■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    昔懐かしい伝統的なおもちゃが進化して人気

     拳玉(けんだま)やゴム鉄砲など、昔懐かしいおもちゃが進化して人気となっている。世代を超えて遊べるため、祖父母が孫に購入し、話が弾むきっかけにもなっているようだ。

     現代版の拳玉「ケンダマクロス」(バンダイ、2700円)は、玉を乗せるカップ(受け皿)を大きなものに変更でき、初心者でも楽しめる。ケンダマクロス人気で「伝統的な形の拳玉も相乗効果で売れている」(博品館銀座本店)という。

    0
    続き

    こだわりのプレミアムアイス「山形の極み」

     牛乳から卵黄、果汁まで、原材料を山形県産にこだわったプレミアムアイスが誕生した。その名も「山形の極み」。ギフト専用商品で、インターネットなどを通じて販売する。80ミリリットルのカップ8個入り3240円から。

     果汁の芳醇(ほうじゅん)な香りが漂うのは、ラ・フランスや桃などフルーツ4種。つや姫やミルクなど3種類は濃厚な味わいが特徴だ。

    0
    続き

    Obama to host China’s Xi Jinping despite cyberattacks サイバー攻撃を受けても中国国家主席を迎えるオバマ氏

    Despite China’s escalating cyberattacks that are stealing massive amounts of sensitive U.S. government personnel and military data, President Obama still plans to have China’s president as an honored guest in Washington this year, the White House said Wednesday.

    0
    続き

    久しぶりに夜更かしをして、NHKのラジオ…

     久しぶりに夜更かしをして、NHKのラジオ深夜便を聞いた。午前3時からの「にっぽんの歌こころの歌」は、村田英雄特集だった。きょうは平成14年73歳で亡くなった村田さんの命日である。

     「無法松の一生」や「皆の衆」などが流れ、最後は昭和36年発売の大ヒット曲「王将」。当時、気流子は小学校低学年だったが、子供にもすんなりと入ってくる曲だった。

    0
    続き

    G7の結束で温暖化対策の新枠組み決定を

     ドイツで開かれた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は首脳宣言に、国際社会が世界の温室効果ガス排出量を2050年までに10年比最大70%削減する長期目標を共有することを「支持する」と明記した。G7が地球温暖化抑制への強い決意を示したことを歓迎したい。

    削減目標が出そろう

    0
    続き

    タカが大統領を警護?

    地球だより

     首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件が日本で話題になったが、最新技術を使った事件は国が変わっても同じように起こるものだ。  米国では今年1月、首都ワシントンにあるホワイトハウスの敷地内にドローンが不時着する騒ぎがあった。5月中旬には、ホワイトハウス付近でドローンを飛ばしていた男が大統領警護隊(シークレットサービス)に拘束された。

    0
    続き

    歴代大統領、客観的に観るべき時

    韓国紙セゲイルボ

     日本帝国主義による植民統治と光復(解放)の後、南北分断など近代史を主体的に設計できなかったわれわれの社会は、これまで西欧イデオロギーの実験場になったり、民主化過程の混乱と国論分裂で、国民が同じく尊敬する大統領を持つことができなかった。

    0
    続き

    映画「愛を積むひと」

     大田区で工場を営んでいる小林篤史と良子の熟年夫婦が、工場をたたんで北海道に移住するところから物語は始まる。

     雄大な草原の中でのどかな日々がすぎていく。夫はものぐさになり、妻はガーデンづくりや内装のアレンジなど、ささやかな生活を満喫していた。夫を見かねた良子は夫に石塀作りをたのむ。

     そんなある日、良子は心臓の病気で入院する。一時、退院して明るく振る舞うが、願いはかなわず、突然最後を迎える。

    0
    続き

    ネパールでDRPCを立ち上げ、救援が広がる

     ネパールは物心両面で再生の過程にある。4月25日の大地震の犠牲者は約9000人となり何百人もの人がまだ行方不明である。2万3000人が負傷し、全半壊家屋は78万戸に上っている。多くの地域で学校が閉鎖されたままである。

    0
    続き

    ジーコ氏、FIFA会長選に出馬を正式表明

     サッカー元ブラジル代表で、日本代表監督も務めたジーコ氏が10日、リオデジャネイロで記者会見し、国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件を受けて辞任表明したブラッター会長の後任を選ぶ次期会長選挙に、立候補する意思を正式に表明した。

     ただし、出馬にあたっては、少なくとも五つのサッカー協会から支持を必要とする現行の規則の変更を条件とした。

    0
    続き

    日本、国際親善試合でイラクに4発快勝

     前半5分だった。柴崎のスルーパスで中央を抜け出した本田が先制ゴール。その後も、テンポ良く相手DF裏を狙う攻撃で、リズムに乗った。9分に左CKを遠いサイドの槙野が押し込んで加点。32分には宇佐美が中央をドリブルで攻め上がり、最後は岡崎が決めた。

    0
    続き

    中日の和田が2000安打を達成、一気に大台到達

     区切りの一打は、鋭いライナーで左翼線へ飛んだ。中日の和田が二回にこの日2本目の安打を放ち、2000本の大台に到達。「プロ入り時には、到達できると思っていなかった数字。よくここまでこられた」。スタンドの拍手に一塁ベース上で照れくさそうにヘルメットを掲げた。

