■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 舟田 譲二
    舟田 譲二
    アカデミー学院 学院長
    石川 佐智子
    石川 佐智子
    元・公立中学教諭
    久保田 信之
    久保田 信之
    教育評論家
    杉原 誠四郎
    杉原 誠四郎
    教育研究者
    棚橋 嘉勝
    棚橋 嘉勝
    元・文京区教育委員、教育評論家
    加藤 隆
    加藤 隆
    元・小学校教諭、名寄市立大学教授

    平井 基之 rss (教育)

    ライター一覧
    平井 基之

    私は31歳になってから、たった1年の勉強で東大文三に合格しました。なぜそれが可能だったかと言うと、戦略を用いたからです。その戦略やニュース解説を通して日本の教育を考えていきます。 ブログ「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」主宰 http://ameblo.jp/pipinee/

    憲法とは歴史だ!聖徳太子が作った憲法17条とは?

     憲法を学ぼう!シリーズの続きです! 前回は、憲法はどれくらい大切なのか?という記事で、「憲法は聖書ではない!」という話をしました。

     憲法も聖書も文章です。 ということは、誰か書いたモノです。

     私たちは、生まれた時から日本国憲法が存在していて、誰かが作ったなんて感覚がないかもしれませんが、紛れもなく誰かが作っています。

    2
    続き

    授業をちゃんと聞いてる生徒を褒めてはいけない!?

     しばらく立ち止まりながら、インプットとアウトプットの話をずっとしています。こちらのリンクlの記事で、趣旨説明をしていますが、まずは勉強にはインプットとアウトプットの区別があることを知り、使い分けることが大切なのです。

     特にカギとなるのは、アウトプットの方ですね。インプットを忘れる人はいませんが、アウトプッ トをしない人はたくさんいますので。 そのアウトプット方法にも色々ありまして、今日は学習のピラミッドというのをご紹介しましょう。

    3
    続き

    成績が良い生徒と、悪い生徒の違いは?

     今日は、ちょっと肩の力を抜いて、授業中に話した内容でも書いてみようと思います。    色々な生徒と接していると、本当に色々な質問をされるんですが、この前は久しぶりに直球の質問を受けました。 成績が良い生徒と、悪い生徒の違いはなんですか、というもの。

     これについて、色々な意見があると思いますが、回答した話はコレ。

    5
    続き

    大学の東京集中を是正するために、とにかく地方に作れ! ←失敗しそう

     もしかしたら、今後の大学受験に非常に大きな影響を与えるかもしれないニュースがありました。

    【 東京への大学集中、是正検討=地方創生で有識者会議―政府 】

     若者が生まれ育った地元に定着し、地方創生の担い手となることを目指すため、、大学の経営に注文をするそうです。 地方の大学創設を奨励、都内の大学は学部の新設を抑制、地方への移転を奨励など 何とか、地方に人を送りたいという事ですね。

    2
    続き

    韓国・平昌五輪のHPに書かれている「独島」「東海」に対して、岸田外務大臣の反応は?

    数日前なんですが、気になるニュースがあったので、今日はこれを取り上げようと思います。

    「独島」表記の削除促す=岸田外相http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000097-jij-pol

    2018年には、韓国・平昌で冬季五輪がある予定ですね。 その組織委員会のHPで、竹島が「独島」と表記され、日本海は「東海」と表記されていたそうです。

    4
    続き

    国際学力テストで、日本の「読解力」が低下している!?

    学力は本当に低下したのか!?

    いつも話題になる、国際学力テストの問題。結果が発表されて、また騒がれそうです。

    <国際学力テスト>日本、読解力低下 科学・数学は改善

    今回は、読解力が低下して、理系の方は改善されたとのこと。皆さん、この問題はどう捉えてらっしゃいますか?

    2
    続き

    3.9+5.1=9.0 の減点は妥当だと思いますか?

    最近SNSで話題になったこの話題、ご存知ですか??

    画像を見てもらえばその通り、答えを9.0にすべきなのか、9にすべきなのか、非常に話題になっています。これについて、皆さんどう思うでしょうか??

