■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    北の地下核実験と白頭山噴火の危険性

     高句麗遺民の大祚榮(テジョヨン)が建てた渤海は926年に滅亡した。国土が高句麗全盛期時の2倍になるほど繁盛した大国がある日突然、跡形もなく消えたのは白頭山の大噴火が原因だったという説もある。

    2
    続き

    夏季五輪の開催地に24年パリ、28年ロスを選出

     国際オリンピック委員会(IOC)は13日、ペルーのリマで開いた総会で、夏季五輪開催地に2024年パリ、28年の米ロサンゼルスを同時に選出した。パリは1900、24年に続いて100年ぶり、ロサンゼルスは32、84年から44年ぶりで、ともに3度目の開催。同一都市ではロンドンに並び最多となる。

    0
    続き

    小池都知事「未来担う世代が声を上げて」

     日本青年会議所(JC)の少年少女国連大使として、米国ニューヨークの国連本部などでの研修を終えた東京都多摩市の小学5年生、野﨑奏大(かなた)君が14日、小池百合子都知事を表敬訪問し、ニューヨークでの活動について報告した。

    0
    続き

    昭和の薫り、寺山修司の長編小説を映画化

     前編と後編を合わせて304分という大作。圧倒的な暴力(アクション)があり、退廃的でどこか懐かしく、人間臭いのは昭和の薫りだ。

     原作は、寺山修司が唯一書いた同名の長編小説で、ややエキセントリックで独特な作風が当時話題になった。発表された1966年は、学生運動が激しかった時代だったが、その舞台を近未来、2020年の東京五輪・パラリンピック開催後の新宿に置き換えた。

    0
    続き

    ハイチの芸術作品を紹介する「ハイチアート展」

     カリブ海の島国・ハイチの芸術作品を紹介する「ハイチアート展」が神奈川県川崎市中原区の川崎市市民ミュージアムで開かれ、色鮮やかな絵画や彫刻など約140点が見学者の目を楽しませている。

    0
    続き

    選択無形民俗文化財「生子神社の泣き相撲」

     栃木県鹿沼市樅山町にある生子(いきこ)神社で、9月24日(日)午前9時から、国の選択無形民俗文化財の「生子神社の泣き相撲」が行われる。「泣く子は育つ」の縁起を担いだ習俗が奉納相撲に取り入れられたもので、文久年間(1861~)には行われており、全国でも珍しい奇習の一つ。

    0
    続き

    北朝鮮の核保有を何としても阻止せよ

     北朝鮮は国連安全保障理事会の対北制裁決議に関し、日本が米国に便乗したとして「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

     あまりにも乱暴で身勝手な発言だ。日米をはじめとする国際社会は北朝鮮への圧力強化で、核保有を何としても阻止しなければならない。

     「核爆弾で海に沈めよ」

    1
    続き

    文芸雑誌「すばる」(10月号)の作家リービ…

     文芸雑誌「すばる」(10月号)の作家リービ英雄氏へのインタビュー(聞き手は文芸評論家の富岡幸一郎氏)の中に「緊張感」という言葉があった。リービ氏は1950年、米カリフォルニア州で生まれた。

     87年に日本語で小説を発表して注目された。その時作家の小島信夫が、この作品の新鮮な緊張感を指摘した。文学作品には緊張感が求められるのが当然なのに、日本の作家によって、こうした作品が書かれることは少ないとの認識が小島にはあったはずだ。

    0
    続き

    米アップル、新型iPhone「X」を発表

     米アップルは12日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の発売10周年を記念した高級モデル「X(テン)」を発表した。薄く、高精細な有機EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレーを新たに採用。また、顔認証によるロック解除機能により、セキュリティーを高めた。

     日本を含む55以上の国や地域で10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売する。日本での価格は11万2800円から。

    0
    続き

    曽我さん「拉致問題、徐々に関心薄れている」

     北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(58)が13日、2002年10月の帰国から15年を迎えるのを前に、新潟県佐渡市内で記者会見した。曽我さんは「拉致問題について徐々に関心が薄れていると感じる」と危機感を募らせ、「ご家族が元気なうちに、みんなを日本に帰してほしい」と早期解決を訴えた。

    0
    続き

    クリントン元米国務長官の回顧録が発売

     トランプ米大統領にまさかの敗北を喫した昨年の大統領選を振り返るクリントン元国務長官の回顧録が12日、全米で発売された。米メディアによると、クリントン氏のサイン会が開かれたニューヨークの書店には早朝から大勢の支持者が駆け付け、長い列を作った。

    0
    続き

    岡山理大、ゴビ砂漠で最大級の恐竜歩行跡を発見

     岡山理科大は12日、モンゴル・ゴビ砂漠の白亜紀後期(7000万~9000万年前)の地層から、いずれも長さが1メートルを超える恐竜の足跡の化石3個が見つかったと発表した。昨年夏に発見した、長さ1メートル超の世界最大級とされる足跡の化石1個に連なる形で残されていた。

    0
    続き

    ロシアのカスペルスキー、ワシントン支社閉鎖へ

     ロシア情報機関との関係が疑われている情報セキュリティー大手カスペルスキーが、ワシントン支社の閉鎖を検討していることが12日、明らかになった。米政府機関での調達停止を受けた措置とみられている。

