■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    試験点灯、闇に浮かぶ「清水の舞台」

     世界遺産の清水寺(京都市東山区)で13日、秋の夜間特別拝観を前にライトアップの試験点灯が行われた。色づき始めた約1000本のモミジと「清水の舞台」が幻想的に浮かび上がり、秋の京都を彩った。

     紅葉の見頃は今月下旬になりそうだという。夜間特別拝観は午後6時から9時まで受け付け。14日から12月6日まで。

    0
    続き

    防衛省、女性も戦闘機パイロットに門戸を

     防衛省は13日、航空自衛隊の戦闘機と偵察機への女性の配置制限を解除することを決定した。空自は今後養成し、早ければ3年後に初の女性の戦闘機パイロットが誕生する。

     斉藤治和航空幕僚長は同日の記者会見で、「能力や意欲がある女性が、男性と等しく責任を担える組織に変えていく必要がある」と女性に門戸を開いた理由を説明した。

    0
    続き

    メガホンが英語、中国語、韓国語に通訳します

     成田国際空港会社は13日、12月からターミナル内に試験配備する「メガホン型翻訳機」を報道関係者に公開した。来年3月まで使用し、使い勝手をメーカー側に報告。改善点が反映されれば本格導入し、災害時や悪天候でダイヤが乱れた際などを中心に使用する。

    0
    続き

    米など同盟国へのスパイ報道に揺れる独/Germany rocked by new reports of spying on U.S., allies

     ドイツのメルケル政権は、米国がドイツに対して電子的な情報収集活動を行っていたことを激しく非難したが、今度は自国のスパイ活動報道で動揺している。独情報機関が米国の軍需企業、連邦捜査局(FBI)、フランスの外交官、複数の国際機関と同盟国の省庁、さらには欧州連合(EU)で働く独外交官に対しスパイ活動を行っていたという報道が1週間内に2度なされたためだ。

     これは、メルケル首相にとっては気まずいものだ。2年前に、米国の国家安全保障局(NSA)が首相の携帯電話を傍受していたという報道を受けてオバマ大統領に直接、苦情を言い、「友好国間でのスパイ活動はただごとではない」と訴えていたからだ。

    0
    続き

    南シナ海の荒波を避ける道 二者択一の状況をつくるな

    韓国紙セゲイルボ

     中国が南シナ海で最も威勢をふるったのは15世紀初め、明の鄭和の艦隊が7回も大洋遠征に出た時だろう。南シナ海からインドを経て東アフリカまで、多い時は240隻、乗組員が3万人に達し、東西古今最大規模の船団と呼ばれた。

    0
    続き

    MRJ初飛行、世界へ羽ばたく大きな一歩

     国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が初飛行に成功した。2008年の開発着手から7年、5度の延期を経ての初飛行で、日本の長年の悲願だった実用化へ大きな一歩を踏み出した。

     MRJは今後日米での計2500時間の飛行試験、商業飛行の前提となる「型式証明」取得の後、17年4~6月に全日空への初号機納入を目指す。日本の、そして世界の大空で一日も早く羽ばたく姿が見たい。

    0
    続き

    ニクソン政権以来30年近く米国の対中政策に…

     ニクソン政権以来30年近く米国の対中政策に深く関わってきた、米国防総省顧問マイケル・ピルズベリー氏の話題の書の邦訳『China2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』(日経BP社、野中香方子訳)が出た。

     序章で著者は告白している。「米国の対中政策決定者の多くが脆弱(ぜいじゃく)な中国を助けてやれば、中国はやがて民主的で平和的な大国になる。中国は大国となっても地域支配、ましてや、世界支配を目論(もくろ)んだりはしない、といった仮説に基づいてきたが、これらは危険なまでに間違っていた」。

    0
    続き

    トランク・オア・トリート

    地球だより

     秋の人気行事ハロウィーンは、米国の子供たちにとって天国のようなお祭りだ。男の子ならバットマンやスパイダーマン、女の子ならディズニーアニメのプリンセスなど、大好きなキャラクターに仮装し、お菓子を求めて近所の家を訪ね歩く。「トリック・オア・トリート(ご馳走をくれないといたずらしちゃうぞ)」がお菓子をもらう際の決まり文句だ。

    0
    続き

    J2横浜Cの三浦知良「気力が増している」

     Jリーグ現役最年長で、プロ31年目となる来季の契約を更新したJ2横浜Cの元日本代表FW三浦知良(48)が12日、横浜市内で取材に応じ、「毎日の練習も嫌じゃないし、逆に気力が増している。来年どこまでできるか正直未知だが、いい準備をしていきたい」と意欲を示した。

    0
    続き

    「インパール作戦」で敵同士の日英元兵士が和解

     太平洋戦争末期の1944年、インド北東部で死闘が繰り広げられた「インパール作戦」で敵味方に分かれた日本、イギリス両軍の元兵士3人が12日、東京の在日英国大使館で固い握手を交わした。終戦70周年を記念し、3人を茶会に招いたティム・ヒッチンズ大使は「人が和解を通して変わっていくことに敬意を表したい」とあいさつした。

    2
    続き

    太古に思いをはせ、恐竜のように「ガブリ!」

     「太古に思いをはせて、恐竜のように『ガブリ!』とお召し上がりください」。JR福井駅で「恐竜の肉」をイメージした弁当の販売が始まった。その名も「恐竜めし」。

     福井県では、化石がたくさん発掘されることから、官民で恐竜を前面に出した観光振興を進めている。弁当には、恐竜の肉に見立てた七面鳥の骨付き肉や、県産米を使ったおにぎりなどが入っている。

