■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    後藤 文俊 rss (海外ライター 経済)

    ライター一覧
    後藤 文俊

    アメリカ視察で積極的に学ぶ経営者・企業を支援する、新進気鋭!在米30年のアメリカン流通コンサルタント。米国流通視察セミナーやネットの情報発信を通してスピードある変化への挑戦と果敢なコミットメントを原則とし意欲ある経営者や学習者に大いなる気づきと感動を与える。
    ブログ:激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ
    URL:http://blog.livedoor.jp/usretail/

    【EC】サイバーマンデー最大!実店舗では55インチ4Kテレビが3万円弱も売れ残り?

     ■11月27日のサイバーマンデー(感謝祭の次の月曜日)は、オンライン売上高が史上最高額に達した。オンラインストア100社をモニターしているアドビ・アナリティクスのデータによると、サイバーマンデーに消費者が支出した総額は前年比16.8%増となる65.9億ドル。また、23日の感謝祭のオンライン売上高は前年比18.3%増となる28.7億ドル、翌日24日のブラックフライデーのオンライン売上高は16.9%増となる50.3億ドルだった。

    5
    続き

    【ウェグマンズ】NY市から最短距離に新店!ウェグマンズは女性に優しいピンク企業?

     ■創業から101年となるウェグマンズは9月24日、ニュージャージー州モントベールに新店をオープンした。ニュージャージー州では9番目の店舗となるウェグマンズ・モントベール店(100 Farm View Montvale, NJ 07645)は3,000坪を超える店舗面積に6.5万品目を持つ。同社では94店舗目となるモントベール店には7ヶ所目となる「バーガーバー(Burger Bar)」を導入しており、マーケットカフェのホットデリとは別に、人気メニューの「メイプル・オニオン・ベーコン・ハンバーガー」「サンタモニカ・ターキーバーガー」などを注文に応じて調理するスタイルをとっている。

    2
    続き

    【ブラックフライデー】客数1億6,400万人!シャープ50インチ4Kテレビも2万円台?

    ■全米小売業協会(NRF)が14日に発表した調査結果によると、ブラックフライデーを含む木曜日~日曜日にかけて買い物に出かけたり、オンラインで買物をする予定のある人は今年、全体の69%となる1億6,400万人になる見通しだ。

    2
    続き

    【メイシーズ】EC売上33四半期連続して二桁増も既存店売上が11四半期連続して減少!

     ■メイシーズが9日に発表した第3四半期(8月~10月期)決算では、引き続き既存店ベースが前年を下回った。売上高は店舗閉鎖やハリケーンの影響により前年同期比6.1%の減少となる52.8億ドルだった。純利益は店舗などの資産売却により前年同期の1,700万ドルから3,600万ドルと大幅に増加した。粗利益率は在庫を圧縮していることで前年同期の39.8%から39.9%と0.1ポイント増加。

     一般販売管理費率はリストラの費用等で37.8%と前年同期の37.5%から0.3ポイント増加した。メイシーズ店内で展開する提携業者からのコミッションを除く既存店・売上高前年同期比4.0%の減少だった。コートやブーツ、冬物アクセサリーが季節外れの温かさで売れず、既存店売上を低迷させた。なお既存店ベースの減少は11四半期連続となっており、リーマンショック時に記録した11四半期連続前年割れと並んだ形だ。前年同期の既存店ベースは3.3%の減少だった。オンライン売上高は発表していないものの、メイシーズによるとオンライン売上は33四半期連続して二桁成長している。

    2
    続き

    【ノードストローム】24時間カーブサイド・ピックアップ!日本の百貨店にJアラート?

     ■カーブサイド・ピックアップは利用者がネットで注文した商品を指定されている店舗駐車場にて受け取るサービスだ。大手チェーンストアではウォルマートが生鮮品などのカーブサイド・ピックアップを「ウォルマート・グローサリー」で行っており、スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも「クリックリスト」というサービス名で拡大している。食品以外でもターゲットが一部の店舗でテストを始めている。

     ただカーブサイド・ピックアップは店の営業時間に合わせて行われているのだが、なんとデパートメントストアのノードストロームは、24時間でカーブサイド・ピックアップを行うのだ。ノードストロームではネットで注文した商品を午前3時や午前4時でもお店の駐車場で受け取れるのだ。テストは12月16日~24日の期間で、シアトル市内にあるノードストローム本店やロサンゼルス郊外のサウス・コースト・プラザSCのノードストロームなど10ヵ所の限定で行われる。  利用の仕方はネット注文時にカーブサイド・ピックアップを選択し、受け取る10分前に電話もしくはテキストメッセージで所定の連絡先に連絡する。店舗の駐車場にあるカーブサイド・ピックアップ専用駐車スペースで待っていれば、スタッフが注文品を持ってきてくれるのだ。アマゾンがファッションでも存在感を増す中、ノードストロームは実店舗を生かしたオムニチャネル化で反撃する。

    2
    続き

    【ホールフーズ】店内でアマゾンエコーなどアマゾン製品販売!ポップアップストアも?

