■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    舟田 譲二
    舟田 譲二
    アカデミー学院 学院長
    平井 基之
    平井 基之
    東大に文理両方に合格した男
    石川 佐智子
    石川 佐智子
    元・公立中学教諭
    太田 和宏
    太田 和宏
    地方・教育部長
    杉原 誠四郎
    杉原 誠四郎
    教育研究者
    棚橋 嘉勝
    棚橋 嘉勝
    元・文京区教育委員、教育評論家
    加藤 隆
    加藤 隆
    元・小学校教諭、名寄市立大学教授

    久保田 信之 rss (教育)

    ライター一覧
    久保田 信之

    昭和11年(1936年)8月東京生まれ。学習院大学政経学部政治学科卒、学習院大学文学部哲学科卒。現在はNPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長。

    日本共産党の綱領を糺す 「天皇制」打倒が根幹に

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

    3
    続き

    蔓延する得体の知れぬ「空気」

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

    3
    続き

    高等教育の無償化に物申す

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     憲法改正の機運に乗じてか「教育を受ける権利、教育を受けさせる義務、義務教育の無償化」を定めた第26条を改正して「高等教育の無償化を掲げるべきだ」という意見が、主として野党、護憲派諸氏の中から真面目に取り上げられているようだ。

    2
    続き

    ロシア革命100周年に思う

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     革命とは権力体制や組織構造の抜本的変革が比較的短期間のうちに行われることを意味することばであるから、人類の歴史の中では、技術革新の領域では農業革命や産業革命があり、社会変革では名誉革命をはじめフランス革命、さらには清朝を倒した辛亥革命ほか、大変革をもたらした「革命」があったことはご承知の通りだ。これらは、いずれも、従前の慣れ親しんできた流れを断ち切り未経験の新しい状態に突入するのであるがために、革命後、新しい秩序が形成されるまで、時には、激しい流血の惨事が発生したり、自ら否定した以上の強権力を迎え入れてしまい、新たな独裁者を生みだし、以前にもました残酷な惨状に苦しむ例を、この100年の間に、われわれは多く知らされてきた。

    3
    続き

    さまよい続ける日本社会

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     日本社会の現実を細かく具体的な例を挙げて批判すれば、確かに凶悪犯罪は多数発生している。確かに「住みにくい世の中になった」と嘆きたくなる事例が山積している。

    1
    続き

    日本文化と乖離した個人主義

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     憲法13条の「国民は個人として尊重される」を疑わずして受け入れている不勉強な政治家が相当数現存しているのではないか。「個人を、何ものにも従属しない主体的で絶対的な存在である」と説いた「18世紀の個人主義」を、唯一最高の思想であると信じているようだ。勉強する余裕を持たない政治家だけではない。多くの評論家の中にも、18世紀以降の思想界の変遷に思いを致す柔軟な思考訓練が欠けているようだ。彼らが愛用する「国民主権」という言葉も、「何ものにも束縛されない自由な個人を主人公とする政治」だと、信じて疑わないようだ。

    0
    続き

    品位品格失ったひ弱な日本人

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     最近の世相を見るに、特異な性格を持った異常な人が、常識外れの問題を起こしているとは限らない。政界・官界・学界・経済界、どこを取ってみても、日本社会が持っていた「常識」あるいは「品位」「品格」が失われつつあることだけは事実のようだ。

    2
    続き

    都知事辞職騒動は教養破壊

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     今月の東京都知事選挙の引き金となった、4月以来、あらゆるメディアが連日連夜、激しく騒ぎ立てていた舛添要一前都知事に関する問題は、もはや過去の事件として人々の関心が薄れてしまったようだ。

    4
    続き

    冷静な調査で「歴史認識」を

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     隣国の中国や韓国で「怒れる市民による反日暴動」を世界に宣伝されたことがあるが、今の日本人にしてみれば「遠い過去の話」である。しかし、「加害者である日本は忘れられても被害者であるわれわれは忘れられない」と、時に激しく執拗に要求してくるこの「歴史問題」に、お人よしの日本人は、辟易しながら悩み続けているのが現状であろう。

    1
    続き

    「一つの中国」拒否した台湾

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     台湾の総選挙は予想通りとはいえ民進党の大勝利で終わった。台湾人の良識を高く評価し、心からの祝辞を述べたい。

    1
    続き

    台湾総統に蔡英文氏、中国依存脱却へ日台関係強化を

     台湾の総選挙は予想通りとはいえ民進党勝利で終わった。台湾人の良識を高く評価し、心からの祝辞を述べたい。しかし、蔡英文政権が直面せざるを得ない多種多様な内憂外患を自分の問題として真剣に考えることこそ、台湾を心から愛する者の務めだと考える。

    0
    続き

    和の精神で憲法13条凌駕を

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     日本国憲法は連合軍総司令部(GHQ)により「個人」という異様な思想の上に構成されているがために、戦後70年以上が経過する中で、日本社会を混乱させる深刻な問題を導き出してきている。「個人」は何時の世にも、どこの社会にも存在するが、自由・平等を勝ち取ったフランス革命に源をおく「支えをすべて排除した個人思想」は、今日、国家のまとまりを薄弱にしている。

