■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    北朝鮮の「核ICBM」完成は当分先

    元海将・金沢工業大学虎ノ門大学院教授 伊藤俊幸氏(上)

     北朝鮮の核・ミサイル開発の現状とトランプ米政権の今後の対応について、元海将で金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

    北朝鮮の核兵器開発はどの段階まで進んでいるのか。

    4
    続き

    宮里藍、32位で現役生活を締めくくる

     女子ゴルフのメジャー最終戦、エビアン選手権は17日、フランスのエビアン・リゾートGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、今大会限りで引退の宮里藍は2バーディー、4ボギーの73で回り、通算1オーバーの32位で現役生活を締めくくった。(エビアン〈フランス〉時事)

    1
    続き

    大阪城天守閣で入館1億人、記念セレモニー

     大阪城(大阪市)で18日午後、天守閣を訪れた人が1億人となり、記念セレモニーが開かれた。1億人目となった会社員三宅拓也さん(29)に記念品が贈呈された。第2次世界大戦などで休館期もあったが、1931年の開館から86年で達成した。

     現在の天守閣は、市民の寄付によって31年に再建された。展望台からは大阪を一望できる。

    0
    続き

    東北の秋の風物詩である「芋煮会」、パリで舌鼓

     欧州に在住する東北出身の日本人ら約30人が17日、パリのエッフェル塔近くの公園で東北の秋の風物詩である「芋煮会」を楽しんだ。参加者らは「パリでこれほどの規模で芋煮会が開かれたのは初めてだ」と郷土の味に舌鼓。主催者は恒例行事とすることを目指している。

    0
    続き

    文明開化の浪漫を見る、明治の東京を錦絵で展示

     文明開化の東京の名所を描いた錦絵などを展示する「錦絵-東京浪漫展」が、東京・押上(墨田区)の郵政博物館で行われている。同博物館の誕生115年記念開催。

    1
    続き

    運ぶにも一苦労、特大キャベツをご覧あれ

     英中部ハロゲイトで15日、栽培した野菜の大きさを競い合う「巨大野菜コンテスト」が開催され、キャベツ部門では25.4㌔の特大キャベツを生産した男性が優勝した。

     運ぶのに一苦労しそうなほど大きなこのキャベツ、料理したら何人分の食事ができるのだろうか。(AFP=時事)

    0
    続き

    衆院解散、安全保障・憲法争点に戦え

     安倍晋三首相が臨時国会冒頭を含め早期に衆院を解散する意向を固めた。選挙日程については首相が米国から帰国後に明らかにする予定だが、与野党とも既に、臨戦態勢に入っている。今回の衆院解散総選挙は、北朝鮮の核・弾道ミサイルによりわが国がかつてない危機に直面している中で行われる。安全保障政策と憲法改正を最大の争点として論戦し、国民の審判を仰ぐよう求めたい。

    民共共闘難しいと判断

    8
    続き

    特別活動における学校飼育動物の取り組み

    帝京大学教育学部初等教育学科教授 若林彰氏

     モルモットの飼育を通じた特別活動に尽力してきた帝京大学教育学部初等教育学科の若林彰教授が「特別活動において学校飼育動物の取組を通して育てる力」と題して、東京都文京区の東京大学弥生講堂で行われた全国学校飼育動物研究大会で講演した。

    0
    続き

    眞子さま御婚約の効果

     秋篠宮家の眞子殿下と小室圭さん、共に25歳の若いカップル誕生に日本中が明るい空気に包まれた。同年齢の子供を持つ親の一人として、爽やかな20代の結婚に心動かされる会見だった。

     厚生労働省の「21世紀出生児縦断調査」によると、昨年15歳になった中3男子の41・9%、中3女子では60・2%が「20代で結婚したい」と回答。しかも中1時点と比べ、男子は8・7ポイント、女子は5・2ポイントも上昇した。子供を持つ時期も、中3男子の3割、女子の5割が「20代に子供を持ちたい」と答えている。調査は昨年実施された。眞子さまの御婚約が影響した訳ではない。

    1
    続き

    1人――というのが1日の最少人数である。…

     1人――というのが1日の最少人数である。平成元(1989)年からこれまでに、昨年9月4日と平成22(2010)年5月26日に記録した交通事故死者数である。

     1日の最少人数は平成14年に10人だったが、翌15年に7人を記録してからは概(おおむ)ねひとケタの年が続き、近年は3、4人を年に何回か記録するまでになった。平成20年に設けられた新たな国民運動「交通事故死ゼロを目指す日」による意識の高まりの成果とも言えよう。

    0
    続き

    本田真凜、シニアデビュー戦で優勝を果たす

     「トゥーランドット」の物語に登場する「女王」を演じ切った本田。体力を使い果たし、終わった直後は足元がフラフラだったが、「自分との戦いに勝てた」と達成感に浸った。

    1
    続き

    「ツール・ド・東北」、被災地で3700人が疾走

     東日本大震災の復興支援や、被災地の現状を知ってもらうことを目的としたサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2017」(河北新報社、ヤフー主催)が、16、17両日に宮城県石巻市などで開催された。全国から集まった約3720人が参加し、被災地を駆け抜けた。

