■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    小名木 善行 rss (文化)

    ライター一覧
    小名木 善行

    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    硫黄島決別電報

    *画像リンク先はこちら  3月16日は、硫黄島の戦いで栗林忠道兵団長が、決別電報を打電した日です。 涙なくして読めない、その電文の全文をご紹介します。 日本男児であれば、一度は読むべき電文であると思います。

     はじめに、いつものようにねず式で現代語訳します。 そのあとに原文を掲載します。 なお、原文の漢字は新字体に直しています。

     ***

    【硫黄島総指揮官栗林忠道中将の決別電報】

    3
    続き

    日本アニメと対等意識

     以下は、『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第二巻の冒頭にある「序にかえて」に書いた文章です。 昨日の記事に引き続いて、お読みいただけると、なお一層、ひとつの明確な事柄が浮かんでこようかと思い、あらためて転載させていただきます。 ──────────── 海外て゛大ヒットする日本アニメ▼ ────────────

     『ドラゴンボール』『NARUTO‐ナルト‐』『キャフ゜テン翼』『ONEPIECE(ワンヒ゜ース)』『北斗の拳』『美少女戦士セーラームーン』『ドラえもん』等々。日本のアニメやマンカ゛は、世界中て゛大人気となっています。 ローマ字のMANGAは、いまや世界共通語です。

    2
    続き

    森友学園問題と金正男氏の暗殺事件のこと

     目下の政治ブログの関心事は、森友学園問題であり、あるいは金正男氏の暗殺事件であろうかと思います。 なぜねずブロが、政治ブログにありながら、このことを問題にしないのか、というお問合わせがありましたので、回答です。

     森友学園問題については、すでに安倍総理ご夫妻の側に何の落ち度もないことがはっきりとわかっており、国会における民進党の追求も、あまりに見当違いであることから、むしろ周囲の嘲笑を買っているという情況にあります。 そればかりか、むしろ、かつて朝日新聞社が当時の総理に掛け合って築地の社屋の土地を考えられないような低い額で国から購入していた事実や、朝鮮学校等が、県などに掛け合って、信じられないような不法な土地の占拠と格安の土地購入を行っていた事実などが露呈され、まさに、ブーメラン民進党の名をあらためて世に知らしめる結果となっています。

    3
    続き

    とてつもなく古い国・日本

     多くの方が、現生人類の始祖は、クロマニョン人と思っています。 フランスのラスコーに壁画を残している、あのクロマニョン人です(下記の絵)。  このクロマニョン人が登場したのが、いまから約4万年ほど前です。

    *画像は、こちらのサイトより引用

    2
    続き

    安倍プーチン会談について

    先般、安倍総理とプーチンさんとの会談については、さまざまな論評があります。 一点、総理の記者会見のなかにあった次の言葉には注目が必要だと思いました。 それは次の言葉です。

    「戦後71年を経てもなお、  日露間には平和条約がない。  この異常な状態に、  私たちの世代、私たちの手で  終止符を打たなければならない」

    8
    続き

    対立という言葉と日本人の不思議な関係とは

    「対立」という言葉があります。 この言葉も英語の「confront(立ち向かうこと)」の訳語として幕末に生まれたのだそうです。幕末の訳語というのは他にもたくさんありますが、わかりやすいのは「訓読み」がないことです。早い話、「対立の訓読みは?」と聞かれたら、なかなか答えられません。というか、ありません。

    「対」という字は、音読みは「タイ、ツイ」です。旧字は「對」です。この字は、火を灯した燭台を手に持っている姿の会意形成文字です。暗がりで何かを見るには、大昔は燭台を、その何かに近づけて見ました。今だとさしずめ、懐中電灯で対象物を照らすようなものです。そこから何かに向かい合うという意味となり、〜に対する、〜に向かい合うといった意味を持つ漢字となりました。

    0
    続き

    日本的武道にあるもの

    日本は古代から現代にいたるまで、ずっと天皇を中心とした治政の国家です。ですから、鎌倉幕府も足利幕府も織豊時代も徳川時代も、それらはいわゆる政権交替であって、日本の国のカタチは変わっていません。

    そうはいっても、たとえば江戸時代は、諸藩のことを「国」とよんでいました。国という字は、日本国という意味と、上野国、下総国というように、諸藩やそれぞれの地域という意味の、両方に使われていましたが、これは「国」という字が、ある程度の独立した行政単位を示す意味で用いられていたからです。

    8
    続き

    軍国主義は悪いものか?