     ■ホールフーズ・マーケットは9日、100店以上の店舗でアマゾン・エコーなどアマゾン製品を販売することを発表した。また一部のホールフーズにはモール等に展開しているポップアップストアを導入する。ホールフーズで販売されるアマゾン製品はスマートスピーカーのエコー・ファミリーやファイアTV、電子書籍のキンドル、ファイアタブレットなど。スタッフが常駐してアマゾン製品のデモンストレーション等を行うポップアップストアは11月13日にイリノイ州シカゴ地区、ミシガン州ロチェスターヒルズ地区にあるホールフーズ内にオープンする。14日にはフロリダ州デイビー地区、カリフォルニア州パサディナ地区のホールフーズ、15日にはコロラド州デンバー地区のホールフーズにもポップアップストアがオープン予定だ。ブラックフライデーに合わせ販売開始と同時にアマゾン製品を20ドル~30ドル値引きして販売する。

    2
    続き

    【ウォルマート】ウォルマートペイがアップルペイを抜く?利便性で抜いている!

     ■アップルペイはアメリカの全小売店舗の約50%で利用できるモバイル決済サービスだ。その中には全米トップ100に名を連ねる小売企業67社も含まれている。アップルペイは今やマクドナルドやパネラブレッド、アルバートソンズ、ウォルグリーン、メーシーズ、JCペニー、オフィスデポ、ステープルズ、ベストバイなど数多くの大手チェーンストアで利用が可能となっている。

    2
    続き

    【CVSヘルス】アマゾン・エフェクトで薬局チェーン大手も当日宅配サービスを開始!

     ■ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは6日、処方箋などの宅配サービスを来年1月にも始めると発表した。ネット通販最大手アマゾンによるドラッグ市場への参入を前に顧客を囲い込むのが狙いとなる。

    2
    続き

    【モバイルオーダー】日経トレンディ「201X年ヒット予測ベスト20」にランクイン!?

     ■月刊情報誌の「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画となっている。そのランキングにアメリカの市場で既にトレンドになっているものがいくつか入っている。

    2
    続き

    【イータリー】最大の広さを誇るイータリーLAオープン!ハリウッドセレブの御用達?

     ■イタリア食材を楽しめるレストランとマーケットのイータリーが3日、ロサンゼルス近郊にオープンした。西海岸では初となるイータリーLA店(Eataly LA)は、ロサンゼルス副都心センチュリーシティの「ウエストフィールド・ショッピングセンター(Westfield Shopping Center)」の2階にオープンした。全米最大となる2,000坪近くのイータリーLAは3層になっており、モールの2階にあるメインエントランスの位置にはコーヒーやエスプレッソのラバッツァカフェにジェラートやイタリアのペストリー菓子カンノーロ、揚げパン菓子のボンボローニを売るショップがある。

    2
    続き

    【デジタル・インフルエンス】食品スーパーも生産者に語らせろ!ネット時代は形式知?

     ■店内でスマートフォンなどデジタル端末を駆使して商品等の情報をリサーチする消費者は増加傾向にある。こういった消費行動に影響を及ぼすデジタル・インフルエンスは店の売上に大きく影響している。

     調査会社デロイト社によると、2015年の食品売上高の33%がデジタルインフルエンスの要因があった。それが2016年には51%にも跳ね上がったのだ。毎日・毎週と頻度の高い買い物となるスーパーマーケットでも、顧客はスマートフォンを使って商品検索し、商品の種類を調べたり、レビューを読み、生産地や生産者等のリサーチをして買い物をしているのだ。

    2
    続き

    【ウォルマート】年末商戦の目玉は店内イベント!社長もサンタクロースで自撮り接客?

     ■ウォルマートは1日、店内で商品デモンストレーションなどを行うイベントなど、今年の年末商戦の戦略を発表した。店内イベント「ロック・ディス・クリスマス(Rock This Christmas)」は11月~12月まで、国内に約3,500店を展開するスーパーセンターで開催する。11月4日(土曜日)の「トーイ・ザット・ロック(Toys that Rock)」ではキッズ向けに人気のオモチャや新玩具などのデモンストレーションを行う。

    4
    続き

    【年末商戦】ついにオンラインストアが実店舗を抜く!地殻変動は店レイアウトに影響?