    0
    続き

    戦後教育の失敗を修復せよ

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     昨今、フェミニスト諸団体や「反日NGO」さらには外務省までもが「児童の権利条約」の実効措置を奨励してきたがために、学校教育はもちろんのこと家庭教育までもが、翻弄されて混乱の度を深めている実態をご存知であろうか。

    0
    続き

    70年談話損ねる反日日本人

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     去る8月14日、安倍首相は我が国をはじめ諸国民が理解できるような、バランスの取れた「歴史的な名演説」を自然体でお話しになったことは、政治家としての真骨頂を十二分に発揮されたと高く評価したい。

    0
    続き

    精神的混乱の病巣をえぐる

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     家族の縁も切れて一人暮らしをする老若男女や自殺が増えるなど、日本社会を精神的混乱へと蝕んでいる「病巣」を、真剣に抉(えぐ)り出してみたい。私は長年、家庭裁判所の調停委員として、家族との諍(いさか)いから「本当の私を取り戻す」ために離婚を求める女性に多く会ってきた。彼女らは、妻であり母である現実の私の「向こう側」に、「自由な本当の私」があると信じているのだ。『離婚』によって慣わしだの仕来りだのを排除すれば、「元の自分」を取り戻せるというのだ。

    0
    続き

    日本を見出す外国人観光客

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     政府は、アベノミクス「第3の矢」である「富の拡大」「経済成長」の大きな目玉に「観光産業」の発展を置いている。そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前までに訪日客数2000万人を達成しようという目標を設定したのだ。これを受けて、東京をはじめ多くの自治体では、「観光産業振興政策」の立案と実施に大きなエネルギーを注ぎ始めたという。

    0
    続き

    戦後70年首相談話への期待

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     今年は大東亜戦争が終結して70年と言う大きな節目の年だ。この70年を振り返ってみるに、まことに残念ながら、平成7年(1995年)8月15日に、時の内閣総理大臣・村山富市が「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々にたいして多大の被害と苦痛を与えました」と、独特の歴史観、戦争観をもとに、いわゆる「謝罪表明」ともいえる「談話」(いわゆる「村山談話」)を公表したのだ。

    0
    続き

    台湾民主主義示した地方選

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     11月29日に投開票された台湾の統一地方選挙は、焦点の6大都市の市長選挙で与党・国民党が現有の四から一つに減らすという「大敗北」を喫して終わった。

     中国から陰に陽に加えられてきた脅威におびえてきた台湾人は、中国に依存しなければ台湾は生き残れないと、中国寄りの馬英九政権を容認してきた。

    0
    続き

    日台関係を重視し育てよう

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     日台関係は現在においても最も重要な課題であるという認識は、中国との統一を目論んでいると言われる馬英九政権においても共有している。例えば、対日戦略のブレーンで、中華民国総統府・国家安全会議諮問委員を務める楊永明台湾大学教授は「一般的に言って、日台間では相互に友好感情が存在するという基本認識がある。台湾はおそらく世界で最も親日的な社会であり、日本でも台湾に対する好感が広範に存在するのである」と認めているし、同じく中華民国総統府・国家安全会議諮問委員(閣僚級、亜東関係協会会長)の李嘉進氏は「日台は『感情の関係』だ。普通の外交関係は国益が基本だが、日台は特別。お互いの好感度が抜群に高い。戦前からの歴史が育てた深い感情が出発点となっている」と的確な分析を行っている。

    0
    続き

    人口減少解決の正道を問う

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     一朝一夕には解決しない複雑で厄介な問題は、常に我々の周りに存在しているものだ。その中でも、「少子化問題」ほど、根が深く、複雑で、解決に時間がかかる問題でありながら、じわじわと日本社会の根底を崩しかねない深刻な問題は他にない。

    0
    続き

    国の安寧害する教科書批判

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     文科省は、教師が学習指導要領の内容を的確に教えるための「手引書」として「学習指導要領解説書」を発行しているが、今回のように「改定時期ではない時」に発行したことは極めて異例である。われわれは安倍内閣の意気込みを汲み取る必要があると思う。

    0
    続き

    法を超えた日本の家庭家族

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     西欧近代の個人主義と合理主義を無批判に肯定したGHQ(連合軍総司令部)支配下の憲法および民法は、成立から60年以上たった現在、日本の伝統文化から大きく離反していたことに原因して、日本社会を支えるはずの秩序を破壊し、今まで経験したことがないほどに日本人の精神的安定を混乱させている。

    0
    続き

    グローバリズムの落とし穴

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

     一時、日本では「国際化」という表現がもてはやされた。しかも、多くの場合、「国際化」とは「アメリカナイズ」を意味していたようだ。その原因は、アメリカの世界戦略や経営システム、さらには社会生活を学ぼうとする機運が、他の国以上に日本全体に浸透していたからといえる。

    0
    続き