■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    平井 基之
    平井 基之
    東大に文理両方に合格した男
    石川 佐智子
    石川 佐智子
    元・公立中学教諭
    久保田 信之
    久保田 信之
    教育評論家
    太田 和宏
    太田 和宏
    地方・教育部長
    杉原 誠四郎
    杉原 誠四郎
    教育研究者
    棚橋 嘉勝
    棚橋 嘉勝
    元・文京区教育委員、教育評論家
    加藤 隆
    加藤 隆
    元・小学校教諭、名寄市立大学教授

    舟田 譲二 rss (教育)

    ライター一覧
    舟田 譲二

    カリフォルニア州立大学大学院(言語学)、カリフォルニア大学(UCLA)大学院(言語学)、バイオラ大学大学院(キリスト教教育学)卒。カリフォルニア大学助手、パサデナ大学講師、中央大学講師、通訳、翻訳、カウンセラー、キリスト教会牧師等を経て、現在は学習塾「アカデミー学院」学院長。

    成功への道のり / ウォルト・ディズニー

    “First, think. Second, believe. Third, dream. And finally, dare.” –Walt Disney – 1901-1966, Entrepreneur, Cartoonist, and Filmmaker「第1に考える。第2に信じる。第3に夢を見る。そして最後に思い切ってやってみる」 –ウォルト・ディズニー、起業家・漫画家・映画製作者 (訳 舟田譲二)

     ミッキーマウスの生みの親と言えば、ウォルト・ディズニーです。  彼が最初に描いて大ヒットした初代ミッキーマウスの動画はこんな感じでした。今のミッキーのイメージとはずいぶん違います。  『飛行機狂』という、チャプリンになんとなく似た感じのアナログ的でユーモラスな初期アニメ作品のひとつです。

    4
    続き

    風や星と一緒に空を飛ぶ

    “I might have been born in a hovel, but I am determined to travel with the wind and the stars.” –Jacqueline Cochran – 1906-1980, Aviator「私はみすぼらしい掘っ立て小屋でうまれたかもしれない。でも、私は風や星と一緒に空を飛ぶことを心に決めていた」 –ジャクリーン・コクラン、女性パイロット (訳 舟田譲二)

    ジャクリーン・コクランは通称「ジャッキー」と呼ばれていました。 貧しい家庭環境のものとで生まれ、育ち、父親は水車大工で、町から町へと移りながら暮らしていました。 ジャッキーが13~14歳の頃両親は離婚し、母親は再婚にも失敗しましたがジャッキーは再婚した父親の姓を受け継ぎました。

    3
    続き

    アルベルト・アインシュタイン / 本当の教育とは

    “Education is what remains after one has forgotten what one has learned in school.” –Albert Einstein「本当の教育とは、学校で学んだことを忘れてしまった後に残るものだ」 –アルベルト・アインシュタイン (訳 舟田譲二)

     教育に関してアインシュタインはたくさんの名言を残しています。 これもそのうちのひとつで、とても有名なものです。

    3
    続き

    「便利さ」の支払う代償

     先日の「AI(人工知能)は人か神か!?」の記事の中で、ここ数年でAIを活用した技術がどんどん進んできていて、今年の東京モーターショーでそれが競われているという内容をご紹介しました。

     車の自動運転の実用化はもはや時間の問題です。  自動車はこれまでのように、単に人や物を移動させる昔の「馬車」に変わる「自動」で動く車ではなくなり、動くコンピュータのようになります。そのためには、AIだけでなく情報通信技術(ICT)がより大きな役割を果たすようになります。  一見とても便利なように見えてみんな憧れていますが、これがとてつもない危険性をはらんでいます。 下の図はIPAセキュリティセンターの「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」からのものです。

    3
    続き

    真心から人に仕える / ディズニーランド

     ディズニーランドのクリスマス・ファンタジーのパレードがひと足早く昨日から始まりました。  沿道は人でぎっしり。

     愛嬌ふりまくミッキーやミニ、そして全スタッフが笑顔いっぱいで、来園者たちを笑顔にしようとサービスの限りを尽くします。たとえミッキーの着ぐるみを着ていても、その下で精いっぱいの笑顔で愛嬌を振りまいているのがその動きを見ていてわかります。 人々は幸せな気持ちになりたくて、毎年毎年このパレードを観に行きます。  ディズニーランドの成功の秘訣は、まさにサービスの精神です。

    2
    続き

    トランプ大統領「おもてなし」役 ピコ太郎

     訪日中のトランプ大統領。  昨日は朝から超多忙スケジュール。  午前中は日米の企業経営者らを前にスピーチ。  そのあと、メラニア夫人とともに皇居で天皇皇后両陛下と会見。

     安倍総理大臣と昼食を交えながら会談を行ったあと、首脳会談に臨み、記者会見。引き続き拉致被害者の家族と面会。 そして夜は...

