■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    スイス国民投票で否決、「脱原発」予想外の減速

     スイスで11月27日、脱原発時期を早める提案の是非を問う国民投票が実施され、反対54・2%で否決された。今回は野党「緑の党」などが原発設備の老朽化による事故を防止するため運転期間を一律45年とするように提案した。同案は採択される可能性が高いと予想されていただけに、投票結果は予想外と受け取られている。(ウィーン・小川 敏)

     スイスでは東日本大震災によって生じた福島第1原発事故(2011年3月)を受け、連邦議会が新規原発建設を禁止する脱原発を決定。その後、「エネルギー戦略2050」で原発を段階的に再生可能エネルギーに転換する方針を決めた。ただし、同戦略では脱原発の方針は示されているが、脱原発の最終期限は定められていない。

    0
    続き

    地域の足、北海道・JR留萌線が95年の歴史に幕

     1921年に開通し、北海道北西部で地域の足として親しまれてきたJR留萌線の留萌-増毛間(16・7キロ)が4日、営業運転を終了し、95年の歴史に幕を下ろした。雪が積もる沿線には大勢の鉄道ファンらが詰め掛け、別れを惜しんだ。

    0
    続き

    愛知県東栄町、「ビューティーツーリズム」始動

     「美」で町おこしを-。愛知県東部の東栄町(人口約3400人)で、美容をテーマにした観光振興事業「ビューティーツーリズム」が本格的に動きだした。町産の原料を使った化粧品の手作り体験などの企画で観光客を呼び込む戦略。町によると、美容に特化した観光施策は全国でも珍しい。

    0
    続き

    豊洲市場の盛り土問題、地下空間でも対策十分

     豊洲市場(東京・江東区)の主要建物下で土壌汚染対策の盛り土が行われず、地下空間が設けられていた問題。小池百合子・東京都知事は、地下水モニタリング調査結果の公表と、専門家会議や市場問題プロジェクトチーム(PT)が提出する報告書を受け、来夏に移転の可否を判断する。しかし、土木や建築の専門家からは、地下空間の方が安全だとする一方、混乱によって生じた風評被害の方が深刻との指摘が相次いでいる。 (社会部・宗村興一)

    0
    続き

    ベトナムの偽物銀行支店

    地球だより

     ベトナムではローカルマーケットや路上などで多くのコピー商品が売られている。時には本物と変わらない値段で販売されていたり、安いからと押し付けられるがまま買ってしまったりすることも少なくない。

     最近は、観光客向けに偽物の見分け方を講釈したサイトも出てくるようになった。

    0
    続き

    岸田外相訪露、領土返還が経済協力の前提だ

     ロシアを訪問した岸田文雄外相が、プーチン大統領、ラブロフ外相と会談した。今月半ばの日露首脳会談に向け、北方領土問題を含む平和条約締結交渉や経済協力に関する調整を行うためだったが、北方四島の返還が経済協力の前提であることを忘れてはならない。

    大統領や外相と会談

    0
    続き

    女性の心をつかめ、Xマス商戦へ向け新作ずらり

     年末のクリスマス商戦に向け、国内腕時計メーカーが女性向け製品を強化している。20~30代の働く女性をターゲットにした新作を投入。イメージキャラクターに有名女優を起用し、成長余地のある女性向け時計市場の開拓を狙う。

    0
    続き

    「上州地粉」の郷土料理「おっきりこみ」限定販売

     群馬県内で収穫、製粉された小麦粉「上州地粉」を使った郷土料理「おっきりこみ」が、県内のセブン-イレブンで限定販売されている。おっきりこみは、幅広の生麺を野菜と一緒に煮込んだ料理で、県内で広く親しまれている。

     商品名は「群馬名物!上州地粉のおっきりこみ」。セブン-イレブン・ジャパンが、県産農畜産物のブランド化に取り組む女子会「ひめラボ」と連携して商品開発した。

    0
    続き

    観光客が足を運ぶ通称「カラフルな村」

     1日、インドネシア・ジャワ島東部マランで、通称「カラフルな村」を写真に収める男性。

     家屋の壁や屋根を色とりどりに塗り替えるプロジェクトを学生たちが考案。今では物珍しさから観光客が足を運ぶまでになった。(EPA=時事)

    0
    続き

    不登校を長期化させない

     先月、フリースクールや家庭など学校以外の場での学びを支援する「教育機会確保法案」が衆議院文部科学委員会で可決された。文部科学省の速報値では、不登校児童生徒の数は3年連続増の12万6千人。全児童生徒数に占める割合は、1991年以来最も高くなった。90日以上の長期欠席が6割近くというから、問題は深刻だ。

     法案は、約7万人に上る長期不登校児童生徒にも教育の機会を確保しようというもの。「不登校を助長する」と慎重論が強かった、フリースクールなどを義務教育に位置づける文言は削除された。賛否はあるが、フリースクール運営者は「一歩前進」と受け止めているようだ。

    0
    続き

    福岡市のJR博多駅前の道路陥没事故を検証し…

     福岡市のJR博多駅前の道路陥没事故を検証し、事故原因を究明する、専門家ら12人による第三者委員会が構成され、初会合が開かれた」

     委員長の西村和夫・首都大学東京副学長は「大きな事故というのは、単純に一つの原因で起きるというのはまずない。何か原因が重なって落ちてしまうというのが一般的(な見方)」と」

