■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    米の制裁復活、キューバは民主化進めよ

     トランプ米大統領は、キューバ系住民が多い南部フロリダ州マイアミでの演説で、キューバに民主化を強く要求するとともに制裁措置の一部復活を正式表明した。

    関与戦略から大きく転換

    0
    続き

    大川航矢さんと寺田翠さん、ロシアで苦楽

     ロシアで共にバレエに打ち込み、苦楽を共にしてきた日本人の若手ペアが19日のモスクワ国際バレエコンクールで、その才能と努力を開花させた。男性シニア部門のデュエットで1位の大川航矢さん(25)と女性シニア部門のデュエット3位の寺田翠さん(24)はロシアのバレエ学校在学時からペアを組み、こつこつと技術と表現力を磨いてきた。

    2
    続き

    将棋の加藤一二三・九段が現役を引退

     史上最年長の将棋棋士、加藤一二三・九段(77)が20日、東京都内で行われた第30期竜王戦ランキング戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)に敗れ、現役を引退した。自身が持つ最年長勝利記録は更新できず、今年1月に打ち立てた77歳0カ月で確定した。

    1
    続き

    ケイティ・ペリーさん、初のフォロワー1億人

     短文投稿サイト「ツイッター」は16日、米女性歌手ケイティ・ペリーさん(32)のフォロワーが1億人に達したと発表した。フォロワー1億人を達成したユーザーは史上初。発売されたばかりの最新アルバム「Witness」にちなみ「歴史をWitness(目の当たりにしている)。おめでとう」とツイッターからの賛辞が贈られた。

    1
    続き

    来春のNHK朝ドラ、ヒロイン役に永野芽郁さん

     NHKは20日、来年春から放送の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン、楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に女優の永野芽郁さん(17)が決まったと発表した。

     バブル時代、少女漫画家を目指して岐阜県から上京した女性の七転び八起きの人生を描く。脚本は北川悦吏子さんのオリジナル。

    0
    続き

    トートバック、ネットオークションで熊本支援

     熊本地震の被災者支援のため著名人たちが自身の制作したトートバックを出品するチャリティーオークションが21日にスタートする。これに先立ち、出品される全58作品を展示する展覧会が20日、東京都渋谷区の代官山モンキーギャラリーで始まった。主催は、トートバック専門ブランドのROOTOTE。

    0
    続き

    AKB総選挙で全国区に

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     人気アイドルグループAKB48選抜総選挙が17日、沖縄県豊見城市の中央公民館で行われた。

     この総選挙は当初、「豊崎美らSUNビーチ」で行われることになっていたが、沖縄の梅雨空が長引き、前日から大雨洪水警報も出ていたことから、ファンが見守る中での開票イベントとライブは中止になった。

    2
    続き

    「子供の貧困」が現代社会の“通奏低音”と…

     「子供の貧困」が現代社会の“通奏低音”として流れている――と言った社会学者がいたが、確かにそうだ。貧困家庭で暮らす子供は、大学進学率やその後の年収も低くなる傾向があり「貧困の連鎖」が懸念される。

     2012年現在、日本の子供の貧困率は16・3%だが、1人親家庭に限るとその割合は54・6%に跳ね上がる。1人親家庭を増やさないように、健全な結婚をし、豊かな家庭生活を営めるよう教育や施策を進めることが必要だ。

    2
    続き

    南北鉄道に潜む野望

     今から10年前、韓半島分断以来、約半世紀ぶりに韓国と北朝鮮を往来する鉄道の試運転が実施され、大きな話題になったことがある。半島西側を走る京義線の韓国最北端、汶山駅に入ってくる列車を汗だくになりながら取材したのを思い出す。当時は対北融和政策の盧武鉉政権。セレモニーではやたらニコニコ顔で話し掛けようとする韓国の李在禎統一相に、北朝鮮の権浩雄内閣責任参事(閣僚級)が横柄な態度で応じていたのが印象的だった。

    2
    続き

    通常国会閉幕、憲法改正へ態勢立て直せ

     第193通常国会が18日、150日間の会期を終え閉幕した。天皇陛下の退位を可能にする特例法案については与野党が当初の立場の違いをすり合わせて円滑に成立させたが、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法案に関しては、野党による学校法人「森友学園」や「加計学園」問題の追及ばかりがクローズアップされて本質的な議論が十分行われず、与野党も国民も納得できない形での法案成立となってしまった。

     謙虚な姿勢忘れるな

    3
    続き

    フランス下院選、マクロン新党が単独過半数

     フランス国民議会(下院、定数577)選挙は18日、決選投票が行われ、即日開票の結果、マクロン大統領率いる中道新党「共和国前進」が単独過半数を超える308議席を獲得した。連携する中道政党「民主運動」の42議席と合わせ約6割の350議席を得て、マクロン政権の勝利となった。

    1
    続き

    松山英樹が後半加速、メジャー最高の2位タイ

     通算12アンダーまで伸ばしてホールアウトした松山。その時点では1打差の2位で、上位選手のプレーを見守った。バーディーを重ねて約1時間後に通算16アンダーで戻ってきたケプカを迎え、健闘をたたえ合った。

     念願のメジャー初制覇にはあと一歩届かなかったが、「ブルックス(ケプカ)は本当にいいプレーをした。次は負けないように頑張りたい」。表情はすがすがしかった。

    1
    続き

    野菜や果物などを組み合わせたユニークな肖像画

     16世紀後半のイタリア人画家アルチンボルドの作品などを展示する「アルチンボルド展」が20日、東京・上野の国立西洋美術館で始まる。これに先立ち19日、報道陣向け内覧会が行われた。

