートル以上も高かった時代もあったのです。

    0
    続き

    倭(やまと)の神と呼ばれた男

     最初に問題提起をして、その答えを徐々に明らかにしていくというのが、古事記の記述の特徴です。  古事記の中つ巻の場合、「天下の政」という言葉が冒頭に出てきます。  そして「政」とはいかなるものかが、中巻全体を通じて明らかにされていくわけです。

     古事記は、ほんとうに面白いです。

    0
    続き

    巨人ネフィリム

     まだまだ超古代というのは、わからないことだらけです。  頭ごなしにウソと決めつけるのではなく、いろいろな可能性を保留しておいても良いのではないかと私は思います。

    1
    続き

    善悪二元論国、一元論国

     私たち日本人には、本来、善悪二元論はなじまないのではないでしょうか。  悪の中にも善があり、善の中にも悪があると考える。  ですから芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に出てくるカンタダがいくら極悪人であっても、お釈迦様がこれを助けようとしたと聞けば、「ああ、なるほど」と素直にその物語に納得します。  ところが善悪二元論のもとでは、そうはならない。  悪はどこまで行っても悪です。  そこに情けはありません。

    3
    続き

    中国が北海道に武力侵攻する!この情報をどう捉えるかが日本の近未来を左右する

    北海道の土地がChineseによって買い占められていることは皆様御存知の通りです。 ところがその買収資金は、なんと日本の外務省から出ているという情けない現実。 加えて津軽海峡でまで、China海軍が軍事活動をしています。 これを指を咥えて見ているだけなのが今の日本の現実です。 是非、以下の論考をお読み下さい。

    4
    続き

    安ければよいのか

     日本では、「安かろう、悪かろう」では、平時にはなんとかなったとしても、非常時に役に立たないのです。  常に日本は、国をあげて、「高くても、良いモノを」という姿勢を貫かなければ、あっという間に、建物は水に流され、道路は冠水し、地震で家屋や公共建築物が倒壊します。  日本国内におけるインフラは、常に、価格で競争するのではなく、品質で競争するという社会の仕組みが不可欠なのです。  ✗・・・価格競争  ○・・・品質競争です。

    2
    続き

    保守の二大政党への転換と背乗り

     小選挙区制度というのは、二大政党が競うことを目的とした選挙制度です。ところが我が国では、できたはずの対極政党が、ほんのわずかの間に崩壊してしまう。 民進党など、この党名になってわずか1年半で解党です。  そこに何が問題があったのか、そして次に生まれる希望の党が、最も懸念しなければならないことを、考えてみたいと思います。

    1
    続き

    日本のこころを大切にする党の希望の党への合流について

     衆院の解散に伴い、日本のこころを大切にする党(代表:中山恭子先生)が、小池百合子都知事が新たに結党する「希望の党」へと連携するということについて、自民と合流すべきだ、おかしいではないか等々の様々なご意見がとびかっているようです。

     解党は、とても残念なことですし、そうした大きな動きがあれば、様々な反対意見が出るのも当然と思います。しかし私は、現下において最良の選択をされたと思っています。なぜそのように思うのか、以下に、あくまで私の考えを申し上げたいと思います。

    4
    続き

    朝鮮戦争と韓国建国の英雄

    今回の解散を、小坪慎也氏が「ミサイル解散」と命名しました。 私もそれがピッタリだと思います。 さて今回は、現代朝鮮はもともと南北朝鮮ではなく、統一朝鮮として始まった、というお話です。

    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    2
    続き

    北朝鮮有事、そのとき対策は?

     北朝鮮有事が明日にでも勃発するのではないかというニュースが流れています。事ここに至って、さすがにメディアでも北朝鮮問題に多くの時間を割くようになりましたが、その内容はといえば、有事があるかないかの議論までがせいぜいです。

    1
    続き

    女系天皇容認論の怪

     9月3日に、眞子内親王殿下の小室圭さんとの御婚約が発表されました。心から寿ぎのお祝いを申し上げたいと存じます。

     眞子内親王殿下は、東日本大震災のときに身分を隠していち女子大生として被災地のボランティアにご参加されました。

     誰よりも一生懸命に立ち働くお姿は、本当に素晴らしいものであったと誰もが賞賛を惜しまないものであったと伝えられます。まさに我が国の誇りの内親王殿下であられると思います。

    3
    続き

    日本人はネアンデルタール系種族の生き残り?

     なんだか大上段に振りかぶったようなタイトルになってしまいましたが、要するに言いたいのは、「7万年前からが現生人類」というのは「白人種視点での人類史」だということです。

     有色人種視点で考えると、特に日本人などは25万年前に生まれた新人類種(ネアンデルタール系)の生き残りからの進化と考えなければ、遺跡の辻褄が合わなくなるのです。

    0
    続き

    731部隊による人体実験・細菌戦というデタラメ

     今日のお話も、毎年この時期に掲載しているものです。 731部隊は、昭和11(1936)年に、当時の関東軍板垣征四郎参謀長によって「関東軍防疫部」として発足した機関です。

     部隊長の石井四郎軍医中将が、千葉県山武郡芝山町加茂の出身で、同郷者の出身者が当初数多くいたことから、初期の頃は加茂部隊と呼ばれたりしていました。 そしてこの「関東軍防疫部」には、「関東軍・軍馬防疫廠」も併設されていました。 つまり軍馬の防疫も所轄していたのです。

    10
    続き

    北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情とは

    米国が戦争を始めるセオリー  北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情について書いてみたいと思います。 有事は、現段階で起きることは、まずありません。 理由は、戦争は「やるぞ、やるぞと言っている間は決して起きない」ものだからです。

     北朝鮮は、さかんに「やるぞ、やるぞ」と言っていますが、言っている間は戦争にならない。 やられそうだから、「やるぞ、やるぞ」と言っているのであって、本気でやる意思があるのなら、もうとっくに戦争になっています。

    3
    続き

    半島有事について(後編)

     さて北朝鮮について、多くの日本人は世界的に孤立している国と思っています。 しかし北朝鮮と国交がない国は、日本、米国、フランス、サウジアラビア、アルゼンチン、ボツワナ、韓国、エクアドルくらいなものです。 それ以外の世界中の国々は北朝鮮との国交を持っています。 つまり北朝鮮を異常な国とはみなしていない国の方が、世界には圧倒的に多いのです。

     では、なぜいま北朝鮮について、米国トランプ政権が強硬姿勢をとっているかというと、理由はきわめてシンプルで、北朝鮮が中共傀儡の噛ませ犬であることによります。 つまり米国にとって、中共こそ本丸です。

    3
    続き

    半島有事について(前編)

     昨日に引き続き、半島有事の問題をとりあげます。

     昨日書きましたように、米軍による直接攻撃が起こるのは、「リメンバー・◯◯」という有事が整ってからです。 ただしその有事の場所は、米国本土とは限りません。韓国や日本が最初の被害発生場所になる可能性は否定できません。

     そして軍事的衝突が起こる。 このとき、日本にとって、中共の出方は大きな問題になります。

    4
    続き

    硫黄島決別電報

    *画像リンク先はこちら  3月16日は、硫黄島の戦いで栗林忠道兵団長が、決別電報を打電した日です。 涙なくして読めない、その電文の全文をご紹介します。 日本男児であれば、一度は読むべき電文であると思います。

     はじめに、いつものようにねず式で現代語訳します。 そのあとに原文を掲載します。 なお、原文の漢字は新字体に直しています。

     ***

    【硫黄島総指揮官栗林忠道中将の決別電報】

    4
    続き