■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    憲法改正を問う 「現実的」提案で議論深化を 細野豪志氏

    民進党前代表代行 細野豪志氏

     5月3日に憲法は施行70年を迎える。敗戦後に新しい日本の基礎となった憲法だが、この間、内外の環境は大きく変化し多くの不都合が生まれている。政治はこの現状にどう向き合うのか。まず、今月10日、雑誌『中央公論』5月号で「現実的な憲法改正案」を提示し、憲法論議に一石を投じた民進党の細野豪志前代表代行(衆議院議員)に聞く。(聞き手=政治部・武田滋樹)

    5
    続き

    日米共同訓練、北朝鮮の挑発行為を抑止せよ

     6回目の核実験や弾道ミサイル発射強行の可能性が取りざたされる北朝鮮に対し、日米などの動きが活発化している。

     日米両政府は、フィリピン海で実施した海上自衛隊の護衛艦と米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」との共同訓練を日本海でも行う方向だ。北朝鮮への圧力を高め、挑発行為を抑止すべきだ。 日本海での実施は異例

    2
    続き

    JR福知山線脱線事故から12年、祈りささげる

     乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負った2005年4月のJR福知山線脱線事故から、25日で12年が経過した。事故が発生した兵庫県尼崎市では同日午前、JR西日本が主催する追悼慰霊式が営まれ、遺族や負傷者ら918人が参列した。

     事故発生時刻の午前9時18分、参列者が黙とうをささげ、改めて犠牲者の冥福を祈った。

    2
    続き

    東京・東久留米でパラリンピックの実技を体験

     パラリンピックの理解のために開発された国際パラリンピック委員会(IPC)公認教材「I’m POSSIBLE」による公開授業が25日、東京都の東久留米市立神宝小学校で開かれた。同教材を使用した公開授業は、全国初。

    2
    続き

    恐竜を体感するライブショー「DINO SAFARI」

     リアルな恐竜が迫りくる体験型恐竜ライブショー「DINO SAFARI」が26日から開催される。これに先立ち25日、会場となる渋谷ヒカリエ(東京・渋谷)で公開の最終リハーサルが行われた。

    0
    続き

    沖縄国際映画祭、NMB48が大トリで盛り上げ

     20日から23日にかけて沖縄県で「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」が開催された。

     その一環として21日に那覇市波の上うみそら公園で開かれた「Kawaiian TVスペシャルステージ」に人気アイドルグループのNMB48が大トリで出演。ヒット曲の「ナギイチ」や「365日の紙飛行機」を披露すると、会場は盛り上がった。

    0
    続き

    観戦のお供にバッタのスナックはいかが?

     米大リーグ、マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでチリ・ライム味のバッタのスナックが人気を集めている。

     今季から球場内に2店舗を構えるメキシコ料理店「ポキートス」が、他の売店との差別化を図るため、煎ったメキシコ産のバッタを1パック4ドル(約440円)で売り始めた。物珍しさも手伝って売れ行きは上々。料理長のアーセさん(35)によると、毎日バッタ約11キロ分、300パック以上が完売している。

    1
    続き

    米軍はモズクの「よき理解者」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県は毎年4月の第3日曜日を「モズクの日」に定めている。2002年、県議会で承認されて、はや15年がたつ。制定目的は次の通りだ。

     「モズクのほとんどは沖縄県で生産されており、沖縄県水産業の基幹産物となっている。生産から流通に携わる関係者が、年に一度、モズク産業振興の一環として消費者に旬のモズクに触れ(見る、食べる)てもらい、モズクを広く県内外にPRする」

    3
    続き

    サンゴと共生し、栄養を与える植物プランクトン…

     サンゴと共生し、栄養を与える植物プランクトンが失われる「白化現象」。地球温暖化に伴う海水温の上昇で、昨夏は奄美群島から八重山諸島の広い海域で発生した。中でも、沖縄県の石垣島と西表島の間に広がる「石西礁湖」では9割超のサンゴが白化し、約7割の死滅が確認された。

     それを受けて環境省は、沖縄県で緊急対策会議を開いたが、出された緊急宣言の中で、2070年代には日本近海のサンゴが消滅する可能性があると指摘した。ショッキングな内容だ。

    1
    続き

    パンを求めて行進

    イエメンの飢え深刻

     内戦が続くアラビア半島最南端のイエメンで21日、「パンを求める抗議」の行進が始まった。出発地点は首都サヌア、到着地点は紅海沿岸の港町ブダイダで、全行程は230㌔。2~3日かけて、到着地点にたどり着くという。欧米のメディアが報じた。

    1
    続き

    IS司令本部を移動か

    ラッカからデリゾールに

     過激派組織「イスラム国」(IS)は、司令本部を現在のシリア北部ラッカから同国のデリゾールに移動したもようだ。 アラブ首長国連邦(UAE)の衛星テレビ局アルアラビアが23日、米フォックスニュースからの情報として報じた。  自称「首都」からの司令本部移動という都落ちは、イラクでもシリアでも勢力範囲の縮小を余儀なくされているISの凋落(ちょうらく)を示している。ISのこの動きは2カ月前に始まったと米国防総省はみているという。

    3
    続き

    大統領が地方選など提案

    混乱続くベネズエラ

     政治混乱が続く南米ベネズエラで、マドゥロ大統領が23日、国営テレビの放送中に地方選挙の実施を呼び掛けた。大統領はまた、昨年末に実施されながらも成果を挙げることができなかった、マドゥロ政権と反大統領派による対話の再開の可能性に言及した。

