■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    スシローが沖縄進出

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     回転寿司(ずし)業界で売上高トップのあきんどスシローは10日、浦添市内に県内初となる「スシロー」をオープンした。オープン当初は2時間待ちも当たり前の混雑ぶりで、諦めて帰る客も少なくなかった。これで国内で未進出なのは青森、島根の両県だけになった。

    3
    続き

    名古屋の寄席「大須演芸場」が営業を再開

     昨年2月に閉鎖された名古屋市中区の寄席「大須演芸場」が22日、改修工事を終え営業を再開した。こけら落とし公演には桂文枝さんら人気落語家が登場。前売りチケットは完売し、立ち見席を用意する盛況で、約230人が詰め掛けた。

     故・初代林家三平さんの妻で最高顧問を務める海老名香葉子さん(81)は「思った以上に胸が躍っている。これから頑張って盛り上げていきます」と話した。

    0
    続き

    島嶼は温暖化被害の最前線

    迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(3)

    NGOエコロジーな地球の為の島嶼国連合事務局長 中島 昌氏

     ――異常気象による島嶼(とうしょ)国の被害は何か。

    0
    続き

    安倍首相、祖父らの霊前に安保法成立を報告

     安倍晋三首相は22日午後、静岡県小山町の「冨士霊園」を訪れ、日米安全保障条約を改定した祖父岸信介元首相の墓前に、「国民の命と平和な暮らしを守るための法的基盤が整備された」と、安全保障関連法の成立を報告した。

    0
    続き

    「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」

     広大なキャベツ畑で妻や恋人らに愛情を伝える「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」(キャベチュー)が群馬県嬬恋村の愛妻の丘で開かれた。

     老若男女約25人が「愛しているよー」「いつもありがとう」などと日ごろ言えない思いを叫んだ。キャベチューは村名の由来と生産量日本一のキャベツを活用したイベント。

    0
    続き

    A dark and grim anniversary 暗く厳しい9・11記念日

    Where are we, 14 years after Sept. 11? The future looks dark and grim. Fourteen years after the American people rallied with one voice to demand retribution and an assurance that this would never happen again, confusion and indecision have replaced the spirit of the America that can do anything and everything. A timid president, as if content to be the reluctant quarterback of the junior varsity, wants to “lead from behind.”

    0
    続き

    文部科学省が文学部など人文社会科学系学部の…

     文部科学省が文学部など人文社会科学系学部の縮小、廃止を要請したり、法科大学院定員の大幅削減が決まったりするなど、このところ大学関係でネガティブな話題が少なくない。その一方で、研究所が設立され、新しく生まれる学部もある。

     特に、防災や復興について調査、研究を行う大学の役割が注目されている。福島大学に「災害復興研究所」が設けられたのは、東日本大震災が起きた2011年。被災地での実態調査や被災生活の課題追求で実績を上げている。

    0
    続き

    露のシリア介入、これ以上混迷を深めるな

     ロシアが、4年間続いてきたシリア内戦への直接軍事介入に踏み切る可能性が出てきた。

     シリアのアサド政権を支援するためだが、軍事介入は内戦を激化させ、さらに多くの犠牲者を出すことになりかねない。国民の反体制デモを武力で弾圧したアサド大統領の正統性もすでに失われている。これ以上混迷を深めるべきではない。

    過激派掃討へ基地設置か

    0
    続き

    齋藤友香理さん、二つの「最優秀賞」を獲得

     フランス東部ブザンソンで20日、世界の若手指揮者の登竜門「ブザンソン国際指揮者コンクール」の決勝が行われ、東京都出身の齋藤友香理さん(32)が、聴衆やオーケストラが選ぶ二つの「最優秀賞」を獲得した。

     優勝は米国のジョナソン・ヘイワードさん(23)。齋藤さんは17日、決勝に残る最後の3人に選ばれていたが、惜しくも優勝は逃した。

    0
    続き

    敬老の日は「健康ガムカムダンベル体操」

     敬老の日の21日、東京・巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺で高齢者向けに行われた「健康ガムカムダンベル体操」に元気よく体を動かす人たちが見られた。

     参加者たちは音楽に合わせてガムをかみながら1本500グラムの木製ダンベルを上げたり下ろしたり。ガムをかむことでそしゃく力も向上させる体操で汗を流した。

     さいたま市から家族と訪れた柴登志子さん(62)は「参加して良かった。家でも続けなきゃ」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    横田めぐみさん同級生ら、再会誓うコンサート

     北朝鮮に拉致された横田めぐみさん失踪当時(13)との再会を誓う、小中学校の同級生ら主催のチャリティーコンサートが20日、新潟市で開かれた。めぐみさんの父滋さん(82)と母早紀江さん(79)も出席し、早期救出を訴えた。

