■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    文大統領の“2トラック”対日外交

     文在寅(ムンジェイン)大統領が就任1週間後に米国、中国と共に日本へ特使を送った。両首脳が直接会ったものではないが、特使が伝えた文大統領の親書内容と、これを受けた安倍晋三首相の反応を見れば、両国の関係は改善の流れに乗ることができるようだ。

    2
    続き

    イギリス自爆テロ、対策強化に向け国際的結束を

     英国マンチェスター市でのコンサート客を巻き添えにした自爆テロは、市内のモスクに勤務する22歳のリビア系英国人が実行犯と判明し、逮捕者も複数に上っている。

     犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)との関係は不明だが、ISがテロを扇動していることは明白だ。事件の徹底解明とともに国際的なテロ対策の強化が急務である。

     犠牲者の多くは10代

    3
    続き

    大人のために、ディズニーの世界を音楽で

     ディズニーの名曲の数々を楽しめるコンサート「ディズニー・オン・クラシック~春の音楽祭2017」が25日から東急シアターオーブ(東京・渋谷)で行われる。これに先立ち24日、公開リハーサルが行われた。

    1
    続き

    W杯サッカーの優勝トロフィーをお披露目

     サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の優勝トロフィーが日本でお披露目されるイベントが24日、東京都内で行われた。大会公式時計メーカー「ウブロ」の企画で、出席した日本代表のハリルホジッチ監督は「日本代表で大きな仕事をして、これを手にすることができればうれしい」と話した。

    0
    続き

    台湾で古代人の航海を再現、竹いかだで検証

     国立科学博物館は24日、同館の「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」による竹製の舟を用いた航海実験についての説明会を開いた。

     実験は6月中旬に台湾で行われ、竹いかだの耐久性や速度などを検証することで長距離航海での竹の有効性を調査する。

    0
    続き

    国土地理院が「日本水準原点」を一般公開

     国土地理院は6月3日の「測量の日」関連行事の一環として24日、東京都千代田区の憲政記念館構内に設置されている「日本水準原点」を一般公開した。日本全国の水準点や三角点などの高さの基準点となっているもので、500人以上が見学に訪れた。日本水準原点は目盛りの刻まれた水晶板でできている。その位置は6年間にわたる東京湾の干満の観測による平均海面から当時24・5000㍍と定められ、明治24年5月に設置された。東京都は水晶板を保護する近代洋風建築の建物を指定有形文化財に指定している。

    0
    続き

    「緑のキリン」が登場、世界の園芸家が腕を競う

     22日、ロンドンのチェルシー王立病院に、たてがみまで美しく細工された人工芝のキリンが登場した。

     伝統と格式ある園芸の祭典「チェルシー・フラワーショー」は、毎年5月に同病院で開催され、世界の園芸家が腕を競う。(AFP=時事)

    0
    続き

    山開きのシーズンである。群馬、福島、新潟…

     山開きのシーズンである。群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園でも山開きが行われ、夏山シーズンが始まった。尾瀬ケ原では例年より雪が多く残っているが、傍らではミズバショウが開花している。

     「夏がくれば思い出す」の歌詞で知られる「夏の思い出」は江間章子の作詞、中田喜直の作曲で、昭和24年6月、石井好子による歌がNHKラジオで放送された。だが江間は故郷、岩手県のミズバショウしか知らなかったという。

    3
    続き

    ベネズエラに迫る重大な危険

     ベネズエラが燃えたら、米国にも熱が伝わってくるだろう。近くの山火事のように、ベネズエラの内戦は、地球の半分の生き物を破壊するような大火事になって、爆発する恐れがある。米国人は地球の裏側から危険地域をウオッチすることには慣れている。しかし、今回のは、近過ぎて安心できない。

     ベネズエラは、社会主義の根本的な失敗を象徴している。権力が中央集権化し、経済の再分配にだけ集中すると、すべての人が困窮と物不足を等しく分かち合うことになる。1999年のウゴ・チャベスのボリバル革命によって、ベネズエラは驚異的なペースで退化を始め、国を近代的な、石油資源に恵まれた国から、惨めな、にっちもさっちもいかない国に変容させた。彼の後継者、ニコラス・マドゥロは、国民が、微々たる政府からの補助金で生き延びるために苦闘している時に、自由市場を破壊し、食料や(トイレットペーパーなどの)不足、インフレ、そして、犯罪の頻発を招いた。

    1
    続き

    中国ドローン、領空侵犯への対策が急務だ

     沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で中国の小型無人機「ドローン」の飛行が初めて確認され、航空自衛隊のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。

     ドローンが飛び立った中国海警局の船は日本の領海内にいたため、船から発艦した時点で領空侵犯したことになる。対策が急務だ。

     尖閣沖で飛行を初確認

    3
    続き

    米大統領、パレスチナ議長と会談

     トランプ米大統領は23日、ヨルダン西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで、自治政府のアッバス議長と会談、イスラエルとパレスチナの和平が「中東全域に平和をもたらす」と和平への取り組みの意義を強調、アッバス議長もイスラエルとの友好関係へ意欲を示した。

