■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    朝ドラモデル広岡浅子直筆の書簡などを公開

     9月下旬に始まるNHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインのモデルで、大同生命の創業者の一人である広岡浅子(1849~1919年)直筆の書簡など関連資料の公開が、同社(大阪市西区)で始まった。

     広岡は京都の豪商三井家に生まれ、大阪の豪商加島屋に嫁ぎ、大名貸し中心の商家を近代的な企業グループに変える役割を果たした。

    0
    続き

    東京・銀座で、目にも涼しい浴衣で打ち水

     連日の猛暑が続く東京・銀座で2日、涼しげな浴衣姿の人たちが打ち水を行った。銀座の商店会などが主催するイベント「ゆかたで銀ぶら2015」の一環。

     延べ約1200人の一般参加者が、20分ごとに3回打ち水を行うと、路面温度は約16℃低下した。見物人や参加者からは「涼しくて気持ちいい」と歓声が上がっていた。

    0
    続き

    メーカー各社、化粧品店の復活を

     大手化粧品メーカーが、化粧品専門店の販売力強化に乗り出した。各社は専門店でしか買えないブランドの拡充に力を注ぐ。専門店は固定客の高齢化が進んでいることから、男性や若い女性に裾野を広げ、新しい客を呼び込もうとしている。

    0
    続き

    米女優A・ジョリーさん、スー・チー氏と会談

     米女優アンジェリーナ・ジョリーさんは1日、訪問先のミャンマーで、最大野党・国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー党首と会談した。NLDの声明によると、2人はヤンゴン郊外にある衣料品工場を訪れ、女性従業員から労働環境や暮らし向きなどについて話を聞いた。

    0
    続き

    ファストフードで「ちょい飲み」

     ハンバーガーや麺類など、昼食の需要を主戦場とするファストフード店が、会社員らに手軽な価格で酒を提供する「ちょい飲み」に力を注いでいる。酒やつまみを提供し、客1人当たりの売上高をアップさせるのが狙い。各社は新メニューを投入するなどして喉が渇く夏本番を迎えた。

    0
    続き

    サントリー、「シトラスハイボール缶」を発売

     サントリースピリッツはこのほど、ウイスキーにグレープフルーツの蒸留酒や果汁を組み合わせた缶飲料「ジムビーム シトラスハイボール缶〈グレープフルーツ〉」を発売した。同社によると、ジムビームブランドの缶飲料の日本での発売は初めて。

    0
    続き

    花の人ゴッホ、125回目の命日に肖像画を公開

     オランダの画家ゴッホの125回目の命日に当たる7月29日、花で描かれた肖像画がアムステルダム市内で公開された。(EPA=時事)

    0
    続き

    プーチン大統領の「神の戦士」

     独週刊誌シュピーゲル電子版30日に「プーチン大統領の神の戦士」(Putins Gotteskriger)というタイトルでロシア正教会の超保守派聖職者フセボルト・チャプリン大司祭(Wsewolod Tschaplin)のプロフィールが詳細に報じられていた。プーチン大統領の世界を知るうえでも参考になると思われるので、その概要を紹介する。

    0
    続き

    「言葉の壁」越える若者たち 日台友好の輪を広げる

     ここ数年、台湾から日本を訪れる観光客が増えている。とりわけ、北海道は人気の的で、来道する台湾人観光客の数はうなぎ上り。それに伴い、日本と台湾でスポーツや教育分野で相互訪問するケースも拡大傾向にある。ただ、問題は言葉の壁。そこで札幌市内に事務所を構える台北駐日経済文化代表処札幌分処はこのほど、「台湾華語スピーチコンテスト」を開催。北海道の若者たちが台湾華語で台湾に対する思いを披露した。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    同性カップルの責任は?

     世田谷区が今年11月をめどに、同性カップルに結婚に準じる関係と認める公的書類を発行するという。今年4月、渋谷区が同性カップルに結婚に相当する証明書を発行する条例を施行しており、これから他の自治体にも広がりそうな趨勢(すうせい)だ。

     同性愛カップルが一緒に住もうと思っても不動産屋に断られるとか、相手が入院した時に家族でないので面会できないなどの差別をなくすための措置だというが、どうして同性婚の認定でないといけないのか。そもそも「同性婚」とは何なのか、分かりにくい。

    1
    続き

    ラオス・中国と結ぶ鉄道

    地球だより

     タイのプラチン・チャントーン運輸相は7月27日、記者会見の席でタイとラオス2国が、中国と結ぶ鉄道路線の建設を年内にも開始することで基本合意したと明らかにした。

     建設される路線は、中国南部の昆明とラオスを結ぶ520㌔とラオス北部の国境地帯と首都ビエンチャンを結ぶ417㌔。また、タイと中国の鉄道リンクも同時に開始される予定だ。

    0
    続き

    若者のHIV感染が最多 リスク高い男性間性接触

     わが国のエイズウイルス(HIV)感染は2008年以降高止まり状況だ。中でも、若い世代での感染拡大と、「同性間の性的接触」で感染する割合が高まっており、この層での予防対策が重要になっている。

    0
    続き

    大手メディアの「偏愛」 過激な過去を追及せず

    再考 オバマの世界観(22)

     2008年米大統領選投票日の数日前、テレビ番組で著名なベテランジャーナリストのトム・ブロコー氏(NBCテレビ)とチャーリー・ローズ氏(PBSテレビ)が、次期大統領に選出される見通しのオバマ氏について語り合った。

