■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    西新宿の都庁で「伊豆大島の物産展」を開催

     椿や明日葉が特産の東京・伊豆大島の魅力を紹介する「伊豆大島物産展」が13日、東京・西新宿の都庁第一本庁舎北側2階の全国観光PRコーナーで始まった。19日まで。

     同展は今月31日から3月21日まで、大島町で行われる「第61回伊豆大島椿まつり」の観光キャンペーンとして開催。椿油や大島牛乳で作ったプリンなど、約45品目の特産品の販売や大島町の観光PRをする。

    0
    続き

    ガッツポーズ! お魚くわえた“ドラ息子”

     9日、韓国北部の江原道華川郡で開幕した氷祭りで、口に魚をくわえガッツポーズをする男性。

     この祭りは31日まで開催。氷の張った川に入り、素手で魚を捕るイベントなどが行われている。(EPA=時事)

    0
    続き

    イスラム女性の苦悩

    地球だより

     イスラム過激派によるテロが世界化し、イスラム教徒に対する裁きの目が険しくなっていることもあってか、イスラム教徒の若い女性の間に、イスラム教の教えが、本当に正しいのか否かと、疑問を持つ人々が増えているようだ。

     20代前半のあるエジプト人女性は、死後の世界や終末観についてイスラム教が主張することは本当に正しいのだろうかとの質問をぶつけてきた。他の宗教から見て一体どうなのかという質問だ。

    0
    続き

    順命と運命

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     2011年6月、民主党の孫鶴圭代表は慶州で韓国新聞放送編集人協会主管の討論会を行った。気が重い試験を終えてすっきりしたのか、参加者との晩餐ではテーブルを回って爆弾酒(ビール割ウイスキー)を飲んだ。一部の親しい記者とは宿所の2次会でまた飲んだ。

    0
    続き

    ランド・ポール氏、「下位」討論会への参加拒否/Paul quickly rejects invitation to join ‘second-tier’ event

     ランド・ポール上院議員と実業家カーリー・フィオリーナ氏は、サウスカロライナ州で今週行われるゴールデンタイムの共和党大統領候補討論会に参加できないことが明らかになった。ケーブル・ニュース局のFOXビジネス・ネットワークが11日、発表した。共和党指名争いで最初の実際の投票まで3週間に迫り、選挙への意気込みにも悪影響がありそうだ。

     FOXは11日夜、番組「ロー・ダブズ・トゥナイト」に関する発表を行い、14日午後9時にノース・チャールストン・コロシアム・アンド・パフォーミング・アーツ・センターで行われる討論会で大物実業家ドナルド・トランプ氏が、テッド・クルーズ、マルコ・ルビオ両上院議員とともにステージの中央に立つことを明らかにした。

    0
    続き

    米一般教書、「世界の警官」否定は疑問だ

     オバマ米大統領は、上下両院合同会議で一般教書演説を行った。オバマ大統領にとっては今回が最後となった。

     先鋭化する党派対立

     オバマ大統領は冒頭で「我々は途方もない変化の時代に生きている」と語った。今回の演説は、1年間の政策課題を個別に論じる従来のスタイルにはとらわれず、むしろ米国の将来像や可能性に焦点を当て、改めて米国の団結を呼び掛けた。

    0
    続き

    「ペリー艦隊の江戸湾進入にはじまり、…

     「ペリー艦隊の江戸湾進入にはじまり、それからほぼ一世紀後の日米戦争への突入、そして降伏、敗戦と引きつづいた両国関係は、離れて眺めわたせば、何者かの手によって仕組まれた壮大なドラマにも似ている」。

     先日亡くなった米文学者で文芸評論家の佐伯彰一さんが『日米関係のなかの文学』(文藝春秋)で書いている。佐伯さんにとって日米関係は、生まれた時からの「避けがたい運命にも似ていた」。

    0
    続き

    なでしこ優勝の記念品など1000点以上を展示

     国際サッカー連盟(FIFA)は12日、スイスのチューリヒ中心部に建設した新博物館「FIFAミュージアム」を報道陣に公開した。館内には1000点以上の展示物が置かれ、競技の歴史を紹介。1階には加盟209協会の代表ユニホームがずらりと並び、子供向けの体験コーナーやレストランも設けられている。

    0
    続き

    中垣清介さんにアカデミー賞科学技術賞

     米映画芸術科学アカデミーは10日までに、米映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞のうち、今年の科学技術賞を三重県桑名市在住のソフトウエアエンジニア、中垣清介さん(35)らに贈ると発表した。

    0
    続き

    大型哺乳類マナティー、もはや絶滅危惧種あらず

     優雅に泳ぐ姿で知られる大型の草食哺乳類アメリカマナティーについて、米魚類野生生物局(FWS)が絶滅危惧種の指定解除を提案している。フロリダ州でのマナティーの数は25年間で5倍に増えており、「生息数、生息地条件共に著しい改善があり、直接的危険は減っている」と結論付けた。

    0
    続き

    那覇市若狭の波上宮、暖かな初詣

     歴史的な暖冬の正月を迎えた沖縄は、県内各地で初詣客でにぎわった。

     例年、沖縄県護国神社(那覇市)と並んで参拝客数が最も多い那覇市若狭の波上宮では3日間だけで約30万人の人出を記録。

     一年の福を願う人々であふれかえった。

    0
    続き

    大河「真田丸」にちなみ真田幸村像を補修

     新潟県南魚沼市は、JR六日町駅前の「兼続通り商店街」に設置されている真田幸村のカラー像を補修した(写真右、同左は補修前)。幸村は今年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公。

