■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 宗村 興一 rss

    ライター一覧
    宗村 興一

    平成4年(1992年)10月23日、新潟県三条市生まれ。立正大学仏教学部卒。2015年入社。社会部を経てデジタルメディア編集部。

    ピコ太郎さんがSDGs推進大使に-グローバルフェスタ2017

     日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2017」(主催・同実行委員会)が9月30日、10月1日の両日、東京都江東区のお台場センタープロムナードで行われた。

     「見つけよう、わたしたちにできること」をテーマに、国際協力に携わる266の団体がブースを出展。現地料理の屋台や伝統衣装、音楽を紹介するステージイベントのほか、各ブースで多様な国際協力の形が披露され、会場は多くの人でにぎわった。

    4
    続き

    小池氏、都知事と党代表両立は不可能か-希望の党結党

      小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」は27日午前、都内のホテルで結党の記者会見を開き、小池代表が「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治。日本をリセットするために希望の党を立ち上げる」と宣言した。  会見には小池氏のほか、若狭勝衆院議員、細野豪志元環境相、長島昭久元副防衛相、中山恭子前日本のこころ代表(参院議員)、行田邦子参院議員など国会議員14人が参加。細野氏が「寛容な改革保守政党」「情報公開を徹底」「現実的な外交・安全保障」など6項目の党綱領を発表し、若狭氏が結党を宣言した。

     小池代表は、自らの衆議院選挙への立候補は否定した。ただ、都知事としての公務を理由に途中で退席。今後、都知事と代表の両立出来なければ、それを理由に衆院選出馬を言い出しかねない。 (宗村興一)

    0
    続き

    今年のゲームは「eスポーツ」東京ゲームショウ

     世界最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が21日から24日までの4日間、千葉・幕張メッセで開催された。複数のプレーヤーでコンピューターゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」をはじめ、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術を用いたゲームが注目を集めた。

     人気格闘ゲーム「ストリートファイターⅤ」(カプコン)が最高の盛り上がりを見せた。8人のプロゲーマーがトーナメント方式で対戦し、逆転勝ちや大技が出るたび大きな歓声が上がった。優勝した「ネモ」氏には、賞金100万円が与えられた。  ゲームショウには国内が過去最多の292社、海外からは36の国と地域から317社が出展。イベント期間中には25万4311人が来場した。 (宗村興一)

    1
    続き

    シャンシャンと希望の党、小池都知事の「命名日和」

     東京都の小池百合子知事は25日、上野動物園で6月に生まれた雌のジャイアントパンダの名前を発表し、「シャンシャン(香香)」と命名した。応募総数32万件余りの中から、選考委員会などを経て決定。生後6カ月を迎える12月ごろ、一般にお目見えする見通しだ。

     小池知事は、赤ちゃんパンダの名前を発表した後、お祝いの言葉もそこそこにすぐ退室した。この日のメインは新党立ち上げ発表だ。パンダの名前発表の会見は2時からとしながら、既にテレビでは昼のニュースで流し、知事が命名会見するとして、関心を集めておいての新党発表。文字通りシャンシャンは「客寄せパンダ」にされた格好だ。  知事は「希望の党」では代表に就くことを明らかにした。国民が赤ちゃんパンダの名前を喜んでいるところに、自身の新党代表就任についての発表。「今日は命名日和」と話す小池知事の顔からは、いつもの不敵な笑みがあふれていた。

    1
    続き

    「置き去りにするな」拉致被害者救出訴え大集会

     北朝鮮による拉致被害者全員の救出を訴える国民大集会(主催=家族会、救う会など)が9月17日、東京都内で行われた。横田めぐみさん=拉致当時(13)=らが拉致されてから今年で40年、また北朝鮮が拉致を認めた2002年の日朝首脳会談から17日で15年がたつ。

     田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会会長の飯塚繁雄さん(79)は北朝鮮の核実験やミサイル発射に注目が集まっていることに触れ、「拉致問題が置き去りになっていると感じる。どんな状況でも解決への諸対応を怠ることのないよう強く要望する」と訴えた。

    1
    続き

    赤ちゃんパンダ名前はお預け、“発表できない事情”とは?

