■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント

    長谷川 良 (ウィーン在住) rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    長谷川 良 (ウィーン在住)

    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    ツイッターとローマ法王

     ツイッターといえば、米トランプ大統領を直ぐに思い出す。同大統領はホワイトハウス入りする前から小まめにツイッターを発信してきたその世界のベテランだ。トランプ氏ほどツイッターを重要な政治メッセージの発信手段として利用している米大統領は過去いなかった。

    1
    続き

    モザイク都市が直面する試練

     エルサレム、サラエボ、そしてベイルートの3都市の運命を考えている。3都市はいずれも多宗派が共存、ないしは共存してきた都市だ。俗にモザイク都市だ。その3都市が今、存続の危機に直面しているのだ。 3都市の運命は、単に3都市だけに限定された地域問題ではなく、大げさな表現をするならば、人類は国家、民族、宗派の壁を越えて果たして共存できるか、といった地球レベルの問題と考えるべきだろう。そこで、3都市の現状を振り返ってみた。

    【エルサレム】  エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの唯一神教の聖地だ。世界各地から多くの巡礼者が訪れる国際都市だ。そのエルサレムをイスラエルの首都と認知したトランプ米大統領の発言は、中東・アラブ全域で大きな反響を与えている。特に、パレスチナ人の地域では怒りと暴動が起きている。  エルサレムの帰属問題はこれまで中東の大きな争点として残されてきた。国連レベルでは1947年の国連決議に基づき、東西に分割され、西エルサレムはイスラエルが、東エルサレムはヨルダンがそれぞれ管理することになっていた。1967年6月5日から10日の6日戦争(第3次中東戦争)後、イスラエルは一旦、両エルサレムを併合したが、国連安保理でその併合は無効と宣言されて今日に至っている。イスラエルはその後も「エルサレム法」を採決して、「完全で統合されたエルサレムをイスラエルの首都とする」と表明している。パレスチナとイスラエルの2国家創設案が出て、中東和平交渉が行われてきたが、暗礁に乗り上げていた時、トランプ大統領が選挙公約に従い、エルサレムをイスラエルの首都として認知すると発表したわけだ。

    2
    続き

    極右党「エルサレム首都」を支持

     イスラエルの首都をエルサレムとするトランプ米大統領の発言は単に中東・アラブ諸国だけではなく、世界各地で抗議のデモが行われている。アラブ連盟は9日、カイロで緊急外相会議を開催し、「エルサレムのイスラエルの首都認定は国際法に違反する」として、トランプ大統領に再考を促すアピールを宣言している。パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース議長は今月中旬に予 定されたマイク・ペンス米副大統領との会談をキャンセルするなど、米政府へ不満を表明している。

    0
    続き

    唯一神教の聖地「エルサレム」の使命

     予想されていたことだが、現実となってきた。中東アラブの各地でエルサレムをイスラエルの首都に認知すると発言したトランプ米大統領に抗議するデモが発生し、エルサレムやガザ地区で一部暴動となり、死傷者が出ている。トランプ大統領はツイッターで自身の発言を弁明している。中東から遠いホワイトハウスで服務する大統領にとって、「エルサレムがイスラエルの首都」発言はメキシコ国境線に壁を作るといった選挙公約と同じで、多くある公約の一つに過ぎなかったかもしれないが、中東に住むアラブ人たちは自分たちが住む家屋に爆弾を投じられたようなショックを受けたわけだ。

    3
    続き

    「敗者」の新たな連立に正統性あるか

     ドイツで歴史的な試みが始まろうとしている。9月24日に実施された連邦議会(下院)で歴史的敗北を喫した与党、メルケル首相が率いる「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)とシュルツ党首の社会民主党(SPD)が大連立政権の再現を目指し交渉を始める。

    1
    続き

    ああ、エルサレム、エルサレム

     トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで、イスラエルの首都をエルサレムと見なし、米大使館をテルアビブからエルサレムに移転すると発表した。大使館移転には数年かかる予定だという。トランプ氏は大統領選で米大使館のエルサレム移転を公約として言明したが、同発表はイスラエル国内で歓迎の声がある一方、パレスチナや中東・アラブ諸国だけでなく、欧州諸国からも「中東和平へのこれまでの努力を無にするものだ」といった批判の声が挙がっている。

    2
    続き

    オーストリア、同性婚を承認へ

     オーストリア憲法裁判所は5日、同性愛者の婚姻を2019年1月1日から認知すると発表した。同国では2009年、「登録されたパートナーシップ」が導入され、その翌年から施行されたが、同性婚は認められなかった。  憲法裁判所は同性婚認知の理由として、「同性と異性間の婚姻に対する異なった対応は差別禁止法に違反する」と説明し、関連法の改正後、19年1月1日付で同性婚を認めるという。欧州ではこれまで15カ国が同性婚を認知している。

