■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    探査機あかつき 金星の謎解明へ再挑戦だ

     金星探査機「あかつき」が金星を回る軌道に投入された。2010年12月の失敗以来、5年越しの再挑戦での成功である。地球以外の惑星で、日本の探査機を周回軌道へ投入することに成功したのは初めて。

     待ちに待った金星の謎解明は、これからが本番だ。既に4年半の設計寿命を超えており、機体や観測機器への影響には不明な点もあろうが、万全を期して探査に取り組んでほしい。

    軌道への投入に成功

    0
    続き

    西側が開けた空白を埋めるロシア-リトアニア外相/Lithuanian foreign minister says Russian propaganda fills void from West

     リトアニアの外交トップは8日、リトアニアなど東側諸国は、米国からの明確な支援の表明を強く望んでいるが、その一方でロシアのプーチン大統領は、毅然(きぜん)とした行動のとれない北大西洋条約機構(NATO)をよそに、西側が自陣営の利益を守れず、国際法を擁護できないことから生まれた「影響力の間隙」を埋めようとしていると警告した。

     リトアニアのリンケビチュウス外相はさらに、ロシア政府がリトアニアなど旧ソ連構成共和国に対して強力なプロパガンダ戦争を仕掛けているにもかかかわらず、NATOはそれに対して効果的な対応ができず、資金も十分に投じられていないと指摘した。

    0
    続き

    ノーベル賞受賞の大村さんしみじみ「言葉出ない」

     荘厳な舞台で、栄誉のメダルが授与された。ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授(80)は「言葉が出ないくらい感動した」と喜びをかみしめ、物理学賞の梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)は「楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。

    0
    続き

    油井さん、カザフスタンの草原地帯に無事帰還

     今年7月から国際宇宙ステーション(ISS)に141日間滞在した油井亀美也さん(45)が日本時間11日午後10時10分すぎ、ロシア宇宙船ソユーズで、中央アジア・カザフスタン中部の草原地帯に帰還した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、油井さんの健康状態は良好という。

    0
    続き

    日仏環境相、低炭素社会へ初の覚書に署名

     パリを訪問中の丸川珠代環境相は10日、フランスのロワイヤル環境相と会談し、低炭素社会の実現に向けて、技術開発や大気汚染の抑制、生物多様性の保全など8の協力項目をまとめた覚書に署名した。日仏両政府が環境分野で覚書を交わすのは初めて。

    0
    続き

    米ヤフーのメイヤーCEO、双子の女児を出産

     米インターネットサービス大手ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)(40)は10日、双子の女児を同日朝出産したとブログ上で明らかにした。

     米IT業界では、ネット交流サイト(SNS)世界最大手フェイスブックのザッカーバーグCEOも最近、長女に恵まれたばかり。

    0
    続き

    ビートルズ瞑想のインドの僧院公開

     ビートルズが瞑想(めいそう)を学ぶために滞在し、名作「ホワイトアルバム」にも影響を与えたインド北部リシケシュにある僧院が8日、観光スポットとしてオープンした。地元当局は「本来の良さを残しつつヨガセンターも造り、観光客を呼び込みたい」と意気込んでいる。

     入場料はインド人が150¥外字(b3d0)(約270円)で、外国人観光客は700¥外字(b3d0)(約1300円)。

    0
    続き

    インド訪問中の安倍晋三首相は、きょうモディ…

     インド訪問中の安倍晋三首相は、きょうモディ首相と首脳会談を行う。会談ではインド西部の高速鉄道計画に日本の新幹線方式を採用することが正式合意される見通しだ。

     高速鉄道の輸出では、中国の案を採用したインドネシアに煮え湯を飲まされた。インドでは是非とも計画を実現させてほしい。

    0
    続き

    白人・アジア系が強い米国のIT企業

    地球だより  米国のシリコンバレーのハイテク企業では、従業員の多様性が大きな課題になっている。ツイッターなどの大手IT企業が最近、黒人公民権団体などからの要請に応じて従業員の人種別、男女別内訳を公表しているためだ。

     それによると、従業員に占める女性の割合は、グーグルで30%、フェイスブックで31%、ツイッターで30%、リンクドインで39%。男性が従業員のほぼ7割を占めているのが現状。

    0
    続き

    大村さん・梶田さん、メダルと賞状を授与

     2015年のノーベル賞の授賞式が10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)から、ストックホルムのコンサートホールで行われた。熱帯の寄生虫病治療薬の開発に貢献した大村智・北里大特別栄誉教授(80)に医学生理学賞、素粒子ニュートリノに質量があることを突き止めた梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)に物理学賞が贈られた。

    0
    続き

    家族・先達への感謝を胸に、栄誉の舞台へ

     ノーベル賞の授賞式当日を迎えた大村智・北里大特別栄誉教授(80)と梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)は10日、家族や先達に思いをはせながら、授賞式のリハーサルやえんび服への着替えなどに追われた。

     梶田さんは「いよいよ本番なので頑張ってきます」と落ち着いた様子でリハーサルに向かった。終了後、報道陣に緊張の度合いを問われると「してません」ときっぱり。大村さんは「まあまあです」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    JR北海道、「新函館北斗駅」の新駅舎を公開

