■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    不倫の風俗図

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     女性は男性より瞬発力が一歩勝っている。こんな笑い話がある。夫と妻が別々に浮気して、同じホテルで出くわした。びっくり仰天した夫は「あっ、おまえ!」と言ったきり、言葉が出なかった。すると妻が大声で叫んだ。「金刑事! あいつを早く捕まえて」。いずれにせよ、こんな時の女性の瞬発力は認めるべきだ。

    0
    続き

    女性を模して作られたという土偶は、縄文文化…

     女性を模して作られたという土偶は、縄文文化を代表する遺物。生活の中で一般化していくのは約4700年前で、縄文時代中期の前半である。形は時代によって変化し、役割についても精霊説、女神説などさまざま。

     福島県郡山市にある大安場史跡公園で企画展「縄文の風景~ハート形土偶の生まれた時代~」が開催中だ。ハート形土偶は約3700年前の縄文後期に登場し、大きなハート顔が特徴である。

    0
    続き

    維新の党内紛、代表選前倒しして原点を問え

     維新の党で内紛が生じている。地方選で党が推薦しないと決めた候補予定者を柿沢未途幹事長が応援したことをめぐって、党顧問の松井一郎大阪府知事が幹事長辞任を求め、柿沢氏が続投する場合は顧問を辞任する考えを示した。

     党最高顧問の橋下徹大阪市長は公開討論会を提案した。が、討論では決着はつくまい。11月1日の代表選を前倒しして結党の原点を問い直すべきだ。

    幹事長の辞任求める声

    0
    続き

    無人補給機「こうのとり」のハッチが開く

     国際宇宙ステーション(ISS)に到着した無人補給機「こうのとり」のハッチが25日夜、開けられ、長期滞在中の油井亀美也さん(45)ら宇宙飛行士が中へと入った。この後、補給物資などの搬出作業を行う。

     25日未明にドッキングを完了後、気圧の調整などを行った上で、午後7時24分にISSとの間を仕切るハッチが開けられた。

    0
    続き

    写真家の安田菜津紀さん「守りたい命を大切に」

     女性が子育てしやすい社会を目指す日本財団の「ママの笑顔を増やすプロジェクト(ママプロ)」が25日、東京・赤坂の日本財団ビルで、終戦70年の夏を記念したトークイベントを行い、子育て中の女性など約40人が参加した。

    0
    続き

    ネパール政府、世界最高峰エベレスト登山再開

     ネパール政府は4月の大地震後、初めてとなる世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登山許可証を23日、登山家の栗城史多さん(33)に発行した。エベレスト登山は大地震後、中止されていた。

     ホームページによると、栗城さんはエベレストの単独無酸素登頂に挑戦する。5度目の挑戦となる今回は9月中旬の登頂を目指す。

    0
    続き

    車いすバスケを紹介、「観客でいっぱいに」

     2020年東京パラリンピックの開幕5年前となった25日、東京都内で車いすバスケットボールを紹介するイベントが行われ、日本代表選手らが競技の魅力をアピールした。

    0
    続き

    台風ニモマケズ、「国頭村まつり」が盛大に

     沖縄本島北部の国頭村(くにがみそん)で22日、第30回の節目を迎えた「国頭村まつり」(主催・同実行委員会)が盛大に行われた。

     台風の接近の影響で2日間の日程が1日に凝縮され、かりゆし58やCOJACOなど沖縄を代表するアーティストなどによるライブで盛り上がった。

    0
    続き

    名護市に不況の風、基地再編交付金2011年から停止

     米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の代替施設建設予定地の辺野古(へのこ)が所在する名護市の稲嶺進市長は移設に強く反対。米軍再編特措法による基地再編交付金が2011年から停止されていることについて「基地に頼らない発展」を公約に掲げているが、プロ野球キャンプの事実上の撤退が決まるなど、市の経済には暗雲が漂っている。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    参院予算委員会で、民主党の小川敏夫議員が…

     参院予算委員会で、民主党の小川敏夫議員が「(他国から侵略された場合)個別的自衛権で対処すれば、その侵略を押し返すだけですむが、集団的自衛権を行使すれば、自衛隊は他国の領土に入って攻撃するようになるのか」という趣旨の質問を行った。

     テレビ中継を見ていて、これにはあっけにとられた。個別的自衛権とは、敵を排除するには死んでしまう直前までじっとしているのを強いられる、ということではなかろう。

    0
    続き

    Lessons from an apology 謝罪からの教訓

    Apologies are never easy, and apologizing in the name of a nation is hardest of all. Barack Obama still suffers, and no doubt always will, the approbation of many of his countrymen for his apology in Egypt early in his presidency, for what is still not clear, to the Islamic countries of the Middle East. A succession of Japanese prime ministers have put their hand to apologies for World War II. So how would Prime Minister Shinzo Abe’s formal speech on the 70th anniversary of the end of The Great Pacific War, as many Asians call World War II, differ from the others?