    2
    続き

    米中が金正恩の追放に乗り出した

     ワシントン発の米共和党のグラム上院議員の発言を読んで、「いよいよ近づいてきたのか」という印象を受けた。同上院議員は3日、CBSの会見の中で、「在韓米軍の家族を韓国国外に退避させるべき時が来た」と訴えたのだ。

    12
    続き

    ローマ法王がロヒンギャに言及

     ローマ法王フランシスコは2日夜、ミャンマーとバングラデシュのアジア司牧訪問を終えてローマに戻った。それに先立ち、フランシスコ法王はバクグラデシュから帰国途上の機内で慣例となった随行記者団との記者会見に応じた。法王はミャンマーでロヒンギャ問題を公式の場で発言しなかったことで一部批判の声が挙がっているが、それに答える一方、朝鮮半島の危機、来年の外遊計画などについても語った。以下、バチカン放送独語電子版からその概要を紹介する。

    ①北朝鮮の核開発問題について

    1
    続き

    AfD党大会の代表選で急進派が勝利

     9月24日のドイツ連邦議会(下院)選挙で連邦議会に初めて議席を獲得するだけではなく、第3党に大躍進した極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の初の連邦党大会が2日、同国北部ハノーバーで開催され、党代表の2頭体制を維持し、欧州議会議員のイェルク・モイテン氏(56)を再選する一方、2人目の党代表に副党首で連邦議会党院内総務を務めるアレキサンダー・ガウラント氏(76)を選出した。

    2
    続き

    日曜日に働くことは不健康?

     ポーランド議会は先月24日、小売店の日曜日営業を2020年までに段階的に禁止する法案を可決した。同国では民主化後、日曜日の営業も認められてきたが、同国で中道右派「法と正義」政権が発足した後、「日曜日は祝日である」として営業閉店に関する法案が議会に提出され、今回可決されたわけだ。ただし、パン店やガソリンスタンドといった小規模店舗は除外され、オンラインショップも同法から外されている。ちなみに、隣国ドイツやオーストリアでは閉店法(Ladenschlussgesetz)が施行されており、基本的には日曜日の営業は禁止されている。

    3
    続き

    ドイツの大連立交渉の行方

     シュタインマイヤー独大統領は先月30日夜(現地時間)、ベルリンの大統領府(ベルビュー宮殿)にメルケル首相(キリスト教民主同盟党首=CDU)、ゼーホーファー党首(キリスト教社会同盟=CSU)、それに野党第1党「社会民主党」(SPD)のシュルツ党首の3党党首を招き、大連立政権交渉について話し合った。大統領府の情報によると、大統領、3党党首間の対話は2時間半に及んだ。会談内容は非公開という。CDU/CSUとSPD3党党首が会合したのは9月24日の連邦議会選後初めて。

    1
    続き

    ウィ―ンで初雪が降った

     11月30日、ウィ―ン市内に雪が降った。今年の冬は厳しいと聞いていた。週末にかけ早朝はマイナス10度という気象予測が流れていたから、雪が降るだろうと密かに期待していた。それに応えるように、初雪は降ってきた。それにしても、冬になると雪が必ず降ってくれる。その四季それぞれの変わらない気象に、驚きと共に、感動を覚える。

    0
    続き

    ウィ―ンで展開された「北」工作活動

     ①大韓航空機爆発テロ事件が発生して今日で30年目を迎える。死者115人を出した同テロ事件は音楽の都ウィ―ン経由で始まった。ウィーン市立公園からリンクを渡ると「ホテル・アム・パークリング」が見える。爆発テロ事件の実行犯の2人、金勝一と金賢姫は犯行前に同ホテルに宿泊している。

     2人は同ホテルに5日間、宿泊した後、ウィーンからベオグラードへ旅立つが、ウィーンでは大韓航空858便爆発後の逃避のための航空チケットを購入する一方、ウィーン旅行をする日本人親子の役割を演じている。ちなみに、金勝一は犯行後、バーレーンで服毒自殺、爆発事件後拘束された金賢姫は1990年4月12日、大統領特別赦免を受けている。

    1
    続き

    「南」が「北」より優れている証明?

     世界の大多数は韓国は独裁国家・北朝鮮より全ての点で優れていると考えている。当方もそう考えたい一人だが、100%断言できないことが少々悔しくもある。

     ラムズフェルド米国防長官(当時)が2002年、夜間の朝鮮半島の衛星写真を紹介し、「韓国は夜でも明るく、北朝鮮は闇の中に完全に消滅している。その南北のコントラストを見れば、南北のどちらが発展しているかという質問の答えは一目瞭然だ」という趣旨の内容を述べたことがあった。

    1
    続き

    慰安婦像は韓国の輸出製品か?