     上野動物園(東京都台東区)は9月20日、生後100日目を迎えたジャイアントパンダの赤ちゃんの写真と動画を公開した。この日は生後100日で名前を付ける中国の風習に倣い赤ちゃんパンダの名前が発表される予定で、記者室は開始30分前から満席状態に。名前は全国から約32万2000件が寄せられ、8件までに絞られていた。

     ところが、開始時間になってもプレスリリースが配られない。動物園の担当者から「最新のものに作り直していますので、今しばらくお待ちください」との連絡が入る。

    2
    続き

    赤ちゃんパンダ、生後3カ月で犬歯がクッキリ

     上野動物園は9月12日、6月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの身体測定の結果と最新の映像を公開した。上下左右に犬歯が4本生え、体重は5キログラムを超えた。公募した名前は8点まで絞られており、今月下旬にも発表される見通し。  生後90日となる9月10日に行った身体測定では、体重は前回8月31日から約900グラム増えて5.4キロ、身長は6.9センチ伸びて62.4センチだった。前脚で踏ん張ってハイハイに近い姿勢を取ろうとするものの、後ろ脚で支えられずに倒れてしまい、まだ4本脚で立ち上がることはできないという。

    0
    続き

    サンデーモーニングは「最低モーニング」TBS偏向報道を糾弾

     TBSテレビが放送法に違反する番組を公共の電波で流していると抗議する「TBS偏向報道糾弾大会・デモ」が9日、東京・永田町の星陵会館で開かれた。大会後、約500人が東京・赤坂のTBS本社まで日の丸を掲げてデモ行進し、偏向報道の制止を訴えた。  大会実行委員会の村田春樹委員長は、日曜朝の番組「サンデーモーニング」内で改憲阻止を狙った偏向報道がなされていると主張。「どの業界も法律に基づいた社内の倫理規定があるが、TBSはねつ造、偏向をやりたい放題で『最低モーニングだ』」と強く批判した。このほか琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表の我那覇真子氏や元都議会議員の吉田康一郎氏らもTBSを批判し、放送法の改正などを訴えた。

    18
    続き

    前原氏、やはり同性婚容認か?

    白票が8票、多難の船出に

     民進党は9月1日、前原誠司氏元外相を選出した。しかし、離党予備軍とみられる無効票が8票も出るという事態に。「厳しい船出だ」と述べる前原新代表の就任早々に離党者が出れば求心力が急落する恐れがある。また、公安の監視対象である共産党との連携を掲げた枝野幸男元官房長官と大差で勝てなかったため、厳しい党運営になりそうだ。

    4
    続き

    錯覚の世界で不思議発見!

    錯覚を利用した企画展開催中――明治大学博物館 実際には存在できないと思われるだまし絵を立体化した「不可能立体」の企画展「進化する不可能立体錯視~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」が、東京都千代田区の明治大学博物館特別展示室(駿河台キャンパス)で開催中だ。8月19日までで、入場無料。 「不可能立体の絵」と言われるだまし絵の中には、実際には立体ができる物がいくつか発見されている。同展では、あり得ない動きが見えてくる「不可能モーション立体」、鏡に映すと姿が変わる「変身立体」など、種類別に展示している。見ると狐につままれた気分になること間違いなし!

    【詳細記事】実現不可能なだまし絵を立体化

    0
    続き

    劉暁波氏死去から1週間

     中国共産党の一党独裁政権に反旗を翻し、投獄されたままノーベル平和賞を受けた人権活動家、劉暁波氏(61)が死去してから一週間となる21日、東京・渋谷駅前で劉氏を追悼する催しが開かれた。

     渋谷駅前には、路上に置かれた劉暁波氏の写真を前に哀悼の意をささげる人が多く集まった。

    6
    続き

    消失した文化財がよみがえる!

     東京藝術大学は、バーミヤン遺跡の壁画や法隆寺の釈迦三尊像など、シルクロードに関わりのある文化財を特殊技術で再現した特別企画展「クローン文化財展」を9月23日(土)から開催すると発表。  10月26日(木)まで。劣化や消失した国内外の壁画や仏像などの文化財を継承することが目的。期間中は同大の「大学美術館」で。動画では7月14日に行われた記者会見とクローン文化財を作成する現場を紹介する。

    0
    続き

    赤ちゃんパンダ、順調に成長

     上野動物園(東京都台東区)でジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生して7月12日で1カ月を迎えた。体重は1キロを超え、平均より大きく成長しているという。健康状態も良好な上、白黒模様がはっきりしてきた。  同園によると、赤ちゃんの体重は誕生直後の約8倍の1147.8g、体長は29.5cmになった。7月28日から赤ちゃんの名前を募集する。

    1
    続き

    加速度世界一!「ド・ドドンパ」に乗ってみた

     「富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)の絶叫コースター「ドドンパ」が「ド・ドドンパ」としてリニューアル。スタートから1.56秒で時速180キロに到達するという驚異の「加速力」と「スピード」を体感できる絶叫コースター。7月15日オープン予定。  また、お化け屋敷の「絶凶・戦慄迷宮」もリニューアルしたほか、メインレストラン「フードスタジアム」ではオリジナルメニューを販売。この夏はぜひ富士急ハイランドへGO!

