■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    涼感呼ぶ、川崎市川崎区の川崎大師の風鈴市

     梅雨明けが発表された19日、川崎大師(川崎市川崎区)で風鈴市が始まった。境内に入ると、900種類3万個の風鈴の涼しげな音色が響く。

     熊本県のマスコット「くまモン」や7万1500円の薩摩切り子の風鈴などが人気を集めていた。

     東京都練馬区から家族で訪れた大森貴恵さん(30)は「ここにいると涼しく感じて汗がひく」と話した。23日まで。

    0
    続き

    農機メーカー3社、自動運転農機の本格販売へ

     クボタなど農機メーカー3社が自動運転トラクターの本格販売に向け準備を進めている。各社は2018年度をめどに本格的な販売を予定。高齢化が進み、後継者問題に直面する農家の人手不足を補うとの期待は大きく、政府も導入を推進していく方針だ。

    0
    続き

    芥川賞に沼田真佑さん、直木賞は佐藤正午さん

     第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)、直木賞は佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)にそれぞれ決まった。

    0
    続き

    みすぼらしい追悼式

     数日前、あるテレビ局が春川にあるエチオピア韓国動乱参戦記念館を紹介した。出演者は「わが国に食料や紙のような生活必需品がなく外国の援助を受けていた時、エチオピアは6・25(韓国動乱)に参戦した」と語った。当時のエチオピアは強国ではなかったが、わが国よりはましだった。皇帝は「自由を守るために」国連軍の一員として軍隊を派遣した。3個大隊6037人が派兵され、121人が戦死した。そのエチオピアが社会主義の一党独裁体制を経て今日、世界の最貧国になった。年間の輸出額がわが国の400分の1にとどまっている。

    2
    続き

    地球の裏側のラーメン戦争

     ブラジル最大の都市サンパウロの日本人街「リベルダージ」。当地に住む日本人にとっては、遠く離れた南米の土地で、日本食や日本食材を手軽に手に入れられる、日々の生活に欠かせない場所だ。ランチの時間や夕方になれば、すしや弁当などを求めるビジネスマンらであふれ返る。

    0
    続き

    性急すぎる南北対話の提案

     分断50年ぶりに初の南北離散家族対面が行われた2000年8月。北朝鮮は大韓赤十字社総裁・張忠植檀国大理事長に金剛山面会所造成の意見を提示した。張理事長はこれに反対。高齢家族が金剛山まで行き来する旅程は負担になるとして、軍事境界線付近を逆提案した。

    0
    続き

    国の特別天然記念物トキ、過去最多の77羽巣立つ

     環境省は19日、新潟県の佐渡島で、自然界にいる国の特別天然記念物トキが、今年の繁殖期を終えたと発表した。巣立ったひなは過去最多となる77羽で、うち雄雌ともに野生下で生まれ育ったペアから生まれた「純野生」は15羽だった。

     今季はペアを形成したのが65組で、ひなは36組から92羽誕生。うち31組から77羽が巣立った。純野生のひなが巣立ったのは、42年ぶりとなった昨年(6羽)に続き2年連続となった。

    0
    続き

    蓮舫氏「国籍」会見、言い訳じみて責任感も欠如

     民進党の蓮舫代表が昨年から指摘されてきた二重国籍疑惑に関しての記者会見を行った。安倍政権を追及するのに自らの疑いを晴らさなければ説得力に欠けるからだという。だが、国籍問題は自ら率先して速やかに解明すべきであり遅きに失した感がある。会見内容も言い訳じみて公党の代表としての責任感の欠如を改めて露呈した形だ。

     国籍法の義務果たさず

    10
    続き

    リカちゃん発売50周年を祝ってファンが集う

     17日、千葉県浦安市で開かれた着せ替え人形「リカちゃん」発売50 周年を祝うパーティーでポーズを取るリカちゃん。

     約950人のファンが集まり、共に成長してきたリカちゃんを祝福した。

    0
    続き

    「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合の…

     「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合のはなさく」(木下利玄)。作者が滝へ行く山道で見つけたユリは、ヤマユリかササユリだったのだろう。自生のままで気品があって美しい夏の花だ。

     万葉集でもユリを詠んだ歌は10首に上る。「道の辺(へ)の草深百合の花笑(ゑ)みに笑まししからに妻と云ふべしや」と歌われたように、花が咲くのを「花笑み」と例え、さらに女性の笑うのを「花笑み」とも表現した。

    0
    続き

    「持続可能な開発目標」、ピコ太郎さんがPR

     ニューヨークの国連本部で17日、日本政府主催のレセプションが岸田文雄外相も出席して開かれ、ヒット曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られるピコ太郎さんが、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度を高めるために作ったPPAPの替え歌を披露した。

    0
    続き

    105歳の医師、日野原重明氏が死去

     生活習慣病の予防や、終末期医療の充実などに尽力し、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去した。105歳だった。山口市出身。葬儀はキリスト教式で29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男明夫(あきお)氏。

