■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    朝鮮学校、教育是正と運営透明化が必要

     国が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外したのは違法として、広島朝鮮高級学校(広島市東区)の運営法人と同校の卒業生ら109人が、国に除外の取り消しや総額約5600万円の損害賠償を求めた訴訟で、広島地裁は除外は適法との判決を下し、訴えを退けた。

     学校運営に対する北朝鮮や朝鮮総連の影響力を踏まえたもので、妥当な判決だ。

     無償化除外に適法判決

    0
    続き

    白鵬が通算1047勝目、万感の最多勝に到達

     東の支度部屋。白鵬はまばゆいフラッシュを一身に浴びた。魁皇が持つ歴代最多の通算1047勝に並んだ節目。「言葉では言い表せない」。満面に浮かべた笑みが、その喜びを物語っていた。

    0
    続き

    打ち水で涼しさ体感、都庁広場でイベント

     夏の暑さを少しでも和らげようと、東京都は20日、打ち水が体験できるイベントを東京・西新宿の都庁で行った。名付けて「打ち水日和~江戸の知恵・東京のおもてなし~」。

    0
    続き

    韓国は中国の「一帯一路」の最大貢献国

     中国は現在「一帯一路」構想で自らが主導する運命共同体を樹立しようとしている。韓国は中国の構想に最も大きく寄与できる国家だ。韓国が中国の「親誠恵容(親密・誠実・恩恵・包容)」の模範事例になるなら、中国は千軍万馬の外交資源を得ることになるだろう。中国に韓国の戦略的価値を分からせるのだ。

    0
    続き

    日台は運命共同体 李登輝元台湾総統

     台湾出身者として初の総統となり、民主化を進めた李登輝元総統が、このほど世界日報社のインタビューに応じ、日本と台湾の協力関係や蔡英文政権について語った。

    10
    続き

    修道女たちの命を救った女医マチルド・ポリュー

     物語の舞台は1945年12月、ポーランドにあった女子修道院。

     フランス人医師マチルド・ポリュー(ルー・ドゥ・ラージュ)は赤十字の医療施設に従事し、負傷兵士らを祖国へ帰還させる任務に就いていた。この女医に女子修道院のシスターが助けを求めてくる。女医は別の施設に行くよう返答したが、シスターが雪の積もった屋外で祈り続ける姿に心を打たれ軍用ジープでその修道院を訪れた。

    0
    続き

    「高低差、滑走距離が日本一」のスライダー

     福島県いわき市の温泉リゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」は21日、「高低差、滑走距離が日本一」という新たなボディースライダーをオープンする。高さは10階建てのビルに相当する40・5メートル、滑走距離は全長283メートル。

    0
    続き

    50種類400万輪、斜面を彩るユリの絨毯

     栃木県那須塩原市にあるスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「2017ゆり博」が8月27日(日)まで開かれている。黄、白、ピンク、赤、オレンジと色鮮やかなユリ約50種類、400万輪が3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩っている。

    0
    続き

    米露関係、懸案解決で協力できるか疑問

     トランプ米大統領は昨年の大統領選の時からロシアとの関係修復を模索してきた。今月初めに実現したプーチン大統領との初の首脳会談では良好な滑り出しを演出したが、両国間には懸案が山積しており、関係改善につながるかは不透明だ。

     G20の際に首脳会談

    0
    続き

    項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は…

     項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は、ある日家臣らに対して「自分はなぜ天下を得たか?」と問い掛けた。家臣らはそれぞれ回答したが劉邦は満足せず、自身で答えた。

     「自分は作戦の才については張良に及ばない。国家の運営に関しては蕭何(しょうか)に及ばない。100万の軍を動かすことにおいては、韓信に及ばない」とした上で、この3人の傑物を使いこなしたことが天下を得た理由だと述べた(『史記』高祖本紀)。

    1
    続き

    涼感呼ぶ、川崎市川崎区の川崎大師の風鈴市

     梅雨明けが発表された19日、川崎大師(川崎市川崎区)で風鈴市が始まった。境内に入ると、900種類3万個の風鈴の涼しげな音色が響く。

     熊本県のマスコット「くまモン」や7万1500円の薩摩切り子の風鈴などが人気を集めていた。

     東京都練馬区から家族で訪れた大森貴恵さん(30)は「ここにいると涼しく感じて汗がひく」と話した。23日まで。

    0
    続き

    農機メーカー3社、自動運転農機の本格販売へ

     クボタなど農機メーカー3社が自動運転トラクターの本格販売に向け準備を進めている。各社は2018年度をめどに本格的な販売を予定。高齢化が進み、後継者問題に直面する農家の人手不足を補うとの期待は大きく、政府も導入を推進していく方針だ。

