■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「思考力・想像力を育てる 読むことの学習」

     「思考力・想像力を育てる 読むことの学習」を主題に教育研究を行ってきた東京学芸大学国語教育学会は昨年度から継続してきた教師の授業力向上の研究成果の発表がこのほど、東京都練馬区の同大学附属大泉小学校で学校関係者ら約150人を集めて行われた。1年うめ組31人に担任の山下美香教諭が「はたらく じどう車」の公開授業(写真)を行い、「説明的文章の学習指導における主体的・対話的な深い学び」をテーマに白百合女子大学の河野順子教授の講演が行われた。

    0
    続き

    富士と李良枝の文学碑

     山梨県富士吉田市に新倉山浅間公園という富士見ポイントがある。2月下旬、山中湖のダイヤモンド富士を撮影しに行った折、初めて立ち寄った。桜と富士と五重の塔を1枚の写真に収められる撮影スポットとして、近年は外国人観光客も多く訪れる。冬場は凍結により、公園入り口は通行止めとなるが、今年は雪がまったくなかった。何百段もの長い石段を上ると、五重の塔の手前にまだ目新しい石碑が立っていた。

     碑には「愛、人、生」。韓国語で「サラン、サラム、サルム」。37歳で夭折(ようせつ)した芥川賞作家の李良枝さんの碑だった。裏には「すべてが美しかった。それだけでなく、山脈を見て、美しいと感じ、呟いている自分も、やはり素直で平静だった。韓国を愛している。日本を愛している。二つの国を私は愛している」。受賞後、生まれ故郷の富士吉田を訪れた時のことを書いた「富士山」というエッセーの一節だ。

    1
    続き

    「(美容とは)心身共に健全、健康で、姿かたち…

     「(美容とは)心身共に健全、健康で、姿かたちが美しいことです。外面だけでなく、内面の美しさを追求しています」と「赤木式美功術メイク」で知られるメーキャップ・アーティストの赤木麻紀さん。

     いま高齢化が進む中、消費者の間では健康志向の高まりや美意識の多様化などが見られる。美容(化粧)や健康に対する欲求は、さまざまな方向に拡大し、才色兼備の大人の女性「美魔女」がもてはやされている。

    0
    続き

    広い路地の住宅価格高騰

     ベトナムの商都ホーチミン市では自動車が進入できる広さの路地に建つ住宅の価格が急上昇している。中でも12区では第1四半期初めにおける住宅価格が前年同期比35%増と急上昇し、全区で伸び率トップを記録した。

    0
    続き

    JR4社、在来線で国鉄時代の車両3割が現役

     JR旅客4社(北海道・西日本・四国・九州)が保有する在来線車両のうち、約3割が1987年以前の国鉄時代に製造された車両であることが18日、分かった。適切に整備されていれば安全性に問題はないが、経営状態が良好なJR東日本と東海は更新が進んでおり、1割以下にとどまる。国鉄が分割民営化され、JR各社が発足して4月で30年を迎える。

    0
    続き

    高校生が「女川いのちの教科書」を自費出版

     東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県女川町の高校生らが、教訓を後世に残すため「女川いのちの教科書」を自費出版した。「1000年後の命を守りたい」と自らの被災体験や津波対策をまとめ、完成した教科書が18日、同町内で披露された。

    0
    続き

    横浜市の首都高「横浜北線」が全線開通

     横浜市の首都高横浜北線が18日、全線開通した。首都高横羽線生麦ジャンクション(JCT)-第3京浜道路横浜港北JCT間を東西につなぐ8・2キロの道路で、開通により横浜市北部から羽田空港や横浜港へのアクセスが向上。新横浜駅周辺から空港までの所要時間は約10分短縮され、30分程度となる。

    0
    続き

    東京タワーで、台湾の文化やグルメを楽しんで

     東京タワーで台湾の文化やグルメを堪能――。日本と台湾の交流を深めるイベント「東京タワー台湾祭2017」(同実行委員会主催)が18日、東京タワー(東京都港区)の屋外特設会場で始まった。

     会場は台湾の人気観光地「九★(きゅうふん)」や台湾の屋台「夜市(よいち)」の雰囲気を再現。水餃子(ぎょうざ)や牛肉麺などの台湾料理が楽しめるほか、台湾の歌手や獅子舞のパフォーマンスが来場者を盛り上げた。

    0
    続き

    伝統競技「コクボル」で騎馬民族の技を競う

     15日、キルギス・ビシケクで、春の訪れを祝う祭りの一環として行われた伝統競技「コクボル」に参加する男性ら。

     コクボルはヤギの死骸をつかみ、馬を操ってゴールに運び得点するル ール。騎馬民族の技の見せどころだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    安定した家庭が子供の未来拓く

    米バージニア大学教授 ブラッドフォード・ウィルコックス氏

    1
    続き

    性犯罪厳罰化、「魂の殺人」の防止徹底を

     政府は性犯罪の厳罰化を図る刑法改正案を閣議決定した。強姦罪や強制わいせつ罪について、被害者の告訴がないと起訴できない「親告罪」の規定を削除するのが柱だ。

     告訴に伴う被害者の精神的な負担を減らし、「泣き寝入り」を防ぐ。速やかに改正案を成立させる必要がある。

    「親告罪」の規定を削除

    3
    続き

    「萌え出づるものにやはらか春の土」(高木…

    「萌え出づるものにやはらか春の土」(高木青巾)。春になると草木の芽吹いているのが目立つようになるが、空気や水にも春らしさが感じられるようになる。この時期の俳句の季語には「東風(こち)」「春めく」「水温む」「春の水」などがある。

