■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    きょう「プレミアムフライデー」始まる

     毎月最終の金曜日に終業時間を早め、買い物や飲食などを楽しんでもらう官民一体のイベント「プレミアムフライデー」が24日、始まる。旗振り役の経済産業省や産業界などは低迷する個人消費の回復に向けた起爆剤としたい考え。政府は長時間労働の是正など「働き方改革」につながることも期待している。

    0
    続き

    安倍首相「発信力で被災地に勇気を与えて」

     安倍晋三首相は23日、東日本大震災の「復興応援大使」を務める男子体操の内村航平選手と首相官邸で面会した。

     首相は「発信力で(被災地に)勇気を与えてほしい」と要請。内村選手は「大使として、体操選手として、復興への勇気を与えられたらいいと思う」と応じた。

    0
    続き

    死者への弔いと祈り、そして深い癒やしの効果を

     ある日突然に愛する人を失ったとき、人はどうするのか。  思いも寄らない事故で、ユーウェイ(シー・チンハン)は愛する妻シャオウェン(アリス・クー)を失う。しかも妻は妊娠中だった。気の抜けたまま、仕事も手につかず、妻が愛用していたピアノに当たっては、行き場のない深い悲しみに取り憑かれていた。

    0
    続き

    環境省の専門家会合、「特定外来生物」指定へ

     環境省の専門家会合は23日、外国産のマルバネクワガタ属など計14種を、生態系に影響を及ぼす恐れのある「特定外来生物」に指定するよう求める意見をまとめた。パブリックコメント(意見公募)を経て、7月ごろに閣議決定される。

    0
    続き

    文芸評論家の小林秀雄(1902~83)は60~70年代…

     文芸評論家の小林秀雄(1902~83)は60~70年代、数百人の学生との対話を何度か行った。『学生との対話』(新潮文庫)に全容が収録されている。小林の講演後が質問タイムだ。「自分には理想がある」と学生が発言する。理想の中身について、小林から問われた学生は「生まれて来てこれがよかった、というものをつかみたい」と言う。

     それに対し、小林は「理想なんて抱いたことはなかった」と答える。女との生活の方が大変だった。理想なぞあれこれ考えている余裕は、精神的にも時間的にもなかった、というのが回答だ。

    0
    続き

    聖イサアク大聖堂、サンクトペテルブルク市がロシア正教会に譲渡へ

     ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで、ユネスコの世界遺産の一つである世界最大級の聖堂「聖イサアク大聖堂」をロシア正教会に譲渡すると市長が決定したことをめぐり、支持する人々と、反対するリベラル派野党などの間で対立が広がっている。もっとも、正教の信者だけでなく多数の市民は正教会への譲渡を支持しているとみられ、リベラル派の乖離(かいり)が目立つ形となっている。(モスクワ支局)

    0
    続き

    NATO事務総長、トランプ氏の国防費負担の要求は「正当」

     トランプ政権は、欧州の集団的自衛をめぐる費用負担要求を満たすよう北大西洋条約機構(NATO)全加盟国に要請したが、これに対しNATOのトップは20日、要請は「明確で、強固で、正当」と述べた。

     ストルテンベルグ事務総長はCNNで、「不公平な負担共有」が同盟国間に存在する点でトランプ氏と一致したと指摘、加盟国は、米国に対して安易に不当に重い負担を期待することはできないと語った。

    0
    続き

    韓流バレエ『沈清』

     「ロシアにボイラーを輸出するのは、バレエを輸出するほど難しい」。2011年に放映されたあるボイラー会社のテレビ広告のキャッチコピーだ。ボイラー輸出の広告だが、バレエの宗主国ロシアの敷居がそれだけ高いという意味だ。

    3
    続き

    金正恩政権の属性と恐怖統治

     金正男(キムジョンナム)暗殺事件は金正恩(キムジョンウン)政権の恐怖統治の断面を見せており、その意味で北朝鮮政権が相変らず不安定でいつ崩壊するか分からないと見るのも無理はない。

    5
    続き

    都議会百条委、悪者仕立てより真相の究明を

     東京都議会は豊洲市場(江東区)への移転問題で、百条委員会(調査特別委員会)を設置した。この問題をめぐって参考人招致する予定だった石原慎太郎元知事を、地方自治法に基づく強い権限を持つ百条委で証人喚問することで、さらに厳格な対応になった。

     7月に都議選を控える中だが、問題の解明に冷静な審議を望みたい。

     石原元知事を証人喚問

    1
    続き

    「家族の愛やこの国の美しさに焦点を当てた」

     米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん(41)は18日、1970年代後半のカンボジアのポル・ポト政権下で起きた大量虐殺を題材に、監督を務めた新作映画「ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー(最初に父が殺された)」の完成を受け、カンボジア北西部シエムレアプで記者会見した。AFP通信によると、ジョリーさんは「戦争だけでなく家族の愛やこの国の美しさに焦点を当てたかった」と語った。

    0
    続き

    赤色矮星に7惑星、40光年先にミニチュア太陽系?

