■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    国税局、確定申告はネットで決めろ!

     所得税などの確定申告期を前に、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者高橋陽一さん(56)が10日、東京都葛飾区でインターネットを使った確定申告を模擬体験した。

     後援会長を務める地元サッカーチーム「南葛SC」のトレーニングウエアで現れた高橋さんは、パソコンで国税庁ホームページにアクセス。税理士から申告書作成コーナーの使い方を学んだ。

    0
    続き

    世界日報は、本日2月11日付号をもって創刊…

     世界日報は、本日2月11日付号をもって創刊1万5000号を迎えた。読者の皆様のご愛読のたまものと感謝申し上げます。

     創刊号を世に送り出したのが1975年1月1日。当時は東西冷戦の真っ直中で、その年の4月には南ベトナムの首都サイゴン(現ホーチミン市)が陥落し、ベトナムは北ベトナムによって赤化統一された。

    5
    続き

    突如、大統領候補に浮上した黄教安代行

     憲政史の重要な曲がり角を迎えた今日、黄教安(ファンギョアン)大統領権限代行が大統領候補の列に上ったことは訝(いぶか)しい限りだ。

     彼は与えられた職分に最善を尽くした公務員であったのだろうが、国民の喜びと悲しみに共感できる大衆政治家ではない。彼の公職経歴が公務員としての能力を語ることはできても、大統領の資格を保証するものではない。

    0
    続き

    「日本人は完璧」なのか

     1月下旬、久しぶりにエジプトの映画を見に行った。友人が、駐エジプト日本大使役で出演し、しかも映画の題が「ヤバーニー・アスリー(誠の日本人)」で、「日本人は完璧」との意味合いが込められていると聞いたからだ。エジプトで日本人を題材にする映画は珍しい。

    0
    続き

    辺野古工事 「唯一の解決策」を急ぎたい

     政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設のため、名護市辺野古沖の海上工事に着手した。辺野古移設は在日米軍の抑止力維持と沖縄の基地負担軽減を両立させる唯一の方法だ。着実に工事を進めなければならない。

     政府が海上作業開始

    3
    続き

    子供の成長と幸せを願う「つるし飾り」

     東京都新宿区の京王プラザホテルで、子どもの成長と幸せを願う「つるし飾り」が宿泊者らの目を楽しませている。約6500個の細工物はキルト作家の松尾光代さんら約90人が着物などの古い布で制作。

     えとの酉(とり)や長寿の象徴である亀、バラの花などが華やかに飾られ、外国人観光客らも足を止めて見上げていた。同展示は来月27日まで。

    0
    続き

    小池百合子都知事、宮城県の被災地を視察

     東京都の小池百合子知事は9日、2020年東京五輪・パラリンピックの両大会旗を全国で披露する「フラッグツアー」のイベントに参加するため、宮城県を訪問した。イベントに先立ち、東日本大震災で被災した県内沿岸部を視察。震災直後にランドセルを贈った子供たちと6年ぶりに再会した。

    0
    続き

    平昌五輪あと1年、五輪会場で記念式典華やかに

     来年の平昌五輪の開幕まであと1年となった9日、日本海に面した江陵の五輪アイスホッケー会場で記念式典が行われた。

     朴槿恵大統領の代行を務める黄教安首相が出席し、「五輪成功のために力を尽くしてきた」とスピーチ。平昌大会後に五輪を控える日本や中国の名を挙げ、「協力を拡大していく」と述べた。

