■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    岩崎 哲
    岩崎 哲
    韓国北朝鮮問題
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    上田 勇実
    上田 勇実
    韓国北朝鮮問題
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    宮塚 利雄 rss (韓半島 国際)

    ライター一覧
    宮塚 利雄

    昭和22年(1947年)秋田県生まれ。高崎経済大学卒後、韓国・檀国大学校大学院経済学科博士課程修了。元山梨学院大学教授。毎年数回の中朝国境フィールドワークで生の北朝鮮情報やアイテム収拾を続ける。現在、宮塚コリア研究所代表。

    苛政に苦しむ北朝鮮人民

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     昨今の北朝鮮情勢を観察・分析している時、『論語』の次の一説を思い出した。

    1
    続き

    謎だらけの北からの侵入者

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     北朝鮮は7月19日の早朝、平壌に隣接する黄海北道から弾道ミサイルを発射した。このミサイル発射は、在韓米軍が地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を決めたことへの反発とみられている。事実、THAAD配備決定後に北朝鮮は「無慈悲な報復攻撃を行い、韓国は炎と瓦礫(がれき)の海と化す」とTHAAD基地攻撃を公言していた。ある程度予想されていた北朝鮮のミサイル発射であり、日本海に向けて発射したからといって、日本を標的にしたのではない。

    3
    続き

    北朝鮮、宴の後の「200日戦闘」

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     中朝国境にいる定点観測者から、「今年も北朝鮮側では大勢の人が隊列を組んで田植えを行っていますよ」という連絡があった。

    1
    続き

    中国を怒らせた金正恩政権

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     筆者は3月末に中朝国境調査に行く予定であった。ところが、いつも案内してくれる中国の朝鮮族から「今は来ない方がいい。国境の警備が北朝鮮側だけでなく、中国側もこれまでにないほど異常なほどに厳しい」とのこと。事前に旅行の目的として、「国連の経済制裁の一つとして、北朝鮮からの鉄鉱石や石炭などの一部輸入禁止などの輸入禁止を打ち出しているが、それが実行されているのかその実態を知りたいので、茂山の鉄鉱山とその鉄鉱石の中国側の集積地である南坪の駅を見たい」と伝えておいた。

    6
    続き

    北朝鮮「水爆」は張り子の虎

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     「延吉市内も揺れました。学校の校庭にもひび割れが生じたところもあり、大変でした」と、延吉にいる定点観測者が電話で答えてくれた。当初マスコミから「北朝鮮が震源の揺れが観測されている」と連絡があり、「何の揺れか」と聞いてきたので、とっさに浮かんだのは「白頭山が爆発でもしたのか」と思ったが、それなら噴煙でも上がるはずだ。が、そうでもなさそうだとのこと。

    0
    続き

    北朝鮮主張の「水爆」実験、保有なら大きな脅威

    宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄

     金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党第1書記は昨年12月10日、平川革命史跡地(事業地)を現地指導した時に、「水素爆弾の爆音を轟(とどろ)かせることができる」と発言していた。6日の実験が実際に水爆だったかどうかは分からないが、何らかの実験が成功したことは間違いない。

    0
    続き

    日本人拉致を忘れず許さず

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     胸にブルーバッチを付けているが、時々そのバッチは何ですかと聞かれるので、このバッチは「北朝鮮に拉致された日本人を救出支援するためのシンボルバッチです」と言うと、「そんなバッチもあるんですか」と怪訝な表情をする人がいる。

    0
    続き

    朝鮮労働党70年への忠誠金

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     この頃はあまり目立たなくなった北朝鮮の金正恩政権であるが、10月10日は「朝鮮労働党創建日」にあたり、金日成の誕生日である4月15日の「太陽節」とともに内外に北朝鮮を知らしめる一大イベントが行われる。特に今年は1945年10月10日に金日成が朝鮮労働党を創建してから70周年にあたるということで、金正恩は政権基盤の立て直しの起死回生策として、また、自らの存在感を知らしめるよき機会として、年初からこの日に焦点を合わせて統治を行ってきた。

    0
    続き

    白昼に北朝鮮を逃げる幹部

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     北朝鮮の対外に向けての声明は虚勢を張った、弱者の恫喝(どうかつ)が見え見えのものばかりである。イランと米国など国連安保理常任理事国およびドイツとの核協議が最終合意に達したと伝えられる中、これを受けて北朝鮮側から今回もまた荒唐無稽で空虚な声明が出された。北朝鮮の宣伝用ウェブサイト「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」が、「いつになれば馬鹿げた夢から目覚めるのか」と題した記事で、「アメリカがわが国を脅かし、朝鮮半島で核戦争を起こすために執拗(しつよう)に策動を企てている。核放棄や非核化など寝言のようなことをいつまでほざいているのか」との、いつもながらの無味乾燥な常套(じょうとう)句である。

    0
    続き

    末期症状にある金正恩政権

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     この国から伝えられてくる情報には唖然(あぜん)、愕然(がくぜん)とするものが多い。金正恩が北朝鮮の政権の座について4年になるが、この間に70人以上の軍や党の幹部を銃殺・処刑しており、4月末には玄永哲人民武力相が見せしめとして数百人が見守るなか、高射機関銃で公開処刑されたという(この原稿は玄永哲人民武力相が処刑されたという情報を前提に書いている)。

    0
    続き

    中国に押し入る北朝鮮強盗

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     3月26日から3泊4日の日程で中国と北朝鮮の国境調査に行って来た。今回で47回目の中朝国境調査旅行で、入国管理でまた拘束されるかもしれないと心配したが、前回同様今回も何もなく入国でき杞憂(きゆう)だった。今回の目的は中朝関係の現実を豆満江にある税関での「人と物の往来」から調べることであった。

