■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    政府、「アリゲーターガー」を特定外来生物に指定

     政府は21日の閣議で、名古屋城の外堀をはじめ各地で相次ぎ見つかっている北米原産の肉食魚「アリゲーターガー」を来年4月1日付で特定外来生物に指定することを決定した。許可を得ずに飼育や輸入することが禁止される。

    0
    続き

    平昌行きの高速鉄道KTXが報道陣に公開

     来年2月9日に韓国で開幕する平昌五輪に合わせ、ソウルから五輪会場のある江陵までの開通を目指す高速鉄道KTXが21日、報道陣に公開された。開通は12月22日前後を予定している。五輪会場付近まで高速バスなどを乗り継いで3時間以上かかったのが、最短で1時間半程度に短縮される見込み。

    1
    続き

    スーダンにロシア製戦闘機、アラブ諸国で初

     スーダンに20日、ロシアから導入する戦闘機スホイ35の第1陣が到着した。調達機数などは明らかにされていないが、アラブ諸国でロシア製戦闘機が導入されるのは初めて。米政府は先月、スーダン政府に対する経済制裁の一部を解除したばかりだ。

     スーダンのバシル大統領は23日、ロシアを訪問予定で、スーダンのマディボー副大統領はアラブ首長国連邦(UAE)の衛星テレビ局アルアラビアで「この訪問で、スーダンはロシアから技術を導入し、ロシアは、スーダンのさまざまな資源を手に入れる」と経済などで両国関係の深化に期待を表明した。

    3
    続き

    地球温暖化、各国の協力で歯止め掛けよ

     ドイツのボンで開かれた国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は、2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の運用ルールについて、18年の合意を目指して協議を加速させることを盛り込んだ宣言を採択し閉幕した。

    米離脱表明後初のCOP

    1
    続き

    シャンシャン抱えにっこり「世相サンタ」

     神戸市中央区の観光名所、異人館「うろこの家」に21日、2017年の世相を反映したサンタクロース姿の人形がお目見えした。

     上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダの「シャンシャン」を抱えるサンタクロースをはじめ、将棋の公式戦で29連勝の新記録を達成した中学生棋士、藤井聡太四段や陸上100メートルで日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀選手らの人形が登場。

    0
    続き

    沖縄の魅力が勢ぞろい、「離島フェア」が大盛況

     沖縄県の離島の魅力が勢ぞろいした毎年秋恒例の離島フェアが17日から3日間の日程で那覇市の沖縄セルラーパークで開催された。

     テーマは「島々の彩り みなに拡(ひろ)がる」。117社・団体が1000品以上の名産物を展示販売した。

     連日、会場は身動きが取れないほどの大にぎわいで、黒糖やスイーツ、泡盛、健康茶、肉製品などに人気が集まっていた。

    0
    続き

    在沖米軍2000人を朝鮮半島に展開 ニコルソン四軍調整官

    在沖米軍ニコルソン四軍調整官語る

     朝鮮半島の緊張が高まる中、日米同盟の強固な関係構築が不可欠だ。在沖縄米軍はアジア太平洋地域の安全と安心の担保に尽力する一方で、航空機の騒音対策など地元住民への負担軽減に努めている。在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官(中将)は16日の記者会見でその両面を強調した。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    「津波サミット」で高校生が討議

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     11月7日と8日、沖縄県宜野湾市で「世界津波の日」高校生島サミット開催され、26カ国の高校生約250人が参加した。

    2
    続き

    ファミリーマートが「忖度御膳」なる弁当を…

     ファミリーマートが「忖度(そんたく)御膳」なる弁当を、12月1日に80万個限定で販売するという。今年の流行語となった「忖度」にちなんだ和風弁当らしい。キンメダイ、ノドグロなど、少し高級な食材を用い、コンビニ弁当ではやや高めの798円。お品書きには「この案件、うまくいくとめでたいです」などと書かれている。

     忖度という言葉は、日常会話で普通に使われるものではない。それが、森友学園問題で籠池泰典前理事長が、国有地の値下げについて官僚の忖度があったと思うと述べたことで、にわかに流行語になってしまった。

    2
    続き

    超高齢化社会バチカンの未来は?

     医療技術の発展で欧米社会では高齢化社会を迎えて既に久しい。ところで、高齢化の最先端を行くのはローマ・カトリック教会総本山バチカン(ローマ法王庁)だということはあまり知られていない。構造的な高齢化社会のバチカンに未来はあるのか、を考えてみた。 (ウィーン・小川 敏)

    4
    続き

    エリザベス英女王とフィリップ殿下、結婚70周年

     エリザベス英女王(91)が夫フィリップ殿下(96)と結婚してから20日で70年。英国王が結婚70周年を夫妻で祝う例は史上初めてで、英歴代君主の在位最長記録を誇る女王がまた一つの大きな節目を迎える。「王室の歴史に新たな金字塔を打ち立てた」(英メディア)夫妻を、国民は温かく見守っている。

    2
    続き

    東京五輪組織委、マスコット投票はがきを発送

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、大会マスコットを選ぶ投票に参加するための手順を示した案内はがき2万1269枚を日本全国の小学校に発送した。12月7日にマスコットの最終候補3作品が公表され、小学校の学級単位の投票を経て採用作品が決まる。