    0
    続き

    現役最後の試合で、中日の小笠原美学貫く

     中日の小笠原は、現役最後の試合でもフルスイングを貫いた。

     第1打席は空振り三振、第2打席は遊撃内野安打。そして七回の最終打席は、初球をうまく捉えて鋭い打球になったが、左翼手のグラブに吸い込まれた。「(七回は)気持ちは右翼席(への本塁打)だった」。明るい表情で振り返った。

    0
    続き

    韓国とフランスの国交樹立130周年を記念して

     18日、フランス・パリで、ライトアップされ、白い縁取りで赤と青に輝く観光名所エッフェル塔。

     韓国とフランスの国交樹立130周年を記念し、韓国の国旗の色をイメージした。(EPA=時事)

    0
    続き

    自助、協助体制の確立めざす

    迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(2)

    新潟大学災害復興科学研究所 教授 福岡浩氏(下)

     ――リアルタイムで災害情報を知らすための取り組みは?

    0
    続き

    Carly Fiorina poll surge has Hillary Clinton scrambling to shed ‘insider’ label フィオリーナ氏健闘、クリントン氏はインサイダー払拭に躍起

    Carly Fiorina’s strong performance in last week’s Republican presidential primary debate has rocketed her up the polls, leaving the top of the GOP field dominated by Washington outsiders and forcing Democrats - especially Hillary Rodham Clinton - scrambling to shed the label of political insider.

    0
    続き

    佳子殿下、慰霊碑に御供花

     秋篠宮殿下御夫妻の次女佳子内親王殿下は21日、「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」出席などのため空路鳥取県入りし、爆発事故で多数の犠牲者を出した旧陸軍の徴用船「玉栄丸」の慰霊碑に供花された。

    0
    続き

    安保法制への反対は反政府運動の手段と白状したに等しい朝日など

     NHK(BS)で作家・浅田次郎の小説をドラマ化した時代劇「一路」が放映中だ。中山道をたどる参勤交代がお家乗っ取りの企ての妨害に遭い、果たして江戸に着けるのか、そんなあら筋だ。行列を采配する主人公の信条は「参勤交代は行軍、戦である」。

    0
    続き

    親御さんたちへ。「道路を横断する時は、…

     親御さんたちへ。「道路を横断する時は、信号が青でも右左の安全を必ず確かめること。信号の点滅が始まったら、無理をせず次の青信号まで待つこと」をお子さんに繰り返し教えて――と。

     高齢者の皆さんには「横断禁止場所の横断は重大事故につながります。遠回りでも横断歩道を渡りましょう」。そして、ドライバーの皆さんは「子供や高齢者、自転車等に対する思いやりのある運転を心掛けましょう」と警視庁は呼び掛ける。

    0
    続き

    北のクリスチャンの「祈り方」

     世界のキリスト信者の迫害状況を発信してきた非政府機関、国際宣教団体「オープン・ドアーズ」は今年、創設60周年を迎えた。それを祝して19日、ウィーン工科大学内で記念イベントが開催された。当方も招待されたので参加した。

    0
    続き

    18歳成人、青少年健全育成法が前提だ

     選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのを受け、民法の成人年齢や少年法の適用年齢の引き下げ論議が活発化している。引き下げには青少年健全育成の基盤整備が不可欠だ。「成年」は権利とともに義務も担う。そのことに留意した論議が必要だ。

    飲酒・喫煙は悪影響

    0
    続き

    可能性を信じた日本、終了間際の逆転トライ

     誰もが予想しなかった日本の大金星。桜のジャージーをまとった男たちが抱き合い、泣いた。名将ジョーンズ・ヘッドコーチも「本当に信じられない」。日本のファンが長らく待ち焦がれたW杯の勝利を、優勝候補の南アフリカからもぎとった。

    0
    続き

    田んぼアート「未来へつなぐ古の軌跡」が見ごろ

     世界最大の田んぼアートの作品「未来へつなぐ古(いにしえ)の軌跡」(埼玉県行田市小針)が見ごろを迎えている。

     800人以上の人々が参加し、古代蓮、少年宇宙飛行士、天女、小惑星探査機「はやぶさ2」、日本地図など面積2万7195平方㍍の絵が7種類の稲で描かれ、8日にギネス世界記録に認定された。

    0
    続き

    芝生の上で読書の秋を満喫

     東京都港区の東京ミッドタウンで、今まで手に取らなかった本との出会いを作るイベント「六本木ブックフェス」が開かれている。「秋」や「子ども」などのテーマや47都道府県に関連する本、アーティストやデザイナーが薦める本など約200冊が芝生広場に用意され、無料で借りることができる。

    0
    続き