■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    早川 俊行
    ワシントン支局
    岩城 喜之
    岩城 喜之
    ワシントン支局
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    チャールズ・クラウトハマー rss (海外ライター 米国)

    ライター一覧
    チャールズ・クラウトハマー

    1950年ニューヨーク生まれ。80年の大統領選ではモンデール副大統領のスピーチ・ライターを務めた。97年には「最も影響力のあるジャーナリスト50人」の一人に選ばれた。

    米国の後退でロシアが台頭

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     25年前の1991年12月、共産主義は死んだ。冷戦は終結し、ソ連は消えた。現代史の中で最大の帝国崩壊であり、銃弾は一発も発射されなかった。聖書的規模の出来事であり、私と同世代の人々は、生きている間に見ることはないだろうと思っていた。詩人ワーズワースはフランス革命についてこううたっている。

    0
    続き

    失敗したオバマ氏の普遍主義

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    0
    続き

    米次期政権と議会の協調が鍵

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ドナルド・トランプ氏は堂々と勝利し、ヒラリー・クリントン氏は敗北宣言で、広い心で、リーダーとしてのトランプ氏に協力したいと語った。トランプ氏を強く非難してきた(私のような)保守派には、共和党が支配する今後の何年間かをいかに充実させるかについてよく考える責任がある。

    2
    続き

    危機にさらされる国際秩序

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     大統領選の選挙戦では、2候補の不支持率がかつてないほど高い場合、注目を集めた方が負けることになる。

     選挙が近づき、ヒラリー・クリントン氏は注目を浴び続けている。世論調査では依然、リードしているものの、選挙1週間前に元ミス・ユニバースのアリシア・マチャドを伴ってフロリダ州での選挙イベントに登場した時、すでに支持に陰りが見えていた。

    1
    続き

    中東和平で実績急ぐオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    0
    続き

    クリントン、トランプ両候補者とも投票に値せず

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ヒラリー・クリントン氏の件は、ウィキリークスと連邦捜査局(FBI)が最近、情報を公開する前からすでに報じられていた。しかし、これらの文書は確かな裏付けとなる。

    1
    続き

    敵対者を脅迫するトランプ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     はちゃめちゃで、どうしようもなく混乱した第2回大統領候補討論会は、ドナルド・トランプ陣営を消滅から救うには十分だったが、勝利の可能性を取り戻すには不十分だった。健康問題で神風は吹かず、プーチン氏の壮大なウィキリークス漏洩(ろうえい)作戦も功を奏さなかった。

    1
    続き

    崩壊するオバマ氏のレガシー

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     記憶する限り最も奇怪で、安っぽく、病みつきになりそうな今回の選挙戦の中で、2016年に実際に起きたことがまったく忘れ去られている。オバマ大統領の任期は残すところわずか4カ月、政権の2本柱が目の前で崩壊している。国内では医療保険の大改革、つまりオバマケア、国外では、外交政策の大転換、つまり外交と多国間主義を特徴とする後退だ。

     オバマケア

    0
    続き

    オバマ大統領を見下す中国

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     米国大統領は威厳に満ちたエアフォースワンで着陸すると、扉が開き、用意された移動式のタラップを堂々と降り、レッドカーペットを敷いたアスファルトの上に立つはずだ。だが、タラップは用意されていない。やむなく飛行機の「おしり」部分から外に出た。中国の専門家の言葉だが、不適切だ。

    0
    続き

    トランプ氏が移民退去を撤回

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ドナルド・トランプ氏の移民政策をめぐるどたばたが一つ役に立ったことがあるとすれば、移民政策が最終的にどこに落ち着くべきかをはっきりと示したことだ。

    0
    続き

    クリントン家復活へ、「財団」通じ巧妙な資金集め

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     バーニー・サンダース氏は、ヒラリー・クリントン氏のスキャンダルの本質がまったく分かっていない。1回目の討論会でサンダース氏が、電子メール問題を軽く扱ったことはよく知られている。