     ロシア語ニュースサイト「ベル」によると、同社は、ワシントン支社の再編計画が進められていることを明らかにしたが、閉鎖時期については明確にしていない。

    2
    続き

    読書の季節

     朝夕にもの寂しい秋風が吹いている。暑くもなく寒くもない今時分を“読書の季節”と呼ぶ。「秋は読書にいい」という言葉は昔からあった。よく知られた「燈火可親」(灯火親しむべし)という故事成語は唐の思想家、韓兪が息子に読書を勧めるために作って送った詩に出てくる。(1919年に発表された3・1独立宣言書に署名した33人の民族代表のうち仏教系を代表した)萬海・韓龍雲(萬海は号)先生も『秋は読書の季節』という文章を通して、「自然環境と人の体と心のリズムを計算すると、秋が読書に最も適当な時期」だと言った。

    2
    続き

    復活したサッカー王国

     世界を熱狂の渦に巻き込むサッカー・ワールドカップ(W杯)。その2018年ロシア大会の予選が佳境を迎えようとしている。そうした中、世界の激戦区として注目を集める地域の一つが南米枠だ。ブラジルを除く7カ国が7ポイント差でひしめき合っており、残り3・5枠をめぐる戦いは過酷極まりない。

    1
    続き

    韓米同盟の意義を再確認する時

     北朝鮮が第6次核実験を敢行した。国連安保理では超高強度の制裁案を議論しているが、「セカンダリーボイコット」が行われる可能性が高い。北朝鮮の統治資金を締め付けるのだ。統治資金が底をつくまで制裁を加えれば、金正恩(キムジョンウン)に忠誠を尽くす軍部および党幹部が背を向け、新しい政権を打ち立て、米国と交渉に臨むこともあり得る。

    1
    続き

    対北制裁決議、厳格な履行で圧力強化を

     北朝鮮による6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会は北への原油輸出に上限を設けるなどの制裁決議を採択した。北朝鮮の後ろ盾で制裁強化に慎重な中国、ロシアも賛成し、全会一致だった。北朝鮮への制裁決議は9回目だ。

     原油輸出が制裁対象に

     新たな決議で注目すべきは、北朝鮮への原油輸出が初めて制裁対象となったことだ。決議は、北朝鮮への原油の供給、販売、移転の年間上限量を過去12カ月の総量と決めた。

    3
    続き

    目に付き鼻に突き!世界最大の花が開花

     ドイツ西部ボーフムの植物園で11日、世界最大の花「ショクダイオオコンニャク」の開花が見られた。高さ2㍍の巨大な花の姿に運よく立ち会った訪問客は、物珍しそうに写真を撮影。

     この花は数年に一度しか咲かず、鼻を突く強い異臭を放つのが特徴だ。 (AFP=時事)

    0
    続き

    ナチスの強制収容所での体験を記した『夜と霧』…

     ナチスの強制収容所での体験を記した『夜と霧』で知られるヴィクトール・フランクルが亡くなって20年。戦後長く住んでいたウィーンの住居は博物館となって、今も訪れる人は絶えないという。

     小紙ウィーン特派員の小川敏記者が追慕の記事を送ってきた(「現代人の魂を癒す精神分析学開拓」小紙9月12日付)。精神科医、脳外科医、哲学者として数多くの優れた業績を残した人物だった。

    1
    続き

    赤ちゃんパンダ誕生3ヵ月、歯が生えてきたよ

     上野動物園(東京都台東区)は12日、生まれて3カ月になったジャイアントパンダの赤ちゃんの写真を公開した。母親シンシンともに健康状態は良好で、赤ちゃんに上下左右の犬歯が生えてきたという。

     10日の身体検査では大きくなった赤ちゃんを飼育員スタッフ2人がかりで測定。体重が5・4㌔、体長は62・4㌢で順調に成長している。四肢の力が強くなり、一瞬だが立ち上がることもあるという。

    2
    続き

    大隅良典さんが「大隅基礎科学創成財団」設立

     ノーベル医学生理学賞を昨年受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典さん(72)が12日、東京都内で記者会見し、「大隅基礎科学創成財団」を設立したと発表した。

     大隅さんは「基礎生物学の分野で、重要でありながら支援を得られなかった研究者に、研究費を提供したい。100万円や200万円でも研究が進展する人がいる」と話した。

    1
    続き

    ペルーが北朝鮮大使追放

     ペルー政府は11日、北朝鮮が加速させている核・ミサイル開発を理由に、同国のキム・ハクチョル駐ペルー大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、5日以内に国外退去するよう求めた。ペルーのエル・コメルシアル紙などが報じた。

    3
    続き

    晴れやかに完全燃焼、伊達公子が現役に終止符

     バックハンドのショットがネットに阻まれて、全てが終わった。伊達は笑顔で中央に歩み寄り、親子ほども年齢が離れたクルニッチとしっかり抱き合って感謝の言葉を伝えた。観衆は総立ち。現役復帰から9年半の再チャレンジを終えた大ベテランに、惜しみない拍手が送られた。

    1
    続き