■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    ASEANは日米と結束し中国に対抗を

     東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の外相会議が、日米や中国などの外相も参加してフィリピンで開かれた。

    創立50周年を迎える

     ASEANは今月、創立50周年を迎えた。冷戦時代の1967年にインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国で発足。5カ国の政権は当時、いずれも反共を主張し、ベトナム戦争では米国を支持した。

    3
    続き

    「普天間」一部返還で負担軽減大

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     米軍普天間飛行場の東側の一部が7月31日、返還された。面積にして4㌶、全体の0・8%ではある。

     2015年12月、日米両政府が大筋合意し、今年4月に日米合同委員会で決まった。返還地は、宜野湾市が市道11号として整備し、2019年度にも開通する予定。

    3
    続き

    トヨタ自動車とマツダが、電気自動車(EV)…

     トヨタ自動車とマツダが、電気自動車(EV)技術や先進的な安全技術などの共同開発のため、資本・業務提携すると発表した。

     EVは当初、日本勢が先導してきたが、米国や中国など海外勢が導入を促進しており、その技術競争は激化の一途をたどっている。記者会見で、両社長が今後の事業計画を淡々と語っているようだったが、言葉の端々に焦りも見えた。

    0
    続き

    孝行息子・河野外相に期待?

     先の安倍内閣改造の目玉の一つである河野太郎氏の外相起用に韓国が早くも反応を示した。河野氏の父、河野洋平元衆議院議長は官房長官時代の1993年、いわゆる従軍慰安婦問題で談話を発表し、韓国では「日本軍による強制連行があったと認めた」とされる、数少ない“良心的日本人”だ。その息子が外相になったことで談話の“精神”が継承されるのではないかと期待を膨らませているようだ。

    5
    続き

    遺族らが再訪を誓う「みかえり峠」を清掃

     520人が犠牲になった日航機墜落事故から32年となるのを前に、墜落現場「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)への慰霊登山を終えた遺族らが再訪を誓い振り返る「みかえり峠」の周辺を、尾根の管理人黒沢完一さん(74)が7日、清掃した。

    0
    続き

    「マック」か「マクド」か? 「味」の対決

     「マック」か「マクド」か。日本マクドナルドは7日、地域で異なる愛称にちなんだハンバーガーの新商品を9日に全国発売すると発表した。関東などで浸透しているマック代表の商品としてローストビーフを挟んだ「東京ローストビーフバーガー」(440円)、大阪などマクド代表として関西で人気の洋食「ビーフカツ」を使った「大阪ビーフカツバーガー」(390円)などを扱う。

    2
    続き

    国宝の仏画「不動明王像」から儀式跡を初発見

     京都国立博物館は7日、平安時代の仏画で国宝の「不動明王像(黄不動)」から、制作前に行う宗教儀式「御衣絹加持(みそぎぬかじ)」の痕跡が見つかったと発表した。同様の儀式は文献に記録があるが、実際に確認されたのは初めてという。

     不動明王像は12世紀の作品で、曼殊院(京都市左京区)が所蔵。痕跡は修復作業中に発見された。

    0
    続き

    少女誘拐事件をでっち上げ

     【ベルリン】ドイツ情報当局者らは、来月の連邦議会選を控え、相次ぐサイバー攻撃、情報漏洩(ろうえい)、ソーシャルメディアで拡散されるフェイクニュースに神経をとがらせている。しかし、かつてロシアのプーチン大統領が旧ソ連国家保安委員会(KGB)の工作員として活動した旧東独では、すでにロシア主導の妨害工作が進められているという。

    2
    続き

    改憲へ誠意と粘り強さを

     安倍晋三首相は、結果本位の「仕事人内閣」を発足させたが、憲法改正実現に向けた戦略の練り直しが迫られている。  安倍首相は、3日の会見で、改憲について「スケジュールありきではない。しっかり国会で議論し、党主導で進めてほしい」と述べた。求心力に陰りも見られる中、5月に表明した「2020年の新憲法施行」という目標を軌道修正させた。秋の臨時国会に党の改憲案を提出する方針も先送りされる見通しだ。

    3
    続き

    対北制裁決議で国際社会は足並みそろえよ

     国連安全保障理事会は、北朝鮮からの石炭や海産物の輸出を全面禁止し、外貨収入源を大幅に規制する新たな制裁決議を全会一致で採択した。先月の北朝鮮の2度にわたる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を受けての対応だ。

     ICBM発射への対応

     北朝鮮に対する安保理の制裁決議の採択は、北朝鮮が2006年10月に初めて核実験を強行して以来、8回目となる。対イラクの7回を抜いて過去最多となった。

    0
    続き

    「夢の機械」「未来の機械」デザインコンテスト

     「夢の機械」「未来の機械」をテーマとしたデザインコンテスト(日本機械学会主催)の表彰式が7日、東京・本郷の東京大学で行われた。全国の高校生や高専生から寄せられた89点から優秀賞2作品が選ばれた。この日は、同学会が制定した「機械の日」。

    0
    続き

    今は肉よりこっち、南欧は40度を超える猛暑

     イタリア・ローマの動物園で4日、氷の塊をおいしそうにむさぼるスマトラトラ。

     南欧は熱波に襲われ、40度を超える猛暑になった。(EPA=時事)

