■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    メディア局 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    メディア局

    デジタルメディア局

    メディア芸術祭で時代(いま)を映す芸術に触れる

     時代(いま)”を映す芸術作品を展示する「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中。

     同展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

    2
    続き

    北ミサイル実験は完了

      北朝鮮が15日、また日本上空を越えて太平洋に大陸間弾道ミサイルを発射した。3日には地下核実験を行っている。韓国では既に北朝鮮の核・ミサイル開発は「完了」し、事実上の核保有国になったと見ている。北核をめぐる状況は別次元に突入した。  一方、サード(高高度防衛ミサイル)を配備する韓国星州では、反米反日活動家による妨害が続いている。現地取材をしてきた上田勇実編集委員に聞いた。

    2
    続き

    前原新代表を待ち受ける茨の道

     民進党の前原誠司新代表が就任早々、相次ぐ難題に直面している。幹事長人事の躓き、党支持率の低迷、“離党予備軍”の動きという三重苦の中で、10月22日投開票の衆院3補欠選挙は代表選の目玉公約だった「共産党との選挙協力の見直し」の最初の試金石だ。

    0
    続き

    【動画】NYで磨いたインタビューのスゴワザ

     日本各地での講演のため来日中の全米邦字新聞「ニューヨーク BIZ」CEO兼発行人の高橋克明氏にインタビューを行った。高橋氏は、もう一つの顔である“プロのインタビュアー”としても知られ、これまでにハリウッドスター、政治家、アーティスト、アスリート、文化人など様々分野の著名人にインタビューを敢行。インタビューサイト「ガチ!」は、多方面から人気を博している。  高橋氏にインタビューの極意とは? 成功者に共通することは何か? などについて「ガチ!」な“逆”インタビューを行った。時にユーモアあり、時に真剣な眼差しで本音を語ってもらった。  なお、高橋氏が運営するサイト「ニューヨークビズ-NYのイマを知る[http://nybiz.nyc/]」は、ビューポイントサイトでも記事の転載を行っている。

    >>【インタビュー詳細記事】

    14
    続き

    有村治子参議院議員が講演「祖国日本を想う心を大切に」

    「美しい日本人の心を育む国づくりをめざして!!」というテーマのもと、第37回全教協(全国教育問題協議会)教育研究大会が8月19日、東京・永田町の自由民主会館で行われた。  有村治子参議院議員が「教育は国民性を創る礎」をテーマに講演した。「日本国民の良識を強くするため、国家があってこその我々だと伝えない戦後教育が適切だったか見直す必要がある」と指摘。祖国日本を想う心や、国民性・国柄を象徴する国旗を尊重する姿勢について語った。

    >>【Podcast】講演収録

    4
    続き

    NYで磨いたインタビューのスゴワザ

     日本各地での講演のため来日中の全米邦字新聞「ニューヨーク BIZ」CEO兼発行人の高橋克明氏にインタビューを行った。高橋氏は、もう一つの顔である“プロのインタビュアー”としても知られ、これまでにハリウッドスター、政治家、アーティスト、アスリート、文化人など様々分野の著名人にインタビューを敢行。インタビューサイト「ガチ!」は、多方面から人気を博している。  高橋氏にインタビューの極意とは? 成功者に共通することは何か? などについて「ガチ!」な“逆”インタビューを行った。時にユーモアあり、時に真剣な眼差しで本音を語ってもらった。  なお、高橋氏が運営するサイト「ニューヨークビズ-NYのイマを知る(http://nybiz.nyc/)」は、ビューポイントサイトでも記事の転載を行っている。

    2
    続き

    有村治子議員が「蛍の光」を4番まで合唱!?隠された真相とは?