    0
    続き

    八重山の公民教科書に育鵬社

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     次年度に中学校で使用する教科書選定で、石垣市と与那国町でつくる教科用図書八重山採択地区協議会はこのほど、公民教科書に育鵬社版を採用することを決めた。

    0
    続き

    韓国は北の真意見極め対話を

     北朝鮮が一方的に高めた軍事的緊張の解消に向けた韓国と北朝鮮による高官協議が、6項目の合意事項を発表し妥結した。これでひとまず南北間の軍事衝突など最悪の事態は回避される見通しとなり、断絶していた対話の糸口を見いだしたことは幸いだ。韓国は北朝鮮の真意を見極め、懸案解決へ対話に臨まねばなるまい。

     北主語とする遺憾表明

    0
    続き

    テコンドーの本家争い

    地球だより

     ブルガリアの第2都市、プロブディフ市で24日、国際テコンドー連盟(ITF)主導の第19回世界選手権が開催されるが、ITFは26日、総会を開き、次期総裁を選出する予定だ。

    0
    続き

    米大統領候補者トランプ氏の「正論」

     韓国日刊紙「中央日報」日本語電子版(24日付)は米共和党大統領候補者ドナルド・トランプ氏の発言を大きく報じていた。その記事には、「金正恩は頭がおかしいか、そうでなければ天才だ」という日本語タイトルが付いている。同発言は、同氏が21日、アラバマ州のバーミンガムのラジオ放送との番組の中で答えたものだ。

     当方がその記事に惹かれたのは少々刺激的ななタイトルのせいもあるが、米大富豪の大統領候補者が朝鮮半島の現状をどのように見ているかを知りたいと思ったからだ。

    0
    続き

    無人補給機「こうのとり」5号機がISS到着

     日本の無人補給機「こうのとり」5号機が24日夜、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。午後7時29分、ISSに長期滞在中の油井亀美也さん(45)がロボットアームを操作し、こうのとりをつかんだ。ISS滞在中の日本人宇宙飛行士がロボットアームを操作して、こうのとりをキャッチしたのは初めて。

     油井さんは直後の交信で「自分の仕事をしっかりして、1等星並みに輝けたかなと思う」と述べた。

    0
    続き

    「ガンバと仲間たち」が3DCGアニメに

     新作の3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」(監督・河村友宏、小森啓裕)を製作した白組(東京・神宮前)の島村達雄社長らが24日、エイチ・アイ・エス本社(西新宿)で記者会見し、同社長は「最新の3DCG技術を駆使し、世界の映画に負けないように映画を作りたいと思った」とこれまでの経緯を説明した。

    0
    続き

    鎮魂と故郷の再生「ふくしま未来神楽」が奉納

     東日本大震災の犠牲者への鎮魂と、故郷の再生を祈るため創作された「ふくしま未来神楽」が23日夜、福島市内の稲荷神社へ奉納された。

     「ハヤブル アブクマガワ 大地に横たわり イマモナオ 黒い笹(ササ)の葉を飲み込もうとするのか 未来の天地のために」。暗がりの境内で、発起人の詩人和合亮一さん(47)がとうとうと詩を詠み上げ、踊り手が舞った。

    0
    続き

    サントリー、ミネラル水の製造ラインを増設

     飲料メーカーのサントリー食品インターナショナルは、果汁などで味付けをした低カロリーの「フレーバーウオーター」や、炭酸水などのミネラルウオーター派生商品の販売好調を受け、生産体制を拡充している。

    0
    続き

    「巨大な花」のモニュメントにびっくり

     ウクライナの首都キエフで開かれたフラワーフェスティバルに、たくさんの花を合わせて作り上げた「巨大な花」のモニュメントが出現した。

     人間以上のサイズに入場者はびっくり?(EPA=時事)

    0
    続き

    Top N.H. Democrats hold back endorsements in sign of trouble for Hillary Clinton クリントン氏への支持表明控えるニューハンプシャー州民主党幹部

    MANCHESTER, N.H. - Several of New Hampshire’s top Democratic figures are holding back their endorsements in the state’s first-in-the-nation primary, which party insiders view as another sign of mounting troubles for Hillary Rodham Clinton’s campaign.

    0
    続き

    マルクス主義的な国家悪論に凝り固まった朝日社説の個人主義礼賛

     フランスの政治思想家トクヴィルは1830年代の米国を訪ね、『アメリカの民主政治』という名著を遺(のこ)した。

     当時の米国は孤児出身の大衆政治家ジャクソンが第7代大統領に就き、大衆的民主主義を謳歌(おうか)していた時代だが、トクヴィルはその米国に民主主義の病理を発見する。そのひとつが個人主義だった。

    0
    続き

    夏休みもあと数日、二十四節気の立秋は…

     夏休みもあと数日、二十四節気の立秋は今月8日で、次の処暑(しょしょ)が一昨23日。「暑さがおさまる」という意味だが、東京の最高気温は31・4度と真夏日だった。昨日は29・3度の夏日で、きょうも30度以下となりそう。

     やれやれ6年続きの猛暑の夏も、ようやく秋が見えてくるかと期待したいが、まだまだ真夏日の残暑はぶり返すという見立てで、しぶとい暑さが続くという。6年続きの猛暑というが、その特徴は年によって違っている。

    0
    続き