    0
    続き

    現役教師が井の頭池の現状学ぶ

     4月から教壇に立ち始めたばかりの若手から、数十年教壇に立ち続けてきたベテランまで男女16人の現役教師が、井の頭自然文化園のセミナー室に集った。集った教師の専門科目は理科だけでなく、数学、音楽、図工と、さまざまだが、「現状を知って、教壇に立ちたい」という意欲は同じ。小学校6年生の理科「生物のくらしと環境」の単元で扱える教材として、湧水が減少、外来種が増殖、水質が悪化する井の頭池の昔と今、「かいほり」の成果などについて、井の頭自然文化園水生物館飼育展示係の木船崇司さんのレクチャーに耳を傾けた。

    0
    続き

    脳科学が説く幸福学

     先日、宗教と脳科学分野の研究者が一同に会したシンポジウム「木魂(こだま)するこころと科学」が都内で開かれた。発表者の一人、前野隆司氏は幸福学の第一人者。脳科学の視点から「幸せとは何か」「どうすれば幸せになれるのか」「人を幸せにする製品やサービスの開発とは何か」「住民を幸せにする地域活性化とは何か」等、「幸福」をキーワードに未来社会を構想する、興味深いものだった。

     氏によると人間を幸福にする因子は「つながり」「感謝」「楽観」「ありのまま」という四つにあるという。つまり自然、人、社会とのつながり。そして不平不満の心を感謝に変え、前向きな心で、自分という存在を受容し、ありのままでいられる。こうした四つの因子を満たしている人はおのずと利他的な生き方をするようになっていると語っていた。

    5
    続き

    8月初の祝日として11日が「山の日」となった…

     8月初の祝日として11日が「山の日」となったのは昨年からである。海のない栃木県出身の作曲家船村徹氏(故人)が地元紙に「(祝日に)海があんのに山がねえー」と寄稿し、山の日を提唱したことをきっかけに、山岳界や超党派の議員連盟などが働き掛けてきた。

     平成26年の祝日法改正で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」山の日が加わった。山が対象の祝日は世界で初めてだとか。それだけに「山の日を2級の祝日にしたくない」という発言がある議連の記録からは、実現を目指した熱意も伝わってくる。

    0
    続き

    軍事的脅威の対処こそ急務

     大陸間弾道ミサイルの発射を成功させるなど北朝鮮の核・ミサイルの脅威は現実味を増し、我が国の安全保障を脅かしている。

     緊迫の度を高める我が国周辺の平和と安定の維持を、国民は「安倍1強」と言われた安倍首相のリーダーシップに期待。安倍政権は長期にわたる高い支持率を誇ってきた。しかし、森友・加計問題などに加え南スーダンPKO(国連平和維持活動)部隊の日報問題でその信頼を失ってしまった。

    2
    続き

    18歳成人は本当に必要なのか

     上川陽子法相は成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案を秋の臨時国会に提出する考えを表明した。選挙権年齢はすでに18歳以上に下げられており、成人年齢もそれに合わせるためだ。だが、引き下げにはさまざまな問題点が指摘されている。そうした懸念は払拭(ふっしょく)されたのか。ここでも安倍内閣は丁寧な説明が求められる。

    政治的な思惑が先行

    4
    続き

    日本人看護師、「患者第一」の精神を伝える

     人口が13億人を超え、医療従事者の育成が急務となっているインドで、「患者第一」という日本式看護の精神を伝えようと2人の日本人看護師が活動している。根強く残る身分制度など、文化の壁に悩みつつ、「価値観を共有し、議論を深めることで互いの優れた点を生かしていきたい」と奮闘する。

    0
    続き

    美しい女性の展覧会、国内外の作品約70点展示

     洋の東西を問わず、美しい女性を描いた絵画の展覧会「佳人礼讃―うるわしの姿を描く―」(企業文化交流委員会主催)が東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で開かれ、シャガールやモディリアーニなどの作品約70点が展示されている。

     先月31日に行われたセレモニーでは、夏を情緒豊かに表現した鏑木清方の作品『七夕』の前で、童謡「たなばたさま」などを演奏するイベントが行われ、会場を盛り上げた。

    0
    続き

    「オセロ小学生グランプリ」で日本一が決定

     オセロの小学生チャンピオンを決める「オセロ小学生グランプリ2017」(主催=日本オセロ連盟)の決勝大会が6日、東京・浅草のバンダイ本社で行われた。

    0
    続き

    近鉄不動産がVRで完成前の分譲マンション紹介

     近鉄不動産(大阪市)はこのほど、バーチャルリアリティー(VR、仮想現実)端末を使って完成前の分譲マンションを紹介する「VR体感ルーム」を名古屋市内に設け、報道陣に公開した。専用のゴーグルを付けると、室内だけでなく、共用部分やベランダからの眺望などを360度の映像で体験できる。

    0
    続き

    超大粒51.38カラットダイヤモンド、11億円の輝き

     ロシアのモスクワで3日、51.38カラットの超大粒ダイヤモンドが公開された。2年前に極東サハ共和国の鉱山で発掘された179カラットの原石から研磨された。

     ロシアのダイヤ生産会社アルロサはこれらダイヤを11月にインターネット上で1000万㌦(約11億円)から競売に掛けるという。(AFP=時事)

    0
    続き

    中国インターネットサービス大手・騰訊…

     中国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、ひと悶着起きた。

     チャットでは「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」。さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」、共産党は「嫌い」との発言もあった。

    1
    続き