    0
    続き

    芥川賞に沼田真佑さん、直木賞は佐藤正午さん

     第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)、直木賞は佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)にそれぞれ決まった。

    0
    続き

    みすぼらしい追悼式

     数日前、あるテレビ局が春川にあるエチオピア韓国動乱参戦記念館を紹介した。出演者は「わが国に食料や紙のような生活必需品がなく外国の援助を受けていた時、エチオピアは6・25(韓国動乱)に参戦した」と語った。当時のエチオピアは強国ではなかったが、わが国よりはましだった。皇帝は「自由を守るために」国連軍の一員として軍隊を派遣した。3個大隊6037人が派兵され、121人が戦死した。そのエチオピアが社会主義の一党独裁体制を経て今日、世界の最貧国になった。年間の輸出額がわが国の400分の1にとどまっている。

    2
    続き

    地球の裏側のラーメン戦争

     ブラジル最大の都市サンパウロの日本人街「リベルダージ」。当地に住む日本人にとっては、遠く離れた南米の土地で、日本食や日本食材を手軽に手に入れられる、日々の生活に欠かせない場所だ。ランチの時間や夕方になれば、すしや弁当などを求めるビジネスマンらであふれ返る。

    0
    続き

    性急すぎる南北対話の提案

     分断50年ぶりに初の南北離散家族対面が行われた2000年8月。北朝鮮は大韓赤十字社総裁・張忠植檀国大理事長に金剛山面会所造成の意見を提示した。張理事長はこれに反対。高齢家族が金剛山まで行き来する旅程は負担になるとして、軍事境界線付近を逆提案した。

    0
    続き

    国の特別天然記念物トキ、過去最多の77羽巣立つ

     環境省は19日、新潟県の佐渡島で、自然界にいる国の特別天然記念物トキが、今年の繁殖期を終えたと発表した。巣立ったひなは過去最多となる77羽で、うち雄雌ともに野生下で生まれ育ったペアから生まれた「純野生」は15羽だった。

     今季はペアを形成したのが65組で、ひなは36組から92羽誕生。うち31組から77羽が巣立った。純野生のひなが巣立ったのは、42年ぶりとなった昨年(6羽)に続き2年連続となった。

    0
    続き

    蓮舫氏「国籍」会見、言い訳じみて責任感も欠如

     民進党の蓮舫代表が昨年から指摘されてきた二重国籍疑惑に関しての記者会見を行った。安倍政権を追及するのに自らの疑いを晴らさなければ説得力に欠けるからだという。だが、国籍問題は自ら率先して速やかに解明すべきであり遅きに失した感がある。会見内容も言い訳じみて公党の代表としての責任感の欠如を改めて露呈した形だ。

     国籍法の義務果たさず

    10
    続き

    リカちゃん発売50周年を祝ってファンが集う

     17日、千葉県浦安市で開かれた着せ替え人形「リカちゃん」発売50 周年を祝うパーティーでポーズを取るリカちゃん。

     約950人のファンが集まり、共に成長してきたリカちゃんを祝福した。

    0
    続き

    「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合の…

     「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合のはなさく」(木下利玄)。作者が滝へ行く山道で見つけたユリは、ヤマユリかササユリだったのだろう。自生のままで気品があって美しい夏の花だ。

     万葉集でもユリを詠んだ歌は10首に上る。「道の辺(へ)の草深百合の花笑(ゑ)みに笑まししからに妻と云ふべしや」と歌われたように、花が咲くのを「花笑み」と例え、さらに女性の笑うのを「花笑み」とも表現した。

    0
    続き

    「持続可能な開発目標」、ピコ太郎さんがPR

     ニューヨークの国連本部で17日、日本政府主催のレセプションが岸田文雄外相も出席して開かれ、ヒット曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られるピコ太郎さんが、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度を高めるために作ったPPAPの替え歌を披露した。

    0
    続き

    105歳の医師、日野原重明氏が死去

     生活習慣病の予防や、終末期医療の充実などに尽力し、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去した。105歳だった。山口市出身。葬儀はキリスト教式で29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男明夫(あきお)氏。

    0
    続き

    マレーシア機撃墜から3年、「犠牲者忘れない」

     ロシアが軍事介入したウクライナ東部で2014年7月、マレーシア機が撃墜された事件から17日で丸3年を迎え、犠牲者の大半を出したオランダで追悼式典が行われた。同機が出発した首都アムステルダムのスキポール空港に近い公園には慰霊碑が建立された。

    0
    続き