■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    神谷 宗幣
    神谷 宗幣
    龍馬プロジェクト全国会 会長
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員

    中村 幸嗣 rss (政治)

    ライター一覧
    中村 幸嗣

    昭和38年生まれ。鹿児島ラ・サール中・高卒業。平成元年防衛医科大学校卒業の元陸上自衛隊医官。血液内科専門。自衛隊と医師の2足のわらじをはきながら、イラクでの支援にも参加。現場で働いていく閉塞感を感じ、患者さんと仲間のために政治の世界に飛び込むため防衛省を退職。約2週間で選挙準備。残念ながら落選。現在充電中。 2012年4月から血液内科医としてまた診療中 2016年3月いっぱいで退職 全ての記事は私個人の意見で、獨協医大、防衛医大、自衛隊とは関係がないことを宣言しておきます。

    新型抗インフルエンザ薬 NEWS PICSのコメントについて

    昨日のワクチンの記事に続きますがインフルエンザに対する考え方について少し気になるコメントを見つけたので記事にします。

    SankeiBizの記事で(大阪から世界へ 「ポスト・タミフル」のインフルエンザ新薬 塩野義製薬が開発)NEWS PICSにおいて産業医の小橋正樹さんのコメントがPICKされています。少し長いですが引用しコメントします。

    11
    続き

    シンゴジラ! 危機管理の教科書として使える?

     昨日のシンゴジラ。いや最後まで見てしまいました。1年前劇場で見たときは席からの振動という進歩を感じながら、今の日本の危機管理行政の稚拙さに笑っていたことを思い出します。

     本当自衛隊のネタも最高でした。平時に慣れている今の日本では、ゴジラ最初の出現時ヘリからなかなか撃てなかったことも理解できるんですよね。あの時撃っていたら少しはダメージあったかな。

    11
    続き

    座間市事件から:行方不明操作や報道について 報道の倫理とは

    座間市の事件、加害者の供述がなんか不自然で、現在二転三転していることが言われています。なんか9人の殺人と死体損壊、遺棄を犯す人間の精神状態はどんなものか今後しっかり調べなければいけない問題ですので、警察頑張って欲しいです。

    そんな中報道では政府がSNSの規制とかをあげているというのもありますが、

    7
    続き

    タバコ税値上げ いじめそれとも健康管理

    またタバコ税が上がるそうです。(「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声)加熱式の無煙タバコも増税が検討されていますね。

    昔セブンスターが180円だった頃を知っているだけに、今の日本のタバコの値段はよく上がったなと思う反面、ヨーロッパなどの値段を考えるとまだまだ余裕ありでしょうか。(2017年 世界のタバコの値段ランキング | 日本は何位?)

    5
    続き

    救急車と病院問題 ちゃんとやればできる

     以前から書いている救急の問題。自分の中でも解決策があるのではと考えていたのですが、すでに実践され結果を残されている方がいました。

     実は今茨城でも臨床をしています。その際ある病院の素晴らしい救急医にお会いする機会を得ました。

    5
    続き

    ヒルドイド 薬品と化粧品 保険と自費のいい例:一番は医師と患者の倫理観

     ヒルドイドソフト問題が話題です。(「ヒルドイド」を美容目的で処方してもらうのは違法だ)

     >「数万円する高価な美容液より美肌効果が高い」と噂のクリームが、1500円そこそこで手に入るのだ。美と節約に敏感な女性たちがヒルドイドを求める気持ちも分からなくはない。

    4
    続き

    選挙 結果で反省できない人間たち 政治家を育てるのは国民

     朝日新聞記事です。(野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算)

     まあ自民が勝ちそうだという報道の後、選挙を棄権しろといった内容をSNSなどで流す知識人がたくさん出てきましたが、この朝日記事もそうですが知識人って本当都合のいい現実しか見たくない人間たちばかりなんですね。

    3
    続き

    選挙自民圧勝! 本当予想通り これからは施策を!