    0
    続き

    韓国社会の外国人差別、KBSが注目し雑誌に反響

     韓国でもテレビで「外国人タレント」を見ない日はない。「韓国が『多文化社会』に入った」といわれる所以だ。「多文化社会」とは、韓国に入ってきた異文化、異人種の人々と共存、共生していく社会のことだ。

     しかし、流暢(りゅうちょう)な韓国語を操る白人がワイドショーのMCを務めたり、俳優や芸能人として活躍しているシーンは、「韓国テレビ界の国際化」は表しているものの、韓国社会自体の国際化を示すものではない。

    0
    続き

    対日ツートラック政策、中国の後追いをする韓国

     「歴史認識問題」を盾に一歩も前に進めない朴槿恵(パククネ)大統領の対日外交姿勢に対し、韓国内から批判が出はじめている。「歴史問題と経済・安保は別。分けて進めよう」という“ツートラック”政策だ。

     こうした意見が韓国の政界やメディアから出てきた背景には、歴史問題で“共闘”しているはずの中国の対日姿勢に変化が出てきたことと、「新蜜月時代」と言われるほど日米関係が良好なことが挙げられる。

    0
    続き

    防衛省設置法、「文民統制」には反しない

     防衛省設置法の改正によって、統合幕僚長、陸海空幕僚長と内局官僚が同格で防衛相を補佐することが明確化された。これで、他の主要諸国には見られない異様な状況が解消されたことを歓迎する。

     ただ、これによって防衛行政、自衛隊運用が改善されるわけではなく、課題も多い。

     内局官僚と自衛官が同格

    0
    続き

    恒例の「県民所得ランキング」が発表された。…

     恒例の「県民所得ランキング」が発表された。内閣府が実施したもので、1人当たりの県民所得(2012年度)をランク付けしたもの。データはやや古いが、信頼度は高そうだ。

     1位は東京。440万円は、47位沖縄の2倍を超える。沖縄の抱える課題が基地問題だけではないことを示す。

    0
    続き

    汚職続きでブラジル国民の不満頂点に

     ブラジルを揺るがす巨大な汚職事件の発覚と追及が続いている。特に今回の汚職疑惑は、ブラジルの国技とも言われるサッカー界のトップに加え、公企業や政界トップをも巻き込んだものとなっており、国内の批判はこれまでにないものとなっている。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    北東アジアにも安保対話の常設機関を

    韓国紙セゲイルボ

     欧州安保協力機構(OSCE)は第2次世界大戦後、東西冷戦真っ最中の1975年、欧州安保協力会議(CSCE)としてスタートし、今年40周年を迎えた。

     ドイツ統一、東西冷戦の終息に大きく寄与したと評価され、57カ国を会員とする世界最大の地域安保機構で、欧州内の紛争防止と平和維持の根幹になっている。アジアでは韓国、日本、豪州、タイ、アフガニスタンが協力パートナー国として参加している。

    0
    続き

    両陛下、戦没船員追悼式に

     天皇、皇后両陛下は10日、戦後70年に当たり、神奈川県横須賀市の県立観音崎公園で開かれた第45回戦没・殉職船員追悼式に出席された。

     正午前に会場に到着された両陛下は、黙とうをささげられた後、戦没船員の碑に白菊の花を供え一礼された。式典には遺族ら約650人が参列した。

    0
    続き

    ヒューボの快挙

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     人類の半分である女性の生活に最も影響を及ぼした発明は何だろうか。妊娠・出産の調節を可能にした避妊薬を挙げる学者もいるが、洗濯機を選ぶ学者が多い。洗濯機の発明で毎日平均4時間、洗濯に煩わされた女性たちが余暇を持てるようになり、社会に進出する土台となったというのだ。労働市場の新たな枠組み作りが洗濯機から始まったわけだ。英ケンブリッジ大の張夏準(チャンハジュン)教授は著書『彼らが語らない23の話』で、インターネット革命も洗濯機がもたらした変化ほど劇的でなかったと語っている。

    0
    続き

    「自転車もヘルメットを」

     自転車に乗る人にヘルメットをかぶってもらおうと、自転車愛好家7人が10日、「自転車ヘルメット委員会」を発足させた。気軽にかぶってもらえるようなアイデアを募集するなどして普及促進を訴えるという。設立メンバーで、15年以上前からロードバイクを愛用する元総務相の増田寛也さんは東京都内で開かれた記者会見で、「大人が率先して着用するのが大切。ファッションになるまで活動を続けたい」と語った。

    0
    続き

    ジョン・レノン愛用のギター、米で競売へ

     元ビートルズのジョン・レノンが使用し、約50年間行方が分からなくなっていたギターが見つかり、11月に米競売商ジュリアンズ・オークションズの競売に出品されることが決まった。ロイター通信などが報じた。

     ギターはギブソン社製のJ-160E。ビートルズがデビューした1960年代初めにレノンが使用し、「ラヴ・ミー・ドゥ」「抱きしめたい」などを演奏した。63年にロンドンで行われた公演の際に紛失したという。

    0
    続き

    インドネシア・バリ島の祭り会場でけんか?

     8日、インドネシアのバリ島で催された祭りで、人々が見守る中、男たちが恒例の「決闘」を繰り広げた。

     武器はとげのある葉と竹でできた盾。決闘は神々にささげるものだと信じられている。(EPA=時事)

    0
    続き