■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    路上に「テロ防止ボラード」

     欧州の主要都市で「アンチ・テロ壁」やボラード(テロ対策用車止め)の設置がブームとなってきた。その直接のきっかけは、欧州各地で車両を利用したイスラム過激派テロ事件が頻繁に発生したことだ。

    0
    続き

    マクロン労働改革、仏労組が激しく抵抗

     マクロン仏大統領が改革の目玉の一つと位置付ける労働法改正が、反対派のデモの頻発で強い抵抗に遭っている。就任以降、支持率が急降下するマクロン大統領は国民に不人気の緊縮財政や労働法改正、さらには権威主義的な意思決定で支持率は下げ止まらない。だが、20年以上、景気停滞、高失業率を経験した仏国民の多くは、改革にやみくもに反対する労働組合とは距離を置き始めている。 (パリ・安倍雅信)

    1
    続き

    パンダ赤ちゃんの名は「シャンシャン(香香)」

     上野動物園(東京都台東区)で6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(雌)の名前が「シャンシャン(香香)」に決まったと、小池百合子都知事が25日、都庁で発表した。呼びやすく、漢字の「香」は花が開く明るいイメージ。名前選考委員会が漢字を当てた。

    0
    続き

    本阿弥光悦作、赤筒茶わん「有明」の存在を発見

     江戸初期の書・陶芸の大家、本阿弥光悦(1558~1637年)作の赤筒茶わん「有明」の存在を確認したと、京都市の古田織部美術館が25日発表した。約300年前の文献に登場し、「光悦十作」などにも選ばれながら、その後、所在不明に。光悦が陶芸を始めて間もない50代後半から60代ごろの作とみられ、後の円熟期につながる造形美が見いだせる。

    0
    続き

    「仙台バス」がドイツ名車EVで復活

     東日本大震災で被害を受けた宮城県岩沼市のバス運行会社「仙台バス」が、約60年前に製造されたドイツの名車「メッサーシュミットKR200」を改造し、災害に強い電気自動車(EV)として復活させた。

     全長約2・8メートル、高さ約1・3メートルの2人乗りの三輪自動車。同社の猪股正之社長(54)の祖父が購入し、3代にわたり親しんできたが、約10年前にエンジンが故障し動かなくなっていた。

    0
    続き

    業界初、日本盛がホット販売専用日本酒を開発

     日本酒メーカーの日本盛(兵庫県西宮市)は25日、ホット販売専用の日本酒「●(「火へん」に「間」)酒(かんざけ)180mlボトル缶」を開発したと発表した。10月2日、全国のコンビニや駅の売店などで発売する。価格は240円。ホットで販売できる日本酒は業界初という。

    0
    続き

    人間と一緒に「波乗り」するワンちゃん

     米カリフォルニア州ハンティントンビーチにある海岸で23日、犬が主役のサーフィン大会が開かれ、人間と一緒に「波乗り」するワンちゃんたちの姿が見られた。

     大会は6種目に分けられ、人間が加わらない犬同士のサーフィンも行われた。(EPA=時事)

    0
    続き

    衆院解散表明、「国難突破」への政策競え

     安倍晋三首相は臨時国会冒頭で衆院解散に踏み切る意向を表明した。その理由として首相は消費税の使途の変更と北朝鮮情勢への対応を挙げ、「国難突破解散」だと命名した。各党は、この問題について政策を競うとともに、独自の国策を提示して国民に訴えるべきである。

    国民の低い安保意識

    3
    続き

    おむつなし育児の喜び

     先日、日本家庭教育学会の大会で、三砂ちづる・津田塾大学教授の講演を聞く機会があった。テーマは「家庭において引き継がれるべきもの―『女性論』『身体論』の観点から―」

     三砂教授は、多くの著書や講演の場で女性が出産や育児を通して感じる喜びの経験について多くの著書や講演で語っている。この日も、「家族は無限の受容装置。親から受容されているという経験ほど、子供が親から与えられる重要な贈り物はない」「お産は自分が宇宙の塵になるような(崇高な)感覚。母乳育児は他に何もいらないというほどの幸福の経験。女性はそういうことを感じることができる身体を持っている」など興味深い話が多かった。

    1
    続き

    さて、今年は誰かな? 来週は10月2日の生理学…

     さて、今年は誰かな? 来週は10月2日の生理学・医学賞から始まるノーベル賞週間である。人類に恩恵をもたらした発明や発見に与えられる最高の栄誉の受賞者が発表される。

     日本は昨年、生理学・医学賞を受賞した大隅良典・東工大栄誉教授まで、物理学賞、化学賞を合わせた自然科学3賞の受賞者は22人を数える。ここ3年間は連続受賞しているほか、2000年から17年間で17人は米国に次ぐ2位。平均で毎年1人が受賞している計算となる。

    1
    続き

    秘境の鉄路を守れ! 絶景の中を走る魅力を発信

     6年前の新潟・福島豪雨で一部不通が続いているJR只見線の2021年度の全線復旧に向け、福島県は、吉本興業と連携して、お笑い芸人と一緒に只見線を体験できるツアーを始めた。絶景の中を走る魅力を全国に発信し、利用者増につなげるのが狙いだ。

    2
    続き

    桐生祥秀に滋賀県民スポーツ大賞の最高栄誉賞

     陸上男子100メートルで日本選手初の9秒台となる9秒98の日本新記録を9日に樹立した桐生祥秀(21)東洋大が24日、滋賀県民スポーツ大賞の最高栄誉賞を授与され、同県東近江市の陸上競技場で行われた表彰式に出席した。