    0
    続き

    矛盾した北朝鮮「新年の辞」

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     北朝鮮問題を研究する者にとって、毎年1月1日に発表される「新年の辞」は必見(必読)資料である。「新年の辞」とは北朝鮮の最高権力者が前年度の事業の成果と、新年度の新たな事業や政策の遂行目標を発表するものである。金正恩政権になってから3度目の「新年の辞」となるが、金日成・金正日時代のものと同じで、前年度の事業については自画自賛のオンパレードであり、新年度の事業目標もこれまた例年と同じような内容で、陳腐極まりなく、ただ、表現だけがその時の時流によって変えられるだけである。したがって今年の「新年の辞」の内容にも期待はしていなかったが、前年度とはどこが違っているのか、何を強調しているのか、を注目して読んだ。

    0
    続き

    遠のく邦人拉致問題の解決

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     今年もあと1カ月となった。年初から予期せぬ天変地異に見舞われ、国民生活に少なからずの不安を与えてきた。一方、海外との関係に目をやると、近隣諸国、とくに中国や朝鮮半島の二つの国との関係は決してよい状況とは言えない。その中でも北朝鮮との関係については異常としか言わざるを得ない状況にある。

    0
    続き

    約束しても守らない北朝鮮

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     5月末にスウェーデンで開かれた拉致問題解決のための日朝間の外務省局長級会議で、「夏の終わりから秋の初め」には特別調査委員会による第1回目の報告を行うことで、双方は合意し、日本側も「今度は本気だ」と「欣喜(きんき)雀躍」した。しかし、9月29日に中国・瀋陽で開かれた協議で、北朝鮮側は「再調査を続ける」という、木で鼻を括(くく)る内容だった。

    0
    続き

    生存・帰国者数を弄ぶ策謀

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     5月末にスウェーデンのストックホルムで開かれた日本と北朝鮮の外務省局長級会談で、北朝鮮が日本人拉致被害者をはじめ拉致された可能性のある人、日本から在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った日本人妻や、終戦後に朝鮮半島の北部地域に残留し、現在北朝鮮に生存している日本人の消息まで再調査すると合意した。これは日本側が望んでいる政府が認定した拉致被害者の消息調査を、はるかに凌駕(りょうが)した範囲の調査である(日本側がこの範囲までの調査を要求したのか疑問ではあるが)。

    0
    続き

    日朝合意履行は世界の関心

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     小欄の原稿を書き終えて送稿しようとしていた矢先の5月29日夕方に、東京の知り合いのマスコミ社から「安倍首相の談話を聞いていますか。後ほどまた連絡します」という電話があり、「どういう内容の談話か」というこちらの問いには答えずに切った。あわててテレビをつけてみると、安倍晋三首相がスウェーデンで開かれていた日朝の外務省局長級の政府間協議の結果を受けて、「北朝鮮が全ての日本人拉致被害者と拉致の可能性が排除できない特定失踪者について再調査することで合意した」という場面を繰り返し報じているではないか。

    0
    続き

    日朝交渉の再開と拉致問題

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     北朝鮮がミサイルを発射している。以前ならば、ミサイルやロケットを発射する金があるのなら、人民の「食べる問題」を解決するために、白米やトウモロコシを輸入して与えたらどうか、などという指摘もあったが、今やこのような文句は金正恩政権には通じなくなった。国際社会からの批判をものともせず、体制護持の手段として発射している。

    0
    続き

    張成沢派の粛清続く北朝鮮

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     昨年12月8日に、北朝鮮は張成沢国防委員会副委員長を「不正腐敗と不適切な女性関係、麻薬・賭博を行った」と断罪し、さらには「反党・反革命・国家転覆」を謀ったとして全役職の解任と党除名を決定し、労働党中央委員会政治局拡大会議の議場から引きずり出されていく張成沢の姿を朝鮮中央テレビは伝えた。

    0
    続き

    モンゴルは北朝鮮を知る穴場 山梨学院大学教授 宮塚利雄氏に聞く

     モンゴルは北朝鮮の数少ない友好国の一つで、食糧支援を行うほか北朝鮮の出稼ぎ労働者を受け入れている。昨年、モンゴルを訪問し、その実態を調べた宮塚利雄山梨学院大教授は、拉致問題解決に手詰まり状態の日本政府に、親日的なモンゴルを通じて北朝鮮にアプローチする方法もあると提言している。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    北朝鮮からの出稼ぎ急増/まじめで高い勤労意欲

    0
    続き

    ヤギも担う北朝鮮食料事情

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     長年にわたり北朝鮮の農業問題や国民生活の状況を研究・分析しているが、最近の北朝鮮のマスコミが報じる内容は、慢性化した陳腐な変わり映えの無いものが多い。とかく「暗くて、気持ちわるくて、怖い国」と言われている北朝鮮ではあるが、それでも「明るくて、思わず笑みがこぼれる微笑ましい報道もあるはずだが」と思うのだが、なかなかそのような報道にはお目にかかれない。

    0
    続き

    「物言えば唇寒し」の北朝鮮

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     朝鮮語に「アルダガド モルヌン」(分かったようで分からない)という言葉があるが、最近、マスコミで伝えられた北朝鮮情報に接して、北朝鮮がはたして「国家としての体を成している」のか、まさに理解に苦しむ、分かったようで分からない国に見えてきた。

    1
    続き