    9
    続き

    宮本武蔵大好きアルゼンチン少女が武蔵にご対面

    「世界!ニッポン行きたい人応援団」(テレビ東京)

     私たちは、どこかの国で待っているであろうニッポンのことが大好きな外国人の方の熱い思いをご紹介したいと世界の国々で大捜索!その中からニッポンで夢を叶えたい方のお手伝いするため、ニッポンにご招待致します。

    6
    続き

    AI(人工知能)は人か神か!?

    「世界を、ここから動かそう」をテーマに昨27日(金)~11月5日(日)まで、第45回東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催されています。 ここ数年でめまぐるしい進歩を遂げ、現在も日々進化中で、私たちの日常生活の中にもどんどん入ってきたAIを利用した各社の技術が今年の目玉になっています。

    今回の東京モーターショーのステートメントには次のようにあります。 「クルマの進化は、これからどこへ向かうのだろう。その答えは、きっとひとつではない。もしかしたらそう遠くない未来、クルマという概念は今とはまるでちがうものになるかもしれない。けれど、思い出そう。クルマの本質とは何かを。それは人を動かすものだ。ココロを動かすものだ。私たちの可能性をひろげ、自由にするものだ」

    4
    続き

    器の大きい人 小さい人

     「器の大きいリーダー」「あの人は器が大きい」「器が小さい」などとよく言います。  「器」とは文字どおり「容器」「入れ物」のことです。

     そこから発展して、人の才能や器量、度量、心の大きさなどを指して言うようになりました。社会ではもちろん器の大きい人が求められます。器の大きい人は、能力があり、いい仕事ができ、人間関係も上手く、出世するし、また社会にも役立ちますし、会社や国のリーダーにもなります。

    3
    続き

    ストイックな、あまりにもストイックな(日本では片岡鶴太郎さんが有名)

    “A gem cannot be polished without friction, nor a man perfected without trials.” –Seneca, poet, philosopher「宝石は擦(こす)らなければ磨かれない。同様に人も試練に遭わなければ完成されない」 –セネカ、詩人・哲学者 (訳 舟田譲二)

     最近よく耳にする「ストイック」という言葉。日本でストイックと言えば、マルチタレントの片岡鶴太郎さん。声帯模写、お笑いタレントから始まり、その後幅をどんどん広げていき、俳優、司会者、歌手、プロボクサー、アーティスト(挿絵、水墨画、陶芸など)、書家、インド政府公認ヨガインストラクター等々。いずれもプロの腕前です。ヨガで注目を集めたときには、背中にくっつくほどお腹をぺったんこにへこませ、まるで骨皮筋衛門のような姿。かつて65キロあった体重が現在は43キロという。

    1
    続き

    成功と失敗

    “Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.” –Winston Churchill – 1874-1965, British Prime Minister「成功は最終目的地ではないし、失敗は致命傷でもない。大切なのは継続する勇気だ」 –ウィンストン・チャーチル、英国元首相

     ウィンストン・チャーチルと言えば、イギリスを代表する元首相。 イギリスでは現在でもチャーチル人気は高く、2002年にBBCが行った「100名の最も偉大な英国人」の世論調査では1位になったという。 世界のCEOが選んだ尊敬するリーダー」ランキングで1位になったのもウィンストン・チャーチル。 2016年には英国初のプラスチック製の5ポンド紙幣に彼の肖像が使用されたほど。

    2
    続き

    「満足」と「不満」の分かれ目 / ラスベガス銃乱射事件

    “Abundance is not something we acquire. It is something we tune into.” –Wayne Dyer – 1940-2015, Author and Speaker「豊かさとは手に入れるものにあるのではなく、目を注ぐものにある」 –ウェイン・ダイア、作家・スピーカー (訳 舟田譲二)

     ほとんどの人は豊かになりたいと思います。  「豊かになる必要はない」と言いつつも、美味しいものや栄養あるものを食べたいし、少しでもいい服を着たい。旅行に行きたい。友達に会いに行きたい。病気にかかったら医者にかかりたい、薬も服みたい。健康になるために運動をしたいし、運動するためにはスニーカーやさまざまな用具も必要。  豊かでなければこれらしたいことや必要なこともできなくなります。

    1
    続き

    ラムネの原点

     3日前の記事、「i’m lovin’ it」はマクドナルドのテレビCMのキャッチコピーですが、じつはこの発音が英語学習上とても大切で、あの「ラムネ」の発音の原点でもあるのです。

     第19講 「lovin’ it の発音」

    2
    続き

    「白いキリン」 神獣?