    0
    続き

    きょうから「第9回恵比寿映像祭」が開幕

     展示や上映などを通して映像分野の創造活動の活性化を目指すイベント「第9回恵比寿映像祭」が10日から、東京都目黒区の東京都写真美術館などで始まる。

     同美術館リニューアルオープン後初の開催となる今回、「マルチプルな未来」を総合テーマに、映像の複製技術による多様な展開について考察する。

    0
    続き

    ただ今、フンボルトペンギンの愛称を募集中

     神奈川県藤沢市にある新江ノ島水族館(堀由紀子館長)では、2月14日(火)から3月14日(火)まで、昨年6月に誕生したフンボルトペンギンの愛称を募集している。

    0
    続き

    文章を書く際、文頭は1字空けて段落を作る…

     文章を書く際、文頭は1字空けて段落を作るのが普通だ。だが、そうした書式が最近揺らいでいる、という新聞報道があった。LINE(ライン)やフェイスブックなどインターネット交流サイト(SNS)の普及が原因だと記事は指摘するが、文頭の1字空けをしないのは学校では昔からあった。

     ただ当時は、注意すれば直る、という程度の話だった。それが最近は、一部の若者だけではなく、多数の学生がそうした書き方をするようになったことが問題だ、という指摘はその通りだ。

    0
    続き

    馬山の涙

     先日見た写真が今も生々しく頭に残っている。ソル(旧正月)連休の前日に聯合ニュース(韓国の通信社)がアップした「馬山(マサン)港を去る“ゴリアテ”クレーン」の写真だ。馬山港の第4埠頭で港湾労働者たちが旅立つクレーンに向かって手を振っている。第2社会部のデスクだった1カ月ほど前、このクレーンの解体作業の記事を出稿した記憶があったからだ。700㌧を持ち上げられるクレーンは分解された状態で船に積まれ港を離れていく。

    0
    続き

    IT大手、大学が外国人労働者・留学生の入国求め法廷へ

     公立大学と、数多くのIT大手を含む125以上の米企業が、トランプ大統領の入国審査強化措置をめぐって法廷闘争を開始、外国人労働者を雇用し、留学生を受け入れる固有の権利があると主張した。  これは、すでに始まっている法廷闘争の中でも最も広範囲に及ぶものとみられている。大統領が誰の入国を認めるかをめぐってどの程度の権限を持つか、州と企業は外国人労働者と留学生の受け入れをめぐってどの程度の独立した権利を持っているかが、法廷闘争の焦点となっているようだ。

     アップル、マイクロソフトなどのIT大手は、ウーバー、エアビーアンドビーなどの新興企業とともに、トランプ大統領とその政策に対する不支持を訴え、労働者が閉鎖的な米国に来たがらない、または来ることができなくなるのではないかと懸念を抱いている。

    0
    続き

    「ヘル朝鮮」を「ヘブン韓国」に

     韓国がいま最も危険な理由は知識権力エリート集団が党派争いに狂奔し、中産層は日々崩れていっているという点だ。もうこれ以上の混乱とデモと扇動と誇張報道は自制されなければならない。

     大統領の弾劾審判は憲法裁判所に任せればいい。いかなる結果が出ようと承服し、社会的安定と冷静さを取り戻さなければならない。理念戦争、権力戦争、言論裁判は国益を害するだけである。

    2
    続き

    国会憲法審査会で改憲の原案作りを

     通常国会の会期中に日本国憲法施行70周年の節目を迎えるのを前に、各党は憲法改正の具体的な項目について論議を進めている。時代の変化などで法律が改められるように、憲法も必要に応じて改正しなければならない。各党は衆参両院の憲法審査会での審議に結び付け、改正原案をまとめてほしい。

    各党で議論や検討進む

    1
    続き

    観光展で日本PR、杉原千畝氏ゆかりの自治体参加

     イスラエルの商都テルアビブで7日、国際旅行博が2日間の日程で始まり、日本の自治体などが出展した。日本ブース開幕式では、冨田浩司・駐イスラエル日本大使が「5年前は日本へのイスラエル人観光客は7000人だったが、今やその4倍となった。さらなる増加を期待している」とあいさつした。

    0
    続き

    少数民族サーミ人知って、映画上映と現状報告

     スウェーデンやノルウェー、フィンランドのほかロシアの極北の地で暮らす少数民族サーミ人の暮らしを知ってもらおうと、東京都港区のスウェーデン大使館で6日夜、映画などを上映する催しが開かれた。現地入りしてサーミの研究を行ってきた愛知工業大の長谷川紀子非常勤講師が「近代化でサーミの生活は大きく変わってしまい文化は失われつつある。(北欧でも)学校教育で教えていかないと、どこで教えていくのかという状況だ」と現状を報告した。

