■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    法律は何のために存在するのか?PPAPが使えないピコ太郎?

     昨年末から突如時の人になったピコ太郎さん。

     実力派芸人として売れた仲間たちから支援を受けてテレビに出ていましたが、ブレイクせずにやっと昨年末ジャスティンビーバーが取り上げて一躍世界中で有名になりました。

     それくらい仲間から人望がある人だと思っていたので、その成功は嬉しく思っていました。

     しかし、早くも暗雲が・・・。

     大阪の元弁理士の人が「PPAP」を商標登録を申請しているとのこと。

    3
    続き

    もうサイレントマジョリティーは止めよう!

     「餅つきが不衛生だから禁止!」  「除夜の鐘がうるさいから禁止!」  「保育園ができたらうるさいから建設反対!」

     と最近は何でも反対する人がいて、そういう人が出てくるとその後のクレームが怖いのか、自治体もへっぴり腰になります。

    4
    続き

    地震、トランプ氏、韓国問題等のマスコミの扱いを批判する!

     トランプ氏がアメリカの次期大統領に決まってトランプ氏のことばかり、そしてお隣の朴大統領のスキャンダルばかりを毎日見せられ飽き飽きしていたところ、早朝の地震で今度は地震や津波のことばかりを福岡ではテレQ(テレビ東京系)だけを除いて全局でやっていました。

     NHKがこれを終始報道するのは、公営放送として当然のことですが、教育テレビも同じものを流す必要があるのでしょうか。朝の時間は「おかあさんといっしょ」など幼児向けの番組をやっているので、今朝は大勢の小さい子を持つ家庭で困ったと思います。

    0
    続き

    池上彰は不法移民を容認するのか?

     昨日のテレビ番組、池上彰とパックンがアメリカの大統領選挙の結果を報道していました。出張中のホテルでの視聴だったのであまりよく見ていないのですが、一つのコーナーにメキシコからの不法移民にインタビューするコーナーがありました。

     17年近く前、妊娠がわかってアメリカに不法入国してそのまま居ついている人です。

     メキシコではまともな子育てができないと決断し、アメリカに来て出産しています。

    18
    続き

    祭りとはかくあるべし! 唐津おくんちを見ての一言

     昨日佐賀県唐津市で毎年盛大に行われる唐津くんちを初めて見に行きました。

     もともと、人混みが嫌いな私はたくさんの人がいるところに行くのは苦手です。でも、盟友藤原氏からお誘いを受けたので一人でふらっと出かけてみました。

    1
    続き

    電車の中で女性が化粧をするのは「みっともない!」

     東急電鉄の啓発ビデオで女性が電車内でお化粧するのは「みっともない」と主張していることに反発が出ているようです。

     しかし、これに反対する人の真意が知りたいと思っています。

     「朝忙しいんだから、時間の有効利用でいいじゃないか」というご意見があるのですが、有効利用したいのなら、読書をするとか他人の迷惑にならないように音楽を聴くとかをすればいいだけの話です。

    0
    続き

    やっと沖縄県の無法地帯が解消しつつある

     基地反対派の沖縄平和運動センター議長の山城博治容疑者がフェンスに貼られた有刺鉄線を二本切り器物損壊容疑で逮捕されました。

     誰でも他人の敷地内に入ったらいかんでしょう。

     またそこにあるものを勝手に壊したらいかんでしょう。

     やっと国も本腰を入れ始めたのかと思います。

     これを推進し、沖縄県を現在の異常な無法地帯から平常な状態に戻すには世論の高まりが必要です。

    7
    続き

    死刑廃止?日本は日本のやり方で十分

     一部の弁護士が決議して、死刑制度の廃止を提言したそうですが、その大会に出席しなかった心ある弁護士の方々から異論が上がっています。

     いままで日本の歴史をねつ造し、国益に害する論調を行ってきたのが日弁連であり、わざわざ東南アジアに出かけて慰安婦だといえばお金がもらえるとたきつけて、その後の日本の印象を悪くしたのも、この団体です。

    1
    続き

    自民党にも二重国籍議員がいた!でも、ちょっと蓮舫とは違うぞ

     自民党にも前回の参議院選挙で当選した小野田きみ議員が米国との二重国籍だったことが判明しました。

     このニュースを聞いた時に、この議員にはかわいそうですが、潔く辞任して蓮舫氏を道ずれにせよというブログを書こうとしたのですが、本人の弁を見て、ちょっと考えが変わりました。

     小野田議員の釈明をまず読んでみてください。

    >>>引用開始

    14
    続き

    誰が本当に国益を護るのか?

     26日の国会で安倍総理の演説の中で、「現場で夜を徹して、今この瞬間でも、海保・警察・自衛隊の方々が任務にあたっておられる。彼らへの敬意を表そうではないか」と発言し、スタンディングオーベーションが起こり、議長が制するまで15秒ほど拍手が鳴りやまなかった動画を今見ました。

     野党の人たちはいろんなことを言っていますが、私は素直に感動しました。

    1
    続き

    蓮舫氏は辞職して信を問うべし!

     蓮舫氏の二重国籍問題は事実だったことが決定しました。

     人間誰でも過ちがあり、国籍という概念が希薄な日本社会から見れば、謝っているのだから許してあげればと論調も見え隠れします。

     でも、蓮舫氏はれっきとした公人であり、その公人の要件を満たしていなかったという事実が判明した時点で潔く議員を辞職し、次の選挙できちんと事実を公表したうえで国民からの信を問うべきではないでしょうか。

    6
    続き

    蓮舫氏に期待は集まるが民進党の政権奪回はただの夢

     「夢」という言葉がありますが、慶事(よろこびごと)に使えないというのをご存知でしょうか?

     英語のDREAMは現実になるものもありますし、ただの夢想で終わるものもあります。

     日本語はそこをきちんと仕分けして、起きたら儚く(はかなく)消える「夢」と、心からそこに指し示す「志し」にわかれています。

    8
    続き

    なぜ蓮舫氏に違和感を抱くのか?

     民進党の新代表に蓮舫氏が選出されました。

     これにより民進党は解党へまたひとつ歩を進めたと思っています。

     というのも、民進党が国民から信頼を失ったのは民主党政権時代のでたらめ、そしてその低迷を打開するために取った禁じ手である日本共産党との選挙協力です。それを踏襲するのが蓮舫氏だからです。

    9
    続き