     特に、生きものを育む土の温度や色合いが変わってくる。季語に「春の土」があるのも、そうした大地の息吹を表現するためだろう。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「農作、園芸に限らず、春になると土の凍がゆるみ、草木をはぐくむ感じがするようになる」とある。

    0
    続き

    イエメン反政府組織の爆弾船にイランが関与

     イランの支援を受け、イエメンで権力奪取のため戦う反政府組織「フーシ派」が、新たな兵器を使用し、この海域を航行する軍用、民間の船舶を攻撃する懸念が強まっている。

     この兵器は、イランが設計した遠隔操作の小型艇で、爆発物が搭載されている。国防当局者がインサイド・ザ・リングに明らかにした。

    0
    続き

    本校舎知らない児童卒業「ありがとうしかない」

     東日本大震災から6年が過ぎ、校舎が被災後に入学し、仮設や間借りの校舎しか知らない宮城県内の小学生が17日、石巻市などで卒業式に臨んだ。内陸に移転している同市立雄勝小では、6年の児童4人がプレハブの「母校」に別れを告げた。

     雄勝小は津波で校舎が被災し、他校を間借りした後、約20キロ離れた仮設校舎に移転。震災前は108人いた全校児童は16人まで減少した。

    3
    続き

    始祖鳥や「呪われたアメジスト」など日本初公開

     東京・上野の国立科学博物館は17日、特別展「大英自然史博物館展」のテープカットと報道向け内覧会を開催した。展示されるのは始祖鳥の化石や所有者を不幸にすると伝えられる宝石「呪われたアメジスト」などで、全てが日本初公開。一般公開は18日から。

    0
    続き

    小平奈緒選手、柳平茅野市長の「公約」に笑顔

     スピードスケートのワールドカップ(W杯)女子500メートルで2季ぶりに種目別優勝を果たした長野県茅野市出身の小平奈緒選手(30)相沢病院が17日、同市役所に柳平千代一市長を訪ね、今季の活躍を報告した。

     W杯のメダルと優勝カップ、札幌冬季アジア大会のメダルを持参した女王は「茅野市民の声援のおかげ。茅野に帰ってくると八ケ岳から吹く風が気持ちいい」と笑顔。

    0
    続き

    ブロック1700万個の世界を報道陣向けに公開

     名古屋市の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が17日、4月1日のオープンを前に報道陣に公開された。日本初の施設で、玩具のレゴブロックを1700万個使っている。小学生までの子供を主なターゲットにしつつ、大人も含めた幅広い世代の来場を見込んでいる。

    0
    続き

    「餃子フェス」30種類以上の餃子が勢ぞろい

     餃子(ぎょうざ)好きの女性を意味する「餃子女子」をターゲットに全国の有名店舗から30種類以上集まった「餃子フェス」が17日、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園で始まった。

     定番の焼き餃子・水餃子から、女性を気遣ったニンニク無し餃子、チーズやトマトソースでイタリアン風に仕上げた創作餃子など種類は豊富。正午の開場直後から、大勢の人がお目当ての餃子を求めて各店舗のブース前に行列をつくった。

    0
    続き

    サウジ国王来日、「脱石油」改革への協力を

     サウジアラビアのサルマン国王が来日した。サウジ国王の来日は46年ぶり。その目的は、石油に依存する経済からの脱却への道筋を付けることだ。

    原油価格低迷に危機感

     かつて原油産出量世界一だったサウジだが、現在は米国に取って代わられた。米国でシェールガス、シェールオイルの採掘技術が確立され、商業ベースでの量産が可能になったためだ。

    4
    続き

    日本の食べ物、料理には「旬」という言葉が…

     日本の食べ物、料理には「旬」という言葉がある。その食べ物が最も美味(おい)しく食べられ、たくさん出回り安く買える時季でもある。魚の場合は、身が肥え脂がのっている時季である。

     寿司屋で今が旬というサヨリの握りを食べた。あっさりとした味もよかったが、半透明の白身に銀色の皮が少し残っているのは、見た目にも爽やかで、食欲をそそられる。

    1
    続き

    シリア首都で爆弾テロ再発

    米軍、1000人増派も

     シリアの首都ダマスカスの2カ所で15日、自爆を含む爆弾テロがあり、在英のシリア人権監視団によると、裁判所前で発生した自爆テロでは民間人24人を含む39人が死亡、100人以上が負傷、レストランでの爆弾テロでは25人が負傷した。犯行声明は出ていない。

    3
    続き

    ロシアがエジプトに派兵

    米国は警戒

     米情報機関は最近、エジプト西部でロシア軍が活動していることを確認した。国防当局者が明らかにした。ロシア軍の配備は、米国の同盟国エジプトがロシアに接近していることを示すものだ。  国防当局者によると、ロシア軍の配備は、内戦中の隣国リビアのハリファ・ハフタル軍司令官への支援の一環とみられている。

    3
    続き

    イスラエルのコスプレ祭「ハルコン2017」

     イスラエルのエルサレム市国際会議場で12日、「イスラエル・アニメ&マンガの会(AMAI)」が主催する「Haru―Con」(ハルコン)が開催された。このイベントは文字通り春(Haru)恒例のコンベンションで、アニメやマンガファンのための集いだ。2008年から始まり、10回目を迎えた今年は約3600人の来場者でにぎわった。

    2
    続き