■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    習近平氏演説、覇権主義の強まりを懸念

     中国共産党大会が開幕し、習近平総書記(国家主席)は建国から100年を迎える21世紀半ばまでに「社会主義現代化強国」「世界一流の軍隊」の建設を目指す方針を表明した。

     共産党一党独裁体制を堅持するとともに、対外的には軍事力を背景に「強国路線」を推し進める決意を示したものだ。覇権主義的な動きの強まりが懸念される。

     「世界一流の軍隊」目指す

    3
    続き

    父の故郷訪問実現を喜び「長年の夢かなった」

     太平洋戦争終結後もベトナムにとどまって同国の独立運動に加わった元残留日本兵の家族らが19日までに来日、東京都内で同日記者会見し「(来日という)長年の夢がかなった」と喜びを語った。

     今回の来日は、天皇、皇后両陛下が3月、ベトナムを訪問した際、ハノイで同家族と面会されたのを機に、民間財団などの協力で実現した。

    2
    続き

    絵本編集者の末盛千枝子さん、皇后陛下と懇談

     83歳の誕生日を20日迎えられた皇后陛下と長年親交がある絵本編集者の末盛千枝子さん(76)岩手県八幡平市在住は今年8月、皇后陛下と二人で懇談した。天皇陛下の退位について直接言及はなかったが、「退位まで無事お務めしていただきたいと、陛下のお体のことを本当に心配していらっしゃるのがひしひしと伝わってきた」と印象を話す。

    0
    続き

    プミポン前タイ国王の火葬に向け、準備が整う

     昨年10月に死去したタイのプミポン前国王の火葬施設最上部に、王位の象徴である傘の形をした装飾品を備える儀式が18日、バンコクの王宮前広場で行われた。これで今年2月に着工した施設は完成。26日の火葬に向け、準備が整った。

     装飾品は長さ5・1メートル、重さ80キロ。儀式ではワチラロンコン国王がロープを3分間引き、装飾品を地上から高さ50・5メートルの施設最上部まで引き上げた。(バンコク時事)

    0
    続き

    室屋義秀「チームみんなで勝利を味わいたい」

     プロペラ機を操縦してタイムを競うレッドブル・エアレース世界選手権で、アジア人初の年間総合優勝を果たした44歳の室屋義秀(チームファルケン)が19日、東京都内で記者会見し、「うれしさをうまく言い表せない。チームみんなで勝利を味わいたい」と喜びを語った。

    0
    続き

    来年はいぬ年、恒例の干支ボトルの生産始まる

     来年の干支(えと)の「いぬ」をかたどったウイスキーボトルの生産が、サントリー山崎蒸留所(大阪府島本町)で始まった。

     干支ボトルは毎年恒例で、今年で36回目。年末年始の縁起物として人気だ。

     松竹梅が鮮やかに描かれた手まりを抱える犬の陶製ボトルは、一つ一つ職人の手作業で作られる。11月7日から数量限定で販売され、1本600ミリリットル入り。希望小売価格は9504円。

    0
    続き

    「(大衆は)前代の英雄や偉人の生い立ちに…

     「(大衆は)前代の英雄や偉人の生い立ちに関しては、いかなる奇瑞(きずい)でも承認しておりながら、事一たび各自の家の生活に交渉するときは、寸毫も異常を容赦することができなかった」と柳田国男は『山の人生』(大正15年)に書き留めている。

     遠い昔の人物については、どれほど信じ難い話であっても大衆は受け入れる。だが、いざ自分の生活に関わる場合は、異常なものはいささかも受け入れることがないという意味だ。江戸時代の大衆のことを柳田は言っているのだが、同じことは今の日本人にも当てはまる。

    0
    続き

    紅海のリゾートを満喫

     エジプトといわれて日本人の頭に最初に浮かぶのは、ピラミッド、スフィンクス、ミイラ、ツタンカーメン王の黄金のマスク、さらに、世界三大美女の一人、クレオパトラだろう。その次が、ルクソールや王家の谷、アブシンベルに見られる古代王朝時代の大神殿や彫像など数々のお宝かもしれない。

     パピルスなどによく描かれる横顔だけの独特の絵やヒエログリフと呼ばれる独特の象形文字を思い浮かべる方も多いかもしれない。

    1
    続き

    冬季五輪の救世主

     韓国のマスコミが激賞している2002年、米国のソルトレーク冬季五輪は散々だった。招致の時から贈収賄の不正まみれとなった。収賄疑惑を受けた国際オリンピック委員会(IOC)委員9人が追放された。

    1
    続き

    ロンドンの国会議事堂内に「福島の酒」香る

     東日本大震災からの福島の復興を英国でアピールし、県産の優れた日本酒を味わってもらおうと、ロンドンの国会議事堂内で17日夜、英議員らを招いたレセプションが開かれた。「大七酒造」(二本松市)など県の蔵元6蔵の酒が振る舞われ、会場はフルーティーで華やかな日本酒の香りに包まれた。

    0
    続き

    全長50キロ、月のマリウス丘の地下に空洞発見

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの国際共同研究チームは18日、2007年に打ち上げられた月探査機「かぐや」の観測データから、月の「マリウス丘」と呼ばれる地域の地下に全長50キロに及ぶトンネル状の巨大空洞があるのを発見したと発表した。地下空洞内は温度が安定し、放射線の影響も少ないことから、将来の探査基地の建設候補地になるという。論文は米科学誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズに掲載された。

