■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    18歳のサニブラウンが10秒06、驚異の好記録

     9秒台をめぐる桐生ら4人の激戦が注目された男子100メートル。予選、準決勝で最も驚かせたのは、それらの誰でもない18歳のサニブラウンだった。2レースとも10秒06の好記録を連発し、「自分でも正直びっくり」。世界選手権代表争いに一気に食い込んだ自分の快走に目を丸くした。

    0
    続き

    「子供や孫を見守って」「戦、ねんぐとぅに」

     沖縄戦終結から72年を迎えた23日。沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園には、早朝から多くの遺族らが訪れた。照り付ける日差しの下、犠牲者の名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」に手を合わせ、鎮魂の祈りをささげた。

    0
    続き

    歌舞伎俳優の海老蔵さん「妻が旅立ちました」

     歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)が23日午後、東京都内で記者会見し、「昨日夜に、妻麻央が旅立ちました」と語り、妻でキャスターの小林麻央(本名堀越麻央)さんが22日に死去したことを報告した。

    0
    続き

    上野動物園のパンダの赤ちゃん、性別が雌と判明

     上野動物園(東京都台東区)は23日、同園で12日に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの性別が雌と判明したと発表した。健康状態は良好で、誕生直後に比べ体重は2倍近くに増えた。

     同園によると、22日に3回目の身体検査を実施。中国ジャイアントパンダ保護研究センターから招いた専門家らと目視で確認し、さらに同センターにも画像を送って判定した。

    0
    続き

    京都の「祇園祭」、今年の「稚児」は小学4年生

     7月に京都市で開かれる日本三大祭りの一つ「祇園祭」。ハイライトである17日の山鉾(やまほこ)巡行で、神の使いとして先頭を行く長刀鉾(なぎなたほこ)に乗り込む稚児(ちご)に、今年は同市中京区の小学4年、林賢人君が選ばれた。

     サポート役の禿(かむろ)は、同じ小学校に通う同級生の桐原真優君と小嶋啓太君が務める。

    0
    続き

    沖縄「慰霊」の日 、平和への誓い新たに

     沖縄戦の犠牲者らを悼む沖縄全戦没者追悼式(主催・沖縄県など)が「慰霊の日」の23日、糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で開催された。県内外の遺族ら約4900人が参列。正午の時報に合わせて参列者が1分間の黙祷(もくとう)をささげた後、献花し、平和への誓いを新たにした。

    3
    続き

    豊洲移転、混乱を招く2市場の併存

     東京都の小池百合子知事は、築地市場から豊洲市場への移転問題で、市場を豊洲に移転し、築地市場は再開発して食のテーマパークとし市場機能も持たせる併存案を発表した。長い時間を掛けてようやく出た方針だが、2市場併存は非効率、非現実的で混乱を招きかねない。

    小池知事「築地は守る」

    1
    続き

    「『愛してる』と言って、そのまま旅立ち…

     「『愛してる』と言って、そのまま旅立ちました」。歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻でキャスターの小林麻央さん(34)が息を引き取る瞬間の様子を、海老蔵さんが記者会見で明かした。涙で目をぐしょぐしょにしながら。

     乳がんにかかり、闘病生活をブログで発信して英BBC放送の「女性100人」にも選ばれた麻央さん。最後の瞬間に「愛」という最も大切なメッセージを夫に残して旅立っていった。見事というしかない。

    4
    続き

    都知事選告示、259人出馬

     東京都議選(定数127)が23日告示され、42選挙区に259人が出馬し7月2日の投開票に向け10日間の選挙戦の火蓋が切って落とされた。各党代表は街頭に繰り出し、支持を訴えた。台風の目となる小池百合子知事が率いる「都民ファーストの会」は50人を公認し、60人を擁立した自民党と激突する。過半数を確保し、都政運営の基盤を築けるかが焦点となる。

    >> 【詳細記事】都議選2017告示日、各党代表の第一声

    4
    続き

    都議選2017告示日、各党代表の第一声

    自民党・二階俊博幹事長  実力、実績にふさわしい得票を頂戴できるよう、党本部は候補者を応援していきたい。東京都はたくさんの問題を抱えているため、東京都議会の責任も極めて重要だ。皆さんの力をいただいて圧倒的多数の得票で当選し、先頭を切って頑張っていってもらいたい。東京は日本を引っ張っていくトップリーダーだ。今までにない選挙を戦っている。東京五輪・パラリンピックの開催の時に先頭を切って活躍できる立派な候補者に、みんなで力をつけていただきたい。東京が世界に輝けるように私や自民党も全力を挙げて押し上げていく。(北区の「北とぴあ」前)

    3
    続き

    ご飯食べ放題禁止法?

