■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    シャペコエンセが身上の粘り発揮、再建へ一歩

     深い悲しみに暮れてから9カ月。一からの立て直しを迫られたシャペコエンセは、終盤に浦和にPKを決められて屈したが、身上の粘り強さは最後まで発揮した。

    0
    続き

    江戸の知恵「打ち水」で涼しくおもてなし

     暑い夏に涼を得るための江戸の知恵「打ち水」が東京のおもてなしとして定着することを目指し、東京・丸の内の東京国際フォーラムで15日、「打ち水日和」が行われた。

    0
    続き

    訪日客の消費の勢いが回復、「自分買い」へ

     訪日外国人旅行者(インバウンド)消費が勢いを取り戻してきた。中国人らが家電製品などを家族・知人の分までまとめ買いする「爆買い」は影を潜め、対面販売で化粧品を試しながら購入するといった「自分買い」へのシフトが目立つ。日本ならではの体験を味わえる「コト消費」への期待も高く、百貨店や観光業界が知恵を絞っている。

    0
    続き

    女王アリの精子体内貯蔵10年超、謎に迫る

     女王アリが雄と交尾した後、大量の精子を10年以上も体内に蓄えられる謎を解く上で、手掛かりとなる12個の遺伝子が特定された。甲南大(神戸市)や基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)、琉球大などの研究チームが13日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

     研究チームは今後、この遺伝子からたんぱく質を合成し、精子と一緒に培養する実験などを行って機能を解明する方針。

    0
    続き

    「ビッグベン」の大規模補修で、鐘の音沈黙へ

     「ビッグベン」の愛称で知られる英議会議事堂の大時計塔(エリザベス・タワー)の鐘の音が大規模な補修のため、21日正午(日本時間同日午後8時)から2021年まで沈黙する。議会が14日、発表した。

     ビッグベンはロンドンを象徴する建造物の一つで、15分ごとに鐘を鳴らし、観光客にも親しまれている。今年初めから時計塔全体の改修作業が始まっていた。

    0
    続き

    4~6月GDP、内需主導をどう定着させるか

     2017年4~6月期の実質GDP(国内総生産)は前期比1・0%増、年率換算では4・0%増と市場の予測を大きく上回る伸びになった。個人消費と設備投資などの内需が成長を牽引、輸出の落ち込みを補い高成長を支えた。

     数字を見れば理想的だと言える。だが、高成長の背景には一時的要因もある。好調の持続性への疑問点は少なくない。楽観は禁物である。

     一時的要因による高成長

    0
    続き

    沖縄マンゴーのセールス戦略を

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄を代表する南国フルーツがマンゴーだ。近年、農産物直売所が普及するにつれ、手軽な庶民の果物として食べられるようになった。

     7月末から8月中旬が旬だ。恩納村の道の駅おんなにある「なかゆくい市場」では、大玉が一つ300円程度で売られていた。

    1
    続き

    今年は全国的に曇りや雨の日が多く、夏らしくない…

     今年は全国的に曇りや雨の日が多く、夏らしくない夏である。東京では8月に入って15日間、雨の降らない日はなく、40年ぶりという。熱中症の危険を伴うようでは嫌だが、やはり夏は適度に暑い方がいい。

     季節のサイクルを体が覚えているからだろう。それはこの列島に住み着いたわれわれの先祖たちも経験してきたものだ。この経験は、さまざまな行事や生活の知恵としてわれわれに伝えられてきた。

    2
    続き

    ボルトが引退セレモニー、「本当に寂しい」

     陸上男子100メートルと200メートルの世界記録を持つウサイン・ボルト(30)ジャマイカが13日、ロンドンで行われた世界選手権最終日の競技終了後の引退セレモニーに臨み、「立ち去らなければならないことは本当に寂しい」と心境を語った。

     セレモニーでは国際陸連のセバスチャン・コー会長らから、2012年ロンドン五輪で使われた競技場のトラックの一部を額に入れた記念品が贈られた。

    0
    続き

    赤ちゃんパンダ3010・4グラム、順調に成長

     上野動物園(東京都台東区)は14日、同園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんが12日で2カ月を迎えたことから、写真を公開した。母親「シンシン」とともに健康状態は良好だという。

    0
    続き

    五つ星キャンピング場

     フランスでは最近、四つ星以上の高級キャンプ地に人気が集まっている。ホテルだけでなくキャンピング場も星の数でランキングされるフランスでは、2010年の見直しで、それまでなかった五つ星のランクも加わった。

    0
    続き

    前法王批判が飛び出したバチカン

     バチカン法王庁には2人のローマ法王がいる。フランシスコ現法王と前法王ベネディクト16世だ。両法王はこれまで大きな問題を起こすことなく共存してきたが、ここにきて前法王ベネディクト16世への批判の声が飛び出してきたのだ。ベネディクト16世は保守派聖職者のメンター(指導者)だ。バチカン内の改革派はいよいよ保守派の本丸へ戦いの駒を進めてきた。 (ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    大相撲の横綱稀勢の里、復興願い土俵入り