     JR北海道は10日、2016年3月26日に開業する北海道新幹線の始発・終着駅となる「新函館北斗駅」(北海道北斗市)の新駅舎を公開した。駅舎からは函館山が望め、地元観光名所のポプラ並木をイメージした白い柱を配置。天井には北海道南部産の「北限のスギ」を使用した。

    0
    続き

    国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ」開幕

     環境に配慮した製品やサービスを紹介する国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」が10日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。702の企業・団体が出展し、主催者側は12日までの期間中に16万5000人の来場を見込んでいる。

    0
    続き

    日の丸セーラーズ、躍動感あるチームロゴ発表

     日本セーリング連盟は10日、日本代表(愛称日の丸セーラーズ)のチームロゴを発表した。重なり合うセールのシルエットが日の丸の赤色を背景に浮かび上がるデザイン。東京都内で記者会見した河野博文会長は「躍動感が表れていて、皆さんに親しんでいただける」と胸を張った。

    0
    続き

    中国の東北開発と韓半島統一、北朝鮮の核問題が障害に

    韓国紙セゲイルボ

     「東北振興のために新しい“闖(チン)関東”(関東に進出)が必要だ」―。最近、人民日報はこのように主張した。経済成長が弱い遼寧・黒竜江・吉林省(東北3省)は疾走する中国の足枷になっている地域だ。習近平国家主席は7月、吉林省などを訪問し、第13次経済開発5カ年(2016~20年)で国家支援を惜しまないと約束するなど、同地域経済活性化に関心を示した。

    0
    続き

    欧州に今年1年で難民90万人殺到

    EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(上)

     2015年は難民が欧州に殺到した年として記憶されるだろう。12月現在、欧州に殺到した難民総数は90万人を超え、大台100万人に迫っている。欧州連合(EU)28カ国の加盟国は押し寄せてくる難民の受け入れに苦慮し、受け入れに批判的な国は鉄条網を設置し、難民の入国阻止に乗り出している。そこで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ウィーン事務所のルート・シェフル報道官に今年1年の難民問題の総括と今後の見通しについて聞いた。(聞き手=ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    米テロ対策、国民の過激思想感化を防げ

     オバマ米大統領は国民向けのテレビ演説で、米カリフォルニア州での銃乱射事件を「テロ行為」と断定するとともに「テロの脅威が新段階に入った」と述べた。

     さらに、インターネットを通じて海外の若者たちをテロに駆り立てる過激派組織「イスラム国(IS)」を壊滅させる決意を強調した。

     「ホームグロウン」の脅威

    0
    続き

    短編小説を収録した作品集が送られて来る…

     短編小説を収録した作品集が送られて来ることがある。250ページ程度の本で、10編ほどの作品がある。だが、作者についてのデータはほとんどなく、ただ作品が並んでいることが多い。

     「作品が全て」という発想がそこにはあるのだろう。その考え方は間違いではない。太宰治にしても、心中未遂や飲酒といった無頼のエピソードだけで知られているわけではない。『晩年』『斜陽』『人間失格』といった傑作によって彼の名前は残っている。

    0
    続き

    あかつきチーム、金星到着「心の底から実感」

     5年越しの軌道投入に成功した金星探査機「あかつき」。責任者を務める宇宙航空研究開発機構(JAXA)の中村正人教授らは9日夕、相模原市のJAXA宇宙科学研究所で記者会見し、「金星に到着したという実感が、心の底から湧き上がった」と喜びを口にした。

    0
    続き

    故戸塚洋二さん、実験グループの不屈のリーダー

     ノーベル物理学賞を受賞する梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)は素粒子ニュートリノに質量があることを証明し、宇宙成り立ちの謎を解く手掛かりをつかんだ。梶田さんらの実験グループを情熱とリーダーシップで率いた戸塚洋二・東大特別栄誉教授は、がんを患い2008年に66歳でこの世を去った。関係者は戸塚さんが存命なら共同受賞していたと口をそろえ、「生きていれば」と惜しんだ。

    0
    続き

    平和協定は北朝鮮を利するだけではない

    韓国紙セゲイルボ

     最近、南北韓の平和協定問題がイシューとして浮上している。北朝鮮は積極的だが、韓国政府は非常に懐疑的だ。しかし本当に平和協定は韓国の利益にならず北朝鮮だけの議題なのか。

     北朝鮮は冷戦が終息した1990年代から停戦協定を平和協定に変えようとする試みを展開してきた。最近でも10月に李洙墉(リスヨン)外相の国連総会演説をはじめ、同じ主張を続けている。

    0
    続き

    サマータイム制

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「昼光節約ということが現在、欧米の様々な国でも実施されており、夜より昼が長い夏季にあたって朝早く仕事を始め、昼早く終えて仕事の能率を高めるように時間を1時間早くしているという」

    0
    続き

    今年の話題になったあの人たちが大集合!

     その年印象に残った出来事を人形にして1年を振り返る老舗人形メーカー東玉の「変わり雛(びな)」が9日、都内で披露された。

     ラグビーW杯日本代表の五郎丸歩選手やノーベル賞受賞が決まった大村智さんと梶田隆章さん、芥川賞の又吉直樹さんらをモチーフにした5作品が登場。職人が約1カ月かけて制作、キックを打つ前の「五郎丸ポーズ」の首の角度に1番気を使ったという。

    0
    続き