     2年前の記事、「ピンクの象」は大反響を呼びました。「自分もピンクの象だ」と共感を覚えた方がたくさんいらっしゃいました。

     しかし、今日は「ピンクの象」ならぬ「白いキリン」のお話です。しかもこれは実話です。 以下は9月16日付 「HUFFPOST」および「NATIONAL GEOGRAPHIC」(日本版) からのシェアです。 —-ここから引用———–「完全に神獣だ」 世にも珍しい“白いキリン“の親子(動画)

    1
    続き

    映画『十戒』のシーンを彷彿とさせる光景

    去る9月10日、バハマ諸島からキューバ、そしてフロリダを直撃し、各地に大きな爪痕を残した超大型ハリケーン「イルマ」。

    その威力は最大風速85mといい、バーブーダ島では島の建物の95%が倒壊・損傷したそうです。

    最近、日本を含め地球の至るところで異常気象による大災害が頻繁に起こっています。地球温暖化の影響を受けた海水温の上昇が原因と考えられています。

    1
    続き

    「一線を越える」ではなく「線を越える」

     “You can waste your lives drawing lines. Or you can live your life crossing them.” –Shonda Rhimes – Television Producer and Author「自分の人生に線を引くことによって人生を無駄にすることもできれば、その線を越えることによって人生を生かすこともできる」 –ションダ・ライムズ、テレビプロデューサー、作家 (訳 舟田譲二)

    「これは無理」 「私にはできない」  などと、私たちはとかく自分の人生に「境界線」を引いて、初めからあきらめていることが多いのではないでしょうか?

    2
    続き

    超感動実話

    「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、これはまるで映画を観ているような超感動実話です。

    私は昨日、これを初めて読んで身震いして涙が出てき、日本語に翻訳しながらまた涙を流し、今再度これを読み返して「こんなことが本当にあるんだ」と感動すると同時にとても励まされました。

    ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思い、シェアさせていただきます。

    彼女は一時(いっとき)も私の傍(かたわ)らを離れなかった

    4
    続き

    一番じゃなきゃダメなんですか?

    —–引用始まり  30代の会社員女性。小学5年の息子が、何をやっても1番になれません。  息子は控えめで人が嫌がることはせず、いつもニコニコと穏やかです。少年野球をしており、毎日、自ら進んで投球練習や素振りをコツコツやっています。性格がいいからか、今年はキャプテンになりました。しかし、試合ではそこそこ活躍するものの、最優秀賞などの個人賞は取れません。

     本人も悔しい思いをしているようですが、賞を取った子に笑顔で、「おめでとう」と声をかけます。その姿を見ると、悔しくて歯がゆい気持ちになるのです。

    3
    続き

    水を得た魚 vs 陸に上がった河童

     昨日はウォーキングを兼ねて教会へ歩いて行ったので礼拝の後、教会とは目と鼻の先にあるアカデミー元講師の家に立ち寄りました。 Sさんは大学生の4年間、アカデミーで講師を務めてくださいました。 もともと国語が得意で、お父さんも学校の先生、校長だったということもあって、昔から先生志望でした。それで塾での講師経験が役立つということで、アカデミーに応募してこられました。 案の定、素晴らしい講師となり、生徒の間では名物先生、アカデミーの看板講師のひとりとして大活躍してくださいました。

     ところが大学卒業後、都内の大企業に就職。その後地元の企業に転職し、そこで編集長という得意の国語力を活かした仕事に就いて7年間活躍しておられたのですが、どうしても教師になりたいという夢が忘れられず、足かけ12年かけて教員免許を取得。そして、次の就職先が決まらないまま惜しまれつつも退職されました。 いくつかの会社からお呼びの声がかかり、政治家からは市議選へのお誘いがあったりしたそうですが、それらすべてを蹴って教師の道を追い求め、去年めでたく公立中学校に国語教諭として採用され、今年は2年生の学級担任とサッカー部の顧問を務めていらっしゃいます。

    3
    続き