    0
    続き

    マレーシア機撃墜から3年、「犠牲者忘れない」

     ロシアが軍事介入したウクライナ東部で2014年7月、マレーシア機が撃墜された事件から17日で丸3年を迎え、犠牲者の大半を出したオランダで追悼式典が行われた。同機が出発した首都アムステルダムのスキポール空港に近い公園には慰霊碑が建立された。

    0
    続き

    東北から九州で大荒れ、京都で記録的大雨情報

     東北から九州にかけては18日午後、晴れた所で35度以上の猛暑日となる所がある一方、大気の状態が不安定となり、各地で局地的な大雨や落雷、突風に見舞われた。京都市伏見区付近では午後5時10分までの推定1時間雨量が約90ミリとの記録的短時間大雨情報が出された。気象庁は同日深夜にかけ、低地の浸水や河川の増水、土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。

    0
    続き

    草食恐竜の歯の化石35点、長崎半島で発見

     長崎市と福井県立恐竜博物館は18日、長崎半島の約8100万年前の地層から、恐竜の歯の化石が計35点見つかったと発表した。歯をたくさん持ち、二足歩行する草食恐竜のものとみられる。

    0
    続き

    選挙の公正性を拒む人たち

     すべての米国人、ワシントンの人でさえ、同意できる一つの真実は、選挙の公正性は共和国の繁栄と生き残りにとって必須だということである。この点が、ドナルド・トランプをホワイトハウスに送り込み、ヒラリー・クリントンを下野させた2016年の大統領選挙に、ロシアが干渉したという絶えることのない告発によって強打されている。

     ある連邦委員会が、煙の下に火元が隠れているのか調べ、もし、そうであれば、何ができるか調べるために派遣されている。そういうことなら、誰も文句を言う者はなく、全員合意する。と、いきそうだが、必ずしもそうはいかない。

    0
    続き

    南北会談提案、解せない文政権の対話路線

     韓国政府が北朝鮮に双方の軍事的緊張緩和に向けた軍事当局者同士による会談と離散家族再会事業を再開させる赤十字の実務者協議の開催を提案した。文在寅大統領がベルリンでの演説で北朝鮮の核凍結などを条件に南北対話を呼び掛けたことを受けての措置だ。だが、北朝鮮の核・ミサイルの脅威はエスカレートするばかりで、国際社会は対北制裁を強めている。韓国だけが対話に前のめりになるのは解せない。

    核に歯止め掛からず

    6
    続き

    米海兵隊員が富士山で人命救助

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     在沖米海兵隊の牧港補給地区(キャンプ・キンザー=沖縄県浦添市)に所属する5人の隊員が3日、富士登山中に気分を悪くした日本人女性を救助した。

     オットー・ティエレ伍長、クリストファー・エームス伍長、エリック・グッドマン伍長、アントニオ・マルティネス上等兵、アベラード・ゲバラ・オスーナ上等兵の5人は米国の独立記念日の休暇を利用して富士山を登っていた。

    6
    続き

    100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本…

     100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本を象徴した日野原重明さんが亡くなった。105歳、延命措置は本人が望まなかった。日野原さんが日本そして世界の人々に残したものは数多いが、何よりその生きざまが感動と勇気を与えてくれた。

     1970年の「よど号」ハイジャック事件に遭遇し人質となった時は死を覚悟した。解放され、自分の命は与えられた命、と人生観が大きく変わったという。

    3
    続き

    ヒアリ対策の脚カバーを害虫防ぐメッシュで

     南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が各地で発見される中、愛知県豊橋市のメッシュ製造会社「くればぁ」は13日、危険な害虫を寄せ付けない効果を持つメッシュ素材を開発したと発表した。膝から下を覆う脚カバーなどに加工し、インターネットを通じて14日から販売する。

    0
    続き

    2020年東京五輪で、9万人が東京おもてなし

     2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都と組織委員会は9万人以上のボランティアの確保を目指す。競技観戦などで首都東京を訪れる観光客も増える。おもてなし成功に欠かせない人材をどう集め、育てるかが課題となっている。

    0
    続き

    政府、「明治150年」ロゴの候補10作品を公表

     政府は13日、明治維新から150年目の2018年に行う各種記念事業で使用するロゴマークの候補を10作品に絞り、首相官邸のホームページ上で公表した。

     24日まで一般の意見を募集し、8月以降に一つに絞り込む。「明治150年」関連事業のロゴ候補として398の応募作品が寄せられていた。

    0
    続き

    「山あげ祭」、昨年ユネスコ無形文化財に登録

     栃木県那須烏山市の市街地で7月21日(金)から23日(日)まで、「山あげ祭」が開かれる。

     この祭りは450年以上の伝統を誇り、全国でも類を見ない絢爛(けんらん)豪華な野外歌舞伎舞踊で、国の重要無形民俗文化財に指定されている。昨年12月には「烏山の山あげ行事」が全国の祭礼行事「山・鉾・屋台行事」33件の一つとして、ユネスコの無形文化財に登録された。

    0
    続き