■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    大隅良典さんが「大隅基礎科学創成財団」設立

     ノーベル医学生理学賞を昨年受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典さん(72)が12日、東京都内で記者会見し、「大隅基礎科学創成財団」を設立したと発表した。

     大隅さんは「基礎生物学の分野で、重要でありながら支援を得られなかった研究者に、研究費を提供したい。100万円や200万円でも研究が進展する人がいる」と話した。

    1
    続き

    ペルーが北朝鮮大使追放

     ペルー政府は11日、北朝鮮が加速させている核・ミサイル開発を理由に、同国のキム・ハクチョル駐ペルー大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、5日以内に国外退去するよう求めた。ペルーのエル・コメルシアル紙などが報じた。

    3
    続き

    晴れやかに完全燃焼、伊達公子が現役に終止符

     バックハンドのショットがネットに阻まれて、全てが終わった。伊達は笑顔で中央に歩み寄り、親子ほども年齢が離れたクルニッチとしっかり抱き合って感謝の言葉を伝えた。観衆は総立ち。現役復帰から9年半の再チャレンジを終えた大ベテランに、惜しみない拍手が送られた。

    1
    続き

    正確な描写の植物画展「フローラ ヤポニカ」

     カキツバタやモミジなど日本の野生植物を日本人画家が描く植物画作品展「フローラ ヤポニカ」(主催・英国キュー王立植物園など)が12日、東京・上野の国立科学博物館で始まった。同展は同植物園で昨年秋から今年春にかけて開かれた企画展で、英国以外では世界初の開催となる。

    5
    続き

    モスクワの中心部に大規模な公園がオープン

     ロシアの首都モスクワのクレムリン近くに11日、面積約10ヘクタールと東京ドーム2個分の広さを持つ公園がオープンした。モスクワ川の上にせり出た「浮遊橋」やユニークな形の野外劇場などがあり、市当局は「モスクワの新しいシンボルに」と意気込む。

     名称は「ザリャジエ公園」で、かつて客室数が約3000と世界最大規模を誇ったものの、2006年に解体された「ロシア・ホテル」があった場所に整備された。

    1
    続き

    かなわぬ夢から決別せよ

     複雑な問題は単純な解決を拒む。特に問題が意図的に創られている場合には。不法移民の親によって米国に連れて来られた子供たち、いわゆる「ドリーマーズ(夢追う若者たち)」をどうすべきかのジレンマは、そういった問題の筆頭に挙げられる証拠である。彼らは法律の冷酷な目から見れば、米国の国土に不法に立っているのだが、精神的にはすでに米国人になっているのだ。トランプ大統領の、これら精神的米国人に関わる行政的法執行停止期間を「規則に従って縮小していく」法律を制定するとの決定は、長く続いている移民問題の窮状打開のための公平・公正な解決へ向けての土台作りとなる。

     ジェフ・セッションズ米司法長官は火曜日、バラク・オバマの行政命令によって2012年に作られた不法移民80万人の子供たちに就労許可と国外退去の一時的執行停止を許す「若年移民に対する国外強制退去の延期措置(DACA)」計画の停止を発表した。ここで言う子供たちは普通、小さな子供たちではない。「ドリーマーズ」の平均年齢は25歳である。「DACAを通じて、行政機関は、立法機関が特異的に複数のチャンスを認めることを拒否したものを意図的に達成させようと努めたのである」と、セッションズ氏は言った。大統領が、法的に宙ぶらりんな形で捕まっている人たちの地位を正すための立法的措置を考え出す最後のチャンスを連邦議会に与えるために、彼の決定の適用を6カ月延ばそうとしていることは重要である。

    0
    続き

    安倍首相訪印、連携強化で地域安定に努めよ

     安倍晋三首相はきょうからインドを訪問する。

     核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮や海洋進出を強化する中国の脅威が高まる中、「アジアの2大民主主義国」である日印両国が連携を強め、地域の安定に努めるべきだ。

    中印両軍がにらみ合い

     安倍首相の訪印は2015年12月以来で、首脳が交互に相手国を訪れるシャトル外交の一環だ。モディ首相は昨年11月に来日した。

    1
    続き

    台風が待ち遠しい沖縄

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     全国の天気予報を見ると、夏の最高気温は本州内陸部の方が高く、まれに北海道が日本一暑い日もある。それでも、やはり南国の沖縄は気温以上に暑く感じる。その要因としては、強い日差しと湿度の高さが挙げられる。

     8月中旬、大阪を旅行した時は最高気温が沖縄よりも高く、相当の覚悟をしたものだが、それほど暑くは感じず、逆に過ごしやすかった。

    2
    続き

    国連安全保障理事会で、6回目の核実験を…

     国連安全保障理事会で、6回目の核実験を強行した北朝鮮への追加制裁決議が全会一致で採択された。原油や石油精製品の輸出量に上限を設定するなどが主な内容だが、当初米国が提案していた原油の全面禁輸は、中国やロシアの支持が得られず取り下げられた。

     「格段に厳しい制裁決議」と安倍晋三首相は評価するが、北朝鮮がこれで核開発を放棄するとは考えられない。もちろん、それも米国は承知の上だろう。

    1
    続き

    「本屋さん」北海道走る、本が少ない環境を改善

     インターネット通販の影響などで、全国的に書店の数が減少している中、書店のない自治体が約3割とされる北海道を、約800冊の本を詰め込んだワゴン車が走っている。「走る本屋さん」という名で始まった事業が、本が少ない環境の改善に一役買っている。

    1
    続き

    広がれ被災地インバウンド、東日本大震災6年半

     東日本大震災から11日で6年半となった。被災地で試合の一部が開催されるラグビーの2019年ワールドカップや、20年の東京五輪・パラリンピックを控え、訪日外国人客(インバウンド)の受け入れ拡大に向けた動きが、岩手県などで広がっている。同県陸前高田市が通訳案内士を独自に育成するなど、各地で取り組みが進む。