     投票を希望する学校ははがきに記載されたIDやパスワードを使って事前登録をした上で、12月11日から来年2月22日の間に投票する。

    1
    続き

    機内食に不満の「和食通」

     友人のエミリオは最近、日本の航空会社を利用して日本に2週間の旅をした。5度目の日本で、すっかり和食を堪能して戻ってきた。ところが、行き帰りの機内食には少々不満だったそうだ。「日本の航空会社だから期待したのに、なんだか大したことのない和食が出されてがっかりした。エコノミークラスでも真剣に和食に取り組むべきだ」と手厳しい。

    2
    続き

    ムガベ大統領、辞任拒否

     軍によって軟禁下にあるジンバブエのムガベ大統領(93)は19日、軍の将軍らを従えてテレビ演説し、自らが党首の与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU―PF)から突き付けられていた辞任要求を拒否した。

    0
    続き

    ヒロインの広瀬すずさん「新しい風吹かせる」

     第100作目となる2019年度前期のNHK連続テレビ小説「夏空」のヒロイン役に決まった広瀬すずさん(19)は20日、東京・渋谷のNHKで記者会見し、「100回というすごく大きな数字にプレッシャーを感じています。新しい風を吹かせることができるように頑張ります」と抱負を語った。

    1
    続き

    ほっこり、カピバラの露天風呂

     伊豆シャボテン動物公園(静岡県伊東市)の冬の風物詩「カピバラの露天風呂」が来園者の人気を集めている。

     湯気が立ち上がる露天風呂に漬かったカピバラの気持ち良さそうな姿は見ている人の心を和ませる。

     9月に生まれた5頭の赤ちゃんが元気に泳ぐ姿に「かわいい!」と歓声が上がった。来年4月8日まで毎日開催し、週末を中心に果物などを入れた変わり湯も行う。

    0
    続き

    高さ10メートル、レゴブロック61万個ツリー

     61万個以上のブロックでできた高さ10メートル、幅4メートルの巨大なレゴのクリスマスツリー(名古屋市港区の「レゴランド・ジャパン」)。

     辺りが暗くなった夕、ツリーのろうそくや星に光がともされると、一足早いクリスマスムードに包まれた。公開は休園日を除き来年1月8日まで。

    1
    続き

    各党代表質問、不安残す立憲の安保政策

     衆院本会議で安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が始まり、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の岸田文雄政調会長、希望の党の玉木雄一郎代表が質問に立った。衆院選、第4次安倍内閣の発足を受けての新たな与野党の枠組みによる国会論戦だが、焦点は民進党が立憲民主党と希望の党に分裂した原因でもある憲法・安全保障をめぐる議論だった。

    集団的自衛権行使に反対

    2
    続き

    英語が話せても国際人とはいえない

    「東京都教育の日」で宮崎緑氏講演

     東京都は子供たちの教育について都民全体で推進し、教育の充実と発展を図るため、「東京都教育の日」記念行事(毎年11月の第1土曜日)を都庁で開催した。今年は、「オリンピック・パラリンピック教育の推進~異文化の尊重と豊かな国際感覚の醸成~」をテーマに、小・中・高等学校、特別支援学校の児童・生徒による国際教育の取り組みについての発表のほか、東京都教育委員会の宮崎緑委員(千葉商科大学教授・国際教養学部長)による講演を行った。

    1
    続き

    明治維新に学ぶ

     11月には「祝日」が2回ある。「文化の日」(3日)と「勤労感謝の日」(23日)だ。「国民の祝日に関する法律」で定められているから、両方とも祝日と呼ぶが、由来を見ると、祝日と祭日の違いがある。

     前者は、日本国憲法が公布された日を記念し、戦後に祝日となった。また、この日は明治天皇の誕生日であることから、かつては「明治節」だった。

    1
    続き

    安倍晋三首相の所信表明演説について、翌18日…

     安倍晋三首相の所信表明演説について、翌18日の各紙社説(主張)を読み比べると面白い。それぞれに色やゆがみが出ているからだ。ゆがみの際立つのは言うまでもなく朝日である。

     真っ当な批判とはやや違う、依然として倒閣のプロパガンダ紙のような主張を展開する。他紙は主に首相が演説した「北朝鮮への対応」と「少子高齢化の克服」の二本柱について論じた。

    1
    続き

    千葉・成田の「うなりくん」がご当地部門1位

     三重県桑名市のナガシマリゾートで19日、「ゆるキャラグランプリ2017」の人気投票結果が発表され、千葉県成田市の「うなりくん」が80万5328票を獲得してご当地部門の1位となった。2位には愛知県知立市の「ちりゅっぴ」(76万6359票)、3位に大阪府東大阪市の「トライくん」(50万3846票)が入った。

    0
    続き

    国内大手メーカー、「日本ワイン」を強化へ

     国産ブドウだけを原料とし、国内で製造される「日本ワイン」の生産増に向けた取り組みが広がっている。輸入した濃縮果汁やワインを混ぜ、国内で造られる「国産ワイン」と区別される日本ワインは、和食に合うともいわれ、国内外で評価が高まってきた。ただ、生産量は少なく、国内大手メーカーはブドウ生産を強化するなど一層の普及を目指す。

    0
    続き