    0
    続き

    レスリングの吉田沙保里、「美」も追究する

     レスリングの五輪4大会連続メダリスト、吉田沙保里(至学館大職)が8日、東京都内のイベントに出席した。昨年のリオデジャネイロ五輪後は、選手兼任で全日本女子の代表コーチに就任。「今まで通り、練習しながら後輩を教えている感じ」と現況を語った。

    0
    続き

    東京都大田区の新田神社起点に甲冑姿で武者行列

     甲冑(かっちゅう)をまとった約80人がこのほど、南北朝時代の武将・新田義興を祭る新田神社(東京都大田区)を起点に、義興公ゆかりの神社や商店街などを練り歩いた。

     街を活性化し、同公を広く知ってもらおうと「大田手作り甲冑製作研究保存会」が企画し、今年 で2回目。

     参加した北嶋守さん(71)は「流鏑馬(やぶさめ)を趣味でやっているので、次は馬とパレードに参加したい」と話した。

    0
    続き

    インドの集団結婚式、141組のカップルが参加

     インド西部のアーメダバード郊外で5日、伝統衣装を身にまとったカップルが集団結婚式に臨んだ。

     寄付金で催された式には141組が参加した。(AFP=時事)

    0
    続き

    気象学者の故山本三郎さんは冬の富士山に…

     気象学者の故山本三郎さんは冬の富士山に百数十回も登ったという登山家。2004年に閉鎖された気象庁の富士山測候所に勤務していたので、その回数は登山でもあり、通勤でもあった。

     登るたびに新しい局地気象に出会い、「いまさらながら大自然の微妙複雑さに驚くばかりである」と著書『登山者のための気象学』に記している。この本には富士山のデータがたくさん使われている。

    0
    続き

    作戦会議抜きの攻撃

     開戦の合図の口笛の音は、なかなか山びことなって消えて行っていない。トランプ大統領は、彼の話を聞く人の数を拡大し、ターゲットを狙い撃ちしている。そして、自分の言葉に忠実に、ホワイトハウスのゲーム・プラン(戦略)を作戦会議を行わずに実行している。それは、彼の反対派を憤懣(ふんまん)やる方ない感情に追い込んだ。彼は勝ちつつあるが、あちらは、そうではない。  彼は米国を安全にしようと決意を固めており、釈明の言葉はない。彼の下の将軍たちは、素早く、国防総省や、国土安全保障省を指導する人間を決めるための、上院の承認を勝ち得ている。大統領は、イラク、イラン、シリア、イエメン、リビア、ソマリア、そしてスーダンを含む、テロリスト保護国からの移民の入国を一時的に制限する大統領令に署名した。この悪い国々のリストは、バラク・オバマとその政権によって以前作成されたものである。

     予想通りに、それらの国からの旅行客の一時的入国禁止は、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルその他の空港での抗議活動を惹起(じゃっき)した。上院少数党院内総務のチャールズ・シューマー氏(ニューヨーク選出、民主)は、マイクを大急ぎで握り、作り涙を流して見せて「大統領令は卑劣で非アメリカ的だ」と断言した。空港の外で展開されたドラマは、内部で行われた禁止措置の影響を上回った。それは、海外から到着した32万5000人のうち109人が短時間の不便を被った程度のものであった。

    0
    続き

    国家の平和維持に軍事研究は必要だ

     日本学術会議は、大学などの研究機関が軍事目的の技術研究を行うことの是非について議論を行っているが、反対論が強いという。

     「学者の国会」と言われる学術会議が、依然として軍事アレルギーが強いようでは、世界の技術開発競争に後れを取ってしまいかねない。

    反対論が強い学術界

    10
    続き