■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    韓国与党代表、米政権の対北強硬姿勢支持

     韓国与党「共に民主党」の秋美愛代表はワシントン・タイムズとのインタビューで、トランプ米大統領は、就任当初から北朝鮮の核開発問題を政策の優先課題に据え、両国間で激しい非難の応酬が続いているものの、交渉による解決の可能性が高まっているとトランプ政権の対北政策を評価した。

    1
    続き

    豊橋鉄道、走る屋台「おでんしゃ」の運行を開始

     豊橋鉄道(愛知県豊橋市)は、走る屋台「おでんしゃ」の運行を始めた。10年前に運行を開始し、毎年11月から翌年2月まで走らせている。

     ノスタルジックな車内では、特製おでんと飲み物を用意。豊橋駅前から運動公園前の往復9・4キロを約1時間20分かけて運行し、程よいスピードと心地よい揺れがお酒を進ませる。

    0
    続き

    安倍昭恵氏「今年は学校のことでいろいろ」

     安倍晋三首相夫人の昭恵氏は23日、三重県伊勢市で開かれた民間団体主催のシンポジウム「第1回世界こどもサミット2017」に出席した。学校法人「森友学園」が開学を予定していた小学校の名誉校長に一時就いていた昭恵氏は、学校教育について発言を求められ、「今年は学校のことで、いろいろございました」と述べ、会場の笑いを誘った。

    0
    続き

    分岐点に立つ政府と検察の積弊清算作業

     文在寅(ムンジェイン)政府と検察の積弊(積み重なった弊害)清算作業が分岐点に立っている。あちこちで“抵抗のバリケード”が築かれ、保守系メディアは「過度な捜査ではないか」と問い詰め、「積弊清算を装った政治報復」だと批判する。

    0
    続き

    広がる喫煙規制

     タイ政府は今月、タイ国内の主要海岸での喫煙および吸い殻のポイ捨てを禁止する通達を出した。近い将来には、タイの全ビーチを禁煙とする方針で、今回はその第一段階となる。

     全世界で製造されているたばこは45兆本。このうち約3割がポイ捨てされ、環境汚染の原因になっているとされる。

    0
    続き

    ジンバブエ次期大統領、民主主義定着と経済再生誓う

     ジンバブエのムガベ大統領辞任に伴い、亡命先の南アフリカから22日に帰国したムナンガグワ前副大統領(71)は同日夕、与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)の党本部で演説し、「われわれは新たな広がりのある民主主義の始まりを目撃している」と語り、民主的プロセスによる国家再建に尽力する考えを表明した。同国の国営テレビによると、ムナンガグワ氏は24日に大統領に就任する予定。

    0
    続き

    人々の欲望に巻き込まれて生き抜いた女性の悲劇

     フランスの文豪、ギィ・ド・モーパッサンの名作『女の一生』はこれまで日本でもたびたび映画化されてきた。思い浮かべるのは、ある運命に翻弄(ほんろう)された、不幸な一人の女の像。度重なる夫の裏切りに遭い、夫の死後も息子の金銭問題に悩まされ、しまいに自ら財産を失ってしまう。今日、表面上は生き方に多くの選択肢があるように感じられる時代になった。しかし選べるようになった裏では、自己責任という言葉が付きまとい、社会の問題を個人の問題にすり替えてしまう残酷さが蔓延(まんえん)している。

    0
    続き

    国を挙げ大学入試、今年も白バイで送り届ける

     韓国南東部の浦項で発生した地震を受け、延期されていた大学修学能力試験が23日、全国1180の試験会場で実施された。

     受験戦争の激しい韓国では、日本の大学入試センター試験に相当する大学修学能力試験は一大行事。遅刻しそうな受験生を警察官が白バイで送り届けるなど、今年も国を挙げて見守った。

    0
    続き

    テロ支援国再指定、北朝鮮への圧力強めていけ

     トランプ米大統領が北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。2008年に当時のブッシュ政権が指定を解除して以来、9年ぶりのことだ。北朝鮮が国際社会の批判や自制を求める声を無視して核・ミサイルの脅威を高め、テロ行為を繰り返してきたことを考えれば当然の措置である。最大限の圧力によって北朝鮮の暴走に歯止めをかけなければならない。

     金正男氏殺害など念頭

    1
    続き

    高さは6メートル、銀座で輝くクリスマスツリー

     東京・銀座の宝飾品販売大手ミキモトがクリスマスツリーをイメージした「ミキモト ギンザ ツリー 2017」の展示を23日から始めた。

     一番高いツリーは約6メートル。発光ダイオード(LED)を使用し、刻々と色が変化する演出が楽しめる。展示は来月25日まで。

    1
    続き

    「全く、どんな事でも起り得るのだ」と虎に…

     「全く、どんな事でも起り得るのだ」と虎に変身してしまった男は、無念さをかみしめながら再会した旧友に向かって言う。中島敦の名作「山月記」(昭和17年)の中の言葉だ。

     人間が虎になることはないが、「どんな事でも起り得る」のは、人間世界の真実だ。その点で「教養こそは、(略)前例のない出来事が起こったときに、ものごとを決めるのに唯一、参考になるものです」(橋爪大三郎著『正しい本の読み方』講談社現代新書)という言葉には、納得するところが多い。