     ■全米小売業協会(NRF)は27日、年末商戦(11月~12月期)中にオンラインストアが実店舗をおさえて最も人気の購入先となるデータを発表した。オンラインストアがデパートメントストアやディスカウントストアなどを上回ったのは、NRFが統計を開始して以来初となる。NRFによると、調査会社プロスパー・インサイツ&アナリティクスが10月3日~10日に消費者7,349人を対象に行った調査では年末商戦の買い物をオンラインストアで計画しているとした人は59%に上った。オンラインストアは前年の57%から2ポイントの上昇となった。

    3
    続き

    【マクドナルド】モバイルオーダー徹底解説!カーブサイド・ピックアップに贅沢感も?

    ■マクドナルドは今年3月、年末までに国内の約1.4万店にモバイル・オーダー&ペイを導入すると発表した。モバイル・オーダーはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。

    4
    続き

    【アマゾン】リアル店舗展開が550ヵ所!積極投資で利益薄もプライム会員獲得のため?

    ■ネット通販最大手アマゾンのリアル店舗展開がこの1年で急拡大している。アマゾンのリアル店舗はダークストアを含めると547ヵ所にも上っている。

    2
    続き

    【ターゲット】ギフトナウ!ギフトカードより温かくてプレゼントよりもハズレがない?

     ■今月、自分に誕生日があると想像してもらいたい。毎年のように誕生日プレゼントを送ってくれる家族や友人・知人がいる。誕生日の数日前、デパートからメールで事前にプレゼントの確認通知が届いたら、あなたはどう思うだろうか?メールには「あなたの誕生日プレゼントにAさんが〇〇を贈ります」とある。

    2
    続き

    【ウォルマート】商品棚をスキャニングするロボット展開!欠品問題を解決できるのか?

     ■ウォルマートは26日、店内を動き回る在庫チェック・ロボットのテストを50店舗にまで拡大することを発表した。

    2
    続き

    【ウォルグリーン】600店閉鎖!独占禁止法をかわすもアマゾン効果で将来も閉鎖あり?

     ■ドラッグストアチェーンのウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは25日、同業のライトエイドの店舗取得に際し600店を閉鎖すると発表した。

    1
    続き

    【アマゾン】留守宅のドアを開け宅配!画期的もサービス拡大が極めて厳しい理由とは?

    ■配達員が留守宅のドアを開けて宅配するサービスを、ネット通販最大手のアマゾンが始める。不在時でも配達員が屋内に注文品を届けることで再配達を減らし、置き配による盗難被害を解消する。アマゾンが25日に発表した「アマゾンキー(Amazon Key)」は、ニューヨークやロサンゼルスなど37都市に住むプライム会員に限定したサービス。

     アマゾン・キーの利用には、アマゾンが自社開発した防犯・監視カメラ「アマゾン・クラウドカム(Amazon Cloud Cam)」と互換性のあるスマートロック、専用アプリからなる「アマゾンキー・インホーム・キット(Amazon Key In-Home Kit)」を購入する必要がある。120ドルのアマゾン・クラウドカムを含むアマゾンキー・インホーム・キットは250ドル~となっており、取付工事は無料だ。なお互換性のあるスマートロックは今のところエール(Yale)とクィックセット(Kwikset)の3種類となっている。インホームキットは11月8日から発売予定。不在宅での宅配ではまず、利用者のアプリに宅配予定の通知が届く。

    2
    続き

    【アマゾン】注文から2分でリアルにピックアップできたインスタント・ピックアップ!

     ■ネット通販最大手のアマゾンはプライム会員(プライム・スチューデントも含む)を対象に注文後すぐ商品を受け取ることができるサービス「インスタント・ピックアップ(Instant Pickup)」をピックアップ拠点の6ヵ所で行っている。ピックアップ拠点は、アマゾンが大学のキャンパス内や学生街に展開している窓口。アマゾン・ロッカーの他、返品用の宛先をプリントする端末、梱包用デスク、梱包材、スタッフが常駐するアシスタント受付カウンターを備えている。

    2
    続き

    【グローサラント】スーパーのイートインは貧乏くさい?なら米国の最新事例を見せよう!

     ■日本でも最近、「グローサラント」がメディアで取りざたされるようになってきた。先月オープンした成城石井のトリエ京王調布店をはじめ、イオンやヤオコー、オーケーといった大手スーパーがグローサラントを取り入れたスーパーを続々オープンしているためだ。

    0
    続き

    【アプリ】リアル店舗アプリの利用が増加!アプリ演習のないアメリカ流通視察なんて?

     ■アメリカ小売業はアプリ販促に忙しい。スーパーマーケットでさえ自社アプリを店内で宣伝しているのだ。例えばニューヨークを中心に94店舗を展開しているウェグマンズは店内を無料Wi-Fiにしているだけでなくウェグマンズ・アプリを訴求している。

    0
    続き