■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    躾を強く言えない環境の中で

     1950年代、まだ、戦後の様子が残る時代に生まれ、成長してきた世代はワルサをしたり、常識を超えるようなことをすると、親だけでなく、近所のオジサンたちに、大きな怒鳴り声、時にはゲンコツで、こっぴどく叱られたものだ。当時は悪いことをしたのだから、当たり前という時代だった。

     少子高齢化が進む昨今、子供の「権利・自由」のウエートが大きくなって、「義務」や「迷惑をかけない」といった当たり前のことが疎(おろそ)かになってきている。子供の躾(しつけ)においても、大きな声を出して叱ったり、躾と称して、ゲンコツを見舞って、子供を泣かせようものなら、近隣の住民から警察や児童相談所に、「児童虐待」として通報されかねない。

    4
    続き

    今春の全国交通安全運動の期間中(先月6日…

     今春の全国交通安全運動の期間中(先月6日~15日)の交通事故による死者数は74人だった。110人だった昨年同期と比べて36人(32・7%)の減少で、昭和29(1954)年の運動開始から、春秋を通じて最少の記録である。

     交通死者が1000人を超えたのも運動最終日の翌16日(1003人)で、1000人台になった日も、統計が残る昭和45年以降で最も遅く、年間3905人と67年ぶりに4000人を下回った昨年より、さらに9日遅い。

    1
    続き

    フィリピン夏の祭典「アリワン・フィエスタ」【スライド】

     このほどマニラ首都圏で毎年恒例となっている夏の祭典、「アリワン・フィエスタ」が開催された。これは各地で観光名物となっているお祭りが一堂に会するというもので、フィリピンの多様な文化を感じることができる催しだ。

    0
    続き

    沖縄復帰45年、増している戦略的重要性

     きょうで沖縄県の本土復帰から45年になる。第2次世界大戦で激しい地上戦が展開され、日米合わせて20万人の犠牲者を出した沖縄は、戦後27年間の米国統治を経て日本に返還された。

     沖縄の苦難に思いをはせるとともに、中国や北朝鮮の脅威増大で沖縄の戦略的重要性が増していることにも目を向ける必要がある。

     辺野古埋め立て始まる

    5
    続き

    「ロックコープス」開催、農作業でライブ参加

     ボランティア活動を4時間するとライブチケットがもらえるイベント「ロックコープス」が14日、福島市で開催された。この日の活動は、東京電力福島第1原発事故に伴う風評被害に苦しむ同市の農園での農作業。46人の参加者は、サプライズ登場した元AKB48の高橋みなみさんらと共に、ナスの苗植えや草むしりに取り組んだ。

    2
    続き

    女性消防士の大野ひかるさん、五輪金を目指す

     昨年の世界空手道選手権女子団体形(かた)で優勝した大野ひかるさん(24)は、大分市消防局で働く現役消防士だ。厳しい現場で体力面のハンディはあるが、「女性にしかできないこと」を念頭に活動する。五輪競技に追加された空手で全日本強化選手に選ばれ、「東京五輪で金メダル」を目標に、練習に励む毎日だ。

    6
    続き

    総合商社の双日、「釣り」で東北地方を支援

     総合商社の双日は、「釣り」を通じて東北地方の豊かな自然と水産資源を体験してもらう訪日外国人向けツアーを6月から展開する。「豊かな自然や食の魅力に触れられる釣りは、東北を深く知ってもらえるアクティビティ」とし、東北への観光客増につなげ、東日本大震災からの復興を後押しする。

    0
    続き

    123人が成功、けん玉でギネス世界記録に認定

     けん玉を大皿にのせる技を連続して何人成功できるかに挑戦するイベントが14日、東京都の亀戸十三間通り商店街で行われた。

     同イベントはけん玉の原型が発明、実用新案登録された日にちなんだもので、250人が一列に並んで順番に技を繰り出し、123人が成功。

     昨年4月、山形県長井市で記録した114人を超えて、ギネス世界新記録に認定されると、大きな歓声が沸き起こった。

    1
    続き

    大ごとだゾウ! 街の各所に出現

     ポーランド西部ポズナニの街中に11日、100㌔のゾウのふんが現れた。動物園から運ばれたもので、街の各所に出現。

     犬のふんの放置は決してささいなことではないと、飼い主たちに始末を促すキャンペーンの一環。(EPA=時事)

    0
    続き

    かつてのお国自慢には、地方に立地する大学や…

     かつてのお国自慢には、地方に立地する大学や学部についてのものがあった。特に教育学部や工学部のうちに、伝統と権威のあるものが少なくなく、全国的に知られていた。それが過疎化の影響で今日、学部自体がなくなったところさえある。

     地方大学や学部の行方が憂慮される。大筋で了承された政府有識者会議の「地方創生に資する大学改革に向けた中間報告」では「学術研究面でも、実践教育面でも、中途半端な大学が多いのではないか」と分析している。

    1
    続き

    日本の伝統芸能「能」を日仏の愛好家が共演

     日本の伝統芸能である能を日本やフランスの愛好家が共に演じる発表会が12日、パリで開かれた。主催した金沢市の有志でつくる「百万石能の会」(代表・河原清金沢大客員教授)によると、外国人も含めた一般人が参加する形で、能の本格的なお披露目が海外で行われるのは初めてとみられる。

    1
    続き

    韓国の文在寅大統領、北朝鮮との歩み寄りを目指す

     太平洋地域で北朝鮮を監視している米軍部隊は、厳戒態勢を維持している。一方、米国防総省当局者は、韓国の新大統領に、北朝鮮とのより良い関係を主張し、北朝鮮の核・通常兵器に対する防衛を強化する米国の最近の動きに疑問を呈する人物が選ばれた影響を注視している。