     フィリピンは日本と同じく米食の国だ。三度の食事にご飯は欠かせず、庶民は少ないおかずに大量のご飯でお腹を満たす。

     そんな庶民に人気なのがバイキングなどの食べ放題や、ご飯食べ放題のレストランだ。飲み物は甘いコーラなどのソフトドリンクが定番ときており、このような食生活から肥満に陥って、糖尿病や高血圧などの成人病を患う国民がとても多く、死因の上位を占めている。

    2
    続き

    文正仁氏の“韓米軍事訓練縮小”発言の波紋

     文正仁(ムンジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が「韓米同盟がサード(高高度防衛ミサイル)のために壊れるならば、同盟でもない。北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば、米国と韓米軍事訓練を縮小することもできる」と発言した。韓米首脳会談を2週間後に控えて出てきたものだけに、大きな波紋が予想される。

    4
    続き

    東京都議選告示、五輪成功に向け堅実な選択を

     東京都議会議員選挙がきょう告示される。2020年の東京五輪・パラリンピック大会を担う重要な任期を懸けた選挙だ。また、二元代表制の地方自治体で首長の小池百合子知事が都民ファーストの会を結成して自ら党首に就任して挑むことから、知事の1年近い都政への審判となる性格が明確になった。東京都の有権者に責任ある1票を期待したい。

     小池都政1年への審判

    4
    続き

    沖縄地方は平年より1日早く梅雨明け

     気象庁は22日、沖縄地方が平年より1日早く梅雨明けしたとみられると発表した。

    2
    続き

    アスタナ万博の日本館で、省エネ技術を紹介

     中央アジアのエネルギー大国・カザフスタンの首都アスタナで国際博覧会(万博)が開催されている。共通テーマは「未来のエネルギー」。石油などの資源に乏しい日本は、自国が磨き上げた省エネなどの最先端技術を「世界に誇る最大の資源」と紹介し、持続可能な発展のため国際社会に貢献したい考えだ。

    0
    続き

    元Jリーガーの本田慎之介さん、サッカー教室

     国連が制定した「世界難民の日」の20日、ミャンマー難民が暮らすタイ北部ターク県のヌポ難民キャンプで、バンコク在住の日本人元Jリーガー、本田慎之介さん(26)によるサッカー教室が開かれた。

    0
    続き

    台湾の魅力に浸ろう、円卓を並べ伝統的な宴を再現

     台湾の魅力を発信する「台湾フェスティバルTOKYO2017」(主催=台湾を愛する会、同フェスティバル実行委員会)が22日、東京・上野公園で始まった。

    1
    続き

    ペンギンの赤ちゃん、名前は「わっしょい」

     すみだ水族館(東京都墨田区)は4月19日に誕生したマゼランペンギンの赤ちゃんの名前を「わっしょい」に決め、名前の発表と展示プールデビューのイベントを22日、同水族館で行った。

     同水族館は「元気な東京」をテーマに、赤ちゃんの名前を来場客から募集。「わっしょい」は、5月末までに応募があった1万3313通の中から選ばれた。和を背負う、皆の輪の中に一緒に入ってほしいなどの意味が込められている。

    0
    続き

    「梅雨の崖富者は高きに住めりけり」(西島麦南…

     「梅雨の崖富者は高きに住めりけり」(西島麦南(ばくなん)、1895~1981)。崖に梅雨の雨が降っている。崖を見上げれば、その上の方には経済的に豊かそうな人が住んでいる。この流れからすれば「崖の下には富者でない人が住んでいることが多い」ということになる。

     「高き」と言えば、昨今のタワーマンションが思い浮かぶ。階が上になるほど家賃や価格が高くなる。だが「それでも上の階に住みたい」という欲望はなくならない。

    2
    続き

    台湾新幹線の旅 総統府や名物のエビ釣りを堪能

     台湾の新幹線は、見た目は日本のものと違うのだが、中は日本と同じ。まるで日本の新幹線に乗ったような錯覚を起こす。  用事を済ませて台南から台北へもどる途中の台中は、ビルが立ち並ぶ産業都市だ。日本でいえば名古屋のようなところ。

     台北に帰ってきて、総統府や食堂街が集まる夜市(よいち)、台湾名物のエビ釣りを楽しんだ。  総統府とは、米国のホワイトハウスに相当する建物で要するに「大統領府」だ。日本統治時代の「台湾総督府」の建物をそのまま使用している。平日午前中にはコース見学もできる。  夜市は台湾のみならず、東南アジアの中華圏で見られるものだが、台湾のそれは規模も数も多い。

    3
    続き

    ひったくり事件に思う

     先日、サンパウロ市内を歩いていると、すぐ後ろから「泥棒だ、助けてくれ」という大声が聞こえてきた。驚いて振り返ると、ほんの数㍍先で30代の白人男性が大声を出しており、その先に走り去る若い男の姿があった。

    3
    続き

    大統領夫人の内助

     男子ゴルフ世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。かつて何度も優勝目前で失速し“ノミの心臓”と呼ばれた。彼が変わったのは2012年、婚約者のポーリナ・グレツキーに出会ってからだ。

    3
    続き

    【Podcast】我那覇真子氏「日本の報道自由」報告者と沖縄活動家の“親密な関係”指摘

     「琉球新報、沖縄タイムスを糾す会」(代表運営委員・我那覇真子氏)は16日、都内で、第35回国連人権委員会で行ったスピーチとジュネーブ市内で行ったシンポジウムについての報告会を行った。  我那覇氏に同行したカナンファーム代表の依田啓示氏も同席した。

    5
    続き