     みずがめ座の方向に約40光年離れた赤色矮星(わいせい)には、地球ほどの大きさの惑星が少なくとも7個ある可能性が高いと、ベルギー・リエージュ大などの国際研究チームが22日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。太陽系のミニチュアのような構成で、生命に必要な水が液体で存在する岩石質の惑星が含まれている可能性があるという。

    0
    続き

    忍者姿の看板猫、伊賀市の「むらい萬香園」で

     日本人は日付の語呂から“記念日”を付けるのが大好き。2月22日は「ニャンニャンニャン」で猫の日といわれ、ここ数年大きなブームとなっている。その一方で、「忍者の日」ともいわれている。

     その両方を掛け合わせたのがこの猫だ。三重県伊賀市にある茶販売店「むらい萬香園」では、忍者の衣装を着た“看板猫”が話題に。名前は茶々、客が来ると、愛想を振りまき出迎えてくれる。

    0
    続き

    気持ちよさそう、アルプスで打ちっ放し

     18日、スイス南部ロイカーバートで、凍結した湖面で同国の伝統競技「ホルヌッセン」に興じる男性。

     ホルヌスと呼ばれる球を遠くに飛ばして競う野球とゴルフを合わせたようなスポーツで、雄大な景色に向かって体を動かし気持ちよさそうだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは『歴史』を…

     古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは『歴史』を著して「歴史の父」と呼ばれた人物。諸国を遍歴し、東はバビロニア、西はリビアのキュレネ、北は黒海の北岸、南はエジプトのナイル川上流まで足跡を残した。

     『歴史』は文字通り世界史を描いた記録で、クライマックスはペルシャ戦争。西洋では古代から読み継がれてきたが、19世紀に再び脚光を浴びるようになった。西アジアの発掘調査が始まったからだ。

    1
    続き

    フリンは消えてもモグラはまだいる

     マイケル・フリンは、国家安全保障担当の大統領補佐官としては去って行ったが、今、重要な裏話が表面化し始めている。この奇妙な話は本当は、どういうことなのか。

     フリン氏は、苦労して、彼以前の非常に多くの政府高官が学習した昔からある規則を学んだ。つまり、不適切な行為も、うそと受け取られた場合には重罪になる可能性があるという規則があって――「それは犯罪ではなく、隠蔽(いんぺい)である」と言っても駄目なのである。ロシアは新しい大統領から何が期待できるかについて交わしたロシア大使との不適切な会話についてフリン氏が告発された時、フリン氏は、マイク・ペンス副大統領にそういうことはないと請け合っていた。しかし、彼が、今認めていることによると、それは事実だったというのだ。

    0
    続き

    拉致家族会20年、待たれる全面解決の結果

     北朝鮮による日本人拉致事件を受け、被害者の家族と親族らによって「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)が結成されてから来月で20年が経過する。また今年は最初の事件発生から40年になる。メンバーの高齢化が進む中、政府認定の12人をはじめ被害者全員の帰国は依然として見通しが立たないままだ。全面解決へもはや一刻の猶予も許されないことを改めて強調したい。

     「見返り提示」に転換

    1
    続き

    女子追い抜き団体で日本金、エース抜きで圧勝

     団体追い抜きの日本は個人種目2冠の高木美帆をメンバーから外し、姉の菜那と佐藤、押切の新しいトリオで臨んだ。普段一緒に練習しているメンバーとあって、先頭を滑る選手の交代はスムーズ。2位の韓国に6秒59の大差をつけ圧勝した。佐藤は「きれいにラップをキープできて良かった」と会心の笑み。

    1
    続き

    クレーブン会長「パラリンピックから共生社会へ」

     日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は21日、東京・赤坂の同財団ビルで記者会見し、国際パラリンピック委員会(IPC)公認教材「I’mPOSSIBLE」の国際版と日本版を開発したと発表した。

    0
    続き

    観衆も熱い視線、巨人がWBC韓国代表と対戦

     沖縄でキャンプ中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表が19日、那覇市のセルラースタジアムで巨人と練習試合を行った。

     WBC日本代表の坂本勇人内野手、小林誠司捕手も出場し、日韓戦さながらの熱い試合が繰り広げられ、満場の観客が熱い視線を送った。結果は巨人が4対0で勝利。

    1
    続き

    ダルビッシュの精度上々、投球術にも手応え

     レンジャーズのダルビッシュは打撃練習に初登板し、延べ6人に32球を投げて安打性の当たりはなし。伸びのある直球、切れのあるカーブ、フォークを披露した。

     間隔を空けた2巡目には、習得を目指しているフォークの出来栄えを試した。「低めのいい所から落ちていたので自信になった」。内野ゴロに仕留め、空振りも奪うなど精度は上々だ。

    0
    続き

    パンダ公開きょうから中止、シンシンに発情兆候

     上野動物園(東京都台東区)は21日、飼育するジャイアントパンダの雌「シンシン」(11歳)に発情の兆候が見られたと発表した。雄「リーリー」(11歳)との交配に向け、22日から当面の間、2頭の一般公開を中止する。

    0
    続き