■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    サンウルブズ、ベテランが加わり初勝利

     逆転につながるトライは、ベテランの一声から生まれた。「端っこにいろ」。後半28分すぎ。矢富と交代し、ベンチに戻ろうとしたSH田中がWTB中鶴に声を掛けた。

    0
    続き

    ロシア自爆テロ、わが国も対策を強化せよ

     ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの地下鉄で自爆テロが起き、13人が死亡、およそ50人が重軽傷を負った。当局は共犯者とみられる8人を拘束しており、組織的な犯行である可能性が高まった。過激派組織「イスラム国」(IS)との関連についても捜査を進めている。

     テロの脅威はわが国にとっても他人事ではない。対策を強化すべきである。

    中央アジア出身者の犯行

    4
    続き

    オペラ花火が沖縄の夏告げる

     「日本で一番早い夏の花火大会」として知られる第14回琉球海炎祭(主催・同実行委員会=松谷秀夫会長)が8日、沖縄県宜野湾市のトロピカルビーチで開かれ、約1万発の花火が沖縄の夜空をカラフルに染めた。主催者発表で有料エリアには約1万6000人が集まり、無料エリアを含めて約10万人が観覧した。

    3
    続き

    「高千穂あまてらす鉄道」が大自然一望で人気

     熊本、大分両県との県境に接する宮崎県高千穂町で、廃線跡を走る観光車両が人気を集めている。廃止された旧高千穂鉄道の線路を使い、大自然を一望できるのが特徴だ。1年前の熊本地震の影響で昨年度の乗客数は減ったが、客足は戻っており、町は「震災復興のけん引車に」と期待する。

    0
    続き

    郡山城天守台に展望施設が4年がかりで完成

     奈良県大和郡山市にある郡山城の天守台に、展望施設が完成した。上田清市長、荒井正吾県知事らが出席して完成式典が開かれた後、一般公開している。

     市は、城の石垣の一部で崩落の危険性があったことから、4年がかりで積み直し、新たな観光スポットとして展望施設を整備した。

    0
    続き

    みんなで幸せに、戦火を逃れて合同結婚式

     7日、イラク北部のクルド人自治区の中心都市アルビルで合同結婚式が行われた。

     挙式したのは過激派組織「イスラム国」(IS)の牙城、北部モスルから戦火を逃れたカップルたち。赤新月社が資金を提供した。(AFP=時事)

    0
    続き

    「長閑(のどか)さに無沙汰の神社廻りけり」…

     「長閑(のどか)さに無沙汰の神社廻りけり」(太祇)。春は長閑で眠気にとらわれることが多い。中国・唐時代の詩人である孟浩然(もうこうねん)の「春眠暁を覚えず」という詩句の通りだ。

     多くの文人が、桜の花が咲き誇るこの時期に死ぬことを望んだ。西行は「願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月の頃」(「山家集」)と詠んでいる。

    1
    続き

    金井宣茂さん、「今からミッションが楽しみ」

     今年11月から国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する予定の宇宙飛行士金井宣茂さん(40)が訓練中の米国から一時帰国し、インタビューに応じた。あと半年余りに迫った初飛行に向け、金井さんは「訓練は宇宙飛行士として自分自身の能力を高めるチャンス。地上の管制チームの準備状況の良さも改めて感じ、今からミッションが楽しみだ」と語った。

    0
    続き

    炭火焼肉店「うしざか」が西麻布にオープン

     落ち着いた「和」の空間で、ゆったりと本格焼き肉を楽しむ――。そんな新しいコンセプトの炭火焼肉店「うしざか」が先月末、東京・西麻布にオープンした。

    2
    続き

    女優の京唄子さんが死去、89歳

     夫婦漫才コンビ「唄子・啓助」で親しまれた女優の京唄子(きょう・うたこ、本名鵜島ウタ子うじま・うたこ)さんが6日、死去した。89歳だった。京都市出身。

     終戦直後に舞台女優となり、1956年、故鳳啓助さんとコンビを組んで漫才を始め、人気を集めた。テレビ番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」の司会を長く務め、歯切れの良い言葉で人気を博した。人形喜劇の「京唄子劇団」を率いて舞台でも活動した。

    0
    続き

    半導体大手のルネサス、自動運転車を試作

     半導体大手のルネサスエレクトロニクスは6日、自社の半導体を搭載して試作した自動運転車を、東京都内で報道陣に公開した。故障やサイバー攻撃があっても安全な走行を確保できるのが特長だ。同社は、自動運転車の実用化に向けて独自技術を磨き、完成車メーカーなどへの提案力を強化する。