     8月19日、第37回全教協教育研究大会の第一部として、有村治子・参議院議員が「教育は国民性を創る礎」と題して講演した。途中、「蛍の光」の4番までを会場全員で大合唱。戦後GHQが3番4番をカットした不当を訴えた。録音は講演全部である。

    ———————————->> 本記事音声(iPhoneアプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    2
    続き

    坂を下るための機関車「EF63」

    碓氷峠鉄道文化むら

     横川―軽井沢間。66.7パーミル(1000メール進んで66.7メートル登る)の急勾配。EF63電気機関車は、この坂を登るためというより、「安全に下る」ために製造された特殊な機関車だ。

     坂を下るとき、恐ろしいのは逸走である。均衡速度の時速48キロを超えると、摩擦係数が減少し、加速力がブレーキ力を上回り、それが起きる。EF63をもってしても、止まることができなくなるのだ。

    2
    続き

    SLには旧型客車が似合う【動画あり】

    旧型客車の復活保存を

     車内放送で「この客車はレトロ客車と言われています」と説明があったが、レトロ客車なんて呼んで欲しくない。旧型客車―、略して「旧客」なのである。そう、かつて栄光の国鉄時代には全国至る所で使われていた。しかし今や絶滅寸前である。

    3
    続き

    Webプッシュ通知サービスを開始

    ■当サイトからWebプッシュ通知の登録ができるようになりました。 (※Webプッシュ通知とは、新着や速報があったときに、すばやくユーザーに通知をお届けするサービスです。)

    <購読方法> 1、当サイトを表示し、「購読する」「購読しない」という表示が出た際に「購読する」ボタンをクリックして許可していただく。

    2、下記ページで「購読する」ボタンをクリックして許可していただく。

    5
    続き

    国宝・瑞龍寺(高岡市)のプロジェクション・マッピング

     4月29日からの3日間、富山県高岡市の国宝・瑞龍寺で「春のライトアップと門前市」が開催されました。そこでの3Dプロジェクション・マッングでは、色鮮やかな歴史絵巻に大勢の観光客の歓声を浴びていました。

    2
    続き

    まるでピンクの絨毯のよう‐秩父・羊山公園「芝桜の丘」

     天候に恵まれたゴールデンウィーク。一面ピンクの絨毯を敷き詰めたように咲き誇る芝桜。秩父市の羊山公園「芝桜の丘」には、国内外から多くの観光客で賑わっていました。

    3
    続き

    「オタクの大田区」コスプレイベントin新田神社

     長かった冬も去り、穏やかな風が吹く季節になると、装いを新たに外へと出かける人も多くなってくる。そんな初春の一日、大田区にある新田神社で「OTAはんin新田神社」というイベントが開催された。このイベントは定期的に開催されており「大田区をオタクの街にする」というビジョンの下、2016年には「蒲田・コスプレこれくしょん2016」を開催し多くのコスプレイヤーを呼び込んだその一環である。

     会場となる新田神社を紹介しておこう。創建されたのは1358年。室町時代前半の頃であり、武将新田義興がこの神社の祭神となっている。新田義興は1331年、新田義貞の次男として生まれる。足利尊氏が没した後に鎌倉へ兵を進めていたところ、多摩川の矢口の渡しで謀殺されてしまう。人形浄瑠璃として有名な「神霊矢口渡」はこの事件についての作品であり、新田神社は怨霊として暴れまわっていた新田義興の霊を鎮める為の神社として建立された。新田神社の名前は、現在の武蔵新田の地名ともなっている。

    5
    続き

    今よみがえる黒鋼の魂 VR戦艦大和 竣工記念式典レポート

     2016年10月29日(土) ~ 11月13日(日)、横須賀市にある記念艦「三笠」にて「VR戦艦大和 竣工記念式典」が開催されている。これは株式会社神田技研(東京都千代田区)がVR(バーチャル・リアリティー)向けプロジェクトとして製作したもので、過去2回のクラウドファンディングを行い完成させたモデルを実際に試してもらうという企画だ。

     この日は曇りがちではあったが、時折日が差すなか、記念艦「三笠」が出迎えてくれた。三笠は日露戦争で連合艦隊旗艦を務めており、東郷平八郎が司令長官として座乗し、バルチック艦隊との戦闘で大きな戦果をあげている。