     ドラマの放映開始にちなみ、色彩が施された立像の見栄えを良くし、観光客を迎え入れる。同市は、2009年の大河「天地人」の主人公だった直江兼続の生誕地。

    0
    続き

    皇居で講書始の儀

     今年の進講者とテーマは、佐藤彰一・名古屋大名誉教授(70)=西洋中世史=の「西洋中世修道院の文化史的意義」▽猪木武徳・大阪大名誉教授(70)=経済思想・労働経済学=の「技術と労働と生産性の関係について」▽佐藤勝彦・自然科学研究機構長(70)=宇宙物理学=の「宇宙はどのように始まったのか?―現代物理学が描く創世記―」。

    0
    続き

    新年会で保革両陣営が闘志

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     仕事始めの4日、那覇市で経済団体の合同新年会が開かれ、新年早々、沖縄県商工会議所連合会の國場幸一会長と翁長雄志知事による熱いバトルが繰り広げられた。

    1
    続き

    悪用防止念頭に民泊の法整備を

     日本を訪れる外国人観光客が急増する中、民家の空き部屋などを宿泊用に貸し出す「民泊」にホテル不足を補う役割が期待されている。

     現行の旅館業法は自治体の許可なく営利目的で多数の客を宿泊させることを禁止している。このため、政府は民泊を段階的に解禁する方針だが、犯罪者による悪用防止なども念頭に置いた法整備が必要だ。

     テロの温床になる恐れも

    0
    続き

    恐るべき資本主義国、中国/China, the killer capitalist

     中国の上昇を続ける巨大な市場、そして、それを支えるインフラへの中国の投資は、米国の政策の道をふらつかせている。北京の共産主義者――今も、彼らは自分のことをそう呼んでいるのである――は、どんなところでも、最高に厳格な資本家の部類に入る。

     第2次世界大戦の金融面での収拾案の一部として創設された銀行における聖域の一つは、自由市場を守り通すことであった。そうして創設された銀行は、株主を買って出たさまざまな国からの代表がいて、政府間ベースのローンを保証する集中制御システムによるものだった。

    0
    続き

    上場企業の中で、株主に自社製品や商品券を…

     上場企業の中で、株主に自社製品や商品券を贈呈するなどの優待制度を活用するところが増えている。昨年11月末時点の導入企業数は、全上場企業の約33%に当たる1287社と過去最高を更新中だ。

     ほかに自社サービスの提供、自社施設見学への招待……と多彩で、「もはや一つのブーム」と見る経済学者も。株式を安定的に持ち続けてくれる株主を増やすのが狙いで、保有期間が長い株主をより手厚く優遇する企業も増えている。安定株主の増加は長期の企業競争力を高める効果がある。

    0
    続き

    ミッキーら人気キャラクター、新成人1463人を祝福

     成人の日の11日、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で同市の成人式が行われた。

     TDLでの開催は今年で15回目。新成人1463人がミッキーマウスら人気キャラクターの祝福を受けた。

     大学生の醍醐美帆さん(19)は「小さい頃からディズニーランドでの成人式を楽しみにしてきた。自慢の式で祝ってもらったので、地元の役に立てるように頑張りたい」と抱負を語った。

    0
    続き

    「海自の歌姫」、「おかやま晴れの国大使」に

     岡山県は、同県倉敷市出身で「海上自衛隊の歌姫」として知られる海上自衛隊東京音楽隊3等海曹の三宅由佳莉さんに「おかやま晴れの国大使」を委嘱した。伊原木隆太知事は委嘱状を手渡し「岡山県をいろいろなところでPRしていただきたい」と述べた。

    0
    続き

    錦織圭選手が意欲、全豪で「優勝を目指す」

     テニスの四大大会今季初戦の全豪オープン開幕を18日に控え、男子シングルス世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)は11日、メルボルン市内で記者会見し「できるだけ上を、優勝を目指したい」と意気込みを語った。

     直近のブリスベン国際では準々決勝で格下のバーナード・トミック(オーストラリア)に不覚を取った。ただ、収穫もあったといい、「全豪の前哨戦としてはいい試合ができた」と割り切って考えている。

    0
    続き

    今年も「アナと雪の女王」イベントを開催

     ディズニー映画「アナと雪の女王」をテーマにしたイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」が12日から3月18日までの間、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で開催される。昨年に続き2回目。11日には報道陣向けに事前公開した。

    0
    続き

    玩具大手、「イケメン」アニメキャラが急増中

     女性のハートをとりこにする「イケメン」のアニメキャラクターが急増している。大手玩具メーカーがキャラクターを独自開発し、ゲームやライブイベントなどを通じた多角的な販売戦略を展開。玩具業界でこれまで対応が手薄だった「大人の女性」を、新たな顧客にしようとの狙いだ。

    0
    続き

    北海道警、今年も「雪のパトカー」が登場

     「110番の日」の10日に合わせ、北海道幌延町の道警天塩署問寒別駐在所に雪のパトカーが登場した。制作した大西政志巡査部長(31)は「駐在所を不在にしがちなので、パトカーに似た雪像があるだけでも安心してほしい」と話した。

    0
    続き