     ローズ氏「私はオバマ氏の世界観が分からない」

     ブロコー氏「私も分からない」

     ローズ氏「オバマ氏が中国をどう見ているのか分からない」

    0
    続き

    安保法制、守旧主義は国家の危機招く

     礒崎陽輔首相補佐官が、安全保障法制整備に関して「法的安定性は関係ない」と発言したことに野党側が反発し、安倍晋三首相も「法的安定性は重要」と述べて失言と認めた。

     そこでは「あらゆる政策より法の安定性が優先する」との大前提が潜んでおり、本末転倒の議論と言わねばならない。

     情勢変化に応じた整備を

    0
    続き

    世界経済に悪影響及ぼす中国上海株急落・ギリシャ危機を3誌特集

     今年3月のギリシャ選挙を境にEU(欧州連合)が揺れ始めた。急進左派で緊縮財政に反対するチプラス氏が首相に任命されたことでギリシャ危機到来の幕開けとなった。事実、6月30日期限のIMF(国際通貨基金)からの融資に対して返済は行われず、さらに同国の銀行は支払い停止状態に陥った。同首相はEUの財政改革案を受け入れるかどうかで国民投票を行ったが、EU案反対が多数を占める中、ギリシャはEUから離脱するのではという臆測が飛び交った。結局、チプラス政権はEUの意向を受け入れる形で緊縮財政案をEUに提出、何とか支援を取り付け最悪の状況を切り抜けた。ただ、それですべてが解決したとは誰も思っていない。

    0
    続き

    「医者は病気の話はするけれど、病気に…

     「医者は病気の話はするけれど、病気にならない方法はあまり話してくれない。それはおかしい」――都内で開かれたNPO法人日本綜合医学会(渡邊昌会長)主催の講演会で、こんな意見が出た。

     膨れ上がる国民の医療費(約39兆円)を抑制するための施策の柱の一つに予防医療の実施がある。ところが、医者は病気の治療はするが、予防のための医療を学んでいないから手をつけないという。なるほど、と思う。

    0
    続き

    香港・中国、同性婚めぐり新たな動き

     米国連邦最高裁が6月26日に同性婚を全州で認める判決を下したことで同性愛をタブー視する中華圏でも新たな動きが出始めている。中国では女性民主活動家が同性結婚式を行ったり、同性婚を認めない法令がある香港では性的少数者(LGBT)への差別撤廃を求める重点活動を関連団体が9月に準備。中華圏の同性愛者カップルが同性婚を認める欧米諸国への結婚旅行ツアー計画で新たなLGBTビジネスを皮算用する動きも出ている。(香港・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    「いたばし花火大会」夜空を彩り実力示す

     今年で56回目を迎える「いたばし花火大会」が1日、東京都板橋区の荒川南岸で行われた。約1万2000発の花火が打ち上がり、歓声やためいきが会場に広がった。

     最近では「伝統の隅田花火」に対し「実力のいたばし花火」といわれるほど人気を集め毎年約50万人以上の観客が訪れている。

     今年は、国連が定めた「国際光年」であることを記念して、レーザー光線と花火を組み合わせた演出を初めて行った。

    0
    続き

    東京五輪に向け「多文化交流フェスティバル」

     2020年の東京五輪に向け、日本人と在日外国人の相互理解を促進する「多文化交流フェスティバル inTOKYO」(主催・同実行委員会)が1日、東京都練馬区の石神井公園野外ステージで行われ、各国の伝統的な舞踊や音楽が披露された。

    0
    続き

    魚の「特製ケーキ」、すてきな誕生日プレゼント

     フィリピンのマニラにある水族館「マニラ・オーシャン・パーク」で生まれたフンボルトペンギンの「カヤ」(手前中央)が7月29日、1歳の誕生日を祝ってもらった。

     プレゼントは冷凍した魚の「特製ケーキ」。水族館の人気者にとって、最高のプレゼントになったようだ。(AFP=時事)

    0
    続き

    反安保法制から人命の肩代わりが目的と戦死連想させるサンモニ

     安全保障関連法案をめぐっては衆院を通過してなお喧しい。平和安全法制特別委採決はプラカードの野党議員で騒然、本会議(7月16日)は反対野党が退場し、まだ対決冷めやらぬ19日のNHK「日曜討論」は討論ではなく司会の島田敏男氏による各党代表者とのインタビューになった。

    0
    続き

    反米牧師との師弟関係 黒人解放神学に惹かれる

    再考 オバマの世界観(21)

     2001年9月11日の米同時テロから最初に迎えた日曜日。前代未聞のテロの衝撃が全米を覆う中、シカゴのある教会では、米国はテロ攻撃を受けるに値する邪悪な国家だと説く一人の黒人牧師の姿があった。

    0
    続き

    「わくら葉に取ついて蝉のもぬけかな」(蕪村)…

     「わくら葉に取ついて蝉のもぬけかな」(蕪村)。ようやく空気を震わせるようなセミの鳴き声が、熱気の底から聞こえてくるようになった。東京では7月中旬から真夏日が続いていたが、季節感に添える自然の現象には何か欠けている気がした。

     それがセミの声。季節感そのものと言っていい虫の声は、夏のセミや秋のスズムシなどが代表的だろう。春と冬は残念ながら思い浮かばないが、考えれば無理もない。

    0
    続き