    1
    続き

    「本能寺」後明智光秀が書いた書状の原本を発見

     織田信長が明智光秀に討たれた本能寺の変の10日後、光秀が記した書状の原本を三重大の藤田達生教授(日本近世史)らが発見した。藤田教授によると、光秀が室町時代最後の将軍足利義昭による幕府再興を目指していたことを示す内容とされ、写しは残されていたものの原本がなくなっていた。同教授は「本物を20年来捜してきた。見つかったことで研究が確実に一歩進む」と話している。

    1
    続き

    B1戦略爆撃機やステルス機を航空祭で展示

     航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)で10日、航空祭が開かれ、米軍のB1戦略爆撃機や最新鋭ステルス戦闘機F35Bが展示された。いずれも米軍の抑止力を担う戦力で、来場者の目を引いた。公開は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いもあるとみられる。

    0
    続き

    女性ボディービルダー、どう? 私の筋肉美

     ネパールの首都カトマンズで8日、「第2回ボディービルディング大会」が開かれるのを前に、最終調整を行う女性のボディービルダーたち。

     大会には国内各地から集結した女性11人と男性100人以上が参戦。決勝は9日に開催される。(EPA=時事)

    1
    続き

    韓国への核再配備「真剣に検討すべし」

     米共和党の重鎮、マケイン上院議員は10日、核開発を進める北朝鮮の脅威に対抗するために、韓国に核兵器を再配備することを米国は検討すべきだと訴えた。

     マケイン氏はCNNテレビで「韓国の国防相が核の再配備を求めたばかりだ」と指摘、「真剣に検討すべきだと思っている」と再配備に前向きな姿勢を示した。

    3
    続き

    「夜と霧」のヴィクトール・フランクル没後20年

     生きていると、誰でも一度ぐらいは「何のために生きているのか」と思うことがある。生きている目的が分からなくなるのだ。ヴィクトール・フランクルは人生の目的を失った人々に「どの人生にも意味と価値がある」と説き、悩める魂に生きる力を与える精神分析学を開拓していった。そのフランクルが亡くなって今月2日で20年が過ぎたが、フランクルの精神分析学に「生きる意味」を求める現代人が増えてきている。 (ウィーン・小川 敏)

    1
    続き

    教育現場は変わるか?

     夏のバカンスが終わり、新学年の新学期を迎えたフランスの小学校では、発足したばかりのマクロン政権の教育改革が早くも導入されている。その一つが、これまで週4・5日授業を受けていたのが、4日に変更することができるようになったことだ。

    0
    続き

    核ミサイル危機、防災を「民間防衛」に高めよ

     戦後、日本は外国からの武力攻撃の危険にさらされたことがない。それが今、北朝鮮による核ミサイル攻撃の脅威に直面している。

     こうした攻撃からどう身を守るのか、その手立てを国民保護法は定めているが、いざという時、うまく避難できるのか、はなはだ心もとない。国民保護の在り方が問われている。

    各国では組織を整備

    7
    続き

    道徳教育の視点から命の教育を考える

    聖徳大学大学院教職研究科教授 吉本恒幸氏

     東京都文京区の東京大学弥生講堂で「新学習指導要領の求める命の教育の実践」をテーマに全国学校飼育動物研究大会が、このほど行われた。聖徳大学大学院教職研究科教授の吉本恒幸氏は「道徳科」の立場から、学校飼育動物との関わりについて語った。

    0
    続き

    時代を振り返る機会

     2020年の東京夏季五輪まであと3年を切った。今年、還暦を迎えた筆者は先の東京五輪の時は小学校1年生で、学校の視聴覚室(畳部屋)にあったテレビの前に並んで座って開会式を見た。当時、夏季五輪は100年に1度回ってくるかどうかだと聞いていたので、「生きているうちにもう一度、日本で見られたらいいな」ぐらいに思っていたが、このままいくと2度目を見られそうだ。

     印象に残ったのは、10月の澄み切った秋空の下、スタンドを埋め尽くす観衆が見守る中で、世界各国から集まった多様な人種と服装の若い選手たちが力強く行進する姿だった。しかし、この時、そのスタンドの中に、21年前に同じ場所で行われた若者の行進を思い起こしていた人たちがいたということは知る由もなかった。

    0
    続き

    簡単な算数の計算から。100㍍を10秒で走ると…

     簡単な算数の計算から。100㍍を10秒で走ると平均秒速は10㍍である。100/100秒(1秒)で10㍍だから1/100秒(0・01秒)で10㌢進むことに。日本学生対校陸上の男子100㍍決勝。

     日本人初の10秒の壁を破る9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀(よしひで)選手(21、東洋大)は、伊東浩司さんの日本記録10秒00(1998年アジア大会、バンコク)を0・02秒短縮した。実に19年ぶりの更新である。

    1
    続き

    重みを増す企業のインターンシップ

     2019年春に卒業を予定する大学3年生らに実際の職場を体験してもらう企業のインターンシップが盛り上がりを見せている。人手不足を背景に導入企業は拡大し、中小企業にも裾野が広がる。より手軽な「ワンデー(1日)インターン」も増え、就職活動の「前哨戦」として重みは増している。

    0
    続き

    氷点下でも凍らない水「過冷却水」がどろどろに

     氷点下でも液体のまま凍らない「過冷却水」が、温度が下がるにつれて粘度が高まり、どろどろになる仕組みを大阪大の金鋼准教授らの研究チームがコンピューターのシミュレーションで明らかにした。論文は5日までに米科学誌サイエンス・アドバンシーズ(電子版)に掲載された。

    0
    続き