    「軍国主義は悪いものだ」と、これは現代日本においてはほとんど常識になっている概念です。 では、本当に軍国主義が悪いものだったのか。 たすこし考えたら誰にでもわかることですが、日本は明治以降、富国強兵の軍国主義だったから、欧米列強の植民地にされず、独立を貫くことができています。

    6
    続き

    トランプ外交に打ち勝つ日本人とは

    これからはじまるトランプ米国とのお付き合いに、もっとも必要と思われる人をご紹介したいと思います。

    GHQにモンローという米国人検事がいました。 彼は東京裁判のときに、海軍の戦犯を暴くことが任務でした。 なかでも南東方面での艦隊事案が担当です。 そこは激戦地でした。

    25
    続き

    日本人の想像を越える理不尽な暴力が当然の社会とは

    北宋の第二代皇帝の太宗(たいそう、趙匡義)といえば、水滸伝に出てくる民衆のヒーロー、宋江(そうこう)のモデルとしても有名です。その太宗皇帝に、ひとつの逸話があります。西暦984年のことです。

    彼は、日本からやってきた僧の奝然を厚遇して、太平興国寺に住まわせていたのですが、ある日に引見しました。 そこで日本の天皇が一姓(いっせい、ひとつの家系)であることを聞き、深く嘆息して、次のように語ったというのです。

    17
    続き

    日本人は「世間をお騒がせ」したらなぜ辞職するのか

    最近は、さんざん世間を騒がせても、それがテレビなどでの露出効果となり、票がかえって伸びるからと、ケロリとしている議員さんが登場するようになりました。

    現実にスキャンダルなどが起きて、メディアでの露出が増えたときの宣伝効果は、お金をかけて行う広告なら何百億円もかかるわけで、それがスキャンダル等によって、まったく無料(タダ)でメディアで宣伝してくれるわけです。まるで、メディアで採り上げられない先生方からすると、その費用対効果は、まさに羨ましいほど、なのだそうです。

    1
    続き

    俸禄は何故お米だったのか

    学校で、「江戸時代までの日本は米本位制で、武士の給料もお米で支払われた」と教わったご記憶があろうかとお思います。給料だけでなく、たとえば寺子屋の授業料や、私塾の授業料も米で支払われました。また、税である年貢も、お米で支払われたことは、みなさまご存知のとおりです。

    19
    続き

    退位譲位と矮小化してはいけない

    10月20日、皇后陛下は、宮内庁の記者会見において、記者の「8月には,天皇陛下が「象徴としての務め」についてのお気持ちを表明されました。この1年を振り返って感じられたことをお聞かせください」という質問に対して、長文のメッセージをお答えになりました。

    このメッセージは、宮内庁のホームページに全文があり、下にそれをコピーしておきます。そのメッセージの中で皇后陛下は、次のようにお言葉を述べられています。

    7
    続き

    民主主義と皇民主義

     日本には、天皇を中心とした古くからの社会システムがあり、それは◯◯主義といった西洋的な範疇に入るものではなく、もっと根源的な惟神(かんながら)の道に通じるものといえます。ですから、皇民主義という言葉が適切なものかどうかはわかりません。ある意味、これは造語と言って良いものだからです。この用語を用いたのは、民主主義とか自由主義とか共産主義とかいった、あくまで西洋的イズム(主義)の概念との対比のためです。

    4
    続き