     大相撲の横綱稀勢の里が14日、東日本大震災の被災地、岩手県釜石市で復興を祈願する土俵入りを日馬富士とともに行った。太刀持ちに輝、露払いに盛岡市出身の錦木を従えて雲竜型を披露し、集まった地元ファンらから大歓声を浴びた。

    0
    続き

    小鳥型ロボット「チャーピー」と英会話

     教育ソフトの開発を手掛けるCAIメディア(浜松市)は、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などの技術を活用した小鳥型の英会話学習ロボット「チャーピー」をこのほど開発した。ネット上の膨大な情報を集めたクラウドサービスを使うことで、利用者の英語力や興味に合わせて応答し、自然な英会話が楽しめるという。福地三則社長は「チャーピーで気軽に英会話を克服してほしい」と話している。

    0
    続き

    アニメイベント「オタコン」ワシントン初登場

     ワシントンで開かれたアニメイベント「オタコン」で11日、日本の人気キャラクターのコスプレ姿を披露する若い女性たち。

     米国で毎年恒例となっている同イベントのワシントン開催は初めて。(EPA=時事)

    0
    続き

    終戦の日、平和を担保したのは抑止力

     72回目の終戦の日を迎えた。祖国に殉じ、戦火に倒れた300万同胞の御霊(みたま)に鎮魂の祈りを捧(ささ)げ、尊い殉国と犠牲を無駄にしないことを改めて誓いたい。

     空想的な日本国憲法前文

     先の大戦は、わが国始まって以来の本格的な敗戦に終わった。それに続く連合国軍による占領も、かつて経験したことのない出来事であり、このショックは日本人の思考から一時的にバランス感覚を失わせた。

    4
    続き

    紙の橋に10円玉が60枚乗ったよ

     お盆が過ぎ、夏休みも残りわずかになってきた。宿題の残りや、自由研究を何にしようと、アレコレと悩む時期になった。そんな中、東京都国分寺市の都立多摩図書館で小学生対象の、これならできる!自由研究講座「強い形をさがせ!」のイベントが行われた。

    0
    続き

    人生最後の日だったら……

     高齢者の終活がメディアでも盛んに取り上げられる。いつ“お迎え”が来ても安心と思えるからなのか、そうした人たちの表情はどこか晴れやかな印象さえ受ける。何かで読んだが、末期の病気の患者もある境地に達すると、それまでの人生以上に豊かな時間を送るという。いずれにしても、死を意識することは人間の幸福にとって重要な意味があるということだろう。

     アイフォーンなど革新的な製品を生み出し、2011年に死去した米アップル社の創業者スティーブ・ジョブズ氏は、04年にがんで余命宣告をされ、医師からは身辺整理をして家族に別れを告げるよう言われる。

    0
    続き

    終戦記念日の15日は立秋(7日)と暑さが…

     終戦記念日の15日は立秋(7日)と暑さが止(や)むという処暑(23日)の中間にも当たる。これにお盆が加わって、国のために命を捧(ささ)げた人や先祖を供養する中で平和と命の尊さ、死と人のルーツについて自(おの)ずと思いが深まる時である。

     現世と来世が結ばれ、夏と秋が綱引きをする8月。古来の祖霊崇拝と仏教行事とが習合したお盆行事は、一般に13日夕に苧殻(おがら)や松明(たいまつ)を燃やす「迎え火」であの世から祖霊を迎えることから始まる。

    0
    続き

    世界陸上で日本、男子400メートルリレーで銅

     陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で日本(多田、飯塚、桐生、藤光)が38秒04で銅メダルを獲得した。銀メダルを手にした昨年のリオデジャネイロ五輪に続く表彰台で、世界選手権では初のメダル。今大会で日本勢のメダルも初めて。

    0
    続き

    G生え抜き5人目、阿部慎之助が2000安打達成

     2000安打の偉業に、敵地の広島ファンも「慎之助コール」を贈った。一塁塁上で祝福の声を浴びた巨人の阿部は、「打ててほっとした。率直にうれしかった」。ヘルメットを取って大歓声に応え、最高の笑顔を振りまいた。

     九回の第4打席。1ボール2ストライクから、内角低めのフォークを巧みに捉えた。「フォークを頭に入れていた。うまく打てたと思う」。記念の一打をかみしめるように振り返った。

    0
    続き

    国交省、おいしい食事で船員の確保を目指す

     国土交通省は、国内の港を行き来する内航船の職場の魅力を高める一環として、船内で調理を担う国家資格「船舶料理士」の取得要件を緩和する方針を固めた。

     現行では、国家試験に合格した上で船内で最長1年の実務経験が必要だが、同省は年内にも、期間短縮に向けた検討を始める。栄養バランスの優れたおいしい食事を提供する環境を整え、減少する船員の確保を目指す。

    0
    続き

    仏ペリュサンの酒蔵で、「日本酒」出荷へ

     フランス南部ペリュサンの酒蔵で日本の酒米を使って造られた「日本酒」が飲み頃を迎え、来月から出荷される。鳥取県で酒造りを学んだ実業家のグレゴワール・ブフさん(35)は「日本の地酒の味わいをフランス人に伝えたい」と意気込む。

    0
    続き