■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    日本経済新聞社が約10年前に開いたIT通信の…

     日本経済新聞社が約10年前に開いたIT通信の国際会議で、出席者の一人、韓国の大手新聞社社長が「韓国がネット先進国なのは、民主主義がより進んでいるから」という内容の話をしていた。

     韓国の今の混乱した政情を見ると、インターネットが必ずしも健全な民主主義の発展に貢献するとは思えない。一方、こうした同国でネット上の悪質な書き込みによる被害を減らすための「ソンプル運動」が拡大している。

    2
    続き

    ロシアのハッキングへ追加制裁求める下院民主党

     下院民主党が13日に提出した法案は、米国の選挙プロセスに干渉したと判断された個人へ追加制裁を行う権限を国務省に与えている。ロシアは2016年大統領選に干渉したとされており、議会は、ロシアへの追加の報復措置を検討している。

     今週提出された「われらの民主主義を守れ法案」は、2015年以降、大統領選に非合法に干渉したことが明らかになった外国人の移動と金融資産を制限する権限を連邦政府に認めるもので、具体的には、米情報機関が指摘した、昨年の大統領選中にロシア主導で行われた「影響キャンペーン」に関与した人物を標的としている。

    0
    続き

    地元兵庫の大学が防災活動を担う人材の育成

     阪神大震災から17日で22年を迎える兵庫県で、防災活動を担う人材の育成に地元大学が動きだした。防災に関する一定の知識や技能を持つ人に認められる民間資格「防災士」の養成講座がスタートし、災害対応の専門知識を学ぶ大学院も今春開設される。震災で得た経験を生かし、高い防災力を持つ人材を全国に輩出する試みだ。

    0
    続き

    ケネディ駐日米大使「沖縄県民の皆さんに感謝」

     ケネディ駐日米大使は16日、離任を前にビデオメッセージを発表し、「沖縄の苦闘や歴史を教えてくれた県民の皆さんに感謝する」とした上で「共通の目標に向けた連携の継続を願う」と述べ、沖縄の問題での日米協力の重要性を訴えた。

     大使はまた、「(オバマ)大統領の広島訪問への尽力と真珠湾訪問に感謝する」と語り、安倍晋三首相をはじめとする日本政府に対し謝意を表明した。(時事)

    0
    続き

    野球殿堂 星野仙一、平松政次、伊東勤各氏に

     野球殿堂博物館は16日、今年の殿堂入りを発表し、競技者表彰のエキスパート部門は中日、阪神、楽天で監督を務め、2013年に楽天を初の日本一に導いた元中日投手の星野仙一氏(69)、シュートを武器に大洋(現DeNA)で通算201勝を挙げた平松政次氏(69)が選ばれた。

    0
    続き

    「ラガール」を増やせ! 「ラ☆ガール」が好評

     静岡県と静岡産業大がつくった、女性をターゲットにしたラグビー情報誌「ラ☆ガール」が好評だ。名称は「ラグビー通のすてきな女性」を意味する造語。2019年ワールドカップに向け「カープ女子」の再現を目指し、企画した。

     A4判24ページ。ルール解説や観戦グッズなどのほか、地元チームのイケメン選手紹介やスタジアム周辺のグルメ、観光スポット情報などを盛り込んだ。

    0
    続き

    国外からの観光客増加、ゾウも経済成長に貢献

     タイ中部の観光地パタヤにある「ゾウの村」で13日、ゾウと戯れる中国人観光客。

     タイ政府は観光振興に力を入れており、国外からの観光客は増加の一途をたどっている。

     2017年は3.4%の経済成長が見込まれている。(EPA=時事)

    0
    続き

    「寒の入り」である二十四節気の小寒は今月…

     「寒の入り」である二十四節気の小寒は今月5日で、先週末から厳しい冷え込みが身に染みるようになった。これから1年で最も寒気が厳しい大寒の20日を経て、月をまたいで節分までは「寒の内」である。

     旧臘(ろう)21日の冬至を過ぎて日脚は伸びているのに、寒気はなお厳しさを増していく。東京都心では昨日朝の最低気温が氷点下2度で、3日連続の冬日(最低気温が氷点下)となった。成田市(千葉県)では同7・4度、八王子市では同5・9度など、関東各地でもこの冬一番の冷え込み、東北や北陸など北国でも記録的大雪である。

    0
    続き

    ホーム転落死、周囲の手助けで再発防止を

     埼玉県蕨市のJR京浜東北線蕨駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落し、電車にはねられて死亡した。駅には点字ブロックはあるが、ホームドアは設置されていなかった。

     痛ましい事故だ。再発を防ぐには、ホームドアの早期の設置拡大とともに、視覚障害者に対する駅員や周囲の利用客の手助けが欠かせない。

     まだ少ないホームドア

    0
    続き

    悲惨な未来予測-情報機関報告

     ゲーツ元中央情報局(CIA)長官はかつて、情報アナリストが花の匂いを嗅ぐときは、霊柩車を探しているときだと言った。国家情報会議(NIC)が最近作成した長期情報予測はまさにこれだ。