     まだ全部出ているわけではないですが、いや本当1週間前の予想通りの結果である与党圧勝!でも立憲民主が第2党なのは枝野氏の演説の力、ツイッターの有効活用、それとマスコミの力ですかね。

     今後どのような再編が起きるにしろ、自民党安倍政権は続きそうです。そして野党がどうするか、希望、立憲を中心に目が離せないでしょう。でも選挙は結果がすべてです。

    3
    続き

    AIからBI 基礎研究がすぐ実践できると言う政治家は政策実行力がない

     今回の選挙は何かといえば政権選択選挙です。であるならば実行可能な、少なくとも不可能ではないものを政策公約にすべきと思います。その中で出た記事です。(小池代表「AIからBIへ」 希望の党がベーシックインカムに言及)

     >「基礎年金、生活保護、雇用保険などを置き換えていくことを検討している」

    4
    続き

    都民ファーストが崩壊? 小池さんまさかの運営トラブル

     希望の党が公認候補名簿を出したこの日、あの音喜多さんが都民ファーストの会を脱退を示唆しました。(都民ファーストの会 2都議が離党へ 小池氏手法に反発)

     知事当選後、味方の少ない都議会で最初から自分をサポートし関わってくれた人間が離れて行きました。本当仲間を維持できない小池さんの実態が分かります。いや音喜多さんが小池さんの目に叶わなかっただけかもしれませんが、

    3
    続き

    代替治療は意味がある?標準治療と併用ならばありです でも単独では絶対損!

     昨日の朝、夕のNHKニュースでがん拠点病院における免疫治療の話題が出ていました。本当全国の人間に免疫治療(オプジーボ等除く)というものが少し胡散臭いものであるという認識が拡がることはいいことです。

     「患者さんのことを考えるとこれしかない」

    0
    続き

    民進党の政治家のレベルを炙り出せた今回の騒動

     こんな記事が出ています。(希望・若狭氏、「小池氏、出馬しなくても構わない」)(若狭氏「政権奪取は次の次」 「政権選択選挙」とせず?)

     まあ比例の支持率が新聞調査では14−19%、そしてこんな記事も出ていますので(「小池氏、都知事専念を」62%…読売世論調査)ここら辺が落とし所という判断なのかもしれません。安倍総理が嫌いなマスコミもそんなに小池さんは好きでないようで、希望の党に対する論調も全部拍手で迎えられてはいないようです。

    2
    続き

    民進候補者出さず、希望の党で公認! 一寸先は闇

     いや本当小池さんは選挙の天才!(いやAIでしたね)そして前原さんも思い切った決断をしました。(民進、希望に合流へ=野党結集、安倍政権に対抗―衆院、28日解散【17衆院選】)

     >「民進党の公認候補は出さない。民進党の党籍を残したまま、希望の党の公認をもらってほしい」

    0
    続き

    「国難突破解散」 対北朝鮮施策に対する安倍首相信任解散

     予定通りの解散宣言です。大義としてあげられたのは少子高齢化を迎えるにあたり消費税の教育への使用変更、そして対北朝鮮対策でした。野党はなぜ2年後の消費税?なぜ冒頭解散?と言っています。

     正直民進党、維新もあげている教育無償化。これは解散しなくても協力を得ることがおそらく可能でしょう。 つまり一つ目の大義、消費税使用予定の変更を国民に承認してもらうという問題は概ねみんな同意してくれる問題だと思われます。

    2
    続き

    対話とは北朝鮮にとって、われわれを欺き、時間を稼ぐため、むしろ最良の手段

     安倍総理が国連で演説を行いました。(「北朝鮮脅威、眼前に」 安倍首相が国連演説 国際社会に結束呼びかけ、安倍晋三首相、北朝鮮一色の異例の国連演説 「差し迫った脅威。論点を集中せざるを得ない」)トランプ氏の北完全破壊という言葉もすごかったですが、とても考えさせる内容でした。

     >演説のほぼ全てを北朝鮮問題に費やす異例の内容で「脅威はかつてなく重大だ。眼前に差し迫ったものだ」として危機感の共有を図った。

    3
    続き

    抗がん剤臨床試験 ついに70台が主流に 高齢者の癌治療

     本日は敬老の日。最高齢は117歳、100歳越えが6万7千人以上、そしてそのうち女性が約9割。やはり生物学的にも女性が強いです。昔の記事です。そして90歳以上は200万人!もう100人に2人は90以上!そんなに珍しいことではありません。