    2
    続き

    辺野古埋め立てを着実に進めよ

     政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市辺野古で、きょうにも埋め立て区域を囲む護岸工事を開始する。

     埋め立て本体工事は1996年の日米両政府による普天間返還合意以来初めてとなる。長い時間がかかったが、着実に工事を進める必要がある。

     阻止を目指す翁長氏

    6
    続き

    フランス仏大統領選 マクロン、ルペン氏決選へ

     フランス大統領選の第1回投票が23日行われ、独立候補のエマニュエル・マクロン候補(39)と、右派・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)が、5月7日の第2回投票に進むことが決まった。最大野党・共和党のフィヨン候補は3位、最大与党・社会党のアモン候補は5位となり、既成大政党両候補が敗北する結果となった。

    1
    続き

    愛知県が浅田真央さんに県民栄誉賞

     愛知県は24日、県民栄誉賞を創設し、第1号として今月に現役を引退したフィギュアスケート女子の浅田真央さん(26)を表彰すると発表した。表彰式の時期などは今後調整する。

     浅田さんは同日、出身地の名古屋市内でウオーターサーバーブランドのPR記者会見に出席。受賞の感想を問われ、「愛知県で生まれて、こうして第1号の名誉ある賞を頂けて、すごくうれしいし光栄なこと」と述べた。

    2
    続き

    葵祭主役に19歳の女子大生富田紗代さん

     京都三大祭りの一つ、「葵(あおい)祭」の主役「斎王代(さいおうだい)」に、同志社大2年の富田紗代さん(19)京都市左京区が選ばれた。5月15日の祭りで、十二単(ひとえ)姿でこしに乗って登場する。

     葵祭は五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、約1400年の歴史があるとされる。平安時代から鎌倉時代にかけての衣装を身にまとった行列が、京都市の中心部を華やかに練り歩く。

    2
    続き

    落語家の三遊亭円歌さんが死去、88歳

     「授業中」などの新作落語で人気を集めた落語協会最高顧問の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名中沢円法なかざわ・えんぽう)さんが23日午後1時25分、結腸がんによる腸閉塞(へいそく)のため死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は27日午前10時30分から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻中沢令子(なかざわ・れいこ)さん。葬儀委員長は落語協会の柳亭市馬会長。

    0
    続き

    星野リゾート、大阪で観光客特化ホテルを開業

     高級リゾート施設を運営する星野リゾート(長野県軽井沢町)の星野佳路代表は24日、大阪市で記者会見し、2022年春に同市内に開業予定のホテルについて「ビジネス需要を忘れ、大阪に来る国内外からの観光客に特化したホテルにする」と述べた。

     予定地はJR新今宮駅に面し、大阪南部の観光スポットである通天閣や新世界に近い。市から土地を約18億円で取得し、高層ホテル(地上20階、客室数608)を建設する。

    0
    続き

    暑さ忘れてバファローと水遊び

     インド北部ジャム・カシミール州のジャム近郊の川で20日、涼を求めてバファローと共に水遊びをする子供たち。

     同州では最高気温が41度を超えるなど暑い日が続いており、水遊びは子供たちにとって暑さを忘れさせてくれる絶好の機会となっている。(AFP=時事)

    0
    続き

    信時潔の「海ゆかば」

     神武天皇の「東征」を描いた交声曲「海道東征」は戦後、国家主義的な記憶を刺激するなどの理由で封印されてきた。70年を経て、呪縛が解かれたように復活公演が開かれるようになった。一昨年の大阪のザ・シンフォニーホールでの公演は、追加公演が行われるほど、大盛況だった。

     その時の様子を文芸評論家の新保祐司氏が、ある雑誌のインタビュー記事で語っていたのを読んだことがある。「日本人は精神的呪縛から、ようやく解放された。あのコンサートは『歴史的大事件』だった」。その時、初めて幻の交声曲の存在を知った。

    1
    続き

    医療をめぐるトラブルの中で、気流子の身辺でも…

     医療をめぐるトラブルの中で、気流子の身辺でもよく薬の副作用の問題を見聞きするようになった。少しせきや熱が出たり体調を崩したりすると、前は十分な栄養と睡眠を取って自力回復を図ったもの。それが今は家庭薬や医者の処方薬に頼る傾向が強くなった。

     それだけ、生活と健康に役立ついい薬が出てきたということだが、薬には副作用の毒があることも忘れてはならない。適切な分量や組み合わせを超えた服用をしたりすると、それが出やすくなる。

    0
    続き

    国民保護法、万全な態勢へ見直しが必要だ

     北朝鮮は弾道ミサイル発射を繰り返しているだけでなく、6回目の核実験を準備しているとされ、韓半島情勢は緊迫の度を強めている。

     国民の生命を守ることに「想定外」があってはならない。ミサイル攻撃への備えは十分か。国民保護法の見直しを求めたい。

     北ミサイルの脅威高まる

    5
    続き

    巨大雪壁の高さ、今年は19メートル

     北アルプスを富山から長野に貫く「立山黒部アルペンルート」が23日、大勢の観光客でにぎわった。15日に全線開通したが悪天候が続き、ようやく最良のコンディションで見物できるようになった。

     今年は降雪量が多く、雪壁の高さは昨年より6メートル高い19メートル。台湾から友人と訪れた女性医師の魯怡群さん(27)は「雪を見に来た。思っていたよりもすごい。天気も良くて最高」と笑顔を見せた。

    3
    続き