     桐生は滋賀県彦根市出身。記者会見で「大学最後の100メートルの大会で勝ちたい思いがあったので、それだけを思って走った」と快挙を振り返った。

    1
    続き

    ヨーヨーで町おこし、オリジナル試作品も開発

     テレビドラマ「スケバン刑事」や「ハイパーヨーヨー」の人気で1980~90年代にブームを巻き起こしたヨーヨー。このヨーヨーでの町おこしに数年前から取り組んでいるのが愛知県岩倉市だ。3月には市のオリジナルヨーヨーの試作品が完成。これまでに全国で1000万人以上が手にしたおもちゃで、市を聖地化しようと奮闘している。

    0
    続き

    樹脂製スイーツ、テーマは「お菓子の水族館」

     「お菓子の水族館」をテーマに、樹脂で作られたカラフルな海の生き物の作品展が、東京・南青山の画廊くにまつ青山で開かれている。作者は現代芸術作家の渡辺おさむさん(37)で、35点を展示している。

    0
    続き

    「ゲートウェイズ(門)」をくぐった先は?

     ロンドンで21日、「ゲートウェイズ(門)」と題された芸術作品を鑑賞する女性。

     16~24日の日程で開催されている「ロンドン・デザインフェスティバル」では、ロンドンの至る所で400を超える出し物が登場し、訪れる人の感性を刺激している。(EPA=時事)

    0
    続き

    民進党公約、安保法制の「白紙化」は愚論だ

     わが国は戦後70余年、外国からの武力攻撃の危険にさらされたことがない。それが今、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に直面しており、国民の生命と財産をどう守るのか、安全保障の在り方が厳しく問われている。

     ところが、野党第1党の民進党は、来る総選挙の公約に「安保法制の白紙化」を掲げるとしている。では、代案があるのかと言うと、それはまったく示さない。北朝鮮危機が迫る中で、あまりにも無責任だ。

    11
    続き

    災害の被害をできるだけ軽減する「減災」の…

     災害の被害をできるだけ軽減する「減災」の考え方が、国民の間に浸透してきている。経済・産業界では中部経済連合会(豊田鉄郎会長=豊田自動織機会長=)が減災投資を訴えている。

     豊田氏はインタビューで「東日本大震災では部品メーカーが被災し、自動車各社の生産に大きな影響が出た」と振り返り、産業界全体、地域全体で取り組むべきだと話している(本紙18日付)。

    1
    続き

    「イスラム国」がゲリラ戦術を採用

     過激派組織「イスラム国」(IS)の司令部は、米国主導の有志連合軍による正確な空爆作戦が、固まっていたISの戦力を系統的に分解していることを受け、戦術をゲリラ戦へと大きく転換するよう求めている。

     退役した米陸軍歩兵部隊出身者はワシントン・タイムズ紙に、新たな戦術は変容の準備かもしれないと指摘した。ISは領土を守る占領軍からイラクとシリアの政府の権威を低下させようとする反乱勢力へと変化していくだろう。

    0
    続き

    最高の滑り出し、羽生結弦がSP世界最高点

     羽生が氷の上を優雅に舞った。五輪シーズン初戦の緊張感の中、滑り終えると両手を広げてうなずいた。「ショー以外のSPで後半に4回転が決まったことがなかった。ちゃんとここまでできたよ、ほら見て、と」。自身の持つSP世界歴代最高点を更新し、割れんばかりの大歓声を心地良さそうに浴びた。

    2
    続き

    六本木ヒルズで新ブランド米「いちほまれ」収穫

     東京都港区の六本木ヒルズで23日、新しいブランド米の収穫が行われた。米は福井県が開発し、今年発表した「いちほまれ」。5月に、敷地内施設「けやき坂コンプレックス」の地上約45メートルの屋上に植えられた。雨の影響で、管理業者が稲刈り。

    0
    続き

    長さ3・2キロ! スリランカ最長の花嫁衣装

     AFP通信によると、スリランカ中部キャンディで21日行われた結婚式で、花嫁が全長約3・2キロの伝統衣装サリーをまとって登場した。婚礼用サリーの長さとしてスリランカ最長という。

     花嫁が街の目抜き通りを練り歩く際、長いサリーが地面に着かないよう約250人の子供が裾を支えた。また、約100人の少女が、花嫁を先導して花をまくフラワーガール役を務めた。

    0
    続き

    埼玉県狭山市、ふるさと納税で大茶会を体験

     埼玉県狭山市は、ふるさと納税の返礼品に、地元の秋の風物詩「さやま大茶会」の体験セットを追加した。寄付金1万円で茶席を体験できるほか、市茶業協会が選んだ狭山茶のお土産がもらえる。

     さやま大茶会は、抹茶の新茶シーズンの11月に県営狭山稲荷山公園で開かれる関東屈指の野だて茶会。今年は同月12日に開催する。

    0
    続き

    全長30メートル、戦いの女神ドゥルガ様

     インド北東部アッサム州の主要都市グワハティで20日、竹製の巨大な女神ドゥルガ像の顔を仕上げる職人。

     ヒンズー教の戦いの女神ドゥルガをたたえる祭りを前に、全長30㍍を超えるドゥルガ像の作製に励んでいる。(AFP=時事)

    0
    続き