    ツイート主の方は、「有効数字に意味があるんだから、減点はおかしい」というご意見ですね。これ、理系の方なら確かにそう思ってしまうかもしれません。

    5
    続き

    子どもを産んだら仕事を辞めたい女性って、何%くらいでしょう?

    人生最大のビッグイベントと言えば、結婚や出産が挙げられると思いますが、日本人女性の出産の価値観が大分変ってきているようです。

    <20代追跡調査>出産後は仕事やめる 10年前の4分の1

    一番ポイントのなる部分だけ取り出してみると、ここです。

    結婚後も働く意向のある独身女性のうち子どもを産んだら仕事をやめたいと考える人は6.9%と、10年前の同じ調査(24.5%)と比べ4分の1に減った。

    1
    続き

    明日は祝日!「勤労感謝の日」の本当の意味とは?

    突然やってくる今日は何の日?シリーズ。と言っても、当日の夕方にアップすると遅いので、なるべく前日にアップしていこうと思います。ということで、明日に関するお話です。

    明日は「勤労感謝の日」ですね。毎度ですが、祝日には法律で制定された趣旨がありまして、勤労感謝の日で言うと、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」だそうです。と言っても、なぜ11月23日でなければならないのでしょうか?今日はここを紐解いてみようと思います。

    3
    続き

    東大女子が増えるかも!?家賃補助で女子獲得作戦!!

    男女差別!?

    今日のニュースは、教育関係者には必見のニュースをご紹介です。と言いつつ、広く言えば日本国民全員に関わるニュースでもあります。その理由は、読んでもらえれば分かりますが、私には関係ないと思わないで欲しいと思います。

    驚くべきことに、来年度、東京大学に入学するで女子学生を対象に、家賃補助が月額3万円も支給されるというニュースです。

    3
    続き

    トランプ大統領に決定した現実を、受け止めきれないメディア

    ま、まだ、トランプに決まったわけでは・・・

    昨日書いた、トランプさんの記事、たくさんの方に読んでいただきまして、共感しましたという声も頂きました。ありがとうございます。記事の最後に書きましたが、ブログランキングの方も、お陰様で両方1位になりました。まだ初めて10日くらいなんですが、皆さまのお蔭です。え?嘘だと思うんなら、クリックして確かめてみれば良いじゃないですか?(と煽って、クリックしてもらおうとする、見え透いた魂胆)今後とも、どうぞおねがいします。

    3
    続き

    護憲派の新必殺技「最低投票率制度」が、矛盾してるように見える

    矛盾してないか??

    昨日は日本国憲法の公布から、ちょうど70年でした。7月の参院選では、改憲勢力が3分の2を越えた、なんて話題にもなって、いよいよ憲法改正が現実味を帯びています。

    4
    続き

    日本の総人口が初のマイナス!

    ついに減少・・・

    総人口、初のマイナス=0.8%減、1億2709万人―15年国勢調査確定値

    総務相から国勢調査の人口統計が発表されました。そして、ついに日本の総人口が減ってしまいました。 ※住民基本台帳による統計は毎年行われています。例えばこちら

    住民基本台帳の統計では、7年前から減少に転じています。国勢調査は10年に1度なので、今回のデータから減少に転じてしまったというカラクリですね。

    3
    続き

    自然と目標が達成できてしまう方法③ 【東大合格術が完結!】

    自然と目標達成が出来てしまう方法シリーズも、ついに最終回となりました。

    これまで目標を書く、読む、番外編ではノートを利用するなどと進めてきましたが、今日は究極の方法です。これは、これまでのメソッドを遥かに上回るくらい強力です。威力が凄い。

    それは「ひたすら読む」という方法です。

    2
    続き

    平均評定4の高校生に、給付型の奨学金をあげるって…

    教育の機会均等!!

