■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    早川 俊行
    ワシントン支局
    岩城 喜之
    岩城 喜之
    ワシントン支局
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    チャールズ・クラウトハマー rss (海外ライター 米国)

    ライター一覧
    チャールズ・クラウトハマー

    1950年ニューヨーク生まれ。80年の大統領選ではモンデール副大統領のスピーチ・ライターを務めた。97年には「最も影響力のあるジャーナリスト50人」の一人に選ばれた。

    脆弱で危ういヒラリー陣営

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「生涯で出会った最高の変革者だ」-ビル・クリントン氏は民主党全国大会でこう語り、自身の妻を支持した。バーニー・サンダース氏は政治改革を訴えて出馬し、ドナルド・トランプ氏は当選すれば、ワシントンで「テーブルをひっくり返す」(ニュート・ギングリッチ氏)と言われたことを考えれば、「変革者」と言われてもそれほどインパクトはない。

    1
    続き

    共和、党大会で結束示せず

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     現代の党全国大会の最大の目的は、テレビを通じて4日間にわたって党を宣伝することにある。指名候補は事前に決まっており、大会には党の体制に関する補助的な役割もある。最後の戦いに臨む前に、党を一つにまとめ上げることだ。しかし、クリーブランドでの大会で共和党は一つになれず、結束は見せ掛けにすぎない。

    0
    続き

    効果的なNATOの東欧派兵、強力な対露抑止力に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     オバマ大統領は「冷戦後、最も大きな集団的自衛力の強化」と呼んだ。多少の誇張もあるだろうが、一定の成果は挙げている。ワルシャワで先週行われた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、東欧への派兵が決定した。ロシアの進出と挑発に対する西側からのこれまでで最強の対応だ。

    1
    続き

    クリントン氏不起訴は理不尽

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ヒラリー・クリントン氏が極秘電子メールの扱いを誤ったことで起訴されるのは間違いないはずだった。連邦捜査局(FBI)のコミー長官はなぜ、14分もかけてこの問題について説明したのだろうか。

    0
    続き

    欧州統合の高邁な理想に亀裂

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     傲慢(ごうまん)で尊大、相も変わらず合理性を欠き、無責任なブリュッセルの欧州連合(EU)官僚らを見れば、英国がEUを離脱したのもある程度納得がいく。なるべくしてなったということだ。

    0
    続き

    クリントン氏の陳腐な公約

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     

    「アメリカは未来に向かって常に進み続けると信じる」-ヒラリー・クリントン、6月21日

    2
    続き

    態度を変えないトランプ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】バリー・ゴールドウォーター氏が1964年の共和党指名受諾演説で「急進的な自由擁護は悪ではない」と語った時、ジャーナリストで歴史家のセオドア・ホワイト氏の近くに座っていた1人の記者が「なんと、バリー・ゴールドウォーターとして立候補しようとしている」と叫んだという話は有名だ。

    0
    続き

    共和幹部がトランプ氏支持

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】夜が明けて、全米が驚いた。「どうなってしまったのか」と。

    1
    続き

    サンダース氏は反イスラエル

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】バーニー・サンダース氏の魅力の一つは、問題を抱えながらも、嫌な顔一つ見せないことだ。だが、これは見た目の問題だ。短気で、無愛想で、古めかしくて、おしゃれでもない候補者を誰が恐れるだろうか。

    0
    続き

    中国包囲を進めるオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】外交政策に対する「理想主義者」と「現実主義者」、楽観主義者と悲観主義者を区別する方法がある。歴史の矢を信じるかと質問すればいい。言い替えれば、歴史は循環的か直線的かということだ。何度も、何世代も同じ間違いを繰り返し続けるのか、希望に向かって進み続けるのかということだ。

    1
    続き

    大統領選の鍵握るサンダース氏支持者

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】今回の選挙は皮肉なことが多い。米国は、リンドン・ジョンソン以来最もリベラルな政権の8年目に入っている。予備選挙では、全米が不安と怒りに満ちていることが明らかになった。国内には停滞感が漂い、海外では失敗している。米国人の3分の2は、米国は誤った道を進んでいると思っている。ほぼ2期にわたるオバマ大統領のリベラリズムは失敗し、国家をむしばんできたが、共和、民主両党は大きく左に振れてしまっている。