    0
    続き

    鹿島7年ぶり王座奪還、したたかに使命を完遂

     じりじりとにじり寄る姿に、鹿島伝統の勝負強さが漂う。7年ぶりの王座奪還。したたかに使命を完遂した。

     浦和との年間勝ち点15差を埋める戦い。初戦を落とそうと、遠藤が3位でのCS進出自体を「追い込まれている感じは全くない。むしろラッキー」と表現した。前半早々に先制点を失っても焦りはない。2点以上を奪う以外に道はないと心得ていた。

    0
    続き

    謎の本「文庫X」ヒット、カバーで書名隠し販売

     ブックカバーでタイトルや著者名を隠したまま販売するユニークな手法が話題を呼び、全国で異例の売れ行きとなった1冊の本「文庫X」が、そのベールを脱ぐ。企画した盛岡市の「さわや書店フェザン店」が9日にタイトルを公表。著者を招いてトークイベントを開催する。

     考案した店員の長江貴士さん(33)は「いつか公表しなければと思っていた。文庫Xという衣装ではなく、本の中身に関心を移したい」と話す。

    0
    続き

    サンタダイバーとガラス越しにハイタッチ!

     ジンベエザメなどが泳ぐ水槽で、サンタクロースの衣装を身に着けたダイバーがガラス越しに子供とハイタッチ!(写真)

     大阪市港区の水族館「海遊館」で1日から、クリスマス気分を盛り上げようと企画したイベントが好評を博している。

     ダイバーが手を振ると、子供たちは笑顔で手を振り返して盛り上がった。イベントは1日3回、25日まで行われる。

    0
    続き

    JR東日本、シンガポールに「駅ナカ」カフェ

     JR東日本は4日、シンガポール中心部のタンジョンパガー駅に、同社海外初の「駅ナカ」店舗となる「JAPAN RAIL CAFE」をオープンする。日本に関する観光情報の発信と交流の場としたい考えだ。

    0
    続き

    生後4カ月の甘えん坊、寄り添うライオン親子

     11月30日、旧ソ連ジョージア(グルジア)の首都トビリシの動物園で、寄り添うホワイトライオンの親子。

     生後4カ月の甘えん坊は、おりの中で父親サムのそばを離れようとしない。(AFP=時事)

    0
    続き

    香港独立の動き、早期封じ込め

     香港高等法院(高裁)は11月30日、香港立法会(議会・定数70)で香港独立を視野に入れた反中本土派の梁頌恒立法会議員と游蕙禎立法会議員2人が10月に行った就任宣誓をめぐり、香港政府が議員資格取り消しを求めた上訴審で、資格を取り消すとした一審判決を支持し、2人の異議申し立てを棄却した。香港政府は香港の将来は香港人が決めると主張する本土自決派の劉小麗立法会議員についても就任宣誓に問題があるとして議員資格の有無を問う審査を高等法院に提訴し、急進本土派議員の立法会からの徹底排除へ向け、「香港独立」を早期に封じ込める構えだ。(香港・深川耕治)

     今回の異議申し立ての棄却は9月の香港立法会選で初当選した独立派の新政党「青年新政」の梁、游両議員の議員資格が無効となる解釈を中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が明示し、高等法院が11月15日、中国の判断を踏襲し、「資格取り消し」とする司法審査結果を下したことが発端だ。

    2
    続き

    信頼失う米大手メディア、公平な大統領選報道を放棄

    インタビューfocus

    ワシントン・タイムズ紙コラムニスト チャールズ・ハート氏

    6
    続き

    山・鉾・屋台行事、地方活性化に生かしたい

     日本各地の山車や曳山行事が世界に認められた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)は日本の「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録することを決めた。古くからの伝統行事を世界に発信し、地方の活性化に生かしたい。

    訪日客いざなう観光資源

    0
    続き

    「かなしみのあとの寒さに耐へにけり」…

     「かなしみのあとの寒さに耐へにけり」(浜井武之助)。12月になると大掃除や年賀はがきのことが気になる。今年は何枚買おうか、そういえば今年も訃報を聞くことが多かった、などと思う。

     年を追うごとに年賀はがきを出す数も減っている。仕事関係のやりとりが少なくなったのと、メールで済ませることが増えたからだ。便利な半面、やや物足りない気分も残る。

    0
    続き

    シリア反政府勢力への訓練・支援の継続を主張―米軍司令官

     中央軍のボテル司令官は30日、トランプ次期政権が方向転換し、オバマ政権が進めているシリアの穏健派反政府勢力を訓練し、装備を提供する計画を継続するよう求めた。シリアでは現在、ラッカを奪還する軍事作戦が進められている。

     これを受け入れれば、トランプ次期大統領にとっては大転換となる。トランプ氏は選挙戦中、この計画と、シリア内戦への対応を激しく非難し、米政府は「この人々が何者なのかが分かっていない」と主張していた。

    0
    続き

    きらびやかに「秩父夜祭」、豪快に駆け巡る屋台

     国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」が2日、埼玉県秩父市で行われた。県内外から多数の観光客が訪れ、緻密な彫刻を施した極彩色の山車が引き回される様子に、大きな歓声が上がった。

    0
    続き

    刃傷事件後「痛み軽い」、吉良上野介と面談

     江戸城・松の廊下で浅野内匠頭が吉良上野介に切り付けた「忠臣蔵」の刃傷事件の後、吉良の様子を伝える記録が西本願寺(京都市下京区)の所蔵史料から見つかった。吉良について「痛みも軽く、食事も変わらない」と記されていた。西本願寺によると、事件直後の吉良の様子を伝える史料は極めて珍しいという。

    0
    続き