     韓国文在寅大統領はここにきて反日路線を躊躇せず歩みだした。その出自は左翼弁護士であり、親北朝鮮派政治家だから自身の源流に戻ったといった方が当たっているかもしれない。

     トランプ大統領の訪韓歓迎晩さん会(11月7日)でのメニューや慰安婦女性の招待だけではない。大統領就任以来、意識的に抑えてきた反日攻勢がここにきて一挙に飛び出してきた感さえあるのだ。(「トランプ氏は韓国の“反日”に一役?」2017年11月11日参考)。

    51
    続き

    サウジとイスラエルが急接近

     イスラム教スンニ派の盟主サウジアラビアとシーア派代表のイランの間で「どちらが本当のイスラム教か」といった争いが1300年間、中東・アラブ諸国で展開されてきたが、ここにきて両派間の覇権争いは激化する気配が出てきた。以下、独週刊誌シュピーゲル(電子版)を参考にその概要を紹介する。

    1
    続き

    ジャマイカ連立からケニア連立へ?

     ドイツで9月24日、連邦議会(下院)選挙が実施されてから早2カ月が経過したが、新政権は依然発足していない。欧州連合(EU)の盟主ドイツの政治的安定を願う他のEU加盟国もメルケル首相主導の新政権の樹立を首を長くして待っているところだ。

     メルケル首相が率いる「キリスト民主・社会同盟」(CDU/CSU)と自由民主党(FDP)と、「同盟90/緑の党」とのジャマイカ連立交渉は4週間以上続いたが、FDPが19日、交渉離脱を決定したことで挫折。それを受け、フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領が関係政党の指導者と個別面談し、連立交渉に積極的に介入してきた。ドイツでは異例の大統領介入の連立交渉の行方を占ってみた。

    0
    続き

    クリスマス市場が狙われている!

     欧州にクリスマス・シーズンがやって来た。アルプスの小国オーストリアでもクリスマス市場は既にオープンしている。子供たちやキリスト教会関係者だけではない。大人たちもなぜか心をワクワクし仕事帰りに市場を訪れ、プンシュ(ワインやラム酒に砂糖やシナモンを混ぜて暖かくした飲み物)を傾ける、といった風景が見られる。

    0
    続き

    メルケル首相の指導力に陰りも

     どの国でも連立交渉のテーブルから最初に離脱を表明した政党はその後、他の政党ばかりか、有権者からも批判や制裁を受けるものだが、ドイツの場合はちょっと違うようだ。独週刊誌シュピーゲル(電子版)は21日、世論調査研究所Civeyとの協力で実施した選挙傾向の世論調査を報じたが、それによるとメルケル首相が率いる「キリスト教民主、社会同盟」(CDU/CSU)、「同盟90/緑の党」とのジャマイカ連立交渉から離脱を宣言したリンドラー党首の自由民主党(FDP)が支持率を伸ばす一方、CDUが支持率で初めて30%を割るという結果が明らかになった。

    1
    続き

    11歳の難民の少年が自殺した

     オーストリア北東部ニーダーエスターライヒ州のバーデンでアフガニスタン出身の11歳の難民少年が自殺したことが明らかになった。難民収容側に落ち度がなかったかなどについて、国民保護官(Volksanwaltschaft)が調査に乗り出している。

    2
    続き

    独連立交渉が決裂、新たな選挙?

     ドイツの連立交渉が決裂した。アンゲラ・メルケル首相が率いる与党「キリスト教民主・社会同盟」(CDU・CSU)とリベラル政党「自由民主党」(FDP)、そして「同盟90/緑の党」の3党による連立協議は19日夜(現地時間)、FDPのクリスチャン・リンドナー党首が交渉テーブルから撤退を表明したことから、ジャマイカ連立政権(3党のカラー、黒・黄・緑がジャマイカの国旗と同じことから、通称ジャマイカ連合と呼ばれる)の発足は挫折した。その結果、連邦議会(下院)の新たな選挙の実施、少数派政権の発足、大連立政権の再現まで、さまざまなシナリオが囁かれ出している。

    2
    続き

    クリスマス市場と地球儀と「猫」の話

     ウィ―ン市庁舎前広場で18日、慣例のクリスマス市場が開かれた。今年はフォアアールベルク州から運ばれた25メートルの高さのクリスマス・ツリーにホイプル市長が同日夜、電飾を灯した。クリスマス・シーズンのオープンだ。来月24日のクリスマスのイヴまで300万人余りの訪問者がクリスマス市場を訪れるとみられている。ウィ―ン市庁舎前広場のクリスマスはその規模で欧州一だ。市庁舎前広場のクリスマス市場を一目見ようと毎年、世界各地から多数の旅行者が集まってくる。

    0
    続き