    3
    続き

    ジンバブエ ムガベ氏、辞任表明

     ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(93)は21日、辞任を表明した。同国で37年間続いた長期独裁政治がついに終焉(しゅうえん)した。ムガベ氏が率いてきた与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZAZU-PF)は同日、議会にムガベ氏の弾劾決議案を提出。議会が同大統領への弾劾手続きを開始した直後に議会の審議が中断され、ムデンダ下院議長が「即刻辞任する。円滑な権限委譲を望み、自発的に辞任を決めた」とのムガベ氏の書簡を読み上げた。

    0
    続き

    24万円のアイフォーン

     世界的なブームを巻き起こしている米アップルのスマートフォンの新製品「iPhone X(アイフォーン・テン)」が、ブラジルで12月8日に発売されることが決まった。気になる価格だが、内蔵メモリー64ギガ版が7000レアル(約24万円)、256ギガで7800レアル(約27万円)というから驚きだ。

    0
    続き

    “ゴム紐”月探査

     月は地球から38万㌔離れた、最も近い天体だ。1959年に旧ソ連の月探査船ルナ2号が月の表面に初めて到着した。10年後の69年、人類が月に第一歩を記した。無人探査は76年8月、ルナ24号を最後に三十数年間、事実上、脈が途絶えていた。その後は2013年12月、中国の無人探査船「嫦娥3号」が着陸したのが唯一だ。これまで月の表面に着陸した国は米国、ロシア、中国だけだ。月の探査に成功した国は米国、ロシア、欧州、日本、中国、インドだ。

    0
    続き

    “トランプ見直し”ブーム

     ドナルド・トランプ米大統領が日本、韓国、中国などアジア歴訪を終えた。韓国政府とメディアは「トランプが変わった」と評価した。訪問前の“トランプリスク”の心配が消えるほどだった。

     トランプは自身に対する訪問国の心配が分かったようだ。彼はメディアと視聴者の反応を見て、今回の日程を消化した。平沢米軍基地と大統領府での韓米首脳会談、国会演説でそれぞれ違う姿を見せたのだ。

    0
    続き

    米議会報告、中国による影響力排除を懸念

     米議会の超党派諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」は中国の動向に関する年次報告書を公表した。

     報告書は、中国がシルクロード経済圏構想「一帯一路」などを通じて周辺諸国の取り込みを図り、アジアでの米国の影響力を低下させようとしていると警告している。

     共産党大会で「強国路線」

    0
    続き

    上野動物園、「シャンシャン」を来月一般公開

     東京都は22日、上野動物園(台東区)で6月に誕生した雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」を12月19日に一般公開すると発表した。母親シンシンと共に公開する予定で、来年1月末までは抽選に当選した人を対象とし、公開時間を限定する方針。

    1
    続き

    トランプ米大統領、七面鳥2羽に初の「恩赦」

     米国で家族が集まって七面鳥を食べる習わしがある感謝祭を控えた21日、食べられる運命にあった七面鳥に大統領が「恩赦」を与える恒例行事がホワイトハウスで行われた。トランプ大統領は初めての参加。

     メラニア夫人、三男バロン君とともに姿を現したトランプ氏は、「感謝祭の木曜日、誇るべき米国民の信頼と忠誠、愛情の絆を新たにしよう」と国民に融和を呼び掛けた。

    0
    続き

    農研機構などが青いキクの花を報道陣に公開

     農業・食品産業技術総合研究機構などは22日、遺伝子導入で生み出した青い花を咲かせるキクを報道陣に公開した。青いバラやカーネーションを商品化したサントリーグループのサントリーグローバルイノベーションセンターとの共同研究。

     農研機構の野田尚信上級研究員は「10年以内に完成し、婚礼やお祝いなどで使ってもらいたい」と話している。

    0
    続き

    イオン、高齢者サービス充実の新店舗をオープン

     高齢者向けの商品やサービスを充実させた総合スーパー「イオンスタイル検見川浜」(千葉市)が23日にオープンする。店舗はJR京葉線の検見川浜駅に隣接。高齢世帯の暮らしを意識し、使い勝手の良い日用品や食品などの販売に加え、健康相談から電球交換まで「かゆいところに手が届く」サービスをそろえた。

    0
    続き

    500ccオートバイ1台に58人、定員オーバー?

     インド南部ベンガルールで19日、500ccオートバイ1台で運べる人数を競う世界記録に挑戦するインド陸軍チーム。

     運転手が見えないほど乗り込んだ人数は58人。この状態で1キロ以上の走行に成功したそう。

    0
    続き

    ステージでライブが行われていた。東京都…

     ステージでライブが行われていた。東京都青ヶ島村に伝わる島唄と太鼓の演奏で、唄は横手ありささん、太鼓が荒井智史(さとし)さんと荒井康太さんによる演奏。この還住太鼓は郷土芸能で、島の歴史が刻まれている。

     2人で叩(たた)く古い太鼓が静かに波のようにリズムを刻み、だんだん強くなっていく。そこに唄がアドリブのように入り、静かに島を歌う。昔の人々の素朴な生活を今に伝えているかのようだ。

    2
    続き

    パワーアップイベント、再生メダルに協力呼び掛け

     携帯電話やパソコンなどの小型家電を回収し、東京五輪のメダルに再生利用するプロジェクト推進のPRイベントが21日、東京・西新宿の都庁で行われた。「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」パワーアップイベントと名付けられ、大掃除シーズンを前に小型家電の回収するのが狙い。

    1
    続き