    0
    続き

    秋の園遊会 皇太子妃殿下、12年ぶり御出席

     天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が12日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、両陛下と皇太子殿下御夫妻ら皇族方が招待客に声を掛けて回られた。療養中の雅子さまは、2003年の秋の園遊会以来12年ぶりに出席。紫色の帽子とスーツ姿で、冒頭の式典後約5分間にわたってあいさつして回られた。

    0
    続き

    エジプトとロシア、シリア国家維持では利益共通

    ロシアのシリア内戦介入アルアハラム財団事務局長 モハメド・F・ファラハト氏に聞く(1)

    混迷を深めるシリア情勢に、アサド政権と連携したロシアが本格介入した。このことは中東全体の行方に大きな影響をもたらす可能性がある。エジプトの有力な戦略研究所や新聞社などを傘下に置くアルアハラム財団事務局長のモハメド・ファイエズ・ファラハト氏に聞いた。(聞き手=カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    ミャンマー、有能な人材を幅広く登用せよ

     ミャンマー総選挙で、アウン・サン・スー・チー氏率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)が、軍人枠を除く改選枠の3分の2超の議席を獲得し、国会の過半数を確保する見通しだ。1945年6月生まれのスー・チー氏は今年で70歳。15年に及んだ自宅軟禁を経て、古希の祝福を国民から受けた格好だ。

     総選挙で最大野党が圧勝

    0
    続き

    「隠居」という言葉は最近ではあまり使われ…

     「隠居」という言葉は最近ではあまり使われないが、江戸時代初期の殿様にとっては名実ともに実態があった。1621年、細川忠興が隠居した。後継は忠利。2代将軍秀忠の時代だ。

     九州の小倉から中津へ移転して数カ月たった忠興は、忠利に「家臣の誰も俺のところへ来ない。お前が来るなと命じているのか、不審だ」と手紙を出した。

    0
    続き

    半世紀ぶりに国産旅客機MRJが初飛行

     国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発中の三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は11日午前、同町の県営名古屋空港でMRJの初飛行を成功させた。2008年の開発着手から7年を経て、MRJは実用化への大きなステップを踏み出した。

    0
    続き

    太陽系から39光年先に金星に似た惑星を発見

     太陽系から39光年先にある恒星の周りを、金星に似た高温の岩石質惑星が回っているのを発見したと、マサチューセッツ工科大など欧米の研究チームが12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。高温のため水が液体で存在せず、生命はいないと考えられるが、大気がある可能性が高いという。

    0
    続き

    中国で「独身の日」、「爆買い」1日で1・6兆円

     中国では、「1」が並ぶ11月11日を「独身の日」と定め、ここ数年間、インターネット通販大手が大幅な値下げ商戦を展開し、社会現象になっている。中国電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)が運営する通販サイトの売上高は11日、史上最高の約850億元(約1兆6400億円)に達すると見込まれる。経済減速にもかかわらず、「爆買い」の勢いはとどまらない。日本の楽天も参戦している。

    0
    続き

    今年のボージョレは今世紀最高の「当たり年」

     19日の解禁日を前に、フランス産の新酒ワイン、ボージョレ・ヌーボーの輸入がピークを迎えており、成田空港内では10日、東京税関の職員が通関検査に追われた。

     輸入ワインは通常、船便で運ばれるが、解禁日などに厳密な規定があるボージョレ・ヌーボーは一般的に空輸され、11月は成田、羽田などを経由した輸入が急増する。

    0
    続き

    ゆでる前、その後が気になる「パスタ橋」

     ゆでる前のスパゲティでミニチュアの橋を作り、強度を競う「パスタ橋建設選手権」が9日、ハンガリー東部のデブレツェン大学建築学部で行われた。

     アーチ橋の崩壊ぎりぎりまで重りを付ける学生の口元は真剣そのもの。(EPA=時事)

    0
    続き

    韓米先制攻撃作戦と北朝鮮の生きる道

    韓国紙セゲイルボ

     第47回韓米安保協議で先制攻撃の概念が入る「4D作戦」を韓米国防長官が承認する署名をした。北朝鮮の核攻撃兆候が明確だと判断された時、韓米が先に北の核施設を打撃するという意味だ。これは途方もない大事件である。

     米国はポスト冷戦以後は中東各国の核開発を防ぐために米海軍力の3分の1を中東に配置していたが、イランとの核交渉成功後、中東地域の航空母艦を全部撤収させ、中東の状況は終わった。

    0
    続き

    トランプ、カーソン両氏、議員の支持得られず/Donald Trump, Ben Carson yet to garner a single Capitol Hill endorsement

     共和党の大統領候補指名争いでトップを行くドナルド・トランプ、ベン・カーソン両氏は、連邦議会議員から公式な支持を得ていない。一方、両氏の政策は、多くの党員の支持を得、国内有権者からの受けもいい。

     2人のアウトサイダー候補支持への躊躇(ちゅうちょ)は、党内の権力を握る支配層から、反乱分子のティーパーティーまであらゆる層で見られ、共和党議員らの苦悩が見て取れる。

    0
    続き

    公開中の映画「シネマの天使」を観る機会が…

     公開中の映画「シネマの天使」を観る機会があった。これは昨年夏、122年の長い歴史に幕を閉じた、広島県福山市にあった映画館「大黒座」をモデルとしたドラマで、映画と映画館をテーマにした詩的な作品。

     大黒座は1892年に劇場として誕生したが、火災や空襲などで焼失し、閉館時まで残った建物は4代目だったという。戦後、劇場と映画館を併設するようになり、1960年代には年間40万人が来場。

    0
    続き