    0
    続き

    保守主義を捨てた共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ドナルド・トランプ氏の指名獲得の背景には何があるのか。保守派の間では、アウトサイダーのトランプ氏は、一般の共和党支持者らの「エスタブリッシュメント」に対する反乱を感じ取り、これを先導し、象徴するようになったと言われている。

    1
    続き

    一貫性欠くトランプ氏の外交

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     米国の選挙が、外交問題に左右されることはない。外交は、西側の国の中で最も米国が興味のない分野だ。理由は簡単だ。必要がないからだ。この生来の孤立主義は、米国の地形的例外主義からきている。ビスマルクはかつて、米国はあらゆる大国の中で最も幸運な国だと言ったとされている。両側に弱い国が接し、他の両側には魚がいるからだ。

    1
    続き

    米国の命運は大統領選次第

     誰にでもそれぞれの季節感というものがある。私の場合は、4月の初め、朝になるとすぐにワシントン・ポスト紙の1面を飛ばして、スポーツ面に行くようになると春を感じる。野球のボックススコアを楽しんでから、観念したように政治面を読む。

     野球ファンでない友人らは、私がどうしてそこまでのめり込めるのかは永遠に分からない。ファンであることが理屈ではないことにはまったく同感だ。だが、家があり、家族があり、仕事を二つ持ち、(イングランド人に迎えられたデーン人のクヌート王のように、拾われ、ようやく慣れてきた)ウィル・ファレルという名前の猫を飼ういい大人がどうして、二十数人の大金持ちの赤の他人が、だぶだぶのユニホームを着て男の子の遊びをするのに夢中になるのはどうしてだろう。

    3
    続き

    選挙にらみ変貌する民主党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】こんなに変わってしまった。共和党の話ではない。共和党の有権者の37%が支持する最有力候補が、貿易、補助金改革、小さな政府、パックスアメリカーナに関する、場合によっては中絶までも含む、レーガン後にずっと守られてきた基準を否定する事態になっている。だがその共和党ではなく、民主党の話だ。

    1
    続き

    大統領選で共和分裂の危機

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ウィスコンシン州の予備選で一番の話題は、テッド・クルーズ氏が13ポイントの差をつけて勝利したことだ。これによって、党大会での1回目の投票でドナルド・トランプ氏が勝利する可能性は下がった。トランプ氏は、1回目の投票で勝利しなければ、指名獲得は難しいとみられている。

    0
    続き

    安保理解しないトランプ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】数多くの接戦が繰り広げられ、劇的な展開あり、露骨な反則ありの選挙戦の末、候補は4人にまで絞られた。サンダース、クリントン、クルーズ、トランプの各氏だ。世界が興味があるのは、どのような外交政策を持っているかだ。

     ①バーニー・サンダース、平和主義者

    4
    続き

    テロを過小評価するオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】分割画面を見ているようだ。一方でブリュッセルの爆弾、他方では、ハバナで野球観戦しラウル・カストロ氏とウエーブをするバラク・オバマ氏。

    2
    続き

    暴力を扇動するトランプ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】国際的、歴史的基準から見て、米国で政治的暴力はほとんど見られない。最後に政治をめぐって重大な暴力が起きたのは1968年だ。民主党大会で暴動が起き、流血沙汰となった。この基準で見れば、2016年はまだおとなしい方だ。だが、これからもそうだという保証はない。

    3
    続き

    花開いたヘブライ文化に誇りを

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】バーニー・サンダース氏は、大統領選で最も成功したユダヤ人候補になった。誰も気にせず、気付いてすらいないように見えるのは、この国が健全であることの数少ない事例の一つだ。一番気にしていないのはサンダース氏自身だ。アンダーソン・クーパー氏は最近の民主党討論会で、ユダヤ人であることを意図的に隠しているのかとサンダース氏に聞いた。

    2
    続き

    トランプ氏候補指名阻止を

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】キリスト教福音派に何が起きたのだろうか。福音派はテッド・クルーズ氏の支持基盤だと思われてきた。しかし、スーパーチューズデーではドナルド・トランプ氏を支持した。

    3
    続き

    現実を見ないオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領8年目の世界の現状。

    0
    続き

    判事後任は共和党が決める

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】アントニン・“ニノ”・スカリア判事の席を埋める最高裁での戦いについて見てみよう。これは露骨な権力争い以外の何物でもない。そこに高尚な原則を探そうとしても、絶対に無理だ。

    2
    続き