    0
    続き

    山形・河北町が町を挙げてブランド米を育成

     農家経営が厳しさを増す中、町ぐるみで地元のブランド米を売り込む動きが出てきた。山形県河北町では、地元のコメ農家でつくる協同組合が販売するブランド米を、町がふるさと納税の返礼品に採用。これを足掛かりに知名度アップを狙う。

    0
    続き

    両さん「有給休暇」終え、「こち亀」1年ぶり復活

     秋本治さんの人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の新作が、16日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)に掲載された。40年間に及ぶ連載を終えた昨年9月以来、1年ぶりの新作エピソードとなる。

     同作は両さんの愛称を持つ派出所勤務の巡査長、両津勘吉が主人公。東京下町を舞台に型破りのドタバタ劇を繰り広げる。1976年から1度も休まず連載され、単行本は全200巻に達した。

    0
    続き

    「音楽外交官」日露の相互理解へ努力呼び掛け

     ロシアの国民的ロックバンド「ムミー・トローリ」のリーダー、イリヤ・ラグテンコさん(48)がこのほど、東京都内の在日ロシア大使館で記者会見し、音楽を通じた日露交流への意欲を語った。「音楽外交官」を自任するラグテンコさんは、言語の壁を超えようと日本語で歌ったこともあり、異文化を理解するため「互いに努力すべきだ」と日露両国民に呼び掛けた。

    0
    続き

    敬老の日 「人生100年」本格的議論を

     きょうは敬老の日。平均寿命の延びによって「人生100年」時代がもうそこまで来ている。それぞれの人生、また社会との関わりの中で「老い」について改めて考える時である。

    政府の「構想会議」発足

     厚生労働省の集計によると、100歳以上の高齢者は15日の時点で6万7824人に上り、47年連続で最多を更新した。100歳以上が3万人台に達したのが2007年。10年間で倍増したことになる。

    0
    続き

    ノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大…

     ノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典氏が「大隅基礎科学創成財団」を設立した。「基礎生物学の分野で、重要でありながら支援を得られなかった研究者に、研究費を提供したい。100万円や200万円でも研究が進展する人がいる」と。

     現在、国の予算、大学の研究費が削減され、日本の研究力が低下している。大隅氏がノーベル賞の賞金など私財を投じて財団を設立したことには、その危機感と共に、基礎研究への愛着、執念が感じられる。

    2
    続き

    拠点が崩壊する中でも宣伝を強化する「イスラム国」

     過激派組織「イスラム国」(IS)は、イラクとシリアの本拠地「カリフェイト(カリフの統治領)」が崩壊する中、世界中で殺戮(さつりく)を繰り広げていることを熱烈に報道することで、テロリストの支持者たちを元気づけようとしている。

     「イスラム国」の主力メディアである華やかなオンライン雑誌「ルミヤ」は最新号で、拠点が縮小していることに触れず、このテロ組織がまだ扇動できる「殺戮」に焦点を当てている。

    0
    続き

    北朝鮮ミサイル「勘弁して」「もうええわ」

     北朝鮮が再び弾道ミサイル発射に踏み切ったことを受け、在日コリアンからは「勘弁してほしい」「もうええわ」とうんざりした声が聞かれた。

    1
    続き

    オズボーンさん、浜口京子さん親子ら108組展示

     米国人写真家のブルース・オズボーンさんの「親子」をテーマにした写真展が、15日から東京・新宿区のオリンパスギャラリー東京で開かれている。

     アテネ、北京五輪女子レスリング銅メダリストの浜口京子さんと父のアニマル浜口さんが笑顔で手をつなぐ写真をはじめ、ユニークなポーズを撮った108組の親子の愛情が伝わる写真を展示。

    1
    続き

    手紙で思いを伝えよう、羽田美智子さんトークショー

     手紙を書いて思いを伝える喜びを体験してもらおうと、日本郵便は「秋のメッセージフェスタ2017 in KITTE」を16日、東京・丸の内のJPタワーで開いた。

    1
    続き

    米ホワイトハウスで、11歳の少年が芝刈り

     「ホワイトハウスの芝刈りができれば光栄だ。無料でやらせてもらう」。トランプ米大統領は15日、こんな手紙を送ってきたフランク・ジアチオ君(11)をホワイトハウスに招き、南庭の手入れをお願いした。

    0
    続き

    初舞台を前に指揮棒を振るロボット「ユミ」

     イタリア中部ピサの劇場で12日、交響楽団の指揮者と一緒に指揮棒を振るロボット「ユミ」。

     オーケストラの生演奏を初めて指揮するコンサートを前に、念入りにリハーサルした。(AFP=時事)

    0
    続き