■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    豪雨で流された写真、持ち主に届いて

     豪雨で流されたとみられる写真を手にする男性(11日午前、福岡県朝倉市)。男性が普段散歩する道中で泥だらけで見つかった。付近を流れる赤谷川の上流の集落から流れ着いたとみられる。

     今でも散歩をしていると毎日見つかり「一人でも多くの持ち主のもとに届けば」と拾い集めてきた。近いうちに役場などに届け、持ち主に返す方法を考えたいという。

    1
    続き

    「細部までリアルに」、鉄道ジオラマ全面刷新

     鉄道博物館(さいたま市)は11日、全面リニューアルした鉄道ジオラマを報道機関に公開した。大規模な鉄道ジオラマでは初めて仕切りガラスを撤去。手の届く場所で模型車両を駆け巡らせ、臨場感を大幅に高めた。担当者は「運転システムの再現から施設の造形まで、見えにくい細部もこだわってリアルにした」と話している。

    1
    続き

    夏恒例のロックの祭典「ピースフルラブ」開催

     沖縄市コザで8日、夏恒例の音楽祭り、「ピースフルラブ・ロックフェスティバル」が開催された。

     地元で愛され続けているロックバンド紫、かっちゃんバンド、フィリピンの実力派バンドPRYZMなど12組のアーティストが演奏し、真夏の沖縄を熱く盛り上げた。

    1
    続き

    沖縄県公安委員の人事で圧力か

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県公安委員の人事で翁長雄志知事は5日、天方(あまかた)徹氏を再任せず、元沖縄弁護士会会長の阿波連(あはれん)光氏を任命する人事案を県議会に提出した。これを受け、県議会総務企画委員会(渡久地修委員長)は6日、人事案を可決、自公は退席した。14日の本会議で承認されれば、22日付で阿波連氏が公安委員に就任する。

    1
    続き

    吉田清治氏(故人)といえば、戦時中に韓国の…

     吉田清治氏(故人)といえば、戦時中に韓国の済州島で女性を慰安婦にするため暴力で無理やり連れ出したという偽の証言を国内外に広め、1983年に韓国内に「謝罪碑」まで建てた人物。

     その謝罪碑を無断で書き換えたとして、先月韓国の警察に一時拘束され、出国禁止になっている元自衛官の奥茂治氏(69)が、世界日報のインタビューに応じた(10日付)。

    4
    続き

    パリ5区に引っ越す理由

     中国には孟母三遷という言葉があるが、フランス人の親も有名公立進学校に子供を通わせるため、校区内に引っ越すケースが少なくないという。たとえばパリ5区のカルチェラタンにある公立のルイ=ル=グラン高の卒業生は、フランスの超エリートを形成しているので、とりあえず、校区内に住みたい家族が引っ越して来るらしい。

    0
    続き

    東京ディズニーシーで海賊テーマのショー

     東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をテーマにした夏のイベントが11日にスタートする。イベントは海賊が登場するショーが見どころ。8月末まで。

    0
    続き

    ユネスコ、ウィーン歴史地区を「危機遺産」に

     ポーランド南部クラクフで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日、オーストリアのウィーン歴史地区を「危機遺産」のリストに登録した。

    0
    続き

    露最大の産業見本市、プーチン氏が日本の出展視察

     ロシア中部エカテリンブルクで10日、同国最大規模の産業見本市「イノプロム」が開かれた。

     日本は今年の「パートナーカントリー」に選ばれており、日本の168企業・機関が参加する「ジャパン・パビリオン」を出展。プーチン大統領が視察した。

    0
    続き

    ドイツ同性婚法、下院では可決

     ドイツ連邦議会(下院)で先月30日、同性愛者の婚姻を認める法案(全ての人のための婚姻)の採決が実施され、賛成393票、反対226票、棄権4票の賛成多数で可決された。連邦参議院(上院)の審議後、年内にも同性婚が施行される予定だが、同性婚の導入でドイツ基本法の修正が必要となるかで政党間で意見が分かれてきた。 (ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    自主防衛力の増強進めよ

    日本は「トランプ時代」をどう生き抜くべきか。

     現在、次期中期防衛力整備計画の策定と防衛大綱の見直しに向け、侃々諤々(かんかんがくがく)の論争が行われている。その中核は、日米同盟だけで日本の安全を本当に守れるのか、という議論だ。

    2
    続き

    宗像・沖ノ島、意義大きい世界遺産一括登録

     国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は、日本が推薦していた「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)の世界文化遺産登録を決定した。ユネスコ諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)による5月の勧告では、沖ノ島(宗像大社沖津宮)と三つの岩礁のみを登録するのが適当としていたが、それを覆し、全8資産の一括登録となったことを歓迎したい。

     文化的価値守った禁忌

    1
    続き

    深海生物についての謎に迫る特別展「深海2017」

     いまだ謎の多い深海生物についての最新研究などを紹介する特別展「深海2017」が11日、東京・上野の国立科学博物館で始まる。それに先立ち、報道陣向け内覧会が10日行われた。