    高校成績「4」以上→月3万円 給付型奨学金の自民案

    SNSなんかでも話題になってましたが、奨学金制度の変更があるようです。ニュースの要約をすると、高校の通信簿の平均が4以上の生徒を対象に、給付型奨学金を月3万円ずつ給付するようなるそう。

    5
    続き

    半年後に日本の領海が拡大します!

    日本が広がる!

    <西之島>EEZ50平方キロ拡大 海保が調査、海図作製へ

    なんと、日本が広がるという、珍しいニュースです。下の図を見てほしいんですが、日本の南側にポッカリあた、ピンク色の部分がありますよね。小笠原諸島、沖ノ鳥島、沖大東島に囲まれた部分です。

    このピンクの部分よりちょっとだけ東にある、西之島が2013からの噴火で拡大して、新しく領海が広がるようです。

    5
    続き

    自然と目標が達成できてしまう方法【番外編】

    大好評の、自然と目標達成できてしまう方法シリーズですが、前回の第二弾を強力に後押ししてくれる情報が入ったので、ご紹介です。

    なんとなんと、私と同じように、目標を毎日書いて見る事によって東大に合格したという方が名乗り出てくれました。そして、ブログにも掲載してよいとのことなので、遠慮なく公開させて頂きます。

    2
    続き

    自然と目標が達成できてしまう方法②

    前回の、自然と目標達成できてしまう方法①の続きです!

    どんな話だったかと言うと、この写真について、変わった所を3つ探しましょうという話。

    2
    続き

    農業人口が半減する!どうなる日本の農業・・・

    農業、カッコ良い!!

    農業人口 2050年に半減へ 85歳以上3割 自民試算

    なんともショッキングなタイトル!! 農業人口が、あと35年で半分になってしまうという試算が出たそうです。自民党の予想によると、2010年に219万人だった農業就業者数が、2050年には108万人に減少。これにより、日本の食料自給率はもっと壊滅的になるでしょうし、国産の農産物の値段も高騰するでしょう。

    5
    続き

    その理由に笑いがこらえ切れない!

    日本人がイグ・ノーベル賞受賞

    イグ・ノーベル賞ってご存知ですか? 「世の中を笑わせ、しかるのちに考えさせた研究や業績」に贈られる、その道では権威のある賞です。

    イグ・ノーベル賞のウィキペディアページ

    名前がノーベル賞に似ているからって、勘違いしてはいけません。イグ・ノーベル賞は面白半分で楽しまなければいけないのです。もちろん、ノーベル賞のパロディですが、真面目に考えてはいけません。

    4
    続き

    自然と目標が達成できてしまう方法①

    さてさて、東大合格術の続きですが、前回の記事では、目標の設定の仕方をご紹介しました。ポイントは、どれだけ目標を達成したいと思うかどうかです。言い換えれば、目標へのこだわり。寝ても覚めても、自分の目標のことばかりを考えていると、達成率が上がるのです。

    そのための方法として、前回に続き目標の書き方をご紹介しようと思います。(ただ、目標を書くだけよりも、効果的な書き方があります)

    6
    続き

    「生活の党と山本太郎となかまたち」が消える!?

    なかまわれ!!?生活、党名変更を検討(Yahoo!ニュース)

    大きくはないですが、チェックしておきたいニュースです。生活の党ってご存知ですか?あまり聞いたことはなくても、存在感のある党です。その理由は二つあります。

    まず、正式名称が面白い。「生活の党と山本太郎となかまたち」というのが、正式名称の政党です(笑)。これはインパクトに残りますね。

    そして、もう一つは小沢一郎さんのせいでしょう。

    10
    続き

    平井流、効果的な目標設定のしかた

    2週間で定期テストの全科目平均点が5~10点上がる方法 の続きです!前回は具体的な内容は控えて、どのくらい効果があるかだけ書きました。詳しくは読み直してほしいんですが、たった2回の授業なのに、定期テストの平均点が上がるし、学年順位も20番~30番くらい上がります。しかも、ここ最近は百発百中です!

    この方法の第一ステップを今回はご披露しようと思います。ちなみに、先ほどの効果は第三ステップまで完了させて、初めて達成される効果なので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

    6
    続き