■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    三井 俊介 rss (社会貢献活動 学生・青年ライター)

    ライター一覧
    三井 俊介

    1988年12月23日、茨城県つくば市生まれ。法政大学法学部国際政治学科卒業。2011年の震災を機に、岩手県陸前高田市広田町への支援を開始する。大学卒業後に同地に移住、結婚、一児の父となる。2013年6月にNPO法人SET代表理事に就任。2015年9月より陸前高田市議会議員に就任。NPOと議員の両輪で陸前高田市の町づくりに尽力中。

    NPO運営における新概念!「コミュニティキャピタル」とは?!

     社会起業やソーシャルビジネスの世界では、「ソーシャルキャピタル」が重要視されています。ソーシャルキャピタルとは、日本語では「社会関係資本」と訳されることも多く、社会の信頼関係、規範、ネットワークという社会組織の重要性を説く概念でもあります。上智大学とNPO法人CRファクトリーでは共同研究「コミュニティキャピタル研究会」として、さらに小さい単位のコミュニティの中にあるソーシャルキャピタルに注目し、「コミュニティキャピタル」と名付け、NPOやコミュニティを運営していく上で非常に重要であるとしています。

    「コミュニティキャピタルを形作る3因子」  もう少し詳しく「コミュニティキャピタル」について見ていきます。大きく3つの因子から成り立っており、第1因子が「理念共感と貢献意欲」です。こちらは、団体の活動理念に対して、それをメンバーと共に目指そうと思えることです。「この団体を自分も一緒に担っていきたい!」「とことんがんばりたい!」と思える感覚になります。第2因子が「自己有用感」です。自分が団体の中で役に立っている、必要とされていると感じるかどうかになります。第3因子が「居心地の良さ」です。こちらは精神的にここにいたいと思う感覚になります。

    2
    続き

    地方創生に本当に必要なのは「交流人口」ではなく、「活動人口」

     国が掲げる地方創生、「まち・ひと・しごとの創生」などの戦略の中では、「交流人口の拡大」が重要施策となっています。人口減少が進む中で、外貨を稼ぐ事は大切であり、地域経済の活性化は必須だという理論です。しかし、本当にそうなのでしょうか。私たちは交流人口ではなく、その町のためにという思いを持って継続して実際に行動する「活動人口」が大切だと考えます。

    「これからの人口減少社会で本当に必要な人とは?」

    2
    続き

    非営利組織の「総会」で本当に行うべきことは?

     当法人では年に4回、「SET DAY」と称した総会を開催しています。そのうちの3回は東京で行い、1回は広田町で行います。  総会といっても決算書をみんなで見て、事業計画を確認して……というような一般的なものではありません。私たちは普段バラバラで活動しているメンバーが一堂に集う総会の場を、「SETとして一歩前進する日」と位置づけています。先日9月17日~19日に広田町にて開催したので、そのことについて今日は書きたいと思います。この記事を通して、総会というものの在り方や存在意義の再定義に挑戦できればと思っています。

    「なぜ今ここにいるのか」  創設期の社会人から現在現役で活動する大学1年生まで(我が子も含めると1歳が最年少!)総勢24人が集いました。  最初に行った事は、「なぜ『今』ここにいるのか?」について対話を通して自己理解、相互理解を深めていきました。

    2
    続き

    都会では作り得ない人と人との確かな繋がり

     「おまえらに希望をもってるんだよなぁ」  地元の60代の方に言ってもらった言葉です。  「私たちこそ、地元の方に希望を感じてるんです」  この人は今後も私とともに人生を歩み、絶対に裏切ることのない人だと感じられる瞬間でもあります。

     見ず知らずの土地に移住して5年目。「お互いがお互いに希望を持つことで確かなつながりができる」ということに気づくことができました。

    5
    続き

    地域活性化で外部の若者にしかできないこと

     「あなたたちがきて家庭が明るくなったわ!」  「俺らのほうが教えられることが多いよ!」  私たちが連れてくる外部の若者と触れ合う機会の多い、地元の方は上記のようなことをおっしゃってくれます。そして私たちは「外部の若者」こそ、地域課題解決に重要な役割を果たすと考えます。

    地域がもつ、「町の未来の為」にと行動する人が増えない構造

    1
    続き

    理念経営を目指すなら、クレドを体現できる仕組みを!

     「クレドを普段の生活でも生かしていきたい」  「みんなの“あの時”の思いを聞いて、同時に思い出したり、他の視点から当時を見ることができた」  「私が好きだと思うSETの文化はクレドを根底においた行動指針を一人ひとりがもってこそ形作られると感じました」  先日行った、私が理事長を務めるNPO法人SETの総会時に、メンバー一人ひとりから発言された言葉です。

    4
    続き

    「売り上げを伸ばし続けること=地域活性化の成功」ではない

     地域活性化に取り組む時、「ボランティアではなくビジネスとして行っていくことが大切だ」と言われています。それはなぜかというと、「ビジネス=お金を稼ぐこと、売り上げを伸ばし続けること」であり、それは「顧客にしっかりと価値を提供し続けている」ということと、「自立しており、持続可能であること」が理由として挙げられます。  困っている人がいて、その人に解決策として商品やサービスを提供する。その見返りとしてお金をもらう、だからお金をより多く稼ぐことは、困り事をより解決しているのだから良いことであり、ビジネスとしての成功である。また困っている人の問題を解決し続けなければならないので、補助やボランティアに頼るのではなく自分たちのお金でやるべきだ。ということであり間違いではないように感じます。

    6
    続き

    「NPO代表、市議、時々漁師」という生き方

     朝5時。毎年4月になると私は海の上にいます。

     広田町では主産業であるわかめ養殖の最盛期です。太い綱にぶら下がっているわかめを海から持ち上げ、鎌で刈っていきます。その後、陸に帰ってきたら、煮て、冷やして、塩蔵して、出荷処理をしていきます。 (もう少し詳しい作業工程はこちらよりご覧ください^^) (http://hirotime.set-japan.org/?p=831)

    7
    続き

    2カ月で延べ1187人の大学生が訪れる陸前高田市広田町で起こっていること

     私が代表を務めるNPO法人SETが活動するのは東京から車で8時間かかる陸前高田市の広田町という人口約3500人の小さな町です。2月から3月にかけて、当法人が展開する事業を通して、多くの大学生が訪れてくれました。その数なんと延べ1187人。しかも、ただ単に観光で訪れたのではなく、町づくりのために訪れてくれました。また、1度だけでなく、何度も訪れている学生が多数いました。平均すると1日に約20人の外部の若者が町のためにと活動をしてくれていたことになります。

    11
    続き

    被災地・陸前高田市広田町で活動するからこそ得られること

     はじめまして。

     この度、連載をさせていただくことになりました、三井俊介です。1988年生まれで現在27歳です。大学卒業後、就職はせずに、先の東日本大震災で被災した、岩手県陸前高田市広田町に移住しました。現在はNPO法人SETの代表理事を務めながら、市議会議員として町づくりの仕事をしています。また、2014年には結婚し、昨年5月には一児の父となりました。

    14
    続き