    0
    続き

    パレスチナ統一政権樹立へ和解

     パレスチナ自治政府のアッバス議長が率いるファタハと、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム根本主義組織ハマスが12日、仲介役を務めるエジプトの首都カイロで、2007年から続く分裂の終結を目指し、和解に関する合意に署名した。イスラエル殲滅(せんめつ)を目指すハマスをテロ組織と見なしているイスラエルは、警戒を続けている。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    【東京10区】 若狭失速、自・立急追に苦戦

     「しがらみ政治の安倍政権に『ノー』の一票を」。12日夜、JR池袋駅西口近くのスーパー前。雨が降りしきる中、数人の聴衆を前に若狭勝が声をからして訴えた。

    3
    続き

    【東京5区】カギを握る「三谷票」の行方

     15日の三軒茶屋駅前。元防衛副大臣の若宮健嗣は、北朝鮮の核・ミサイル危機への対応やシーレーン防衛への取り組みなどをアピール。「にわか仕立ての候補者を立てたところにできるのか」と暗に希望や立憲民主を批判した。若宮には、小野寺五典防衛相をはじめ閣僚や党幹部が連日応援に駆け付ける。

     若宮陣営が最大のライバルと見るのが手塚仁雄だ。

    1
    続き

    陸上の桐生祥秀が意欲満々、次は20秒の壁?

     9月に陸上男子100メートルで日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98をマークした桐生祥秀が18日、在学する東京都文京区の東洋大キャンパスで行われた報告会に出席した。

     集まった学生の前で活躍をたたえられ、「9秒台を出したことで、世間の注目度や陸上人気が高まってきた。反響はすごくある」。快挙の重みを実感して話した。

    1
    続き

    古代ローマ帝国時代の劇場が1700年ぶりに発見

     イスラエルのエルサレム旧市街にある「嘆きの壁(西の壁)」で、古代ローマ帝国(紀元前63~紀元313年)時代の劇場跡が発掘され、16日、公開された。

     イスラエル考古学庁によると、劇場は約200席ほどで、ローマ時代の劇場としては比較的小ぶり。建設の途中だったとみられており、暴動などが起きて、工事が中断された可能性があるという。地下約8㍍にあった劇場は1700年ぶりに日の目を見た。

    0
    続き

    「私をハグして」、傷が癒えますように

     南アフリカ・ヨハネスブルクの公園で15日、「私をハグして」と書かれた木をしっかりと抱きしめる少女。

     大地や自然を素材にしたランドアートと呼ばれる芸術作品で、1年前に残酷な殺人・暴行事件を「目撃」したこの土地を癒やそうと作られた。

    0
    続き

    ラッカ制圧、過激思想生まない社会構築を

     過激派組織「イスラム国」(IS)がイラクとシリアでの拠点を次々に喪失し、「カリフ制国家」は事実上崩壊した。しかし、ISの影響力はすでに北アフリカ、東南アジアに拡大、今後も各地で掃討作戦が続くだろう。IS誕生、拡大につながった過激思想の根絶、イスラム社会が抱える矛盾の解消も急務だ。

     ISが「首都」と称する

    0
    続き

    「イスラム国」の国家実現潰える

     イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と位置付けてきたシリア北部ラッカが17日、事実上陥落し、ISが試みた預言者ムハンマドの後継者「カリフによる統治体制国家建設」のもくろみはついえた。大規模な軍事作戦を終えた18日も米軍の支援を受けたクルド人・アラブ人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)によるIS残党の掃討や地雷の除去作業が続いた。SDFのスポークスマンは「間もなく解放が正式に宣言される」と語った。

    0
    続き

    タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を…

     タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を咲かせたおびただしい数のマリーゴールドの写真が、18日付の小紙・国際企画面を飾った。プミポン前国王をしのんで栽培され、満開となった42万鉢だ。

     タイの人々が花々の間を楽しそうに歩いている。前国王は月曜生まれだったそうだ。タイでは曜日ごとにシンボルカラーがあり、黄色が前国王の象徴。しかもラマ9世だったことから、鉢は「9」の字が浮かぶように並べられた。

    0
    続き

    【東京16区】都議離党で3極構図変化

     「私はとにかく皆さんに存在を知っていただかなければなりません」。議員歴は3期8年だが、静岡4区からの国替えで16区では新参者。地元に根を張る前職2人に挑む田村謙治は長時間街頭に立ち、聴衆一人ひとりと握手して名刺を渡す。「お笑い芸人のたむけんと同じ名前です」とアピールし、名前を覚えてもらおうと必死だ。江戸川区に地盤が無く、“小池人気”と7月に当選した都民ファーストの都議2人が頼みの綱だったが、上田令子の離党で目算が外れた。しかし田村陣営は「みんなの党出身の上田さんの票は、自民も民進も支持しない層からのもの。その票がどこに行くかといえばうちしかない」と強気に構える。

    2
    続き

    【北海道1区】自民、革新の牙城崩せるか

      「今回の衆議院議員選挙は日本を守るための選挙です。私たちは何度も北朝鮮に騙されてきました。自民党はしっかりと国民の生活と安全を守る政党です」

    1
    続き