■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    55年ぶりに屋台「総曳き揃え」、23台が集合

     岐阜県高山市で29日、春と秋の高山祭の屋台23台が集まる「総曳き揃え」が開催された。

     屋台行事の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録を記念したもので、普段は一緒に見ることが出来ない春の屋台12台と秋の11台が55年ぶりに古い街並みに勢ぞろいした。

     屋台上では「からくり」も披露され、詰め掛けた観光客らの目を楽しませた。

    1
    続き

    アインシャムス大学で学生が日本文化を紹介

     エジプトの首都カイロにある有名大学、アインシャムス大学文学部日本語学科の学生がこのほど、「日本文化紹介デー2017」を開催した。今では恒例行事となり、口コミで日本に関心がある同学科以外の学生や父兄らも参加、所狭しの盛況ぶりだった。

    1
    続き

    マイナス20度の幻想空間「氷の水族館」が再開

     漁港で水揚げした魚を氷に入れて展示する宮城県気仙沼市の「氷の水族館」が29日、東日本大震災以来約6年ぶりに営業を再開した。津波で被災し、休業を余儀なくされていた。

     運営する同市の岡本製氷冷凍工場の岡本寛代表取締役(66)は「やっと再開にたどり着いた。子供や若い人に喜んでもらえれば」と感慨深く話した。

    1
    続き

    「春の人形作品展」外国人も注目の伝統技術

     人形作りの伝統技術を披露する「春の人形作品展」(主催・久月人形学院)が29日、東京都台東区の浅草文化観光センターで始まった。今回で5回目となる同展は、全国の生徒が製作した木目込人形約80点と押絵約40点を展示。

    1
    続き

    突然廃止された高額旧紙幣で置物づくり

     26日、インド西部アーメダバードで、シュレッダーで切り刻んだ紙幣を材料に、卓上飾りの置物などの制作に取り掛かる国立デザイン大学のデザイナーと学生たち。

     昨年11月に突然廃止された高額紙幣の1000ルピー札と500ルピー札が使われている。(AFP=時事)

    1
    続き

    日露首脳会談、領土問題置き去りに要警戒

     ロシアを訪問した安倍晋三首相はプーチン大統領と会談し、北方領土の共同経済活動のために4島への官民現地調査団を5月にも派遣することや、元島民による航空機を使っての国後、択捉両島への特別墓参を6月に実施することなどで合意した。

     領土交渉進展に向けた環境整備の一環だが、領土問題をめぐるロシアの強硬姿勢は変わっていない。共同経済活動に関する協議は慎重に進めるべきだ。

    4島に官民調査団を派遣

    1
    続き

    「牟婁の温泉に獨りのこりて春惜む」(福本…

     「牟婁(むろ)の温泉に獨りのこりて春惜む」(福本鯨洋)。少しずつ暖かくなり、汗ばむほどの陽気の日もある。あすからは5月。ゴールデンウイークの最中、草木の若葉が緑の色を濃くし、そこを通り抜ける風にも、さわやかな木々の命の香りを感じる。

     この時期は過ごしやすい季節でもある。気流子は1年の中でもこの初夏と秋を好ましく感じることが多い。真夏のような暑さも湿度もないので、快適だからである。

    0
    続き

    トキ、2年連続で「純野生」ひなが誕生

     環境省は28日、新潟県・佐渡島の自然界で生まれ育った国の特別天然記念物トキのペア1組から、ひな1羽がふ化したのを確認したと発表した。「純野生」のひな誕生は今年初めてで、2年連続となる。

     同省によると、ひなが生まれたのは雄、雌ともに年齢不明のペア。3月16日に営巣が確認され、モニタリングチームが4月23日に巣を撮影し、映像からひなを見つけた。

    1
    続き

    文化庁、「日本遺産」に23道府県の17件を認定

     文化庁は28日、文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」に、忍者をテーマにした「忍びの里 伊賀・甲賀」(三重県・滋賀県)など23道府県の17件を認定した。2015年に認定を始め、今回は3回目。累計は40道府県の54件になった。

    0
    続き

    日本91・5684点をマーク、チームTRで首位

     シンクロナイズドスイミングのジャパン・オープンは28日、日本選手権を兼ねて東京辰巳国際水泳場で開幕し、チームのテクニカルルーティン(TR)で日本は91・5684点をマークして首位に立った。フリールーティン(FR)は30日に行われる。

    0
    続き

    群れる相手を、尾びれの動きなどで総合的に観察

     メダカが群れをつくる仲間を判断する際、相手の形や色だけでなく、尾びれの動きや泳ぐ様子を総合的に観察していることが分かった。基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と九州大の研究チームが24日までに、米科学誌プロスワンに発表した。

    0
    続き

    「ハチノスツヅリガ」の幼虫がポリ袋を分解

     魚釣りなどの餌として市販されるガの幼虫が、ポリ袋の主な素材であるポリエチレンを食べて分解することが分かった。英ケンブリッジ大とスペイン国立研究協議会の研究チームが25日、米科学誌カレント・バイオロジー電子版に発表した。分解酵素の作用と考えられ、特定して生産できれば、大量のポリエチレンごみの処理に利用できるという。

    0
    続き

    12歳少女が男と駆け落ち?