     神秘的な発光生物や獰猛(どうもう)な巨大生物を中心にした深海生物コーナーではダイオウイカの大型模型が目を引いた。また、東日本大震災で生じた海底の亀裂発見の映像や海底で掘削した地震断層のサンプルも公開されている。

    0
    続き

    4歳になったパンダへのプレゼント

     台湾の台北にある動物園で6日、4歳になった記念に贈られたバースデーケーキを興味深そうに眺めるパンダ。

     台湾で初めて生まれたパンダで、両親は2008年に中国本土からやってきたという。(EPA=時事)

    0
    続き

    「自ら問い続ける生徒の育成」主題に研究会

     「自ら問い続ける生徒の育成~新しい時代を生き抜くための『実践知』を培う授業のあり方~」を主題とする千葉大学附属中学校教育研究会がこのほど開かれ、関東近県だけでなく、全国から教育関係者300人が参加。生涯にわたって使える「実践知」について考える時間を共有した。

    千葉大学附属中の研究主任・荒川恵美教諭

     千葉大学附属中学研究主任の荒川恵美教諭が同校が進める「実践知」について語った。

    0
    続き

    出産教育の重要性

     昨年1年間に生まれた子供の数が約98万人で、初めて100万人を割った。晩婚化が少子化につながっていることはよく言われるが、それでも晩婚化が続くのは、妊娠・出産についての知識が不十分で、高齢出産のリスクについての認識の甘さがあるからだ。

     例えば、ダウン症を含む赤ちゃんの染色体異常の割合は、母親が40歳の場合、20歳前半よりも10倍近くになる。また、高齢になればなるほど、妊娠が難しくなるし、流産も多くなる。

    2
    続き

    <ダァダアーン! というバースト音が耳を…

     <ダァダアーン! というバースト音が耳を劈(つんざ)いた。ハンドルを握っていた娘が悲鳴を上げ、私は、「なんだ、これは」と叫びながらも同時に散弾のようにつぶてがわが車に襲いきた。>

     大事なく幸いであったが、作家の佐伯泰英さんが、小田原厚木道路の上り車線で遭遇した一瞬の「事故」について記している(「佐伯通信」第38号=新潮文庫『新・古着屋総兵衛<にらみ>』付)。ガードレール支柱にぶつかった下り車線の車のタイヤが宙を飛び、佐伯さんの車の前部を大きく破損しながら擦れ違った。

    0
    続き

    日中首脳会談、信頼関係構築への道は遠い

     安倍晋三首相はドイツ・ハンブルクで中国の習近平国家主席と会談した。

     両首脳は、関係改善に向けて首脳間の対話を強化することで一致した。だが、沖縄県・尖閣諸島周辺では中国公船が領海侵入を繰り返すなど懸案が山積している。信頼関係構築への道は遠いと言わざるを得ない。

     対北圧力に消極的な習氏

    1
    続き

    トランプ外交とアジア安全保障、中国主導で南北統一の恐れ

     トランプ米政権の対外政策はアジア太平洋地域の秩序をどう変えようとしているのか。日本は「トランプ時代」をどう生き抜くべきなのか。日米関係や米国の外交・安全保障政策に詳しい拓殖大学海外事情研究所所長の川上高司氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

    トランプ政権の外交政策をどう見る。

     オバマ政権には外交政策の方向性を指し示す青写真があったが、トランプ政権にはそれがない。

    3
    続き

    純米大吟醸酒「蔵の至宝」を復興の証しに

     死者15人、負傷者2346人を出した2007年の新潟県中越沖地震から16日で10年。最大震度6強を記録した同県柏崎市で酒蔵5棟が全壊した「原酒造」が10日、がれきの中から発見し熟成させた純米大吟醸の限定販売を始める。被災後も約50人の社員と営業を続けてきた7代目蔵元の原吉隆さん(59)は「奇跡的に助け出され、10年間の復興を見守った酒。お世話になった皆さんに届けたい」と意気込む。

    2
    続き

    沖ノ島の上陸に厳しい制限、観光と両立課題も

     世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島(福岡県宗像市)で貴重な古代祭祀(さいし)の痕跡や約8万点の奉献品が残されてきたのは、島への信仰や禁忌が受け継がれ、上陸が厳しく制限されてきたことなどが背景にある。

     沖ノ島では、今も女人禁制などの禁忌が残る。男性も上陸は通常、認められておらず、許された場合も着衣を全て脱いで海に入り、みそぎをしなければならない。

    2
    続き

    夏を告げる「ほおずき市」

     夏の風物詩「ほおずき市」が9日、東京・浅草の浅草寺で始まった。

     縁起物のホオズキを売る威勢のいい声と風鈴の涼しげな音が響く中、境内には多くの参拝客と外国人観光客が集まった。10日まで。

    0
    続き

    国内初の「無印」ホテルが19年春にオープン

     生活雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は、東京・銀座にホテル「MUJI HOTEL(仮称)」をオープンする。2019年春に開業する複合商業ビルに、売り場面積が3300平方メートルを超える旗艦店とともに入る。同社は中国でホテル2棟の開業を計画しているが、国内でのホテル展開は初めて。

    0
    続き