     アルチンボルドは主にウィーン、プラハのハプスブルク家の宮廷で活躍。野菜や果物、魚などを組み合わせて描いたユニークな肖像画等で知られる。同展では代表作でもある連作『四季』などが展示され、日本初の本格的な展覧会となる。

    0
    続き

    特別天然記念物、野生コウノトリが100羽に

     2005年に放鳥を始めた国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰数が19日、100羽に達した。兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園が、新たに1羽の巣立ちを同県豊岡市内で確認したと発表した。これまでに46都道府県で飛来が確認されているという。

     山岸哲園長は「幸せを呼ぶと言われるコウノトリが日本全国に飛来し、多くの方々に幸せを届けてくれると期待している」とコメントした。

    0
    続き

    小笠原諸島・西之島の噴火、2014~15年並みに活発

     小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の噴火活動は2014~15年当時と同じぐらい活発になっていると、気象庁気象研究所が19日発表した。西之島は15年11月に約2年間続いた噴火活動が止まったが、今年4月20日ごろに再開。気象研は5月25~27日に観測船「啓風丸」で沖合から観測した。

    1
    続き

    ビョークもお目見え、アイスランドを愛する

     リトアニアの首都ビリニュスで16日、アイスランドの著名歌手ビョークをかたどった氷のモニュメントがお目見えし、地元住民らが記念撮影に興じた。

     アイスランドは1991年、旧ソ連からのリトアニアの独立を最初に承認し、以来、リトアニアでは毎年、「ありがとうアイスランド」と題したアイスランドの文化を紹介するイベントが開催されている。(AFP=時事)

    1
    続き

    政治家は番犬ではない

     日曜の早朝に放送されたTBSテレビ『時事放談』で、森友・加計学園問題などで政府追及の先頭に立っていた民進党の玉木雄一郎幹事長代理が今週、告示される東京都議選と関連して、政治家は「政権のポチ」か「国民の番犬」の2種類に大別されるという話をしていた。

     都議選の脈略で出た話なので、国会議員にそのまま援用することはできないだろうが、最近の国会審議を見ていると、何を言いたいのか分からないでもない。しかし、その「ポチと番犬が吠え合う国会」があまり長々と続けば、多くの国民は嫌気が差してくるはずだ。

    3
    続き

    日経49%、読売49%、朝日41%、毎日36%…

     日経49%、読売49%、朝日41%、毎日36%。昨日掲載された各紙世論調査での安倍晋三内閣の支持率である。いずれも5月の前回調査から6~12ポイント下落した。それでも歴代内閣と比較すれば、なお高い水準に留まっていると言っていい。

     ちなみに平成13(2001)年以降の内閣最低支持率ワーストは同年4月の森内閣7%を筆頭に、21年9月の麻生内閣15%、23年7月菅内閣16%、20年9月の福田内閣と24年12月の野田内閣20%と続く。

    4
    続き

    4000丁の銃器をローラーでつぶす

    (クレジット:TVNBR[ブラジル国営放送])

     ブラジル、リオデジャネイロで今月2日、現地警察などが過去2年間に渡って押収、もしくは一般市民が放棄申請した銃器約4000丁を破壊するデモンストレーションが行われた。  廃棄作業には、ロードローラーが使用され、現地のマスコミや警察関係者が見守る中、敷き詰められた銃器をローラー車が次々と破壊していった。銃器の中には、年代物の銃や小銃だけなく、軍や特殊部隊が使用するような自動小銃など破壊力のある物を含まれており、現地社会を取り巻く状況の厳しさを物語っている。

    4
    続き

    外国語教育で後れ取る米国

     英語以外の言語を話せない米国人が非常に多く、米経済を傷つけ、外交政策を損ねる可能性がある「緊急事態」にあることが、調査から明らかになった。

     米芸術科学アカデミーが3月に公表した報告「アメリカズ・ランゲージ」によると、一つの外国語を話せる米国人成人はわずか20.7%だが、欧州では66%が複数の言語を話せる。外交評議会がブリーフィングを行い、この問題について議論した。

    1
    続き

    性犯罪の撲滅へ不断の取り組みを

     性犯罪を厳罰化する改正刑法が成立した。性犯罪への処罰が軽過ぎると指摘されてきただけに当然の法改正だ。厳罰化というよりも適正化と言うべきだろう。だが、これで性犯罪が防げるわけではない。防止策にも留意すべきだ。

     法定刑の下限引き上げ

    4
    続き

    19年ぶり人工繁殖、ライチョウの孵化に成功

     環境省は18日、絶滅危惧種の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業で、ひな2羽が富山市の動物園で誕生したと発表した。

     ニホンライチョウの人工繁殖でふ化に成功したのは1998年に長野県内で5羽が生まれて以来、19年ぶり。産卵からふ化、成長までのサイクルを人の手で完結できる技術の確立に大きく近づいた。

    1
    続き

    きょう誕生1週間、パンダの赤ちゃんすくすく

     上野動物園(東京都台東区)でジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生して19日で1週間。母親シンシン(11歳)の育児も安定し、体重は2割ほど増えた。順調な母子の様子に職員らは一安心しつつも、新生児の体調は急変しやすいことから、引き続き24時間態勢で見守る方針だ。

    0
    続き