■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 青木 節子
    青木 節子
    内閣府 宇宙政策委員

    廣井 孝弘 rss (サイエンス 宇宙)

    ライター一覧
    廣井 孝弘

    昭和35年(1960年)生まれ、岐阜県出身。東京大学大学院理学系研究科鉱物学専攻博士課程修了(理学博士取得)。現在米ブラウン大学惑星地質・上級研究員。隕石と小惑星の鉱物分光学の研究の第一人者。2000年、隕石学への貢献によって小惑星(4887)タキヒロイが命名される。日本の惑星探査ミッション「はやぶさ」「かぐや」「はやぶさ2」に共同研究者として参加している。

    地球と人類のためにある南極と月の不思議

     前回は南極隕石と小惑星の研究で如何に日本が貢献してきたかを説明し、また少し前には、かぐや探査機が月の全球探査で世界を牽引してきたことを紹介した。南極と月は、場所は大きく異なるが、どちらも隕石と同様にタイムカプセル的な働きをしている、という話を紹介しよう。

    10
    続き

    アポロの砂と南極の隕石、固体惑星物質科学の夜明け

     私はアメリカで長く住んでいて度々遭遇するシーンは、初めての人にあった時に、友人が私をDr. Hiroi(廣井博士)と紹介したり、自分で I am a scientist(私は科学者です)というと、What is your major?(専門は何ですか)と訊かれることである。もちろん、Planetary Science(惑星科学)と答えるが、それに対する反応はたいてい、That’s cool!(かっこいい)である。悪い気はしないが、かっこよく聞こえるために惑星科学をやっているわけではないのと、宇宙開発や天文学と一緒くたにしている人も多いのが気になる。とにかく、その度に感じるのは、惑星科学はまだまだ若い学問分野であるということだ。

    12
    続き

    学校教育で冷遇される惑星科学

     私は隕石と小惑星の分光学という、惑星科学という小さな分野でも、さらに特殊な専門を30年以上続けているせいで、学校教育や一般の人々とは関連は薄かった。しかし、はやぶさミッションが有名になったおかげで、近年では学校や一般の講演会で話す機会も増えた。

    4
    続き

    寝耳に水の日本の次期惑星探査とポストはやぶさ2

     最近、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は次期惑星探査計画として、SLIM(Smart Lander for Investigating Moon)と火星衛星試料回収ミッションを決定した。今回は、これらに対して、「太陽系と地球の起源を知りたい」と願う一惑星科学者として、かなり一方的に聞こえるかもしれないが、苦言を交えた批評をしたいと思う。

    3
    続き

    ポストはやぶさ=はやぶさ2ミッションの背景:MEFレポート

     日本で惑星探査ミッションが人々に広く知られるようになると、その打ち上げとか行き先とかが大きく取りあげられるが、その決定に至った過程などは通報されないか、忘れ去られることが多いと思う。現在進行中のはやぶさ2が提案された経緯もその1つかも知れない。はやぶさ2の実現に貢献した最大の活動は、おそらく小天体探査フォーラム(Minorbody Exploration Forum、MEF)だろう。以下にMEFの説明がある。http://www.minorbody.org/about.html

     MEFは、MUSES-C(はやぶさ)計画が進行中で、まだ打ち上げ前の2000年に発足し、主に宇宙研の矢野創氏が中心となって、次期太陽系探査を提案してきた団体だ。日本の太陽系探査ミッションが、どちらかといえば政府や研究所主導のトップダウン式に進められてきたのに対し、市民参加型の真にボトムアップ式な機構を作り上げたと言える。その成果が、以下に掲載されているMEFレポートだ。http://www.minorbody.org/mef-report.html

    3
    続き

    はやぶさ前後の日本の固体惑星探査の成功と失敗

     はやぶさ2の地球スイングバイの数日後、あかつき衛星の金星軌道投入が成功した。これは、5年前、はやぶさ初号機のカプセルが戻ってきて日本中が沸きに沸いた後、あかつきの主エンジンの故障により、最初の金星への軌道投入に失敗したことの再挑戦だった。当時は、全世界の脚光を浴びていたはやぶさの成功とは対照的に、日本の宇宙ミッションにおける惑星へのランデヴーというハードルの高さを思い知らされた時だった。

     思えば、はやぶさが打ち上げられた2003年は、火星へ向けて1998年に打ち上げられたPLANET-B(のぞみ)がトラブル続きだった時で、2003年12月に火星軌道への再投入を試みるが、米航空宇宙局(NASA)から強く要求された火星への衝突確率1%以下という精度を保証できず、挑戦もできないまま太陽を回る人工惑星となってしまった。映画では、川口先生がそれを非常に悔しがっているシーンが印象的だった。実際に、そのエンジントラブルや通信の途絶、そして米国からの圧力で諦めた経験が後にはやぶさでの頑張りにつながったのだろう。

    3
    続き

    はやぶさ2の地球スイングバイ

     先日、とうとう、はやぶさ2が打ち上げ後1年して地球上空に帰ってきて、地球の重力によってスイングバイをし、一路、小惑星リュウグウに向かった。3回予定されていた軌道調整も2度で終え、はやぶさシリーズ2号機として熟練の技を見せてくれたような、日本人として非常に誇れることだと思う。これから2018年6月までの2年半のリュウグウへの旅路は長いようにも見えるが、それまでに済ませておくべき多くのことがある。

    3
    続き