    4
    続き

    一つ衣の向こうの非日常-池袋ハロウィンコスプレフェス2016 レポート

    2016年10月29日(土)、30日(日)の二日間に渡って、東池袋中央公園を開催地に「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」が開催された。池袋にはいわゆるサブカルチャー向けのショップが多く、またニコニコ動画で有名となったニコニコ本社が存在する。その為かこの町はそういった文化に寛容な下地が醸成されている。

    当日は曇り空であったが、会場の熱気は開催前から高まっており、筆者が到着した頃には開演前とあって所狭しとコスプレイヤーの方々で埋め尽くされていた。イベントとしては東池袋公園やサンシャイン広場を起点として、池袋駅までコスプレ姿のまま練り歩くことが可能となっている。つまり池袋駅前までがコスプレ一色となるのだ。

    6
    続き

    リズムで伝える溢れるパワー

     10月15日土曜日、神奈川県横浜市青葉区のしらとりホールでコンサートイベント「FUNKY FLASH 2016」が開催され、100名以上の中高生や青年が会場へ足を運んだ。このイベントは青葉台のダンサーチームやバンド、DJが合同で企画したもので2015年春に開催したイベントと同様のものとなっている。

    3
    続き

    黒部峡谷鉄道の終点「欅平」に遊ぶ

     「欅平」と書いて「けやきだいら」と読む。宇奈月から黒部渓谷鉄道のトロッコ列車に揺られること1時間20分。ここが終点だ。

     欅平駅を中心にして、見どころは2カ所。さらに奥へ「祖母谷峡谷」へ向かうか、逆方向に「猿飛峡」に向かうかだが、いずれも遊歩道が完備している。今回は比較的近い猿飛峡に向かった。2時間の滞在時間で十分楽しめる、お手軽なコースだ。

    0
    続き

    黒部峡谷鉄道トロッコ列車同乗記

     黒部峡谷鉄道の起点・宇奈月に入った。きょうは10月10日。聞けば昨日から急に気温が下がったという。これはいかん。片道1時間20分の間、乗車するトロッコ列車は、当然吹きさらしの車両。薄手のブルゾンのみで、嫌な予感がする。

     宇奈月駅に入ると、既にトロッコ列車が待機していた。ナローゲージの機関車は小柄だが、精悍で力強い。1台が300馬力、重連で10両程のトロッコ客車を引っ張り上げる。かなりの人数が一度に乗るが、人間は「軽い」のだ。

    1
    続き

    シュワ元知事「共和党でなく、国のために投票せよ」

     俳優で共和党員の元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、米大統領選挙で共和党候補ドナルド・トランプに投票しないことを宣言した。シュワルツェネッガーが共和党候補を支持しないのは、今回が初めてとなる。

    2
    続き

    世界最大手の音楽定額配信「Spotify」が日本上陸

    広告表示付き「無料」プランも

     音楽定額配信サービス世界最大手のSpotify(スポティファイ。以下、スポティファイ社)が29日、日本でサービスを始めたと発表した。月額980円の有料プランと、広告付きで一部機能が制限される無料プランがあり、スマートフォンやタブレット型端末、PCなどで視聴する。

    1
    続き

    トランプに海外から辛辣な批評

     今回の大統領候補討論会への外国の評価はアメリカの批評家のそれと同じようなものだった。トランプ氏が大統領選挙への準備さえできていないことが明らかになったとする一方、クリントン氏は経験不足の相手を追いやることに失敗したというのが大方の意見だ。

    3
    続き

    討論会でトランプはヒラリーのここを攻めろ!

     大統領候補による最初の討論会が26日夜にニューヨークのホフストラ大学で行われる。討論会が最高のショーとなることは間違いない。スーパーボールのような熱気と興奮に包まれ、人々の好奇心と期待が集中するこのような政治行事はめったにない。また、これほどの注目を集める大統領候補者が2人同時に揃うことも滅多にないことだ。

    1
    続き