    1
    続き

    囲碁AI「アルファ碁」、初戦は最強棋士に勝利

     「世界最強」とされる中国の囲碁棋士、柯潔九段(19)と囲碁人工知能(AI)「アルファ碁」との3番勝負第1局が23日、中国浙江省の烏鎮で行われ、白番のアルファ碁が勝利した。271手で半目勝ち。

     第2局は25日、最終局は27日に行われる。

    1
    続き

    水研機構が「あたまっこカキ」の量産化に成功

     農林水産省所管の水産研究・教育機構(水研機構、本部横浜市)などは23日、宮城県・松島湾で潮の満ち引きを利用して養殖したカキ「あたまっこカキ」の量産化に成功したと発表した。全国でオイスターバーを展開する外食企業ゼネラル・オイスターを通じ販売する。

     東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた宮城県産カキの新ブランドとして売り出し、復興に弾みをつけたい考え。

    2
    続き

    東京・明治神宮外苑で警視庁機動隊が観閲式

     警視庁機動隊の観閲式が23日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑で行われ、警備や災害救助などに従事する隊員約1900人と警備犬8頭、車両86台が行進した。

     制服や活動服を着た一般の部隊のほか、女性警察官による部隊や東京国際空港テロ対処部隊、海外の大規模災害に派遣される国際警察緊急援助隊などが参加。防護服に身を包んだ爆発物処理部隊や山岳救助レンジャー部隊の姿もあり、放水車などの特殊車両も披露された。

    1
    続き

    聖人「聖ニコラウス」の遺骸公開に1万人

     ロシア・モスクワの救世主キリスト大聖堂で22日、イタリアの教会から貸し出された聖人「聖ニコラウス」の遺骸の公開が始まり、タス通信によると、1万人以上が訪れた。

    2
    続き

    5月10日は「黒糖の日」、黒糖の魅力を伝える

     「黒糖の日」の5月10日、県含みつ糖対策協議会(会長・島尻勝広県農林水産部長)は、那覇市の大型スーパーで県産黒糖の消費拡大を目指すイベントを開いた。

     八重山諸島各地の黒糖や関連商品の販売、ラジオの公開生放送などのイベントを通して黒糖の魅力を伝えた。関係者によると、今期の黒糖生産は7年ぶりに9000トンを超える豊作だという。

    1
    続き

    山城被告の国連演説は可能か

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     反基地活動家の山城博治被告が6月下旬、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で「不当弾圧」を訴える。沖縄県内の“人権研究者”でつくる沖縄国際人権法研究会(共同代表=島袋純、星野英一両琉球大教授)が記者会見で明らかにした。

    6
    続き

    地震学者のロバート・ゲラー元東大教授が…

     地震学者のロバート・ゲラー元東大教授が「日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ」という論考を英科学誌ネイチャーに掲載し話題になっている。1984年の来日以来、地震研究が予知に偏っていることに疑問を抱いてきたという。

     具体的には、東海地震の発生に備えた法律が地震の前兆現象の観測を前提にしていることや、南海トラフ地震などの大地震が周期的に起こるという考えに基づき、発生する確率を算出していることについて「科学的根拠はない」と指摘している。

    2
    続き

    全羅道は変わらなかった

     韓国大統領選の取材で訪れた南西部・全羅道の光州で有権者の意外な声を聞いた。「もう湖南(全羅道)だからといって無条件に進歩(左派)を推す時代じゃない」。伝統的な左派の牙城に似つかわしくない意見だった。会社員や主婦、タクシー運転手がどの候補に票を入れるか悩んでいる姿に驚かされた。

    0
    続き

    家庭教育支援法、子供たちに必要な法整備だ

     家庭での子育てや教育を支援し、子供たちに豊かな未来を――。そんな趣旨で全国の自治体の中には、家庭教育支援条例を制定し、家庭教育、子育て支援策に取り組むところがある。

     これは本来、国が責任を持って進めるべきものだ。それで自民党は「家庭教育支援法」の制定を目指しているが、国会は与野党対決の様相を強め、いまだ上程できずにいる。家庭教育の支援を党利党略で阻むべきではない。同法案を早急に上程し、今国会での成立を期すべきだ。

    4
    続き

    群馬・館林で34・2度、きょうも熱中症に注意

     日本列島は22日、東北や関東甲信を中心に晴れて気温が上昇し、30度以上の真夏日となる所が多かった。気象庁によると、群馬県館林市で34・2度、福島県石川町で34・0度、埼玉県熊谷市で33・2度を観測した。

     午後5時までに真夏日となった地点は全国観測点の1割強の128地点に上り、石川町など10地点で5月の観測史上最高気温を更新した。

    0
    続き

    東京五輪・パラのマスコット案、8月に公募

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、一般公募する大会マスコットの応募要項を発表した。8月1日から14日まで応募を受け付け、複数の審査を経て12月初旬に最終候補を3、4点公表。全国の小学生による投票で採用作品を決め、来年3月ごろにデザインを発表する。

     最終候補から1作品に絞り込む最終審査では、全国の小学校に約27万あるクラス単位で、12月中旬から来年1月中旬に投票を実施する。

    0
    続き

    在京大使館の防災責任者が災害を疑似体験

     火事や自然災害への備えとして、東京都は22日、在京大使館などの防災責任者を墨田区の消防庁本所防災館に招き、災害疑似体験などを行った。21カ国24人が参加した。

    0
    続き