     仕事に就いている65歳以上の高齢者は770万人!もう60で定年年金生活とか、100歳の銀杯とか昭和の常識は完全になくなっています。

    1
    続き

    衆議院解散!? いや勝負師だけど危機管理は大丈夫? 不倫きっかけ解散と呼ばれなければいいが

     昨日飛び込んできたニュースです。(早期解散強まる 首相、10月衆院選を模索か )北朝鮮問題に追われていた私と違い、本当安倍総理は勝負師です。確かに内閣改造後支持率上昇、民進党のゴタゴタ、小池新党の準備不足考えると確かに今かな。民進党不倫報道がきっかけに見えるというのは若干悲しいですが。

     この時期に解散することにおいて、総選挙の際の危機管理責任者(自衛隊指揮官など)はどうなるのか確認してみました。そうすると憲法71条で内閣総理大臣、内閣は解散総選挙中継続しています。選挙で多分忙しくなっていますが安倍総理はそのままです。少し地震の時の石原さんの選挙を思い出しました。

    1
    続き

    大人が思いつかない新たな詐欺を中3が考え、冤罪が生まれる 徳島県警三好署 猛省を!

     いやあまりにバカすぎてどうしようもない事件です。(中3女子、警察をも欺く手の込んだ偽装工作 被害女性はチケット配送記録で潔白証明 )

     >「成り済ましの可能性は考慮していなかった。捜査に慎重さを欠いていた」

    3
    続き

    不倫する政治家はやめるべき? 因果応報 忖度のダブルスタンダード

    いや文春砲おそるべし。2大政党の一つ民進党の幹事長候補を追い詰めてます。それにしても前原さんついてないな。

    その上で不倫する政治家は辞職すべきかについて考えてみます。 辞職すべき理由  1 民事における不法行為(不倫)  2 政治家にあるまじき嘘をついた(今後の対応)  3 税金で給料もらっている(聖人君子であるべき)  4 人間として信用できない(1、2から出るもの)

    2
    続き

    体罰と教育 戦争と対話 場所や状況でその必要性は変わる

     日野さんの体罰問題(1)、(2)。BLOGOSでも意見はほぼ2分され様々な議論がなされました。本当とても健全な国です。このような価値観の多様性を持つことがある意味民主的な国と言えるのでしょう。

     その中で、  1 やはり体罰はいけない!(少なくとも公衆の前で 子供に対して)  2 でもどうしようもない時はある? 特に師匠、弟子関連?  3 当事者同士が納得できているか?そこに強制は?   4 周りは一般論の押し付けはだめ!少なくとも価値観、情報を共有  5 権威者は尊敬を受ける行動を  が自分のまとめです。

    2
    続き

    戦争に向けて現実動き出している! 情報を分析しながら被害を最小限へ

     まあずる賢い国北朝鮮。いくら圧力という名の国連決議を出されても全く動じません。核ミサイルを持っていたらどこからも攻撃されないと我が道を進んでいます。それこそミサイル撃っても中国とロシアは守ってくれると密約でもあるのでしょうか。さすがに今回は厳しい報道(1)、(2)は出ていますが。

     最近「北朝鮮が日本を攻撃する気は無い、目を向けているのは米国だけだ」とかある方が言っていましたが、「占領された日だから撃った、積年の恨みを晴らしたとか」対日本事案として北朝鮮に宣言されていました。

    2
    続き

    北朝鮮ミサイル日本通過 Jアラートはまずまずでは

    北朝鮮がミサイルを発射し、初めてJアラートが流れ、日本上空を通過し太平洋に着弾しました。

    今回の時間経過です。 0558 北朝鮮ミサイル発射 0603 Jアラート 0606 北海道上空通過 0612 襟裳岬1180kmに落下 0624 安倍首相会見 0640 官房長官会見

    2
    続き

    731部隊 戦争は人間を狂気に変える

     終戦記念日です。ここ最近NHKで戦争に関する番組が流れています。その中であの731部隊を題材にした番組が流され、ネットでは賛否渦巻いています。

     悪魔の飽食という作品で紹介され有名になった731部隊。赤旗で連載されていたとか、正直写真が間違っていたとか、今回の番組で流されたロシアでの裁判の発言も言わされた可能性はないのかとか、否定派から信憑性に対する懐疑的な意見は流れています。ただ程度はあれこのような人体実験が行われた可能性は正直否定できないと考えています。(あくまで個人的意見で根拠は乏しいものです。)

    4
    続き