     ルネサスは、自動走行に用いる主要な半導体を全て自社で開発。ソフトウエア会社の協力も得て、試作車に仕立てた。

    0
    続き

    国立公文書館、憲法制定70周年を記念し特別展

     日本国憲法施行70周年を記念し、国立公文書館(東京都千代田区)は7日、同館で8日から開催する日本国憲法誕生への歩みをたどる特別展「誕生 日本国憲法」の報道陣向け内覧会を行った。

     通常閲覧できない日本国憲法原本のほか、憲法草案に関する想定問答のメモなど61点を公開。来場者がポツダム宣言受諾から新憲法誕生に至る一連の流れを把握できるようにしている。

    0
    続き

    コロンビア大使、コカ栽培急増も平和への誓いは変わらない

     コカ生産の急増がコロンビアの平和プロセスに影を落としているが、政府が左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)との交渉を続ける決意に変わりはない。ホアン・カルロス・ピンソン・コロンビア大使が3日、インタビューで明らかにした。

     元国防相のピンソン氏とのインタビューのわずか数日前、コロンビア警察は、同国史上3番目の規模となる6㌧ものコカインを押収していた。スペインに密輸されるものだった。保守系のウリベ前大統領ら和平合意批判派は、コカ不法栽培の急増は、昨年11月に調印された歴史的な和平合意が主要な原因だと主張している。合意はウリベ氏の後任のサントス大統領がFARCとの間で交わした。

    0
    続き

    米のシリア攻撃、「無法」へ断固たる力の行使

     トランプ米政権が、シリアに対する軍事行動に踏み切った。シリアのアサド政権が空爆で化学兵器を使用したと断定、その対抗措置として行った。

     電撃的な行動で「力による抑止」の断固たる意志を国際社会に示した。

     アサド政権がサリン使用

    1
    続き

    福島第1原発事故による自主避難者への避難先…

     福島第1原発事故による自主避難者への避難先での住宅無償提供が打ち切られたことをめぐって、今村雅弘復興相が、自主避難者の帰還を「自己責任」としたことが批判を浴びている。今村復興相は「私の意図とは誤った伝わり方をしたことを反省している」と述べ、発言を撤回した。

     しかし、問題となった記者会見の質疑応答をよく調べてみると、復興相の口から「自己責任」の言葉が出たわけではない。

    3
    続き

    2ヵ月の漂流生活

     このほど嵐に巻き込まれ行方不明になっていた漁師が、フィリピンからはるか離れたパプアニューギニアで救助され約3カ月ぶりに帰国を果たした。

    2
    続き

    蜜源抱え田舎より都会が蜜採れる

    NPO銀座ミツバチプロジェクト理事長 田中淳夫氏に聞く

    0
    続き

    大多数の科学者は「神」を信じている

    中国の反体制派メディア「大紀元」が昨年10月20日に報じた記事「6人の現代の著名科学者、彼らは何故神を信じるのか」のリード文を先ず読んで頂きたい。

     「国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8~9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。

    7
    続き

    日本人と大違いのエジプト人の時間感覚

     3月中旬、エジプト人グループと一緒に上エジプトを旅行する機会を得た。料金の安さが一番の魅力だったが、エジプト人の素顔に直接触れる好機でもあった。

     旅の中で、最も魅了されたのは、彼らの底抜けの陽気さだ。お酒を一滴も飲まず、食事はもちろん、スナックすらないのに、パーティーは踊りでものすごく盛り上がる。

    1
    続き

    西欧ではアジア女性は“乳母”か“家政婦”か

     ロバート・ケリー釜山大教授が英国BBC放送と行ったインタビューが全世界的に大きな話題になった。彼は大統領弾劾以後、南北関係の変化について話している最中、突然子供たちが撮影中の書斎に乱入して“放送事故”を起こしたためだ。教授の妻が子供たちを静かに外へ連れて出してひとまず事態を収拾した。

    1
    続き

    駐韓大使帰任、日韓関係を重視した決断だ

     いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行に反し、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していた長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事について、政府は約3カ月ぶりに韓国に帰任させた。日韓関係の重要性を踏まえた決断であり、すでにこれを歓迎する声が上がっている。

     本来は筋が通らない

    4
    続き

    帰還の小高小学校で入学式、近隣の3校を集約

     東京電力福島第1原発事故による避難指示が昨年7月に解除された福島県南相馬市小高区で、移転先から6年ぶりに戻った小学校が6日、入学式を行った。市立小高小の校舎に近隣の3校を集約する形で再開し、児童数は4校で62人と、東日本大震災前の2010年に比べ9割以上減少した。

    0
    続き

    日本城郭協会、「続日本100名城」を発表

     歴史の研究者や愛好家らでつくる日本城郭協会は6日、「続日本100名城」を発表した。徳川家康が過ごした浜松城(浜松市)や、和田竜さんの小説で映画化された「のぼうの城」の舞台にもなった忍城(埼玉県)などが選ばれた。

    1
    続き