     就任したばかりのリベラル派の韓国大統領、文在寅氏は、米国とその同盟国、北朝鮮の間の緊張緩和を望んでいる。だが、この地域の米軍司令官たちは、北朝鮮の指導者、金正恩氏の核の野望を抑止する取り組みを継続する方針だ。

    0
    続き

    「神田祭」本祭、雨の中で「神輿宮入」始まる

     2年に一度行われる江戸三大祭りの一つ「神田祭」本祭で、各町内のみこしが境内に入る「神輿宮入(みこしみやいり)」が13日、東京都千代田区の神田明神で始まった。

     あいにくの雨となったが、氏子らの威勢の良い掛け声に包まれ、傘を差した観客を魅了した。宮入りは14日も行われる。

    0
    続き

    初場所と春場所の分、稀勢の里に優勝額2枚贈呈

     大相撲夏場所初日を翌日に控えた13日、東京・両国国技館に新たに飾られる優勝額の贈呈式が行われ、稀勢の里に初優勝した初場所と、新横綱として臨んだ春場所の分、2枚が贈られた。

    0
    続き

    天才奏者ムシニャンさんのカノンにうっとり

     日本とアルメニアの外交関係樹立25周年を記念し9日から開催中の「アルメニア文化週間」(主催・アルメニア大使館)で、両国の伝統楽器である箏(こと)とカノンのコンサートが12日、東京・渋谷の代官山ヒルサイドフォーラムで行われた。

    0
    続き

    農民たちが列をなして横たわる、何の儀式?

     インド東部ジャルカンド州ランチーにあるヒンズー教寺院で10日、豊作を願う儀式が行われた。

     寺院の外には農民たちが列をなして横たわり、祭司の祈りを待った。(AFP=時事)

    0
    続き

    文在寅大統領は日韓関係を冷却化させるな

     安倍晋三首相は韓国の文在寅大統領との電話会談で、慰安婦問題をめぐる日韓合意について「責任を持って実施することが重要だ」と述べた。これに対し、文氏は「国民の大多数が情緒的に受け入れることができないのが現実だ」と語ったという。

     合意は「最終的かつ不可逆的な解決」として交わされた。文氏は、そのことをあまりにも軽く考えてはいないか。

     安倍首相と電話会談

    2
    続き

    「葉桜のひと木淋しや堂の前」(太祇)。早朝の…

     「葉桜のひと木淋しや堂の前」(太祇)。早朝の街には、ゴミを漁(あさ)るカラスや公園でさざ波のように飛び回るハトがいる。ベンチには高齢者が座り、ぼんやりとしている。

     少し前までは、サクラの花見でにぎわっていた公園の道も、木の葉を揺らしながら風が吹き抜けていくだけ。頭上には、そのサクラの葉が繁り、放恣(ほうし)な姿で日影を作っている。持ってきた本を手にファストフード店に入ると、既に高齢者や通勤前の人々がコーヒーを飲みながら新聞や本に目を落としている。

    0
    続き

    車いすで空を飛ぶ「一歩踏み出せばかなう」

     難病を抱えながら、車いすに乗ってパラグライダーで空を飛び続ける男性がいる。山形県南陽市の加藤健一さん(36)は、インストラクターと一緒に10回以上の2人乗り飛行を成功させてきた。「一歩踏み出せば、かなえられることはたくさんある」。加藤さんの挑戦をきっかけに、パラグライダーを体験する人も増えている。

    1
    続き

    国内最大規模、100万輪のバラの祭典が始まる

     国内最大規模のバラの祭典「第19回国際バラとガーデニングショウ」が12日、埼玉県所沢市のメットライフドームで始まった。

     世界一美しいといわれるカナダのブッチャートガーデンから着想した「ウェルカムガーデン」、草月流家元の勅使河原茜さんによる1000輪のバラを使った「世界最大のバラのいけばな」など、約100万輪のバラを展示。

    0
    続き

    稀勢の里が土俵入り、夏場所は「平常心で」

     大相撲の横綱稀勢の里が12日、東京都墨田区の野見宿禰神社で行われた例祭で土俵入りを披露した。横綱は昇進後初の東京場所を迎える前に、相撲の始祖とされる野見宿禰を祭る同神社で土俵入りするのが恒例。

     春場所で負った左上腕などのけがを抱えるが、かしわ手もしっかり打つなど、堂々と所作をこなした。「身が引き締まる思い。気持ちを込めていつも通りやった」と振り返った。

    0
    続き

    初夏の訪れを告げる鵜飼い開き

     岐阜市の長良川で11日夜、初夏の訪れを告げる鵜(う)飼い開きが行われた。

     鵜飼いは烏帽子(えぼし)に腰みの姿の鵜匠(うしょう)が手縄で巧みに鵜を操ってアユを捕らえる伝統漁法。1300年以上の歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

     かがり火で照らされる中、鵜舟が横一列に並んでアユを浅瀬に追い込む「総がらみ」が行われると、観客から拍手が送られた。

    2
    続き

    戦闘用馬車、高級車「フェラーリ」に僅差で敗北

     ローマ南部で11日、古代ローマ帝国時代の2頭立て戦闘用馬車とイタリアの高級車「フェラーリ」が、米映画「ベン・ハー」(1959年)の名場面を模したレースを行い、馬車が僅差で敗北した。

    0
    続き