    0
    続き

    伊調選手に最優秀賞-JOCスポーツ賞表彰式

     日本オリンピック委員会(JOC)スポーツ賞の表彰式が9日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開かれ、平成28年度に顕著な功績を残した選手や団体が表彰された。リオデジャネイロ五輪で4連覇を達成したレスリング女子の伊調馨選手が最優秀賞を受賞した。

     伊調選手は受賞スピーチで「アスリートは結果が全ての世界です。結果を残すためにはさまざまなサポートが必要」だとし、選手たちへの支援の重要性を訴えた。また、優秀賞にはスピードスケートの小平奈緒選手ら5人、新人賞には卓球の張本智和選手ら3人が選ばれた。

    2
    続き

    「YOUは何しに?」「仕事だよ(笑)」ネイマールが来日イベント登場

     サッカーのブラジル代表FWでスペイン・バルセロナのFWネイマール選手(25)が5月30日、来日して成田空港に姿を見せた。ファンからの黄色い声援を受けながらサインに応えたネイマール選手。翌日はトークショーと子供たちのサッカー教室のイベントに登場した。自身のサッカーへの思いを語り、子供たちとサッカーをするネイマール選手にファンは歓喜した。

    4
    続き

    改憲すなわち初めての憲法づくり―99歳の中曽根元首相訴える

     久々の登場で会場の注目を集めたのは今月27日に99歳を迎える中曽根康弘元首相。「明治憲法は薩長同盟という藩閥政治の力の所産であり、現行憲法はマッカーサーの超法規的力が働いたということを考えれば、憲法改正は国民参加のもとに国民自らの手で国民総意に基づく初めての憲法を作り上げるという作業であることを自覚するものだ」と力強く訴え、喝さいを浴びていた。

    11
    続き

    アグネス・チャン、シリア難民支援を訴える

     今月3日から12日まで、シリア難民を受け入れているヨルダン、レバノン、トルコの3カ国を訪れた歌手・タレントで国連児童基金(ユニセフ)の東アジア太平洋地域親善大使のアグネス・チャンさん(61)が17日、都内のユニセフハウスで報告会を行った。会場を訪れた約100人の参加者は、アグネスさんの話に耳を傾けた。

    3
    続き

    宝塚歌劇とクルーズがコラボ

    北翔海莉さんや妃海風さんら出演

     日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」と、宝塚歌劇のステージが初めてコラボしたクルーズ「TAKARAZUKA ON ASUKA II」が14日、神奈川県横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルから出港した。

    4
    続き

    「笑顔で新たな出発したい」浅田真央が引退会見

     フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権を3度制した浅田真央選手(26)=中京大=が12日、東京都内で引退会見を開き、「選手生活ではたくさんの山があった。乗り越えられたのは、支えてくださった方々とファンの方々の応援のおかげです」と述べ、現役引退を改めて表明した。

     会見場には海外メディアを含め400人以上の報道陣が詰めかけ、世界レベルの人気を物語っていた。

    7
    続き

    挑発・批判が目的だった?今村復興相会見

     今村復興相が4日の閣議後の記者会見で、質問したフリージャーナリストに対し「出て行きなさい」「うるさい」などと発言し、会見を打ち切って退室する一幕があった。マスコミは今村復興相の激高部分だけを取り上げ、国民に“横暴な大臣だ”という印象を与え、さらにこのような大臣を任命した安倍首相の任命責任を持ち出し、怒りの矛先を向けさせる。

    17
    続き

    競泳の瀬戸がANA所属選手に

    東京五輪で「金」目指す

     4月1日付で全日本空輸(ANA)所属となる、リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手(22)=JSS毛呂山=が29日、東京都内で記者会見し、2020年東京五輪に向け「東京で最高の結果を出して、燃え尽きたい」と金メダルへの思いを語った。

    4
    続き