     この問題の核心にあるのは、機密情報ではない。マスコミが伝えたように、連邦捜査局(FBI)長官が、情報の管理が非常にいいかげんだとクリントン氏を非難したことでもない。

    1
    続き

    現実を見ないオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ロシアの爆撃機が先週、イランの空軍基地を飛び立ち、シリアの反政府組織の拠点を攻撃した。国務省は驚いていないふりをした。それはそれでいいが、警戒はすべきだ。イランの民族主義的革命政権はこれまで、外国軍がイラン領内から作戦行動をするのを認めなかった。

    0
    続き

    チェスをオリンピック競技に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ケイティ・レデッキー選手の成績にわくわくし、女子体操選手の美しさにほれぼれし、リオの観客が米国のサッカー選手ホープ・ソロを「ジカ、ジカ」と叫んでからかうのを見て驚いた人もいるだろう。ジカ熱ウイルスの叫びがスタジアムを揺さぶったのは初めてだろうという指摘もあった。しかし、出来合いの、感動的な録画オリンピック放送は取りあえずやめにして、本当のスポーツニュースを知ってもらいたい。

    1
    続き

    疑われるトランプ氏の適格性

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     あらゆる政界のルールに逆らい、党の指名を勝ち取ったドナルド・トランプ氏は先週、恐らく政界のあらゆるルールの中でも最も神聖なルール「金星章の家族を侮辱してはならない」を破った。

    1
    続き

    脆弱で危ういヒラリー陣営

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「生涯で出会った最高の変革者だ」-ビル・クリントン氏は民主党全国大会でこう語り、自身の妻を支持した。バーニー・サンダース氏は政治改革を訴えて出馬し、ドナルド・トランプ氏は当選すれば、ワシントンで「テーブルをひっくり返す」(ニュート・ギングリッチ氏)と言われたことを考えれば、「変革者」と言われてもそれほどインパクトはない。

    1
    続き

    共和、党大会で結束示せず

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     現代の党全国大会の最大の目的は、テレビを通じて4日間にわたって党を宣伝することにある。指名候補は事前に決まっており、大会には党の体制に関する補助的な役割もある。最後の戦いに臨む前に、党を一つにまとめ上げることだ。しかし、クリーブランドでの大会で共和党は一つになれず、結束は見せ掛けにすぎない。

    0
    続き

    効果的なNATOの東欧派兵、強力な対露抑止力に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     オバマ大統領は「冷戦後、最も大きな集団的自衛力の強化」と呼んだ。多少の誇張もあるだろうが、一定の成果は挙げている。ワルシャワで先週行われた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、東欧への派兵が決定した。ロシアの進出と挑発に対する西側からのこれまでで最強の対応だ。

    1
    続き

    クリントン氏不起訴は理不尽

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     ヒラリー・クリントン氏が極秘電子メールの扱いを誤ったことで起訴されるのは間違いないはずだった。連邦捜査局(FBI)のコミー長官はなぜ、14分もかけてこの問題について説明したのだろうか。

    0
    続き

    欧州統合の高邁な理想に亀裂

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     傲慢(ごうまん)で尊大、相も変わらず合理性を欠き、無責任なブリュッセルの欧州連合(EU)官僚らを見れば、英国がEUを離脱したのもある程度納得がいく。なるべくしてなったということだ。

    0
    続き

    クリントン氏の陳腐な公約

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     

    「アメリカは未来に向かって常に進み続けると信じる」-ヒラリー・クリントン、6月21日

    2
    続き

    態度を変えないトランプ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】バリー・ゴールドウォーター氏が1964年の共和党指名受諾演説で「急進的な自由擁護は悪ではない」と語った時、ジャーナリストで歴史家のセオドア・ホワイト氏の近くに座っていた1人の記者が「なんと、バリー・ゴールドウォーターとして立候補しようとしている」と叫んだという話は有名だ。

    0
    続き