     調査・情報分析機関NICは今週、今後の世界的潮流に関する報告を公表した。それによると、アナリストらが描いた未来は明るくない。

    0
    続き

    活力ある北海道へ

    前衆議院議員 清水誠一氏に聞く

    0
    続き

    左派の理念にうんざり

     フランスでは今春の大統領選に向け、昨年暮れ、最大野党の中道右派・共和党の予備選を実施したのに続き、1月には与党社会党など左派の予備選が行われる。だが、左派の予備選への関心は、高くない。

    0
    続き

    安倍外交に注目する欧州メディア

     日本は米中両国に次ぐ世界第3の経済大国であり、欧州でも日本の経済活動や政府の経済政策については報じられてきたが、日本の外交政策が欧州国民の目に留まる機会はこれまで少なかった。ところが安倍晋三首相の真珠湾訪問をオーストリアの代表紙プレッセが1面トップで報じた。安倍外交に注目する欧州メディアの現状とその課題をプレッセ紙の報道内容から検証する。 (ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    京都のアンカー筒井、最終区で混戦抜け出す

     8区を終えた時点で1位から6位までが10秒差の混戦。京都のアンカー筒井は2位でたすきを受け取った直後、真っ先に仕掛けて抜け出した。「タイムを気にせず前に出た。勝つにはそれしかないと思った」

     京都・乙訓高校の3年生だった2014年は7区で区間賞に輝いた。スタミナに磨きを掛け、自信を持って臨んだ10キロの9区。スピードを落とすことなく首位を守り、猛追する岡山の小原を2秒差で振り切った。

    0
    続き

    銀座線開業当時をイメージ、レトロなメトロ

     東京メトロ(本社:東京都台東区・梅﨑壽社長)は、このほど、銀座線開業当時をイメージしたレモンイエローの特別車両車両を報道公開した。17日以降、銀座線で運行される予定だ。

     今回導入する車両は、東洋初の地下鉄を思い起こさせる車体デザインを採用。一方で、消費電力の削減、乗り心地向上、走行騒音低減を図る最新技術を取り入れた、快適で独創性の高い車両だ。

    0
    続き

    春節祝う“トリ”ンプ氏の風船人形がお披露目

     12日、中国東部・嘉興(浙江省)の工場で、今年の干支(えと)にちなんだ巨大な鶏の風船人形がお披露目された。

     金髪や人さし指を立てたポーズを採り入れ、トランプ次期米大統領に似せたとか。

     今月末の春節(旧正月)を祝う装飾品で、さらに大きい高さ8メートルの人形は1体3000元(約5万円)で販売中。(EPA=時事)

    0
    続き

    おまけの人生

     昨年1年間に生まれた赤ちゃんの数が100万人を割った。戦後のベビーブームには260万人も生まれていたわけだから、人口構造の激変ぶりは凄(すさ)まじい。

     一方先進国以外の多くの国は人口増にある。2083年には100億人を突破するという。

     人類生態学によると、環境の“定員”を超えては生きられないと考えられている。100億人を突破した後は減少に転じると言われている。

    0
    続き

    第一生命保険が発表した「大人になったら…

     第一生命保険が発表した「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果によると、男の子で「学者、博士」が2位となり、前回の8位から大幅に上昇した。「日本人のノーベル賞連続受賞の影響があるのではないか」と分析している。

     1位は7年連続で「サッカー選手」。前回18位の「水泳選手」が8位に浮上した。昨夏のリオデジャネイロ五輪で日本人選手が活躍したためとみられる。

    1
    続き

    タイの替え玉受験

     昨年末に実施されたタイ警察官採用試験で大掛かりな替え玉受験が行われた疑惑が浮上し、タイ警察が捜査に乗り出している。

     バンコク首都警察では、受験者が大学生を替え玉として金で雇って受験させた疑いで、受験者約500人が捜査対象となり、雇われたとみられる大学生51人とともに調べられることになった。

    0
    続き

    習政権の実態は習王政権

    評論家 石 平氏(下)

    1年前のインタビューでは、最後に笑うのは胡錦濤氏という話だった。反腐敗をてこにした権力闘争で、習近平総書記の江沢民派一掃に手を貸した胡氏が政治の主導権を握るというシナリオだったが、現状はどうか。

    0
    続き

    訪日外国人、目標達成へ官民連携強化を

     昨年の訪日外国人の数は、2403万9000人だった。当初、政府が掲げていた目標は、2020年までに年間2000万人だった。それを4年早く、しかも400万人多く達成したことになる。

    昨年は2400万人

    0
    続き

    センター試験始まる、雪で8会場開始繰り下げ

     大学入試センター試験が14日、全国691の会場で始まった。志願者数は前年度より1万2199人多い57万5967人。2日間の日程で、地理歴史・公民と国語、外国語の試験が実施された初日は、大雪の影響により新潟県内など全国8会場で開始時刻の繰り下げ措置が取られた。15日は理科と数学が行われる。

    0
    続き

    京都・左京区の妙伝寺の半跏思惟像、7世紀の作か

     京都市左京区にある小さな寺の本尊で、江戸時代に作られたと思われていた半跏思惟像(はんかしゆいぞう)が、7世紀に朝鮮半島で制作された可能性が高いことが13日、分かった。大阪大などが仏像の成分を最新技術で分析した。

     この寺は左京区八瀬近衛町の妙伝寺。

    0
    続き