     フィリピンではソーシャル・ネットワーキング・サービスのフェイスブックが庶民にまで深く浸透し、まさにライフラインのような存在となっている。もはやアカウントを持っていない人を探すのが難しいほどだ。幼い子供も例外ではなく、親の知らないところで危うい人間関係を築いてしまうことも多い。

    1
    続き

    昭和の日、苦楽共にした皇室と国民

     きょうは「昭和の日」。昭和天皇の誕生日である。「激動の昭和」を偲(しの)びつつ、日本の未来に思いを致したい。

     忘れ難い特別な時代

     昭和から平成へと御代が移り、その平成も29年となった。有識者会議の報告を受け、来年をめどに天皇陛下が退位される方向で、政府や国会の調整が行われている。

    2
    続き

    寿司ネタとして人気の高いマグロ。中でも…

     寿司(すし)ネタとして人気の高いマグロ。中でもクロマグロ(ホンマグロ)は抜群の人気を誇る。しかしその資源量はどんどん減っており、海域ごとに国際的漁獲規制が行われている。

     太平洋のクロマグロについても、漁獲量の上限が国ごとに設定されている。そのうちの30㌔未満の小型魚は、今期の日本の漁獲量が6月の終了を前に既に上限を突破してしまったという。早くたくさん獲(と)れて良かった、ということにはならないのだ。

    1
    続き

    アルカイダと統合交渉か

    IS、戦闘員ら地下へ

     イラクとシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)が支配地を失う一方で、ジハード(聖戦)をめぐって主導権争いを繰り広げてきたISと国際テロ組織アルカイダが再統合への動きを見せている。  米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の多国間脅威計画のトマス・サンダーソン所長は、「ISは蹴散らしたが、アルカイダのネットワークの存在を忘れてはならない」と指摘、ISの元を離れた戦闘員らがアルカイダに加わろうとする動きがすでに出ていることを明らかにした。

    2
    続き

    白紙の本がベストセラーに

     米国で「民主党に投票する理由」という本が話題になっている。タイトルだけ見ると米民主党を支持する内容に思えるが、実はその逆。見出し以外は白紙で、「民主党には支持できる政策がない」という強烈な皮肉になっているのだ。

     2月に出版されてから瞬く間に話題になり、通販最大手アマゾン・ドット・コムのベストセラーランキングで上位に入るなど、これまでに約8万5千冊を売り上げた。

    2
    続き

    TPPは「回復不可」と最終判断していいのか

     大統領選挙に突入した中で、安保論争がブラックホールのように韓半島イシューを吸い込んでいる。「先制打撃」「戦争危機」はいつのまにか日常表現になった。

     その一方で通商イシューも目が離せない。特に環太平洋連携協定(TPP)の行方は見過ごしてはならない。日本は米国が参加しなくても11カ国だけでTPP締結を本格化すると宣言している。

    1
    続き

    政権の命運懸ける国民投票 中谷 元氏

    衆院憲法審査会与党筆頭幹事 中谷 元氏

    安倍晋三首相が3月5日の自民党大会で、憲法施行70年の節目に自民党から憲法改正を発議できるように、議論に入らなければいけないと前向きな話をした。憲法審査会の状況はどうか。

    5
    続き

    THAAD配備、韓国次期大統領も支持せよ

     米韓両軍は韓国南部・星州(慶尚北道)への配備が決まっていた北朝鮮弾道ミサイル迎撃用の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」システムの一部装備を搬入した。韓国はまだ北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するための十分な迎撃能力を確保しているとは言えず、その意味で今回の搬入は極めて現実的かつ不可欠な措置である。

     北の脅威で待ったなし

    3
    続き

    妖精シャラポワ「最高の気分」、復帰戦で快勝

     観客の拍手を受け、緊張した面持ちでコートに立ったシャラポワ。1年3カ月ぶりの復帰戦でストレート勝ちを収めると、何度も声を張り上げて感情を爆発させた。「最高の気分。いつ復帰できるか分からなかったし、長い間この瞬間を待っていたから」

    1
    続き

    笑いの効能をがん医療で研究、吉本興業など協力

     大阪国際がんセンターは27日、笑いががん患者の免疫機能や生活の質(QOL)に与える影響を医学的に検証すると発表した。関西に拠点を置く芸能事務所の松竹芸能、米朝事務所、吉本興業が協力する。患者に落語や漫才を鑑賞してもらい、血液検査で変化を調べる全国初の取り組みで、研究成果は国際学術雑誌に公表する予定だ。

    0
    続き

    特別表彰の浅田さん「挑戦忘れず、失敗恐れず」

     日本スケート連盟は27日、東京都内で開いた2016~17年シーズン表彰祝賀会で、現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんの功績をたたえて特別表彰した。特別表彰は初。浅田さんは「選手の頃は常に挑戦し、失敗から学んで成功できた。これからの人生も挑戦を忘れず、失敗を恐れずに前進したい」とあいさつした。

    1
    続き